一枚の特選フォト⌈海 & 船⌋


One Selected Photo "Oceans & Ships"

Back to: Top Page | 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) | ご覧のページ


東京の水辺風景/東京水上倶楽部 「CANAL CAFE」

1

2

東京都内のこんな場所に水辺のオアシスがあった。東京最古のボート場である「東京水上倶楽部 Tokyo Suijyo Club」のことである。 待ち合わせ場所が「CANAL CAFE」ということで、そこに行ってみたらそこにこの倶楽部があった。 東京都内にもいたるところに都会のオアシスがあろうが、ここもその一つであろう。海辺ではなく内陸部にあるオアシスである。

案内パネルによれば、創業は1918年。当時は10人以上乗船できる船や100艘もの船が浮かんでいたという。600mのお堀の 周りに明かりが灯され、夜間も営業した。蛍、花火、灯籠流し、ラムネ・かき氷の販売など、江戸情緒を残すこのボート場は 都民の憩いの場であった。2018年には100周年を迎えることになる。

アオコの浮いたお濠には大きな鯉がたくさん泳ぐ。餌(1袋20円)を供すると、餌にあり付こうとたくさん寄ってきて、大きな 口を開いて餌をねだる。

倶楽部「Canal Cafe」はお濠の浄化活動に長年取り組み、2009年にこのお濠で蛍が生まれるまでになったという。 春先には濠沿いに桜が満開となり、このテラスで憩う花見客らでその賑やかさも最高潮になろう。桜の花びらが舞い落ちる下をボートで漕ぎくぐるという のも粋ではないだろうか。[註釈]2011年の東日本大震災以降、ボート利用料は全額支援金に供されていると記される。

画像1: Canal Cafeのテラスからお濠を臨む(JR市ヶ谷駅方面)。
画像2: 同上(飯田橋駅/JR中央・総武線)。

[2017.9.12  東京都内・飯田橋の東京水上倶楽部「Canal Cafe」にて][拡大画像: x27956.jpg][拡大画像: x27957.jpg]

2018年に東京水上倶楽部100周年を迎えることを広報するポスター。


Back to: Top Page | 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) | ご覧のページ