Page Top




海洋辞典づくり雑録ノート
- 回顧雑録: 海の語彙拾いを楽しむ -

中 内 清 文

Back to: Top page | ご覧のページ



目 次/Contents  (Under construction)


    ・ プロローグ/海の語彙拾いの起点は南米アルゼンチンにあった
    ・ 総覧編/過去・現在・未来を俯瞰する
    ・ 写真添付


    第1章 青少年時代、船乗りに憧れるも夢破れる

      第1節: 船乗りへの夢を駆り立てた神戸商船大学長との出会い
      第2節: 家族との船旅は船乗りへの夢を育む原点であった
      第3節: 父の突然の他界で生活は激変、商船高専諦め普通高校へ進学
      第4節: 神戸商船大学の受験ならず、船乗りへの夢消える


    第2章 大学時代、山や里を歩き回り、人生の新目標を閃く

      第1節: 北海道の日高山脈を縦走し感涙する
      第2節: 先輩にはキャンパスで、自然には山で厳しくしごかれる
      第3節: 雪上テントの中で人生最高の閃き、国連法務官をめざす


    第3章 国連奉職をめざし大学院で学ぶ

      第1節: 国際法を専攻し、国連平和維持軍に興味をいだく
      第2節: 留学できず「浪人生活」するなかで、海洋法ゼミと海洋プログラムに出会う
      第3節: 関大新聞紙上の先輩活躍記事、偶然目に留まる
      第4節: 羽田空港での初顔合わせと対話は運命の分岐点
      第5節: 浪人生活は人生の回り道ではなかった


    第4章 ワシントン大学での勉学と海への回帰

      第1節: 太平洋を越えてシアトルへ
      第2節: 初心に戻って語学研修に向き合う
      第3節: ロースクール図書館システムに驚嘆する
      第4節: 「海洋法&海事プログラム」と海洋研究所について
      第5節: 第一学期の学業成績に衝撃を受け心折れる
      第6節: 研究論文をもって起死回生を期す(その1)/地理的偶然による海洋資源の配分
      第7節: 研究論文をもって起死回生を期す(その2)/論文「アフリカ地域と200海里 経済水域」
      第8節: 海洋学や海運学の面白さに誘われ、海へ回帰する
      第9節: 深海底マンガン団塊と海洋環境保全を深掘りする
      第10節: 海洋コンサルタントとの出会い、そしてシアトルとの別れ


    第5章 個人事務所で海洋法制などの調査研究に従事する
      第1節: 東京砂漠で社会人生活の第一歩を踏み出す
      第2節: ビジネスに不器用な私の悩みと焦り
      第3節: 日韓大陸棚協定を深掘りする
      第4節: 東シナ海大陸棚境界画定にどんな未来があるか-百年の争いか
      第5節: 天から舞い降りた新聞広告、運命の分岐点となる


    第6章 JICAへの奉職とODAの世界へ
      第1節: 研修事業による人づくりと心の触れ合い
      第2節: 研修事業が海と連環することを知り、鼓舞される
      第3節: 初めての海外出張に学ぶ(エジプト、トルコ、フィリピン)
      第4節: 英語版「海洋開発と海洋法ニュースレター」を創刊する
      第5節: 「海洋法研究所」の創設に向けて走り出す


    第7章 水産プロジェクト運営を通じて国際協力

      第1節: 担当プロジェクトを総覧する
      第2節: 担当はインドネシアの漁港案件から始まった
      第3節: チュニジア漁業訓練センタープロジェクトから多くの教訓を学ぶ
      第4節: ア首連にて水産増養殖センターの建設を施工監理する
      第5節: カリブ海での沿岸水産資源調査やパラオでのカツオ操業の採算性実証に取り組む
      第6節: アルゼンチンの国立漁業学校プロジェクトに向き合う(その一)
      第7節: 技術協力と無償資金協力と合わせ技に奮闘する/BD調査/スペイン語学習に励みながら、アルゼンチンを行き来して 無償資金協力と技術協力プロジェクトの実現に向き合うNo21
      第8節: 国立漁業学校プロジェクト成立する
      第9節: 専門家の人選に取り組むNo22
      /「自分が赴任しなくて誰が行く」と、プロジェクトの業務調整員として「ア」国赴任に真っ先に志願する


    第8章 アルゼンチンへの赴任と海洋関連語彙拾いの閃き
      第1節: 赴任からの位置ねん、孤軍奮闘もまた楽し/リーダー未着任の中で専門家を鼓舞し2か年計画づくりなどに追われつつ、 春を待つ(赴任からリーダー着任まで、移転・竣工式・本格始動まで) no.23
      第2節: 海の語彙を拾い閃く、大学ノートに綴る/海洋関連語彙集づくりを始める3度目のチャンス no.24
      第3節: 家族とともに生活用具一式を車に載せてパタゴニア5000kmを走破する no.25
      第4節: マルデル・デル・プラタで森リーダーとともに第四の青春
      第4節: 語彙集づくりは道半ばにして帰国の途に就く/「去らば! 愛しのマル・デル・プラタ、 何時の日かまた会える日あらん」no.26
      第5節: 帰国後、「海洋法研究所」の活動再開と「英語版海洋白書・海洋年報」の発行
       


    第9章 国内での経験値を高めた三つの部署/農牧・契約・職員課を渡り歩く
    アルゼンチン海外勤務は海外での経験値をアップさせたが、3部署は国内での人生経験値を高める。JICSもそう。
      第1節: 開発途上国での農業試験栽培事業への投融資に携わる、その面白さと意義、 そして人との新しい出会い no.27
      第2節: 新配属先は契約課、幸運にもパナマ運河代替案調査に関わりをもつ no.28
      第3節: 国際協力の最前線で働く職員を支える職員課は「生きていくための知恵が広がる世界」 であり、また何をしても喜ばれた no.29
      第4節: 海外発信の思い復活。国連法務官への志をなおも抱きつつ、英語版「海洋白書」 と海洋語彙集づくりにますます 前のめりになる国連への志願はどうなったのか、日本批准年?日本人法務官いつ空席なるか、情報にも疎く積極的貪欲な アクセスもせず、、、いつしか。 no.30


    第10章 JICSへの出向、遠回りの人生にあらず、インターネットへの近道を「水先案内」しオンライン辞典づくりを速める
      第1節: 青天の霹靂JICSへの出向/無償資金協力事業と深く向き合うきっかけとなる、 コンサルティングに踏み込む no.31
      第2節: 簡易機材調査のためニカラグアへ出張する/インターネットを熱く語るTASK森さん との運命的出会い、出向は迂回遠回りの道ではなかった、そう思うのは 間違いと後で気づかされる。「ネット世界」への扉を開いてくれた友人 no.32
      第3節: ホームページ「海洋辞典」の作成への挑戦/初めて見る自作ページに鳥肌が立ち感涙する
      運命の出会い=ネット元年、ウィンドウズ95発売、語彙拾いのデータを束ね発信するための最高の最新テクノロジー出現の同時代 に居合わせたことの意義は大きかった。辞典づくり始める、10年の語彙拾いの蓄積・大学ノート、データが生きる日がきた、 ホームページ立ち上げ、タグという命令記号独学1996年~ no.33


    ...........................................

    ...........................................

    ...........................................

    [続く] 第2節
    日本の海洋国家としての期待、、、。

    船乗りの夢を見た、破れ国連目指す、ついに海への復帰果たす、偶然か必然の出会いいろいろ、遠回り迂回回り道の人生もそうではなかった、 三度目にして辞典づくり、インターネットはビッグチャンスをくれた、AI進歩は凄まじく40年の努力を無駄にするのか、いやそうではなく、 「原典」として辞典辞書は生き残る輝く。だれか、辞典づくりをバトン受けて。ただし、お金には無縁、誇りと名誉のみをエネルギーにできる方。 楽しめる方、


    : 後書き


    巻末資料: 実務引継ぎマニュアル/辞典づくりとその継承に関する実務要領(2020.10; 第1版、初代編纂者・中内清文作成)、



    end
    end



    -->

    このページのトップに戻る/Back to the top of this page