Page Top


    第1章 青少年時代、船乗りに憧れるも夢破れる
    第4節 神戸商船大学の受験ならず、船乗りへの夢消える


              Top page | 総目次(全章全節) | ご覧のページ


      第1章・目次
        第1節: 船乗りへの夢を駆り立てた神戸商船大学長との出会い
        第2節: 家族との船旅は船乗りへの夢を育む原点であった
        第3節: 父の突然の他界で生活は激変、商船高専諦め普通高校へ進学する
        第4節: 神戸商船大学の受験ならず、船乗りへの夢消える


      プロローグ・序章 第2章 | 第3章~最終章




  府立春日丘高校に通い出した1964年といえば、東京オリンピックが開催された年である。日本は高度経済成長期の真っただ中にあった。 我々のような百姓農家だけでなく、母子家庭さえにも、そんな高度成長の果実を実感できるほどの勢いがあった。 中学時代は農作業の手伝いが最優先で、部活などは思いもよらなかった。だが、世の中は「龍が天にも昇る」がごときの勢いでもって、 成長の高みへとひたすら突き進む時代にあった。高校入学の頃は、我が家の家計にも多少の余裕が感じられた。私も、そんな世の流れと雰囲気に 背中を押されたかのように、高校入学後間もなくして部活に参加するようになった。

  自らの意思で柔道部の門をくぐった。航海士になるには身長などの身体条件を満たす必要があった。幼少の時からチビでコンプレックスもあった。 思うように身長が伸びなかったのが幼年期から抱えていた悩みであった。高校生の伸び盛りの時に何とかできないものかと思っていた。 また、商船大学をめざすならば、心身ともに鍛錬しておかなければと、中学時代にはできなかった体育会系の部活を始めた。 部活で心身を鍛錬することも、全ては商船大学の受験に合格し夢を実現するためであった。

  鍛錬によって身長も多少促成的に伸びるものと期待した。ところが、事もあろうに何か月か後に、バーベルでの練習中に左肩の関節を脱臼して しまった。脱臼は繰り返すのではないかという恐怖心を抱きつつ部活を続けた。だがそれより何よりも、日頃の柔道練習は正直いってきつかった。 部活を続ければ少しずつでも慣れて楽になるだろうと耐えた。だが、期待は裏切られ、だんだんと耐え切れなくなって行った。そして、 ついに自分自身に負けてしまった。自分でも不甲斐なく情けなかったが、誰にも相談することなく退部を決意した。自ら下した決断をしたこととは いえ、人生で初めての悔しい挫折感を味わった。

  時をかなり経た頃に、気を取り直してサッカー部の門をたたき入部した。再起を期して自己鍛錬への挑戦を始めた。サッカーの練習もやはり きつかった。先輩にしごかれもしたが、同輩らと慰め励まし合いもした。個人戦の柔道と違って、サッカーはチームプレーであった。チームが 強くなり勝つために、部員全員が一丸となって同じ一つのボールを追いかけながら、鍛錬するというのが良かった。鍛錬が苦しくとも、前回の苦い 教訓を思い出し、自身を励まし、必死に耐え続けた。半年くらい耐えに耐えた。だが、またも自身に負けて、ついに退部届を出してしまった。 1年に2回の退部は人生の酷いトラウマとなってしまった。

  余談だが、脱臼は恐れていた通り全く酷い癖となってしまった。スポーツが好きで、大人になってもスキー、野球、テニス、水泳などいろいろ楽しんだ。だが、 運動には常に脱臼がつきまとい、その後10年以上も悩まされた。何かスポーツをすると簡単に脱臼を起こし、そのたびに一人もがきながら、 何とか元の鞘に納めていた。修復に手間取ると痛みはどんどん増幅され、修復は困難を極めることになり更に悶え苦しむはめになる。 アルゼンチンに赴任していた1985年頃に最悪を迎えた。 ある夜寝ていると、肩甲骨の軟骨がボロボロと、はっきりと自身の耳に聞こえるほど大きな音を立てて崩れ落ちた。 翌日痛くて腕が全く上がらなくなった。軟骨が乾燥し崩れ落ちたと思った。自我流で半年以上かけてリハビリに励んだ。その結果ようやく完治する ことができた。再び脱臼をすることへの恐怖感は半端でなく、二度と起こせないと、好きなスポーツから遠ざかるようになってしまった。 あれ以来30年以上も脱臼から解放されてきた。

  さて、部活から二度も脱落した私は、身心の鍛錬を部活に求めることを諦め、田んぼや畑仕事に精を出した。農作業はそれなりに心身を養う のにつながった。それとともに、商船大学を目指して勉学に向き合い励む毎日となった。三年生ともなればいよいよ商船大学への願書の提出をどうするか、 その決断の日が迫ってきた。願書提出期限はまだ先のことではあったが、身体検査のことが日に日に気になり出していた。高校時代に徐々に 視力の低下を招き、黒板の文字も教室の後方からはかなり見えづらかった。それに、実のところ身長も伸び悩んでいた。

  受験時の実際の身体検査で身長や裸眼視力の条件は本当に満たすことができるのか、不安に駆られていた。身長が半年に何センチも伸びる はずもなかった。自分ではどういうことになるのかほぼ分かっていたが、結論をずっと先延ばしにしていた。決断すべきタイミングはすぐそこまで 迫ってきた。そして、ある日のこと、「身体条件を満たすことはできず、筆記試験へ進むのは無理だ」と、ついに自己審判を下さざるをえなかった。 悲しすぎる決断の一日であった。幼少の頃からの船乗りへの夢が無惨にも破れ去った日であった。自身を慰め、これも運命と言い聞かせる他なかった。 苦渋の選択に直面して、そう簡単には心の整理はつかなかった。

  神戸商船大学の学長小谷信一氏はその頃定年退官され、鳥羽商船高専の校長として赴任されていたが、商船大受験を諦めることを手紙で報告した。 学長から「船乗りだけが人生ではない」ので、再出発するようにとの励ましの返事をいただいた。 外国航路の船乗りにあれほど憧れていたのに、と思うと悔しい気持ちがこみ上げるばかりであった。 人生の進むべき方向を指し示していたコンパスの針をもぎ取られてしまったようで、私は大海を「漂流船」で彷徨うこととなってしまった。

  今にして思い起こせば、船乗りを諦めたとしても、海とともに歩める別の人生を何故に模索できなかったのか、不思議に思うことがある。 海や船がそれほど好きだというのであれば、海洋学や漁業学、あるいは造船工学など、海に関わる何らかの自然科学や工学を扱う研究者などを 目指すという選択肢はなかったのか。航海士にならなくとも、調査船に研究者として乗り込み、海を舞台に研究するという素晴らしい仕事も あったはずである。だがしかし、何故か不思議なくらい全く思いもつかず、それを目指すこともなかった。

  日本国内外には海洋や水産関連の研究に従事する多くの機関所がある。海洋・水産の研究だけでなく、海運会社での船舶運航、水産会社での漁船 への操業支援など、海に関わり海を共にする多くの職業があったはずである。 何故か、思い描かなかった。船乗り以外の別の「海の道」をたどるというアイデアは頭の片隅にもなかった。船乗りに なって自身で船を操ることしか脳裏にはなかった。それ以外は全く眼中にないという、恐ろしいほど思考の柔軟性を欠いていたことに、 今になって猛省するばかりである。いずれにせよ、青春時代の真っただ中で夢は破れ去った。では何を目指すのか、直ぐに定まる訳もなかった。 暫くは思考停止状態となり、自身を漂流させるほかなかった。

  いろいろ悩んだ末、進路を「転針」し、東京の大学を目指すことにした。商船大学を諦め、いずれの大学を受験するのか、それがさし迫った 重大テーマであった。当時、受験ビジネス・教育関連出版を専門にしていた「旺文社」が、ラジオの深夜番組として、受験生や一般社会人向けに 「百万人の英語」という語学講座を放送していた。何故か番組終了間際に東京六大学の校歌や応援歌を流していた。 その影響もあってのこととして、大学受験は慶応か早稲田することを暗に決めていた。

  熱心に聴いていたもう一つのラジオ番組があった。日本航空がスポンサーで、城卓也がナレーターを務める「ジェット・ストリーム」であった。 世界のムード音楽を流しながら、アメリカやヨーロッパへの空の旅に視聴者を誘うという深夜番組であった。幼少年の頃から世界の異文化に 触れることに一種の憧れを抱いていた私を、その舞台へと誘ってくれた。心地よいムード音楽とナレーションを寝つけ薬にして、眠りに就くのが 毎夜のことであった。

  「百万人の英語」と「ジェットストリーム」に大いに心を感化されたのであろう。東京という大都会を目指し、早慶をめざし、その先において 世界の異文化を目指すことを意識するようになっていた。船乗りになって世界の異文化体験をすることは叶わなかったが、別の道をたどって目指す ことにした。田舎を飛び出して、心機一転したかった。東京に出て、新たな環境下で出直そうとした。

  大阪や関西からの「脱出」と言えなくもなかった。英語を活かして、早稲田か慶応を卒業した後、海外で働ける可能性の高い総合商社や航空会社 などに就職し、世界へと雄飛したかった。世界のいろいろな異文化と向き合いながら、世界を舞台に活躍し、自己実現を図ることを目指そうとした。 船乗りは諦めたが、世界の異文化に向き合うことへの憧れは、幼少期の頃からずっと心に生き続けていた。東京に勉学の居場所と働き口を求め、 東京を起点に世界異文化との接点を目指そうとした。

  早稲田と慶応を受験した。急行列車に8時間揺られ一人上京した。「自由が丘」の駅前にある純日本式の安旅館に投宿し、翌日東横線で 慶応キャンパスのある日吉に出向き、受験した。文学部の英文学科をめざした。その後再度上京して、今度は早稲田の社会学部を受験した。 いずれもキャンパス内の臨時設営ブースで料金前払いをして、合否電報を受け取れるよう手配し帰阪の途に就いた。早慶どちらに合格しても良かった。 部活では応援団に入部して、神宮球場のスタンドで早慶戦の先頭に立って声援したかった。他愛もないそんな動機が片隅にであった。 先ず慶応から、次いで早稲田から合格電報を受け取った。東京での学生生活に向け準備にいそしみ、高揚感がどんどん膨らんで行った。

  だがしかし、母親の一言であっさりと地元関西の大学も受験することにした。早慶受験に熱を上げていた頃、母から「関西の大学も受験したら どうか」と、珍しく何度もしつこく問いかけられた。関西での大学受験には全く関心がなく、受験する素振りを全く見せなかった。 振り返れば、それは母の真意が呑み込めなかったことの証でもあった。母が余りに何度も強く問いかけるので、母を安心させるために受験だけは してみようと、願書をしたためた。その大学はどこでもよかった。合格しても通うことはないだろうと、いい加減であった。通学には一時間 圏内にあるのが好ましいので、関西大学の法学部と社会学部を受験することにした。 両部に合格することができた。「関大で何を学び、何をしたいのか」、その先の志と目的意識もないままの合格であった。 弁護士を目指す強い意欲がある訳でもなく、母の「法科はつぶしが利く」との一言を受け入れたもので、法学部を第一希望にした。

  早慶への入学費などを払い込む期限が刻々と迫っていた。母親はやむなく息子の私に本心を言わざるをえない、と覚悟したのであろう。 ある晩夜なべ仕事をしながら、母親は「東京での学費や下宿代などの生活費を仕送る余裕がない」と、私に聞き取れるように、はっきりと 独り言をつぶやいた。「下宿代・生活費はアルバイトして稼ぐから早慶に行きたい。入学費と学費の半分だけでも、何とかならないか」と、 切り返せなかった。それを言えばまた母を深く悩ませ、心労が襲いかかるに間違いない、と内心思った。

  あっさりと、関大法学部で学ぶ決断をした。母子家庭でありながら、息子二人が私立の大学に通うことなど、分不相応のそしりを免れようも なかったない。大学に通えること、それだけでも感謝をしてもし尽くせないはずのものであった。仕送りの経済的負担もさることながら、 男一人の働き手がなくなることも、母には同じくらい心配の種であったはずである。

  因習の強い村の親戚2軒にずっと寄り添ってもらいながら、いくら勉学のためとはいえ、一方で息子を上京させ、他方で親戚から救いの手を 差し伸べ続けてもらうことは、いかがなものか。母からすれば親戚に言い訳がたたず、全く顔向けができなかったであろう。 この上なく後ろめたく感じることになっていたであろう。「恩を仇で返すのか」と、堪えがたい陰口を叩かれるという思いが母にあったに違いない。 母はすでに他界しているが、今になって当時を思い起こせば、確かに経済的に見て仕送りが真に困難ということはあったにしろ、母にはそんな 思いが重くのしかかっていたことであろう。間違いなくそうであるに違いない。 それに気づいたのはずっと後のことで、私が独立したいい大人になってからのことである。それ故に、今更ながらのことであるが、上京することに 固執して母や祖父母を深刻に悩ませずに済んだことは本当に良かった、とつくづく思う。

  船乗りとなり神戸を起点に世界へ雄飛するという夢は叶わず、ならばと早稲田か慶応を卒業して、東京を起点に雄飛し、世界の異文化と向き合 いつつ生きて行きたいと、心に描いていた。だが、それも、当時にあっては母の本心を知らないまま、「家計が許さない」こととあっさり諦めた。 田んぼで汗を流す祖父母や母親の背中をずっと見続けてきた息子としては、家族を楽にさせるどころか、重い経済的負担や更なる心労をかけ続ける ことなどできなかった。1967年(昭和42年)4月から、関大法学部法律学科に通い出し、青春時代第二ステージを送ることになった。



このページのトップに戻る /Back to the Pagetop.



    第1章 青少年時代、船乗りに憧れるも夢破れる
    第4節 神戸商船大学の受験ならず、船乗りへの夢消える


              Top page | 総目次(全章全節) | ご覧のページ


      第1章・目次
        第1節: 船乗りへの夢を駆り立てた神戸商船大学長との出会い
        第2節: 家族との船旅は船乗りへの夢を育む原点であった
        第3節: 父の突然の他界で生活は激変、商船高専諦め普通高校へ進学する
        第4節: 神戸商船大学の受験ならず、船乗りへの夢消える


      プロローグ・序章 第2章 | 第3章~最終章