海洋総合辞典 Comprehensive Ocean Dictionary, 特選フォト・ギャラリーPhoto Gallery, マゼラン船隊越冬地サン・フリアン湾 Magellan fleet's wintering place la Bahia de San Julian, パタゴニアPatagonia, アルゼンチンArgentine

一枚の特選フォト⌈海 & 船⌋


One Selected Photo "Oceans & Ships"

Back to: Top Page | 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) | ご覧のページ


マゼラン船隊越冬地 サン・フリアン湾の海辺寸景 [アルゼンチン・パタゴニア]



大航海時代、バスコ・ダ・ガマがポルトガルからアフリカ大陸西岸沿いに南下し、大西洋からインド洋への周回海道を求めつつ、アジア・ インドへの東回りの探検航海をしたように、マゼラン船隊は南米大陸東岸沿いに南下し、大西洋から⌈南の海⌋(現在の太平洋のこと) への周回海道を求めつつ、アジア・香料諸島への西回りの探検航海に出た。

直線距離にして後わずか350kmほど、航海日数にすれば1週間も南下すれば、⌈南の海⌋への抜け道(現在のマゼラン海峡) の東側の入り口を発見できたことであろう (その入り口には、カーボ・ビルへネスというマゼランがネーミングした岬がある;  邦訳では⌈一万一千の聖母の岬⌋、西語で Cabo Vírgenes と称される)。しかし、マゼランはパタゴニアの辺境地にて 越冬することを決断せざるをえなかった (越冬したのは1520年3月31日から8月23日までである; 南米大陸における真冬は6~8月頃であるが、 南緯度が増せば増すほど氷の大陸・南極に近くなり、厳寒の冬季は長くなる)。

船隊の乗組員の休養、船体の補修、極寒や海難の回避などのために越冬すべくマゼランがサン・フリアン湾内の岸辺に下船したのは 1520年3月31日ことである。 画像はマゼランらが越冬したとされるアルゼンチン・パタゴニア地域にある、奥行きの深いその湾 (la Bahía de San Julián) の 海辺の寸景である。

海辺には、マゼラン船隊5隻のうち世界周航を果たした船型ナオのビクトリア号のレプリカ/復元船(Réplica Nao Victoria de Magallanes)が船舶博物館として展示されている。その傍らに、一隻の朽ち果てた木造遺棄船が何かを語りかけるかのように 砂上に鎮座する。
[2014.03.16-17 パタゴニア地域プエルト・サン・フリアンにて][拡大画像: x26357.jpg]




辞典内関連サイト



[参考]
* ナオ船ビクトリア号テーマ博物館には銘板が設置されている。
一つは、越冬していた5隻の船隊のうち先行して航海を再開したサンティアゴ号が サンタ・クルス川(río Santa Cruz)の河口付近で難破してしまったが、その後遭難した二人の乗組員たちがサンタ・クルス川 およびサン・フリアン湾の海岸線を歩いて生還し再会するにいたったことを称えて設置されたものである  (los dos marineros naufragos de la nave "Santiago" que unieron caminando las costas del río Santa Cruz y las de la Bahía de San Julián)。

* もう一つの銘板は、1520年3月31日フェルナン・ディ・マガリャネス(マゼランのこと)によるサン・フリアン湾での上陸年を 記念してのものである(el navegante Lusitano Fernão de Magalhães en el aniversario del desembarco de su expedición, en la Bahia San Julian, el 31 de marzo de 1520)。

* 1520年10月21日、マゼランらは現在のマゼラン海峡の東口(一万一千の聖母の岬がある) から海岸線は西方へ大きくくびれて いるところに達した。 水路を進む過程でサン・アントニオ号が一方的に船隊から離脱し、本国に向けて逆航するという行動を取った。 同号は1521年5月6日にセビーリャに帰着した。

* ナオ船ビクトリア号テーマ博物館: Museo Temático Nao Victoria, Puerto San Julián, Santa Cruz, Patagonia, República Argentica。
* ビルヘネス岬には灯台(Faro de Cabo Vírgenes)が立つ。パタゴニア地域の最南端に位置する町リオ・ガジェーゴス(Río Gallegos) から岬へは南東へ陸路130kmほどの距離にある。
* サンタ・クルス州観光局(リオ・ガジェーゴス)Dirección de Turismo, Rio Gallegos, Santa Cruz.
* Puerto San Juliánのホームページ


[スペイン語] nao: ナオ、ナオ船 [参考] 大航海時代に用いられた、スペインの典型的な中型帆船で、 カラベーラ船 (carabela) よりも大型の外洋帆船。3本マストをもち、 時にメイン・マストに小さなメイン・トップスル(中檣帆) を掛けることがある。 コロンブスの旗艦であったサンタ・マリア号ほ平均的なナオであった.
* コグ、コカ、カラッカ、カラベラ、ナオ、ガレオンの船型説明

1 2
1 & 2. 遺棄船から眺めたサン・フリアン湾とビクトリア号テーマ博物館。湾は南北に細長い。狭い湾口が湾の北部にある。 湾は外海から遮蔽されているためその内海は穏やかである。湾口は画像1の右端辺りにある。画像1では湾の北方面を、画像2 では南方面を眺める。 [拡大画像: x26358.jpg][拡大画像: x26359.jpg]

34
3 & 4. 画像3では湾の北方面を、画像4では南方面を見通す。  [拡大画像: x26360.jpg][拡大画像: x26361.jpg]

3 4
5. ナオ船ビクトリア号テーマ博物館。館内見学も可能である。 [拡大画像: x26362.jpg]
6. プエルト・サン・フリアンはパタゴニアの大西洋沿岸のごく小さな牧畜漁業の町で、サン・フリアン湾内にある。サン・フリアン のすぐ地先に停泊する貨物船が見える。年代は上詳である。1900年代の初・中期頃であろうか、蒸気機関で駆動する牽引車が牧草の 大俵らしきものを積載したトレーラーを曳いている。牽引車にアタッチメントを装着すれば耕うん用のトラクターにもなるのであろう。  [拡大画像: x26363.jpg]


画像右最上の●印がプエルト・サン・フリアンである。その少し下方にはプエルト・サンタ・クルスが見える。 更に下方にある■印がリオ・ガジェーゴスである。そのすぐ下方にマゼラン海峡が弓形状に伸びる。海峡の入り口(北側)にビルヘン岬 (Cabo Vírgenes)がある。 [拡大画像: x26043.jpg]


Back to: Top Page | 特選フォト⌈海&船⌋目次 (Ocean and Ship Photos) | ご覧のページ