海洋総合辞典Japanese-English-Spanish-French Comprehensive Ocean Dictionary, オーシャン・アフェアーズ・ ジャパンOcean Affairs Japan,

Page Top


    オーシャン・アフェアーズ・ジャパン
    Ocean Affairs Japan
      [作成中 Under Construction]


    日本の海洋政策・開発・課題/Japan Ocean Policy, Development, ISSUES


    Back to: Top Page | 目次編 | ご覧のページ



深海底のコバルト・リッチ・クラストなど(その1)

1. 海山に眠る深海底鉱物資源「コバルト・リッチ・クラスト」(実物標本)

この標本の解説パネルには次のように(しる)されている。
「コバルト・クラスト: 玄武岩やリン灰石などの表面に有用金属がクラスト状にこびりついた鉱物です。東海大学丸二世が、 1985年12月に南鳥島南方の海山から採集しました。」

また、別の二つのパネルには次のように記されている。

<1)「コバルト・クラスト: 深海底鉱物資源として、現在開発が進められているマンガン団塊 (だんかい)熱水鉱床(ねっすいこうしょう) のほかに期待されているのが、1981年にハワイ南西海域で発見されたコバルト・クラストです。マンガン団塊より 3~5倍もコバルトを多く含み、しかも、マンガン団塊よりも浅い水深1,000~2,500メートル の海山中腹斜面に分布し、採取が容易であるため、その開発が注目されています。」

(2)「東海大学とコバルト・クラスト: 1985年12月、「東海大学丸二世」(702トン)は南鳥島南方の海山を調査し、 コバルトを多量に含んだ良質のコバルト・クラストを発見しました。コバルトは先端技術を支える金属で、わが国ではほとんど を輸入に頼っています。日本の200カイリ経済水域内でのコバルト・クラストの発見は、将来の海底鉱物資源として注目 されています。」

[拡大画像: x21916.jpg][拡大画像: x22161.jpg: 解説パネル(1)][拡大画像: x22162.jpg: 解説パネル(2)]
[2010.03.東海大学海洋科学博物館(Tokai University Marine Science Museum)にて]

1 2
1. コバルト・クラスト実物の展示風景 (手前の容器内) [拡大画像: x21917.jpg]
2. 海山の断面図に示される赤い部分は基盤岩・火山岩類、黒い部分は石灰岩、白い部分は堆積物である。クラストが 賦存する下限は水深2,300~2,400mとも記されている。 [拡大画像: x21918.jpg]



2. フェロマンガン・クラスト (Ferromanganese Crust)

画像は、東京・国立科学博物館で開催された特別展「深海」 (2013年7月7日~10月9日) において展示された「鉄マンガン・クラスト Ferromanganese Crust」のサンプルである。
説明書き曰く、「鉄マンガンクラスト Ferromanganese Crust: 拓洋第五海山の水深1,917mで採取された鉄マンガンクラスト。 クリーム色の基盤岩から層状に厚く成長している」。

英国海洋調査船「チャレンジャーI世号」による探検航海 (1873年から76年までの3年半) において人類史上初めて発見された マンガン団塊 (manganese nodules) は、通例数mm~数10㎝程度の、ジャガイモのような、やや扁平の球状の塊 (ノジュール、 nodule) であるが、それらが多数付着し合って板状あるいは層状の「クラスト」 (crust; 皮殻・外皮) になって、 海底表面を覆っているものがあり、これがマンガン・クラスト、あるいは鉄マンガン・クラストといわれるものである。

マンガン・クラストのうち、特にコバルトに富んでいるものは、コバルトリッチ・クラスト (cobalt-rich crust, cobalt-rich manganese crust) と呼ばれる。 例えば、西太平洋の海山の水深800~2000m程度の山頂や斜面において、数mm~10㎝程度の厚さで覆う板状のコバルトリッチ・ クラストが見られる。

[2013.10.4 画像/国立科学博物館・特別展「深海」][拡大画像: x25560.jpg]


    [参考] コバルト・リッチ・クラスト[鉱床]: cobalt-rich crust [略: CRC]; cobalt-rich manganese crust [deposit].

      ・ 分布: 例えば、太平洋の中西部熱帯海域での比較的浅い海域、特に水深800~2400mにある海山の頂部から斜面にかけて賦存する。 日本のEEZと公海の境界域辺りに有望な海山が分布する。
      ・ 形状: 玄武岩などの基盤岩上を、厚さ数mm~数10cmでアスファルト状あるいはクラスト (皮殻) 状に覆っている。
      ・ 含有金属: マンガン団塊と類似する黒褐色の鉄・マンガン酸化物である。鉄、マンガンを主成分とし、コバルト、ニッケル、チタン、 白金、レアアースなどを含有する。一般的に、マンガン団塊に比べてコバルトの含有率がかなり高く、それ故コバルト・リッチといわれる。 また、微量の白金をも含むことからその経済的価値が高いとされる。
      ・ 成因: 定説はないとされる。


日本列島南方海域における資源賦存図。東シナ海沖縄舟状海盆や小笠原諸島海域のピンク色が熱水活動域、朱色が鉄マンガンクラスト、 黄色がメタンハイドレートの賦存を記されている。右下方に第五海山、南鳥島がある。数多くの海山にクラストが賦存していることが分かる。
[出典: 特別展「深海」][拡大画像: x25571.jpg][縮小画像: z19592.jpg]



3. コバルトリッチ・フェロマンガン・クラストの実物標本

2014年10月2-4日、海洋技術に関する日本最大の展示会・シンポジウムである「テクノオーシャン 2014」が神戸 で開催された。画像は海洋研究開発機構 (JAMSTEC) によって展示されたコバルトリッチ・鉄マンガン・クラスト(Cobalt-rich Ferromanganese Crusts)の実物標本である。

[画像撮影: 2014.10.2 神戸「テクノ・オーシャン 2014」にて][拡大画像: x26559.jpg] [2017.02.26 記][To be updated]

このページのトップに戻る /Back to the Pagetop


    オーシャン・アフェアーズ・ジャパン
    Ocean Affairs Japan
      [作成中 Under Construction]


    日本の海洋政策・開発・課題/Japan Ocean Policy, Development, ISSUES


    Back to: Top Page | 目次編 | ご覧のページ