一枚の特選フォト「海 & 船」


One Selected Photo "Oceans & Ships"

Back to: Top Page | 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) | ご覧のページ


洋式構造をもつ漁撈用の木造和船 [神奈川大学日本常民文化研究所]

1

23

横浜市・神奈川区の神奈川大学・日本常民文化研究所において「和船の構造と技術」と題する展覧会が2017年1月30日〜3月17日に開催された。

画像 1 は、「焼津で建造中の西洋型木造漁船 (近藤和船研究所旧蔵写真) 」と記される展示写真である。
画像 2&3 は、「鯖漁船の構造模型/静岡県焼津」と記される陳列品である。日本への「新たな技術の導入」と題してここで紹介されている のは、木造漁船の洋式構造化である。いずれの漁船も、船底にキールが据え付けられ、それと直角に交わる 60本ほどの肋骨材が組み立てられている。洋式構造船の場合には、設計図に基づいて肋骨材の原寸型取りが必要となることから、 船の設計者と造船工との分離が生まれてきた、と解説される。

[参考] 会場展示パネルによれば、2013年に、近藤友一郎・和船研究所が所有していた旧蔵資料が神奈川大学・日本常民文化研究所 へ譲渡された。近藤和船研究所は1989年に焼津の船大工三代目の近藤友一郎氏によって設立されたものである。和船資料の調査収集と 研究を行ない、その成果として和船復元模型などを製作し発表してきた。譲渡された資料は、和船模型、和船関係文献・図面、船大工道具、 船釘類、操船具、漁具など多岐にわたる。

[2017.03.17 画像: 神奈川大学日本常民文化研究所にて]
1. [拡大画像: x27556.jpg]
2&3. [拡大画像: x27557.jpg][拡大画像: x27558.jpg][拡大画像: x27560.jpg]


[拡大画像: x27559.jpg: 「新たな技術の導入」と題する説明パネル]


Back to: Top Page | 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) | ご覧のページ