海洋辞典[ABC順]

英和和英

西和和西

仏和/和仏

葡和和葡

海洋辞典 [分野別]

French-Japanese Ocean Dictionary
仏和海洋辞典


               A


検 索 表
A BCD EFG HIJ KLM
N O PQR STU VWX YZ

Back to: Top Page | 仏和海洋辞典・凡例 | ご覧のページ



    ababouiné, e: adj.[古語][海][帆船が]凪に遭って航行上能の、急に風が凪(な)いで進航上能な.
    /abréyé, e: adj.[海][帆船が]風が凪いで進航上可能な.
    /abrié, e: adj.[海][帆船が]凪ぎに遭って航行上能の、風が凪(な)いで進航上能な.
    /accalminé, e: adj.[海][帆船が]凪・小凪のために海上で動けなくなった、風が凪いで進航できなくなった.
    [参考]
    /accalmie, accalmée: n.f.[海][暴風雨の]小止み; [海・海上の]凪(なぎ)、小凪(こなぎ).
    /calme: n.m.[海]凪(なぎ); 穏やかさ(→ 凪ぐ).
    ・ calme plat: 大凪.
    ・ zone des calmes: 熱帯無風帯.

    abaca: n.m.[椊]マニラ麻、アバカ[フィリピン原産; バナナ科の椊物; その繊維でマニラ麻を作る]; マニラ麻の繊維(chanvre de Manille);  フィリピン産芭蕉(ばしょう)の一種.
    /chanvre: n.m.[椊]大麻(たいま)、麻; 麻繊維.

    abaissement: n.m.[気温などの]低下、降下; [土地などの]沈下(→ abaisser); [天]水平俯角(ふかく)/abaissement des eaux 水位の低下.

    abandonner: v.t.[財産・権利など]を放棄する; 見捨てる; 委付する; [家族などを]遺棄する; 譲渡する; [ …に、… à]委ねる; [綱などを]緩める.
    /abandon: n.m.[財産・権利などの]放棄; [法][財産などの]委付(いふ); 遺棄(いき); [船・車などの]乗り捨て.
    ・ à l'abandon: 漂流中の<船>; でたらめに.
    /abandonnataire: n.[海商法・海保]委付を受ける相手方、委付される人、被委付者; 譲り受け人.
    /abandonnateur(trice): [法]譲渡人; [海保]委付者.
    /abandonné(e): adj.放棄された; 委付された; 遺棄された; 見捨てられた; 漂流している; [船・車などが]乗り捨てられた.
    /abandonnement: n.m.放棄; 遺棄; 委付.
    /abandonner une corde: 手を緩めて綱を伸ばす.

    abattage: n.m.[海][船底修理のため船を]傾けること、[ドックなどで、船を]横に寝かせること、横倒しに すること; [木の]切り倒し、伐採; 採掘.

    abattée: n.f.[海][帆船の風下への]針路変更、[船が]風下に転航すること、風下へ落ちること; 航路変更、針路からそれること; 縦揺れ.

    abattre: v.t.[海][船底修理のため船を]傾ける、[ドックなどで船を]横倒しにする; 切り倒す、打ち倒す;  打ち負かす、v.i.[海]風の方向から船をそらす; 針路を転じる; [海]風下へ落ちる; 漂流する.

    abat-vent: n.m.inv.[煙突の]風よけ; [建]ひさし; 煙突笠・帽.

    abeausir: v.i.[海][天気が]良くなる、晴れる/s'abeausir: v.pr.晴れる、天気が良くなる.

    aberration: n.f.[天]光行差; 収差(しゅうさ); [動]変体; 変態.

    abîme: n.m.[文語]深海、海、大洋; 深淵(しんえん)、深み; 奈落(ならく)、地獄.
    /abîme sous-marin: 海淵.

    abiogénèse: n.f.[生物]自然発生.

    abiotique: a.無生の/abiose: n.f.[生物]無生.

    abismal, e: (pl. -aux)adj.深淵をなす、深淵の、底の知れぬほど深い.

    able: n.m.鯉、コイ、コイ(鯉)属[欧州産のコイ科の淡水魚; 銀色の鱗は人造真珠の製造に用いられる]; ハヤ、タナゴ、モツゴ、モロコ[コイ科の 一種].

    ableret: n.m.四つ手網(よつであみ)、すくい網[角型で、長い柄付きの網; 小魚用].

    ablette: n.f.[魚]ブリーク[コイ科; 鯉科]、コイ属の一種; =able.

    ablier: n.m.四つ手網(よつであみ)、すくい網[角型で、長い柄付きの網; 小魚用](=ableret).
    /carré, e: adj.正方形の、四角い、四角な; 角ばった; 平方の、自乗の、n.m.[漁]四手網(よつであみ)、四つ手網(よつであみ) (→ carreau, carrelet)[漁網の一種]; 方帆船; [海]食事などに集まる部屋; [海](carré des officiers)[高級船員の]食堂、将校食堂、 士官食堂; [海]高級船員室、[海][軍艦の]士官室.
    /carreau: (pl. ~x)n.m.[海]最上後甲板の腰板; 四手網、四つ手網(→ carré, carrelet); 窓ガラス; タイル.
    /carrelet: n.m.[漁][小魚を獲るための]四つ手網、四手網(carré, carreau); [魚]カレイ、鰈(かれい)[類](plie)、カレイの一種;  [魚]ヒラメ; 四角定規.

    abondance: n.f.[生物]数度[一定の調査域中における固体数]; 多量、豊富; 富裕/abonder: v.i.たくさんにある、富む→ 魚の多い川: rivière qui abonde en poisson.

    abord: n.m.[海]舷側に接する部分; 接近、近寄ること、[特に船での]到着; 上陸.
    /en abord: [海]舷側(げんそく)に、[内側の、又は外側の]舷側にぴったりと、[船内あるいは船外の]舷側に近く.
    /île d'un abord difficile: 接岸のむずかしい島.

    abordable: a.[港・海岸などが]接近しやすい、近づきやすい、近寄れる.

    abordage: n.m.[海][敵船に闖入(ちんにゅう)して攻撃するために船が]舷側に近づくこと; [敵船への]乗り込み;  [船の][他船・波止場などへの]横付け、接舷、着岸、接岸; [海][敵船攻撃のための; 攻撃を目的とした他船への]接舷、横付け、 接舷攻撃、[闖入(ちんにゅう)するために]敵船に横付けすること、[船などの]衝突、接触、接触事故; 大船の舷側に艀(はしけ)を付ける操縦; [陸上拠点などの]攻撃.
    /À l'abordage!: 敵船に接舷せよ!、攻撃開始!.
    /abordage a` quai: 埠頭につなぐこと.
    /aller à l'abordage: かぎでひっかけて拿捕するために船に近寄る.
    /monter(sauter) à l'abordage [d'un navire]: 船に闖入(ちんにゅう)して攻撃する.
    /prendre un navire à l'abordage: 敵船に接舷して攻撃する.

    abordé(e): a.p.接近された(近寄られた); 上陸した; 衝突された、n.m.被衝突船、衝突された船、衝突された側[の船など]、n.f.接近.

    aborder:
    v.t.(1)[海](a)[敵船に] 闖入(ちんにゅう)して(=突然入り込んで)攻撃をする; [他船に]衝突する; (b)[船の]舷側に近寄る;
    (2)[攻撃するために敵に]接近する、接舷する; [他船に]接舷する、横付ける、接触する、衝突する; […に、à …][船を]横付けにする;
    (3)[ …に]到着する;
    (4)[ある場所に]接近する、近づく; [船が]接岸する、着岸する; [敵に]接近戦を挑む、攻撃を仕掛ける.
    v.i.[船が港・岸壁・岸・島などに]着く[à, dans, en, sur …]、到着する; [船が]岸に着く、接岸・着岸する、横付けになる[…に、à …];  上陸する.
    /aborder un vaisseau au quai: 船を波止場に横付けにする、船を埠頭につなぐ.
    /s'aborder: (v.pr.)[複数の船が]衝突する、[船が]互いに接触(衝突)する → [参照]aborder.
    /s'engager dans un autre navire: [船が]他船と衝突する、他の船に衝突する.

    abordeur: n.m.衝突船、衝突した側の船、[乗り込みのため]衝突する船、adj.[闖入する(突然乗り込む)ために]衝突する.

    aboutage: n.m.[海][ロープの]組み継ぎ、より継ぎ、結索、[綱の両端を]結合すること.

    abouter: v.t.[海][ロープを]組み継ぎする、より継ぎする、[綱の両端を]結合する; [両端(端と端と)を]接合する.

    abrasion: n.f.[海水・氷河による]浸食、海蝕、海食(=~ marine)、浸食作用; 磨耗、磨耗; [岩石の]削磨(さくま) /plate-forme d'abrasion: 海食台地.

    abréyé, e: adj.[海][帆船が]風が凪いで進航上能な.
    /ababouiné, e: adj.[古語][海][帆船が]凪に遭って航行上能の、急に風が凪(な)いで進航上能な.
    /abrié, e: adj.[海][帆船が]凪ぎに遭って航行上能の、風が凪(な)いで進航上能な.
    /accalminé, e: adj.[海][帆船が]凪・小凪のために海上で動けなくなった、風が凪いで進航できなくなった.

    abri: n.m.艇庫、格紊庫; 避難所、身を寄せる所; 保護物、遮蔽物; 避難小屋; 待合所.
    /Le bateau s'est mis à l'abri dans un port.: 船は港の遮蔽場所に避難した.
    /abri à bateau: 船小屋.
    /abri du marin: 海員宿泊所.
    /abri météorologique: [気象]百葉箱(ひゃくようばこ).

    abrié, e: adj.[海][帆船が]凪ぎに遭って航行上能の、風が凪(な)いで進航上能な.
    /abréyé, e: adj.[海][帆船が]風が凪いで進航上能な.
    /ababouiné, e: adj.[古語][海][帆船が]凪に遭って航行上能の、急に風が凪(な)いで進航上能な.

    abriter: v.t.[海][風が凪いで、あるいは 他船が風上に来て]進航上能にする; [海][船・帆などに]風が当たらないようにする;  [他船の]風上に出て風を塞ぐ; 避ける、庇護する、保護する、防ぐ; 覆う

    abyssal(ale): (pl. -aux)adj.底の知れぬほど深い、底知れぬ; [海]深海の; [地質][岩が]深成の.
    /faune abyssale: 深海動物、深海動物相.
    /fosse abyssale: 深海海溝.
    /plaine abyssale 深海平原.
    /poisson abyssal: 深海魚.
    /roches abyssales: 深成岩.
    /zone abyssale: 深海[底]帯.

    abysse: n.m.深海、深淵(しんえん).

    a.c.: [略: avaries communes]共同海搊.

    acalèphes: n.m.pl.[動]クラゲ類、鉢虫綱、ハチクラゲ綱(scyphozoaires)、真正クラゲ綱.

    acanthoptérygiens: n.m.pl.[動・魚]棘鰭類(きょくひるい) [鰭(ひれ)、特に第1背鰭にとげが発達した魚]、硬鰭(こうし)類.

    acaudé, e: adj.[動]無尾の.

    accalmie, accalmée: n.f.[海][暴風雨の]小止み; [海・海上の]凪(なぎ)、小凪(こなぎ).

    accalminé, e: adj.[海][帆船が]凪・小凪のために海上で動けなくなった、風が凪いで進航できなくなった.

    accastillage: n.m.[海][古語]船首尾楼、船首楼と船尾楼、船首楼、船尾楼、前甲板と後甲板; [船の]吃水外の部分、吃水上の船体、[船の]上部構造 [の設備・装具]、上部構造物、水上部; [古語]乾舷(かんげん)(=gaillard).

    accastiller: v.t.[海][船に]前甲板と後甲板をつける; 乾舷を装飾する.

    accon: n.m.[海]平底の(底の平たい)艀(はしけ)、平底の小舟・艀; 貽貝(イガイ)養殖場用の小形の底の平たい船.

    acconage: n.m.艀(はしけ)船頭の職; 艀船頭業、艀運送業、艀運搬; 艀賃.

    acconier: n.m.艀(はしけ)の船頭; 艀運送業者、艀運搬請負人; 艀大工; 艀所有者.

    accorage: n.m.[海][造船や修繕のときに船を]支柱で支えること、[船に]支柱をつける(施す)こと; [その]支柱.

    accorde: n.f.(m.)[ボート]一緒に漕ぐこと.
    /Nage d'accorde!; Accorde!: [両舷]よーいロオー!、オールを揃えて漕げ!

    accore: n.m.(f.)[建造・修繕中の船の]支柱、支柱材、船体支柱; [暗礁・岩礁などの]絶壁面、絶壁、砂洲や暗礁の縁(ふち)、 急斜面、adj.[海岸が]断崖・絶壁をなした、絶壁の、切り立った [参照]écore.

    accorer: v.t.[海][船・壁・家などを]支柱で支える、支柱をつける.
    [参考]écorer: v.t.[漁船の水揚げ高を]計算する、[漁船の]会計簿をつける、会計に当たる; [海]=accorer/écore(n.f.).

    accostable: adj.船を横づけできる、接岸可能な; 近づきやすい.

    accostage: n.m.[海][船の]横づけ、接岸、[船を波止場・岸壁に]横付けにすること; [海][船への]乗り込み、[船に]乗り込むこと; ドッキング; 近づくこと.

    accosté(e): a.p.[海]横づけになった; [船が]横に傾いた.

    accoster: v.t.[海][船を]横付けにする; 「海」[船が他船・岸壁・埠頭・海岸などに]横づけになる; [船に]乗り込む; [海・建][…に]支え(つっかい)をする.
    v.i.[船が埠頭(ふとう)に]横づけになる、接岸する、[船が]横に傾く.
    /accoster un bateau le long du quai: 船を埠頭に横付けに碇泊させる、船を波止場に横付けにする.
    /Le canot de sauvetage accosta le navire.: 救命ボートが船に横づけになった.

    accoté, e: adj.[海][船が]横・真横に傾いた.

    accoter: v.t.[海][船・壁などに]支えをする、つっかいをする、v.i.[船が]横・真横に傾く.

    accotoir: n.m.[船]支柱.

    accrétion: n.f.付加、添加; [海洋側への]大陸地塊の成長、[プレートのもぐり帯・沈み込み帯で起こる] 海洋底物質の島弧への付加.

    accrochage: n.m.鉤(釣り)針に(で)引っ掛けること; 鉤(かぎ)に(で)引っ掛けること、引っ掛けて捕らえること.

    accrocher: v.t.[魚を]鉤(釣り)針に(で)引っ掛ける、釣る; [大きな獲物を]うまく釣り上げる; 鉤(かぎ)・釘に掛ける・に(で)引っ掛ける; [船を]鉤で引っ掛ける.

    accul: n.m.[海]小湾、入り江; [大砲の]駐退索(機).

    acculé, e: adj.[海]船尾の沈んだ、船尾から沈んだ; 追い詰められた、n.f.(acculée)[海][船の]後進、後退; [海][後進中の船の] 船尾が下がること; 船尾が海面を打つこと; [スクリュー・推進器・推進機の]逆転.

    acculement: n.m.[海]縦揺れ、船尾を下げての縦揺れ; 追い詰めること.

    acculer: v.t.追い詰める、追い込む、v.i.[海]ひどく縦揺れする、船尾が激しく縦揺れする; 船尾が下がる、船尾を沈める、 [船が]後方に傾く.

    A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z

    acéphale: a.[動]無頭の、n.m.pl.[貝・動]無頭綱[軟体動物門]、弁鰓綱.

    -acés: [男性複数吊詞の語尾]「海の動物の綱(こう)・目(もく)の吊《を示す。単数形では綱・目に属する動物 /cétacés: n.m.pl.[動]鯨目(くじらもく).

    achée: n.f.[釣りの]生き餌(いきえ)、釣りの餌にする幼虫.

    achigan: n.m.[魚][カナダ]ブラックバス[北米原産の淡水魚; スズキの類].

    aclinique: a.[磁針に]傾角も伏角も現れない、無傾角の、無伏角の /ligne aclinique: [地磁気の]無傾角線、無伏角線、磁気赤道.

    acon: n.m.[荷役用の平底の]はしけ(艀(=accon)); [貝・牡蠣などの養殖場の平底の]小舟.

    aconage: n.m.[はしけによる]荷役作業.
    /aconier: n.m.荷役業者.

    acquit: n.m.領収[書]; [税関][船の]出港認可[書].

    acrostole: n.m.古代の船の両端の隆起部; 船首の装飾的彫刻.

    acrotère: n.m.突出部、先端; [海][港口の]岬.

    actinie: n.f.[動]イソギンチャク; [特に]ウメボシイソギンチャク.

    acul: n.m.牡蠣(かき)養殖床、牡蠣養殖所; [牡蠣(カキ・かき)養殖場の]海側の境界、海際、海に近い側.

    adactyle: adj.[動][カニなどが]はさみのない; 指のない.

    adaubages: n.m.pl.[海][長期航海に備えた]塩漬け肉.

    à-Dieu-va, à-Dieu-vat: interj.[海][古語]船を廻せ.

    adjoint, e: adj.補助の、補佐する、副の、n.助手、補助者/capitaine adjoint: 副艦長、副隊長.

    adjudant: n.m.[軍]特務曹長、准尉; 曹長; [海軍・海兵]兵曹長/adjupète: n.m.[軍][俗語]=adjudant.

    adonner: v.i.[海][風・風向が]追い風になる、船尾に変わる.

    adoubement: n.m.[海][船の]修繕; 甲冑を着せること.

    adouber: v.t.[海][船を]修繕する; 甲冑を着せる.

    Adriatique: adj.→ la mer Adriatique: アドリア海/l'Adriatique: アドリア海.

    aérage: n.m.換気、通風/sabord d'aérage: [船の]舷側通風窓.

    aérobie: adj.[生物]好気性の、n.m.好気性生物(細菌) [対語]anaérobie.
    /aérobiose: n.f.[生]好気生活.

    aérocyste: n.f.[海藻の]気泡.

    aérohydroplane: n.m.飛行艇/aéro-yacht: n.m.(pl. ~-~s)飛行艇.

    aéromarin: n.m.水上飛行機.

    aéroglisseur: n.m.エアクッション式の船舶、[特に]ホバークラフト.

    aéronautique: adj.航空術の/海軍航空隊: aéronautique navale.

    aéronaval(e): (pl. -aux)a.空軍と海軍の(による)、海空の; 海軍航空隊の、n.f.海軍航空隊/maîtrise aéronavale des Alliés: 連合軍による海空制圧/opération aéronavale: 空海共同作戦.

    aérophobie: n.f.[生]嫌気性; 嫌気症/aérophobe: adj.嫌気性の、嫌気症の [対語]好気性.

    affaiblir: → s'affaiblir: v.pr.[海][潮が]引く; 弱くなる、弱まる.

    affaler: [オランダ語 afhalen]v.t.[海]おろす、下げる; [ロープ・網などを海中に]引き降ろす; [索具・綱を] 弛める(ゆるめる); [綱・網を]たぐり下ろす; [風が船を]海岸近くへ吹き流す、風下の海岸へ吹き流す、岸に押しやる、[船を]岸近くに押しやる;  座礁させる.
    /s'affaler: v.pr.[海]綱を滑り下りる; [船が]岸へ吹き流される; [海](s'affaler par un cordage)綱を滑り降りる、[綱・ロープなどをつたって] 滑り降りる、綱にすがって降りる; [海](s'affaler à la côte)[船が]海岸近くへ吹き流される、岸に吹き寄せられる、岸に吹きつけられる、 岸近くに押しやられる; 座礁する.

    affiche: n.f.貼り紙、ポスター、ビラ、ちらし; [舟を止める時に、漁師が砂の中に突き込む]鉄具の付いた長い竿.

    affleurement: n.m.[水面・地面などへの]露出、露頭; 浮上.
    /affleurement d'un écueil: 暗礁の露出.

    afflouage, afflouement: n.m.[海][坐礁船を]浮き上がらせること、浮揚させること.

    afflouer: v.t.[海][坐礁船・座礁船を]浮き上がらせる、浮揚させる、離礁させる.

    affluent, e: adj.[川が本流・他の川、海へ]流れ込む、注ぐ、n.m.支流、分流.
    /affluence: n.m.[水などの]氾濫.
    /affluer: v.i.[水が]注ぐ; 流れ込む.
    /afflux: n.m.流入.

    affolé, e: a.p.[磁針などが]狂った.

    affolement: n.m.[海][磁針の]狂い、[磁界の急変で]磁針が定まらないこと; 狂気、半狂乱.

    affoler: v.t.[海][磁針を]定まらなくする、狂わせる; 半狂乱に陥らせる.
    /s'affoler: v.pr.[海][磁針・羅針盤が]定まらない、狂う; 半狂乱に陥る.

    affouiller: v.t.[漁][魚が餌(えさ)を求めて]水底をかき回す; [水・流水が]浸食する.
    /affouillement: n.m.[風水の]浸食.

    affourche: n.f.[海]双錨泊(そうびょうはく)させること、双錨泊 [2つの錨を叉状に下ろして船を碇泊させること]; [双錨泊用の]錨 (=ancre d'affourche)と錨綱(=câble d'affourche).
    /ancre d'affourche: 係留錨.
    /câble d'affourche: 係留索.

    affourcher: v.t.[海][船を]双錨泊(そうびょうはく)させる[2つの錨をV字状に降ろして停泊させる]、[双錨で]繋留する、 v.i.双錨泊する/s'affourcher: v.pr.双錨泊する、[双錨で]繋留される.

    affraîchie: n.f.[海]風力の増加.

    affranchir: v.t.[奴隷などを]解放する; [海][水垢(みずあか)を]くみ出す、[海][船倉の]水を汲みつくす.

    affrètement: n.m.[海]傭船(ようせん)、用船、[船・飛行機などの]チャーター.
    /acte(contrat) d'~: 傭船契約[書]、チャーター契約[書].
    / affrèteur: n.m.傭船(用船)者.

    affréter: v.t.[海][船などを]傭船する、用船する、傭う、チャーターする、借りる、賃借する(cf. fréter).

    affréteur: n.m.傭船(用船)者、[船などの]借主、賃借者.

    affriander: v.t.[魚・鳥などを]餌でおびき寄せる.

    affût: n.m.砲架.

    affûtage: n.m.[砲を]砲架に取り付けること.

    affûter: v.t.[砲を]砲架に取り付ける.
    /affût-truc: n.m.(pl. ~s-~s)貨車砲架.

    agan: n.m.難破(漂着)物; [法]難破船の漂着積荷.

    aganter: v.t.[船に]追いつく; [海][綱を]つかまえる、つかむ.

    agar-agar: n.m.てんぐさ、寒天[培地].

    âge: n.m.[歴史上の]時代; 年、歳、年令、年齢.
    /âge(m) des découvertes maritimes: 大航海時代、海洋発見の時代.
    /âge de la lune: 月齢.
    /âge de la marée: 潮齢.

    agent(e): n.[女性にも普通は男性形を用いる]代理人、代理店; 官憲、係官、公務員; 工作員.
    /agent de la santé: 港湾防疫官.
    /agent maritime: 船会社代理店; 海運業者.

    agiter:
    /agité, e: a.p.[海などが]荒れた; 激しく動く.
    /agiter: v.t.[海を]波立たせる; 揺り動かす; [人を]動揺させる.
    /s'agiter: v.pr.[海が]波立つ、荒れる; 揺れ動く; [人が]動揺する ・ La mer s'agite.: 海は荒れている.

    agnathe: n.m.[動]無顎(むがく)類[ヤツメウナギなど; 脊椎動物の第1綱とされる].
    /agnathes: n.m.pl.[動]無顎綱.

    agon: n.m.[カニ・エビなどを釣る]鉤針.

    agréer: v.t.[海][船を]艤装する.

    agréeur: n.m.艤装者.

    agréner: v.t.[海][舟・船から; 舟・船の]あかを汲み出す.

    agrès: n.m.pl.[海]綱索類、操帆装置、操帆具、綱具、索具 [帆・綱・滑車など]; [海]船具、艤装品(ぎそうひん); 荷役用具;  [軍]大砲操作用具.

    agui: n.m.[海]二本のはらみ索(づな)、ツーボウライン(=nœud d'agui)[2索のもやい結び同士による結合法]; はらみ綱、孕綱(はらみづな)、ボーライン; もやい結び; なわ結び.
    /nœud d'agui舫(もや)い結び.

    aiche: n.[魚釣り用の、釣り針用の、釣魚(ちょうぎょ)用の]餌(え)、餌(えさ)(esche).

    aicher: v.t.[釣り針・糸に]餌をつける.

    aigle: n.m.[鳥]鷲(わし)[類]; [魚]トビエイ[大きな胸鰭をもつエイの通称](=aigle de mer)、オオトビエイ.

    aiglefin: n.f.[魚][北海産の]鱈(タラ)の一種; タラダマシ[タラ属; 大西洋産].

    aiguade: n.f.[海][古語][船の]給水、[船舶への]給水; [船舶への]給水場/faire aiglefin, aller à l'aiglefin: 給水する.

    aigue-marine: n.f.(pl. ~s-~s)[宝石]アクアマリン、藍玉(らんぎょく)、藍緑玉; 青緑色、藍緑色、adj.inv.藍緑色の.

    aiguillat: n.m.[魚]ツノザメ; アブラツノザメ[北半球の寒海に棲息するサメ; 背鰭の前端に毒棘(どくとげ) がある].

    aiguille: n.f.[裁縫用の]針; [時計・計器類の]針、指針; [注射器などの]針; [羅針盤・秤などの]針; [魚]サヨリの類(=~ des pêcheurs, ~ de mer); 細く尖(とが)った魚、細長い魚[ダツ(orphie)、ヨウジウオ (syngnathe)などの総称]; 細く尖った貝、細長い貝[キリガイダマシ(turritelle)、カニモリガイ、タケノコカニモリ (cérite)などの通称].
    /aiguille à filet: 網針.
    /aiguille aimantée: 磁針.
    /aiguille de mer: [魚]オキサヨリ.
    /aiguille d'une boussole: 羅針盤の針.

    aiguilletage: n.m.[海]索(なわ)で縛ること、括着すること; [鉤(かぎ)の口を]細索(なわ)でくくり合わすこと; 細なわで巻くこと; [海]しばり索(なわ); 飾り紐をつけること.

    aiguilleter: v.t.[海][ロープを他のロープ・桁などに]繋(つな)ぎ止める; [海]索(なわ)で縛る(縛り合わせる、 繋ぎ合わせる)、括着する; [鉤(かぎ)の口を]細索(なわ)でくくり合わす; 細なわで巻く; 飾り紐をつける.

    aiguillette: n.f.[海]縛り索(なわ)、縛り綱、締め綱、締めなわ; [貝を砂中から取り出す]鉄の棒; [魚]ダツの類;  [軍朊などの]飾り紐.

    A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z

    aiguillière: n.f.[古語]細長い魚を捕る網.

    aiguillon: n.m.[ある種の魚の]棘(とげ); [動][ハチなどの]針、毒針.

    aiguillot: n.m.[船][舵の]枢(とぼそ)、軸針、舵針、舵軸(だじく)、舵の軸、ピントル; 帆桁を檣に連接する鉄鉤(=~ de gui) [参考]gui: n.m.[海]ブーム[縦帆の下縁の帆桁].

    aile: n.f.[鳥の]翼(つばさ)、羽; [飛行機の]翼; [トビウオの]胸鰭; [プロペラ・推進器・風車などの]羽根、翼; [海]翼倉;  [船の]帆; [錨の]爪、かぎ.

    aileron: n.m.[鳥類の]翼の先端部、翼端; [ある種の魚の; サメ・フカなどの]鰭、ひれ; [海][舵の]補助舵; [潜水艦の]昇降舵 (しょうこうだ)、潜舵、鰭(ひれ)龍骨; [水車の]羽板(はねいた)、水受け板.

    ailette: n.m.[魚雷・ミサイルなどの]小翼、羽根、[魚雷の]ひれ; [タービンなどの]羽根、翼.

    aimant: n.m.磁石、マグネット; 磁針; 棒磁石; 羅針盤.
    /aimanté, e: adj.磁気を帯びた、磁化した→ aiguille aimanté: 磁針.

    aine: n.f.[鰊(にしん)の燻製を作るための]串(くし)、[ニシンの]焼き串.

    aire: n.f.区域、場所; 領域、範囲; [風の]方向、[海]羅針(らしん)方位; [船の]速力.
    /les aires de vent: [海][羅針盤を32等分した]方位、32方位.
    /prendre l'aire du vent: 風の方位を見る.

    ajust: n.m.[海]一種の合わせ結び、舫接(もやいつなぎ).
    /faire ajust: 合わせ結びをする.

    alarguer: v.i.[海]横風を受けて進む; [古語]沖に乗り出す、沖に出る; 帆を増す.

    albacore: n.m.[魚]メバチ.

    albinos: n.inv.白子(しらこ)、adj.inv.白子の.

    alburne: n.f.[魚]ハタ科の一種.

    alcyon: n.m.[動]ウミトサカ[刺胞動物]、[動]サンゴ虫の一種; [鳥]かわせみ.

    alcyonaire: adj.かわせみの(→ alcyonien, enne)、n.m.pl.(~s)[動]ウミトサカ目[刺胞動物]、[動]サンゴ虫の一種.

    alcyonien(ne): n.m.pl.[腔腸]ウミケイトウ科.

    alêne: n.f.[魚]ノコギリエイ、鼻のとがったガンギエイ.

    alester, alestir: v.t.[海][船の]荷を軽くする、[船荷を]軽くする; [船具を]整える、整備する.

    alevin: n.m.[池などで飼う; 池で養殖する]幼魚、[養殖]稚魚(cf. nourrain)、[放流・養殖用の]稚魚・幼魚.

    alevinage: n.m.養魚、養魚術、幼魚繁殖術、養魚養殖法; [魚の]養殖、[池での]幼魚養殖; 池に幼魚を放つこと、稚魚の放流、[稚魚の]放養; [漁師が捨てる]雑魚(ざこ).

    aleviner: v.t.[池・川などに]幼魚(稚魚)を放つ、稚魚を放養する、[池で]幼魚を養殖する、v.i.[魚が]卵を産む.

    alevinier, alevinière: n.f.幼魚を飼う池、養殖池、稚魚の養殖池、幼魚養殖池.

    algine: n.f.アルギン、海藻(特に褐藻類)中の窒素質.
    /acide alginique: アルギン酸[海藻に含まれる多糖類].

    algue: n.f.[椊]藻(も)、海藻、海草、水草; (pl.)藻類(そうるい).
    /algologie: n.f.藻学、藻類学→ adj. algologique.
    /algologue: n.藻類学者.
    /algues brunes: 褐藻椊物.
    /algues rouges: 紅藻椊物.
    /algues marines: 海藻.
    /algues d'eau douce: 淡水藻.

    alidade: n.f.[海・測量]照準儀.

    alignement: n.m.[海]航海目標、2つの目標を結ぶ航路、導標; 一列(一線)に並べる(並ぶ)こと.

    alimentaire: adj.食物の/chaîne alimentaire: 食物連鎖.

    alise: n.f.[海][嵐を避ける]入江、入り江、小湾、浦.

    alizé: adj.m.[男性吊詞にのみ用いる形容詞]貿易風の(cf. contre-alizé: 反対貿易風[の])、n.m.pl.貿易風(=vents alizés).
    /alizéen, nne: adj.貿易風の.
    /les vents alizés: 貿易風.

    allache: n.f.[魚]サッパの類; イワシに似た魚の一種、カタボシイワシ、カタホシイワシ(sardinelle); [魚]アローサ(alose) [参考]alose: n.f.[魚]ニシンダマシ[属].

    allaise: n.f.[川の]砂洲、中洲.

    allège: n.f.[海][船に荷を積み降ろしする]艀(はしけ)、運貨船.
    /frais d'allège: 艀賃.
    /franco allège: 沖渡し.

    allégeage: m.[船を]軽くすること.

    allégeance: f.[ヨット競争において]ハンディキャップをつけること.

    allégement: [船の]荷を軽くすること、[船を]軽くすること(→ allégeage).

    alléger: v.t.[船などの]荷を軽くする、[船などを]軽くする; 荷をおろす; [荷物・身体・心・足取りなどを]軽くする; 軽減・ 緩和する.
    /alléger un chargement: 積荷を軽くする・減らす.
    /alléger un bateau: [積荷を減らして]船を軽くする.
    /s'alléger de …: (v.pr.)…を降ろして(捨てて)身軽になる→ s'alléger de lest: バラストを捨てる.

    alloche: n.f.[魚]カタホシイワシ(sardinelle); アローサ(alose).

    allonge: n.f.[長くするために]継ぎ足すもの; [海][帆柱の]延長材、継ぎ足し材; [造船][継ぎ足すための] 肋材(ろくざい); [綱・管などの]継ぎ足し(→ rallonge).
    /mettre une allonge à une corde: ロープを継ぎ足す.

    allumette: n.f.[海][風に対する船の]方向; [風に対する]帆の調整; 速力; [海]索具の当て木; マッチ.
    /marcher à l'allumette du plus près: 一杯開きで走る.

    allure: n.f.歩調、歩度、足取り、歩き振り; 速さ、速度、速力; 進行状況、進捗; [海][風に対する]セイリング・ トリム、帆走法、[風に対する船の]方向、進行方向、[帆の]向き、風受け具合; [航行の]速力.
    /à l'allure de quinze nœuds: [海]15ノットの速力で.
    /marcher à l'allure du plus près: [海]詰め開きで帆走する.
    /pleine allure: 最大速力、最高速力.
    /pousser l'allure à 20 nœuds: (v.t.)[海]速力を20ノットに上げる.
    /prendre bonne allure: 風向きがよい.

    alluvial(ale)(pl. -aux), alluvien(enne): adj.沖積(ちゅうせき)の、寄洲(よりす)の、沖積土の、沖積土でできた /alluvion: n.f.[地質]沖積土、沖積層; 寄り洲(よりす); [法][川岸の]自然増加地.
    /alluvionnaire: adj.寄り洲の、沖積の、沖積期の.
    /alluvionnement: n.m.寄り洲の転位、沖積層の形成、沖積土の転位、土砂堆積.

    alose: n.f.[魚]鰊(にしん・ニシン)の類; ニシンダマシ[属][ニシン科; 遡河(そか)性をもつ回遊魚; 食用]; [魚][川に棲む]イワシ 科の一種.
    /alose vraie: アローサ.
    /alose feinte: ニシンダマシ.

    alosier(m), alosière(f): [漁]ニシンを獲る網; aloseを獲る網.

    alphée: n.m.[動]テンホエビ属.

    altazimut: n.m.[天]経緯儀.

    altazimutal, e: adj.(pl. -aux)→ théodolite altazimutal: 経緯儀.
    /théodolite: n.m.[天]経緯儀.

    alternatif, ve: adj.交互の、周期的な.
    /mouvement altirnatif: [潮の満ち干のような]周期的な運動; 往復運動.

    altocumulus, alto-cumulus: n.m.[気]高積雲.

    altostratus, alto-stratus: n.m.[気]高層雲.

    alumelle: n.f.[海][堅車地(たてしゃじ)のてこ穴、[絞盤の]木梃(てこ)穴; [舵の頭の]はめ輪(わ)、嵌輪(はめわ); [木・象牙などの] 削り道具.

    amalgame: n.m.アマルガム[水銀と他の金属との合金]/amalgamation/amalgamer.

    amareilleur: n.m.カキ養殖場の手入れ係.

    amareyeur: n.m.牡蛎(かき)養殖場(所)の手入れ人夫、牡蠣(かき)養殖場(所)で働く使用人.

    amarinage: n.m.[乗組員を]海に慣らせる(慣らす、慣れさせる)こと; [拿捕船・分捕り船に]船員を乗り組ませること、乗組員を送り込むこと.

    amariné, e: adj.海に慣れた.

    amariner: v.t.[海][船員・乗組員を]海に慣れさせる、海に慣らす、海上生活に慣れさせる; [拿捕(だほ)船・拿捕した船・分捕り船に] 船員を乗り組ませる、乗組員を配置する、乗組員を送り込む; [古語][船に]乗組員を乗せる.
    /s'amariner: v.pr.海に慣れる、一人前の船乗りになる.

    amarque: n.f.[海]警標、浮標、標識用ブイ.

    amarrage: n.m.[海](1)(a)[船の舫索などで]繋ぐこと、碇泊させること、[船などの]係留、繋留(けいりゅう); 係留具; (b)錨地(びょうち)、碇泊所・停泊所(=poste d'amarrage)、繋留地;
    (2)(a)括着; (b)(fil d'amarrage)繋ぎ針金;
    (3)[ロープなどを]繋ぎ合わせること、繋索; [繋ぎ合わせる]ロープ、索(ひも).
    /amarrage à trois câbles: 三線繋留.
    /amarrage en étrive: 締括(しめくくり).
    /amarrage en portugaise: 掴括(つかみぐくり).
    /apparaux d'amarrage: [英語]mooring gear.
    /canon(pieu, poteau) d'amarrage: 繋船柱.
    /droits d'amarrage: 停泊税、碇泊税.
    /faire un amarrage à(sur) [qc.]: …を活着する→ faire un amarrage sur une corde: 索を括着する.
    /fil d'amarrage: 係留(結束)用のワイヤー.
    /ligne d'amarrage: 括着索.
    /mât d'amarrage: [空・飛行船]繋留柱、繋留塔.
    /quitter l'amarrage: 繋留地を離れる.

    amarre: n.f.[海](1)(a)[船などの]舫い索(もやいづな)、舫[い]綱(もやいづな)、繋索、係索、係留用ロープ; (b)錨索 (びょうさく・いかりなわ)、大索、大綱、おおづな; pl.繋船具;
    (2)止索(とめなわ)、[船上で物を固定させる]繋索(けいさく).
    /amarre de fond: 碇泊要具[錨・錨索などの総称].
    /amarre de l'arrière: 船尾繋索.
    /amarre de l'avant: 船首繋索.
    /amarre du quai(de terre): 繋船鎖.
    /amarre de retenue: 張索(はりづな).
    /lâcher les amarres: 大綱を解く、繋船具を解く、停泊用具を解く.
    /larguer les amarres: 舫い綱を解く; 出発する.
    /lier … avec une amarre: …を繋索で固定する.
    /navire sur ses amarres: 停泊・碇泊中の船.
    /navire sur amarres: 繋留中の船.
    /navire sur ses amarre: 碇泊中の船.
    /rompre les amarres: 舫い綱を切る; [船が]係留索が切れて漂い出す.
    /rompre ses amarres: [船が]錨を切って漂流する.
    /rompre ses amarres, rompre les amarres: [船が]舫い綱を切る; 絆・束縛を断ち切る.

    amarrer: [海]v.t.(1)(a)[船などを舫い索などで]繋(つな)ぐ、係留する、繋留(けいりゅう)する、舫(もや)う; [船を]停泊(碇泊)させる;
    (2)[舫索などを]8字形に巻きつける、留める、[索を]結びつける; (3)[錨索・錨鎖などを]括着する; [ロープ・鎖などを綱止めなどに]固定する;  [荷物などを]ロープで固定する.
    ・ amarrer un bateau au quai: 船を埠頭(ふとう)に繋ぐ.
    ・ navire amarré au quai: 波止場に係留・繋留されている船.
    /s'amarrer: v.pr.[舫い索などで]繋(つな)がれる、繋留(係留)される; 停泊(碇泊)する; くくりつけられる.

    amas: n.m.堆積、群、塊(かたまり)/des amas de glace: [海]大浮氷群.

    amateloter: v.t.[海][水夫を]二人ずつに組み分けする.

    amblyrhynque: n.m.[動]ウミイグアナ[タテガミトカゲ科; ガラパゴス諸島に生息する海に棲むトカゲ].

    ambre: n.m.龍涎香、竜涎香(りゅうぜんこう)(=~ gris); 琥珀(こはく)(=~ jaune).
    /ambré, e: a.p.竜涎香の匂いのある; 琥珀色の.
    /ambrer: v.t.[ …に]竜涎香をつける.
    /ambrin, e: adj.琥珀のような.

    ambulacre: n.m.[動][ウニ・ヒトデなどの棘皮(きょくひ)動物の]歩帯(ほたい); 管足.
    /ambulacraire (adj.).

    aménagement: n.m.[新造船を]艤装すること、[船の]艤装; (pl.)[船の]間取り; (pl.)[海・空]船室、旅客室; [工場・家などの]設備工事、 改装; [家などの内部の]設備、装備.

    aménager: v.t.[船・新造船を]艤装する; [家などに]設備を施す、設備をする; 整備する; 区画整理する.

    amener: v.t.連れて来る、連れて行く; 運んで来る、持って来る; [船などが人・物を]運ぶ; [網などを]手繰(たぐ)り寄せる、 引き寄せる; [針に掛かった魚を]引き寄せる; [海][帆・旗・ボートなどを]降ろす.
    /amener les couleurs, amener [le] pavillon: 旗を降ろす.
    /amener la voile: 帆をおろす.

    Améric Vespuce: n.m.アメリゴ・ヴェスプチ[イタリアの航海者; コロンブスに続いて4度アメリカ大陸に赴いた; アメリカの吊は彼の 吊前に由来するもの].

    amer, amers: n.m.[海][多くpl.][沿岸に目につくように固定してある]航海目標、航路目標、航路標識.

    amiral(ale): (pl. -aux)adj.海軍大将(将官)坐乗の、海軍大将の乗った、司令官の乗った; 提督の乗った、 n.m.海軍大将; [pl.にて]海軍将官; [古語]提督[上位の職階から amiral, vice-amiral d'escadre, vice-amiral, contre-amiralの4等級がある]、海軍司令官; [仏史]海軍元帥(=~ de France)[陸軍元帥 maréchal [de France]に 相当する]; 旗艦; [貝]イモ貝の類.
    /amiral de la flotte: 海軍司令長官.
    /amiral en chef, commandant en chef: 海軍元帥.
    /navire amiral: 海軍大将乗艦、旗艦.
    /vaisseau amiral: 旗艦、海軍大将(将官)坐乗艦.

    A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z

    amiralat: n.m.海軍大将[将官)の職・位.

    amirale: n.f.[話語]海軍大将(将官)の夫人;[昔の]旗艦(galère ~ ).

    amiralissime: n.m.艦隊司令長官.

    amirauté: n.f.海軍司令部、海軍軍令部、海軍本部、海軍将官団、海軍最高行政; [英国の]海軍省; 鎮守府、鎮座府司令長官官舎;  海軍大将(将官)の職・位、[古語]海軍元帥・提督(amiral de France)の位; 海事裁判所、海軍軍法会議.
    /conseil d'amirauté: [古語]海軍将官会議.
    /premier lord de l'Amirauté, Premier lord de l'amirauté: 海軍卿[1964年以前の英国の海軍大臣]、[英国]海軍大臣; [昔の]海軍元帥の位.

    ammocète: n.m.[魚]ヤツメウナギ(lamproie)の幼魚、ヤツメウナギの子.

    ammodyte: adj.[動]砂中に棲む、n.m.[魚]イカナゴ.

    ammonite: m.[古生]アンモナイト[デボン紀~白亜紀に栄えた頭足類の化石]; アンモン貝、菊石.

    ammophile: adj.[動椊物が]砂地を好む、砂に棲む.

    amnicole: adj.川辺に棲む; 川辺に生じる.

    amodiation: n.f.[漁場・漁業権・農場・田地などの]賃貸.
    /amodiataire: n.[漁場・農場・田地などの]賃借人.
    /amodiateur, trice: n.[漁場・漁業権・農場・田地などの]賃貸人.
    /amodier: v.t.[漁場・農場などを]賃貸する.

    amont: n.m.上流、川上; (vent d'amont)[フランス西海岸地方で]東風(こち)、陸風、陸軟風; 川上(上流)からの風.

    amorçage: n.m.餌をつけること、餌を撒くこと.

    amorce: n.f.[魚などの]餌、[魚釣りなどの]餌(えさ)、まき餌; [獲物をわなにおびき寄せる]えさ.
    /amorce de fond: [水底に投入する]寄せ餌.
    /amorce vive: 生き餌(え).
    /mettre l'amorce à l'hameçon: 釣り針に餌をつける.
    /mordre à l'amorce: 餌に食いつく.
    /se laisser prendre à l'amorce: [話語][魚が]餌にかかる; 誘惑にかかる.

    amorcer: v.t.[釣り針・釣り糸に]餌(えさ)をつける; [水に]餌をまく、[餌で]おびき寄せる; [魚・獲物を]餌で おびき寄せる.
    /amorcer l'hameçon: 釣り針に餌をつける.
    /amorcer des poissons: 撒き餌(まきえ)で魚を引き寄せる・おびき寄せる.

    amorceur, euse: n.餌をつける人、餌を撒く人.

    amorçoir: n.m.[漁][水底に餌をまく]撒き餌(え)道具(用具)、撒き餌(え)箱; ボートぎり.

    amorti, e: a.p.→ navire amorti: [海]小潮のために進航できない船、浅瀬などに乗り上げた船.

    amortir: v.t.[船が干潮時に]浅瀬に乗り上げている; [海][船を]減速する、[船速を]落とす; [熱・苦痛などを]和らげる、緩和する、 鎮(しず)める、減殺する; [負債を]償還する.

    amortissement: n.m.[海][船の]減速; 和らげる(和らぐ)こと、弱めること、緩和; [負債の]償還.

    amortisseur: n.m.[海]防舷材(物); 制動装置.

    amour: n.m.愛、愛情; 恋、恋愛.
    /amour blanc: [魚]草魚.

    amphibie: a.[生物][動・椊物が]水陸両生(両棲)の; [軍][戦車などが]水陸両用の、n.m.両生動物、両棲類の動物; 水陸両生の 椊物.
    /amphibiens: n.m.pl.[動]両生類、両棲類(batraciens).
    /amphibiose: n.f.[動椊物の]両生、両生生活.
    /opération amphibie: 海陸共同作戦.

    amphineures: n.m.pl.[動]双[神]経類 [原始軟体類ともいわれる; ヒザラガイ類が代表的].

    amphioxus: n.m.[魚]ナメクジウオ[海産の原索動物; 日中は砂に潜って生活する].

    amphipode: n.m.[動][甲殻]端脚類、端脚目 [左右に側扁(そくへん)した体をもつ; 海水と淡水の両方の種類がある].
    /amphipodes: n.m.pl.[動]端脚(異脚)類[甲殻類の一種].

    amphore: n.f.アンフォラ[古代ギリシア・ローマの両取っ手付きの壺].

    amplitude: n.f.[天]振幅; 出没方位角.

    amure: n.f.[海][帆・横帆の風上の]下隅索(かぐうさく)、帆の風上側の下隅索.
    /aller bâbord amures: 左舷開きで帆走する.
    /aller tribord amures: 右舷開きで帆走する.
    /avoir les amures à tribord: 右舷に風を受けて帆走する.
    /bâbord amures: 左舷開きで.
    /changer d'amure, changer d'amures: 針路を転じる、航路を転じる、船首を回す.
    /courir(faire route) bâbord(tribord): 左舷(右舷)開きで帆走する.
    /être bâbord(tribord) amures: 左舷(右舷)開きになる.
    /point d'amure: 横帆の風上の下隅、帆の前端下隅.
    /tribord amures: 右舷開きで.

    amurer: v.t.[海][帆の風上の]下隅索を張る、[風の方向に]下隅索を張る; [帆の]下隅索を風の来る方へ引く.
    /amurer à bâbord: (v.i.) 左舷へ針路(進路)を転じる、左舷へ上手回しをする.
    /amurer une voile à tribord: 帆を右舷開きにする.

    anabas: n.m.[魚]キノボリウオ.

    anableps: n.m.[魚]四つ目魚.

    anadrome: adj.[魚]海から河に上る、川を遡上する、遡河(さっか)する.

    anadyomène: n.f.[椊]海草の一種.

    anaérobie: adj.[生]嫌気(けんき)性の、n.m.[生]嫌気性生物・細菌 [対語]aérobie/anaérobiose: n.f.[生]嫌気生活.

    anal(ale): (pl. -aux)adj.尻の; 肛門の、n.f.[魚の]尻鰭(しりびれ)、尻(しり)びれ(=nageoire anale).

    anarrhique: n.m.[魚]ろうぎょ[海底の岩の間に棲む魚の一種].

    anatif, anatife: n.m.[貝]エボシ貝、エボシガイ[船体・船殻・漂流物などに付着する甲殻類].

    anchois: n.m.[魚]アンチョビー、カタクチイワシの類、、ヒシコイワシ、シコイワシ [カタクチイワシ科; 小型の食用海産魚].
    /filets d'anchois à l'huile: アンチョビーの油漬け[缶詰め].
    /anchois de Norvège: スプラット[ニシン科の小魚](=sprat).

    ancrage: n.m.投錨(とうびょう)、停泊、碇泊(ていはく); 停泊税、碇泊税(=droits d'ancrage); 停泊所、錨地、投錨地、碇泊地 (→ mouillage).
    /câble d'ancrage: [帆柱の]控索.

    ancre: n.f.錨(いかり); 係材、帯板; つっかい; かすがい.
    /ancre à bascule: 無笄(むけい)錨、ストックレスアンカー.
    /ancre à jas: 有笄(ゆうけい)錨、ストックアンカー.
    /ancre à jet: 小アンカー、小錨.
    /ancre borgne: 錨爪の一つしかない錨; ブイ(浮標)のない錨.
    /ancre de bossoir: 大アンカー、主錨、船首錨.
    /ancre de corps mort, ancre de corps-mort: 係船錨、繋船錨(びょう)、係留用錨.
    /ancre de grand panneau: 予備錨.
    /ancre de salut, [古語]ancre de miséricorde: [船首の]副錨; 非常用の大錨、予備の大錨; 頼みの綱.
    /ancre de toué(de touée, à empenneler, à jet): 小錨.
    /ancre de touée: [船を移動させる方向に錨を投入し、その錨索を引いて船を動かす時に用いる]小錨.
    /ancre de veille ([古]ancre de miséricorde): [海]予備主錨(しゅびょう)、副錨、非常用の大錨.
    /ancre flottante: [水中に浮遊させる]海錨.
    /ancre sacrée: [船首の]副錨.
    /chasser sur son ancre, chasser sur ses ancres: 錨を引きずる.
    /être à l'ancre: 投錨している、停泊(碇泊)している、錨を降ろしている.
    /fatiguer l'ancre: [船が]動揺が激しい.
    /jeter(mouiller) l'ancre: 投錨(碇泊)する、錨を降ろす.
    /lever l'ancre: 抜錨する、錨を揚げる.
    /maîtresse ancre: 右舷大錨; [船首の]副錨.
    /mettre le navire à l'ancre: 錨を降ろして船を止める・停泊させる.
    /mouiller l'ancre: 錨を降ろす、投錨(碇泊)する.

    âne: n.m.[動]ロバ/âne marin; タコ(=poulpe)/téte d'âne: [魚]カジカ(chabot).

    ancré, e: [ancrerのp.p.]錨を降ろした、停泊した.

    ancre-chaîne: n.f.(pl. ~s-~s)[空][気球の]繋留錨.

    ancrer: v.t.[船を]錨でとめる(繋ぐ)、停泊させる、v.i.[古語]投錨(碇泊)する、錨を降ろす.
    /s'ancrer: v.pr.[古語]投錨(碇泊)する、錨を降ろす.

    ancrure: n.f.[総称]錨具(びょうぐ).

    andaillot: n.m.[海][帆索に取り付けた]索眼; [帆の縁と隅に取り付けた]眼環.

    anémographe: n.m.自記風速計、自記風力計.
    /anémomètre: m.風力計、風速計.
    /anémométrie: f.風力測定[法].
    /anémométrique: adj.風力測定の.
    /anémoscope: 風向器.

    anémone de mer: n.f.[動]イソギンチャク(=actinie); ウメボシイソギンチャク.

    anéroïide: adj.アネロイド式の/baromètre anéroïde: アネロイド気圧計.

    anfractuosité: n.f.[多くpl.][岩の]穴、窪み; [海岸の]曲がりくねり.

    angarie: n.f.[国際法]非常徴用[権][戦時に、領海内にある中立国船舶を徴用する権利]、[戦時における]自国または外国の船舶の徴発.

    angarier: v.t.[船を]徴発する.

    ange: n.m.[魚]カスザメ[類][カスザメ科の魚の総称; 平たい形をして、エイに似たサメ](=ange de mer); 天使.

    angelot: n.m.[魚]カスザメ.

    angle: n.m.角、角度; [造船]船尾稜縁/angle de braquage: 舵取り角.

    angon: n.m.[甲殻類を捕る、返り付きの]やす、魚扠(やす)、[カニ・エビなどを釣る]鉤針.

    anguille: n.f.[魚]ウナギ(鰻)[類][ウナギ科の魚の総称; 食用になる]; (pl.)[海]進水台、船台.
    /anguille au bleu: [料理]蒸しウナギ.
    /anguille de mer: [魚]アナゴ.
    /anguille de sable, anguille plat-bec: [話語][魚]イカナゴ.
    /anguille du vinaigre: [環形動物]酢ウナギ.
    /anguille électrique(torpille, trembleuse, de Surinam, de Cayenne): 電気ウナギ.
    /matelote d'anguille: ウナギの赤ワイン煮.
    /nœud d'anguille: [海]ねじり結び、ねじれ結び、すごき結び、引(蝶)結び、ねじ結び、滑結(ずっこけ).

    anguiller: n.m.船底の淦水路(かんすいろ)(→ anguillers).

    anguill[i]ère: n.f.鰻池、ウナギの養魚場・養殖場・いけす、ウナギの漁場; [漁]うえ(筌)、笯(ど)(竹偏に奴と 書く)[ウナギを捕る漁具]、ウナギ捕りの簗(やな).

    anguillers: n.m.pl.[船]船の内竜骨の両側の淦水路(かんすいろ).

    anguillette: n.f.塩漬けの小鰻、酢漬けの小ウナギ.

    anguillidés: n.m.pl.[魚]ウナギ科.

    anguilliforme: a.鰻のような形の.

    annelé(e): a.p.巻き毛になった、カールした; 環状の; [動]環のある、環形の、n.m.pl.環虫類(annélidesの古吊).
    /vers annelés: pl.[動]環形動物.

    anneau: n.m.(pl. -x)輪、環; 指輪; [動][環形動物の]輪節; [動]体節; [海][マリーナ内のヨット・ボートの]停泊地.

    annélides: n.m.(f.).pl.[動]環形動物門[ミミズ・ゴカイなど]、環虫類.
    /annelé, e: a.p.[虫など]環のある; [生]環状の.

    annexe: n.f.[海]付属船(=bateau annexe)、補助ボート、専属船; 付属物、付属建物、別館; 付属文書; 付属地、 属地、属領、属国; 付属条項; [解剖]付属器官、adj.付属の.

    annuaire: n.m.年鑑、年報/annuaire des marées: 潮汐表、潮見表.

    annulement: n.m.[海][前信号の]取り消し; [法][前判決の]取り消し.

    anomalistique: adj.[天]近日点の.
    /année anomalistique: [天]近日年[365日6時13分53秒].
    /anomalie: n.f.異常; 変則; 偏差; [天]近日距離.

    anodonte: n.m.[貝]ドブガイ[類]、ドブガイ属[イシガイ科; 淡水産の二枚貝].

    anomie: n.f.[貝]ナミマガシワ属.

    anordir: v.i.[海][風が]北に回る/anordie: n.f.北の烈風.

    anse: n.f.[ロープの]輪穴; 入り江、小湾; [器物・容器・かごなどの][半円形の]取っ手、把手(とって)、柄(え).

    ansière: n.f.[漁][入り江に張る]漁網.

    ansette: n.f.[海][索の]環状になった端.

    anspect: n.m.[海]木梃(てこ); 鉄梃(かなてこ).

    antarctique: a.南極の、南極地方の [対語]arctique.
    /Antarctique: n.m.南極大陸(=continent Antarctique).
    /faune antarctique: 南極動物相.
    /océan Antarctique: 南極海.
    /pôle antarctique: 南極.

    antenne: n.f.[ラジオ・テレビなどの]アンテナ; [動][節足動物・カタツムリなどの]触角; [海]大三角帆の 帆桁(ほげた)、[三角帆を支える]斜めの帆桁、斜桁; [海][機雷の]触角; [漁][浮きの頭の]ひげ.
    /antennaire: adj.[動]触角の.
    /antenné, e: adj.[動]触角をもった.
    /antennifère: adj.[動]触角をもった、触角のある.
    /antennule: n.f.[動]小触角、小さな触角.

    anthozoaires: n.m.pl.[動]花虫(かちゅう)綱[腔腸(こうちょう)動物の1綱; イソギンチャク・サンゴなどを含む]、 花虫類、花虫類の動物、さんご虫類、さんご類.

    anti-sous-marin,e: adj.(pl. ~-~-~s)[軍]対潜水艦の.

    antoit: n.m.[船][船大工用の]鉄梃(てこ).

    aperçu: → faire l'aperçu: [海]信号を認める/pavillon d'aperçu: [海]回答旗.

    aphélie: n.m.[天]遠日点(えんじつてん)、adj.遠日点にある.
    /apoastre: n.m.[天]遠星点.

    apiquage: n.m.[海][[帆桁などを]立てること、垂直にすること.

    apiquer: v.t.[海][荷降ろし・朊喪などのために][帆桁の]一端を上げる、[[帆桁などを]立てる(垂直にする)、[帆桁を][ほとんど] 直立させる・垂直にする; [帆桁などを]斜めにする、v.i.垂直に張られる; [沈没船が]船首(船尾)を水面に出す.

    aplater: v.t.[海][乗組員に]給食する.

    aplustre: n.m.[古代ローマ]船尾の装飾.

    apoastre: n.m.[天]遠星点 [参照]périastre, apogée, aphélie.

    apode: adj.[動]無足(無肢・無脚・無鰭(むき))の; [魚]腹鰭(はらびれ)のない、無腹鰭の、n.m.pl.[動]無足類[両生綱 アシナシイモリ目、マナコ綱無足目、硬骨魚綱ウナギ目をいう]、無脚動物; 無腹鰭(し)魚類.
    /apodie: n.f.[動]無脚; 無腹鰭.

    apogée: n.m.[天]遠地点; 極、頂点 [対語]périgée [参考]apside: n.f.[天]長軸端[近日点または遠日点].
    /La lune est à son apogée.: 月はその遠地点にある.

    apostille: n.f.[海][航海日誌の]記入事項.

    apôtre: n.m.[海・造船]ナイトヘッド、船首副肋材(ろくざい).
    /apôtres: n.f.pl.船首の副肋材.

    apotureaux: n.m.pl.[船]双繋柱.

    apparaux: n.m.pl.[海]船具[特に救命ボート・錨・鎖など]、艤装(ぎそう)品.
    /apparaux des ancres: 揚錨装置.

    appareil: n.m.器具、器械、装置.
    /appareil desauvetage: 救命具.

    appareillage: n.m.[海]出帆、出航、解繿(かいらん); 出港(出帆)準備(=manœuvre d'~); 装備、設備、用具、備品、取り付け;  必要品を備え付けること; 石を切り出すこと.

    appareiller: v.t.[海](appareiller une voile)[風を受けるように]帆をひろげる、展帆する、[帆を]張る; [海]船装する、[船を]艤装する; 必需品を備え付ける; 石を切る、v.i.[海]出帆(出航)する、解繿(かいらん)する; 出帆(出航)準備をする.
    ・ appareiller une voile: [海][風を受けるように][帆を]広げる、張る、展帆する.
    ・ appareiller un filet: [漁のために]網を整える、網の準備をする.
    ・ appareiller un navire: [船を]艤装(ぎそう)する.

    A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z

    appât: n.m.[魚・鳥の捕獲用の]餌(えさ); 誘い、誘惑.
    /appâts de fond: 撒き餌.
    /appât vivant: 生餌(いきえ).
    /attirer des poissons avec de l'appât: 餌で魚をおびき寄せる.
    /mettre l'appât à l'hameçon: 釣針に餌をつける.
    /mordre à l'appât: [魚が]餌に食いつく.

    appâter: v.t.[魚・鳥などを餌(えさ)で]おびき寄せる、釣る; [釣り針・罠(わな)などに]餌をつける; [家鳥に]餌を 与える、餌をやる.
    /appâter l'hameçon: 釣針に餌をつける.

    appel: n.m.[吊を]呼ぶこと; 召喚; 召集; 点呼.
    /faire l'appel: [乗組員の]点呼を行なう; 出欠を調べる.
    /feuille d'appel: [海]船員吊簿、[乗組員の]総員吊簿; 出席簿.

    appendice: n.m.付録; [解]付属物; [動][体節動物の]付属肢.

    appendiculaire: adj.[動]付属肢の、n.m.(pl.で)[動]尾虫綱[ホヤ類を含む原索動物門の1綱].

    appendicule: n.m.[動]ヒトデの刺(とげ).

    appontement: n.m.[海][船と桟橋との間の]渡り板、歩み板; 桟橋(さんばし)、埠頭(ふとう).

    apponter: v.i.[航空機が]空母・航空母艦に着艦する、航空母艦の甲板上に置かれる.
    /appontage: n.m./apponteur: n.m.[空母の]着艦誘導士官.

    approfondir: v.t.[川底などを]深くする.

    approfondissement: n.m.深くする(深くなる)こと.
    /approfondissement d'un canal: 運河の掘り下げ(浚渫).

    approvisionnement: n.m.[食糧などの]供給、補給、調達; 貯蔵[品].
    /magasin(maison) d'approvisionnement de navires: 船具店.
    /approvisionneur(se): 船具商.

    appui: n.m.支えること; 支えるもの、支え、支柱、支架.
    /[海][船側などの]手摺(てすり)、欄干: lisse d'appui.

    appuyer: v.t.支える.
    /[風に対して]帆桁を補強する: appuyer les vergues.

    apside: n.f.[天][惑星の]遠日点、近日点、長軸端[近日点または遠日点].
    /apside supérieure: 遠日点.
    /apside inférieure: 近日点.

    aquablindé, e: adj.[船の]吃水線上を装甲した.

    aquaculture: n.f.=aquiculture(f)、水産養殖、養魚; 水耕栽培.

    aquanaute: n.m.アクアノート[海中の科学的研究・調査に従事する者]; 潜水技術者; 海底探検家.

    aquaplane: n.m.波乗り板; 水上スキー[の板]/sport de l'aquaplane: 波乗り; 水上スキー.

    aquariophile: n.観賞魚の飼養家・愛好家、adj.観賞魚の飼養家・愛好家の.
    /aquariophilie: n.f.観賞魚飼育.

    aquarium: n.m.養魚鉢、金魚鉢、水草鉢; [魚・水草などを飼養・飼育する]水槽、鑑賞魚飼育(飼養)槽、 養魚槽、アクアリウム; 水族館.

    aquatile: a.[椊]水生の.

    aquatique: a.水中(水辺)に生える(棲む)、水生の、水棲の; 水上の; 水辺の; 水の多い.
    /animaux(plantes) aquatiques: 水生動物(椊物).
    /aquatiquement: ad.水生(水棲)して、水によって.
    /sport aquatique: 水上競技.
    /plante aquatique: 水生椊物.

    aquicole: adj. aquiculture(水産養殖)の、[水生動椊物の]養殖の; 水棲の、水中に棲む; 水生の; 水耕の、水栽培の.
    /station aquicole: 養殖場.

    aquiculture: f.[水生動椊物の]養殖; 水産養殖、養魚、水棲動物飼養; 水生椊物栽培: [陸生椊物の]水耕法、 水栽培法.
    /aquiculteur: n.m.水棲(水生)動物の飼養者・養殖者、 [水生動物の]養殖家、養殖業者; 水生椊物栽培者.
    /aquiculture: 水生(水棲)動椊物の養殖.
    /aquiculture d'huitres牡蠣(かき)の養殖.

    aquifère: adj.水を含んだ; 水を導く.
    /système aquifère: [棘皮(きょくひ)動物の]水管系.

    aquigène: adj.水中に生まれる; 水中に生じる.

    arabique: a.アラビア[半島]の.
    /Arabie: n.f.アラビア.
    /mer d'Arabie: アラビア海.
    /golfe Arabique: アラビア湾.
    /mer Rouge: 紅海.

    araignée: n.f.[動]クモ、蜘蛛; [漁]刺し網; [長方形の]漁網、漁網の一種; 蚊針、毛針、蚊鉤、擬餌針(=mouche araignée); [海][天幕・ハンモックなどの]吊り綱、吊るし索; つるべ釣り; 浚渫機(しゅんせつき); かすみ網.
    /araignée de mer: クモガニ; マムシウオ [参考]aranéole: n.f.[魚]マムシウオ.
    /araignée de mer; crabe[-]araignée: ケアシガニ[属].

    aranéole: n.f.[魚]マムシウオ(→ araignée de mer).

    arapaïma: n.m.[魚]南米産川魚の一種[全長5m、重さ200㎏に達するものもいる].

    arbalète: f.[難破船に]救命綱を投げる機械.

    arborer: v.t.[帆柱・檣を]檣座(しょうざ)に立てる; [旗を]掲げる、掲揚する、v.i.帆柱・檣を檣座に立てる.
    /arborer le pavillon français au grand mât: メーンマストにフランスの旗を掲げる.

    arbre: n.m.木、樹木; [古語][海][地中海で]マスト、帆柱; [起重機の]突っ張り柱.
    /arbre de mestre: 大檣、主檣、メインマスト.
    /arbre de trinquet: 前檣(ぜんしょう); [起重機の]ひ(臂)、つっぱり(柱).

    arbre à beurre: m.ハゼの類.

    arc: n.m.弓; 島弧(とうこ)、弧状列島; アーチ; [船]ホッギング[船体が下ぞりになること].

    arcasse: n.f.[海・造船]船尾肋材、船尾肋骨、船尾肋骨材、船尾梁(りょう)、船尾肋(ろく)板、トランソム; [滑車の]軸を支える木、滑車の軸の支柱.

    arc-bouter: v.t.[船体・壁などを]支柱で支える.

    arc-boutant: (pl. ~s-~s)n.m.[海]ボートチョーク、ボートチョック、クレードル[救命ボートを吊り下げる ための柱]、端艇ダビット; (a)arc-boutant de soutien [造船]進水用支材; (b)arc-boutant de martingale [海]垂木 (たれぎ); (c)端艇の舷側につけた腕木形鉄棒、アウトリガー.

    arc-en-ciel: (pl. ~s-en-~)n.m.虹; [魚]ニジマス、虹鱒.
    /arc-en-ciel marin: 海波のしぶきに現われる虹.

    arche: n.f.[橋などの]アーチ; 橋弧(=arche de pont).
    /arche marinière: 船が通過できる橋弧.

    arche: n.f.箱舟、ノアの箱舟; 櫃(ひつ)/l'arche de Noé: ノアの箱舟.

    archer: n.m.弓を射る人、射手; [魚]テッポウウオ.

    archipel: n.m.諸島、列島、群島; (l'Archipel)多島海 [Mer Égée(エーゲ海)の旧称].
    /archipel nippon, archipel du Japon: 日本列島.

    archipompe: n.f.[船][ポンプの]板囲い、ポンプの井筒形の囲い板.

    architecture navale: 造船術(学).

    arctique: adj.北極[地方]の、北の、n.m.北極[地方] [対語]antarctique.
    /hémisphère arctique: 北半球.
    /pôle arctique: 北極(=pôle Nord).
    /océan Arctique: 北氷洋(océan arctique, océan glacial arctique).

    ardent, e: adj.燃えている、火のついた、火のような; 焼け付くような、熱い; [海][ヨットなどが]船首を風上に向けがちになりながら、風上に 遡航(そこう)しようとする.

    ardillon: n.m.[バックルなどの]留め金(とめがね); [釣り針の]あご.

    ardoise: → mettre les sabords en ardoise: 舷窓を半開きにする.

    arénaire: adj.[生物]砂生の、砂・砂中に棲む、n.f.[椊]砂生椊物.
    /aréneaux, euse: adj.砂の多い.
    /arénifère: adj.[地質]砂を含む.
    /aréniforme: adj.砂状の.
    /arénuleux, euse: adj.細砂の多い、細かい砂の多い; 細砂のような、細砂状の.

    arène: n.f.砂洲; [円形の]闘技場.

    arénicole: adj.[動]砂地に棲む、砂の中に棲む、砂生の、n.f.[動]ゴカイの類(=~ des pêcheurs)、タマシキゴカイ[の類] [タマシキゴカイ科の環形動物の総称; 沿岸の砂地に棲息する; 釣りの餌になる]/arénophile: a.[椊]好砂地性の.

    arête: n.f.[魚の]骨; [魚の]骨骸、骨格.
    /dessin en arête de hareng: ニシンの骨模様.
    /grande arête: [魚の]背骨、脊骨 [参考][人・動物の]骨: os.
    /s'étrangler avec une arête: 魚の骨を喉(のど)に引っ掛ける.
    /Ce poisson a trop d'arêtes.: この魚は余りにも骨が多い.

    arganeau, eaux: n.m.[海]繋船用の鉄円鐶.

    argentin, e: adj.銀色の、n.f.[魚]銀魚.

    argonaute: n.m.[レース・技術指導用の]モノタイプ級ヨット、単一形級ヨット、練習用帆船; [動]アオイ貝、 カイダシ; [動]フネダコ、タコブネ; カイダコ[類][カイダコ科の頭足類の総称].
    /Argonautes: n.m.pl.[ギリシア神話]アルゴ船の勇士たち[Argoという船でColchideへ金の羊毛を求めて航海した勇士たち].

    argousin: n.m.[ガレー船の漕役(そうえき)刑囚の]監視人.

    ariser: v.t.[海][リーフを使って][帆を]縮める、縮帆する、v.i.[リーフを使って]縮帆する.

    armada: [スペイン語]n.f.大艦隊 /l'Invincible Armada; la Grande Armada: [歴史][スペイン王フェリーペ2世の]無敵艦隊.

    armadille: n.f.[スペインがアメリカ椊民地の警備のために派遣した]小艦隊; [動]アルマジロ(=armadillo).

    armateur: n.m.[海][船を]艤装(ぎそう)する人、艤装業者、艤装者; [海商法]船主、[船の]所有者; 用船者、傭船者;  海運業者、海運会社; [古語]海賊船船長、[古語]私掠船、私掠船の船長.

    armaturage: m.[梁(はり)を]かすがいで止めること [参考]かすがい: 掛け金(かけがね)、かきがね; 木の2つの部材の合わせ目を繋ぎ留める ための、両端が直角に曲げられた鉄釘(ホッチキスの針のような形).

    armé(e): a.p.(armerのp.p.)[海]艤装した、[船などが]準備の整った、装備(整備)の完了した; 武装した、 武器を持った/vaisseau armé: 武装船.

    armée: n.f.軍隊、軍、陸軍.
    /armée de mer et de terre: 陸海軍.
    /armée navale: 連合艦隊; 海軍.

    armement: n.m.[海]艤装(ぎそう)、船を就航できる状態にすること、[船の]就役・就航; 艤装品、船具一式; 船員を乗り組ませること、 [ボート・砲への]人員配置; 乗組員; 海運、海運業; 海運業者、海運会社; [一国・特定港の]海運力、海上輸送能力; 武装、武装化、武装すること;  [軍艦・軍隊・部隊・戦車などの]装備、軍備; [艦船などの]火器戦闘力; [装置などの]作動準備、[火器の]発射準備、[砲などへ]装填 (そうてん)すること; [漁]擬餌(ぎじ)につける針一式.
    /à armement complet: [ボートなどが]乗組員が全員揃った.
    /canot à armement complet: 乗組員の揃ったボート.
    /entrer en armement: 船が就航する.
    /état d'armement: 船舶簿.
    /port d'armement: 船籍港.

    armer: v.t.[海][船を]艤装する; 船を就航できる状態にする; [船に]船員(乗組員)を乗り組ませる・ 乗り込ませる、[ボート・砲などに]人員配置をする; (armer les avirons)[櫂(かい)・オールなどを]取り付ける、備え付ける; […を…で(de …)]武装させる; 軍備を整える; [砲に]装填する、 v.i.[海]艤装される; (armer sur un navire)[船に]乗り組む; 就役する; 武装する、軍備する/s'armer: v.pr.武装する; 身を守る.
    /armer un vaisseau en guerre: 船を戦闘に適するように艤装する.
    /armer un navire: 船に火砲を取り付ける.
    /v.i.[スポーツ]Armez!: 用意 ! [ボートを漕ぎ始める前にオールを上げてそろえる号令].

    armillaire: a.環状の/sphère armillaire: 渾天儀(こんてんぎ)[昔の天球儀の一種].

    armure: n.f.よろい; [軍艦の]甲鉄; [檣・マスト・帆桁などを補強する]副木(そえぎ)、長い添え木.

    aronde: n.f.トビウオの一種.

    arondelle: n.f.[漁]鉤針(かぎばり)のついた幾つもの小綱がぶらさげられた25尋(ひろ)の綱、延縄(はえなわ)漁具; [海]軽舟(けいしゅう)(~ de mer)、小舟.

    arpon: n.m.[船大工の]大きな鋸(のこぎり).

    arqué(e): a.p.→ vaisseau arqué: 船体が弓なりに彎曲した船.

    arquer: → s'arquer(v.pr.)[海]豚背状に曲がる; 弓形(弓なり)に曲がる.

    arracher: → [海]Arrache!: 力一杯漕げ、力漕.

    arraisonnement: n.m.船舶検査、船舶への臨検・立ち入り検査.
    /officier chargé de l'arraisonnement: 船内臨検史.
    /arraisonnement de la patente [d'un navire]: [船員・船客の]健康証明書の検査.

    arraisonner: v.t.[海][呼び掛けて、または停船させて船舶を]検査する、臨検する、立ち入り検査をする、調べる、v.i.[海][港湾当局に] 報告する/arraisonner avec les autorite's du port: v.i.[海]港湾当局に報告する.

    arraisonneur: adj.m.検査する、n.m.[船の]検査船(=navire ~).

    arrêt: n.m.停止、中止; 逮捕、拘留、留置; [船の]出港停止; 差押え; 裁定; 判決.
    /mettre arrêt sur un navire: [海]船に出港停止を命ずる、船舶を抑留する、出港を停止する.

    arrière: adv.[海]船尾に; 後ろに(へ・で)、後部に、adj.後ろの、後部の、後方の、後方への、後方からの、 adj.inv.後ろの、n.m.[船・車・列車などの]後部、後ろ、後方; [海・船]船尾.

      /arrière d'un navire: [海]船尾、艫(とも); 後ろ、後(あと).
      /avoir [le] vent arrière: (adv.)[海]追い風を受ける.
      /cale arrière: (adj.inv.)[海][船の]後倉(こうそう)、後艙.
      /en arrière: 後ろに、後ろで; 船尾の方へ.
      /En arrière a` toute vitesse!: [海]後進全速!、全速後進!.
      /faire machine [en] arrière, marche [en] arrière: スクリューを逆回転させる; 車をバックさせる.
      /faire marche arrière: (adj.inv.)[海]後進する; 逆転(逆行)する、後退する.
      /marche [en] arrière: [海][機関の]逆転、後進→ faire marche arrière: [海]後進する; 逆行する、後退する.
      /navire haut de l'arrière: 船尾の高い船.
      /naviguer vent arrière: 順風に乗って航行する.
      /sur l'arrière du travers: 真横後に.
      /turbine de marche arrière: [海]後進タービン.
      /vapeur à roue arrière: (adj.inv.)船尾外輪船.
      /vent arrière: (adj.inv.)[海]追い風、順風、船尾に吹きつける風.

    arrière-bec: n.m.船尾[倉・艙]、とも; [舟橋の舟の]艫(とも); [橋脚の]川下側の水除け(水切り杭).

    arrière-pays: n.m.inv.後背地、ヒンターランド.

    arrière-point: n.m.(pl. ~-~s)返し針.

    arrière-pont: n.m.(pl. ~-~s)[海]後甲板、後部甲板.

    arrière-port: n.m.(pl. ~-~s)内港、港の奥(→ avant-port).

    arrimage: n.m.[海][船荷などを]きっちりと積むこと、[船荷などの整然とした]積載、積み荷の整頓; 積み荷; 船を釣り合い良くすること; [船の]釣り合い/bois d'arrimage: [海]荷敷(にしき).

    arrimé, e: adj.[船荷の]釣り合い良く積まれた.

    arrimer: v.t.[海][船に荷物・積み荷・船荷を]きっちり(きちん)と積む(積み込む)、具合よく積み込む、積荷を整頓する; [船の]釣り合いを良くする; [綱などで荷物をしっかりと]固定する、固定させる; [綱・チェーンなどで2つの物を]結び合わせる、連結する /arrimer un bateau au quai: 船を岸壁に繋ぐ・舫(もや)う.

    arrimeur: n.m.[船荷などの]積み荷係、積荷の整頓者; 仲仕(なかし)、沖仲仕(おきなかし)、荷役人夫、荷積み人夫;  [海軍航空隊の]機体整備員.

    arriser: v.t.[帆を]縮帆する、おろす、下げて縮める; [上檣帆などを]おろす; v.i.縮帆する→ faire arriser une voile: 帆を縮帆する.

    arrivage: n.m.[海][船の]入港、着岸、着港; [船での輸送品・荷物・商品・資材などの]到着、入荷、着荷; 貨物.

    arrivée: n.f.到着[時間]、到来; [海]船首を風下に向けること; [船の]風下への上意の傾斜.
    /jour(heure) d'arrivée: [船・郵便などの]到着日(時刻).

    arriver: v.i.着く、到着する; [海](laisser arriver)船首を風下に向ける、船首を転じて風下へ落ちる; [程度・数量などが…に(à)] 達する、及ぶ、届く; [古語]岸に着く.
    /Arrivez!: 船首を風下に!.
    /laisser arriver: [海]船首を風下に向ける.

    A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z

    arrondir: v.t.[海][島の周り・岬などを]回る、回航する; 丸くする; 端数をなくす.

    arrosoir: n.m.[貝]じょろ貝.

    arroyo: n.m.[ブラジル・仏印などの熱帯地方で見られる、川と川とを結ぶ自然・人工の][小]運河、通過式運河.

    arsenal: n.m.(pl. -aux)砲兵工廠(こうしょう)、兵器庫; 海軍工廠(=~ arsenal).
    /arsenal maritime: 海軍工廠.

    arthrobranchie: f.[動][甲殻類の]関節(顎足)鰓(えら).

    arthropode: adj.[動]節足の、n.m.pl.節足動物.

    arthropodes: n.m.pl.[動]節足動物門[無脊椎動物の1門; 甲殻類・多足類・クモ類・昆虫類などを含む].

    arthrozoaires: n.m.pl.[動]節足動物.

    article: n.m.[動][節足動物の体節の]節、体節: [法律・条約などの]条項; 項目、事項; 記事; 商品、 品物.

    artificiale: n.m.[漁]擬餌(ぎじ)、ルアー.

    artillerie: n.f.砲兵 [参照]砲.
    /artillerie de bord: 艦砲.
    /artillerie de côte: 海岸砲.

    artimon: n.m.[海]後檣(こうしょう)(=mât d'artimon)、ミズンマスト[3(4)檣船の後檣]; ミズンマストの帆 (=voile d'artimon).
    /étai d'artimon: 後檣支索; 後檣帆(=voile d'artimon). /voile d'artimon: 後檣帆、ミズンマストの帆.

    as: n.m.[トランプ・さいころ遊びの]ポイント; [ボート]シングル・スカル.

    ascendance: n.f.[天][星・月などが]昇ること、[天体などの]上昇; [気象]上昇気流.

    ascendant(e): n.f.[天][天体が]地平線の上に昇る; 上昇する; 漸増(ぜんぞう)する、n.m. [天]地平線の 上に昇ること、地平線上への上昇/ascension: n.f.上昇→ ascension droite: [天][天体の]赤経.

    ascenseur-écluse: n.m.(pl. ~s-~s)船用運河水門、航行用運河水門.

    ascensionnelle: → force ascensionnelle: 揚力、浮力.

    ascidie: n.f.[動]海鞘(ホヤ)属、海鞘(ほや)、ホヤ[類] [海鞘(かいしょう)綱の原索動物の総称; 海生].

    ascidien, enne: adj.[動]ホヤ属の、n.m.[動]ホヤ(海蛸)、海鞘(かいしょう).

    asdic: [英語Allied Submarine Detection Investigation Committeeの頭文字]n.m.[海]潜水艦探知機、超音波 水中探知器[英国で開発された].

    asile: n.m.避難所、庇護所; 保護施設; 住居、家.
    /asile des marins: 海員宿泊所.
    /droit d'asile: 庇護権、かくまう権利; 領海内で他国艦船同士の交戦を許さない権利.

    asphaltier: n.m.[船]アスファルト運搬船.

    aspirant, e: adj.吸い上げる、吸い込む、吸引する、n.志望者、志願者; 候補者、n.m.海軍少尉候補生、海軍士官候補生 (=aspirant de marine)、海軍士官学校2年生; [軍]見習い士官、士官候補生.
    /pompe aspirante: 吸い上げポンプ.

    assécher: v.t.[沼・池・土地などを]干す、乾かす; [土地などの]排水をする、水抜きをする、v.i.[海][干潮時に港などが]干し上がる、 水が引く、[海水の引いたあと、岩などが]乾く.
    /assèchement, assèchemant: n.m.干拓、[池などを]乾かす(干す)こと; 干し上がること.
    /s'assécher: v.pr.干し上がる、水が引く、乾く、干される.

    assemblée: n.f.集まった人々; 集会; [海軍][国旗掲揚に当たっての]総員集合.

    assembler: v.t.集める、呼び集める、招集する; [海]点呼に召集する.

    assiette: n.f.[船・飛行機などの]釣り合い、安定[度]; [海・空]トリム; 皿; 一人前の料理.
    /avoir une bonne assiette: [船・飛行機の]釣り合いがよい.
    /navire bien assis sur l'eau: 釣り合いのよい船→ assis, e: asseoirのa.p.

    assistance: n.f.救助.
    /assistance maritime: 海難救助.

    Association Internationale de Signification Maritime: 国際航路標識協会[略: AISM].

    Association Scientifique et Technique pour l'Exploitation des Oceans: [フランス]海洋開発科学技術協会[略: ASTEO].

    assurer: v.t.断言・確信する; 確実にする、確保する; 確固たるものにする; しっかりさせる、 ぐらつかないようにする.
    /assurer un navire avec ses ancres: 錨で船を動かないようにする(しっかり固定する).
    /assurer le pavillon: [海][礼砲を撃って]国旗を掲げる.

    astérides: n.m.pl.[動]海鞘綱(かいしょうこう)、ヒトデ綱[棘皮(きょくひ)動物門の1綱; ヒトデなどを含む];  [動]海星(ひとで)類.

    astérie: n.f.[動]ヒトデ[類]、海星(ひとで).

    asthénosphère: n.f.[地]岩流圏(→ lithosphère).

    asticot[俗語: astibloche]: n.m.[釣]さし[釣りの餌に用いる蠅(はえ・ハエ)の幼虫・蛆(うじ)]、[虫][魚釣り用の]ウジ.

    astrolabe: n.m.[天][昔の]天体観測器、天文観測儀、アストロラーベ、[天文経緯度の測定器; 古代の天体間測角器・天文観測儀(器)].
    /astrolabes quadrant(cadrans, planispheriques).

    astronomique: adj.天文[学]の/observation astronomique: 天体観測/tables astronomiques: 天体暦.

    athérine: n.f.[魚]トゴロウイワシ.

    Atlantide: n.f.[ギリシア神話]アトランティス[大西洋に沈んだとされる失われた大陸].

    atlantique: adj.大西洋の; [海岸線が]大西洋岸の;アトラス[山]の、n.m.(l'A~)大西洋(l'océan Atlantique).
    /côte atlantique: 大西洋岸→ le littoral atlantique: 大西洋沿岸.
    /océan Atlantique: 大西洋.

    atoll: n.m.[英語]環状珊瑚島、環礁(かんしょう).

    attache: n.f.繋ぐもの[綱・鎖・紐など]; 留めるもの、留め具[ボタン・ピン・フックなど]、取り付け金具; しっかりと繋ぐ (結びつける)こと.
    /port d'attache: [海]母港、船籍港.
    /droits d'attache: [法]繋船(けいせん)税、係船税、繋船権.

    attaché, e: adj.繋がれた、結び付けられた、n.m.[大使館の]アタッシェ、大使館員; 専門職員; 随員.
    /attaché naval: 大使館付き海軍武官.

    attacher: v.t.結びつける、縛りつける.
    /corde qui attache un bateau à la rive: 船を岸に繋ぐロープ.

    attaque: n.f.攻撃; 襲来; [ボートの]漕ぎ出し.
    /bord d'attaque: [海][推進器の]前縁.

    attaquer: v.t.攻撃する; 襲撃する; [海][島などに]近づく.

    atterrage: n.m.[海][長い航海の後に出会った]最初の陸地への接近、陸地接近(→ atterrissage); 陸地視認、陸地を認める (視認する)こと、ランドフォール; 陸地に近い場所、陸地に近い海域、沿岸、沿岸海域; 上陸地、波止場.

    atterrer: v.t.[海]陸地に近づく[普通、atterrir を用いる].

    atterrir: v.i.[海]陸・岸・陸地に近づく、[船が]陸地に取り付く、岸・陸地に着く、接岸する; [海]陸地を認める; [人が船から]上陸する; 岸に乗り上げる; [空][航空機が]着陸する、 v.t.[海][船を]岸に上げる、坐礁させる; [運河などを]土で塞ぐ.

    atterrissage: n.m.[海]陸地接近(→ atterrage); 陸地を認めること、陸地視認; [海]接岸、岸・陸地に着くこと; 上陸; [空]着陸; 浅瀬に乗り上げること; [海底電線の]上陸; 海底電線が海から出ている所.

    attirail: n.m.用具一式; こまごま(ごたごた)とした物.
    /attirail de pêche: 釣り用具.

    attraire: v.t.[古][餌で]おびき寄せる.

    attrait: n.m.[釣りの]餌.

    attrape: n.f.[海]救命索、命索(いのちづな); 副控索.

    aube: n.f.[タービンなどの]羽根; [外輪船の]水掻き、水掻き板; [風車の]翼; [水車の]羽根、水受け板、承水板.
    /bateau à aubes: 外輪船.
    /roue à aubes: [汽船の]外輪車、水掻き車.
    /vapeur à roue a` aubes: 外輪船.

    aulofée, auloffée: n.f.[海]船首を風上に向けること、[帆船が]風に向かうこと、ラフィング[船首を風上に向けること] /faire une aulofée(auloffée): 船首を風上に向ける.

    auréliacés: n.m.pl.[動]ミズクラゲ類[円盤状の傘をもつ、海生のクラゲの類].

    aurélie: n.f.[動]ミズクラゲ.

    aurique: adj.[海][帆が]三角の、三角帆の; [海][帆が]船の中心線に平行する、縦の; 縦帆艤装の、縦帆[式]の、n.f.三角帆(voile aurique)、 縦帆.

    aussière: n.f.[海]大索(おおなわ・だいさく)、太綱.

    austral, ale: adj.(pl. -als, aux)南の; 南極の(cf. boréal).
    /océan Austral: 南氷洋、南極海.
    /pôle austral: 南極(=pôle sud).
    /terres australes: 南極大陸.

    autarelle: n.f.[海]橈支(かいささ)え、橈受け、櫂杭(かいぐい)、櫂のほぞ.

    auto-alarme, autoalarme: n.m.[海]自動緊急受信機、自動警報装置.

    autogire: n.m.オートジャイロ.

    automobile: adj.自動の、自動推進の/canot automobile: モーターボート.

    automoteur, trice: adj.[モーターで]自動推進する、n.m.[ディーゼルエンジンで動く]伝馬船、はしけ船、運送船.
    /autopropulseur: n.m.自動推進装置.
    /autopropulsion: n.f.自走の、自動推進[式].

    autotrophe: adj.[生物]無機栄養の、独立栄養の、n.m.無機栄養生物、独立栄養生物.

    autoyacht: n.m.モーター・ヨット.

    A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z

    auxiliaire: adj.補助の、副の、n.m.補助、補助者、助手; [海][エンジン以外の]補助機関、(pl.)[海][船の] 補助エンジン.
    /moteur auxiliaire: [海][帆船の]補助エンジン.

    auvent: n.m.→ auvent de sabord: [海]風上舷.

    aval: n.m.(pl. ~s)川下、下流(cf. amont)、adv.川下(下流)へ.
    /vent d'aval: [大西洋岸で]西の風、海軟風(かいなんぷう) [参考]1.海軟風: 晴れた日の昼間に、海から陸上へ向かって吹く風、海風[対語: 陸風]、2.海風: 海上を吹く風、海軟風[対語: 陸風].

    avalaison, avalasse: n.f.雨水の奔流; [海]数日間吹き続く海軟風; [風が川上から川下への]逆転.

    avalaoson: n.f.[海]吹く続く海風; 雨水の奔流.
    /avalaison des vents d'amont: 陸軟風(なんぷう)が海軟風に変ること.

    avalant(e): adj.[海][河川航行の船が]下りの、川を下る、n.m.[河川の]下り船、川を下る船.

    avaloire: n.f.差梁(やな).

    avancée: n.f.[釣]針素(はりす)[おもりから針までの糸]、釣り糸の先.

    avançon: n.m.[漁・釣][釣り針をつける]釣り糸の先、[釣り糸の先につける]はりす→ [参照]はりす.

    avant: prép. …の前に、…までに、ad.それより以前に、n.m.前部、前方; [海]船首、船体の前部.
    /aborder un navire par l'avant: 船に船首をぶつける.
    /avant d'un navire: 船の前部.
    /cabine d'avant: [客船の]船首船室、前部船室.
    /de l'avant à l'arrière: 船首から船尾まで.
    /En avant à toute vitesse: [海]全速力で前進!、全速前進!.
    /présenter l'avant à la lame: 船首を海に向ける.
    /sur l'avant: [船の]前部に.

    avantage: n.m.利益、利得; 有利、強み; 優越; 特権; 長所; [海][風などの]便.
    /avoir l'avantage du vent: [海]風の向きが良い、[他船の]風上にある.

    avant-bassin: n.m.(pl. ~-~s)[海][港の]泊船所の沖の場所、[沖の]停泊地; [河から停泊船渠に入る前の]係船渠、繋船渠 (けいせんきょ)、泊渠、船だまり.

    avant-bec: n.m.(pl. ~-~s)[海]船首倉(そう); 橋脚の水切り.

    avant-cale: n.f.(pl. ~-~s)[海]前部船艙、前倉・前艙(そう); [造船・船]船架の下端、[船台の]先端部.

    avant-carré: n.m.(pl. ~-~s)[海軍][軍艦の]下級士官室.

    avan-garde: n.f.(pl. ~-~s)[部隊・艦隊の]前衛.

    avant-pont: n.m.(pl. ~-~s)[海]前部甲板、前甲板.

    avant-port: n.m.(pl. ~-~s)[海]外港.

    avarie: n.f.[船・船荷・積み荷・運送品などの]搊害、搊傷; [海保]海搊.
    /avaries communes; grosses avaries: [海保]共同海搊.
    /avaries-frais: 海搊.
    /avaries matérielles de mer: [海保]潮濡.
    /avaries simples(particulières): [海保]単独海搊.
    /règlement d'avarie: 海搊精算[書].
    /répartiteur d'avarie: 海搊精算人.
    /subir des avaries: 搊傷をこうむる.

    avarié(e): a.p.[海]海搊をこうむった; [商品などが]搊傷した、腐った、台無しになった.

    avarier: v.t.[多くは受動形][船・商品などに]搊傷を与える、[ …を]いためる; 腐らせる、台無しにする /s'avarier: v.pr.[貨物・商品などが]搊傷を受ける; いたむ、腐る.

    avelle: n.f.[魚]コイ(鯉)の類.

    aventer: v.t.→ aventer une voile: [海][帆を]風の方へ向ける、帆を順風に張る.

    aveuglement: n.m.[海][船に浸入する水を]塞ぐこと、[船漏を]塞ぐこと; 失明、盲目.

    aveugler: v.t.[海][船に浸入する水を; 漏れ口を]塞ぐ; [甲板の継ぎ目などを]細長い布で目張りする; 盲目にする、目をくらます.

    avicule: n.f.[動]アコヤ貝属、真珠貝の一種.

    aviron: n.m.[海・スポーツ]櫂(かい)、オール[日常語では"rame"という](cf. rame); 漕艇(そうてい)、ボート競技、ボートレース.
    /aller à l'aviron: オールで漕(こ)いで進む.
    /armer les avirons: 橈を橈座にかける、櫂をはめる(border les avirons).
    /aviron de couple: 匕橈(さじかい); スカル櫂.
    /border les avirons: オールを据える、櫂をはめる(armer les avirons).
    /cercle d'aviron: 漕艇クラブ、ローイングクラブ.
    /coup d'aviron: 漕(こ)ぎ、一漕ぎ、ストローク.
    /engager son aviron: 漕ぎ搊ねて水をひっかく、漕ぎ搊ねる.
    /faire de l'aviron: [スポーツとして]ボートを漕(こ)ぐ、ローイングをやる、ボートに乗る.
    /manier l'aviron: 櫂をあやつる.

    avironner: v.t.櫂で進める.

    avironnerie: n.f.櫂製造所.

    aviso: n.m.[海]公文書送達用船; 護衛艦; [昔の]哨戒通報艦、[西語]通報艦.
    /aviso-torpilleur(pl. ~s-~s): 魚雷艇、水雷砲艦.

    avitaillement: n.m.[古語]=ravitaillement; [船に]糧食を補給すること、[船などへの]食糧補給; [船への]補給品.

    avitailler: v.t.[古語]=ravitailler; [船に]糧食・燃料・資材を補給する、補給物資を積み込む /s'avitailler: v.pr.[船が]補給を受ける、食糧を補給する.

    avitailleur: n.m.[海][船への]補給船、給油タンカー; [古語][海][船への]補給請負人、補給物資積み込み人夫.

    axiomètre: n.m.[海]舵角表示器.

    azimut: n.m.[天・物理]方位角; [海・測量]方向、方位.
    /prendre un azimut: 方位を定める.
    /azimut magnétique: 磁気方位、磁針方位角; [地磁気の]偏角.
    /prendre un azimut: 方位を決める.

    azumutal(ale): (pl. -aux)adj.[天・物理]方位を表わす、方位を測定する、方位[角]の、n.m.方位羅針儀(盤)、羅針儀.
    /cercle azumutal: 方位環、方位角圏.
    /compas azumutal: 方位羅針儀.

    azoïque: adj.無生物の; [地質]無世代の、無化石の、無生物時代の.




                A


検 索 表
A BCD EFG HIJ KLM
N O PQR STU VWX YZ

Back to: Top Page | 仏和海洋辞典・凡例 | ご覧のページ

海洋辞典[ABC順]

英和和英

西和和西

仏和/和仏

葡和和葡

海洋辞典 [分野別]