Page Top


    第17章 辞典づくりの後継編さん者探しを家族に依願し、未来へ繫ぎたい
    第1節 家族への手紙(その1)/最初に読んで!


              Top page | 総目次(全章全節) | ご覧のページ


    第17章・目次
      第1節: 家族への手紙(その1)/最初に読んで!
      第2節: 家族への手紙(その2)/ドメインとサーバーの契約延長と支払い
      第3節: 辞典づくりの若干の「系譜」と「思い」について
      第4節: 辞典づくりの後継編さん者の要件について
      第5節: 後継編さん者のインターネット「公募案」と「募集要項案」
      第6案: 後継編さん者への5つの「お願い」について
      第7案: 辞典の作成と継承に資する「実務マニュアル(要約・基礎編)」
      附属資料: 「実務マニュアル(詳細編)」

    序章~第54章 | 第16章 第18章 | 第19章~最終章


家族への手紙(その1)/最初に読んで


はじめに
  ホームページの「和英西仏葡語・海洋総合辞典」は、過去35年ほど続けてきた海にまつわる語彙拾いと用語集づくりの結晶である。「完成」した 訳ではない。物の性質上、真の「完成」に達することはないと思う。目標年にしていた2020年に一応の一区切りをつけたもので、辞典を 「中締めの〝未完の完″」と位置づけた。何とかウェブ辞典の「原形」らしきものができた。将来に渡って辞典づくりが受け継がれて行けば、 少しずつでもその「進化」を遂げることができよう。受け継がれなければ、その「進化」は望みえない。

  突発的な急逝に備えてこの手紙を書き留めておいた。思えば、2009年8月末に中米のニカラグアの山中で一度他界したのも同然で あった。あの時は、「三途の川を渡るのはまだ早い」という、天のご先祖様のお導きで奇跡的に助かった。お陰でこれまでずっと永く家族皆で 人生を歩んでこれた。だから、大満足の人生であった。この世に生を授かりついに突然この世を去ることになった。悲しむことはない。 人生を皆と全うすることができ幸せな一生であった。悲しむよりも、最後のお願いを一つだけ聞いてほしい。

  ウェブ海洋辞典のドメインやレンタルサーバーの契約期限が毎年3月中~下旬にやって来る。延長手続きと支払いが滞ると契約が打ち切られて、 ウェブ辞典がネット上から消滅することになる。契約延長手続きと支払いをしてほしい。それからもう一つ、辞典づくりの未来を託す後継編さん者 (辞書作りの担い手)を見つけて、それを受け継いでもらってほしい。

お願い事は3つ
(1) ウェブ海洋辞典のドメインとサーバー契約に関する延長手続きと支払い(年1回の支払いで、期限は毎年3月中旬から下旬、余裕をもって毎年 2月中に契約延長・支払いを済ませてきた)。
(2) 辞典づくりの後継編さん者の公募によるリクルート(「いつまでに」という期限はないが、1~3年以内くらいに。その間に契約が 途切れないよう、毎年2月中には、延長手続き・支払いを完了してほしい)。
(3) 辞典関連データや資料の「実務マニュアル」(要約編・詳細編)などの後継編さん者への引き渡し。

ドメイン&サーバー契約の延長・支払い関連の基礎事項について
  海洋辞典のドメイン契約、およびレンタルサーバー契約の期限が、それぞれ、毎年3月31と3月27日に来る。 過去には、両契約とも、クレジットカード払いによる「自動支払い・自動延長」方式をセットし、毎年全て自動的に 処理されてきた。しかし、それは既に取り止めている。
現在は、いずれの契約も、毎年、所得税の「確定申告」の時期が来たら、ネット上の「ユーザー専用ページ」にアクセスし、契約延長をした後に、 面倒だが、契約金をコンビニで支払っている。余裕をもって毎年2月中には全ての延長手続き・支払いを完了してほしい。 より詳しくは、「家族への手紙(その2)」にメモしておく(ID、パスワードは別途メモしておく。取り扱いは慎重に)。後継編さん者が見つ かるまでは、毎年、この延長と支払いを続けてほしい。全部で年間7,000円ほどで高くはない。

    ① ドメインの契約期限: 毎年3月31日 (契約先: 「ムームードメイン社」 https://muumuu-domain.jp/)
    ② レンタル・サーバー契約期限: 毎年3月日27日 (契約先: 「ロリポップ社」 https://lolipop.jp)
    「グーグル」で検索しても同社ホームページにアクセスできる。

ネットによる後継編さん者の公募について
  二つの延長手続きを完了すれば、取敢えず1年間の余裕ができるので、その間に辞典づくりの後継編さん者を、ネットで公募して見つけてほしい。 そのための「公募案」と「募集要領案」は、本章第5節に次の題名で記しておく: ①「和英西仏葡語 海洋総合辞典づくりの後継編さん者の公募 について(御案内)」、および ②「公募要領について」。

  公募時には、①と②を、適宜補筆修正のうえ(例えば、募集期限)、コピー&ペーストでもって、辞典ホームページ のトップページの最下方辺りに目立つように貼り付けて掲載して、応募を待つことを考えている。
(index.txtファイルに①と②を貼り付け、htmlファイルへ「名付けて保存」する(=「名付けて保存」を用いて「index.html」ファイルへ変換する)。 その後、ftpソフトでサーバーにアップロードする。詳細は「実務マニュアル(要約・詳細編)」。

継承編纂者への辞典データ・関連資料などの引き渡し
  辞典づくりの次代(第2代)の後継編さん者への辞典に関する全データの譲渡。その他、後継者が辞典づくりするうえで参考としうる 「実務マニュアル」(要約/基礎編)、および資料「実務マニュアル(詳細編)」、その他を譲渡してほしい。

ホームページ「和英西仏葡語・海洋総合辞典 」 初代編纂者 中内清文 (作成年月日: 2021年3月20日)


* 初回の公募において編さん者を決められなかった場合は、半年あるいは一年ほど間をおいて、再度公募を試みてほしい。 二度目の公募でも見つからなかった場合でも、辞典づくりの未来を託す後継編さん者探しを諦めるという選択肢はなく、 何としても、辞典づくりを受け継いでもらえる編さん者に巡り会えるまで、チャレンジを続けてほしい。


    第17章 海洋辞典の承継編者探しを家族に依願し、辞典を未来に繫ぎたい
    第1節 家族への手紙三通


              Top page | 総目次(全章全節) | ご覧のページ


    第17章・目次
      第1節: 家族への手紙(その1)/最初に読んで!
      第2節: 家族への手紙(その2)/ドメインとサーバーの契約延長と支払い
      第3節: 辞典づくりの若干の「系譜」と「思い」について
      第4節: 辞典づくりの後継編さん者の要件について
      第5節: 後継編さん者のインターネット「公募案」と「募集要項案」
      第6案: 後継編さん者への5つの「お願い」について
      第7案: 辞典の作成と継承に資する「実務マニュアル(要約・基礎編)」
      附属資料: 「実務マニュアル(詳細編)」

    序章~第54章 | 第16章 第18章 | 第19章~最終章