第4章 ワシントン大学での勉学と海への回帰
    第2節 初心に戻って真剣に語学研修と向き合う

    画像:作成中





      語学学校には1974年の7月初めから9月末まで、丸3か月間お世話になった。国連奉職を志してから早くも4年以上が過ぎていた。何んとか アメリカ留学に漕ぎ着け、海洋法分野での学位取得を目指して第一歩を踏み出した、というのが率直な実感であった。 学校での生徒の多くは日本人であったが、3~4割くらいの生徒がメキシコ、ガテマラなどの中米諸国やサウジアラビアといった国々から来ていた。 既に英語試験が課せられ、その成績に基づき、機械的にクラス分けされていた。クラスの数は7~8あって、一クラスは10~15名ほどで 構成されていた。一か月間の授業を修了した時点で改めて全生徒に試験が課せられた。授業出席率なども加味された。語学試験の成績を主な 基準にして、上位クラスへの進級可否が判断されるというシステムであった。

         英語研修の内容としては、時制、仮定法、間接法などの文法学習に加え、長文の速読と読解などを繰り返すリーディング、図絵を見ながら物語を 即興的に組み立てプレゼンするスピーキングや、特定テーマでストーリーを組み立てじっくり作文するライティングなどの授業を毎日こなした。

      時間を経るにつれて目が慣れて、だんだんといろいろな学内事情が見えて来た。客観的に観察できるようにもなった。語学教師は「英語を 外国語として教授する資格を有する者」がほとんどであった。その資格取得後の教鞭経験年数、教授能力・資質がどの程度備わっているかが 重要な指標と思われた。語学学校に在籍し教鞭をとる有資格者の教師の総数や、彼らの勤務年数も、学校全体の教育レベルを測るうえで重要な バロメーターであった。教師によって多少は異なっていたが、彼らは一様に教授することに真剣に向き合う姿勢を示し続けていたし、また 数年以上の教授経験をもつ上に、教授技法についても長けているように見えた。 

      授業では総じて緊張感が漂っていた。特に文法クラスにおける生徒の緊張はかなりのものであった。万遍なく生徒が指名され、事例問題が 矢継ぎ早に浴びせられることでいつも張りつめた緊張感が漂っていた。即答を求められることが多かったので、授業中は常時頭をフル回転させる 必要に迫られた。 即答できなければ、すぐに他の生徒が指名され問題が振り向けられた。真剣に聴いて、いつも「即応態勢」を維持しないと、授業についていけ なかったし、また能力向上に繋げられなかった。そんな状況は、見方を変えれば、語学能力向上を図ろうとする学校や教師側の努力の現われでもあった。文法クラスによっては週単位での小試験も課せられた。

      また、文法クラスを担任する教師からは、毎日のように宿題が課された。宿題をいつももち帰り、毎晩「夜なべ仕事」にねじり鉢巻きで 取り組むことがほとんどであった。平日にあっては、夕食後就寝するまでの間リラックスしてテレビを見て過ごすという余裕は余りもてなかった。 平日はいつも各クラスでの授業において緊張感をもってみっちり語学漬けにされる一方、家に帰れば毎晩のようにホームワークに背中を突き動かされる感じで、 のんびりと骨休みするどころではなかった。

      髙い授業料を払っていることからすれば、それも当然といえば至極当然ではあった。また語学向上につながると思えば、弱音を吐く ような話でもなかった。学校側が生徒に怠け癖を付けさせたり、緊張感のないクラス運営に生徒を慣らしてしまうようになれば、生徒の語学向上は 望み得ず、学校の評価も何をかいわんやである。学校が低い評価や良くない評判をえては、結局は学校経営が立ち行かなくなろう。 クラスでの緊張を適度に維持するという指導技法も、学校の良し悪しを測るバロメーターであるといえる。

      さて、学校兼ドミトリーの生活には難点が一つあった。学校では6から7割が日本人であり、授業を離れるとどうしても日本人同士で「群れ」、 日本語でのコミュニケーションになってしまうことである。語学学校に通う目的は語学上達であり、どの生徒にも共通する。 だが、学校で語学を学んだ後何をどうするのか、その計画や目標はそれぞれに異なっている。その目的意識などによって研修に取り組む真剣さに 微妙な違いが現われがちであった。

      授業には語学向上のため真面目に臨むが、そのあとはアメリカン・ライフを十二分にエンジョイすればよいとする生徒も多くいた。語学を学び、 上達したいのは誰も同じである。だが研修後の具体的な計画や目標の有無や内容によって自ずと学ぶ意欲や生活リズム、行動パターンに微妙な差異が 現われがちとなる。いわば「遊学的」生活を謳歌する生徒もいたのも事実である。それが悪いという話ではない。 遊学的スタイルや生活パターンについつい引き込まれたり同調したりする。あらゆる場面で楽ちんな方向へイージーゴーイング的に流されがちとなる。 自身がそんな誘惑にどう打ち勝てるか、という話である。1か月もすれば、授業以外のあらゆる局面で遭遇する、彼らからの誘惑にどう抗うのか真剣に悩む 様になった。

      最初は、日本人同士で「群がる」にしても心掛けたことがある。語学学校卒業後にいずれかの大学に入学することが決まっているとか、 専門学校で何らかのプロフェッショナルなノウハウを究めるとかの具体的な目標がある者など、 それなりの具体的目標をもつ者同士で「群れる」よう心掛けた。将来について情報や意見を交換して、互いによりよい刺激と影響を与え合い、励まし 合えるようにした。それはそれで大事であった。それでも、まだ何かに対して苛立ちを感じていた。

      ある日、授業以外の場における環境についてはたと思い当たった。何故それまで身近にいた学友たちがさっさとドミトリーを飛び出して行ったか。 ドミトリーでの私のルームメートも日本人で、どことなく遊学的であった。同じ関西出身であり、温厚な人柄で申し分なかった。だが、如何せん 語学研修後は帰国して社長業を継ぐというような若者で、目的意識や行動パターンの面でどうしても違和感を払拭できなかった。 彼とルームをシェアし一緒に居ても、何の気兼ねも要らず、居心地も良く楽であった。だから日本語での会話が徐々に増えて行き、このまま2カ月以上も流され続けていいもの だろうかと、不安が強くなるばかりであった。

      環境を変えようと一大決心をして、近くのアパートに引っ越し、自炊生活をすることにした。アパートの大家との契約後、スーツケースに身の 周り品を詰め込み、チャンピョンタワーから引っ越した。歩いて5分ほどの所であった。環境を一変させ、日本語をオフリミットにした。 毎日のホームワークをはじめあらゆることを、自分がコントロールできる時間の中に収め、最大限の集中力をもって取り組み、もって研修と生活を有意義なものに つなげようとした。

      アパートはワンルームタイプであった。ベッド、ソファ、キッチン、シャワー・トイレなどがコンパクトに納まっていた。 当時の換算レートは固定相場制で1ドル365円であったので、月額200ドルの家賃は75,000円ほどであった。冷蔵庫、オーブン、コンロ、テレビ、 アイロン、ドライヤー、フライパン、鍋、什器一式などが備わり、何の不自由なくすぐに生活ができた。 生活用具がフル装備であり、一人で住むには広くも狭くもなく、学校にも至近距離でもあったので、べらぼうに高いものとは感じなかった。

    、   語学学校のドミトリーでは、食事代込みで支払えば、朝食・夕食の支度・片付けもいらず、楽ちんであり、何の煩わしさもなかった。 昼食はシアトル大学のカフェテリアで別支払いで済ませられた。アパート代と食材費などは、それまでの食事付きの寮費と比べて見ても、 それほど大幅アップではなかった。しかし、単身のアパート暮らしでは、特に夕食は、食材の買い出しから献立のやりくり、食後の後片付けなど、 それなりの時間を要することではあった。留学するまでの実家では、食事や洗濯などほとんど身内に支えられていた。農作業は人の何倍もこなしたが、 大学の部活で経験した食事づくりはカレー、チャーハン、焼きそば、味噌汁くらいなもので、自活に不安があった。 とはいえ、語学向上によい影響をもたらさない環境にいるのであれば、そこは何とか改善する必要があった。

      単身での自炊生活はこれまで経験したことのないビッグ・チャレンジであった。炊事、洗濯などこまごまとした、日常的にやるべきことは 沢山増えた。生活面であれこれ他人に気疲れすることも、煩わされることもなくなったが、自分ですべて切り盛りする必要があった。 アパート暮らしをするのも、それが一つの狙いでもあった。

      自分で時間をほぼ100%コントロールし、計画性をもって生活を律するようにした。アパート内にあっては自活そのものと宿題に全力投球し、外にあっては授業に集中することにした。 苦労もあったが、「生活力」のアップにつなげようと、時間を効率よく配分し、生活のやりくりができた。 そんなアパート生活を2か月続けた。お陰で多少の自信にもなった。もちろん、それまでの親しい学友らと分かれて生活環境を異にしたが、 仲が悪くなった訳でも、また疎遠になった訳でもなかった。

      平日の気晴らしと言えば、親しい仲間と談笑したり、情報交換したり、また時には連れ立って、近くの「ターバン」というアメリカスタイルの 居酒屋に出向くことが多かった。「クアーズ(Coors)」というシアトルの地ビールを片手に、スタンディング式円形テーブルに寄りかかり ながら、他愛もないことを語り合った。話題は語学や授業のこと、今後のアメリカでの過ごし方や将来の仕事のことであった。 週末についてはだいたい思い思いの過ごし方を楽しんだ。 語学学校主催の統一行事はほとんどなかったが、一度だけ全校生徒による遠足のようなバスツアーがあった。シアトルの高台から、富士山を少し 押しつぶしたような、3000m級のレーニア山が良く見えた。シアトルのシンボルとも言える山である。そこにバス旅行をした。

      ワシントン大学から紹介されていたホストファミリーと週末を楽しく過ごすことも多かった。未だ大学に入学していなかったが、何かと 気にかけて気晴らしにと誘い出してくれた。旦那とは離婚していたが、肝っ玉母さんのような夫人はいつもエネルギッシュであった。4人の子どもがいて、 長男は米軍に勤め、次男も家を離れていた。長女は高校生で、その下にまだ小学生の次女がいた。ドミトリーなどに迎えに来てくれたが、路線バスを乗り継いで、シアトル郊外にある ベルビューと言う隣町に一時間ほどかけて彼女の自宅を訪ねることもしばしばであった。ワシントン湖でボーティングしたり、ピクニックに出掛けたり、また 数100km離れたスポケーンまで遠出のドライブをして、当時開催中であった万国博覧会を見学したりもした。

      かくして、学校生活を終えて、学友らとの別れの時がやって来た。学友には、カナダのマクギル大学や南カリフォルニア大学に進学 する者、帰国する者、居残る者など様々であった。3か月間はあっと言う間に過ぎ去った。アメリカ生活に慣れ 語学能力アップの良い機会となった。ロー・スクールでの次の生活に向けての有意義な準備ができた。 だが、3か月の研修で語学力にまつわる不安が払拭できたとはとても言えるものではなかった。とはいえ、研修のお陰で少しは確実にアップ できたはず、との思いを胸に人生の次のステージに向かった。

      ロースクール大学院での専門科目の履修や論文作成などの学究レベルを振り返れば、その語学力はまだまだおぼつかないレベルで あったことをたっぷりと思い知らされることになった。その能力不足は第一学期に現実のものとなり、ひどい衝撃を受けた。 己の語学レベルが何たるかを思い知らされ、愕然とすることになった。 それはさておき、いよいよ10月になって、生活拠点を大学のドミトリーである「マーサーホール」へ、学究の拠点をロースクールのある 「コンドン・ホール」へと移した。



    Top page | 目次(Contents) | ご覧のページ                       このページのトップに戻る


     第4章 ワシントン大学での学びと海への回帰
            第3節 ロースクールでの学究環境に敬服する