Page Top


    第3章 国連奉職をめざし大学院で学ぶ
    第4節: 羽田空港での初顔合わせと対話は運命の分岐点


              Top page | 総目次(Contents) | ご覧のページ


    第3章 国連奉職をめざし大学院で学ぶ
      第1節: 国際法を専攻し、国連平和維持軍に興味をいだく
      第2節: 留学できず「浪人生活」するなかで、海洋法ゼミと海洋プログラムに出会う
      第3節: 関大新聞紙上の先輩活躍記事、偶然目に留まる
      第4節: 羽田空港での初顔合わせと対話は運命の分岐点
      第5節: 浪人生活は人生の回り道ではなかった

    第1章 | 第2章 | 第3章 | 第4章 | 第5章



  約束の時刻をたがわず、羽田空港で曽野氏とうまく落ち合うことができた。既にチェックインを済ませていた曽野氏は、出発ロビー北側2階にある レストランでカフェでも飲みながら話そうか、と勧められた。初対面の二人が話をどう切り出したのか思い出せない。とはいえ、国連での仕事の内情などを改めて尋ねるようなことはしなかった。 はっきりと記憶に残っているやりとりがある。曽野氏は「アメリカのどこの大学に志願しているのか」と改めて尋ねられた。 私は、即座に「シアトルのワシントン大学ロースクール大学院です。履修を志願しているプログラムは「海洋総合プログラム」です」と答えた。 ロースクールでの海洋法担当教授はウイリアム・T・バーク氏であったので、そのプログラムへの入学が決まれば、指導教授は彼になる はずであった。その後間を置かずに「指導教授は誰ですか」と問いかけられた。私は「ウイリアム・T・バーク教授です」と即答した。

  曽野氏は、続けて「彼なら良く知っている。これからシアトル経由でニューヨークに戻るところだし、ロースクールにも立ち寄るかも知れない。 彼に会うことになれば、今日貴君に会ったことを話しておこう」と、予期せぬ有り難いお言葉をいただいた。 曽野氏がバーク教授といつ頃どこで、どういう接点があったのか知る由もなかったし、尋ねることはしなかった。いずれにせよ、曽野氏がバーク 教授と旧知の仲であることをそこで初めて知った。

  何と言う偶然があっただろうか。関大法学部の先輩が、私の第一希望としたワシントン大学の出身で、しかも指導教授と旧知の関係だという。 三人を繫ぐことになった余りの不思議な糸の存在にびっくり仰天し、言葉を失っていた。それに、ニューヨークに戻るにしても、何とシアトル経由で、 しかもワシントン大学に立ち寄り、バーク教授に会うかもしれないという。曽野氏にとっては予定通りのことかもしれなかったが、私からすれば この偶然の成り行きに驚愕であった。

  驚愕の成り行きはさらに続いた。話の文脈については思い出せないが、ロー・スクール大学院への推薦状のことに話しが及んだ。多分、大学院への アプリケーションの手続きがどの程度進んでいるのかを知るために、曽野氏が推薦状も含めて提出具合を尋ねられたのであろう。私は3人の母校の教授 にお願いし、既に提出されていることを答えたはずである。私から推薦状のことを切り出し、ましてやそれをお願いするほど厚顔無恥ではな かった。初対面では余りに失礼で畏れ多きことであった。推薦状をお願いすることなど全く頭になかった。 ましてや、暗にせよ、会話の中でそれをにおわす様なこともなかった。とはいえ、後になって推測するに、私の顔のどこかに「バーク教授への 推薦状、できるものならお願いします」と書いてあったのであろう。曽野氏から、「推薦状がいるなら書いてもいいよ」と、おっしゃっていただいた。 その時のあっという驚きと感激を今も忘れてはいない。

  同じ母校出身とはいえども、初対面の大先輩にとてもそんなお願いが出来るはずもなかった。だが、その場の空気を 察してそうおっしゃっていただいたのであろう。私は、その一言を冗談やリップサービスとは考えず、素直に受け取った。変に遠慮するなり、 身を引いてしまうことはしなかった。後で思えばそれがベストの選択であった。率直にお礼を述べて、「よろしくお願い致します」と、 素直に懇願した。帰阪後早速に、推薦状に役立ててもらえるよう必要な事項をしたため手紙を投函した。 既に大学院には推薦状も提出していたとはいえ、バーク教授宛てに直接的な推薦状が送り届けられることになれば、こんな心強いサポートは ないに違いなかった。

  さて、羽田空港から浜松町へ出て、東京駅から新幹線に飛び乗った。今日一日における余りの運命的な出来事に興奮冷めやらずの状態であった。 人生における全ての幸運を今日一日で全て使い切ったような思いに陥っていた。この先の人生では幸運の女神に出会うことはないのではと、 心配したくなるほどであった。とはいえ、曽野氏との羽田での対面が、運命の分岐点や分水嶺となるかもしれないという予感までは持ち合わ せていなかった。

  面談を通じて、曽野氏がワシントン大学ロースクール出身であること、それにもましてバーク教授とは 旧知の仲であること、更にシアトル経由で帰任しロースクールに立ち寄る予定であること、バーク教授に会えば母校の後輩が海洋プログラムに 志願していることを伝えてもらえること、そして推薦状をしたためることもやぶさかではないということ、全く予期していなかったこれら 5つの事柄が、わずか一時間くらいの間に次々と向き合うことになり、その衝撃は大きく、その余韻はその日一日続いていた。

  さて、その後ワシントン大学から何か連絡はないかと、毎日のように郵便受けが気になっていた。特別研究生としての生活もまさに終盤に さしかかっていた。そして、1974年の新年が明けて暫く経った頃に、バーク教授から一通の航空郵便が届いた。真っ白い封筒の左上隅にロースクール のロゴが入っていた。そのすぐ上にはバーク教授のイニシャル署名が青インクで「Prof. Burke」となされていた。恐る恐るその場で開封し、 真白い便せん一枚の文面に目を移した。不安と期待が入り混じった、その時の緊張感を今でも思い出す。一気に鼓動の高まりを感じた。 急いでさっと斜め読みした。ネガティブな語彙は目に留まらなかった。先ずは安堵し、一息ついた。 そして、郵便受けの前に突っ立ったまま、今度はゆっくり読み始めた。入学を認める文言をはっきりと読み取ることができた。 末尾にはバーク教授のフル署名がなされていた。人生でも最高位の嬉しさを噛みしめた。

  教授が自らの手で入学許可につき知らせてくれたことの意味を読み取った。バーク教授は旧知の仲である曽野氏から推薦状を受け取ったに 違いなかった。あるいは、ロー・スクールで曽野氏と会い、曽野氏から直接推薦の一言を受けたに違いない、と思った。あるいは、それらの 両方であったかもしれない。入学許可はその過程を経て発せられたものと重く受け止めた。それらは推測だが、間違いはないものと信じた。 あの日の羽田での対面と会話がどんな結果をもたらしたかは明らかのように思えた。曽野氏によるサポートが無ければ、ワシントン大学への 留学の実現は遠のいていたかもしれない。あるいは、留学はなかったかも知れない。勿論、推薦をいただいた3名の母校の教授の恩を忘れることは ない。

  書中には、「少し早めに来て、語学学校で英語の学習をすることを推奨します」と、教授直々の指示に近い助言がなされていた。 結局TOEFL600点以上のスコアを一度も提出することができずにいた。語学力は髙ければ高いほど、学業などのあらゆる面で好ましいのは道理である。 TOEFLスコア550年プラス・アルファそこそこでは、プログラムの修学は相当しんどいことであると、真摯な心配がバーク教授の胸にあったのであろう。 かくして、百歩前進の喜びを噛みしめながら、渡米のための雑多な準備を開始した。 先ずは語学学校のELSへの入学手続き、「I-20」という留学ビザ取得などに向けての雑多な書類準備に奔走した。

  さて、1974年6月下旬、大阪から羽田へ、そして羽田からシアトルに向け離日した。7月からシアトル市内の略称ELSという語学学校 (English Language School)で、9月末までの3ヶ月間語学研修に励むことになった。間もなく26歳を迎えようとしていた。



このページのトップに戻る /Back to the Pagetop.



    第3章 国連奉職をめざし大学院で学ぶ
    第4節: 羽田空港での初顔合わせと対話は運命の分岐点


              Top page | 総目次(Contents) | ご覧のページ


    第3章 国連奉職をめざし大学院で学ぶ
      第1節: 国際法を専攻し、国連平和維持軍に興味をいだく
      第2節: 留学できず「浪人生活」するなかで、海洋法ゼミと海洋プログラムに出会う
      第3節: 関大新聞紙上の先輩活躍記事、偶然目に留まる
      第4節: 羽田空港での初顔合わせと対話は運命の分岐点
      第5節: 浪人生活は人生の回り道ではなかった

    第1章 | 第2章 | 第3章 | 第4章 | 第5章