海洋総合辞典 Comprehensive Ocean Dictionary, 特選フォト・ギャラリーPhoto Gallery, ザ・フィンガー・ウォーフ&海風景The Finger Wharf & seascape, シドニーSydney, オーストラリアAustralia

一枚の特選フォト⌈海 & 船⌋


One Selected Photo "Oceans & Ships"

Back to: Top Page | 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) | ご覧のページ


「ザ・フィンガー・ウォーフ」桟橋からの海風景

オーストラリアのシドニーは、奥行きが深く複雑に入りくんだ「ポート・ジャクソン」(Port Jackson) という湾に面する。ポート・ジャクソンとはシドニー湾(Sydney Harbour)のことである。

シドニー市内に「ウルムルー」(Woolloomooloo)という めずらしい名の地区がある。その地先にあるのが「ウルムルー湾」(Woolloomooloo Bay)で、奥行きが深い小さな 入り江(Cove コーブ)である。湾(Bay)と称されているも、小さな小さな入り江である。その入り江に、人間の手の中指の ごとく細く、長さにして数百メートルほど延びるウォーフ(wharf・桟橋)が突き出ている。その名を 「ザ・フィンガー・ウォーフ」(The Finger Wharf)という。

    [参考] ザ・フィンガー・ウォーフは、シドニー湾岸とその近郊に住む市民らの足であるフェリーボートの発着場 「サーキュラー・キー」(Circular Quay)や、かの有名なオペラハウスまで、徒歩で15分くらいの至近距離にある。

ザ・フィンガー・ウォーフはかつては大型客船が発着し、数知れぬ移民らがこの埠頭へ降り立ち大陸各地に散らばって いったという歴史をもつ。今ではこの旧旅客ターミナルは改装され、主にホテルおよびアパートメントとなっている。 ウォーフサイドにはマリーナがあり、その周辺はパブリックスペースとして開放され市民の憩いの場となっている。

今日は4月上旬の日曜日、午前10時過ぎ、秋晴れの散歩日和である(南半球のため秋季に当たる)。

画像では、旧旅客ターミナルの内側からマリーナ、その背後のタウンハウス、さらにシドニーのダウンタウンの一角を臨む。 桟橋に建つこの歴史的建造物はシドニー・ハーバー・トラスト「No.6 Jetty Building Woolloomooloo Bay」であると、 案内パネルに記されている。
[2011.04.04-12 オーストラリア、シドニーにて][拡大画像: x23428.jpg]

1 2 3
1. 「ザ・フィンガー・ウォーフ」と称される大桟橋。 [拡大画像: x23589.jpg][拡大画像: x23450.jpg]
2. ウォーフサイドからマリーナを臨む。背後にはダウンタウンの一角を遠望する。 [拡大画像: x23451.jpg]
3. 4月上旬、秋晴れののんびりとした日曜日の午前のひと時。大袋に入れられた食料品らしきものを受け取って船内へ運び入れようと している。この週末でのクルージングに備えてのことか、それとも朝食なのであろうか、、、。 [拡大画像: x23452.jpg]

4 5 6
4. 大桟橋におけるかつての賑わいを見て取れる古い写真。2隻の客船が停泊している。  [拡大画像: x23453.jpg][拡大画像: x23590.jpg: 説明書き]
5. 倉庫としても利用されたようにも見える。 [拡大画像: x23454.jpg]
6. 建物内部の両サイドの側壁上部には、貨物を移動させるクレーンのレールと大歯車のようなものがある。  [拡大画像: x23455.jpg]

辞典内関連サイト
・ 世界の海洋博物館
・ オーストラリアの海洋博物館
・ オーストラリア国立海洋博物館


Back to: Top Page | 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) | ご覧のページ