海洋総合辞典 Comprehensive Ocean Dictionary, 特選フォト・ギャラリーPhoto Gallery, 深海調査潜水艇「しんかい6500」の耐圧殻模型の圧壊試験, 海洋研究開発機構JAMSTEC, 国立科学博物館National Museum of Nature and Science, 東京Tokyo

一枚の特選フォト⌈海 & 船⌋


One Selected Photo "Oceans & Ships"

Back to: Top Page | 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) | ご覧のページ


深海調査潜水艇「しんかい6500」/チタン合金製の耐圧殻の圧壊試験

破壊された耐圧殻の表面には赤字で次のように記されている。
    「しんかい6500」潜水調査船 耐圧殻模型の圧壊試験
    ・ 縮尺: 1/2.86
    ・ 材質: チタン合金
    ・ 圧壊試験: 深海 13,200 相当で破壊
さらに、パネル説明によれば、「耐圧殻(たいあつこく)」(チタン合金): 有人潜水調査船「しんかい6500」の耐圧殻の強度試験のためにつくられた内径70p(実物は2m)のチタン合金製の 球。圧壊試験で、13200m相当の圧力をかけたときに壊れたもの」という。

「水圧は海水の重さ」と題する展示パネル(右画像)では、その耐圧殻に加えられる圧力について分かりやすく説明している。

海中に物体を沈めて行くと、海水の重さがかかってくるが、それが水圧である。海水には3%ほどの塩分などが含まれるため 1p3(=1t)当たりの重さは、1.03gである。「しんかい6500」の潜航水深が6,500mにいたるとすると、1p2 (親指の爪くらいの広さ)に670s(軽自動車くらいの重量)の水圧がかかることになる。
* 水深6,500m×100p×1.03g=約670,000g=670s
手のひらくらいの面積では、16トン(大型バスくらいの重量)の水圧がかかる。 「しんかい6500」のパイロットや研究者が乗り込む内径2m、厚さ73.5mmのチタン製の球体(耐圧殻)の表面全体には、 9万トン以上もの巨大な水圧がかかることになる。

なお、画像の球体底部には出入り口がある(耐圧殻のハッチや観測窓を想定しているのであろう)。 画像右にある黄色のラベルには「半球溶接部」と記されている。2つの半球体が溶接されて一つの球体に仕上げられている。
[2013.10.04 画像撮影: 国立科学博物館の特別展「深海」にて][拡大画像: x25543.jpg] [拡大画像: x25545.jpg: 「水圧は海水の重さ」][拡大画像: x25544.jpg: 説明書き]


1 2 3
1. 特別展「深海」に展示された実物大の「しんかい6500」の模型。 [拡大画像: x25546.jpg]
2. パイロット、研究者が乗り込む内径2m、厚さ73.5mmの球体(耐圧殻)内部の操縦室。 [拡大画像: x25547.jpg]
3. 「しんかい 6500」の観察窓。 [拡大画像: x25548.jpg]

4 5
4. 「しんかい6500」ではなく、「しんかい2000」のハッチの展示。 [拡大画像: x25549.jpg]
5. 「しんかい2000」の球体(耐圧殻)内部の操縦室(コックピット)を上から見たもので、非常に狭いことが見て取れる。 [拡大画像: x25550.jpg]


Back to: Top Page | 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) | ご覧のページ