海洋総合辞典 Comprehensive Ocean Dictionary, 特選フォト・ギャラリーPhoto Gallery, 壁画立体アート・コククジラ&イルカたちの戯れ, 長生浦(チャンセンポ)クジラ博物館Jangsaengpo Whale Museum, 蔚山Ulsan, 韓国Korea

一枚の特選フォト⌈海 & 船⌋


One Selected Photo "Oceans & Ships"

Back to: Top Page | 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) | ご覧のページ


壁画立体アート「コククジラ&イルカたちの戯れ」

韓国南東部の港町・釜山(Busan)の北60kmほどの地に、蔚山(Ulsan)という、かつて捕鯨で活気に満ち溢れていた町がある。 釜山から韓国版新幹線で行けば20分ほどである。その地の長生浦(チャンセンポ)地区に「長生浦コレ(クジラ)博物館・Jangsaengpo Whale Museum」がある。

博物館のメインは「クジラ博物館」(本館)であるが、その他に「クジラ生態体験館」(別館)があり、また屋外には実物の キャッチャーボートが展示される。 野外広場は展示アートゾーンと称され、鯨をモチーフにしたいくつかの芸術的造形物が展示されている。鯨、イルカなどを モチーフにしたアート彫刻、モニュメント、記念碑などである。そのうちの一つがこれである。その「生態体験館」の壁面に、 体表にフジツボなどをくっつけた一頭のコククジラと15頭ほどのイルカと が仲良く戯れる姿が立体的に描かれている。迫力のある芸術作品である。

蔚山沖では今でもコククジラ・ウォッチング(探鯨)を楽しむことができる。


韓国南東部の蔚山の長生浦地区にある「長生浦コレ(クジラ)博物館 Jangsaengpo Whale Museum」。韓国唯一のクジラをテーマとする博物館である。蔚山はかつて 捕鯨の基地であった。今でもそのすぐ沖までコククジラ(克鯨・gray whale, grey whale)が回遊する。 博物館では、1986年に捕鯨禁止されて以来消滅しつつあった捕鯨関連の遺物、史料などを収集し展示することで、鯨・捕鯨の文化を後世に伝えてきた。
・ クジラ博物館(本館)(2階が一般見学者の入り口。2階→3階→1階へと見学する)

    2階: 捕鯨歴史館・捕鯨史料館。ニタリクジラ骨格と髭、シャチの骨格も展示する。
    3階: コククジラ専門館。コククジラ頭骨、コククジラの音の体験・餌の摂取、コククジラの実物模型、クジラの搾油設備の展示、 クジラ解体・搾油工程の写真展示など。
    1階: 子供クジラ体験館。鯨の生態と進化、回遊図、クジラ腹中の路、鯨の胎児の液浸標本、いろいろな鯨の頭骨模型などの展示。
・ クジラ生態体験館(イルカ水族館を併設する): クジラ物語、鯨とともに歩む長生浦、ジオラマによる長生浦の捕鯨基地の様子 の展示など。その他、館内には、4D映像館、海底トンネル、沿岸海水族館などの施設がある。
・ 屋外展示: キャッチャーボート(実物)「第6普陽号」
・ その他、同じ敷地内に「鯨類研究所」(Cetacean Research Institute: CRI)がある。

[2011.09.25.韓国・蔚山・長生浦コレ(クジラ)博物館にて][拡大画像: x24000.jpg]


1 2
3 4
1. 「クジラ生態体験館」壁面の立体アート。 [拡大画像: x24001.jpg]
2. 同上。 [拡大画像: x24002.jpg]
3. 博物館本館の対面に立つビルの壁面アート「クジラの舞い」。 [拡大画像: x24003.jpg]
4. 広場に立つ野外ホエール・アート。親子3頭の鯨がバブル(泡)・カーテンを作りながら浮上、摂餌するのをモチーフにしているのであろうか。 その後ろの展示は実物のキャッチャーボート。その背後に本館が立つ。 [拡大画像: x24004.jpg]


* 辞典内関連サイト
・ 世界の海洋博物館−韓国
・ 長生浦コレ(クジラ)博物館の見学記 Visit to Jangsaengpo Whale Museum [作成中 Under Construction]
* ネットサイト
・ 長生浦コレ(クジラ)博物館 Jangsaengpo Whale Museum [公式ホームページ]


Back to: Top Page | 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) | ご覧のページ