Page Top


    第7章 水産プロジェクト運営を通じて国際協力
    第8節 アルゼンチンの国立漁業学校プロジェクトに向き合う(その三)/最終合意に乾杯する


              Top page | 総目次(Contents) | ご覧のページ


    第7章 水産プロジェクト運営を通じて国際協力
      第1節: 担当プロジェクトを総覧する
      第2節: 担当はインドネシアの漁港案件から始まった
      第3節: チュニジア漁業訓練センタープロジェクトから多くの教訓を学ぶ
      第4節: ア首連にて水産増養殖センターの建設を施工監理する
      第5節: カリブ海での沿岸水産資源調査やパラオでのカツオ操業の採算性実証に取り組む
      第6節: アルゼンチンの国立漁業学校プロジェクトに向き合う(その一)
      第7節: アルゼンチンの国立漁業学校プロジェクトに向き合う(その二)/技術協力と無償協力との合わせ技
      第8節: アルゼンチンの国立漁業学校プロジェクトに向き合う(その三)/最終合意に乾杯する
      第9節: アルゼンチンへ赴任する

    第1章 | 第2章 | 第3章 | 第4章 | 第5章



  基本設計調査から数か月後、三度目のアルゼンチン渡航の機会が巡って来た。漁業学校の施設や実習機材の基本設計が一通り終わった ので、スペイン語版の基本設計報告書の案をもってアルゼンチン側関係者に説明を行なうことになった。無償資金協力調査部から 「業務調整」の団員を仰せつかった。そして、そのタイミングに合わせて、技術協力プロジェクトの公式の「討議録」案 (Record of Discussions; 通称「R/D」と呼ばれていた) を提示して協議に臨むこと、そして最終的な合意と署名を目指す ことになった。

  私は、オルティス校長とまだ満足の行く合意には達していなかった協力期間につき、日本側関係者の了解の下「3年間とする」 との案をしたためていた。大幅な日本側の譲歩案であったが、それでも最終合意にいたるかどうか、交渉しなければ分からないことであった。 さらに、私は、協力期間につき副案を諮り、それについても関係省庁の了解を取り付けていた。 かくして、無償資金協力調査団と技術協力調査団の都合二つのミッションの団員を兼ねて、1983年10~11月の一か月間の長丁場の予定で、 3回目の南半球への出張に出立した。1983年の1年間に地球を3周することになった。何故なら、ブエノスアイレスと東京とは地球の裏側にあった。

  基本設計の対象となった施設の内容や規模、訓練船を含む実習機材の内容や規模につき、調査団はボニーノ海軍教育総局長やオル ティス校長などの主要関係者に説明した。そして、大きな修正箇所もなく、「ア」側の基本的な了承を書面にして取り付けた。 その任務は最初の1週間ほどで完遂された。団員はOCS設計と日本水産からの団員数名と私であった。

    他方、そのミッションが終わる頃、技術協力プロジェクトを協議するための調査団がブエノスアイレスに到着した。私はすでに 「ア」国入りしていたところ、その技協調査団とブエノスのいつものクリジョン・ホテルで合流した。調査団の構成は、元水産庁次長 恩田団長(初回時の調査団長)、水産大学校の前田弘教授(初回時の調査団員)、水産庁国際協力室長補佐の小圷氏、中内の4人であった。 思い起こせば初回の調査団の折には、技協プロジェクトそのものに否定的で、オルティス校長は技協プロジェクトはそもそも 念頭にないとの様相で、協力期間は「ゼロ回答」の主張であった。それが、調査団の帰国直前になって、「2、3か月間」へとほんの わずかながら譲歩を見せただけであった。

  二回目のドラフト説明調査団の折には、校長と私は膝詰談判で、河合君を入れて、非公式にいろいろ説得を重ねたが 強く難色を示していた。しかし、帰国直前になって海軍上層部に諮った結果として、校長は2、3年の協力期間へと歩み寄りの姿勢を 示していた。今回の公式討議録案に関する本格的な交渉ではどうなるか、前途多難な交渉が予想され気をもんでいた。今回来「ア」時 早々に手渡した案には5年が記入されていた。大幅譲歩を引き出して、その5年に歩み寄ってくれるのか否か、一方で武者震いしながらも、片や 胃が痛くなる状況であった。

  JICA事務所で、河合君を介して、オルティス校長と私の差しで真剣に協議を重ねた。団全員で協議するよりも、オルティス校長 としてはやりやすく、また軟化もしやすいと慮ってのことであった。 先に提示しておいた公式討議録案には、当然のこととして多くのプロトタイプの条項が含まれていた。専門家の所得税免除、 住居に関する便宜提供、医療費の負担など「ア」側の多くの義務条項が盛り込まれていた。校長は「ア」側が履行できそうに ない幾つかの条項があるので、それを削除してほしいと主張した。しかし、当方は、それらの条項は全世界共通に提示するもので、また全て 納得してもらっているので、削除することはし難いとの立場を貫いた。押し問答となり、校長は海軍教育総局や法務部局の幹部らは認めないで あろうと、いかにも困惑した様子であった。

  他のプロジェクトでの実態を踏まえ、例えば、日本側において、住宅借り上げ費も医療費も実際は負担するつもりであるから、 何ら心配することはないと説得し、条項をそのままにしてほしいと説得した。だがしかし、校長は切り返して、それならば条項を 最初から削除してほしいと主張した。条項を残す理由がないとの主張である。「ア」側に負担を求めないというのであれば、 「条項は不必要であり削除しておくのが妥当である」という。将来事によっては条項だけが一人歩きすることを怖れたのであろう。 理屈的はその通りであった。一事が万事このような調子であった。翻れば、オルティス校長は 条項に書かれている義務については、しっかり履行するというのが基本姿勢であった。真面目に対応しようという校長の誠実さが現われて いるもので、私的にはよく理解できた。最後の極めつけは、「プロトタイプをそのままにしたいというのであれば、この条項では、 海軍本部の法務部局などの了解はえられない」と断言した。

  デッドロックに乗り上げるなか、本音を匂わせながら、さらに前のめりの談判を覚悟した。JICA本部でこのプロジェクトを担当し運営する のは私自身である。「今ここで論じている双方の異なる見解と立場が将来トラブルの種にならないよう、担当者として責任をもって対処 するので、心配せずこれら全ての条項をこのまま受け入れてほしい」と説得した。校長は一時は歩み寄る姿勢を見せたが、決心はつきそうに なく、止む無く話し合いを中断し休憩を取った。

  可なり時間をおいて再開した。さらに踏み込んで説得を試みた。プロジェクトを開始することになれば、「そのコーディネーター として私自身が赴任したいと思っている。帰国後は、JICA本部にその赴任を願い出たい」と考えている。実際に赴任することになれば、 「トラブルの種になるのを、当地において、私の手で直接的に未然に防止することができる」。 私が赴任することになれば、「言質に齟齬が生じないように最善の努力をするので、安心してほしい」と説得した。 ここまで踏み込まなければ、デッドロックを打開できないと考えてのことであった。本音でここまで言い放てたのは、二人に信頼 関係が生まれていたからと信じたかった。関係の橋渡しと信頼醸成を手助けしてくれたのが、同期の桜の河合君であった。 彼がいつも寄り添ってくれず、通り一遍の通訳をしてもらうだけでは、交渉は空中分解していたか、あるいはデッドロックにずっと 乗り上げたままであったかも知れない。河合君の骨折りと助力に感謝してもしきれなかった。

  三か月では日ア協力しての訓練船による操業訓練だけでなく、航海シュミレーション装置によるさまざまな諸条件を設定して 多様な操船パラメーターを用いての操船訓練をするにも、カウンターパートと協業するにも相当の期間が必要なこと、 実習機材を用いての漁業教育レベルの向上を十分果たすには数年は必要なこと、また研修員5、6名の日本研修を実現するには 最低3年はかかること、また技術協力を進めるの過程で必要になるかもしれない機材供与の機会は、協力期間が長くなればなるほど 増えることなど、あれこれと並べ立て説得を重ねた。

  さて、オルティス校長は協力期間について海軍本部に相談をもち上げてくれた。見解の差は埋まらず、もう時間切れも間近に迫って いたので、「5年間でなくとも、少なくとも3年間では飲めないのか、上層部と相談してもらいたい」と、説得した結果である。 校長は海軍本部へ向かった。結果、校長は海軍上層部から歩み寄りを取り付け、協力期間3年間という正式の答えをもち帰った。 ここに、期間が確定した。

  だが、目標年数は5年間であったので、協議はそれで終わった訳ではなかった。日本側にとっては、協力期間3年は譲歩できない 最低ラインであったが、プロトタイプの協力期間5年間にできるだけ近づけるために、事前に関係省庁と練っておいた、最後の交渉 カードをいよいよぶつけることになった。譲歩を引き出すための究極のカードといえた。

  その切り札とは、「3年後に日アで中間評価を行ない、その結果を踏まえ双方協議して、期間をあと2年間延長することを可能と する」という文言を付け加えるという案であった。「ア」側が、プロジェクトを評価した結果として、さらに2年間の実施を望む ことになれば、そうすることもできるというもの。日本側からすれば、事実上、最大5年間の協力期間に合意したとも受け取れる ものであった。「ア」側からすれば、5年間に合意したわけでなく、期間は原則3年であるが、双方が合意すればさらに2年間追加的 に実施できるという余地を留保しておけることになる。

  私的には、無理強いて頑なまでも5年間に固執するつもりはなかった。では何故そんな案を発案したのか。プライドが髙いアル ゼンチンだとしても、プロジェクトの3年後の終了時点において、「ア」側は2年間の延長を望み、かつ合意することになると、 ほぼ確信に近い思いをもっていた。さて、オルティス校長は、海軍本部と相談の結果として、「3年間+中間評価を経て合意の上、 もう2年間実施」の案につき、交渉の最終コーナーを回ったところで同意してくれた。こう着状態の長いトンネルを脱し、事実上 5年間のプロジェクト実施に道を拓いた。恐らく前代未聞の協力期間の設定となったことであろう。

  更に、もう一つの前代未聞の条項を討議録案に書き加えていた。プロジェクト最初の1年間は「プロジェクトの準備期間とする」 ことが明文化されていた。こんな条項の明文化は、このプロジェクトが最初で最後であったであろう。 オルティス校長には、スペイン語が充分理解できない日本人専門家には技術指導を全うすることはできないとの思いがあったはずである。 校長の脳内にあるその確信的思いを、プロジェクトでの実践を通じて打ち砕くためには、日本側にはどうしても一年間の準備期間 としての位置づけが必要であった。チュニジア・プロジェクトから学んだ最大の教訓であった。

  例えば水産大学などで漁具漁法について何十年も教鞭をとり、しかもスペイン語に長けている教授であれば、漁業学校にいきなり 赴任しても、翌日から技術指導や協業することも可能かもしれない。だが、そんなことは殆ど期待できそうもない。 スペイン語学能力が乏しいか、無いに等しい専門家の場合は、スペイン語に必死に取り組む必要がある。そうでなければ、技術指導 は到底おぼつかないことになる。最初の一年間を準備期間と位置付けられれば、ノイローゼに陥ることなく語学に必死に取り 組める一年となろう。また、語学向上に必死になる必要がある。 私的には、「ア」国の技術とプライドの高さを鑑みながら、日本の指導実施態勢を確立し、「ア」側関係者に疎んじられないように と配慮したもので、語学向上のための願ってもない助走期間としたかった。

  準備期間は技術指導・協業やコミュニケーションのための語学力アップだけではなかった。学校の教育制度、内容、海技資格はもちろん、 履修単元、シラバス、教科書の内容などの専門的事項を十分理解すること、技術指導や協業のための詳細計画を作成する ための事前準備を行ないこと、次年度からの実習機材内容と使用計画を立案すること、その他あらゆる準備を行なうためである。 JICA専門家としての業務経験が初めてであり、かつ漁業教育機関などでの教育的指導経験がないか不慣れな専門家にとって、 いきなりフル活動など酷なことである。ウォーミングアップし、十分にスタンドアップする適度な助走期間は必要不可欠であった。

  さらに、住居・生活環境などを整え生活を安定させるには、どんなベテラン専門家でも1~3ヶ月間は何かと神経を張りつめる ことになる。本格的な技術指導や協業のフル活動に専念できるのは、やはり1年位は必死にあらゆることに自身を馴致順応させる ことができるようになってからである。かくして、討議録案を作成時、助走期間として1年間を確保して おこうと提案し、関係省庁から事前に認められていたものである。チュニジア・プロジェクトの運営上の経験則などを100%生かして、 今回の案に盛り込んだものである。外務省をはじめ水産庁、JICA本部水産室においてそれらのことをよく理解してもらえたことを、 本当に有り難く感じた。

  かくして、都合二つの案に「ア」側の了承がえられた。即ち基本設計報告書案において、引き続いて技協プロジェクト実施のため の討議録案においてである。後者については恩田団長とボニーノ海軍教育総局長の間で署名された。ついに、ここに技協プロジェクト が成立した。無償協力プロジェクトにおいては、帰国後しばらくして、「ア」への無償援助の実施に関する閣議決定が行なわれた。早晩日本の 建設請負会社を選定するため入札に付され、工事の着工の運びとなる。私の次の仕事は、合意された協力分野の長期専門家総勢5名を 推薦してもらい、その派遣手続きの実務をこなすことであった。

  ところで、署名された討議録のオリジナルを大事に抱えてブエノスから帰途に就いた頃、「リーダー」と「業務調整」の役目を担う 長期専門家をどう人選するか、脳裏に去来していた。「業務調整」の専門家は、少なくともJICA職員からリクルートして派遣するのが ベストに違いなかった。その思い描く答えは明らかであった。プロジェクト形成の経緯を誰よりも熟知し、「ア」側関係者との信頼 関係を構築し、さらに水産プロジェクトの運営の経験を有する自身をおいて誰がいようかと思っていた。かくして、業務調整の任 に就く長期専門家として、「ア」国に赴任したいと渇望し、またそれを固く決意していた。JICAスペイン語学研修もついに上級 コースまでこなしていた。また、オルティス校長に大見栄を切った手前もあり、 校長やその他の幹部・教授らとともにベクトルを合わせ、プロジェクト成功への道を歩み、それを現地で見届けたかった。



このページのトップに戻る /Back to the Pagetop.



    第7章 水産プロジェクト運営を通じて国際協力
    第8節 アルゼンチンの国立漁業学校プロジェクトに向き合う(その三)/最終合意に乾杯する


              Top page | 総目次(Contents) | ご覧のページ


    第7章 水産プロジェクト運営を通じて国際協力
      第1節: 担当プロジェクトを総覧する
      第2節: 担当はインドネシアの漁港案件から始まった
      第3節: チュニジア漁業訓練センタープロジェクトから多くの教訓を学ぶ
      第4節: ア首連にて水産増養殖センターの建設を施工監理する
      第5節: カリブ海での沿岸水産資源調査やパラオでのカツオ操業の採算性実証に取り組む
      第6節: アルゼンチンの国立漁業学校プロジェクトに向き合う(その一)
      第7節: アルゼンチンの国立漁業学校プロジェクトに向き合う(その二)/技術協力と無償協力との合わせ技
      第8節: アルゼンチンの国立漁業学校プロジェクトに向き合う(その三)/最終合意に乾杯する
      第9節: アルゼンチンへ赴任する

    第1章 | 第2章 | 第3章 | 第4章 | 第5章