2000.01
    1 2
    3
    1. [拡大画像(x6558.jpg)]南極調査船「宗谷Soya-PL107」
    2. [拡大画像(x6570.jpg)][拡大画像(x6569.jpg)]
    3. [拡大画像(x6571.jpg)]宗谷の通信室:左から、中・短波受信機 MHF receiver、短波受信機  HF receiver、救難信号受信機 SOS receiver、無線方位測定機 radio direction finder、 FM送受信機(トランシーバー) FM transceiver、電鍵(でんけん) key

    4 5
    6 7
    4. [拡大画像(x6559.jpg)]青函連絡船「羊蹄丸」
    5. 銅鑼の出港合図.
    6. [拡大画像(x6560.jpg)]青函連絡船80年の航跡が示されているパネル。
    7. [拡大画像(x6561.jpg)]救命艇(青函連絡船ようてい丸)

    8 9
    8-9. [拡大画像(x6562.jpg)] 日本の航海練習船
    [拡大画像(x6577.jpg)]


    2001.01の館内展示

    1 2
    3 4
    1. [拡大画像(x6751.jpg)]
    2. [拡大画像(x6753.jpg)]
    3. [拡大画像(x6753.jpg)]
    4. [拡大画像(x6754.jpg)]

    5 6
    7
    5. [拡大画像(x6755.jpg)] Mauretania
    6. [拡大画像(x6756.jpg)]
    7. [拡大画像(x6757.jpg)] 船の水槽実験装置:船は水や空気の抵抗を受けて進むことになる。 この抵抗の大きさはスピードや船の形などによって決まる。船の推進機関の出力をできるだけ少なくして走る 経済的な船をつくるため水槽実験を行う。


    1 2
    3 4
    1. [拡大画像(x6758.jpg)] ホッギング
    2. [拡大画像(x6759.jpg)] サッギング

    3. [拡大画像(x6760.jpg)] 船側と船底との間の湾曲部に取り付けられたビルジキールによる船の安定性を理解する模型
    4. [拡大画像(x6761.jpg)] 船の二重構造模型-最上: 二重底頂板縦フレーム、左上:実体フロア、右上:  側ガーター、管:燃料加熱管、その下: 船底縦フレーム、さらにその下: 船底外板。

    1 2
    3 4
    1. [拡大画像(x6762.jpg)] 船の骨格構造(フレーム構造)
    2. [拡大画像(x6763.jpg)]
    3. [拡大画像(x6764.jpg)]
    4. [拡大画像(x6765.jpg)]

    5 6
    [拡大画像(x6767.jpg)] 羅針儀。中央にクリノメーターが見える(中央の円形部)。
    [拡大画像(x6766.jpg)] 船の傾斜角度を示すクリノメーター(傾斜計) clinometer。

    1
    2 3
    4

    1. [拡大画像(x6768.jpg)] 深海潜水調査船支援母船「なつしま」。トン数: 1,553総トン数、 長さ(垂線間長): 60.0メートル、深さ(型): 6.3メートル、速力(最大): 13.1ノット、航続距離: 8,400マイル、 主機関: ディーゼルエンジン、出力: 850馬力×2基、進水: 昭和55年(1980年)8月。
    2. [拡大画像(x6769.jpg)] 深海潜水調査船「しんかい2000」。1981年建造。縮尺5分の1。
    3. [拡大画像(x6770.jpg)]
    4. [拡大画像(x6771.jpg)]

    1
    2 3
    1. [拡大画像(x6772.jpg)] 海底石油掘削リグ模型。
    2. [拡大画像(x6773.jpg)] コンテナ船「東栄丸」の模型。コンテナの船内積載配置が分かる。
    3. [拡大画像(x6783.jpg)] コンテナ船

    4 5
    4. [拡大画像(x6774.jpg)] 海岸に漂着した廃油ボール
    5. [拡大画像(x6775.jpg)]

    6 7
    6-7. [拡大画像(x6776.jpg)][拡大画像(x6777.jpg)] 上:「銛先」。下:「銛」、クジラに命中した銛が抜けないように 爪がついている。

    1 2
    3 4

    1. [拡大画像(x6778.jpg)] まき網漁業round haul net fishery
    2. [拡大画像(x6779.jpg)] 以西底引き網漁業 large trawl fishery in East China Sea
    3. [拡大画像(x6780.jpg)] 母船式サケ・マス漁業
    4. [拡大画像(x6781.jpg)] マグロ延縄漁業

    5 5. [拡大画像(x6782.jpg)] 浚渫船模型

    6 7
    6. [拡大画像(x6784.jpg)] 船の科学館屋外展示
    7. [拡大画像(x6785.jpg)]

Top page | 世界の海洋博物館 | 海洋博物館-日本 | ご覧のページ