一枚の特選フォト⌈海 & 船⌋

One Selected Photo "Oceans & Ships"

Back to: Top Page > 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) > ご覧のページ



英国人ブルネル設計の⌈グレート・ブリテン号⌋(3)/船首を見上げる




英国南西部ブリストル(Bristol)のグレート・ウェスタン・ドックヤード(Great Western Dockyard)に 船舶博物館として泊渠する ⌈グレート・ブリテン号⌋(ss Great Britain)は、 英国人土木・船舶設計技師のアイザンバード・キングダム・ブルネル(I. K. Brunel)によって設計・建造 された、史上初の全鉄製で、かつスクリュー・プロペラを装備した、近代的にして最大規模の外洋航行船であった。 進水したのはまさに現在泊渠しているドックからで、1843年7月19日のことである。




1843年7月19日、ブルネル設計の世界初の全鉄製のグレート・ブリテン号が進水する。
1844年、ブリテン号のエンジンが完成し、同号はドック閘門を通ってエイヴォン川(Avon River)に移動する。
1845年、ブリテン号はニューヨクへ処女航海する。同航海において、リバプールとニューヨーク間を14日と21時間で航海した。 なお、1852年頃まで、ブリテン号は世界最速の大西洋横断定期船であった。
1846年、ブリテン号がアイルランド沿岸で座礁する。
1847年、ブリテン号が8月27日に離礁し、リバプールへ曳航される。
1849年、ブリテン号が Gibbs, Bright & Co. へ売却される。
1851年、Gibbs, Bright & Co. はブリテン号をオーストラリアへの旅客輸送に就航させるために再艤装を施す。
1852年、ブリテン号がオーストラリアへ初航海する。なお、1852年から1882年頃までオーストラリアへの移民クリッパー として活躍する。
1876年、グレート・ブリテン号、客船としてオーストラリアへ最後の航海を行う。
1882年以降、グレート・ブリテン号は3本マストの帆船に改造され石炭などの輸送に従事する。

I. K. ブルネルと⌈グレート・ブリテン号⌋にまつわるその他の略史

[2013.05.31 英国ブリストルの Great Western Dockyard に泊渠するグレート・ブリテン号にて] [拡大画像: x25239.jpg]

1 2
1. 1849年にGibbs, Bright & Co.に売却されたブリテン号は、オーストラリアへの旅客輸送就航のために再艤装が施された。 1852年にはオーストラリアへの最初の航海を行なう。1852年から1882年頃までオーストラリアへの移民クリッパー として活躍する。船内には、かつて多くの旅客を輸送したことを示す展示もある。 [拡大画像: x25385.jpg]
2. [拡大画像: x25384.jpg]

3 4
3. [拡大画像: x25383.jpg]
4. 喫水線の水平面に張られたガラス越しに、水のないドライ・ドック下にある6枚角型翼スクリュー・プロペラとラダーを見下ろす。  [拡大画像: x25382.jpg]


Back to: Top Page > 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) > ご覧のページ