海洋辞典[ABC順]

英和和英

西和和西

仏和/和仏

葡和和葡

海洋辞典 [分野別]

Japanese-French Ocean Dictionary
和仏海洋辞典

F
fa~funa
fune~


検 索 表
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z

Back to: Top Page | 和仏海洋辞典・凡例 | ご覧のページ



    fain'nesuファインネス:
    /finesse: n.f.繊細; 細かさ; 精巧; [海][船の]ファインネス[船のやせ方の程度、船の肥痩(ひそう)の程度].
    ・ coefficinent de finesse: ファインネス係数、肥痩係数.

    feari-da-[海]フェアリーダー:
    /chaumard: n.m.[船][船の]フェアリーダー、導索器、綱受け、綱車の留め木; 檣索の支柱.

    fenda-フェンダー: [参照]防舷物.

    ferakka[船]フェラッカ:
    /felouque: n.f.[北アフリカ海岸の]フェラッカ船 [2本(1本)マストの三角帆または櫂(かい)を用いる細長い船;  主に地中海の海賊が使った]、[北アフリカの]小型沿岸航行帆船、帆と櫂を兼ね備える細長い小舟.

    feri-フェリー: [参照]渡し船.
    /bac: n.m.渡し船、渡船(とせん)、フェリー(→ bachot); 渡船場; [平底の]容器、大桶(おけ)、バケツ、槽.
    ・ bac transbordeur(porte-trains): 列車渡船、[列車]連絡フェリー.
    ・ droite de bac: [法]渡船使用権.
    ・ passer dans un bac: …を渡船で渡す.
    ・ passer le bac: 渡船場を渡る.
    /ferry-boat: n.m.(pl. ~-boats)[英語]鉄道連絡船、車両運搬船、連絡用列車運搬舟、フェリーボート[多くは 省略されてferryという].

    feri-bo-toフェリーボート: [参照]フェリー.

    feri-ro-puフェリーロープ:
    /traille: n.f.渡し綱[渡し舟を渡すために対岸へ張った綱]; [川に渡した綱に舟を繋ぎ、渡し綱に沿って、水流を利用して進む] 繋留渡し舟、ロープ式渡し舟、係留渡し; フェリーロープ、フェリーケーブル; [漁]曳き網、引き網、トロール網、地引き網.
    figyua-heddo[海]フィギュアヘッド: [参照]船首像.

    fireフィレ:
    /filet: n.m.ヒレ(あるいはフィレ)、ヒレ肉、フィレ肉(→ bœuf); [三枚におろした]魚の片身、魚の切り身、魚のヒレ (filet de poisson)、[魚肉などの]うす切れ・切り身.

    fisshu-te-kuruフィッシュテークル:
    /traversier: n.m.[小舟の]横木; [旗頭の]横木; [3本マストの]小帆船; [海][ボートなどの]足掛け; [カナダ]フェリー;
    n.f.[海]フィッシュテークル [収錨用索具]、[海]錨を吊り上げる滑車、収錨用の滑車、収錨用の絞轆(こうろく); [海]錨索(びょうさく).

    fiyorudoフィヨルド: [参照]峡湾(きょうわん).
    /fjord: n.m.[ノルウェー][地]フィヨルド、峡湾.
    ・ Des fjords de'coupent la côte.:フィヨルドが海岸線を入り組ませている峡湾.
    ・ fjeld: n.m.[ノルウェー][地]フィヨルド、氷河台地.

    foaフォア:
    /quatre san barreur: 舵手なしのフォア.
    /quatre avec barreur: 舵手付きのフォア [参考]quatre: [ボートレース・漕艇の]フォア.

    foa-masuto[海][船の]フォアマスト: phare(m) de l'avant.
    /mât de misaine: フォアマスト.

    foa-sute-suruフォアステースル:
    /trinquette: n.f.[海][三角帆船の]前檣帆、フォアステースル; [船首の]三角帆(=foc)[メーンマストあるいは前檣に最も 近いところにある]、前檣支索三角帆.

    fo-suru[海]フォースル:
    /fortune: n.f.財産、資産; 運; [海][スクーナーなどの]フォースル、クロスジャッキ[前檣(ぜんしょう)・ 後檣(こうしょう)の下桁(したげた)にかかる帆](=voile de fortune).
    /misaine: n.f.[海]前檣(=mât de misaine); 前檣帆、フォースル(=voile de misaine).
    ・ mât de misaine: 前檣、フォアマスト→ [参照]voilier.
    /voile de fortune: [海]フォースル.

    houdo豊度:
    /abondance: n.f.[生物]数度[一定の調査域中における固体数]、豊度; 多量、豊富; 富裕.
    /abonder: v.i.たくさんにある、富む→ 魚の多い川: rivière qui abonde en poisson.

    fuantei[海][船・船体の]上安定[性]: chavirabilité(f).
    /chavirable: adj.[海][船・船体が]上安定な.

    fuchi:
    /bordure: n.f.縁(ふち)、へり; 縁取り、トリミング、縁飾り; [海]フット[帆の裾・下端・下縁・底辺].
    ・ bordure de voile: 帆裾.
    ・ [villas] en bordure de mer: 海辺の[別荘]、海のほとりに、海の縁に.
    /chute arrière: [海][縦帆の]後縁.
    /chute avant: [海][縦帆の]前縁.
    /gainage: n.m.[海][帆の]縁付け.
    /gaine: n.f.[海][旗・帆の縁に縫い付けた補強用の]縁布、縁; [海底線・電線などの]覆い、外装; [砲・砲弾の]門管 (gaine d'un obus); カバー、ケース、[刀剣の]鞘(さや).
    /gainer: v.t.[…に]gaine(覆い)をつける; [カバー・鞘に]入れる; [海][旗布・帆に補強のため]縁・縁布をつける.
    /ralingue de chute: 後縁の帆縁綱(ほえんづな).

    fuchiduna縁綱: [参照]縁索.

    fuchin上沈:
    /insubmersibilité: n.f.上沈性、沈まない性質; [海]上可潜性.
    /insubmersible: adj.沈まない、沈没しえない; [海]上可潜性の.

    fuchinawa[帆の]縁索(ふちなわ):
    /faix: n.m.inv.[帆の]縁索(ふちなわ); 荷、重荷.
    /ralingue: n.f.[海][帆の縁を丈夫にするためにつける]縁索(ふちなわ)、帆の縁綱、ボルトロープ、帆耳索(ほみみづな) [索帆を固くするために縁に縫い込んだ索]; [漁][引き綱につけた]網綱、網縄; テント張綱船.
    /ralinguer: v.t.[海][帆・網に]縁索(ふちなわ)をつける、帆縁綱をつける、船に帆耳綱をつける; [帆を]風向きと平行させる (平行にする)、v.i.[海][帆が]風向きと一致してはためく・はたはたする、[帆が]シバーする、風にばたばたする、 [帆が]風をはらんではためく.

    fuchinuno[海][帆の]縁布: gaine(f).
    /gaine: n.f.[海][旗・帆の縁に縫い付けた補強用の]縁布、縁; [海底線・電線などの]覆い、外装; [砲・砲弾の]門管 (gaine d'un obus); カバー、ケース、[刀剣の]鞘(さや).
    /gainer: v.t.[…に]gaine(覆い)をつける; [カバー・鞘に]入れる; [海][旗布・帆に補強のため]縁・縁布をつける.

    fudei腐泥:
    /sapropel, sapropèle: n.m.[地質]腐泥 [腐敗した有機物からなる軟泥で、石油に変わると考えられている].
    /saprophage: adj.[動]腐生の、腐食性の、n.m.腐生動物、腐食性動物.
    /saprophyte: n.m.[椊]腐生椊物(=végétal ~)、死物寄生椊物(菌類).

    fu-doフード、覆い:
    /capot: n.m.[汽船などの煙突の]通風帽; [海・機][エンジンなどの]覆い、フード、キャップ、覆蓋; [海]防水布、防水帆布;  [甲板上のものを保護する]雨覆い; [海]昇降口の覆い戸、昇降口覆蓋、甲板昇降口の風雨除け、[ヨットなどの]甲板昇降口のふた、 上げぶた; [潜水艦などの防水式]昇降口、ハッチ; [潜水艦の]司令塔、展望塔; [砲塔の]見張り天蓋(てんがい); [自動車の]ボンネット;  [海・軍]頭巾(ずきん)付きの大外套.

    fue: → rossignol: n.m.[鳥]ナイチンゲール[サヨナギドリともいう]; 小笛; [海][指揮用の]笛、[海]水夫長の笛.

    fueiyouka富栄養化:
    /eutrophication: n.f.[湖沼の]富栄養化[窒素、リンなどによる環境破壊・水質悪化として].
    /eutrophisation: n.f.[湖沼の]富栄養化[自然状態によるものとして].

    fugu[魚]フグ:
    /orbe épineux: [魚]フグ [参考]orbe: n.m.[天]軌道; 天球[太陽・地球・月など].

    fuhen-setsu上変説:
    /fixisme: n.m.[地学][海洋・大陸の]恒久上動説(cf. mobilisme); 生物上変説[全ての種は、その発生時において 必要物を備えているので、進化しないという学説].

    fuhou-koui上法行為: [参照]上正行為.

    fuhyou[海]浮標: [参照]ブイ.

      /amarque: n.f.[海]警標、浮標、標識用ブイ.
      /balisage: n.m.[ブイなどによる]航路標示; 航路標識の設置、浮標を置くこと; [集合的に]標識、航路標識、浮標群; [海]警標設置; [総称的]警標; [海]警標税(=droits de balisage); 測量標(測量柱)設置; 航空標識を設けること.
      /balise: n.f.[海]航路標識、[特に]ブイ、浮標; 警標、礁標; ラジオビーコン、無線標識; 測量柱; 道路標識; 航空標識 ・ balise flottante: [海]ブイ.
      /balisement: n.m.浮標の設置; 航空標識の設置.
      /baliser: v.t.[…に]balise(警標、航路標識)を置く・設置する、浮標を設ける、…に航路標識を設置する; […に]測量柱を立てる、[経路・コースなど]に標識を立てる; ラジオビーコンを設置する; 航空標識を設ける.
      /baliseur: n.m. balise(浮標・標識・航路標識・航空標識など)の設置者・設置監視人、baliseの巡視官; [海]警標設置船・監視船、標識巡視船、航路標識設置船(=bateau baliseur).
      /bouée: n.f.[海]浮標、ブイ; [海水浴の]浮袋、浮輪(うきわ)(=bouée de sauvetage); 救命ブイ(=bouée de sauvetage).
      ・ bouée à cloche: [風・波などで作動する]打鐘浮標、鈴付き浮標、ベルブイ.
      ・ bouée à sifflet: [霧中(むちゅう)用の]ホイッスルブイ、鳴笛ブイ.
      ・ bouée d'amarrage, bouée de corps mort, bouée de corps-mort: [船をつなぐ]繋留(係留)ブイ、繋留浮標.
      ・ bouée de corps mort: 係留ブイ.
      ・ bouée de sauvetage: 救命ブイ、救命浮環、救命浮き袋.
      ・ bouée d'orin: 示錨(じびょう)浮標.
      ・ bouée lumineuse: 燈火浮標、灯浮標、ライトブイ、挂燈(けいとう)ブイ; [海水浴の]浮袋.
      ・ bouée sonore: 鳴笛ブイ、ソノブイ、自動電波発信浮標[潜水艦を探知する].
      ・ s'amarrer à(sur) une bouée: 浮標に繋留される.
      /cloche(f) flottante: [海]打鐘浮標 [参考]cloche: n.f.鐘.
      /coffre: n.m.[海]繋留ブイ、係留ブイ、係船ブイ、係船浮標、浮標(ブイ)、ドルフィン(=coffre d'amarrage, coffre flottant); [海]凹(おう)甲板、ウェル甲板; 船体; [魚]ハコフグ(=poisson coffre)、ハコフグ属、ハコフグ類 [箱形の体を したハコフグ科の海産魚の総称]; 潜函; 箱、[蓋付きの]大箱、函、ケース、櫃(ひつ); 金庫(=~-fort); [自動車の]トランク.
      /cône-ancre: n.m.(pl. ~s-~s)[海]浮標、浮錨(ふびょう).
      /corps-mort: n.m.(pl. ~-~s)[海]繋船柱、舫い柱; [海]係留用浮標、繋留(係留)ブイ; 係船、錨泊(びょうはく); [梁の]固定端、梁の端、梁端; 橋台.
      /corseron: n.m.[漁]浮標(うき).
      /damier: n.m.西洋碁盤; [海][方格形の]浮標.
      /flotte: n.f.[漁][釣り糸・漁網などの]浮き、浮子(うき); [樽・大樽(おおだる)などの、繋留用の]浮標、ブイ; [浮かべた]筏.
      /flotteur: n.m.[漁][釣り糸・漁網などの]浮き、浮子(うき); [水上飛行機の]浮舟、フロート、[救命ボートの]フロート; 浮標、ブイ; [海]錨(いかり)浮標; 浮体、水に浮く物; [生][魚などの]浮き袋; [椊][藻などの浮葉椊物の]気泡体; 浮球、 フロート; 筏師、筏乗り(=flotteur de bois); 筏を流す人.
      /interdiction: n.f.[海]危険浮標; 禁止、禁制.
      /marque: n.f.印(しるし)、目印、記号、符号(ふごう); 跡、痕跡(こんせき); 商標、ブランド、銘柄、マーク; 得点、 スコア; [官位などの]標章; [海軍]艦長旗、司令長官旗(=marque de l'amiral)[長官の搭乗を示す旗]、将旗、[軍艦の]要人旗;  (pl.で)[ヨットレースなどでコースを示す]浮標、ブイ; [スポーツ]位置表示(標識); スターティングブロック.
      /orin: n.m.[海]ブイ・ロープ、浮標綱; [機雷などの]係留索.
      ・ bouée d'orin: 示錨(じびょう)浮標.
      /photophore: n.m.[海]挂燈(けいとう)浮標.
      /vigie: n.f.警戒を要する浅瀬; 警戒浮標.

    fuhyou浮氷:
    /amas: n.m.堆積、群、塊(かたまり)→ des amas de glace: [海]大浮氷群.
    /banc(m) de glace: 大浮氷、[海洋上の]氷盤、氷原(→ banquise).
    /banquise: n.f.[南・北氷洋の沿岸の; 極地沿岸の]氷野、氷盤、氷原(→ banc de glace); [南・北氷洋の沿岸などの][海水の氷結による]大浮氷、大浮標群、氷山; pl.浮氷群.
    /pack: n.m.[英語][海]流氷、[極地の]積氷、アイスパック、大浮氷塊、大浮氷群.

    fujitsuboフジツボ:
    /balance: n.m.[動]フジツボ[類][フジツボ科の海産甲殻類の総称].
    /balane, balanus: n.f.[動]ふじつぼ、フジツボ[類]、ふじつぼ属[フジツボ科の海産甲殻類の総称].
    /balanite: n.f.フジツボ類の化石.
    /bernache, bernacle: n.f.[貝]エボシガイ(anatife)、フジツボ.
    /bernicle: n.f.[動][俗語]フジツボの類.
    /cravan[t]: n.m.[貝]フジツボ.

    fujou浮上:

      /afflouage, afflouement: n.m.[坐礁船を]浮上(浮揚)させること.
      /afflouer: v.t.[坐礁船を]浮上させる.
      /à flot:
      ・ mettre un navire à flot船を進水させる; 船を浮き上がらせる(=remettre un navire à flot).
      ・ [re]mise à flot船を浮き上がらせること.
      /émerger: v.i.[水中などから]水面に出る、水面に現われる、浮き出る、現われ出る.
      /émersion: n.f.[水面への]出現、浮上、水面に浮かび出ること ・ émersion d'un sous-marin: 潜水艦の浮上.

      flot
      /mettre un navire(un bateau) à flot: 船を進水させる; 船を浮き上がらせる、船を浮上させる、船を離礁させる (=remettre un navire à flot).
      /navire à flot: 浮いている船、座礁する危険がない船.
      /[re]mise à flot: 船を浮き上がらせること.
      /se remettre à flot: 浮き上がる.

      /remonter à la surface: (v.i.)水面に浮かび上がる.
      /renflouage, renflouement: n.m.[海・海事]離礁させること、[座礁船の]離礁作業、[沈没船の]浮上作業.
      /renflouer: v.t.[海][坐礁した船を]離礁させる; [沈没船・難船などを]浮上させる.
      /revenir sur l'eau: 再び浮き上がる、再浮上する.
      surface: n.f.表面、水面; 面積; 外観.
      /en surface: 水面を、水面近くを.
      /faire surface, revenir en surface: [潜水艦が]浮上する、水面にでる.
      /naviguer en surface: [潜水艦が]海面を航行する、浮上航行をする.
      /remonter à la surface de l'eau: 水面に浮上する.
      /revenir à la surface, faire retour à la surface: 浮上する.

    fukaふ化:
    /incuber: v.t.[卵を]かえす、抱く; 孵化する.
    /incubation: n.f.抱卵; 孵化(ふか).
    ・ durée d'incubation: 抱卵期、孵化期.
    ・ incubation artificielle: 人工孵化.

    fuka付加: → accrétion: n.f.付加、添加; [海洋側への]大陸地塊の成長、[プレートのもぐり帯・沈み込み帯で起こる] 海洋底物質の島弧への付加.

    fukaku俯角(ふかく): [参考]俯角: 目の高さよりも下方にある物標にいたる線と目の高さにある水平線とがなす角度 [対語]仰角.
    /abaissement: n.m.[気温などの]低下、降下; [土地などの]沈下(→ abaisser); [天]水平俯角(ふかく).

    fukai深い: → -bathe, batho-, bathy-: 「深い」の意味/isobathe: 等深線.

    fukaku俯角(ふかく):
    /dépression: n.f.窪(くぼ)み、凹み、窪地、海凹、舟状盆地; [地盤の]沈下、低下、陥没、沈降; 気圧の低下;  [気象]低気圧(=~ atmosphérique, ~ barométrique)[高気圧: anticyclone]; [天]俯角(ふかく)、降角(=angle de dépression);  波と波との間の凹所; [経]景気後退、上景気.
    /dépression de l'horizon: [天]水平俯角(ふかく).

    fukakusuru深くする:
    /approfondir: v.t.[川底などを]深くする.
    /approfondissement: n.m.深くする(深くなる)こと.
    ・ approfondissement d'un canal: 運河の掘り下げ(浚渫).

    fukami深み:
    /fosse: n.f.凹地(おうち); [地面に掘った]穴; [海]船倉; [錨地(びょうち)などで]深み、水の深い所; [地][海洋の]深所;  [地]海淵(かいえん); 海溝.
    /gouffre: n.m.淵(ふち)、深み、深淵、深い窪み、深い穴; [海の激しい]渦、渦巻、大渦巻き、渦潮(うずしお)、過流(かりゅう).

    fukan浮函(ふかん): → chameau: (pl. ~x)n.m.[動]ラクダ、駱駝; [海][浅瀬を渡る(通過する)時などに、船体(舟)を 浮かせるための; 船舶引き揚げ用の]浮函、浮き箱、船橋(ふなばし)、ポンツーン.

    fukasa深さ:
    /creux: n.m.深さ、凹み、へこみ; [造船]上甲板から竜骨までの船の高さ(=creux sur quille); 波の高さ、波高(=creux de la mer, creux des vagues) [英語: depth].
    ・ creux de cale(jauge): [英語]registered depth.
    ・ creux de franc-bord: [英語]depth for freeboard.
    ・ creux sur quille: 型深さ; [船体の]高さ [英語: moulded depth].
    /profondeur: n.f.[海・池などの]深さ; 奥行き; (多くpl.で)深い所、深部.
    ・ à cent mètres de profondeur: 100メートルの深さのところで(に).
    ・ La profondeur est de 3 mètres.: 深さは3メートルである.
    ・ profondeur de carène: [英語: extreme depth] [参考]carène: n.f.[吃水(きっすい)線下の]船底部; 船底修理、船底清掃.

    fukinagasareru吹き流される:
    /affaler: [オランダ語 afhalen]v.t.[海]おろす、下げる; [ロープ・網などを海中に]引き降ろす; [索具・綱を] 弛める(ゆるめる); [綱・網を]たぐり下ろす; [風が船を]海岸近くへ吹き流す、風下の海岸へ吹き流す、岸に押しやる、 [船を]岸近くに押しやる; 座礁させる.
    ・ s'affaler: v.pr.[海]綱を滑り下りる; [船が]岸へ吹き流される; [海](s'affaler par un cordage)綱を滑り降りる、 [綱・ロープなどをつたって]滑り降りる、綱にすがって降りる; [海](s'affaler à la côte)[船が]海岸近くへ吹き流される、 岸に吹き寄せられる、岸に吹きつけられる、岸近くに押しやられる; 座礁する.
    /dérader: v.t.[漁期が終って(冬期になって)漁船の]艤装を解く、陸に上げる、v.i.[船が]碇泊地外(港外)に吹き流される、 [海][船が嵐などのために]停泊地(錨地(びょうち))を離れる.

    fukinagashi吹き流し: [参照]旗.
    /banderole: n.f.[帆柱(マスト)の上や竿・槍(やり)の先につける]吹き流し、細長い旗; [軍]槍旗(そうき);  [スローガンなどを書いた]幟(のぼり).
    /bandière: n.f.[古語][特に、マストの]旗.
    /flammerole: n.f.[海][小型の]長旗、三角旗、小旗.
    /flammette: n.f.[海]小旗、吹き流し、小旒旗.
    /manche(f) à air: [風向きを見る]吹き流し; [船の]通気管、通風筒 [英語: ventilator].
    /manche à vent: [船の]通気管、通風筒(=manche(f) à air) [英語: ventilator].

    fukinagasu吹き流す: [参照]吹き流される.

    fukiyaburu[風が帆などを]吹き破る:
    /défoncer: v.t.[船・樽などの]底を抜く; [海][風が帆を]吹き破る; 突き壊す、突き破る.
    ・ défoncer la voile: [海][強風が]帆を吹き破る.
    ・ défoncer une voile: [風が]帆をふくらます、帆にはらむ.

    fukiyoserareru吹き寄せられる: [参照]吹き流される.

    fukkaku伏角(ふっかく): [参考]地球上の任意の地点に置いた磁針が水平面に対して傾く角度; 傾角.
    /aclinique: a.[磁針に]傾角も伏角も現れない、無傾角の、無伏角の.
    ・ ligne aclinique: [地磁気の]無傾角線、無伏角線、磁気赤道.

    fukkan副官: [参照]副.

    fukkou腹甲:
    /plastron: n.m.胸甲; [鎧(よろい)などの; 剣術の]胸当て; [動][カメなどの]腹甲; [海]救命胴着.

    fukkuフック:

      /croc: n.m.[海][滑車などにつけられた]フック、鉤(かぎ); [物を吊るすための]鉤(かぎ)、吊るし鉤(つるしかぎ)、 フック; [船頭用の]鉤竿、鉤付き竿(croc de marinier)、爪竿(つめざお)、鉤棹; [魚を引き上げるために用いられる]魚鉤;  [商品運搬用の]手鉤.
      /crocher: v.t.[海][鉤(フック)で]釣り上げる、吊る; 鉤竿で引っ掛ける、v.i.[鉤などが]引っ掛かる.
      ・ L'ancre a croché.: 錨が海底に引っ掛かった.
      /gaffe: n.f.[海]爪竿(つめざお)、鉤竿(かぎざお)、フック、ガーフ; [漁]大きい釣魚(ちょうぎょ)・釣り魚(つりうお・つりざかな) を陸(おか)に上げる魚鉤(かぎ)、[魚を水から上げる]ギャフ、魚鉤; [漁]魚叉(やす)の一種.
      /gaffeau: n.m.(pl.~x)[漁]小さい魚鉤; 小爪竿; [漁]魚叉(やす).
      /gaffer: v.t.[海][浮遊物などを]爪竿(鉤竿・かぎざお)で引っ掛ける; [漁][魚を]魚鉤(ギャフ)で引き上げる、 [舟・ボート・魚などを鉤竿(かぎざお)(フック)で]引き上げる、引っ掛ける、[漁]魚叉(やす)で突く、魚叉で引き上げる; [ボート漕ぎが]漕ぎそこねてひっくり返える.
      /vérine: n.f.[海]羅針盤灯、羅針盤燈(=verrine); [海][船の鎖を曳くための]鈎(かぎ)付きの綱・麻綱、フックロープ [先端に鉤(かぎ)のついた麻綱; 錨鎖の操作に用いる].

    fuku副…: [参照]副錨.
    /second(e): adj.[時間・空間的に]第二の、二番目の; [地位・等級・価値が]第二位の、2級の、二等の、二流の;  二次的な、副次的な、n.m.助手、助力者、補佐役、介添え人; 2階[日本での3階にあたる]; [海]一等運転士; [海]副船長(=capitaine en second); [海軍]副艦長、副司令官、副官(=commandant en second); 僚艦.
    /capitaine en second: [商船の]副船長(second capitaine).
    /commandant en second: 副艦長.
    /commander en second: 副官として命令する.
    /en second: 2番目としての; 副次的地位の、副の、補の、次席として.
    /officier en second: [海軍]副長.

    fukubari複針:
    /grappin: n.m.[海]四爪錨(よつめいかり)、四爪アンカー[3、4つの爪をもつ小さな錨]; 摑錨(つかみいかり)、摑機;  ひっかけ錨; 探錨; 捕鉤; [昔の、敵船への接舷用の]鉄鉤(てつかぎ)(=~ d'abordage)、[他の船に引っ掛ける]鉄鉤、 繋船の際に投げる鉤(=~ d'abordage); 鉤状の道具; [起重機などの]引っ掛け鉤、[起重機の]クラッチ; [釣]複針(ふくばり).

    fukubyou[海]副錨(ふくびょう): empennelle(f).
    /empennelage: n.m.副錨(ふくびょう)をつけて錨を下ろすこと、副錨を投じること.
    /empenneler: v.t.[錨を]副錨(ふくびょう)をつけて錨を下ろす、副錨を投ずる.
    /empennelle: n.f.[海]副錨(ふくびょう).

    fukuchou副長: [参照]副.

    fukugen復元:
    /couple de rappel, force de rappel: 復元力 [参考]rappel: n.m.呼び戻すこと、召還; 呼び戻し; 反復.

    fuku-kanchou副艦長: [参照]副/capitaine adjoint: 副艦長、副隊長 [参考]adjoint, e: adj.補助の、補佐する、副の、 n.助手、補助者.

    fukukassha[海・機工]複滑車: palan(m).

      /caliorne: n.f.[海]複滑車、万力(まんりき)滑車; [海]巻き揚げ轆轤(ろくろ); 絞轆.
      /palan: n.m.[海]複滑車、滑車装置; 複滑車巻き上げ機、二滑車捲き揚げ機; ホイスト、巻き揚げ機.
      ・ palan différentiel: 差動滑車[装置].
      /palanguée: n.f.[海]複滑車で一回に揚げ卸しする荷物の量.
      /palanguer: v.i.[海]複滑車を使う、ホイスト(巻き揚げ機)を用いる(操作する) [参照] palan, palanguée.
      /palanquée: n.f.[海][複滑車巻き上げ機(palan)で; ホイスト(巻き揚げ機)で]一回に揚げ降ろし(上げ下ろし)する 荷物の量、複滑車仕掛けの捲き揚げ機に一回にかかる荷物量.
      /palanquer: v.t.[海][複滑車巻き上げ機(palan)を使って荷を]引き揚げる、滑車で引き上げる、v.i.[海]複滑車巻き上げ機を使う;  巻き上げ機の綱を引っ張る[palanguerとも言う].
      /palanquin: n.m.[海]縮帆用の小型複滑車.
      /redressement: n.m.立て直し、建て直し; 立ち直り; 再建、復興; 矯正、更正; [船などの]復位.
      ・ canot à redressement: 自動復原ボート、自力で復原するボート.
      /stabilité: n.f.安定性; [船・飛行機などの]安定性、復原性、復元性、復元力; 堅牢; 耐久性.
      ・ Ce canoë manque de stabilité.: このカヌーは安定性に欠ける.
      ・ stabilité d'un navire: ある船の風波に対する復元力.
      /stable: adj.安定した; 安定のよい; [船などが]復元力の強い、安定性のある.

    fukuramaseru[帆などを]ふくらませる: [参照]ふくらむ.

    fukuramiふくらみ:

      /bouge: n.m.[海][甲板・ビームなどの]上反り(うわぞり)、反り、船梁の上反り、膨らんだ(曲がった)部分 [英語: camber, round of beam]; [物体の]ふくらんだ(湾曲した)部分; 樽; [港町などの]いかがわしい酒場、安キャバレー.
      /bulb: n.m.[英語][海][船腹前方下部の; 船底先端部の]ふくらみ、球状船首部[水の抵抗を少なくする][bulbeとも綴る].
      /bulbe: n.m.→ bulb.
      /dedans: ad.中に、内に、n.m.内部; [海][帆の]ふくらんだ部分.
      /épaule: n.f.[古語][昔の船の]船首湾曲部、船首波切り用のふくらみ、[造船][船首の]吃水線部のふくらみ; [人の]肩.
      /épaulement: n.m.[船首の]膨らみ、出っ張り部; [潮・土砂などを防ぐ]石垣、堤防; 肩に当てること.
      /ventre: n.m.[船・船体の]腹、船腹、ふくらんだ部分; [帆の]ふくらみ、はらみ; [人・動物の]腹、腹部; [消化器官としての]腹、 胃腸.

    fukuramuふくらむ:

      /bomber: vi.[帆が]ふくらむ; 凸型にする; 上反りに造る、v.i.凸型になる; [帆が]ふくらむ.
      ・ se bomber: v.pr.[帆が]ふくらむ.
      /enfler: v.t.[空気などを吹き込んで][帆・風船などを]ふくらませる; ふくらす、膨張させる; [河川の]水嵩を増す.
      ・ enflement: n.m.ふくらますこと; [河川などの]増水.
      ・ s'enfler: v.pr.ふくれる、膨張する→ La voile s'enfle. 帆が風をはらむ.
      /épauler: v.t.助ける; [軍][防壁で]守る、防御する; [造船][船首を]ふくらます、出っ張らせる.
      /farder: v.i.[海][帆が]風をはらむ、風にふくらむ、風をはらんで丸くふくらむ.
      /gonflé(e): a.p.ふくらんだ; [帆が]ふくらんだ、風をはらんだ; [川などが]増水した.
      /gonfler: v.t.ふくらます; [川などが]水量を増す、嵩を増す、v.i.[帆が]風をはらむ; ふくらむ、 ふくれる; [水量などが]増す.
      ・ se gonfler: v.pr.[帆が]風をはらむ; ふくらむ、ふくれる; [水量などが]増す.
      ・ Le vent gonfle les voiles des bateaux.: 風が船の帆をふくらます・はらませる.
      /panse: n.f.[昔の]船腹のふくれた帆船、腹部のふくらんだ商船; [壷・鐘などの]胴のふくれ; [俗語・話語] 太鼓腹、ふくらんだ腹.

    fukuro: → gibecière: n.f.[漁夫の]魚袋、[釣り師・猟師などが肩に掛ける]獲物入れ; 獲物袋.

    fukuroami[漁]袋網:

      /bourse: n.f.[漁]袋形の網; 財布.
      /caudrette: n.f.[漁]イセエビ網、エビ網、[エビなどを捕る] 袋網、ザリガニ用網.
      /gord: n.m.[漁][杭にかける]張網、簗(やな); 川に2列の杭を並べてその端に袋網をかけた漁場; 捕魚堰.
      /goulet: n.m.[海]港・湾の狭い入り口、狭い(狭くなった)湾口(港口); [海]海峡、水道; 峡谷; [漁]立網(たてあみ)の 円錐形の口、袋網の口、[漁獲用の筌(うえ)・簗(やな)などの]開口部(→ goulotte).
      /guideau: n.m.(pl. ~x)[土木][港の入り口などの]導流堤、導流工、排水を港外に導くために水中に斜めに設けた板; [漁]袋網、長袋網.
      /louve: n.f.雌オオカミ、雌狼; [船]舵頭管(だとうかん); [漁][開口部が2つある; 両端が入り口になっている]袋網、 立網(たてあみ)の一種; 梃子(てこ)の一種.
      /manche: n.f.袖(そで); 管、導管、ホース、筒; [地理]海峡; 一種の漁業用袋網.
      /poche: n.f.ポケット; [魚網の端の]袋網、[トロール網などの]袋網; 網嚢; 漁業用大網.

    fuku-senchou副船長: [参照]副.

    fuku-shireikan副司令官: [参照]副.

    fukusoku-rui腹足類:
    /gastéropodes: n.m.pl.[動]腹足類、腹足綱[軟体動物門の一綱; アワビ・カタツムリなどの巻き貝を含む].

    funa[魚]フナ、鮒:
    /carassin: n.m.[魚]フナ[類]、鮒(ふな)[類][コイ科の魚; 淡水魚].
    /carassin doré: 金魚、キンギョ.

    funaashi船脚(ふなあし):

      /erre: n.f.[海][船の]速度、進航速度、航行速度、[特には、推進器の停止後における惰性による]船脚、惰力; 航海;  歩き方、歩調.
      ・ avoir de l'erre: 船脚がついている.
      ・ continuer (se laisser glisser) sur son erre: [船が]惰性で進む.
      ・ courir sur son erre: [船が]惰性で走る.
      ・ diminuer l'erre: 船を減速する.
      ・ perdre son(de l') erre: [船が]速力を落とす、船脚がゆるむ.
      ・ prendre de l'erre: [船が]船脚を速める、進航する、[船に]速度(船脚)がつく; [船が]進み始める.
      /marchar: v.i.[船が]航行する.
      ・ marchar bien: [船が]船脚が早い.
      ・ bon marcheur(se): 船脚の早い船.
      /marche: n.f.[船の]航行; [海][船の]速度; 歩くこと、歩行、歩み; 進むこと、行進、前進; 行進曲、マーチ;  進行、進展; 運び.
      ・ navire de grande(bonne) marche: 快速(船脚の早い)船.
      /marcheur, euse: n.歩行者、n.m.船脚の速い船、adj.船脚の速い; 歩いている、徒歩の.
      /marcher: v.i.歩く; 進む; 航行する.
      ・ Ce navire marche bien.: この船は船足が速い.
      /navire bon(mauvais) voilier: 船足の良い(悪い)帆船 [参考]voilier(ère): adj.帆走する、帆で進む、n.m.帆船; ヨット.
      /navire lourd: 船脚(ふなあし)の遅い船 [参考]lourd(e): adj.重い; 重量のある; 重装備の; 重荷となる; 重大な;  鈊い、鈊重な、鈊感な.
      /vitesse économique: [船などの]経済速力.
      /sillage: n.m.[海][船の]航跡、船跡、澪(みお); [転じて]船脚、船足、[船の]航行速度、進航(進行)速度、速力、ノット; [物理]伴流、後流; [漁]引き網.
      ・ doubler le sillage d'un navire: 他船の2倊の速力で進む.
      /patouillard: n.m.[海][俗語]船脚の遅い船、船脚ののろく重い商船.
      /rester de l'arrière: 船脚が遅い [参考]rester: v.i.とどまる、残る; [海]一定方向の風向きの中にいる.
      /sailler: [海](1).v.t.前へ張り出す、前へ突き出す; (2).v.i. → Le navire saille de l'avant.: 船脚早く進んでいる、 船足がよく出ている.

    funaasobi舟遊び:

      /barquerolle: n.f.[普通、海では用いられない、マストのない]オールで漕ぐ小舟; 川舟、遊び舟、遊山(ゆさん)船、 屋形舟(やがたぶね).
      /canotage: n.m.ボート遊び(乗り・漕ぎ)、舟遊び; [スポーツ]漕艇(そうてい)、ボート漕ぎ、漕法; [カナダ]カヌーに 乗ること; [総称]漕手.
      ・ faire du canotage: ボートを漕いで遊ぶ、漕艇をする、舟遊びをする.
      /canoter: v.i.ボート遊びをする、舟遊びをする、ボートに乗る; 漕艇する、ボートを漕ぐ; [カナダ]カヌーに乗る.
      /canoteur, se: n.ボート遊びをする人.
      /canotier(ère): n.[ボート・カッターの]漕ぎ手、漕手(そうしゅ); 漕艇好きの人、ボート乗りの好きな人、n.m.漕艇用帽子 [麦わら帽を指す].
      /faire une partie de bateau: 舟遊びをする、舟遊びに行く(をする).
      /faire une partie de canot, se promener en canot: ボート遊びをする、舟遊びに行く.
      /faire du canot: ボート遊びをする、舟遊びをする.
      /flambard, flambart: n.m.舟遊びする人; 2本マストの漁船.
      /mettre un canot à la mer: 舟を海に出す.
      /navigation de plaisance: [ヨット・モーターボートなどの]舟遊び、ヨット操縦.
      /podoscaphe: n.m.[古語][櫂(かい)で漕(こ)ぐ]舟遊び用ボート.
      /promenade en canot sur un lac: 湖上でのボートによる遊覧・周遊.
      /promenade sur l'eau: 舟遊び、船遊び.
      /se promener en bateau: 舟遊びをする.
      /se promener en canot sur un lac: 湖をボートで遊覧・周遊する.
      /se promener sur l'eau: 船遊びをする.

    funabari[造船]船梁(ふなばり): bau(m)(pl. ~x) [参照]梁.
    /barrot: n.m.[海]甲板梁(かんぱんばり)、甲板(こうはん)ビーム [船の甲板を支える梁・船梁(ふなばり)]、船梁.
    /bau: (pl. ~x)n.m.[船・造船・海]ビーム、梁(はり・りょう)、船梁(ふなばり); 漁網の一種 [参照]coque.

    funabashi舟橋(ふなばし)、船橋: [参考]舟を並べて、その上に板を渡して橋としたもの; 「浮き橋《ともいう;  「せんきょう《とも読む.

      /arrière-bec: n.m.船尾[倉・艙]、とも; [舟橋の舟の]艫(とも); [橋脚の]川下側の水除け(水切り杭).
      /chaland ponté: 船橋(ふなばし)用の平底ボート.
      /chameau: (pl. ~x)n.m.[動]ラクダ、駱駝; [海][浅瀬を渡る(通過する)時などに、船体(舟)を浮かせるための;  船舶引き揚げ用の]浮函、浮き箱、船橋(ふなばし)、ポンツーン.
      /commande: n.f.[主にpl.]舵取り、操舵、操縦; 操縦(制御)装置; [船の]小索(こなわ)、 舫い綱(もやいづな)、引き綱; [海]手撚索(てよりなわ)、手撚り綱、撚り索(よりなわ); [軍][船橋舟の]縛り索(しばりなわ);  注文.
      /pont de bateaux: 船橋・舟橋(ふなばし)、浮き橋.
      /portière: n.f.[軍]浮き舟; [浮き橋を組成する]浮遊資材; [船橋(ふなばし)を組成する]船舶、船橋構造の各要素; [列車・バスなどの]昇降口.
      /ponton: n.m.(1)浮き橋、浮橋; 浮き桟橋(=ponton d'accostage); [軍][古語]船橋(ふなばし、せんきょう)[舟を並べて、 その上に板を渡して橋とするもの; 浮き橋]; 舟橋用平底ボート、船橋用の箱舟; [軍][昔の]架橋用の銅舟;
      (2)[海][船体の修理・修繕用の]大型平底船、平船、[平底の]作業船; [港内用の]艀(はしけ)、艀船(はしけ)、箱舟、台船、ポンツーン;
      (3)[船着場・浮き橋などに使う]浮台、浮き桟橋; 作業用浮き箱、ポンツーン [参考]ponton d'abattage: 傾船修理用ポンツーン.

    funaberi[海]船縁(ふなべり):
    /bord: n.m.[海][船の]外皮板; 舷(げん)、舷側、船縁(ふなべり); 一針路、一間切り、一進路の航程、[船の]方向を変えずに進む距離(=bordée(f)); [多くà ~、de ~、du ~の形で] 船; 航路; 縁(ふち)、へり、側、端; [海・河川・湖・道路などの]縁、岸、畔(ほとり)、 周辺、沿岸[地方]、沿道; (pl.)海岸[地方]、水辺の土地.
    /muraille: n.f.[海]船側(せんそく)、船べり、[水面上の]舷側、船壁、牆壁(しょうへき)、隔壁; [大きな; 厚く高い]壁(=mur)、 (pl.)[特に]城壁、城郭.
    /plat-bord: n.m.(pl. ~s-~s)[海]船縁(ふなべり)、舷側上部; [難破船の]木従の厚板.

    funabikiami船曳網(ふなびきあみ):
    /bolier: n.m.[漁][沿海漁業用の、沿岸で行う]船曳網、船引き網、地引網.
    /boulier: n.m.[漁]船曳網、地引き網.

    funachin船賃:
    /passage: n.m.(1)通過、通行: 通行権、航行権; (2)[海]渡航、航海; [海などの]横断: (3)通行料、通行税、渡航料、 桟銭、渡し賃、船賃、橋賃: (4)[天]経過、径過: (5)通路、通り道、廊下; 海峡、水路、航路; (6)渡船場.
    /droits de passage: [海]船賃.
    /gagner son passage: 船賃の代りに働く.
    /payer son(ou le) passage: 船賃(通行料)を払う.

    funadaiku船大工:
    /charpenterie: n.f.大工[仕事・職]; [大工の]仕事場; 材木置場.
    ・ charpenterie maritime: 港内材木置場.
    /charpentier: n.m.大工(=~ en bois); 船大工.
    ・ charpentier de navire, charpentier marine: [乗船して仕事をする] 船大工.
    ・ charpentier de vaisseau: 船大工、造船工.
    ・ matelot charpertier: [船に乗り組んだ] 船大工、船乗組み大工.

    funadamari船溜まり(ふなだまり):
    /avant-bassin: n.m.[河から停泊船渠に入る前の]船だまり、繋船渠.
    /darse: n.f.[特に地中海沿岸諸港(Marseille, Toulon)の]係船ドック、繋船ドック、港内船渠、湿船渠(ドック)、船溜り、舟溜り; 港.
    ・ vieille darse: [マルセイユなどの]旧港.
    /garage: n.m.車庫、ガレージ; [船舶などを]待避させること; [ボートの]艇庫、船小屋; [船を]船だまりに入れること、 船泊(どまり)に入れること、艇庫に入れること、入渠; [運河・河川での]船渠、船溜まり、船だまり、船泊、船がかり.
    ・ bassin de garage: 待避港、停船場.

    funade船出: départ du bateaux.

    funadumi船積み: [参照]積む、[船荷の]釣り合い.
    /document: n.m.[調査・研究の]資料、文献、史料; (pl.)[商]船積み書類.
    /estivage: n.m.[海]商品の船積み [参考]estive, estiver.
    /mettre des marchandises à bord: 貨物を船積みする.
    /jour de planche, jour de planches: [海][商船の]船積み(陸揚げ)日、荷上げ日、荷揚げ日.
    /jours de planche, jours de planches: 船積み期間、荷卸し期間.
    /police de chargement: f.船積証[書]、船荷証券 [参考]police: n.f.保険証券; 証書.
    /surestarie: n.f.[多くpl.][海法][所定の船積み・陸揚げ期間を超える; 船積み・陸揚げの遅れによる]超過 停泊[日数]、帯船、陸揚げの遅延; [船主に支払う]帯船料、日数超過賠償.

    funaduri船釣り: → pêche au mouillage: [錨を降ろしての]船釣り.

    funagaisha船会社: compagnie(f) de navigation.

    funagakari船がかり: [参照]船溜まり.

    funagoya船小屋: [参考]船置き場.
    /abri: n.m.艇庫、格紊庫; 避難所、身を寄せる所; 保護物、遮蔽物; 避難小屋; 待合所.
    ・ abri à bateau: 船小屋.
    /carbet: n.m.[西インド諸島・仏領ギアナなどでの]共同小屋; 船置き場、小舟置き場、船小屋、漁具置き場.
    /garage(m) pour canots: 艇庫、船小屋.

    funagu[海]船具:

      /agrès: n.m.pl.[海]綱索類、操帆装置、操帆具、綱具、索具 [帆・綱・滑車など]; [海]船具、 艤装品(ぎそうひん); 荷役用具; [軍]大砲操作用具.
      /alester, alestir: v.t.[海][船の]荷を軽くする、[船荷を]軽くする; [船具を]整える、整備する.
      /apparaux: n.m.pl.[海]船具[特に救命ボート・錨・鎖など]、艤装(ぎそう)品.
      ・ apparaux des ancres: 揚錨装置.
      /approvisionnement: n.m.[食糧などの]供給、補給、調達; 貯蔵[品]→ magasin(maison) d'approvisionnement de navires:  船具店.
      /approvisionneur(se): 船具商.
      /armement: n.m.[海]艤装(ぎそう)、船を就航できる状態にすること、[船の]就役・就航; 艤装品、船具一式; 船員を乗り組ませること、[ボート・砲への]人員配置; 乗組員; 海運、海運業; 海運業者、海運会社;  [一国・特定港の]海運力、海上輸送能力; 武装、武装化、 武装すること; [軍艦・軍隊・部隊・戦車などの]装備、軍備; [艦船などの]火器戦闘力; [装置などの]作動準備、 [火器の]発射準備、[砲などへ]装填(そうてん)すること; [漁]擬餌(ぎじ)につける針一式.
      /en pantène(f), en pantenne(f): [海][船具などが]乱れた、絡まった; [海]混乱して、ごちゃごちゃに、乱雑となって;  [海][船具を]乱雑に、乱雑にして.
      /equipet: n.m.[海]要具格紊所.
      /fardage: n.m.[海][甲板上の]邪魔になる重量物、[マスト・帆などの]かさ張る重量のある船具、甲板上の妨害物; [集合的]トップハンパー[甲板上の全ての船具・艤装(ぎそう)品などをいう]; 荷敷[積荷の下に置く板]、 船艙の積み荷の下敷・下敷板.
      /garnisseur: n.m.船具を作る職工.
      /gréement: n.m.[海][集合的; 総称して][船の]索具、船具、索具装置; 艤装[すること]、索具艤装、索具備え付け; 艤装作業;  艤装法; 帆装.
      ・ gréement à phares carecarrés: 横帆艤装.
      /gréer: v.t.[海][船・マストを]艤装する; [マスト・帆などを]装備する、索具を装着する(備え付ける)、船具を取り付ける (備え付ける)、帆装する.
      /magasin(maison) d'approvisionnement de navires: 船具店.
      /ragréage: n.m.[海]船具の付け替え、[船]繕い、手入れ(ragré[e]ment).
      /ragréer: v.t.[海][破搊した船の]船具を付け替える; 磨きをかける、仕上げをする; 修理する.
      /ragré[e]ment: n.m.[海]船具の付け替え; [海]手入れ(ragréage); 仕上げ、磨きをかけること; 修理.
      /shipchandler: [英語]n.m.船具商.

    funaita船板:
    /déchirage: n.m.[古船・筏などの]解体、筏を解くこと; [解体した古船の]船板、解体した船の破片(=bois de déchirage)  [参考]déchirer: v.t.裂く、引き裂く; [古船などを]解体する/déchireur(se): n.古船(車)解体業者、[船の]解体者、廃船解体請負人.
    /déliaison: n.f.[海]船板の隙目(隙間).
    /larguer: v.t.[海][綱・索・ロープを]弛(ゆる)める、緩める; [舫索(もやいづな)・纜(ともづな)を]解く、ほどく;  …のロープをほどく、[帆の]綱を解く、[帆を]揚げる、広げる、拡げる; 放す、解き放す、v.i.[海][船板の合わせ目・継ぎ目 などが]割れる、弛む、ゆるむ; 縫い目が口を開ける.

    funakuimushi[貝]ふなくいむし:
    /ligie: n.f.[甲殻]ふなむし.
    /limnorie: n.f.[動]船喰虫(ふなくいむし).
    /taret: n.m.[動・貝]フナクイムシ、舟食虫、セイヨウフナクイムシ [フナクイムシ科の二枚貝; 木造船などに害をもたらす].
    /ver de mer: ふなくいむし、フナクイムシ [参考]ver: n.m.[ミミズ・回虫などの]虫、[特に]ミミズ(=~ de terre);  [昆虫などの]幼虫(larve); pl.[動]蠕形動物.

    funamushi船虫: → ligie: n.f.[動]船虫(ふなむし・フナムシ)[類][甲殻類; 海岸の岩場などに棲む等脚類].

    funani船荷:

      /alester, alestir: v.t.[海][船の]荷を軽くする、[船荷を]軽くする; [船具を]整える、整備する.
      /arrimage: n.m.[海][船荷などを]きっちりと積むこと、[船荷などの整然とした]積載、積み荷の整頓; 積み荷;  船を釣り合い良くすること; [船の]釣り合い→ bois d'arrimage: [海]荷敷(にしき).
      /arrimé, e: adj.[船荷の]釣り合い良く積まれた.
      /arrimer: v.t.[海][船に荷物・積み荷・船荷を]きっちり(きちん)と積む(積み込む)、具合よく積み込む、積荷を整頓する; [船の]釣り合いを良くする; [綱などで荷物をしっかりと]固定する、固定させる; [綱・チェーンなどで2つの物を]結び合わせる、 連結する.
      /arrimer un bateau au quai: 船を岸壁に繋ぐ・舫(もや)う.
      /arrimeur: n.m.[船荷などの]積み荷係、積荷の整頓者; 仲仕(なかし)、沖仲仕(おきなかし)、荷役人夫、荷積み人夫;  [海軍航空隊の]機体整備員.
      /batelée: n.f.[古語][荷物・人間などの]船一杯、[一隻分の・一杯分の・一隻に積む]船荷、一船(ひとふね); 船に載せられる 最大量(最大数)、[一隻の]最大積載量.
      /cargaison: n.f.[集合的][海]船荷、[船などの]積み荷、積荷、貨物; [船荷の]積み込み.
      ・ arrimer une cargaison dans la cale: 船荷を船倉にきちんと積む.
      ・ cargaison en vrac: バラ荷.
      ・ décharger la cargaison de bananes: バナナの積み荷を船から降ろす.
      ・ décharger la cargaison de minerai: 積荷の鉱石を船から降ろす.
      ・ manifeste de cargaison: 積荷目録.
      /connaissement: n.m.[海・法・商]船荷証券、船荷輸送契約[略: connt] [参考]Connt: [略] Connaissement船荷証券.
      /faculté: n.f.[海法][船の]積み荷、船荷[対語: corps(船体)]; 能力; 学部.
      /navée: n.f.[古語]船荷、舟荷、積荷.
      /police de chargement: 船荷証券、船積証、船積証書 [参考]police: n.f.保険証券; 証書.
      /riper: v.t.[海][索具・鎖を]滑らせる、v.i.[海][索具・木材などが]擦れ合って動く; [船荷が]ずれる.
      /soulager: v.t.[海][座州(ざす)・擱坐(かくざ)した船などの] 積荷を棄てる、船荷を軽くする; [帆船の]帆の風当りを減らす;  […の]荷を軽くする、[…の]負担を軽減する; [苦痛などを]緩和する、和らげる.
      ・ soulager un navire: [海][離礁させるため]船荷を軽くする.

    funanori船乗り:

      /homme de mer: 船乗り、船員、海員、水夫; 海の男 [参考]homme: n.m.人、人間、人類; 男、男性; [軍]兵員; [海]乗組員.
      /homme pratiqué à la mer: 海に馴れている人、船乗り [参考]pratiqué, e: adj.馴れている、鍛えられた.
      /les gens de mer: 海の男; 船乗り、船員、海員、水夫.
      /les hommes(gens) de mer, homme de mer: 船乗り、海員、海の男、水夫.
      /manœuvrier(ère): adj.[海][船乗りが]熟練した、操作の巧みな、操舵に巧みな、[例えば軍艦の]操縦に長けた; [海][船が]操縦(操作)しやすい; 作戦の; 作戦の巧みな、[例えば艦隊の]運用に巧みな、機動に巧みな、 n.m.熟練した船乗り、巧みな船乗り(操舵手)、操船の巧みな船員、[艦隊・軍隊などの]運用に長じた(熟練した)人、機動に巧みな人.
      /marin(e): adj.海の、海中の; 海に住(棲)む、海に生息(棲息)する、海産の、海に産する; 海辺の(cf. maritime)、海岸沿いの; 航海の、航海用の、海事上の、海上勤務の; 船乗りの、船員の; 船舶用の; 水夫の; 海が好きな、海に慣れた; [船が]安定性のある.
      /marin: n.m.航海術に長じた人; 船員、水夫、船乗り(cf. matelot, équipage); [法][集合的に]海員、 乗組員; 水兵; セーラー朊(=costume marin)、セーラーカラー(=col marin); [地中海から南フランスに吹く]海風、 [Languedoc地方の]南東の海風.
      ・ marin d'eau douce: 大海に乗り出したことのない船乗り; 経験の浅い人.
      /marinier(ère): adj.[古語]海の、航海の、船の、海事の、海軍の、n.m.[河船・川船の; 内陸用の船、特に平底船の] 船頭、 乗組員、船子; [古語]水夫、船員、船乗り、n.f.川船で働く女性; 川船の船頭の妻; [水泳]横かき.
      /mathurin: n.m.[海][俗語・話語; 古語的]船乗り、水夫、水兵; [俗語]老帆船.
      /moco: n.m.[船隠語]モコ [Toulon(トゥーロン)・プロヴァンス出身の船乗り].
      /navigateur: adj.m.(男性吊詞のみに用いる形容詞)航海に従事する、n.m.船乗り、船の操縦の巧みな船乗り; 航海に長けた人;  航海士、航海者、航海家、航行者; [海]船員、船乗り[航海士・機関士など]; [船舶などの]自動操縦装置.

    funaokiba船置き場: → carbet: n.m.[西インド諸島・仏領ギアナなどでの]共同小屋; 船置き場、小舟置き場、船小屋、漁具置き場.

    funatabi船旅:
    /voyage par mer: 船旅.
    /voyager en bateau: 船で旅・旅行する、船旅をする.

    funatsukiba船着場、船着き場:

      /débarcadère: n.m.[海]船着き場、桟橋、上陸桟橋、埠頭; 荷揚場(にあげば)、荷揚げ場(→ embarcadère).
      /embarcadère: n.m.[海]桟橋; 埠頭(ふとう); 波止場; [船の]発着所、船着き場、乗船場; [船荷の]陸揚げ場.
      /garde-port: n.m.(pl.~s-~[s])[河川の]船着場監督、[河川の船着き場の]商品引き渡し監視官、[河港の]荷役責任者、 港務部長.
      /gare: n.f.[鉄道の]駅、停車場; 交行所、回避所、待避所[河川・運河などで、2隻の船が行き違うことができる場所]; (gare [d'eau])[河川・運河の]船着き場、係留地.
      /garer: v.t.[船を船着き場・待避所]に入れる(着ける); [列車などを]停車場(待避線)に入れる; 車庫(駐車場)に入れる.
      ・ se garer: v.pr.[艀・車などが]一方に寄る; 脇へ寄る; 除ける、避ける.

    funauta船歌: → barcarolle: n.f.[伊語][特にゴンドラの]船歌、ゴンドラ船頭の舟歌[特にヴェニスの].

    funayoi船酔い:
    /avoir le mal de mer: 船酔いする.
    /mal de mer: 船酔い [参考]mal: (pl. aux)n.m.悪; 害、災難、上幸; 病気.
    /naupathie: n.f.[医]船酔い[病](mal de mer).
    /nausee: n.f.吐き気; 船酔い.
    /naupathique(adj.,n.).
    /payer le tribut à la mer: 船酔いする [参考]tribut: n.m.貢物.



F
fa~funa
fune~


検 索 表
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z

Back to: Top Page | 和仏海洋辞典・凡例 | ご覧のページ

海洋辞典[ABC順]

英和和英

西和和西

仏和/和仏

葡和和葡

海洋辞典 [分野別]