Page Top


    第3章 国連奉職をめざし大学院で学ぶ
    第2節 留学できず「浪人生活」するなかで、海洋法ゼミと海洋プログラムに出会う


              Top page | 総目次(Contents) | ご覧のページ


    第3章 国連奉職をめざし大学院で学ぶ
      第1節: 国際法を専攻し、国連平和維持軍に興味をいだく
      第2節: 留学できず「浪人生活」するなかで、海洋法ゼミと海洋プログラムに出会う
      第3節: 関大新聞紙上の先輩活躍記事、偶然目に留まる
      第4節: 羽田空港での初顔合わせと対話は運命の分岐点
      第5節: 浪人生活は人生の回り道ではなかった

    第1章 | 第2章 | 第3章 | 第4章 | 第5章



  本来ならば、2年間の修士課程を修了する1973年の春頃にはカナダのキングストン大学から合格通知をもらえるのがベストのタイミングであった。 時間的なロスが最も少なくなるので、その年の秋期からの留学を願っていたからである。だがしかし、 何のエア・メールも届かなかった。当然と言えば当然であった。600点以上のTOEFLスコアを昨年一度もアドミッション・ オフィスに提出できていなかったからである。一度でもそのようなスコアが大学側に届けられていれば、73年の春には合否に関する何らかの 連絡があったはずである。

  カナダへの留学が叶わなかった場合の身の振り方について思い悩んだ。考え抜いた末に窮余の秘策を思いつき胸にしまい込んでいた。 それ即ち、関大大学院に「特別研究生」として一年間在籍するというものであった。申請期限が迫る中、何とか間に合うように願書の準備だけは 整えていた。結局留学叶わずと見て取って、申請する羽目にいたった。幸いにも事務局から許可され、同年4月から国際法専攻の「特別研究生」 となった。これによって、院での国際法ゼミに参加できることになった。特別院生という身分は決して悪くはなく上々であった。見方を変えれば、 留学を目指すところの、いわば「浪人生」であった。

  院卒後に全く所属先のないまま家に引きこもって、農作業をしっかりこなす一方で、もっぱら語学能力アップのための猛勉強に邁進するという 選択肢もあった。それも一つのやり方であったが、独学独歩は余りに寂しいと思い悩んだ。共に学び励まし合い、議論を交わすこともないままに 隠居浪人的な生活を片田舎で送るのはどうも気が進まなかった。仲間と学びを共にし議論し合えるという居場所や環境が欲しかった。兄は既に 社会人となり市役所に勤めていて日頃から農作業がいろいろあったので、暇を持て余すことはなかった。そんな時間的なことよりも、 国際法を出来る限り深く学んでおきたかった。それには、特別研究生に身を置いておくのが次善の策であった。かくして、何はともあれ、 引き続いて院に居残ることができ、4月から再び定期的に通い出した。

  一年後輩となる国際法専攻の修士課程院生に混じって、国際法ゼミに参加できることになった。とにかく一人ぼっちになることもなく、仲間を得て 国際法を学び続けられることが何よりも精神的に心強かった。留学はこの先どう転がり行くか分からなかったが、諦めることなく 向き合う他なかった。取敢えずそれがベストな道であると、歩を前に進めることにした。他方、語学能力のレベルアップを図るための良い 機会になると前向きにとらえ、TOEFLにも挑戦し続けた。

  カナダ留学の見通しは開けそうになかったので、カナダのロースクールにこだわらず、心機一転して、因みに米国の大学での可能性を摸索する ことにした。当初はアメリカ留学については全く眼に入らなかったが、ここにきて方向の大転換を図った。 米国大西洋岸のマサチューセッツやNY州などのアイビー・リーグの大学も考えたが躊躇した。それよりも日本からまだ近い太平洋岸のワシントン州 シアトルやオレゴン州ポートランド、カリフォルニア州にある大学を模索した。また、米国にはTOEFL基準が550点とする大学院もあることも分かった。

  応募フォーム、大学要領などが迅速に届けられたのが、シアトルのワシントン大学であった。シアトルは米国本土の中でも日本に最も近く、 戦前から日本人移民が多く暮らしていた。どの都市よりも親近感を抱いていた。それは何故か。戦前から日本・シアトル間の太平洋定期 航路に「氷川丸」が長く就航していた。中学校の修学旅行は箱根・鎌倉・東京方面であった。横浜の山下公園や横浜マリンタワーに立ち 寄った折には、この「氷川丸」の勇姿が瞼にはっきりと焼き付けられていた。ワシントン大学案内を読んでみて、その全体的イメージをつかむことが できた。充実した大学環境の下で楽しいキャンパスライフを送れそうであった。先ずは同大学を第一希望とした。願書、成績証明書などを順次 提出し、今度こそは、1年半後の74年秋期からの留学を何としても実現しようと自らを奮い立たせた。

  ところで、特別研究生が履修して、単位を取得するというような義務はない。基本的には担当の指導教授の下で特定のテーマをもって 学究することになる。指導教授はもちろん国際法担当の教授である。指導教授が主宰する国際法ゼミに出席し、特定のテーマに沿って深堀して 行くことになる。院では指導教授とは一対一で向き合い緊密性が相当高まる。従って、いずれの教授下でいかなるテーマで学究にいそしむかは すこぶる大事となる。昨年まで院での国際法指導教授であった川上教授は定年退官にあった。そして、今年から代わって一回り若い 竹本正幸氏がその指導教授の任にあった。過去2年間における徒弟環境が打って変わってイノベーションされた。両教授のタイプの違いは 歴然としていた。特別研究生としての1年間新教授の指導下で学究できることは、留学浪人中の私にとってもすこぶる幸運なことであった。

  さらに、第二の幸運な出来事に遭遇することになった。国際法ゼミにおける学究テーマである。私には思いもよらなかったテーマであった。 即ち、国際法の一つの重要な学門領域である国際海洋法に関するものであった。

  実は1970代初頭にあった当時の国際社会では、海洋法秩序全般にわたり抜本的再構築への取り組みが始まろうとしていた。 数百年に一度あるかないかくらいの海洋法秩序への歴史的大変革をもたらす可能性が秘められていた。 因みに1970年に国連総会は、そのための外交会議のため新たな国連海洋法会議を開催することを決定していた。そして、1973年に国連は 第三次海洋法会議を招集した。翌年の1974年にはベネズエラのカラカスにおいて実質的な交渉が開始された。

  第三次国連海洋法会議が開催されるに至った大きな背景があった。1958年と1960年に、第一・二次国連海洋法会議が開催された。 領海、公海、大陸棚、公海生物資源保存に関する4つの国際条約が1958年に締結されていた。だが、 海洋法の根幹をなす領海の幅については、2回の海洋法会議では合意にいたらなかった。また、大陸棚に豊富に賦存する海底石油・ガスに 関する沿岸国の管轄権についは、「水深200メートルまでの海底」か、または「開発可能なところまで」と規定され、曖昧な基準となっていた。 大半を占める開発途上国は、技術と資本をもつ海洋先進諸国が深海底に向けて大陸棚の範囲をどんどん拡大し浸食していくことを深く危惧していた。 特に公海の水深4-5000mの深海底には、マンガン団塊という銅・亜鉛・ニッケルなどを含む鉱物資源が無尽蔵的に賦存する。開発途上国は、 先進諸国が将来それらを独占的に開発し、富の独占的支配をすることに危機感を抱いていた。また、日本などの漁業先進諸国は、他国沿岸 近くの水域まで漁船団を繰り出し、公海での漁業自由の原則を御旗に、早い者勝ちの作法で漁獲をほしいままにし、最大の実利を得ていた。

  アジア、アフリカなどの開発途上国のほとんどは第二次戦後に独立を果たした。他方、世界海洋における「狭い領海と広い公海」 での航海や漁業の自由原則など、過去数世紀にわたり、海洋列強諸国の慣行の下で国際慣習法として形成されてきた。それらの途上国は 全く預かり知らぬところで形成されてきた。そして、今になっては、技術・経済パワーのある先進諸国が、鉱物や水産資源をそのパワーの 行使によって実際的恩恵を独占的に享受するという未来が待ち受けることが明らかになってきた。海洋4条約が成立していたとはいえ、 戦後独立間もないほとんどの途上国からすれば、現行法下では海からの恩恵にほとんど預かることができないことに不満を抱いていた。

  因みに、途上国は沿岸から200海里幅にある海域内において鉱物資源や水産資源に対する排他的管轄権を強硬に主張していた。中には200海里 幅の領海そのものを主張する国もあった。領海幅をできるだけ狭くし、自由に漁業や鉱物資源開発ができる公海をできるだけ広くするという 現行の法秩序に対する抜本的な修正を高々と要求していた。 最も鋭く対峙したのは、中国を初めとするアジア、アフリカ、中南米の開発途上国からなる「グループ77」と米国・西欧諸国・日本・ソ連 などの海洋先進諸国の2つのグループ間であった。そして、米ソや西欧諸国でさえも、堅固な結束下にあるグループ77による200海里管轄権に関する主張の前には、 その歯車を逆回転させることはもはや困難な情勢になって行くのである。

  日本は当時、遠洋漁業国の地位をほしいままにしていた。広い公海での漁業自由の原則を金科玉条のごとく主張し、世界中で魚を取りまくって いた。日本は海洋法会議で「エクセプトワン」と揶揄された。北太平洋では米加日、日ソなどと漁業条約で水産資源保全や配分などにつき規制し、 折り合っていたが、日本は世界中の沿岸国の3-12海里領海のぎりぎりまで進出し、獲りまくっていた。当然、貿易・水産立国としてその権益上 狭い領海、広い公海を支持し、世界海洋での航海や漁業の自由の熱烈な支持者であった。米ソ超大国は主に軍事上の戦略から、領海が3海里 から12海里に拡大する場合、領海化する国際海峡での軍艦のより自由な通航、潜水艦の潜航通航、軍用機の上空飛行の自由を同じような立場に 立って求めた。そして後には、米ソの通航上の戦略的主張と「グループ77」が主張する200海里排他的管轄権制度との相互承認が醸成されること に繋がって行く。

  さて、1973年当時、海洋における国家のさまざまな重要な権利義務や重要テーマの法制に関し、いろろな提案が同会議に提出されつつあった。 国家主権が及ぶ領海の幅、そこでの外国艦船の通航権、領海化された狭い国際海峡における他国の商船・軍艦・潜水艦の通航権や 軍用機の上空飛行権、沿岸国の大陸棚に関する排他的管轄権、沿岸200海里水域における水産資源に対する排他的管轄権、 公海下にある深海底マンガン団塊などの鉱物資源に対する開発・管理制度、フィリピンやインドネシアのような群島国のための 特別な管轄権、「海なし国」(内陸国)や地理的不利国の権利などテーマは多岐にわたっていた。 各国の置かれた地理的、政治的、経済的諸条件は異なり、国益も異なり、ゆえに会議に提出された諸提案もそれらの違いを色濃く反映していた。 そして、世界中の異なる立場に立つ国が主要テーマごとに国益をぶつけ合い百花繚乱の様相となろうとしていた。利害を同じくするグループを 形成しながら互いに激しく対峙し、どう政治的妥協を図るか、まだまだ先は見通せない時期にあった。非公式ではあるが統合された単一の 包括的な条約交渉草案が取りまとめられたのは、それから数年後のことである。

国際法ゼミでは、いくつかの最重要テーマごとに、諸提案の原文を国連広報センターなどから取り寄せて、院生はそれらを熟読し、紐解き合いながら、 分析し、自由闊達な議論を交わすという手法が採られた。 いかなるリーガルシステムが次世代の世界海洋法秩序としてあるべきか、合理性があるかをゼミ生で議論し探求することであった。 これが国際海洋法と真剣に向き合った最初の出会いであった。

  院生時代の過去2年間にこれまでひたすら国連の集団安保制度や平和維持活動などに主に関心を寄せていた私は、このような海洋法を巡る動向 について無頓着で、ほとんど把握せず無知のままであった。海洋法制への深掘りや海洋法会議での諸提案とフォローは、まさに目からウロコであった。 国際法を専攻しながら、それらにひどく疎かった。恥ずかしいやら、反省しきりであった。

  そんな海洋法制と海洋法会議との関わり合いの中、偶然知ることになったのが、ワシントン大学ロースクールが提供するプログラムであった。 受領したロースクール案内を見ると、大学院レベルには「アジア法プログラム」と「海洋総合プログラム Law and Marine Affairs Program」 があり、その2つしかなかった。「2つのプログラムしかないのか」というのが一瞬の印象であった、だがすぐさま喜びに変わった。 「海洋プログラム」は願ったり叶ったりであった。竹本ゼミでの学究テーマのまさに延長線上にあることから、 何の抵抗感もなく即座に「海洋プログラム」を選択することにした。ワシントン大学への留学に意欲と希望が湧いてきた。 研究生となってすぐに偶然ではあるが海洋法や海洋法会議との接点ができ、海洋法制について集中的に学び理解を深めつつあったことから、 従前の国連安保などのテーマからがらりとシフトすることになっても、シフトするには最も相応しいプログラムに巡り会えたと喜んだ。 また、入学申請した後であっても、大いにアピールできる学業実績を築けて行けそうなので、これまた運が良かった。勿論、海洋法制や会議への 関心が高まり、またワシントン大学への親近感が一気に膨らんだ。

  ゼミでの海洋法制と海洋法会議との出会い、さらに「海洋プログラム」との出会いは、重要な意味を包含していた。海への回帰の萌芽が偶然に 宿していたといえる。回帰へ一歩前に私を押し出してくれたといえる。そして、「海洋プログラム」に入学できれば、さらに海への回帰を力強く 後押しし、それを確実なものにしてくれると思った。二つの出会いが海への回帰に直接的に繋がっていく潜在的可能性を秘めていた。

  それだけではなく、国連安全保障からシフトして海洋法を専門に担当する国連法務官への道を拓くのではないかと、さらにその先の展望に 期待を寄せた。つまり、ゼミでの海洋法制の学究は一過性に終わることなく、ワシントン大学の「海洋総合プログラム」での学究に繋がり、 さらには究極的に目指す海洋法担当法務官へと未来を拓くことができるのではと、想像してみた。さらには、その先ずっと本格的に海に回帰し、 生涯にわたり海に関わり続けられるのではという、漠然とした夢のような世界を描いた。

  未来は明るく輝き、希望に満ち満ちているように感じられた。俄然として、留学先はワシントン大学に、修学は海洋総合プログラムに大いなる 希望を寄せた。海への本格的な回帰への重要な一歩を踏み出せるのではないか、とその好機到来にもろ手を上げて喜んだ。本当に戻ることに 繋がれば、こんなに嬉しいことはなかった。 1967年以来船乗りを諦め、4年間「海の世界」から「山の世界」へどっぷりと足を踏み込んでいた。その後もずっと海の世界からすっかり遠ざかっていた。 だが、国連奉職を目指した時から数年後、留学浪人としていわば人生の回り道の途上にあった特別研究生の国際法ゼミにおいて、海との関わりの糸口 に巡り会い、さらに海洋プログラムと巡り会い、海への回帰の糸を手繰り寄せることになろうとは、予想だにしていなかった。 雪山テントでの運命的閃きが、海への回帰につながるかも知れないという、運命のイタズラに不思議さを感じるばかりであった。

このページのトップに戻る /Back to the Pagetop.



    第3章 国連奉職をめざし大学院で学ぶ
    第2節 留学できず「浪人生活」するなかで、海洋法ゼミと海洋プログラムに出会う


              Top page | 総目次(Contents) | ご覧のページ


    第3章 国連奉職をめざし大学院で学ぶ
      第1節: 国際法を専攻し、国連平和維持軍に興味をいだく
      第2節: 留学できず「浪人生活」するなかで、海洋法ゼミと海洋プログラムに出会う
      第3節: 関大新聞紙上の先輩活躍記事、偶然目に留まる
      第4節: 羽田空港での初顔合わせと対話は運命の分岐点
      第5節: 浪人生活は人生の回り道ではなかった

    第1章 | 第2章 | 第3章 | 第4章 | 第5章