Page Top



    第7章 世界中の水産プロジェクトに真剣に取り組む

    第2節: 初仕事はインドネシアの漁港調査から始まった  

    Top page | 目次(Contents) | ご覧のページ



      水産室での初めての海外出張は1980年3月のことで、配属されてわずか2月後のことであった。調査団は水産庁の漁港課長、その課長代理、 2名の漁港建設技官、同庁国際協力室長代理のそうそうたるメンバー構成であった。インドネシアの漁港整備の妥当性の検討、概略的な設計 などを行なうためであった。ジャカルタのほぼ南にあって、インド洋に面したプラブハンラトウという小漁村が目的地であった。 ジャカルタから4時間ほど、自然豊かな田園や山間の中を車に揺られ、当地に昼食を取るにはちょうど頃合いの時刻に到着した。 大勢の村人や沿岸零細漁民らで溢れ、漁村は想像していた以上に活気に満ちていた。昼食は村の一角にあった質素な田舎食堂でいただいた。 食堂の前庭には地鶏が放し飼いにされていた。ブロイラーでない地鶏のフライは格別に美味く、団員はみんなむしゃぶりついた。

      漁村の海岸に出てみると、どこか黒っぽい砂浜が伸びているだけで、漁港施設らしき人工構造物ほとんどなく、コンクリート造りの 老朽化した短い突堤が一本突き出しているだけであった。 アウトリガーカヌーを主体とする漁労船を安全に係留できるような静穏な泊地は全くなく、ほとんどが黒っぽい火山礫に覆われた ような印象の海浜に引き揚げられていた。近代的な泊地がなくとも、そんな浜揚げが最も簡便で合理的な係船方法と思われた。カヌーよりも少し大き目の動力漁船は、 その浜の地先海面に係留されているようであった。

      魚の陸揚げは、漁師の家族や大勢の人夫によって、浜近くに寄せられたカヌーから籠に取り込まれ浜まで担ぎ上げられていた。 労働力の豊富さを活かした人海戦術そのものであった。魚は浜のあちこちで仲買人たちによって引き取られているようであった。

      私は今回初めてインドネシアの片田舎の漁村風景をこの目でじっくりと眺めることができた。眼前には、どんよりとした鉛色の重たそうな空の下に、 初めて見るインド洋が広がっていた。他者には何てことのない海風景かもしれないが、私的には、初めて見るインド洋に感涙しそうになりながら、 じっくりと眺めた。大航海時代、喜望峰を回り東アフリカからスパイス・アイランドを目指して一気にインド洋を東航し、 スマトラやこのジャワ島の南岸沖を通過して行ったガレオン貿易船もあったかもしれない。特にその帰途においてはありなんであろう。 他団員と共に昼食後腹ごなしに浜辺をあちこち散策しながら、そんなことを思い起こしていた。

      この小漁村に漁港を建設するとすれば、技術的、社会的観点からどのようなタイプの漁港を設計するのが最適であるか、 その設計規模はどの程度にすべきかを含めて、その実現可能性についての予備的調査を行なうことが今回のミッションであった。 その調査に水産庁からこれほどのメンバーが参加することになったのには、水産庁として何か特別な思惑でもあるのかと勘ぐって しまうほどであった。

      ともあれ、今回現地でどのような具体的調査を行ない、どのような最適な漁港建設方式を導き出すのか、またどんな概略設計を行ない 青写真を描くことになるのか、建設上のどんな技術的課題が明らかにされるのか、興味津々の思いであった。団長以下団員の皆さんの 団内協議や日々の何気ない会話に耳をそばだて、調査の進捗にキャッチアップできるよう努めた。

      団内ミーティングでは、大きく捉えて2つの建設方式が議論されていた。その一つは、海岸線から数本の突堤や防波堤を張り出させて 、その内側に静穏な泊地を確保するという方法である。防波堤の張り出し方向、長さ、規模などの他に、いろいろなバリエーションが あった。だが、基本思想は、自然の海岸線の海側において、人工構造物をもって海面を囲い込むというものである。 これを概略設計する上で最も重要な調査項目は、海浜の地先海面における深浅であり、大雑把であってもその海底地形図を入手することが 必須であった。だが、それは調査団自らの手で作成する他なかった。早速、翌日からその作業が始められることになった。

      簡便に水深を測るにしても、最小限の資機材が必要であった。10本程度の竹竿、赤い布切れ、丈夫な紐と石であった。ジャカルタから同行してくれ ていたインドネシア農漁業省の官吏に協力してもらって、それらを急きょ村人から調達した。そこで、私も学びのチャンスの位置付けで、 水深測量を手伝うことにした。先ず目印付きの旗竿を作り、測量用のポールの代用品とした。そして、旗竿を一本ずつ海岸線沿いに、 できる限り一直線状になるように10メートル間隔をもって砂地に立てて回った。

      他方、手漕ぎボートを漕手付きでレンタルし、水産庁技師の団員2名が乗り込んだ。一人が地先海面の一測点から、海岸線と直角に なるように一本の旗竿と向き合いながら、他の旗竿に角度計の照準を合わせ、二本の旗竿がなす角度を測定した。そのデータを台紙に 筆記した。他方、もう一人の団員が、紐の端に錘となる石を括り付けた、にわか仕立てのいわば「測深鉛」の代用品をボートの舷縁から 降下させた。紐には1メートル間隔で結び目が付けられている。海底に石が着底した時の手応えを慎重に感じとる。その時の結び目を 読み取って大よその水深を筆記した。

      大航海時代に行われた沿岸域における測深技法であった。極めて初歩的な手法であるが、これで海上の測点から海岸線までの距離と 水深がプロッティングできることになる。現地では、その方法しかなかった。角度測定器や磁石、巻尺などの器機は団員が日本から 携帯してきた。かなり揺れるボートの上で、陸地に立てた旗竿に角度計の照準を合わせるのは結構大変である。そこそこの誤差が生じる のも止む得なかった。私も交代してボートに乗り込み、角度や水深の書記役を務めた。かくして、海岸線に並走し、想定する定線上を 漕ぎ進みながら、多くの測点で測深することができた。

      三角関数の値は対応する直角三角形の二辺の長さの比であることから、旗竿間の長さ10mあるいは20mと、測定した角度を三角関数表 を用いて割り出して、ボートと旗竿との間の距離を算出していった。そして、全ての測点の離岸距離と水深データをプロッティングし、 その後、気象図の等圧線を引くようにして、おおまかな等深線図ができ上がった。夕食後にはその概略図をもって建設方式につき 団内協議をもつことができた。

      余談だが、インドネシアの同行してくれた官吏は大卒だったようで、旗竿作りや、砂浜にそれを立て掛ける作業などには全く手を 貸すことはなかった。仄聞するところによると、大卒エンジニアのプライドはすこぶる高く、このような手作業は自身のやる仕事 ではないと割り切っているように見えた。高学歴の大卒者が、測量の補佐をする人夫や日雇い労働者がするような作業に関わるのは、 沽券にかかわり、プライドが許さないのであろうか。そうであるとすれば、そこに一つの文化の違い、価値観の差異を見る思いであった。

      さて、作成された深浅図に、浜辺に現存する古い突堤が書く加えられた。すると、重要なことが明らかになった。突堤のすぐ地先 海面の海底に大きな陥没地形があることが判明した。後日聴き取り調査をしたところ、その昔、地震があってこの海辺で奇妙な轟音 が発生したことがあったという。その時に海底が地すべりか、陥没したものであると推測されていた。 いずれにせよ、漁獲物の水揚げ用泊地を造るために、防波堤などで海面を囲い込む場合、この地形は大きな障害になると推察された。 防波堤の造成は技術的に不可能ではないが、この自然発生的な急深的地形は、防波堤の構造や建設コストに大きな影響をもたらす。 水深が増せば、建設コストは大幅なアップに繋がることになる。団の暫定的結論として、費用対効果の観点からこの方式での建設は 不適切であると判断された。

      かくして、「掘り込み方式」といわれるもう一つの建設法が検討されることになった。海岸線の内側の内陸部を掘削し、カヌーや 小型漁船の水揚げ用泊地を造成するというアイデアである。団長以下、水産土木のエキスパート4名が、 大雑把な漁村周辺の手書きの概略地図を見ながら議論を重ねていった。村の中を一本の小さな川が縫うように流れており、突堤近くの 岸辺から海へ注ぎ出ていた。川の河口部では、海岸線に沿って土砂が堆積し、海浜が少し盛り上がり、 海に注ぎ出る直前の河口域では川の流れを塞いでいたので、流路は鋭角に大きく曲って海へ注ぎ出ていた。その河口域を広く開削し 泊地を造るというものであった。

      だが、この方式にも幾つかの技術的課題が予見された。泊地内に川が注ぎ込まないように工夫することが重要な設計条件になろうが、 掘り込み式泊地と河川流路とを切り離しできればよいが、地形的にみてそれは困難な見通しであった。つまり、掘り込み式泊地に河川 が流れ込むことは避けられなかった。川が、設計上泊地内に注ぎ込むことになれば、スコールなどによる増水や集中豪雨によって 川の氾濫が起こり、それらの影響で泊地が被害を受けるリスクが懸念された。安全性の確保は最重要な課題であった。

      集中豪雨などでない普通の天候状態では、川は穏やかに海へ流れ込んでいる。それでも、川が掘り込み式泊地に流入するとなれば、 いろいろな対処すべき技術的課題があった。その中でも、河川に含まれる土砂による泊地内の経年的堆積や埋没などは避けて通れない。 年間の浚渫コストが重くのしかかることになろう。

      漁港規模の目安となるのは、どれだけのカヌーや漁船に荷揚げなどのために泊地を一時に利用させるかを想定するかであろう。 漁村の全てのカヌーや船を一時に収容することはできないし、またそれが目的ではない。泊地において漁獲の水揚げ作業を 静穏環境で安全に秩序立って行なうことである。いずえにせよ、漁港建設には、さまざまな社会経済的ファクターを考慮することが 不可欠である。水揚げする漁船数とピーク時間帯、水揚げ人夫と雇用状況、泊地使用料、浚渫費などの泊地維持費の漁民負担、 その他漁村の社会構造や習慣など、さまざまな社会科学系の諸要素を熟慮する必要があろう。重要なファクターを 見落としたり、最初から規模ありきであったりすると、泊地が設置されても、漁民にほとんど利用されないままとなることも ありうる。決して笑い話ではない。

      掘り込み式の場合は、海岸線の外側に張り出す防波堤などの突起状構造物をほとんど造らないので、漂砂による堆積作用は余り 問題にはならないであろう。だがしかし、近傍に河川の流出口があったりすると、潮流の影響によって漂砂の堆積作用を 受けるかもしれない。まして、張り出し構造物を造るとなると、比較的短期間で泊地が堆砂で使えなくなるリスクもありうる。 特に、河川が泊地のすぐ傍に注ぎ出る場合は、川に含む土砂が漂砂となり、泊地を形づくる防波堤の港口部周辺に堆砂し、 塞がれるというリスクもありうる。

      防波堤を張り出して泊地を造る場合、コンピュータによる漂砂や堆砂現象のシュミレーションが重要となる。 だが、日本国内での港湾建設の場合はまだしも、途上国では、それらのシュミレーションを行なうにも、実際の観測データ(日々の風、 波浪、潮流などの方向や強さ、漂砂の量など)は皆無に等しい。従って、膨大な観測データをインプットして、シュミレーション プログラムを作成しようにも十分なデータをもって検証されたものにはなりにくい。シュミレーションに堪えうるプログラムに するには何年もの海洋自然環境観測を行ないデータを蝟集する他ない。1,2年の調査期間では、実際の海洋環境を再現することは なかなか困難と言わざるをえない。海という自然を相手に大規模構造物を建設するのは手ごわいことである。

      団内協議での中間的な結論として、「掘り込み式」での建設がより妥当性ありとされた。調査結果は、団員が手分けして中間 報告書にして取りまとめ、ジャカルタの日本大使館に報告した。漁港建設の経済的有用性や社会経済的便益なども改めて考察しながら、 将来インドネシアから建設協力の要請がある場合に備えて、その建設の妥当性について帰国後さらなる検討がされることになった。 私的には、漁港建設の妥当性を調査するという初めてのフィールド調査となり、エキスパートらによる検討のプロセスを共有する 貴重な体験をすることができた。団長以下のプロフェッショナルは、漁港建設の妥当性や概略設計のために、自然科学や 社会科学、さらに工学系のノウハウを出し入れしながら、実践的調査手法を見せてくれた。まさにそれを密着体験することができた。

      さて、インドネシアへの2回目の出張は一年半後のことになった。「浅海養殖センター」プロジェクトの現地協力最前線に居る 関係者との計画打ち合わせのために、1982年8月下旬から9月上旬にかけて出向いた。イスラム文化圏のプロジェクトを既に幾つか運営して いたことから、同僚から急きょ出張を頼まれ、プロジェクト現況や課題、今後の計画などについて協議することになった。 

      プロジェクトはジャカルタから海岸沿いに西方へ200kmほどの距離にある、バンテン湾に面する静かな入り江の岸辺にあった。 もう少し西に行けば、ジャワ島西端とスマトラ島南東端とを隔てる有名な「スンダ海峡」がある。ジャワ島の東端沖のバリ島 とロンボク島を隔てる「ロンボク海峡」とともに、世界的にも有名な海峡である。マラッカ・シンガポール海峡の水深は、 最も浅い海域では20~25メートルほどで、海洋戦略上重要な海上路・チョークポイントとなっている。ここが万が一閉鎖され通過 できないとなると真っ先に商業船舶などはこれらのスンダ海峡やロンボク海峡を迂回することになるという重要な海峡である。 その昔、16-19世紀に栄えたバンテン王国がスマトラ南部からスンダ海峡をはさみ、ジャワ島最西域のこの辺りを支配勢力下に置いていた。

      さて、この養殖センターには、魚貝類の養殖技術に長けた長期専門家3名 (業務調整員やリーダーは養殖専門家が兼務していた)が、 先方カウンターパートと協業して、ハタやテラピアなどの魚類、テナガエビなどの甲殻類、その他貝類などをふ化させ、プランクトンや 各種の人工餌料などで稚仔魚や稚貝を育成し、給餌による成長率その他病害対策などを研究していた。研究員らは、講習会などを開催し、 それらの養殖の知見を水産普及員や民間養殖業者などに提供し、養殖技術の普及に尽力を重ねていた。

      どのプロジェクトにも一般的に共通するいろいろな悩みや課題があったが、特有の大きな課題が一つあった。 養殖場の地先海域の海底から清い海水を汲み上げ、陸上設置の大小の飼育タンクや人工池に取り込むかに障害を抱えていた。 取水するに最善の時機を選んでも、もともと取水口は浅海域に設置されており、どうしても濁り気のある海水をタンクに取り込む ことになりがちであった。パイプは海底をはわせてあるが、ところどころ継ぎ目部で損壊し、そこからも濁り気のある海水が吸い上げ られた。また、海水取水ポンプ装置そのものも古く、しばしば立ち往生していた。魚貝類の成体ならまだしも、さまざまなステージに ある稚仔魚・稚貝の生命を脅かす。死亡率が高まると、それまでの育成努力があっという間に台無しとなる。研究成果と予算をひどく 無駄にすることになる。

      プロジェクトでは、インドネシアが設置した海底設置のコンクリート製取水口とパイプを応急修理することが喫緊の課題であった。 濁りのない清浄な海水は文字通り生命線であった。インドネシア側には取水システム修理したり更新する予算はなかった。少ない 予算であったが、水産室では計画課と掛け合って特別に工事予算を工面し、取水口やパイプの応急修理に取り組んだ。 応急措置の連続であり、抜本的な改修は予算的に難しかった。養殖実験・研究に必要な施設の提供と整備はインドネシア側の義務 事項とはなっていたが、そう簡単にらちがあかなかった。ポンプが故障して長期に作動できない場合は、飼育生物に致命的な結果を 招きかねない。ポンプの定期的修理も、清浄な海水の安定的供給の観点から稚仔魚の生命線でもあった。

      ジャカルタでは国立研究開発庁や水産局、海水面養殖研究センターなどを訪問し、養殖プロジェクトならではのいくつかの深刻な 悩みについて共有し、善処してもらえるように関係者に掛け合った。上級機関によるプロジェクトへの財政支援、カウンターパートの手当ての 確保や定着率の向上、プロジェクトの成果の見通しや技術的課題解決の方策などについて膝詰で協議し、プロジェクト運営に対する 支援の一層の強化を申し入れたりした。

      帰りにジャカルタ港の埋め立て整備工事の状況を知るため、工事事務所や現場などを訪問した。 港には、中東湾岸諸国で見るダウ船のような木造船が埠頭に数多と停泊していた。帆走と動力を併用する機帆船であろう。ジャカルタを 基点にして、数多ある島嶼にありとあらゆる生活・産業物資を輸送する。重要な海上輸送手段として活躍しているのを目の当たりにした。 人夫らが桟橋と船に渡された渡り板を行き来して忙しく積み降ろししていた。いつかこんな機帆船に便乗して、スパイス・アイランド へ旅してみたいと一瞬夢の世界にいた。

      さて、余談であるが、ジャカルタの旧市街地区の一つであるコタ地区には、魚市場(パサール・イカン)や漁港施設などがあり、 団員らと訪問した。その通りがかりに、魚市場のすぐ近くに、かつての宗主国オランダの「東インド会社」によって使われていた という倉庫を活用した「海洋博物館」があることを知った。後日の週末を利用して見学する機会をもつことができた。これが海外 において「海洋博物館」としっかりと銘を打つ歴史文化的な展示施設を訪問することができた、初めてのケースであった。

      展示品の主なものは、インドネシアの主要島嶼域において漁撈用に使われる、その地を代表するような伝統的アウトリガー付きカヌー などの実物や模型、その他漁具漁法の模型などであった。その実物倉庫は、いかにも東インド会社によるオランダ植民地統治時代を 彷彿とさせる洒落た伝統的歴史建造物であった。館内を歩くと、床の羽目板がみしみしと音を立てる。百年前以上も前の植民地時代から 倉庫内の梁などに積もりに積もって来た粉塵が何かの拍子に舞い上がりそうであった。そして、何かオランダ時代へタイムスリップ したようで、鳥肌の立つ感動を覚えた。



    * JICA水産室時代における海外出張略史(水産業技術協力室での7年の歩み)



    Top page | 目次(Contents) | ご覧のページ                このページのトップに戻る


    第7章 世界中の水産プロジェクトに真剣に取り組む
            第3節 チュニジア漁業教育プロジェクト、全ての課題を凝縮し、全てを学ぶ