一枚の特選フォト⌈海 & 船⌋


One Selected Photo "Oceans & Ships"

Back to: Top Page > 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) > ご覧のページ



英国人ブルネル設計の⌈グレート・ブリテン号⌋(2)/6枚角翼スクリュー・プロペラ

英国南西部ブリストル(Bristol)のグレート・ウェスタン・ドックヤード(Great Western Dockyard)に 船舶博物館として泊渠する ⌈グレート・ブリテン号⌋(ss Great Britain)は、 英国人土木・船舶設計技師のアイザンバード・キングダム・ブルネル(I. K. Brunel)によって設計・建造 された、史上初の全鉄製で、かつスクリュー・プロペラを装備した、近代的にして最大規模の外洋航行船であった。 進水したのはまさに現在泊渠しているドックからで、1843年7月19日のことである。

ところで、1840年にプロペラで推進する実験船⌈アルキメデス号⌋がブリストルを訪問した。その時に感銘を受けた ブリテン号建造関係者は当初計画の外車(または外輪・paddle wheels)を中止した。そして、何種類かのプロペラが設計されたが、 最終的に装備されたのは、画像に見る直径4.7mの6枚の角型翼(羽根)のデザインをもつスクリュー・プロペラであった。 かくして、ブリテン号は、鉄製の船体にスクリュー・プロペラが取り付けられた史上初の外洋航行船となった。 又、当時としては最大の大きさをもつ船であった。

I. K. ブルネルと⌈グレート・ブリテン号⌋にまつわる略史

[2013.05.31 英国ブリストルのGreat Western Dockyardに泊渠するグレート・ブリテン号にて][拡大画像: x25238.jpg]

1
23
1. 船舶博物館グレート・ブリテン号を宣伝するパネル。 [拡大画像: x25372.jpg]
2. 建造時のドックに再び泊渠して⌈退役後⌋の時を過ごすグレート・ブリテン号。 [拡大画像: x25373.jpg]
3. 喫水線の水平面はガラス張りになっていて、その下はまさにドライ・ドックとなっている。船底のキール・外板などを観察しながら 周回できる。  [拡大画像: x25374.jpg]

4 5
4. 船首のバウスプリット(船首斜檣)。 [拡大画像: x25375.jpg]
5. 全通最上甲板の風景。6本のマストが立ち並ぶ姿は壮観である。 [拡大画像: x25376.jpg]


Back to: Top Page > 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) > ご覧のページ