一枚の特選フォト「海 & 船」


One Selected Photo "Oceans & Ships"

Back to: Top Page > 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) > ご覧のページ


「大正時代の伏木港、帆船と蒸気船」

写真右下に「帆船と蒸気船と工場が見える伏木港―大正13年―」と記されている。大正13年=1924年。 北前船、蒸気船、洋帆船などが混在しているように見える。

富山湾に臨む伏木は小矢部川の河口に位置し、遠く古代から知られた 日本海沿岸屈指の良港であった。江戸時代も18世紀に入ると、能登屋(藤井家)、鶴屋(堀田家)、西海屋(堀家)などの、自前の渡海船を 所有し交易業を営む有力な船問屋が台頭してきた。明治に入って、帆掛け船の和船から汽船の時代を迎えると、能登屋(4代目藤井能三)は灯台、 測候所を設置するなど、伏木港の近代化のための礎を築いた。
[2012.07.11 伏木北前船資料館にて][拡大画像: x24700.jpg]


1 2
3

1. 「伏木港碇泊帆船露海出漁ノ光景」と記されている。左手前には弁財船らしき帆掛け船が見える。遠方には多くの洋帆船が見えるが、それらは ロシア海域方面に向けて出漁するところと解される。年代不詳。 [拡大画像: x24727.jpg]
2. 「射水川より眺たる伏木港」と題する写真。数多くの洋帆船が停泊する。いずれの船にも3本ほどのマストが高々とそびえる。 右端には蒸気船が見える。年代不詳。 [拡大画像: x24728.jpg]
3. 北前船5、6隻のほか、機関船や洋帆船が混在して停泊するところを写す貴重な写真。年代不詳。 [拡大画像: x24729.jpg]


Back to: Top Page > 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) > ご覧のページ