一枚の特選フォト「海 & 船」


One Selected Photo "Oceans & Ships"

Back to: Top Page > 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) > ご覧のページ


古びた小ボート

植民地時代の面影が残るレオン(ニカラグアの首都マナグアから北西方向80kmほどの距離にある)。
レオンから一本の田舎道が西方の太平洋岸に向けてのびる。
舗装はされてはいるが、穴ぼこだらけの道で平均時速20kmくらいでしか走行できない。
だから距離は20kmほどしかないのに小一時間もかかる。
その一本の道の行き着く先にポネロヤ(Poneloya)という沿岸の村がある。
その南に隣接して、ラス・ペニータス(Las Pen〜itas)という沿岸の村がある。
そのラス・ペニータスにもレオン市民らが憩う砂浜海岸が何キロも続いていて、訪れた2008年元旦には 大勢の海水浴客でごった返していた。
ラス・ベニータスでは川が海に注ぎ込んでいて、その河口付近は引き潮になるとかなり広い干潮浜となり、 そこを散策する家族連れなどで賑わう。
干し上がった浜に使い古された一艘のカヌーのような小ボートあり。
[2008.01.01][全体画像: x18502.jpg]

123
1 干し上がった河口域に川が流れ、海に注ぎ入る。犬が飲んでいるのは海水でなく川の淡水である。  [全体画像: x18503.jpg]
2 浜上げされた小ボート。 [全体画像: x19178.jpg]>[全体画像: x19180.jpg: その錨]
3 干し上がった河口域。川が海に注ぎ込んでいる。ニカラグアでの典型的な造作が施された5爪錨。 昨今、ニカラグアの太平洋沿岸では画像のようなFRP製ボート型小ボートが主流のようだ。  [全体画像: x19179.jpg]

関連サイト: 世界の海洋博物館−中米・ニカラグア
関連サイト: ニカラグアの海と船のある風景[ 2 ][2007-2009]


Back to: Top Page > 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) > ご覧のページ