一枚の特選フォト「海 & 船」


One Selected Photo "Oceans & Ships"

Back to: Top Page > 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) > ご覧のページ


「海の足」カヌーと二人の若者

パナマ運河の太平洋側入り口にある町がパナマ・シティで、大西洋・カリブ海側のそれはコロンである。
コロンから海岸沿いに数十キロ東方に行くとポルトベーロ(Portobelo)という小さな町がある。
コロンブスが第4回目の航海途上に停泊した際に命名された。イタリア語で「美しい港」という意味である。
16世紀末には海賊の襲撃に備えて強固な要塞や、新大陸の金銀財宝をスペイン本国へ輸送するために 一時保管用倉庫や税関などが築かれた。
しかし、ポルトベーロは1668年ヘンリー・モーガン配下の海賊よって襲撃を受け、徹底的に略奪された歴史がある。
町には2つの要塞が残る。町の入り口にあるサンティアゴ要塞、もう一つは税関であった建物のすぐそばのサン・ ヘロニモ要塞である。

一艘のカヌーがのんびりと漕ぎゆく。どこかの目的地を目指して漕ぎ急ぐ訳でもなさそうである。 サンティアゴ要塞の地先あたり、「海の足」で午後の散歩といったところであろう。
[2008.1.10-13. ポルトベーロにて][全体画像: x18599.jpg]

123
1 クルーザーが入り江の入り口付近に停泊している。 [全体画像: x18600.jpg]
2 入り江の湾央あたりを遠望する。 [全体画像: x19163.jpg]
3 カヌーが椰子の木の下にある。カヌーは村人の「海の足」そのもの。ゆえに、カヌーが自然に溶け合う普通の風景。  [全体画像: x18601.jpg]

関連サイト1: 世界の海洋博物館−中米・パナマ
関連サイト2: パナマの海と船のある風景


Back to: Top Page > 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) > ご覧のページ