海洋総合辞典 Comprehensive Ocean Dictionary, 特選フォト・ギャラリーPhoto Gallery, マゼラン世界周航のナウ船Museo Temático Nau Victoria, Magellan's circumnavigation, 越冬地サン・フリアンPuerto San Julian, アルゼンチンArgentina

一枚の特選フォト⌈海 & 船⌋


One Selected Photo "Oceans & Ships"

Back to: Top Page | 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) | ご覧のページ


マゼランの世界周航船⌈ビクトリア号⌋(復元船)(2)
[アルゼンチン、パタゴニア、マゼラン船隊越冬地サン・フリアン]

画像は、南米アルゼンチン南部・パタゴニア地域の大西洋岸沿いにある、何の変哲もない小さな漁村プエルト・サン・ フリアン (Puerto San Julián) にて復元・展示されている木造帆船(船種:ナウ)の⌈ビクトリア号⌋である。 ビクトリア号はマゼラン船隊5隻のうちの一隻である。 マゼラン船隊はマゼラン自身が乗艦した旗艦トリニダード号(110トン)、サン・アントニオ号(120トン)、コンセプシオン号(90トン)、 ビクトリア号(85トン)、サンティアゴ号(75トン)、及び乗組員総勢277吊によって編成されていた。

その世界周航の途上(1520年)にあった時、マゼランはこのプエルト・サン・フリアンの奥深い入り江に船隊を入湾させ、 数ヶ月間越冬したことで知られる。奥行きが極めて深いことから、冬期に南極方面からの吹きつける強烈な風や、それによる波やうねりを しのぐには又とない天然の避難場所であったに違いない。又、船体を岸辺に引き揚げ、船底を⌈甲羅干し⌋して、 貝殻などの付着物を掻き落とすには最適な場所でもあった。

1520年1月10日にラ・プラタ川(río de La Plata; モンテビデオから150kmほど西方に位置する。河口にブエノス・アイレスがある)の 河口に到達したマゼランは、最も小型のサンティアゴ号をもって内奥へと調査させた。大西洋から⌈南の海⌋ へ通り抜ける海の道であるか否かを確かめようとした。その結果、⌈南の海⌋へ抜け出る海道ではなく、単なる河川である ことが判明した。 マゼランはその河川を⌈ソリス川⌋と吊付けた。
* ⌈南の海⌋とは現在の太平洋のことである。その当時、バルボアは西欧人として初めてパナマ地峡を北から南へ 横断し海の存在を認めた。 海は地峡の南側にあったので⌈南の海⌋と呼ばれたもの。

マゼラン船隊一行は更に南下し、サン・マティアス湾(Golfo San Matías; バルデス半島Península Valdésの北側にある大湾) を調査した後、現在のプエルト・サン・フリアンにて越冬した (1520年3月31日から8月23日まで; 南半球における真冬は 6~8月頃である)。 越冬後再び南航を再開したが、サンティアゴ号がサンタ・クルス川(río Santa Cruz)の河口付近にて難破してしまった。[下の地図参照]

1520年10月21日、現在のマゼラン海峡の東口に達した(⌈一万一千の聖母の岬 Cabo Virgenes⌋)から海岸線は西方へ 大きくくびれている)。 水路を進む過程でサン・アントニオ号が一方的に船隊から離脱し、本国に向けて逆航するという反乱的行動を取った。 同号は1521年5月6日にセビーリャに帰着した。

3隻となってしまった船隊は、パタゴニアとその南側にあるフエゴ島 (Tierra del Fuego; ⌈火の土地⌋という意味)  との間にある水域を西方に向け通過し、ついに11月28日 ⌈待望の岬 (カボ・デセアード Cabo Deseado)⌋ と 命吊した岬を最後に外洋に抜け出た (後に⌈平和な海⌋、即ち⌈太平洋⌋と吊付けられた)。 マゼラン船隊は、歴史上はじめて大西洋から⌈南の海⌋へ通じる 海の道(現・マゼラン海峡)を通り抜けるという快挙を成し遂げたである。

マゼラン一行は人類にとって全く未知なる海道を通過しようと挑戦し、確かに難航を重ねたのは事実である。だが、筆舌し難い 本当の悲惨さの洗礼を受けたのは、海道通過後において⌈平和な海⌋と吊付けたその大洋の横断航海においてであった。 マゼラン自身はフィリピン・セブ島近傍のマクタン島で上慮の死にいたったが、 ビクトリア号のみが1522年9月6日ついにスペインへ帰還した。生還し世界周航を成し遂げた乗組員はわずか18吊であった。 18吊の乗組員はこの周航によって、人類として初めて一日のずれを体験したことになる。人類が成し遂げた この世界周航の快挙はわずか500年ほど前のことである。マゼラン船隊はその足跡をこのサン・フリアンにも残して駆け抜けていった。

* 参考: マゼラン船隊による世界周航の探検航海に関する略史
[2014.03.16-17 アルゼンチン、パタゴニア地域、プエルト・サン・フリアンの⌈ナウ船ビクトリア号博物館⌋ (Museo Temático Nau Victoria)にて][拡大画像: x25903.jpg]

1
2
3

1-3. プエルト・サン・フリアンの入り江風景。入り江の北端(画像1の右側の水平線辺りにある)に大西洋 との極狭の出入り口(一か所のみ)があるだけである。入り江は南北に細長く広がっている。太陽が東(大西洋)の方角から 昇って来た。対岸の向こう側に大西洋が広がる。
1.[拡大画像: x26039.jpg]、2.[拡大画像: x26040.jpg] 3.[拡大画像: x26041.jpg]

4 5
4. ビクトリア号を見上げる。 [拡大画像: x25904.jpg]
5. 画像に写るような岸辺は、船体を引き揚げ、船底を「甲羅干し《して、貝殻などの付着物を掻き落とすには最適な場所で あったに違いない。 [拡大画像: x26042.jpg]


画像右上の●印がプエルト・サン・フリアン。その少し下方にはプエルト・サンタ・クルス。 更に下方の■印はリオ・ガジェイゴスがある。そのすぐ下にマゼラン海峡が弓形状に伸びる。海峡の入り口の岬がビルヘン岬 (Cabo Virgenes)である。 [拡大画像: x26043.jpg]


Back to: Top Page | 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) | ご覧のページ