海洋総合辞典 Comprehensive Ocean Dictionary, 特選フォト・ギャラリーPhoto Gallery, ニカラグア湖、サン・ファン川&サン・カルロス Nicaragua Lake, San Juan River, San Carlos, ニカラグアNicaragua

一枚の特選フォト⌈海 & 船⌋


One Selected Photo "Oceans & Ships"

Back to: Top Page | 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) | ご覧のページ


「ニカラグア運河の夢」、サン・ファン川ルートで出会った風景
〜 ニカラグア湖 & サン・ファン川のほとりの町サン・カルロス 〜

中米ニカラグアの首都マナグアから早朝発の民間定期便でサン・カルロス(San Carlos)へ向かう(2009年2月20日)。 単発のプロペラ機で、搭乗できる乗客数はせいぜい15、6人である。後部座席は取り払われ荷物積み込みスペースとなっている。

飛び立つとすぐ眼下にマナグア湖が見える。そして、まもなくニカラグア湖畔の古都グラナダ(Granada)上空にさしかかる。その後はずっと小一時間ニカラグア 湖の上空を飛行する。右側には、淡水湖に浮かぶ島としては世界最大といわれるオモテペ島(Isla de Omotepe)が見える。その島にそびえる 円錐形をした2つの火山を半時間ほど見ながら飛行する。

ニカラグアの気候は大きくは乾期と雨期の2期に分かれる。乾期は11月〜翌年4月頃、雨期は5月〜10月頃である。今は乾期の真っ最中であるが、 今日は雨模様である。滑走路は細かい砂利を敷き詰め固めたものである。サン・カルロスの上空を旋回しながら 無事着陸。

まさにこの地はサン・ファン川の流出始点である。190kmほど下ればカリブ海にいたる。米国議会においてかつてこの川を利用したニカラグア運河建設案が 真剣に検討され、又そのための調査も行われた。しかし、1902年の米国議会において、ニカラグアではなくパナマの地に運河を建設することになる 決定的な議決が行われた。それは事実上「ニカラグア運河の夢」を打ち砕くものであった。

パナマ地峡に両洋間横断鉄道も、また船舶運河もなかった時代、米国カリフォルニアでのゴールドラッシュ時代(1800年代中頃)をも含めて、 多くの欧米人が、また多くの奴隷がこのサン・ファン川を遡り、また下って新大陸を西へ東へと通過して行った。 その中には「トムソーヤーの冒険」を著した有名な小説家マーク・トゥエインもいた。

歴史をずっと遡れば、世界的に有名なイギリスの海賊ヘンリー・モーガンがこの川をボートで遡り、ニカラグア湖を漕いでさらに北上し、 当時繁栄を極めていたグラナダを襲撃し財宝を手にした。 マーク・トゥエインも、海賊ヘンリー・モーガンも、画像に見るサンファン川とニカラグア湖の交差点を通過したのはまぎれもない史実である。 後にイギリス海軍提督にまで登りつめたホレーショ・ネルソンも、そのお若かり頃サン・ファン川をエル・カスティージョまで遡り、 サン・ファン要塞を占拠した。彼もまたサン・ファン川にその足跡を残して行った。 [大航海時代以降のニカラグア運河略史]

[次ページへ続く][2009.02.20-22 中米ニカラグア、サン・カルロス上空にて][拡大画像: x21232.jpg]

*
中央に見えるのがニカラグア湖。中南米では、ボリビアのチチカカ湖に次いで2番目に大きな湖である。琵琶湖の13倍の面積をもつ。 湖中のヒョウタンのような島はオモテペ島(Isla de Ometepe)。淡水湖に浮かぶ島としては世界最大といわれる。 湖の東南端からサン・ファン川がカリブ海へと流れ下る。また、湖の東南端にある米粒のような島嶼群はソレンティナメ群島(Archipie'lago de Solentiname)である。 [拡大画像: x23963.jpg]

*
ニカラグア湖東南端に位置するサン・カルロス (画像中央の錨マーク地点)。川を下るとボカ・デ・サバロス(Boca de Sa'balos、白い○マーク)へ、 さらにエル・カスティージョ (またはエル・カスティーリョという。El Castillo、●マーク) へとつながる。エル・カスティージョには、 スペイン人が築いた、敵国軍や海賊などを迎え撃つための堅牢な要塞がある。 ピンク色の地域は隣国コスタリカである。エル・カスティージョを少し下った辺りからニカラグア・コスタリカ間の国境はサン・ファン川の 南岸沿いとなる (河川中央ではない。ただし、河口付近は複雑なデルタ地帯となっており、両国国境は南岸沿いでも河川中央でもない)。  [拡大画像: x23964.jpg]

1 2
1. 15、6人乗りの定期便にて、首都マナグアから、ニカラグア湖南東端に位置するサン・カルロス(San Carlos)へ向かう途上、 古都グラナダ(ニカラグア湖の北西端に位置する)上空を飛行する。 サン・カルロスは、カリブ海に注ぐサン・ファン川の流出始点に形成された町である。画像の小半島は「ラス・イスレータス(Las Isletas)」 (isletaとは小島の意である)と呼ばれ、その名の通り 無数の小島によって縁取られている。 [拡大画像: x23961.jpg]
2. グラナダ市街はニカラグア湖畔にあって画像中央から右下方に広がる。 [拡大画像: x23962.jpg]

3 4
3. ニカラグア湖とサン・ファン川。集落が見える辺りがサン・カルロスの中心街である。天気が良ければソレンティナメ群島を湖上水平線あたりに 見ることができる。 [拡大画像: x21233.jpg]
4. 単発プロペラの民間定期便。1時間後にはマナグアへ折り返した。 [拡大画像: x21234.jpg]


辞典内関連サイト
・ 世界の海洋博物館/中米・ニカラグア
・ ニカラグアの海と船のある風景[ 2 ][2007-2009]
・ 中米ニカラグア運河
・ ニカラグア運河の旅: サン・ファン川、サン・カルロス〜エル・カスティージョ [200902.20-22]
・ ニカラグア運河の旅: エル・カスティージョの博物館
 


Back to: Top Page | 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) | ご覧のページ