Page Top




第3章 国連奉職をめざし大学院で学ぶ

第5節 浪人生活は人生の回り道ではなかった

    
   写真・作成中

Top page | 目次(Contents) | ご覧のページ




  「特別研究生」という身分で、関大大学院に1973年4月からもう一年居残ることになった。もう一年在籍することで学術や教育上のキャリア形成に どれほど役に立つことになるのか、見通せないままであった。カナダへの留学の見込みがほぼ絶望的となっていたために、便宜的に院に籍を 置かせてもらったようなものであった。いわば留学浪人生となった。そんな自虐的な思いで再び院に通い始めた。

  全く思いもよらず、留学浪人生活の一年間は中身の濃密なものとなった。一言でいえばそういう一年となった。浪人生活における一年間の 出来事をいつもの過去の出来事のようにさらりと走馬灯のように軽く流してしまい、その後は机の引き出しにしまい込んでしまうようなことは できなかった。驚愕するような出来事をもって凝縮された一年間を総括もしないで、普段の過去のごとく人生の後方へと見送って消し去るというのは、 人生の冒涜のような気がした。余りに多くの出来事に出会い、自身でも何がどうなり、何をどうしたのか、整理ができないような状態であった。 改めて最初からそれらの整理をして何がどうであったのか総括しておきたいと思う。

  1973年3月に大学院修士課程を無事修了したものの、最早タイミングよく最短コースでもってカナダ留学を果たせる見込みはないものと、 内心忸怩たる思いを抱きつつ、カナダ留学に見切りをつけた。TOEFL600点の壁は厚かった。そして、別の可能性を探ることにした。 それまで全く念頭になかった米国留学を視野に入れ始めた。大きな方向転換であった。国連安全保障やPKOなどのテーマを更に突き進む可能性が あるのかどうか。恐らくは舞い戻れる可能性はほとんどなかった。そして、第一志望を米国東岸でなく西岸にある都市、それもカリフォルニア州 の大都市ではなく、シアトルにした。神戸の米国総領事館などで探るうちに、ワシントン大学を見つけた。カナダ留学からシフトし、 自らの能動的な選択によって辿り着いた結果がこれであった。

  更にその頃に、身の振り方についてもう一つ大きな選択をした。一人片田舎に引き籠もり、家の農事の手伝いをしっかりこなすこと、そして語学能力 アップのための独学に没入することもありえた。だが、いろいろ悩んだ末に選択をした。これが最善と言う別の秘策を閃いた。即ち、特別研究生 という資格で大学院に残ることを選んだ。一年後輩の修士院生とともに国際法ゼミに出席できることになった。仲間がいて、議論し合い、 互いに刺激し合うことは大いに有意義なことであった。留学浪人生の身であるのは悔しい思いであったが、研究生の身分を得て定期的に院に通う のはベストな選択であり、また恵まれた環境にあることに感謝した。

  院での国際法ゼミの担当教授は竹本正幸氏であった。昨年までとは事情が一変していた。意図して指導教授を選びえたわけではないが、たまたま そうなったのは大きな救いであった。担当教授は一回り以上も若返った。伝統的な徒弟関係を求めるような教授ではなかった。また、学究上の 指導力には定評があった。かくして、たまたまの成り行きにして73年4月から、竹本教授による国際法ゼミに身を置くこととなった。 振り返れば、私的には幸運に恵まれた研究生生活の入り口であった。

  更に思いがけなかったのがゼミでの学究テーマであった。当時国連で開催されようとしていた第三次海洋法会議に上程されていた各国の諸提案 であった。同会議の第一回会期は73年にカラカスで始まり、その後10年以上も 続くことになった。世界の海洋における国際法秩序は、アフリカやアジアの多数の諸国が独立した1960年代よりも以前に主に先進国の慣習によって 形成されたものである。それら新興諸国からすれば、その秩序形成に参加せず、翻ってそれらの先進諸国の国益に沿うように形成されたもの であることに大いに不満を抱いていた。

  また、多数の開発途上国は、大陸棚の外側の限界に関する規定が曖昧で、技術と資本を有する先進諸国が無尽蔵に賦存するマンガン団塊などの 深海底資源を独占的に開発することに深い懸念を有していた。また、遠洋漁業先進国が、広い公海での漁業の自由原則を御旗にして、 他国沿岸近くまで進出し水産資源を獲りまくっていたことに強い不満を募らせていた。 そこで、世界の海洋法秩序を全面的に見直し、新しい海洋法条約を制定するために、国連主催の外交会議を要求した。

  73年からカラカスで実質的な会議が開始されたが、そこには重要でさまざまな諸提案が提出されていた。ゼミではそれらの提案を 院生らで読み解き、議論し合い、合理的な法制を摸索することになった。かくして、予期せず、竹本教授のゼミにおいて、海洋法や国連海洋法 会議について関わり合うことになった。海洋法は国際法の重要なサブフィールドの一つであったが、それまで真正面から向き合ったことは一度もなかった。大袈裟に言えば、大学生になって以来6年以上も海のことから離れていたが、 研究生になって初めて海のこととの接点に身を置くことになった。商船大学への受験を諦め、海のことから遠ざかった日から7年目のことである。

  他方で、ワシントン大学ロースクールから大学案内などを取り寄せ、出願の準備を進めていた。ロースクール大学院修士課程には二つの プログラムしかないことが分かった。一つは「アジア法プログラム」、他は「Law and Marine Affairs Program」であった。それを直訳すれば 「法律および海事プログラム」であるが、いわば「海洋総合プログラム」と言えるものであった。海洋に関する自然科学系と社会科学系、さらに 工学系の諸学の垣根を越えて、学際的・複眼的・融合的に学び、海を巡る諸課題を多元的な視座・視点をもって解決する能力を高めようという、 画期的にして当時としては最先端の取り組みを行なっていたプログラムである。

  かつては国連安全保障やPKOなどに関心があり、カナダ留学ではそれが第一義的テーマとし、米国留学にシフトしもそのテーマでの 学究を視野においていた。だから、学究テーマの大幅変更を伴うことを意味した。だがしかし、安保やPKOに執着すべき理由は特段なかった。それに、 青少年時代から海が大好きで海や船に関わること、航海士になることに憧れを抱いていたことだし、また現在進行形でゼミにおいて海洋法を 深掘りしようとしていた。そして今またたまたまだが、現在向き合うテーマと将来において関わり合うかもしれないテーマが合致するという 、願ってもない展望が開けそうで、心に響くものを感じた。

  究極的に目指すは国連法務官であった。同じ法務官であっても、安保やPKOに関わるスペシャリストというよりも、海洋法を担当する法務官 が私にはベストであった。安保やPKOについては学究面でのテーマに留めおき、法務官の職務においては海洋法をフィールドとする方が 圧倒的に願ったり叶ったりであった。そして、もう一つ明るい光を見た。院での海洋法の学究と将来の海洋法担当法務官への奉職を通じて、 「海への回帰」の萌芽がおぼろげだが垣間見えたことである。海洋法担当法務官となれば、その後深く長く海と関わり合いながら職業人生を 送ることができると考えた。船乗りにはなれなかったが、海の法律のスペシャリストとして海と関われることになる、そんな形での 「海への回帰」を実現できれば最高の人生が広がる、と心が躍り回るほど嬉しかった。是が非でも留学し、「海洋総合プログラム」で海洋法その他 海洋関連の諸学を究めたかった。

     さて、特別研究生となって、そんな思いを胸に秘めつつあった73年の春先に、院の前庭の芝生の陽だまりに座って、タブロイド版の「関大新聞」 を広げ何気なくめくっていた。その時に、母校の先輩の活躍を紹介する囲み記事が視野に入った。そのページをめくろうとした矢先、 「国連法務官」という5文字が目の前を瞬間的に通り過ぎて行った。

  その記事を掲載したページを開いたのはたまたまの偶然であった。その中にその5文字を見逃さずに目に留めたのは、偶然のことなのか、 それともほぼ必然のことであったのか。国連奉職の志を抱いていなければ、新聞を広げその記事に目をやり、たとえ読んだとしても、 その5文字は目の前を通過しただけであったであろう。新聞を広げ、そのページをめくったのは偶然、だがその中のある一つの記事の中に 「国連法務官」の文字を瞬間的にせよ捉え、そしてその先輩を脳裏に刻んだのは、その志があってのことといえる。

  母校の先輩に国連法務官がおられた。正に私が目標としていた国際公務員として活躍する先輩である。後輩として誇らしかった。法務官 になるのは夢物語ではなく、達成可能なことなのだ、と自分に言い聞かせることができた。部署などは不明であったが、国連本部宛てに投函 すれば先輩の手元に届けられるものと、早速手紙をしたためた。どんな情報でもいいから得たいと、職場や仕事の事情などの生情報を得ようと 筆を取った。幸いにも暫くして丁寧な返事をいただき、それ以来文通が始まった。 手紙をしたためるという行為がなければ、その後の文通もなかったし、また曽野氏との顔合わせの機会も生まれなかった。新聞や記事との遭遇は 間違いなく偶然であろうが、対面は自らの能動的行為の結果がもたらした、いわば必然的な出来事であったと思う。

  その後、曽野氏が、夏期休暇か何かで、一次帰国されることになり、会える機会を作っていただいた。ニューヨークに戻る当日に羽田空港でならば 少し会える時間を取れるとの電話を受けた。まさか、本当にそんな電話をいただけるとは思いもよらなかった。翌日喜び勇んで新幹線で上京し、 羽田空港へと向かった。初対面での会話は国際線ターミナル出発ロービーの2階にあるレストランであった。そして、初対面にして5つの事柄に 出会うことになった。

  第一に、曽野氏は私が第一希望としていたワシントン大学の出身で、ワシントン大学ロースクール卒業であることがはっきりした。 第二に、ロースクールに入学すれば指導教授になる予定であったバーク教授と、曽野氏は旧知の仲であったこと。第三に、NY直行ではなく、 これからシアトル経由でNYへ帰任する予定であること。第四に、ロースクールに立ち寄る予定であり、バーク教授に会えれば、母校の後輩が 出願していることを伝えてもらえること。そして、第五に、バーク教授への推薦状をしたためることもやぶさかではないということ。

  全く予期していなかったこれら5つの事柄に、わずか一時間ほどの間に次々と向き合うことになった。曽野氏にとっては承知の事や予定通りの ことであったかもしれないが、私にとっては何と言う諸事の重なり合いであったことだろうか。 三人を繫ぐことになった余りの不思議な糸にびっくり仰天であった。たまたまの成り行きと一言で済ませることはできなかった。 その運命の糸をどう理解すればいいのか、自問自答しても答えを見い出せなかった。その糸を紡いだのは偶然か必然か。対話から受けた衝撃は 言葉にならないほど大きかった。引き起こされた興奮の余韻は東京から帰郷するまでずっと続いていた。

  学食でたまたま手に入れた大学新聞、その掲載記事にたまたま目が留まった。志がなければ目の前をさっと流れ去っていたはずの5文字。 一通の手紙をしたためたこと、そして上京して対面するという行為がなければ、これらの5つの事柄に向き合うことはなかった。 その行為を突き動かしたのは、まさに国連奉職の志であった。偶然と必然が入り混じっていた。志と行為がもつ引力が偶然を引き寄せ、 必然ともいえる結果を招いたように思える。たまたまのいくつもの運が舞い込まなかった訳ではないが、この一年の出会い、事柄、出来事はそれで 片付けられる済ませられるものではなかった。羽田空港における初対面での対話がワシントン大学留学への道の最も重要な分岐点、 分水嶺であったと信じている。

  特別研究生になりたての頃は、留学浪人生活は人生の「遠回り」、「回り道」をすることになると忸怩たる思いがあった。だが、 1年間後には、全くそうではなかったことを学んだ。語学力をアップできる機会をえた。550点以上のスコアも報告できた。竹本教授と正面から向き合う 機会が生まれ、そのゼミで海洋法と向き合うことにつながった。留学国と大学をシフトし、学究テーマも変更となったが、ワシントン大学の 「海洋総合プログラム」と出会った。そして、偶然をチャンスとして生かしながら、諦めずに行動を取り続けた。そこでいくつもの事柄と出来事 に遭遇することになった。海外留学とその先の国連奉職と言う目標や夢をもち合わせたが故のいくつものたまたまの巡り合わせであった。 一年の浪人生活、一年の回り道は、次のステージにジャンプアップするために不可欠のいわば助走期間であった。浪人生活は次の運命を切り拓く ために用意された回り道であった。無駄な事柄や出来事は何一つない道のりであったといえる。一年間に体験した事柄、出来事のどれ一つが欠けても、 留学実現までの細い糸はつながらなかったかもしれない。回り道の人生で曲がり角を一つ違えていたとすれば、運命の糸は切れたり、違う方向へ と引っ張られていたかもしれない。

  留学がなければ、「海洋総合プログラム」の専攻はなかっただろうし、また海への回帰は特別研究生の修了とともに終わり告げ、 本格的な海への回帰の道は閉ざされていたに違いない。多くの出来事は偶然だったのか必然だったのか、判然としないともいえる。 だが、これだけは言える。特別研究生としての一年間は、後にも先にも最も有り難い回り道人生であった。その回り道が無ければ、その後に 海を友にしながら海洋辞典づくりを楽しむという現在の私は存在しなかったに違いない。

  船乗りへの夢が砕け散ってからは、海への関心はすっかり薄れ、大学の部活では関心事はすっかり山に向いていた。ゆうに6年間も海から離れていた。 自身が描いていた「夢の舞台」は海であったことを6年ほども忘れ去り、海から遠のいていた。海に回帰することなど頭の片隅にもなかった。 だが、ワシントン大学の「海洋法総合プログラム」への留学が決まってからは、海への本格的な回帰に向けて歩み出せる可能性が少しずつ 開けてくるようで、たまらなく嬉しかった。 そして、その先において海洋法担当の法務官として国連に奉職できれば、「海の世界」への回帰は一過性ではなく、その後ずっと海と関わり 続けられることになる。先走りが過ぎるかと思いつつも、未来の明るい展望に喜びを隠せず、心は留学に向けて早るばかりであった。



Top page | 目次(Contents) | ご覧のページ                       このページのトップに戻る


 第4章 ワシントン大学での学びと海への回帰
        第1節 太平洋を越えてシアトルへ