一枚の特選フォト「海 & 船」


One Selected Photo "Oceans & Ships"

Back to: Top Page > 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) > ご覧のページ


フォンセカ湾の海風景(5)−ボンテン

ボンテンには熱帯気候国らしく椰子の実を利用している? これぞ気候風土からくる漁師の知恵であると 思い込んで風景を切り取ったものの、ついぞ確かめることを怠ってしまった。


首都マナグアからチナンデガ県(Departamento de Chinandega)の零細漁村ポトシまでは陸路(車)で4時間程度の行程 である。幹線道路(パンアメリカンハイウェイ)で地方都市レオン、チナンデガを経て、さらに支線の土道をドライブする。 チナンデガの少し先のエル・コンゴ(El Congo)までは完全舗装道路であるが、それからポトシまでの30,40kmは 土道のガタガタ道で時間がかかる。
フォンセカ湾(Golfo de Fonseca)は湾の入り口が狭く奥行きが深い湾である。北側からエルサルバドル、ホンジュラス、 ニカラグアの3か国間で、「海の国境線」をもって湾内の海を分け合う。
ポトシは全くの小漁村で村人の多くは沿岸零細漁業(pesca artesanal)で生計をたてている。 村人の家は椰子の葉で屋根を葺いていて、それも壁のない家が多い。このチナンデガ県は太陽の照りが肌を刺すほどに 強烈であることで知られ、そんな炎暑の気候風土に合った様式なのであろう。 [2009元旦][拡大画像: x21158.jpg]

1 2 3
浜上げされたいろいろな小型漁労ボート。
1 [拡大画像: x21159.jpg]
2 [拡大画像: x21160.jpg]
3 [拡大画像: x21161.jpg]

関連サイト: 世界の海洋博物館−中米・ニカラグア
関連サイト: ニカラグアの海と船のある風景[ 2 ][2007-2009]


Back to: Top Page > 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) > ご覧のページ