フロール・デ・ラ・マール号/Flor de La Mar
    1 2

    1. [拡大画像(x23801.jpg)]
    2. 博物館入場券 [拡大画像(x23802.jpg)]

    1 2 3
    4 5

    1. [拡大画像(x24931.jpg)]
    2. [拡大画像(x24932.jpg)]
    3. [拡大画像(x24933.jpg)]
    4. [拡大画像(x24934.jpg)]
    5. [拡大画像(x24935.jpg)]


    参考資料 [Under construction]

    * サンチアゴ要塞 [マラッカ]
    * ポルトガル・アルブルケ総督による西インド・ゴヤの攻略 [マラッカ]
    * マラッカ、ザビエル教会、クライスト教会、砦 [マラッカ、ザビエル教会、 クライスト教会、砦など]

    歴史的主要施設
    *  クライストチャーチ1735年建てられたプロテスタント教会 マラッカを見下ろす丘に残るセント・ポール教会(St. Paul's Churchカトリック)。 セント・ピーターズ教会St. Peter's Church: 東洋にカトリックを布教させた。1849年に建てられたゴシック建築 様式のカトリック教会。 聖フランシスコ・ザビエル教会St. Francis Xavier's Church

    * オランダ広場 (Dutch Square)
    スタダイス(Stadthuys) : オランダ語で「政庁舎」の意味。1650年前後にオランダ総督の公邸として建設。東南アジアでで 最古のオランダ 様式の建築物。マラッカにスタダイス、オランダ語で「市庁舎」の意、スタダイスは東アジアに残る唯一 のオランダ東インド会社ゆかりの建築物 (会社の本拠地は現ジャカルタのバタビア商館であったが、今はない)。 歴史博物館として公開。マラッカ王国時代から、ポルトガル、オランダ、イギリス、日本の統治時代を経て、現在までの 歴史を天使する。 セント・ポール教会 (St. Paul`s Church) ポルトガル人によって建てられた教会跡があり、 日本にも布教に来たフランシスコ・ザビエルの像も建っている。スタダイスの裏の丘に建つ礼拝堂跡。ポルトガル支配下の 1521年に建てられた。 ザビエルの遺体が安置された所でもある。カトリックに反発するオランダ、イギリス軍・民の度重 なる攻撃で破壊され、ガン剤は廃墟と化す。 サンチャゴ砦 (Porta de Santiago) 1511年にオランダとの戦いに備えて ポルトガル軍によって造られた砦である。

    *セント・ジョーンズ砦
    * セント・ピーターズ教会
    * クライスト・チャーチ、1753年建設のプロテスタント教会。キリスト教会。オランダ建築様式。プロテスタントの境界として 1753年建設。
    * ジョンカー通り(マレー語:Jalan Hang Jebat, 英語:Jonker Street)
    * マラッカ・スルタン・パレス(マレー語:Istana Kesultanan Melaka, 英語:Malacca Sultanate Palace) スルターンの王宮を復元した木造建築。内部はマラッカ文化博物館 (Cultural Museum of Malacca) になっている。


Back to: Top Page | 世界の 海洋博物館 | 海洋博物館-マレーシア | ご覧のページ