「海洋辞典」におけるフォントについて

Back to: Top Page > ご覧のページ



* ホームページの文字(フォント)にはいろいろありますが、「海洋辞典」で多用し過ぎるとホームページ画面が非常に見づらくなるので、 注意が必要です。また、フォント指定を行っても、ブラウザによっては表示されないものがあります。

* 現在、基本的に、「海洋辞典」の全てのページで指定されているフォントは:
     Arial, Helvetic, sansserif

下記のIIで示されるように、フォント「Helvetic, sansserif」が指定されても、ブラウザには反映されていません。 フォントArialのみが画面に反映されています。

* フォントについて調べるには: GOOGLEで検索キーワード: 「ホームページ フォント」



フォントの事例

I.  ブラウザ自身によって独自に指定されているフォントは次のように表示されます。
     MS 明朝: SHERLOCK

II.  基本的に「海洋辞典」の全ページで指定されているフォントは、下記の3通りです。

    1. フォントArial指定→  MS 明朝: SHERLOCK, sherlock
    2. フォントHelvetic措定→  MS 明朝: SHERLOCK, sherlock
    3. フォントsansserif指定→  MS 明朝: SHERLOCK, sherlock

    [参考] ブラウザがフォントの指定通りに表示するのは3事例のうち「3. フォントarial指定」のみであり、 他の2つはフォントを指定してもその通りに表示しておらず、ブラウザ自身が指定するフォント を表示しているだけです。

III.  フォントのいろいろ (フォント指定しても表示されないものがある)

      MS 明朝: SHERLOCK
      MS ゴシック: SHERLOCK
      HG行書体: SHERLOCK
      Comic Sans MS: SHERLOCK
      Script: SHERLOCK
      fantasy: SHERLOCK
      Times New Roman: SHERLOCK
      Haettenschweiler: SHERLOCK
      Arial: SHERLOCK, sherlock

Back to: Top Page > ご覧のページ