一枚の特選フォト「海 & 船《


One Selected Photo "Oceans & Ships"

Back to: Top Page > 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) > ご覧のページ


南洋の海、潜水艦 Deepstar での海中散歩

南洋の楽園・サイパン島。サイパン島の繁華街の一つであるガラバン地区の数㎞沖合に浮かぶマニャガハ島。 はしけ船はサイパン島西側の礁湖(ラグーン)の中ほどにある、そのマニャガハ島の少し手前で停船した。 我らが乗艦することになっている潜水艦は何処にも見当たらない。波に揺られて待つこと4、5分。50mほど先の エメラルド・グリーンの海に黒い筒のようなものが見えた。海面が少し黄色に染まった次の瞬間、あざやかな黄色の巨艦が眼前に浮上していた。 母船とケーブルで繫がれることのない(アンテザード untethered)、自航型の本格的な観光用潜水艦 シープスター Deepstar である。

潜水艦はゆっくりと潜航開始。艦内の深度計は23メートルを指す。片舷7、8の丸窓が並ぶ。各窓には2人ずつ陣取る。 いろいろな熱帯魚、脳サンゴ、テーブルサンゴなどが舷窓の中をゆっくりと流れ行く。海の生き物だけでなく、 太平洋戦争・サイパンの戦いにおける残骸も過ぎ行く。米軍の爆撃機のプロペラ、機関銃などの他に、ばらばらになりひん曲がった日本の沈船 ("Suehiro Maru"との説明がなされる; 全長100mほど)も海底に横臥している。

今では乗艦する客のほとんどが中国人である。彼らは太平洋において日米2大軍事強大国が海洋覇権を争った戦争の証を一体どんな思いで 鑑賞しているのであろうか。21世紀初頭の現在、米国と中国との間で、太平洋の海洋覇権を巡る闘い、あるいは太平洋の軍事バランスを 二分するための闘いの序章の幕がすでに開かれた、と推察する者もいるかもしれない。
[2012.05.13-16 マリアナ諸島・サイパン島にて][拡大画像: x24504.jpg]

1 2
3 4
1. はしけ船に乗って待機していると、海中から突然潜水艦が浮上し、その姿を現わした。 [拡大画像: x24505.jpg]
2. 艦内の風景。両舷の円形観察窓から海中世界を興味津々に覗き込む艦客。 [拡大画像: x24506.jpg]
3. 太平洋戦争・サイパン戦の海底遺物: 爆撃機のプロペラ、機関銃など。 [拡大画像: x24507.jpg]
4. 日本船Suehiro Maruの船体部材。ひん曲がりばらばらになって海底に横たわる。 [拡大画像: x24508.jpg]


Back to: Top Page > 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) > ご覧のページ