一枚の特選フォト「海 & 船」


One Selected Photo "Oceans & Ships"

Back to: Top Page | 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) | ご覧のページ


上海・中国航海博物館
China Maritime Museum, Shanghai

1

2

画像1は、上海の中国航海博物館 China Maritime Museumのパビリオンの全景である。2枚の帆を非対称的にはらませたような 造形が印象的である。その両翼に展示館が配される。
画像2は、帆の形をしたパビリオンの中に収められた実物大の明代福船である。この福船が当館最大の陳列品である。



展示内容、陳列品の紹介

フロア1階
・ 貨物船の構造と設備室: 機関の実物大模型、エンジンコントロールルームの復元、各種補機、貨物船「風慶 Fengqing」の 内部構造を示す大型模型、船首型の模型、舷窓・通風筒・小型ハッチ、各種係留装置(フェアリーダーローラー、ローラーチョック、 係柱・ビットなど)、舷梯、水密扉、縄梯子、錨型の模型、揚錨機、制鎖器など。

・ 伝統木船の建造: 明代快船の大型模型、中国の伝統的木船建造の工程(Construction of Junks)、 明代快船の各種構造模型(fast sailing boat)、南京明代の宝船歴遺址から出土した各種部材・櫂・浮子・石球・船板・ 帆柱一部・粗加工の方材、T型ビーム・梁、ステーク(stake), マニラロープ、各種船用釘など (Excavated from the remains of Baochuan Shipyard of the Ming Dynasty in Nanjing. Baochuan=Treasure Shipのこと)。

・ 清代の木造帆船「太平公主」号の模型(S.S. Princess Taiping)」、木造船を建造するための各種工具類、水密隔艙、 船体を飾る彩絵、木造船建造ジオラマと船板間に埋められる桐油灰(mixture of tung oil and lime [注]灰はナ偏に火と書く)。 建船において常用される松・杉などの木材のいろいろと部材の切り出し、部材接合法、建船工具・材料など。

・ 古代航海史展示室: 羊皮筏、竹筏、新石器時代カヌー、唐代のカヌー、櫂のいろいろ、紀元前の春秋戦国時代の 木板船模型、徐福像、楼船(秦・漢時代)の模型、後漢の陶船、春秋時代の大翼戦船模型、宋代の客用ジャンクの模型、 各種の指南針・羅針儀、蛇腹式骨組や竹製骨組の帆、披水板、ジャンクの帆、いろいろなジャンクの模型、元時代の新安船の 模型(韓国新安地区で発掘されたもの)、 元時代の蓬莱1号古船模型、遣唐使船の模型と銅製手鏡、鑑真の渡海図絵、鄭和の父の碑文、南京・明代宝船歴遺址から 出土した錨・ウインドラス部材・大舵棒、鄭和の明代彫像、鄭和が用いた銅鐘、明代の哨船模型、明時代の蓬莱2号古船模型、 帆の型式のいろいろ、鄭成功の明代末期・清代初期の戦船模型、1982年中国商船会社の最初の汽船「SS アデン号」の処女 航海の図絵と同号模型、福建艦隊旗艦の巡洋艦「揚武」の模型など。

・ 近代航海史展示室: 清代末期の阿片吸引用具など。
・ 現代航海史展示室。
・ 現代造船。
・ 海員室。
・ 結索・ロープワーク。
・ 航海模擬室。

・ 船舶模型コーナー: HMS Bounty、HMS Victory、HMS Endeavour、 Spanish Galleon sailing vessel、Vasa (Sweden)、 Guang Junk (広船)、Sha Junk (沙船) 、押し船Pusher Barge、貨物船General cargo ship built in 1982 "Transit"、 SS Titanic、空母「遼寧」(Liaoning)、日本の地球深部探査船「ちきゅう」、China Shipping Lineのコンテナ船 「中海環球」MV 「CSCL Globe」号模型(19100TEU積載量)など。

・ 漁船・漁撈展示室: 漁撈用の帆掛け船、漁撈用具など。

・ 臨展室(港湾関連」コーナー)。



フロア2階
・ 海上安全コーナー: 船舶海難時の救難・救急脱出用具(小型救命艇、膨張式救命ボート、膨張式救命筏など)、 船内消火用具、消防耐熱服、救命ボートに装備される救急用具(ロケット落下傘型火炎信号、煙霧信号、日光反射信号鏡、 釣り具、修理工具など)、クレーン模型など。

・ 海上救助関連展示: 京口救生会紅船模型(Lifesaving Red Boat of Zhenjian Lifesaving Assembly)、救生船(救命船) 「普済」号の模型(rescue ship Puji)、清西津渡救生船(Lifeboat of Xijindu/Qing 1644-1912)、明西津渡救生船 (Lifeboat of Xijindu/Ming 1368-1644)、各種救助活動関連用具、潜水用具、実物大の甲板減圧装置、閉鎖式潜水鐘など。

・ 海事室: 操舵装置・エンジン・テレグラフ、緊急船位無線標識、船用電話、レーダー・トランスポンダーなど舶用通信機器、船内時計・ クロノメーターなどの航海船橋関連機器、模擬船橋。

・ 船舶の構造と装置・機器: ディーゼルエンジン・プロペラ回転装置の構造模型、蒸気・ガスタービン構造模型、 内燃機関構造模型、船尾型の模型、外輪船模型、プロペラのいろいろ、舵機模型、舵型のいろいろ、LNG船・ばら積み貨物船 などの船体中央部の縦断面構造模型など。

・ 軍事航海室: 033型潜水艦(第3モジュール)の内部構造の原寸大模型、「海天」級巡洋艦(The Imperial Chinese Navy Hai Tien Class Cruiser)、中国海軍艦艇の各種模型:「肇和」号(The Imperial Chinese Navy Cruiser Chao Ho)など多数。

・ 航海体躯・レクリエーションコーナー: 双胴式ヨットなど。

・ 航海技術コーナー: 海図室用具(航跡トレーシング・船位プロッティングなど)、航海日誌など。

・ 航海関連機器展示コーナー: 航海用地球儀(1827年フランス製)、鉛錘と測深具、船舶測深儀(ship's echo-sounder)、 音響測深儀(echo sounder)、世界大洋航路図など。

・ 航海関連装置・機器: 灯台の照明レンズ、各種照明ランプ、灯光器、揚子江河口の灯船の霧鐘、老鉄山灯塔模型、 中国海事局の各種警備艦艇模型など。

・ 気象関連機器:風向風速計、湿度計、温度計、気圧記録計、海水比色計、海水比重計、各種投影による世界地図の作成など。

・ 航路・港湾コーナー: 洋山深水港コンテナヤード模型、大型自航サクション式浚渫船(trailing suction hopper dredger) 「新海龍(Xin Hai Long)」模型など。

・ 天象室。

* 同館内には「China MSA Museum 中国海事博物館」が併設される(China Maritime Safety Agency: 中国海事)。
[2017.04.03-10 中国・京杭大運河の旅/上海中国航海博物館04.04][拡大画像: x27647.jpg][拡大画像: x27648.jpg]


Back to: Top Page | 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) | ご覧のページ