航海術

    大航海時代以降、どのように航海術が発展してきたか? 
    大洋を航海する船乗りにとっての最大の関心の一つは、地球上における自船の正確な位置であり、 自船の進む方向であった。
    それを知るためのさまざまな器具が発明された。
    それは、星などの高度を測る器具であり、船脚を測る道具、経過時間を知るための時計であったりする。
    方角を知る磁石、羅針盤はいうに及ばずである。
    博物館では、多くの航海計器やその仕組み、発展の歴史を紹介する。

    1 2 3
    1. 「海の道 ―世界の海洋交流史― Seaways - History of World Maritime Exchange - 」 [拡大画像(x7835.jpg)][拡大画像(x7834.jpg)]
    2. 「航海術の発達」 [拡大画像(x7836.jpg)][拡大画像(x7837.jpg)]
    3. クロノメーター: 航海中の気温変化にも正確な時間を表わす仕組みは現在の機械式時計にも受け継がれている。 説明書きはNo.4の拡大画像を参照。 [拡大画像(x7838.jpg)]

    4 5 6
    4. トラバースボード [拡大画像(x7839.jpg)]
    5. 「天球と星の運動」、「ノクターナル」 [拡大画像(x7840.jpg)]
    6. 「ノクターナル」 [拡大画像(x7841.jpg)]

    7 8
    7. クロススタッフ [拡大画像(x7842.jpg)]
    8. バックスタッフ [拡大画像(x7843.jpg)]

    9 10
    9. 「アストロラーベ」 [拡大画像(x7844.jpg)][拡大画像(x7845.jpg)]
    10. コードランド、四分儀 [拡大画像(x7846.jpg)]

    11 12
    11. セクスタント、六分儀 [拡大画像(x7847.jpg)]
    12. オクタント [拡大画像なし]

    13 14
    13. セクスタントの体験 [拡大画像(x7853.jpg)]
    14. クロススタッフの体験 [拡大画像(x7854.jpg)]
    * 全体ビュー [拡大画像(x7855.jpg)]

Top page | 世界の海洋博物館 | 海洋博物館-日本 | ご覧のページ