第1回 ニカラグア運河の夢 視察の旅 旅の記録
ブリットとラ・ビルヘン/Brito & La Virgen

Back to: Top Page | ニカラグア運河 (目次) | ご欄のページ


    1.日 時: 2009年4月26日(日)

    2.参加者: 中内清文、木島久恵、R.高松

    3.旅の行程

      08:00  首都マナグア(Managua) 出発
      12:00頃 エル・アスティジェロ(El Astillero)の入口通過
      15:00頃 ブリット川 河口到着(la boca del Río Brito) 河口南に近接する丘へ登り地形を観察
      17:00頃 ラス・ラハス川(Río Las Lajas)と交差するラス・ラハス橋に到着
      18:00頃 リバース(Rivas) 風力発電地に到着

    4.旅の目的
    下記文献GCINの選定ルートになっている、ニカラグア湖(Lago Nicaragua, Lago Cocibolca)から太平洋側へ出る ルートの視察を行う。
    このルートではニカラグア湖からラス・ラハス川およびブリット川を通り、太平洋に抜ける。


    図.選定ルート図(GCINより)


    5.視察結果
    5.1 ブリット川
    河口の状況: 幅100m程度ある。河口北側の丘は海抜119m。南側は標高5m程度で湿地帯が広がる。
    河口付近には家屋があり、海水浴を楽しむ人がいた。また、投げ網や簡易筏も見られた。


    写真1.ブリット川河口 丘の上より南を望む       写真2.河口および丘 西を望む




    河口より約1キロ上流付近の状況: 川幅30m程度。川辺では現地の住民が魚釣りをしていた。
    最大水深は上明。マングローブが生え茂る。


    写真3.ブリット川 上流方向を望む         写真4.ブリット川 下流方向を望む




    ミラマールMiramar(河口より約6キロ上流)付近の状況…川幅20m程度。水深も浅い。
    すぐ近くに牧場があり、牧歌的な風景が広がる。


    写真5.ブリット川 上流方向を望む           写真6.牧場




    トーラTola(河口より約20キロ上流)付近の状況…川幅20m程度。水深は上明。
    トーラという町とリバースを結ぶ道路と交差する。
    トーラ中心地から東へ約2kmの地点。川の吊前がトーラ川に変わる。


    写真7.トーラ(ブリット)川 下流方向を望む         写真8.トーラ川と交差する橋




    5.2 ラス・ラハス川
    幹線道路リバス~ペニャブランカスとラス・ラハス川が交差するところにラス・ラハス橋がある。
    交差箇所での川幅は約30m程度。水深は上明。




    5.3 風力発電地 リバース
    ラス・ラハス川からさらに南下したところに風力発電の風車が建設されている。
    警備員の話によると現在19塔が建設済み。さらに10塔程度建設されるそうである。メーカーはsuzlon。
    インドの会社だそうだ。


    写真12.風車とラ・コンセプシオン火山     写真13.風車


    6.その他気付いた点、今後の課題

      ・ 主要幹線道路からエル・アスティジェロへ西向きへ向かう道路の北側には標高200m程度の小山が続く。 乾季のため、砂埃が多かった。
      ・ 地質は上明。今後確認が必要。岩盤などがむき出しになっている状況は見られなかった。
      ・ 参考文献GCINによると、ニカラグア湖水面は海抜32mである。ニカラグア湖から大西洋まで30kmの間に2段階の 閘門により、32m下がるように計画されている。閘門はどのあたりに設けられるのが適切なのであろうか。 河口付近になるのか。
      ・ ブリット川、ラス・ラハス川とも、現在この水運を利用した物流はなさそうである。
      ・ ブリット川の河口より6キロ上流地点ですでに水深が浅い。大規模な浚渫が必要になると思われる。
      ・ ラス・ラハス川は、主要幹線道と交差する。運河建設のためには、大型船舶通行のためラス・ラハス橋の架け 替えが必要になるだろう。

    7.今後の予定
    次回は、エル・ラマ(El Rama)およびブルーフィールズ(Bluefields)を訪問し、エル・エスコンディード川(El Escondido) およびククラ川(Río Kukra)を視察する予定。
    エル・エスコンディード川は、下記文献GCINの1,2ルート対象通路、ククラ川は3ルートの対象ルートになっている。

    8.参考文献
    * Gobierno de Nicaragua, Comisión de Trabajo Gran Canal, Gran Canal Interoceánico por Nicaragua (GCIN): Perfil del Proyecto, Agosto de 2006.

    以 上
    (記録:木島)

Back to: Top Page | ニカラグア運河 (目次) | ご覧のページ