海洋総合辞典 Comprehensive Ocean Dictionary, 特選フォト・ギャラリーPhoto Gallery, プリモス&メイフラワー号出帆Mayflower depart from Plymouth for Virginia, プリモスPlymouth, 英国UK

一枚の特選フォト⌈海 & 船⌋


One Selected Photo "Oceans & Ships"

Back to: Top Page | 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) | ご覧のページ


「メイフラワー・ステップス」/「メイフラワー号」で新大陸をめざした
ピルグリム・ファーザー(清教徒一団)
[英国プリモス]

英国南西部コーンウォール半島に位置する古い港町プリモスは歴史上記録に残るいろいろな航海の起点となった。
* 「ゴールデン・ハインド号」(航海出港当初は「ペリカン号」と呼ばれた)によるフランシス・ドレーク船長の世界周航の船出。 人類史上初のマゼラン船隊による世界周航に次ぐもの。
* イギリス海峡を北東へ進航するスペイン無敵艦隊を追尾し、フランスのカレー沖海戦にて大勝利を収めた英国艦隊(ハワード 提海軍司令長官、ドレーク提督らが率いる)。このプリモスから出撃する。歴史上「アルマダの海戦」と称される。
* キャプテン・クックの探検航海の船出。
* チャールズ・ダーウィン、「ビーグル号」にてプリモスから船出。
* 清教徒250名の一団(いわゆる「ピルグリム・ファーザー」(Pilgrim Fathers)が新天地をアメリカ大陸に求めて、 「メイフラワー号」にて1620年に船出したのもこのプリモスからである。
[英国プリモスからの歴史的航海の出航略史はこちらです]


画像は、「ピルグリム・ファーザー」がプリモスから船出したのを記念して造られたメイフラワー号への階段「メイフラワー・ ステップス(Mayflower Steps)」である。清教徒たちの新大陸への「門出の門」、「船出の門」を表す。

「1620 - 'Mayflower Pilgrims' sail aboard the Mayflower to start a new colony in New England. They sail from Plymouth because one of their ships is leaking and needs repair. On arrival they settle in a place already called 'Plimouth'.」

銘板には次のように記されている。

    「On the 6th of September, 1620, in the Mayoralty of Thomas Fownes, after being "kindly entertained and courteously used by divers Friends there dwelling", the Pilgrim Fathers sailed from Plymouth in the Mayflower, in the Providence of God to settle in NEW PLYMOUTH, and to lay the foundation of the NEW ENGLAND STATES 〜〜 The ancient Cawsey whence they embarked was destroyed not many years afterwards, but the Site of their Embarkation is marked by the Stone bearing the name of the MAYFLOWER in the pavement of the adjacent Pier. This Tablet was erected in the Mayoralty of J.T. Bond 1891, to commemorate their Departure, and the visit to Plymouth in July of that Year of a number of their Descendants and Representatives.」 (原文そのまま)

[参考] mayoralty: n.市長の職.
[2013.05.28-30.英国プリモス、「メイフラワー・ステップ」にて][拡大画像: x25455.jpg]

1 2
1. 船出の門「メイフラワー・ステップス」  [拡大画像: x25456.jpg][拡大画像: x25458.jpg: 銘板説明書き1] [拡大画像: x25459.jpg: 銘板説明書き2][拡大画像: x25460.jpg: 市内観光パネル「Mayflower Steps」]
2. 背後に見えるのは17世紀中頃にチャールズII世によって築造された要塞「ロイヤル・シタデル(Royal Citadel)」。  [拡大画像: x25457.jpg]

3 4
3. 画像左にあるのは「ロイヤル・シタデル」の城壁。その向こうに広がる海はサットン・ハーバーへとつながる。 [拡大画像: x25485.jpg]
4. 「ホーの丘」に立つ、プリモスと同義語となっている「スミートンズ・タワー」(Smeaton's Tower) 。前方には 「プリモス・サウンド」(Plymouth Sound; プリモス入り江)、その先にはイギリス海峡が広がる。 スミートン・タワーはプリモス南西22q沖のエディストーン岩礁に立てられていた灯台である。 [拡大画像: x25484.jpg]


* プリモス上空からの写真 (画像:プリモス長距離バスターミナルにて)。画像中央にあるのは、「ホーの丘」の多くを占有する 「ロイヤル・シタデル(Royal Citadel)」と称される要塞である。その左上端には赤白横縞のスミートンズ・タワーが立つ。 画像右下の入り江がサットン・ハーバーへとつながる。シタデルの右上に広がる区域が旧市街地「バービカン」であり、 その上部に現在の商業的中心街が広がる。 [拡大画像: x25466.jpg]


A
B
A. プリモス市街全体地図。中央左上端の紫色の区域から北側に商業的中心街が広がる。  [拡大画像: x25413.jpg]
B. サットン・ハーバー(Sutton Harbour)の西側に旧市街地バービカン(青色部分)が広がる。その南側にあるのが要塞の シタデル(ピンク色)である。 [拡大画像: x25414.jpg]


Back to: Top Page | 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) | ご覧のページ