ニカラグア大運河計画概要書(GCIN)
Gran Canal Interoceánico por Nicaragua (GCIN) - Perfil de Proyecto (Agosto 2006)
Presentado por la Comisión de Trabajo del Gran Canal del Gobierno de Nicaragua

Back to: Top Page | ニカラグア 運河 (目次) | ご覧のページ




2006年8月、 ⌈ニカラグア大運河計画概要書⌋ (公式サイト) (概要書/canal-x-nicaragua.pdf) がニカラグア政府大運河作業委員会によって発表された。
スペイン語吊は ⌈Gran Canal Interoceánico por Nicaragua (GCIN) - Perfil de Proyecto (Agosto 2004) presentado por la Comisión de Trabajo del Gran Canal del Gobierno de Nicaragua⌋ である。
概要書は、技術・工学、法律、環境、財務分析などの側面から考察するものであり、運河建設のプレフィジビリティスタディ  (プレF/S調査)の結果を取りまとめたものである。その調査と概要書作成に携わった委員は7吊である (その紹介は後日に行う)。
ここでは、第3章⌈運河計画の技術&工学⌋の摘要を行う。今後、少しずつ他章の概要を 紹介することとしたい。

計画概要書では6つの運河ルートが挙げられ考察がなされているが、その最も推奨されているのは、下記の6つのルートの うちのNo.3である。すなわち、
大西洋(カリブ海)側のベナード島ハウンド・サウンド・バー(Hound Sound Bar sur de la Isla de Venado) *  ラマ川(Río Rama) * オヤテ川(Río Oyate) * ニカラグア湖(Lago de Nicaragua) * ラス・ラハス川(Río Las Lajas)  * ブリット川(Río Brito)のルートである。
その総延長距離は286kmにおよぶ。最大25万重量トンの船舶が通航可能な運河が想定されている。


ニカラグア大運河計画概要書 目次


6つのルート案 [出典:ニカラグア大運河計画概要書 Gran Canal Interoceánico por Nicaragua (GCIN)]



[拡大画像: x21844.jpg][拡大画像: x21845.jpg][拡大画像: x21846.jpg]

Back to: Top Page | ニカラグア 運河 (目次) | ご覧のページ