一枚の特選フォト「海 & 船」


One Selected Photo "Oceans & Ships"

Back to: Top Page > 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) > ご覧のページ


ニカラグア湖に注ぐマラカトーヤ川&平底舟

前ページの「ニカラグア湖とマナグア湖をつなぐティピタパ川&渡し船」からの続きである。そちらも あわせてご覧下さい。

ティピタパ川の渡し船で川を横切り、道なりに進むとマラカトーヤという川に出会う。ニカラグアは熱帯性気候の国で、5月〜10月の雨期には 激しいにわか雨が降る日が多いが、緑豊かな自然の風景が広がる。11月〜4月の乾期には少雨となり乾燥した気候のため草木が枯れ、 日本の秋のような風景が見られる。

これは3月上旬での風景である。乾期に当たるので、いくら深くとも人間の膝くらいまでの水嵩であり、車でも難なく渡河できる。しかし、雨期とも なれば相対的に水嵩は増し、人はボートで渡ることが多くなる。車両の通行は時に不可能となる。乾期であっても、 上流域での突然の豪雨ともなれば水嵩がいっきょに増す。半日あるいは終日、水嵩の治まるのを待つか、2〜3時間かけて大きく迂回する他なくなる。

無造作にボートが川床に置かれている。「今なぜこんな所にボートが」と疑問に思ってしまうところであるが、上流域にてにわかに大雨が降って下流のこの地で 水嵩が急増しないとも限らない。そんな時、渡河には必需品となる。村に暮らす人々の生活の知恵がもたらす素朴な風景である。
[2009.03.08 中米ニカラグアにて][拡大画像: x21231.jpg]


1 2
1 ニカラグア湖畔にそびえる標高1,222mのモンバチョ山(Volca'n Mombacho)。 グラナダはその山麓近くの湖畔沿いにある。 海の如く波が繰り返し押し寄せている。湖畔では子供たちが海水浴を楽しんでいた。大昔からの火山灰の影響であろう、浜辺の砂は黒っぽい。  [拡大画像: x23888.jpg]
2 ニカラグア湖とマナグア湖をつなぐティピタパ川。両岸に張り渡した2本のワイヤをポンツーンにつなぎ、 エンジンの動力でワイヤを引き寄せて移動させる。 [拡大画像: x23889.jpg]
3 4
3 渡しの乗降場から2、3km行くと、マラカトーヤ(Malacatoya)の村に着く。そばをマラカトーヤ川が流れる。マラカトーヤの村は画面左側の 土手上に広がる。 画像はマラカトーヤ川の上流側を見る。手前の砂地が道路で、そこには車の通過で踏み固められた轍が残る。  [拡大画像: x23890.jpg]
4 村からさらに数キロほど進むと、北側には、チョンタレーニャ山脈(Cordillera Chontalen〜a)の麓にかけて、整備された灌漑用水路と広大な 稲作地帯が広がっている。素朴な田舎風景ではあるが、そこにニカラグアの「自然の美」がある。 [拡大画像: x23891.jpg]

関連サイト: 世界の海洋博物館−中米・ニカラグア
関連サイト: ニカラグアの海と船のある風景[ 2 ][2007-2009]


Back to: Top Page > 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) > ご覧のページ