Page Top



    JICA水産室時代における海外出張略史
    (水産業技術協力室での7年の歩み)



    Top page | 目次(Contents) | ご覧のページ

 第7章 世界中の水産プロジェクトに真剣に取り組む
第3節 チュニジア漁業教育プロジェクト、全ての課題を凝縮し、全てを学ぶ




    ● 昭和55年―1980年
    ・ インドネシア プラブハンラトウ漁港整備計画 事前調査
       開発調査、JICA、業務調整、現地調査: 1980.3.12-4.2.

    ・ アラブ首長国連邦 水産増養殖センター建設計画 実施設計調査
       開発調査、JICA、施工監理など、1980.7-30か月(詳細設計、国際入札、施工監理など)、現地調査:  1980.7.8.-7.17. PCI佐藤

    ・ ミクロネシア(パラオ) 漁業開発プロジェクト 計画打ち合わせチーム  現地調査:1980.10.29-11.13

    昭和56年―1981年
    ・ チュニジア 国立漁業訓練センタープロジェクト 評価調査団
      技協、JICA、業務調整、現地調査: 1981.3.5-3.20
    ・ チュニジア 国立漁業訓練センタープロジェクト計画打ち合わせチーム
      技協、JICA、業務調整、現地調査: 1981.9.29-10.15

    ● 昭和57年―1982年
    ・ インドネシア 浅海養殖プロジェクト計画打ち合わせ
      技術協力、JICA、業務調整、現地:1982.8.26-9.10
    ・ チュニジア 国立漁業訓練センタープロジェクト 評価調査団
      技協、JICA、業務調整、現地調査: 1982.11.27-12.10、コペンハーゲン経由、ロスキレのバイキング博物館見学

    ● 昭和58年―1983年
    ・ ホンジュラス カリブ海沿岸水産資源開発調査・作業監理調査団
      開発調査、JICA, 業務調査、現地調査: 1983.1.29-2.12

    ・ アルゼンティン 国立漁業学校プロジェクト 実施協議調査 Implementation Survey Team for the Project
      技協、JICA、業務調査、現地調査: 1983.3.7-3.24

    ・ アルゼンティン 国立漁業学校建設計画 基本設計調査 BD Survey Team
      無償資金協力、JICA、計画監理、現地調査: 1983.7.26-8.12

    ・ (1)アルゼンティン 国立漁業学校建設計画 基本設計ドラフト・レポート説明チーム および 
      (2)アルゼンティン国立漁業学校プロジェクト計画打ち合わせチーム
      無償資金協力&技術協力、JICA、計画監理・業務調整、(全期間: 1983.10-11月, 1か月)、
      (1)現地調査: 1983.10.15-10.24 & (2)現地調査: 1983.10.25-11.11(合計1か月間)

    ● 昭和59年―1984年
    ・ アルゼンチン国立漁業学校プロジェクト、長期専門家(業務調整員)として赴任、派遣期間:1984.4.23-1987.3.31



    Top page | 目次(Contents) | ご覧のページ
    このページのトップに戻る/Back to the Pagetop.


第7章 世界中の水産プロジェクトに真剣に取り組む
第3節 チュニジア漁業教育プロジェクト、全ての課題を凝縮し、全てを学ぶ