一枚の特選フォト「海 & 船」


One Selected Photo "Oceans & Ships"

Back to: Top Page > 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) > ご覧のページ




芦ノ湖・遊覧船「ビクトリー号」 [箱根]

画像(上)は箱根の芦ノ湖を行く遊覧船「ビクトリー号」。画像(左)は、桃源台港へ入港する直前の「ビクトリー号」(左)と 陸揚げされている遊覧船「バーサ号」(右)である。いずれも湖尻港の湖畔から切り撮った風景である。

箱根日帰り団体バスツアーに参加した。団体ツアーであるからその日の天候を選びようもない中で、幸いにも天候に恵まれた。 昨年に世界文化遺産に登録された富士山の雪化粧姿はやはり美しいものであった。 快晴の空の下、富士山・湖・遊覧船・ボートなどを背景にした美しい湖畔風景を切り撮ることもできた。 又、双胴船の「あしのこ号」にて、湖尻港から箱根園港経由で元箱根までの30分ほど湖上遊覧しながら、船上からの白衣の峰を楽しむこともできた。 だが、今回もまた、「箱根園水族館」を訪れる時間をとることができなかった。 海水・淡水の両魚類が飼育されているという。又の機会をとらえて出直したい。その時は水族館を最初の目的地にして直行することにしたい。

雪化粧の富士山、雄大にして華麗である。 富士山頂下の南東側には宝永山があって、富士の円錐形は少し変化をともなっている。だが、富士山をどこから眺めても概ね左右対称の 美しい姿をしている。同じ富士山でも眺める位置によってその周りの自然が変化し、富士も違って見えるようだ。 四季折々によって、またその日の天候によって、富士山の姿は異なり、又刻々と変化して行くので、見る人々に感動を与え続ける。 更に、眺めている人々自身の心も千差万別であるから、心に写る富士山に同じものはなかろう。澄み切った快晴の下、船上から眺めた富士の峰、その 真っ白に雪化粧した天下一の絶景、忘れがたきものとなった。
[2014.01.12 箱根・芦ノ湖にて][拡大画像: x25786.jpg][拡大画像: x25787.jpg]




12
1&2. (右画像)桃源台・湖尻港を出航して間もない遊覧船「あしのこ号」から仙石原・桃源台方面を遠望する。 (左画像)元箱根港へ到着する間際の遊覧船から富士を遠望する。 [拡大画像: x25789.jpg][拡大画像: x25788.jpg]

Back to: Top Page > 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) > ご覧のページ