モーテルの玄関先では、まずアメリカ国旗を掲げた2羽のペンギンの歓迎を受ける。 [拡大画像(x5104.jpg)]

    米国大西洋岸に沿って南北に縦貫するルート1沿いのモーテルにて(たまたま投宿したドライブ・イン)。
    その名は 「Krystal Penguin Motel」。
    [注] 所在地はロードアイランド州Westerlyという小さな町であるが、南隣りのコネチカット州にある海のテーマパーク 「ミスティック・シーポート博物館」 (Mystic Seaport Museum)まで数10 kmの距離にある。

    その名の通り、モーテルにはぬいぐるみ等のたくさんのマスコット・ペンギンでデコレーションされている。
    モーテルの女主人がペンギン大好きゆえのこと。
    フロント脇のショーケースにも、また屋外にも、マスコット・ペンギンたちがいる。
    ドライバーの旅の疲れをいやし、心を和ましてくれる。

    それぞれのペンギンがいろんな服装に身を包み、マフラーやスキー帽子をつけて、愛らしさを振りまいている。
    それぞれに個性があり、何となく表情も豊かに見えてくる。
    女主人にとってはペンギンたちは家族の一員。
    いわば子供たちへの愛情が伝わってくる。



    1 2 3 4
    [x5170.jpg: 1][x5160.jpg: 2][x5161.jpg: 3][xxxx.jpg: 4]

    5 6 7 8
    [x5162.jpg: 5][x5164.jpg: 6][x5165.jpg: 7][x5169.jpg: 8]

    9 10 11
    [xxxx.jpg: 9][x5167.jpg: 10][x5171.jpg: 11]

    12 13
    [x5166.jpg: 12][x5163.jpg: 13]



    「Krystal Pengin Motel」の案内板。 訪れてみてはじめてその所以が理解できた。

    モーテル玄関入り口ドアに掲げられた「Welcome board」。
    ここでも、2羽の親ペンギンと1羽の子ペンギンが歓迎してくれる。
    [拡大画像(x5135.jpg)]

    ドアに掲げられた店じまいを示す 「Closed」 の札。
    ここでも、ペンギンたちが店じまいのご挨拶。
    ペンギンたちをあしらった閉店札を見たお客は、 「しょうがないな。次の機会にするか」。
    決して悪い気分にはならないというもの。 [拡大画像(x5158.jpg)]


    関連サイト





米国ロードアイランド州でのスナップショット
Snapshots in Rhode Island, USA

(under construction)


Back to: Top Page | 世界の 海洋博物館 | アメリカ合衆国 | アメリカ東部沿岸15州の海洋博物館・水族館への旅
US East Coast's Museum & Aquarium
| ご覧のページ