その他(3)- 客船ターミナル・天保山の風景

    安治川の河口に位置する天保山。ここに、水族館の「海遊館」がある。
    かつてこの天保山の客船ターミナルは、関西汽船の瀬戸内海・定期航路船の乗降客でごった返した。
    風光明媚な瀬戸内海を縦断する九州・別府航路に3000トン級の豪華な観光船「くれない丸」などが投入され、 就航していた時代である。
    当時こそ瀬戸内海定期航路客船の最盛期であったといえよう。
    船はこの天保山から徳島、高知へ、淡路島へ、あるいは神戸を経て小豆島、高松、今治、別府へと、数多くの 諸都市を結んでいた。


    大阪港クルージングシップ「サンタマリア」が安治川を遡り、天保山客船ターミナルに向かう。
    サンタマリア号の真後ろに大観覧車と水族館「海遊館」が見える。
      [拡大画像(x9164.jpg)][拡大画像(x9165.jpg)]

    1 2

    1. 大阪・天保山に停泊する港内遊覧船「サンタ・マリア号」とその背後に大阪海洋博物館のドームが 見える。[画像(x7947.jpg)]
    2. 大阪港クルーズ「サンタマリア」ポスター [画像(x9150.jpg)][画像(x9151.jpg)]

    1 2  3
    1. 天保山客船ターミナル、海遊館でひろった風景 [拡大画像(x9152.jpg)][拡大画像(x9153.jpg)]
    2. 海遊館 [拡大画像(x9154.jpg)][拡大画像(x9155.jpg)][拡大画像(x9156.jpg)]
    3. 天保山 [拡大画像(x9157.jpg)]

    4 5
    4. 水族館「海遊館」 [拡大画像(x9158.jpg)][拡大画像(x9159.jpg)][拡大画像(x9160.jpg)] [拡大画像(x9161.jpg)][拡大画像(x9162.jpg)]
    5. 天保山客船ターミナルの地先にて。安治川にかかる「天保山大橋」。Goto Sangyo Kisen Co. Ltd.の 「びっぐあーす」(Big Earth) [拡大画像(x9163.jpg)]

Top page | 世界の海洋博物館 | 海洋博物館-日本 | ご覧のページ