一枚の特選フォト「海 & 船」


One Selected Photo "Oceans & Ships"

Back to: Top Page > 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) > ご覧のページ



英国人ブルネル設計の「グレート・ブリテン号」(1)/6本マスト蒸気船全景




国人技師アイザンバード・キングダム・ブルネル(1806〜59年)は、1833年、ロンドンとブリストル、さらにはコーンウォルを結ぶ グレート・ウェスタン鉄道敷設の主任技師に任命された。 ブリストル鉄道線の完成間近に、造船の世界にのめり込み、1838年蒸気船「グレート・ウェスタン号」を竣工させた。さらに 「グレート・ブリテン号」の設計を行い、1850年代には「グレート・イースタン号」の設計・建造に精魂を傾けた。

画像は、英国南西部ブリストルの船舶博物館として展示される「グレート・ブリテン号」 (ss Great Britain)である。既述の通り、ブリテン号は、英国人土木・船舶設計技師の I. K. ブルネル(Brunel)によって 設計・建造されたもので、史上初の全鉄製船体をもち、かつ史上初のスクリュー・プロペラを装備した、当時としては近代的かつ 最大規模の外洋航行船であった。 ブリテン号では、何種類かのプロペラが設計・提案されたが、最終的に装備されたのは6枚の角型翼のデザインである。 進水したのはまさに現在泊渠しているドックからであり、1843年7月19日のことである。

I. K. ブルネルと「グレート・ブリテン号」にまつわる略史は以下の通りである。

    1807年8月17日、ロバート・フルトン設計の外輪式蒸気船「クラ―モント号」がニューヨークのハドソン川を航行する。また、 ハドソン川中流のオールバニー(Albany)と、その河口のニューヨークとの間を旅客船として往復した(その距離241kmを32時間で走行した)。

    1819年、補助蒸気機関と外車を装備した全装帆船「サヴァンナ号」が、蒸気船として初めて大西洋横断に成功する (横断時、 蒸気エンジンが稼働したのはわずか85時間程度で、残りは帆走によるものであった)。

    1838年、I. K. ブルネルが設計した「グレート・ウェスタン号」が蒸気動力のみで大西洋を横断する。ウェスタン号とほぼ同じ頃、 蒸気船「シリウス号」(700トン)も蒸気動力のみで大西洋を横断し、ウェスタン号と横断日数を競い合った。 ニューヨークへの航海日数は、ウェスタン号が14日間、シリウス号は19日間であった。

    1839年、ブルネルが設計した世界初の全鉄製の船「グレート・ブリテン号」の建造が始まる。

    1840年、プロペラで推進する実験船「アルキメデス号」が英国ブリストルを訪問する。感銘を受けたブリテン号の建造関係者は、 当初計画の外車(または外輪・paddle wheels)を中止し、直径4.7mの6枚羽根のスクリュー・プロペラを採用することにした。
    * 同年、英国の郵便サービスが導入される。

    1841年、「グレート・ブリテン号」の船体建造作業が続行される。
    * ロンドン〜ブリストル間のグレート・ウェスタン鉄道が全面開通する。

    1843年7月19日、ブルネル設計の世界初の全鉄製の「グレート・ブリテン号」が進水する。

    1844年、ブリテン号のエンジンが完成し、同号はドック閘門を通ってエイヴォン川(Avon River)に移動する。
    * モールス(Morse)が初めて電気通信を行う。

    1845年、ブリテン号はニューヨクへ処女航海する。同航海において、リバプールとニューヨーク間を14日と21時間で航海した。
    なお、1852年頃まで、ブリテン号は世界最速の大西洋横断定期船であった。

    1845年、英国海軍省は、スクリューで推進するスループ型軍艦「ラトラー号」(888トン)と、外車式蒸気船「アレクト号」(800トン) とで綱引きをさせた。結果、スクリュー船ラトラー号の圧勝となる。なお、双方は200馬力の蒸気機関を装備していた。
    * クリミア戦争において、英国の旧式軍艦のむき出しの外車はロシア軍の大砲によりことごとく破壊された。この戦訓から、戦後 英国をはじめとする世界中の国々の最新式軍艦はこぞってスクリュー推進方式を採用した。

    1846年、ブリテン号がアイルランド沿岸で座礁する。
    * 同年、米国メキシコ戦争。又、米国がカリフォルニアへ攻め入る。

    1847年、ブリテン号は、8月27日に離礁し、リバプールへ曳航される。

    1849年、ブリテン号は「Gibbs, Bright & Co.」へ売却される。

    1851年、「Gibbs, Bright & Co.」はブリテン号をオーストラリアへの旅客輸送に就航させるために再艤装を施す。
    * オーストラリアで金が発見される。オティス(OTIS)がエレベーターを発明する。

    1852年、ブリテン号がオーストラリアへ最初の航海をする。なお、1852年から1882年頃までオーストラリアへの移民クリッパー として活躍する。

    1853年、ブリテン号、英国〜シドニーの航海、さらに英国〜メルボルンへの航海をおこなう。
    1854年、クリミア戦争勃発。
    1855年、ブリテン号、クリミア戦争において44,000名の兵士を輸送する。
    1856年、ブリテン号、英国〜シドニーの航海、さらに英国〜メルボルンへの航海を行う。
    1857年、ブリテン号、アイルランドからインドへ兵士を輸送する。

    1858年、I. K. ブルネルが全鉄製の「グレート・イースタン号」を建造する。全長約210m、 幅25.9m、深さ18m、4,000人の乗客と12,000トンの石炭を積載できる史上最大の巨船で、その後40年間これ以上の巨船は出現しなかった。
    * 1858年、最初の大西洋横断海底ケーブルの敷設が始まる。1868年に完成する。

    1859年、I. K. ブルネルが死去する。
    * ダーウィンが「種の起源(The Origin of Species)」を出版する。
    * 1850年〜80年まで鉄船の全盛期となる。しかし、1881年には、建造中の蒸気船の約80%が鋼船になっていた。

    1854年、英国グラスゴーにて、ジョン・エルダーが初めて二段膨張機関を「ブランドン号」に取り付ける。

    * 1861年、米国南北戦争が始まる。
    * 1866年、スエズ運河開通する。

    1872年、ブリテン号のグレイ船長、洋上において行方不明となる。

    1876年、ブリテン号が客船としてオーストラリアへの最後の航海を行う。

    1882年以降、ブリテン号は3本マストの帆船に改造され、石炭などの輸送に従事する。

    1894年、チャールズ・パーソンズ卿が、はじめて船用蒸気タービンをつくって「タービニア号」に取り付けた。

[2013.05.31 英国ブリストルのGreat Western Dockyardに泊渠する「グレート・ブリテン号」にて] [拡大画像: x25237.jpg]

1 2
1〜3. 喫水線の水平面はガラス張りになっていて、あたかもドック内の水に浮かんでいるように見える。 喫水線下はドライ・ドックになっていて、水のない世界。ドック下に降りて行くと船底やスクリューを観察したり、又船体を周回できる。  1.[拡大画像: x25368.jpg] 2.[拡大画像: x25369.jpg]

3 4
3.[拡大画像: x25370.jpg] 4.[拡大画像: x25371.jpg]


Back to: Top Page > 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) > ご覧のページ