首都サンホセ市内に「パルケ・メトロポリターナ」(Parque Metropolitana) という大きな公園がある。
    その公園のすぐ南西部に農牧省(Ministerio de Agricultura y Ganaderia)があり、博物館はその敷地内にある。
    Hermano Eduardo Ferna'ndez修道士によって創設されたもので、45,000にのぼる標本を所蔵する。
    ちなみに、魚貝類の化石、アンモナイト・サメの歯などの化石、多種の魚類やカニ・エビなどの甲殻類の剥製標本、 ドルフィン、オルカ、マッコウクジラ(cachalote)、タイ(pargo rojo)類の魚などの骨格標本、サンゴ標本などを 展示する。その他多種の陸生動物や鉱物標本も展示されている。
    * 自然史博物館(Museo de Ciencias Naturales "La Salle")のホームページ


    1 2 3

    1. 恐竜の頭蓋骨が博物館のランドマーク。 [拡大画像(x20900.jpg)]
    2. 館内入り口付近から展示コーナー(小さな中庭patioがある)を見る。 [拡大画像(x20901.jpg)]
    3. 日本で発見された14mもある巨大なサメの顎骨・歯列(mandíbula, dentadura)(いずれも複製)。  [拡大画像(x20902.jpg)][拡大画像(x20903.jpg)][拡大画像(x20904.jpg)説明書き]


    博物館入り口付近に展示されたシロナガス(白長須鯨)の骨格

    1
    2
    3 4 5

    1. [拡大画像(x20905.jpg)][拡大画像(x21023.jpg)説明書き; 6 metros de longitud] シロナガスクジラの顎骨(mandíbula de ballena azul).
    2. [拡大画像(x20906.jpg)]
    3. [拡大画像(x21024.jpg)]
    4. [拡大画像(x21025.jpg)]
    5. [拡大画像(x21026.jpg)]


    1 2 3

    首都サンホセの「国立劇場(Teatro Nacional)」のすぐそばの「コスタリカ中央銀行博物館」(Museos Banco Nacional)にて
    1. スペイン語tortuga de mar, 英語sea turtle ウミガメ [拡大画像(x21027.jpg)]
    2. sábalo, shad [拡大画像(x21028.jpg)]
    3. guapote, rainbow bass [拡大画像(x21029.jpg)]


Back to: Top Page世界の海洋博物館 | コスタリカ | ご覧のページ