Page Top




海洋辞典づくり雑録ノート
- 回顧雑録: 海の語彙拾いを楽しむ -

中 内 清 文

Back to: Top page | ご覧のページ



目 次/Contents  (Under construction)


    ・ プロローグ/海の語彙拾いの起点は南米アルゼンチンにあった
    ・ 総覧編/過去・現在・未来を俯瞰する
    ・ 写真添付


    第1章 青少年時代、船乗りに憧れるも夢破れる

      第1節: 船乗りへの夢を駆り立てた神戸商船大学長との出会い
      第2節: 家族との船旅は船乗りへの夢を育む原点であった
      第3節: 父の突然の他界で生活は激変、商船高専諦め普通高校へ進学
      第4節: 神戸商船大学の受験ならず、船乗りへの夢消える


    第2章 大学時代、山や里を歩き回り、人生の新目標を閃く

      第1節: 北海道の日高山脈を縦走し感涙する
      第2節: 先輩にはキャンパスで、自然には山で厳しくしごかれる
      第3節: 雪上テントの中で人生最高の閃き、国連法務官をめざす


    第3章 国連奉職をめざし大学院で学ぶ

      第1節: 国際法を専攻し、国連平和維持軍に興味をいだく
      第2節: 留学できず「浪人生活」するなかで、海洋法ゼミと海洋プログラムに出会う
      第3節: 関大新聞紙上の先輩活躍記事、偶然目に留まる
      第4節: 羽田空港での初顔合わせと対話は運命の分岐点
      第5節: 浪人生活は人生の回り道ではなかった


    第4章 ワシントン大学での勉学と海への回帰

      第1節: 太平洋を越えてシアトルへ
      第2節: 初心に戻って語学研修に向き合う
      第3節: ロースクール図書館システムに驚嘆する
      第4節: 「海洋法&海事プログラム」と海洋研究所について
      第5節: 第一学期の学業成績に衝撃を受け心折れる
      第6節: 研究論文をもって起死回生を期す(その1)/地理的偶然による海洋資源の配分
      第7節: 研究論文をもって起死回生を期す(その2)/論文「アフリカ地域と200海里 経済水域」
      第8節: 海洋学や海運学の面白さに誘われ、海へ回帰する
      第9節: 深海底マンガン団塊と海洋環境保全を深掘りする
      第10節: 海洋環境コンサルタント事務所長との出会いと「さらばシアトル!」 


    第5章 「東京砂漠」での生活、その悩みと孤独
      第1節: 東京ライフの第一歩を踏み出す: 目黒、学芸大、木造アパート、虎の門、老朽事務所、その悩み深まる。 第2節: 海洋法制・環境・政策の調査研究の個人事務所に転がり込む: どこで何する悩みは、国会
      この一年半は無益ではなかった、仲間(人生の大先輩)はいたが、同年輩の若い仲間はほとんどいなかった。孤独も味わう、 暗いトンネルを不安抱きながら何人かで通り抜けた、抜けた後の景色は格別で輝いていた。 第2節: 運命を変えた偶然の新聞記事: 空から舞い降りた転機/国際協力事業団の社会人中途採用の記事に出会う
      。劇的な運命の転換点、JICA、試験、面接、合格 


    ...........................................

    ...........................................

    ...........................................

    [続く]

    このページのトップに戻る/Back to the top of this page