海洋総合辞典Japanese-English-Spanish-French Comprehensive Ocean Dictionary, オーシャン・アフェアーズ・ ジャパンOcean Affairs Japan, 北極海を巡って/各論/氷海航路

Page Top


    オーシャン・アフェアーズ・ジャパン
    Ocean Affairs Japan
      [作成中 Under Construction]


    日本の海洋政策・開発・課題/Japan Ocean Policy, Development, ISSUES


    Back to: Top Page | 目次編 | ご覧のページ



北極海を巡って/各論/氷海航路(北西・中央・北東航路)など

1. 北極海航路と南回り航路のルート比較図


* 拡大画像(z21144.jpg)はこちらです。

画像は、釜山の国立海洋博物館に展示される北極海航路と南回り航路のルート比較図である。 図絵によれば、北極海航路(欧州ロッテルダム~ベーリング海峡経由~アジア・釜山)の航海距離は「12,700km」で、 南回り航路(欧州ロッテルダム~シンガポール・スエズ運河経由~アジア・釜山)のそれは「21,000km」であるとされる。 当然の帰結として、航海日数は大幅に短縮され、また燃料コストも大幅に低減されることになる。

地球温暖化の影響で北極海の海氷も溶解しつつある。その海氷面積は縮小化の傾向をたどり、その最小傾向をさらに更新し続けている。 世界のさまざまな研究機関や「国連気候変動に関する政府間パネル」(IPCC) などがそれを報告し、警告を発出してきた。
* CO2の排出量が現在の水準で続くと、北極の夏の海氷は今世紀半ばに消滅する、とドイツなどの研究者が まとめ米国科学誌サイエンスに2016年4月4日付で発表した (朝日新聞・朝刊2016年11月4日)。
海氷の全面消滅よりももっと早い段階で、北極海での通年航行が確実に可能になると予測される。

北極の海氷、南極大陸の氷床、グリーンランドなどの陸地の氷河などは地球の気温を調節している。地球規模での氷の融解 は、気流や海流の循環に影響をもたらす。世界全体の平均気温の上昇が産業革命前に比べて2度を超えると、河川洪水、 大干ばつの異常発生、沿岸部の高潮・高波による浸水などの自然災害、さらに農作物への被害、病害虫の発生拡大、 海の酸性化など、農漁業や生態系への被害は計り知れない。いろいろな悪影響が予想されるなか、今後ますます 現実化したり、またある時点において人類にとって不可逆的な深刻な悪影響に直面するかもしれない。

北極海の海氷の完全融解は地球的規模で負の甚大な影響をもたらす一方、世界の海運関係者はその副次的プラスの影響 として「前向きの評価」を下すかもしれないのが、北極圏での通年通行である。航路の大幅短縮でいかに経済的実利や 恩恵を受けようと、真に褒められる話なのか。産業革命前の地球の自然環境こそが守られるべき環境ではないのか。

最近、地球温暖化の影響で北極海の海氷の溶融による面積縮小化にまつわる象徴的出来事があった。即ち、2016年の夏、大型客船 が史上初めて北極海を航行した。米国クリスタル・クルーズ社所有の「クリスタル・セレニティ号」(68,870トン) が、同年8月、太平洋沿岸の港町アラスカ州シュワードを出港し、北米大陸北岸に沿って北極海を航行し、北大西洋へ抜け ニューヨクにいたった。 [To be continued]

[画像撮影: 2016.9.15 韓国・釜山の国立海洋博物館にて][拡大画像: x27424.jpg]



2. 国際海事機関(IMO)による北極海航路での国際通航ルールの設定

画像は、国際海事機関(IMO)が北極海航路における国際通航ルールの設定に積極的であることを報じる、2014年 (平成26年) 11月4日付けの 読売新聞記事である。

1. 北極海では、その海氷の融解により、その面積がますます縮減傾向にあることが明白になりつつある。 国際社会の温暖化効果ガス削減対策が不十分な場合には、いかなる結果となるのか。 21世紀半ばまでに、夏時の多年海氷の事実上の完全消滅となる可能性が高いと指摘されている。

2. 他方、北極海航路 (ロシア沿岸沿いの北東航路; ベーリング海峡、ロシア北部沿岸を経てロッテルダムなどへ) の利用、北極海 周辺域におけるエネルギー資源開発への関心は高まる趨勢にある。2010年には4隻、2013年には71隻が北極海を通過したと報じられる。 今後、融解の拡大につれ、北極海航路の利用の拡大、年間の船舶の航行期間や通航量のさらなる 拡大が進展するであろう。現在は7月から4か月間の利用のみであるが、海氷融解の進展によって、通年通航が可能になるのは時間の 問題となるかもしれない。
[参考]北極海航路は、マラッカ海峡・スエズ運河を経る南回り航路に比較して、航海日数は40%短縮、燃費・人件費は大幅に 削減されるという。

3. スエズ運河経由の南廻り航路では、現在年間15,000隻であり、北極海航路の30~40隻程度とは全く比較にならない。 だが、安全にして通年通航が可能となり、船舶通航量の大幅増が実現していけば、21世紀中に世界の海運・海上物流に大きな変革を もたらすことになる。

4. ロシアが独自の国内通航ルールを各国に適用している現状がある。現在は北東航路の大半がロシア国土沿いであり、 事故防止名目にてロシアの原子力砕氷船の先導による砕氷サービスを義務付けるなど、独自ルールがある。サービスに対する 課金を徴収している。沿岸諸国のさまざまなルールの強制的適用、通航に先だつ事前通告の義務など、国内規制の内容と適用は どこまで許されるのか、重要な課題である。

5. 翻って、国際海事機関IMOは北極海航路の国際ルール作りを積極的に進めようとしている、と報じる。 IMOは、国際基準を満たした船舶は自由に航行できる国際航路にする考えである。 関連条約の改正によって強制力のある安全・環境基準の作成準備を進める。さらにまた、船員資格に関し極地航行の新資格を設定 する方針である。油・油分の排出禁止、船体安全基準の強化に向けた新たな環境基準も策定されよう。 関係諸国での調整された通航に関するルールづくり、国際規準化を図ることが国際共益に適う。国際協調・協力が期待される ところである。

6. 地球温暖化の結果、全く意図しなかった、棚からぼた餅式の「副産物」が浮上しつつある。世界はこれを「好機」としてとらえ、 海上輸送のより高い安全性、世界的規模での物流効率化と経済効率性を北極海航路に追い求めることになろう。 新たな世界的物流ルートの開発への挑戦は既に始まり、その開発圧力はますます高まると予想される。

[2017.2.11 記/To be continued & revised][画像: 2014年11月4日読売新聞][拡大画像: x27206.jpg]


ロシア、カナダ、米国などはどんな戦略をもつのか。中国は北極航路いずれ軍艦通航させよう。太平洋から大西洋へ。50ン年後、 ロシアを脅かし、空母が太平洋と大西洋行き来する。日本は米国と何をすべきか。考えさせられる時がいずれ来よう。

いずれ北極について経済・技術・政治・法的・軍事の動向を全般的にフォローしたい。

北極海航路の展望 [朝日新聞2014.01.05]

● revised, updated on ...

このページのトップに戻る /Back to the Pagetop [2017.02.26 記]


    オーシャン・アフェアーズ・ジャパン
    Ocean Affairs Japan
      [作成中 Under Construction]


    日本の海洋政策・開発・課題/Japan Ocean Policy, Development, ISSUES


    Back to: Top Page | 目次編 | ご覧のページ