ニカラグア運河・オヤテ川予備踏査
Preliminary Field Survey in Oyate River, Nicaragua

乾期・3月

Back to: Top Page | ニカラグア 運河(目次) | ご覧のページ





図1. 選定ルート図(GCINより)

ニカラグア政府の「大運河検討作業委員会《が2006年8月に公表した「ニカラグア両洋間大運河計画書《では、 ニカラグア運河候補ルートとして6つ挙げられている。
    * "Gran Canal Interoceánico por Nicaragua (GCIN): Perfil del Proyecto", Comisión de Trabajo Gran Canal, Gobierno de Nicaragua

そのうちの3つのルート(No.1、No.2、No.3)が共通して通過する区間がある。
その区間とは、海抜32mほどの高度にあるニカラグア湖(Lago de Nicaragua, Lake Nicaragua, Cocibolca)から オヤテ川(Río Oyate)沿いに遡上し、 その源流域とラマ川(Río Rama)のそれとの間に横たわる、海抜60~70mの起伏の緩やかな分水嶺山系を経て、ラマ川の上流域へとつながる 区間である。

アコヤパ(Acoyapa)*サン・カルロス(San Carlos)間を結ぶ地方幹線道路がオヤテ川と交差する唯一の地点があって、そこにコンクリート橋が架かる。 エル・オヤテ村のすぐそばである。その橋周辺の自然状況を知るために訪れた。

    [参考] 2011年8月現在、米州開発銀行の支援でアコヤパーサンカルロス間約150kmの砂利道を舗装工事中である。また、 ニカラグア湖の南東端にあるサン・カルロスの町のすぐそばからカリブ海へと流れ出るサン・ファン川(唯一の流出河川でる。 他の河川は全て流入河川である)を横断する、2車線250メートルほどの「サンタ・フェ橋《を現在建設中である。 建設資金は日本からの無償援助である。2013年頃には完成予定である。国道はサンタ・フェ橋を経てコスタリカとの国境へと繋がる。 国境を越えたところでコスタリカ側の国道へと連結され、道路は首都サン・ホセへと至る。その道路整備は完了済みである。 「サンタ・フェ橋《建設と150kmの道路舗装によって、パンアメリカン・ハイウェイの迂回路が完成することになる。



図2.オヤテ川~ラマ川概略図

オヤテ川は、北東(右上)から南西(左下)方向へとほぼ破線(緑色)に沿って流れ下り、支流のエル・カカオ川 (El Cacao)と合流しつつ、エル・オヤテ村(El Oyate)を経て、ニカラグア湖へと注ぎ込む。

他方、大西洋(カリブ海)へと流れ下るラマ川は図の右上に位置するエル・コラル村(El Coral)やコロニア・リオ・ラマ村 の南側(下側)を流れているが、オヤテ川とラマ川は交わることはない。両河川は南北方向に並行してすれ違っているのが分かる。 そのすれ違う辺りが海抜60~70mの起伏の緩やかな分水嶺域である。ニカラグア湖~オヤテ川~分水嶺域~ラマ川上流の 区間(詳細な勾配については調査中)が、既述の3つの候補ルートが共通して通過するところである。 [拡大画像(x23145.jpg)] & Photoshop(x23145.psd)]



オヤテ川の風景
1 2 3

    1. 橋からオヤテ川上流側を見る。乾期で水量が少なく水はほとんど淀んでいる。眼下の憩水域での水嵩は0.5~1m程度と推量される。  [全体画像: x23931.jpg][拡大画像: x23932.jpg]
    2. アコヤパ側からサン・カルロス方面に向かって見る橋。幅員は30mほどである。  [拡大画像: x23933.jpg]
    3. 橋から下流側を見る。旧道路に架かっていた旧橋の橋脚が見える。橋からニカラグア湖までは20数kmで、 かなり蛇行しながら平坦地を流れ下る。乾期には、ニカラグア 湖からこの橋付近まで船外機付き平底舟で遡上することさえも困難である。 [拡大画像: x23934.jpg]

1 2 3

    1. アコヤパ側の土手下から見る。橋脚高は5~6m。水はほとんど淀み、底が透けて見える。橋脚下の水嵩は0.5m程度と推量される。  [拡大画像: x23935.jpg]
    2. 旧道の橋脚2本、下流側から見たもので、橋脚高は5~6m。背後に現道の橋が見える。 乾期であるので、川底の岩の間を水が流れる程度である。  [拡大画像: x23936.jpg][全体画像: x23937.jpg]
    3. 下流側から見る現橋。水の流れはほどんどなく淀んでいる状態に近い。 [拡大画像: x23938.jpg]

Back to: Top Page | ニカラグア 運河(目次) | ご覧のページ