シナモン、クローブ(丁子)、乳香、胡椒、サフラン、バニラ、カルダモン、チリなどなど、 あらゆる香辛料が集まるスパイス・スーク。
    イエメンなどで採れた乳香は、かつてその昔、金と同等の価値を有していた。
    ドバイは香辛料を東から西の世界へ運ぶ中継基地であった。
    スークには所狭しと小さなスパイスショップが 立ち並ぶ。
    その細い路地に立ち入るといろいろな香りの煙が立ち込めている。
    アラブ人の愛好家には すぐさま匂いを峻別できるのであろう。
    アラブ人の客が熱心に店員の話しに耳を傾け品選びに余念がない。





1

2

3

4

5

6

    1. [拡大画像(x12624.jpg)][拡大画像(x12625.jpg)]
    2. [拡大画像(x12626.jpg)][拡大画像(x12627.jpg)]
    3. [拡大画像(x12628.jpg)]
    4. [拡大画像(x12629.jpg)] 右上の束はシナモンcinnamon stick。
    5. [拡大画像(x12630.jpg)]
    6. [拡大画像(x12631.jpg)] 下には水パイプが並んでいる。
    *その他 [拡大画像(x12632.jpg)]

Back to: Top Page | 世界の 海洋博物館 | 海洋博物館−UAE |
ドバイへの旅 「海とダウ船のある風景」 (目次編) | ご覧のページ