Page Top




海洋辞典づくり雑録ノート
- 回顧雑録: 海の語彙拾いを楽しむ -

中 内 清 文

Back to: Top page | ご覧のページ



目 次/Contents  (Under construction)


    ・ 序章・プロローグ/海の語彙拾いの起点は南米アルゼンチンにあった
    ・ 総覧編/過去・現在・未来を俯瞰する
    ・ 写真添付


    第1章 青少年時代、船乗りに憧れるも夢破れる

      第1節: 船乗りへの夢を駆り立てた神戸商船大学長との出会い
      第2節: 家族との船旅は船乗りへの夢を育む原点であった
      第3節: 父の突然の他界で生活は激変、商船高専諦め普通高校へ進学
      第4節: 神戸商船大学の受験ならず、船乗りへの夢消える


    第2章 大学時代、山や里を歩き回り、人生の新目標を閃く

      第1節: 北海道の日高山脈を縦走し感涙する
      第2節: 先輩にはキャンパスで、自然には山で厳しくしごかれる
      第3節: 雪上テントの中で人生最高の閃き、国連法務官をめざす


    第3章 国連奉職をめざし大学院で学ぶ

      第1節: 国際法を専攻し、国連平和維持軍に興味をいだく
      第2節: 留学できず「浪人生活」するなかで、海洋法ゼミと海洋プログラムに出会う
      第3節: 関大新聞紙上の先輩活躍記事、偶然目に留まる
      第4節: 羽田空港での初顔合わせと対話は運命の分岐点
      第5節: 浪人生活は人生の回り道ではなかった


    第4章 ワシントン大学での勉学と海への回帰

      第1節: 太平洋を越えてシアトルへ
      第2節: 初心に戻って語学研修に向き合う
      第3節: ロースクール図書館システムに驚嘆する
      第4節: 「海洋法&海事プログラム」と海洋研究所について
      第5節: 第一学期の学業成績に衝撃を受け心折れる
      第6節: 研究論文をもって起死回生を期す(その1)/地理的偶然による海洋資源の配分
      第7節: 研究論文をもって起死回生を期す(その2)/論文「アフリカ地域と200海里 経済水域」
      第8節: 海洋学や海運学の面白さに誘われ、海へ回帰する
      第9節: 深海底マンガン団塊と海洋環境保全を深掘りする
      第10節: 海洋コンサルタントとの出会い、そしてシアトルとの別れ


    第5章 個人事務所で海洋法制などの調査研究に従事する
      第1節: 東京砂漠で社会人生活の第一歩を踏み出す
      第2節: ビジネスに不器用な私の悩みと焦り
      第3節: 日韓大陸棚協定を深掘りする
      第4節: 東シナ海大陸棚境界画定にどんな未来があるか-百年の争いか
      第5節: 天から舞い降りた新聞広告、運命の分岐点となる


    第6章 JICAへの奉職とODAの世界へ
      第1節: 研修事業による人づくりと心の触れ合い
      第2節: 研修事業が海と連環することを知り、鼓舞される
      第3節: 初めての海外出張に学ぶ(エジプト、トルコ、フィリピン)
      第4節: 英語版「海洋開発と海洋法ニュースレター」を創刊する
      第5節: 「海洋法研究所」の創設に向けて走り出す


    第7章 水産プロジェクト運営を通じて国際協力

      第1節: 担当プロジェクトを総覧する
      第2節: 担当はインドネシアの漁港案件から始まった
      第3節: チュニジア漁業訓練センタープロジェクトから多くの教訓を学ぶ
      第4節: ア首連にて水産増養殖センターの建設を施工監理する
      第5節: カリブ海での沿岸水産資源調査やパラオでのカツオ操業の採算性実証に取り組む
      第6節: アルゼンチンの国立漁業学校プロジェクトに向き合う(その一)
      第7節: アルゼンチンの国立漁業学校プロジェクトに向き合う(その二)/技術協力 と無償協力との合わせ技
      第8節: アルゼンチンの国立漁業学校プロジェクトに向き合う(その三)/最終合意に 乾杯する
      第9節: アルゼンチンへ赴任する


    第8章 マル・デル・プラタで海の語彙拾いを閃く
      第1節: 専門家と共に技術移転と協業計画づくりに励む
      ○第2節: 海の語彙拾いをしながら大学ノートに綴る
      ○第3節: パタゴニアを大西洋岸沿いに南下する no.25
      ○第4節: パタゴニアをアンデス山脈沿いに北下する
      ○第5節: プロジェクトの将来展望を探る、明るい未来展望、海軍ならできる
      第6節: 去らばアルゼンチン! いつの日かまた、エピソートいろいろ no.26


    第9章 経験値を高めた三つの部署/農牧・契約・職員課を渡り歩く
      ○第1節: 農業への回帰、は農業試験栽培事業への投融資に前のめりになるno.27
      △第2節: 「海洋法研究所」の調査研究再開と「英語版・海洋白書/年報」の発行
        ○第3節: 次の配属先は調達部契約課、そこでパナマ運河代替案調査に出会う no.28
      第4節: 人事部職員課で国際協力最前線の職員を支え、生きていくための知恵を学ぶno.29
      第5節: 国連法務官への志の行方と海洋白書作り再挑戦 no.30


    第10章 国際協力システム(JICS)への出向、ネットとの出会い、オンライン辞典創りへまっしぐら
      第1節: 「JICS」にて無償資金協力事業とコンサルティング業務を学ぶ no.31
      第2節: 「ネット世界」への扉を開いてくれたM氏との出会い、 no.32
      第3節: ホームページの基本を独学し「海洋辞典」づくりを始める no.33


    第11章 無償資金協力の世界での辛苦の洗礼を受ける
      第1節: 南西アジア諸国でのプロジェクトの「実施促進」に追われるno.34
      第2節: ブータンをめぐる不正事件で天と地がひっくり返るno.35
      第3節: 組織大改革とフォローアップ業務の矜持no.36


    第12章 パラグアイへの赴任、13年ぶりの海外協力最前線へ
      第1節: 専門家としてパラグアイの国際協力の最前線へ赴任するno.37
      第2節: 海なし国パラグアイで船舶博物館と巡り会い、海洋辞典づくりの励みとなるno.38
      第3節: 近隣諸国のアルゼンチン、ブラジル、チリ、ウルグアイを散策する
      第4節: 米国東海岸の海洋博物館を巡る知的冒険の旅に出る



    第13章 サウジアラビアへの赴任、究極の異文化の世界に浸る
      第1節: フォローアップ業務に再び向き合うも、すぐ赴任 no.41
      第3節: 究極の異文化の国サウジアラビアでの生活とミッションを見詰め直すno43
      第4節: ダウ船、運河、海峡を訪ね、周辺諸国へ時計回りの漫遊の旅にでるno.44
      第5節: スエズ運河の活写とジブラルタル海峡の横断の旅へno.45
      第6節: 南欧・地中海コートダジュールの海に憧れて、海洋博物館を訪ねる旅。モナコ海洋博物館などを巡るno.46
      第XX節: 国連法務官への志は消え、「海洋辞典」づくりを生涯の目標とするno.42


    第14章 「運河の夢」を追い続ける中米の国「ニカラグア」への赴任

      第1節: ニカラグアとはどんな国、政治文化歴史地理、no.48
      第2節: 憧れのパナマ運河へ、閘門とクレブラカットを通行体験するno.49
      第3節: パナマ地峡を横断し、「新大陸からの金銀財宝積み出し港」のポルトベロへ旅するno.50
      第4節: 米国西海岸の海洋博物館巡りの旅に出るno.51
      第5節: メキシコシティとベラクルスの海洋博物館を巡るno.52


    第15章 ニカラグア運河の掘削候補ルートを踏査する

      第1節: エル・カスティージョで「ニカラグアの運河の夢」を知る、分水嶺への旅オモテペ島、サンカルロスへno53
      第2節: ニカラグアに足跡を残した歴史上の人物をみる No.55
      第3節: 「ニカラグア運河の夢」、欧米列強に翻弄され絶たれてはまた復活するNo.56
      第4節: 「ニカラグア運河の夢」、その有望候補6ルートのいくつかを踏査する
      第5節: オヤテ川ルート踏査中心臓発作、山中から奇跡の生還をするNo.58
      第6節: 「ニカラグア運河の夢」は実現するか? オルテガ政権は中国企業と運河建設事業のコンセッション協定を結ぶNo.59


    第16章 早期完全離職、これからの人生を辞典づくりで楽しむことを決意する/海洋辞典づくりへ前のめり、「中締めの完」をめざして

      第1節: 帰還後暫くJICAで嘱託として勤務する/古巣で嘱託として勤務する/健康管理センターNo.61
      第2節:  海洋辞典の「近未来図」(選択と集中+理想形を追う)と「遠未来図」(「中締めの未完成の完」)を想うno.62
      第3節: 「原典」としての意義。no.63
      第4節: 海洋辞典づくりをめぐる雑多で徒然な思いを綴る


    第17章 国内外を漫遊する、海の歴史と文化を訪ねて。海洋博物館巡りの旅を糧に楽しみに辞典づくりは続く

      第1節: 総覧するNo.72 、 博物館巡りの意義と楽しさ
      第2節: 国内編、東京都内とその近郊をほっつき歩く(73-75)
      第3節: 国内編、関東4県。関東4県の海洋博物館の探訪めざす
      第4節: 国内編、関西、大阪、とその近郊No.73-75
      第3節: 海外編 、76/77.html
      その1: 英国、ポーツマス、プリモス、ブリストル、リバプール
      その2: ローマ、ポルトガル、バルセロ、スイス、ギリシャ
      その3: 海外その他散策: アルゼンチン・ビーグル、マゼラン海峡、キューバ
      その4: 東・東南アジア・タイ・マレーシア・シンガポール、中国・台湾・韓国、欧州、中南米、カナダ・キューバ
      旅は続く:中国京杭大運河、南アフリカ喜望峰、ロシアなど、夢は尽きない
      海のシルクロード、大航海時代関連の地周遊思いつく。世界は広い、たくさん見るべきものあり。


    最18章 「中締めの完」をめざして、完全離職後からの自由人生と辞典づくり
    辞典づくりを未来につなぐ 「中締めの完」をめざして(2011-2020)、どう辞典づくりに取り組んだ開発、国内外の海洋博物館巡り、何をどう楽しんだか、 どう楽しむか。辞典づくり: どうすれば持続可能な辞典づくりをなしうるか、いろいろアイデアを出してみよう。 最18章 辞典づくりで何をめざしたか
    理想の辞典はどんなの? 「一枚の特選フォト」の狙いどころ?
    第1節 辞典づくりをバトンタッチする思い
    第2節 後継編者をネットで公募する+公募案
    第3節 後継者への手紙、メッセージ
    第4節 未来の編纂者へのお願い
    ...........................................

    [続く]

    このページのトップに戻る/Back to the top of this page