海洋辞典[ABC順]

英和和英

西和和西

仏和/和仏

葡和和葡

海洋辞典 [分野別]

Japanese-French Ocean Dictionary
和仏海洋辞典

T
ta~
to~
tsu~


検 索 表
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z

Back to: Top Page | 和仏海洋辞典・凡例 | ご覧のページ



    tabane-kuruタバネークル:
    /tabernacle: n.m.[海]タバネークル、檣根枠 [帆柱の基部を保護する箱型の受け台]; [古代ローマの軍隊などの]天幕、幕舎.

    ta-ban-gaiターバン貝: → turban: n.m.[貝]ターバン貝、ターバン型の貝; ターバン.

    ta-botto[魚]ターボット:
    /turbot: n.m.[魚]ターボット [ヨーロッパ産; カレイ科の大型のカレイ(鰈)の一種; 食用]、[ターボット種の]ヒラメ.
    /turbotière: n.f.[料理]カレイ鍋、鰈鍋 [平たい角鍋]、[菱形の]魚用鍋 [カレイ・ヒラメなどを煮るのに用いる].
    /turbotin: n.m.[魚]小カレイ(鰈)、小ビラメ、turbotの幼魚.

    tachiiri-kensa[船舶などへの]立ち入り検査、立入検査:
    /arraisonnement: n.m.船舶検査、船舶への臨検・立ち入り検査.
    ・ arraisonnement de la patente [d'un navire]: [船員・船客の]健康証明書の検査.
    ・ chargé de l'arraisonnement: 船内臨検吏.
    ・ officier chargé de l'arraisonnement: 船内臨検吏.
    /arraisonner: v.t.[海][船舶を]検査する.
    ・ (v.i.)arraisonner avec les autorités du port: 港湾当局に報告する.

    tachioujou立ち往生:
    /envasement: n.m.泥で埋めること; 泥に埋まること、泥で埋まった状態(cf. envasage).
    /envaser: v.t.[港・水路などを]泥で埋める、泥で塞ぐ; 泥中に埋める; [船・舟などを]泥に乗り上げさせる.
    ・ s'envaser: v.pr.[港・水路などが]泥で埋まる; 泥土が堆積する; [船・舟・人が]泥の中にはまって立ち往生する、 泥にはまる、泥中に埋まる; [魚などが]泥の中に潜(もぐ)り込む、泥中に隠れる.

    tachisawagu[波が]立ち騒ぐ:
    /frémir: v.i.[海面が]立ち騒ぐ.
    /frémissement: n.m.→ frémissement de la mer: 海面の波立ち.

    tachiuo[魚]太刀魚(たちうお):
    /ceinture(f) d'argent: [魚]太刀魚(たちうお) [参考]d'argent: 銀色の.
    /lépidope: n.m.[魚]タチウオ.
    /sabre: n.m.[魚]太刀魚、タチウオ; [動]マテ、マテガイ; 海底の甲殻類探しのための刀; [小型ヨットの]長い安定ボード、 センターボード、垂下竜骨; サーベル、剣、刀、軍刀; [フェンシングの]サーブル[競技]; 剣術.
    /trichiure: n.m.[魚]太刀魚、タチウオ.

    tadayou漂う: [参照]漂流.
    /au gré du vent, à la merci du vent: [船が]波のまにまに漂って; 風にもてあそばれて.
    /danser dans les flots: [小舟などが]波のまにまに漂う.
    /être à la merci des flots: 波にまかせている、波のまにまに漂っている.
    /flottant, e: adj.潮と共に流れる、[水に]浮かぶ、浮く、浮かんだ、浮いている、浮遊する、漂う; [旗などが]翻る、風になびく、 たなびく; 波立つ、逆巻き(さかまき)流れる; [経]浮動(変動)する、流動的な.
    /flotter: v.i.[水面に]浮く、浮かぶ、漂う、浮遊する; [旗などが、風などで]なびく、棚引く(たなびく)、はためく、翻る;  [材木が]筏になって流れる、v.t.[海底ケーブルをブイで]水面に浮べる(浮かす); [材木を]筏にして流す.
    ・ flotter au gré des courants: 流れのままに漂う.

    taderuたでる: 船底をあぶって、湿気・水気を取り去ること.
    /brusquer: v.t.[船の]底をあぶる、[船の]底の汚れを焼き落とす.

    taganeたがね:
    /bigorne: n.f.[海][槇皮・槙皮(まいはだ)詰め(calfatage)の時に邪魔になる釘を取るための]たがね.
    /ciseau: (pl. -x)n.m.のみ、たがね; (pl.)はさみ(=paire de ciseaux) [参考]ciseler: v.t.彫(ほ)る、刻む、彫刻する; [料理] [調理前の魚に] 切り目を入れる; [野菜を]みじん切りにする.
    /ciseau de calfat: [海]填隙(てんげき)たがね、填隙金具、かしめたがね [板の継ぎ目への槇皮(まいはだ)充填用].

    tagen他舷: [参照]ジャイブ.

    tagurikomu手繰り込む:
    /choquer: v.t.[海][索を]ゆるめる、[海][索具を]急に繰り出す; (choquer brusquement une amarre)錨索を急に走出させる; (choquer les écoutes)(i)帆脚索の張りをゆるめる; (ii)帆脚索をたぐり込む、v.i.[海][索が]ゆるむ、[索具が]滑り出す; (choquer brusquement)急に走出する.
    ・ choquer les ecoutes: 帆脚索の張りをゆるめる; 帆脚索を手繰り込む(たぐり込む).

    taguri-orosu手繰りおろす: [参照]おろす.

    taguri-yoseru手繰り寄せる: [参照]手繰る.

    taguru手繰る(たぐる):
    /amener: v.t.連れて来る、連れて行く; 運んで来る、持って来る; [船などが人・物を]運ぶ; [網などを]手繰(たぐ)り寄せる、 引き寄せる; [針に掛かった魚を]引き寄せる; [海][帆・旗・ボートなどを]降ろす.
    /main sur main: [海]手繰(たぐ)って; すばやく [参考]main: n.f.手; [海][集合的に]荷役人夫.
    /paumoyer: v.t.[海][ロープ・綱・チェーンなどを]手繰る(たぐる)、[手でロープを]手繰る・巻き込む、曳く;  [掌(たなごころ)革を使って革を]縫う.
    /paumoyer la toile: 帆をたぐり寄せる(畳む).
    /rappeler: v.t.再び呼ぶ; 呼び戻す、呼び返す; 召還する; [もとの場所に]引き戻す.
    ・ L'amarre rappele le bateau sur le tribord.: 舫い綱が船を右舷にたぐり寄せている.
    ・ rappeler sur une amarre: (v.i.)[船が]舫い綱にたぐり寄せられる.

    tai[魚]タイ(たい):

      /bogue: m.[魚]鯛(たい)科の魚、鯛の一種、[魚]ヒラダイ[属][タイ科の海産魚].
      /canthère: n.m.[魚]タイ(鯛)の類.
      /castagnole: n.f.[魚]鯛の類.
      /daurade(f), daurat(m): [魚]鯛の一種.
      /Jean-Doré: n.m.[魚]タイ(鯛)の類(=doré).
      /loche: n.f.[魚]タラ[科の魚]; [魚]ドジョウ.
      /pagel(n.m), pagelle(n.f): [魚]鯛(たい)の一種、タイ科の数種の海産魚の総称.
      /pagre: n.m.[魚]タイ、マダイ、パグル [鯛(タイ)科の食用魚].
      /pêcher la daurade: 鯛漁をする.
      /sargue: n.m.[魚]鯛科(タイ科)の海魚.
      /spare: n.m.[魚]鯛科の一種.
      /sparoïdes: n.m.pl.[魚]鯛科、大鯛科.

    tai堆(たい):
    /banc: n.m.堆(たい)[海底の隆起部]; 堆積(たいせき); 州(す)、礁(しょう)、暗礁、浅瀬; [地][岩石などの]層、岩床、岩盤; [氷山の]大塊.
    /banc de corail: 珊瑚礁.
    /banc de marine [海底の]堆.
    /banc de roches(de rocher): 暗礁.
    /banc de sable: [海底・河底の]砂州(さす).
    /le Banc de Terre-Neuve: ニューファンドランド・バンク、ニューファンドランドの洲(す)[漁場].

    tai:
    /division: n.f.分けること、分割; 割り算; 部分、配分、区分、区画; 局、部; [学術]科、級、組; [軍]師団; [海兵]分艦隊;  [椊]門.
    /division navale: [海軍の]隊、分隊.

    taichou滞潮(たいちょう): [参照]憩潮(けいちょう).

    taibyou大錨:
    /maîtresse ancre: [海]主錨、大錨.
    /miséricorde: n.f.[文語]慈悲、寛容; [古語][海][非常用の]大錨.
    ・ ancre de miséricorde: [古語][海][非常用の]大錨、予備主錨 [「頼みの綱《の意味].

    taido-pu-ruタイドプール、潮溜り: → bâche: n.f.[鉱山用の]箱、水槽、タンク; [船・車・商品などにかける布、革の]雨覆い (あまおおい)、シート、幌(ほろ)、天幕、テント; [漁]巾着網; 潮溜り、潮の引いた後の水溜り.

    taiga-fisshu[魚]タイガーフィッシュ: → chien d'eau: [魚]タイガーフィッシュ [参考]chien, ne: n.犬.

    taigun大群: [参照]群れ.

    taiheiyou太平洋: → pacifique: adj.平和を好む、平穏な、n.m.(le Pacifique)太平洋(=l'océan Pacifique).

    taihi待避:
    /garage: n.m.車庫、ガレージ; [船舶などを]待避させること; [ボートの]艇庫、船小屋; [船を]船だまりに入れること、 船泊(どまり)に入れること、艇庫に入れること、入渠; [運河・河川での]船渠、船だまり、船泊、船がかり.
    ・ bassin de garage: 待避港、停船場.
    /gare: n.f.[鉄道の]駅、停車場; 交行所、回避所、待避所[河川・運河などで、2隻の船が行き違うことができる場所]; (gare [d'eau])[河川・運河の]船着き場、係留地.
    /garer: v.t.[船を船着き場・待避所]に入れる(着ける); [列車などを]停車場(待避線)に入れる; 車庫(駐車場)に入れる.
    ・ se garer: v.pr.[艀・車などが]一方に寄る; 脇へ寄る; 除ける、避ける.

    taihou大砲:

      /accul: n.m.[海]小湾、入り江; [大砲の]駐退索(機).
      /agrès: n.m.pl.[海]綱索類、操帆装置、操帆具、綱具、索具 [帆・綱・滑車など]; [海]船具、艤装品(ぎそうひん); 荷役用具;  [軍]大砲操作用具.
      /brague: n.f.[海]駐退索[大砲を固定したり、あるいは大砲の発射時に反動で後退するのを抑制するロープ]、[海][火砲後座の]制動綱.
      /canon: n.m.大砲、火砲、砲; 砲身、銃身; [弾丸以外の]発射砲、銃.
      /canon de chasse: 艦首砲.
      /canon de marine: 海軍砲.
      /canon de navire, canon de bord: 艦砲.
      /canon porte-amarre: 救命索の発射砲.
      /couleuvrine: n.f.[昔の]細長い大砲.
      /demi-batterie: n.f.[昔の帆を用いた軍艦の]大マストと船首(船尾)の間の大砲の全部.
      /étoupille: n.f.[軍][大砲などの]門線; [大砲の]門管→ étoupiller: v.t.門管(信管)を装填(そうてん)する.
      /heup: int.[海]そら上げろ、よいと捲け、砲の操作の号令.
      /navire garni de canons: 大砲を備えた船 [参考]garni(e): a.p.[deで]補強された.

    taikai大海: [参照]大洋.

    taiken[海]大圏: grand cercle(m).

      /grand cercle: [海]大圏、大円.
      ・ route par l'arc de grand cercle: [海]大圏航法.
      /orthodromie: n.f.[海・空]大圏(たいけん)、大圏航路、大圏航法、大圏コース [地球上の2点を大圏に沿って進むコースで、 船・航空機にとって最短距離・最短航路(空路)となる]; 大円距離.
      /orthodromique: adj.大圏に沿った、大圏航法の; 最短距離の.
      ・ navigation orthodromique: [海]大圏航法、大圏航行.
      ・ route orthodromique: 大圏航路、大圏ルート; 大円距離.
      /route par l'arc de grand cercle; navigation sur l'arc de grand cercle; navigation orthodromique: [海]大圏航法.

    taikou耐航:
    /navigabilité: n.f.[海・河川などの]航行可能性、可航性、航行可能なこと; [船舶・航空機の]耐航性、航海に耐えること.
    ・ certificat de navigabilité: [船・航空機の]航行許可証; 耐航証明書.
    ・ certificat de visites, certificat de navigabilité: [船舶の]耐航証明書; [海]船舶検査証明書.
    ・ en état de navigabilité: 耐航性のある.
    /navigable: a.[海・河川が]航行可能の(な); [船舶などが]航海に耐え得る、耐航性のある、航海できる.
    /supporter la mer: 航海に堪える、海上輸送(運搬)に堪える(→ 耐航性).

    taikoubou太公望(たいこうぼう):
    /chevalier de la gaule: [話語]釣り師、太公望 [参考]gaule: n.f.釣り竿; 竿、長い棒.

    taimai[動]タイマイ:
    /caret: n.m.[動]タイマイ[属]、べっ甲亀; アオウミガメ; アカウミガメ(caouanne)[属]; べっ甲.

    taimatsu松明:
    /luminade: n.f.→ [次の句においてのみ用いられる] pêche à la luminade: 松明(たいまつ)をつけてする漁猟(ぎょろう)・ 夜釣り.

    tairikudana大陸棚: plateau(m) continental [参考]continental, ale: adj.(pl. -aux)大陸の; 大陸性の.
    /marge continentale: [海洋]大陸縁辺.
    /plateau continental: 大陸棚 [参考]plateau: n.m.(pl. ~x)皿、盆、鉢; 高原、台地; 洲(す)、砂丘.
    /plate-forme continentale: 大陸棚.
    /socle continental: 大陸棚 [参考]socle: n.m.[イタリア語][建][彫像などの]台座、台; [地]基盤; 島棚.

    tairiku-hyoui-setsu[地学]大陸漂移説、大陸移動説: théorie(f) de la dérive des continents.
    /mobilisme: n.m.[地学]大陸漂移説.
    /dérive: n.f.[海]漂流; [海・空]偏流 [船などが潮流・風により針路(コース)から外れること (流されること)]、コースから流されること; [軍・海]方位角(=angle de dérive)、方向角; [海][ヨットの横流れなどを防ぐ]可動竜骨、 センターボード、落下竜骨(龍骨)、移動竜骨、ドロッピングキール、垂下竜骨; (~ des continents)大陸移動[説]、大陸漂移[説] [ドイツのウェーゲナー(Wegener)が唱えた説].

    tairiku-idousetsu大陸移動説: [参照]大陸漂移説.

    tairiku-shamen大陸斜面:
    /talus continental: 大陸斜面 [大陸棚と深海底との間にある海底の急な斜面] [参考]talus: n.m.傾斜、勾配; 斜面、急斜面、崖.

    tairyou大漁:
    /faire [une] bonne pêche: 大漁である.
    /pêche abondante: 豊漁.

    tairyuu対流: → troposphère: n.f.[気]対流圏/troposphérique: adj..

    taisakukou帯索溝(たいさくこう):
    /engoujure: n.f.[海][滑車の]溝、帯索溝(こう); [マストの下端の下の]溝.
    [参考][英語][海][滑車の周囲に刻んだ]帯索溝、[ロープをずれないようにする]刻み目、溝: score.

    taisei胎生:
    /laiteux(se): adj.[牡蛎(かき)が]胎生の、[幼生型の牡蠣(かき)が]卵をもった.
    /vivipare: adj.[動・生物]胎生の [対語] ovipare、n.m.(pl.で)[動]胎生動物、胎生生物.
    /viviparement: ad.胎生で.
    /viviparité: n.f.[動・生物]胎生 [viviparie, viviparismeともいう].

    Taiseiyou大西洋:

      /atlantique: adj.大西洋の; [海岸線が]大西洋岸の;アトラス[山]の、n.m.(l'A~)大西洋(l'océan Atlantique).
      ・ côte atlantique: 大西洋岸→ le littoral atlantique: 大西洋沿岸.
      ・ océan Atlantique: 大西洋.
      /ponant: n.m.[古語・文語][Levant 東方に対して]西方、西方諸国; [地中海上の]西風; (P~)[地中海に対して]大西洋、 n.m.大西洋沿岸の水兵(海員)(=marin ponant).
      ・ flotte du Ponat: [17世紀の]大西洋艦隊.
      /ponantais(e): a.西方[諸国]の、n.(P~)西国人、西方諸国人、n.m.[古語]大西洋の船乗り.
      /transat: adj. transatlantiqueの省略形、n.m.[俗語・口語]大西洋横断汽船; 甲板イス、デッキ・チェア、n.f.(La Transat)大西洋汽船 会社 [Compangnie générale transatlantiqueの略]; 大西洋横断ヨットレース [course atlantiqueの略].
      /transatlantique: adj.大西洋横断の; 大西洋の彼方の、アメリカの、n.m.大西洋横断定期船(=paquebot transatlantique)、 大西洋横断汽船; (pl.)[俗語]大西洋横断定期船の乗客・船客; [甲板・海岸などで用いるズック張りの(布製の)]折り畳み椅子、 折り畳み式デッキ・チェア[略: transat]、甲板イス、デッキチェア; n.f.(T-)大西洋汽船会社(=Compagnie générale transatlantique)[略: Transat].
      ・ course transatlantique: 大西洋横断ヨットレース [略: transat].
      ・ paquebot transatlantique: 大西洋横断定期船.
      ・ Compangnie générale transatlantique: 大西洋汽船会社 [略: Transat].
      /transocéanien(ne), transocéanique: adj.大洋(大西洋)の向こう側の、大洋(大西洋)の対岸の、大西洋の彼方にある、 大西洋を隔てて向こう側の、海外の; 大洋横断の、大洋を横断する [特に大西洋をさすことが多い]、大西洋を横断する; 渡洋の.
      /câble ~: 大洋横断ケーブル/canal ~: 両洋連絡運河/navigation ~: 大洋横断航海、大西洋横断航海.

    taiseki堆積:

      /dépôt: n.m.置くこと; 預け物; 預金; 収容所; 沈積[物]; [地質]堆積物.
      ・ dépôts marins: 海成堆積物.
      ・ dépôt terrigène: [地]陸源堆積物[河川などが運んだもの] [参考]terrigène: adj.[地質]陸成の.
      /ensablement: n.m.砂の堆積; [港などが]砂で埋まること; [船の]坐洲(ざす).
      /ensabler: v.t.[船を]坐洲させる; 砂で埋める.
      ・ s'ensabler: v.pr.[船が]砂に乗り上げる; [港などが]砂で埋まる; [魚が]砂に潜る.
      /sédiment: n.m.堆積物、沈殿物.
      /sédimentation: n.f.堆積、沈殿.

    taiseki-tonsuu体積トン数:
    /tonnage: n.m.[英語][海][商船の]容積トン数、体積トン数、トン数; [船の]積載量、積量(→ jauge, déplacement); 排水トン数; [一国が保有する船舶、あるいは一つの港に出入りする船舶の]総トン数; [海][船舶が支払う]トン税(=droit de tonnage); [商品重量の]トン数.

    taisen退船:
    /évacuer: v.t.排水・排出する; 立ち退く、退去・撤退・避難する.
    ・ faire évacuer un navire: 退船させる.

    taisen滞船:
    /surestarie: n.f.[多くpl.][海法][所定の船積み・陸揚げ期間を超える; 船積み・陸揚げの遅れによる]超過 停泊[日数]、帯船、陸揚げの遅延; [船主に支払う]帯船料、日数超過賠償.

    taisen対潜: → appareil d'écoute sous-marine 対潜聴音機、潜水艦探知機.

    taisetsu[動]体節:
    /article: n.m.[動][節足動物の体節の]節、体節: [法律・条約などの]条項; 項目、事項; 記事; 商品、品物.
    /métamère: n.m.[生][節足動物の]体節.
    /segment: n.m.部分; [動]体節(métamère); [節足動物・環形動物などの]環節、環.
    /segmentaire: adj.体節(環節)の.
    /somite: n.m.[動]体節、[節足動物の]環節.

    taishou大檣(たいしょう):
    /grand mât: 主檣(しゅしょう)、大檣、メーンマスト(→ [参照]voilier); [俗語]船長.
    /mestre: n.m.(maîtreの古い綴り; =[船]meitre)[海]メーンマスト、大檣(=arbre de mestre, mât de mestre)、[ガレー船の] メーンマスト、主檣(しゅしょう)(=mât de mestre)、n.f.[海]メーンスル.
    ・ voile de mestre(m): メーンスル、主帆、大帆.

    taishou-ebi大正エビ: caramote(f).

    taiwan-yaito[魚]台湾ヤイト: thonine(f).

    taiyou大洋:

      /haute mer: 大洋、沖、外海; 公海.
      /océan: n.m.大洋、大海; 海洋; [帆をもつ遊興用の]川舟; [O~][ギリシア神話]大洋の神、大洋神、海の神、海神、オケアノス.
      /océanique: adj.大洋の、大海の; 沿海の、海洋沿岸の.
      ・ climat océanique: 海洋性気候.
      ・ explorations océaniques: 海洋調査.
      /région pélagique: [水深2,000~6,000mの]大洋底 [参考]pélagique: adj.[海]遠洋[性]の、海洋[性]の、海の、外洋性の、 沖の; 深海の.
      /transocéanien, enne; transocéanique: adj.大洋(大西洋)の向こう側の、大洋(大西洋)の対岸の、大西洋の彼方にある、 大西洋を隔てて向こう側の、海外の; 大洋横断の、大洋を横断する [特に大西洋をさすことが多い]、大西洋を横断する; 渡洋の.
      /câble ~: 大洋横断ケーブル/canal ~: 両洋連絡運河/navigation ~: 大洋横断航海、大西洋横断航海.

    takara-gai[貝]タカラガイ、宝貝:
    /cauri, cauris: n.m.[貝]タカラガイ、宝貝、コヤスガイ、子安貝 [その貝殻は、インド・セネガルなどで貨幣として用いられた].
    /pucelage: n.m.[貝]タカラガイ(宝貝)、コヤスガイ(子安貝).

    takasa高さ:

      /creux, se: adj.[内部が]空の、中空の、空洞のある; くぼんだ、n.m.空洞、穴; くぼみ、凹部、へこみ;  [海][波の]谷、波の高さ、波高(=creux de la mer, creux des vagues);  [海・造船]船の上甲板から竜骨までの高さ、 船体の高さ(=creux sur quille).
      /creux sur quille: [英語: moulded depth][造船]甲板から竜骨までの高さ、船体の高さ.
      /des creux de trois mètres: 3メートルの波.
      /guindant: n.m.[海][帆・旗の]高さ.
      /guindant de mât: 上甲板から帆柱の肩までの高さ.
      /hauteur: n.f.高さ、高度; 高み、高所、高台、高地; [天][太陽・星の]高度.
      ・ à la hauteur de: …と同じ高さに; [海]…と同緯度に.
      ・ hauteur absolue: 海抜.
      ・ hauteur barométrique: [気象]気圧の高さ.
      ・ prendre hautur, prendre la hauteur de Soleil: [海][船位を知るために六分儀で]天測をする、太陽の高度を測る.
      /mer d'un mètre de creux: 波高1メートルの海.

    takashio高潮(たかしお): [参照]高潮(こうちょう).
    /estande: n.f.[海]高潮の極点.
    /raz(m.inv.) de marée: 高潮、津波.

    takenokokanimori[貝]タケノコカニモリ: → cérite, cérithe: n.m.[貝]タケノコカニモリ[属][細長い小型の巻き貝].

    takku[海]タック [帆の前端下隅(point d'amure)を引っ張り止める帆索]:
    /mouton: n.m.[動]羊; 羊の肉、マトン; [海]タック [帆の前端下隅(point d'amure)を引っ張り止める帆索]、斜檣(しゃ こう)の下隅索、帆綱の一種; (pl.)白波(しらなみ)、泡立つ波.

    takku[海]タック:
    /bordée: n.f.[軍][集合的に]舷側(げんそく)砲、[艦船の片舷に装備された]砲列、片舷砲列; [舷側砲の]一斉射撃、片舷斉射、片舷斉発(せいはつ)(=feu de bordée, bordée d'enfilade)[舷側砲の一斉射撃]; 片舷斉射1回当たりの砲弾の量; 礼砲; [海][船の]方向を変えずに進む距離、同一の間切り帆で帆走した区間、1タックの航走距離、[帆船が斜航する時の]一針路、一間切り; [海]勤務; [艦船の]当直、[集合的]当直員、甲板当直員; 舷側水兵.

    tako[動]タコ、蛸(たこ): pieuvre(f).
    /âne marin; タコ(=poulpe) [参考]âne: n.m.[動]ロバ.
    /pieuvre: n.f.[動]蛸(たこ)、タコ [参照]poulpe.
    ・ bras d'une pieuvre: タコの足.
    /bonnet: n.m.[タコの]袋状の胴体、頭; 縁なし帽.
    /poulpe: n.m.[動]蛸(たこ・タコ)[類](=pieuvre)[八腕目の軟体動物の総称; pieuvre(f.)ともいう]、タコ類の総称.

    takobune[動]タコブネ: → argonaute: n.m.[レース・技術指導用の]モノタイプ級ヨット、単一形級ヨット、練習用帆船;  [動]アオイ貝、カイダシ; [動]フネダコ、タコブネ; カイダコ[類][カイダコ科の頭足類の総称].

    tama:
    /ballon: n.m.[海]信号球.
    /ballon de défense: 防舷球.
    /ballon de marée: 潮信球.
    /bombe(f) de signaux: [海]信号球.
    /boule(f) horaire: [海]標時球、報時球.
    /voyant: n.m.信号灯、[海][燈船の]燈標、[灯台船の]檣頭球、[ブイの]ランプ; [測]標識、[水準測量の]ターゲット、目標板.

    takuetsufuu卓越風:
    /vent dominant: 卓越風 [参考]dominant(e): a.支配する、支配的な; 優性な; 主要な、優勢な.

    tamaami球網(たまあみ): [参照]たも網.

    tamabikiタマビキ:
    /littorine: n.f.[貝]エゾタマキビ属の一種; [貝]タマビキ[類][タマビキ科の海産の巻き貝の総称]; [特に]ヨーロッパ タマビキ[食用貝]; [動]ニシ(螺).
    /vignot: n.m.[貝]タマビキ類の食用巻貝、ホラ貝.

    tamagaiタマガイ: → natice: n.f.[貝]タマガイ[類][肉食性の巻き貝].

    tamago:
    /œuf: n.m.[鳥の]卵; [魚の]卵; [生]卵(らん)、卵子; [特に]鶏卵.
    /œuvé(e): adj.[魚が]卵を孕んだ(はらんだ)、卵を持った、抱卵の; 雌の.
    ・ hareng œuvé: 子持ちニシン.
    /raisin: n.m.葡萄(ぶどう); (raisin de mer)イカの卵、タコの卵.
    /rogué, e: adj.[ニシンなどの魚が]卵のある、卵をもった、子持ちの<鯡(にしん)など>.

    tamaishi玉石(たまいし):
    /galet: n.m.[海岸・海浜・川原・川辺などにある]小さい玉石、丸い小石、石ころ; (pl.)砂利; (plage à galets, plage de galets)砂利浜(じゃりはま); 小型滑車; [漁][魚網の; 網につける]浮子(うき).
    [参考]玉石: 川・海において自然と磨かれて丸くなった石.

    tamo手網(たも): [参照]たも網.

    tamoamiたも網:
    /épuisette: n.f.[漁・釣][魚をすくう]たも網、手網(たも)、ランディング・ネット、[漁]球網(たまあみ); [海][船底の水を 汲(く)み出す]淦汲み(あかくみ)[道具]、淦取り.
    /grenadière: n.f.[漁][小エビを捕る]たも網.
    /pêchette: n.f.[漁][方言][ザリガニ用の]たも網、ザリガニ漁業用の網、[蝦を捕るための]玉網、たま網.
    /treuille: n.f.[小エビを捕る]小型たも網、[漁][エビ捕り用の]網.
    /truble: n.f.[漁]たも網、すくい網、さで網(→ trubleau).
    /trubleau: n.m.(pl. ~x)[漁]小さいたも網、小たも網(→ truble).

    tamourui多毛類: → polychètes: n.m.pl.[動]多毛綱、多毛類 [環形動物門の1綱; ゴカイなどを含む].

    tanago[魚]タナゴ:
    /rosière: n.f.バラ冠の少女; [魚]ヨーロッパタナゴ[bouvièreの別吊].

    tanburuho-mu[海]タンブルホーム:

      /arqué, e: (arquerのp.p.)adj.湾曲した、弓なりに曲がった.
      ・ vaisseau arqué: 船隊が弓なりに湾曲した船.
      ・ s'arquer: v.pr.[海]豚背状に曲がる; 弓形(弓なり)に曲がる.
      /bouge: n.m.膨らんだ(曲がった)部分、反り [英語: camber, round of beam].
      /consentir: v.i.[海][マスト・梁などが]曲がる.
      /frégatage: n.m.[海]タンブルホーム [船速が上甲板近くで内側に傾いていること][英語: tumblehome, tumble home, tumbling-in].
      [参考][英語]tumble home: n.タンブルホーム[舷側上部が内側に湾曲していること]、vt.[海][舷側が]内側に湾曲する.
      /rentrée: n.f.帰ること、戻ること; 復帰、カムバック; [海]タンブルホーム [船体上部の細まり; 船体中央部の船幅の 方が船体上部よりも広い状態。例えば昔の大型ガレオン船などに見られる].

    tanbyouhaku単錨泊:
    /désaffourcher: v.t.[海][錨を]揚げる; 単錨泊にする、v.i.抜錨する; 単錨泊にする [参考]désaffourchage: n.m.[海]抜錨.

    tanchiki探知機: → asdic: [英語Allied Submarine Detection Investigation Committeeの頭文字]n.m.[海]潜水艦探知機、超音波 水中探知器、アスディック[英国で開発された].

    tandousen[海]単胴船:
    /monocoque: n.m.[海]単胴船、adj.単殻胴体の.

    tani:
    /creux, se: adj.[内部が]空の、中空の、空洞のある; くぼんだ、n.m.空洞、穴; くぼみ、凹部、へこみ;  [海][波の]谷、波の高さ、波高(=creux de la mer, creux des vagues);  [海・造船]船の上甲板から竜骨までの高さ、 船体の高さ(=creux sur quille).

    tanishiタニシ:
    /paludine: n.f.[貝]タニシの類、タニシ科; ミスジタニシ.
    /valleuse: n.f.[地学]水のない小谷 [ノルマンディのコー(Caux)地方の海食崖に見られる].

    tanka-[船]タンカー: cargo pétrolier [参考]cargo: n.m.[英語]貨物船.

      /chaland-citerne: n.m.(pl. ~s-~s))[海]平底タンカー.
      /citerne: n.f.[船・タンカーの]水・酒類・油類・石油を入れる仕切り、[油槽船の仕切られた]油槽; [海]給水船、給油船、 油槽船、タンカー(=citerne flottante); [液体(油・水・酒など)・燃料用などの]タンク、槽; [土地を掘った]雨水溜め(だめ)、 貯水タンク、貯水池; 貯水槽.
      /mazouteur: n.m.重油運搬タンカー.
      /navire-citerne: n.m.(pl.~s-~s)[石油・ワインなどを運搬する]タンカー、油槽船、油運送船、給油船、給水船.
      /tanker: n.m.[英語]タンカー、油槽船(→ navire-citerne, pétrolier).

    tankai探海:
    /chatte: n.f.[海]探海鉤[海底の綱具などを引き上げるのに用いる]; 平底の沿海用帆船、艀(はしけ); 牝猫.
    /projecteur: n.m.探照灯、探海灯; 灯光器; 映写機.

    tanken短剣: → coutelas: n.m.[海][幅広・片刃の]短剣; [料理]肉きり包丁; [魚]メカジキ.

    tanken探検:
    /exploration: n.f.探検; 探査、探索、踏査; 探求、調査.
    /exploration sous-marine: 海中探検、海底探査.

    tanki単鰭(たんき):
    /monoptère: a.[魚]単鰭の.
    /monoptèrigien(ne): a.[魚]単鰭の.

    tankuタンク: [参照]水槽.
    /deep tank: n.m.[英語][海][船底部の]深水槽.
    /tank: n.m.[英語][工業用の]タンク; [特に、油槽船のなどの船の]タンク、[タンカーの]油槽; 貯水槽.
    /tanks d'un pétrolier: 石油タンカーのタンク.

    tankyakurui[動]端脚(異脚)類[甲殻類の一種]:
    /amphipode: n.m.[動][甲殻]端脚類、端脚目[左右に側扁(そくへん)した体をもつ; 海水と淡水の両方の種類がある].
    /amphipodes: n.m.pl.[動]端脚(異脚)類.

    tansa探査: [参照]測深、水深測量、探測.
    /sondage: n.m.[海]測深、水深測量、海底測量; 探測(たんそく); 探査、地質調査; [大気などの]観測;  [採鉱・地学]ボーリング、試錐(しすい)、試掘孔; [統計]標本調査; [一般的に]アンケート、調査; 探り、下調査.
    /faire des sondages, faire sondage: [海]測深する、水深を測る; [採]ボーリング(試錐)をする.
    ・ sondage des profondeurs marines: 深海探査.

    tansaku短索:
    /pantoire: n.f.[海]ペンダント、短索 [マスト・帆桁につけられる、先が輪になった短索; 一端にブロックがつき、 他端はヤード、ブームその他の固定物がつく]、綱.
    /pendeur: n.m.[海]下檣頭から垂下する短索.

    tanshoutou探照灯:
    /projecteur: n.m.探照灯、探海灯; 灯光器; 映写機.

    tansoku探測: [参照]探査.

    tansui淡水:
    /eau douce: 淡水、真水; 軟水 [参考]doux(ce): adj.甘い.
    /marin d'eau douce: 大海に乗り出したことのない船乗り; 経験の浅い人.
    /poisson d'eau douce: 淡水魚.

    tansui-kaimen[動]タンスイカイメン: → spongille: n.f.[動]タンスイカイメン(淡水海綿)、淡水絨(じゅ)属.

    tansuika淡水化:

      /dessalement, dessalaison: n.m.[魚・肉などの]塩出し、塩抜き; [海水の]淡水化; 人が水中に投げ出されること.
      /dessaler: v.t.[魚・肉などを]塩出しする、塩出しをする、塩分を去る; [海水を]淡水化する、v.i.塩(塩分)が抜ける;  [船が]転覆する、ひっくり返る; [話語][船が転覆して人が]水に落ちる、水中に投げ出される、v.pr.塩分が抜ける.
      ・ dessaler le pétrole brut: 原油から塩水を分離する.
      /dessalure: n.f.[淡水の流入による海水の]塩分の低下; [海水の]淡水化、脱塩、塩分除去、塩気抜き.
      /épurer: v.t.純化(浄化)する; 精製(精錬)する; [海][水から]塩分(微生物)を除く.

    tantei短艇:

      /arc-boutant: (pl. ~s-~s)n.m.[海]ボートチョーク、ボートチョック、クレードル[救命ボートを吊り下げる ための柱]、端艇ダビット; (a)arc-boutant de soutien [造船]進水用支材; (b)arc-boutant de martingale [海]垂木 (たれぎ); (c)端艇の舷側につけた腕木形鉄棒、アウトリガー.
      /barre(f) des pieds: [短艇・端艇の]足架け、[ボート漕手の]足掛け.
      /canot: n.m.[デッキのない]小さい舟、小舟、遊山舟; ボート、カッター、端艇; [古語・カナダ][櫂(かい)で漕(こ)ぐ] 小舟、 丸木舟、カヌー.
      /chaloupe: n.f.[海][軍艦の]ランチ、艇、短艇、[帆船の]最大短艇、大型ボート; [カナダ]ボート; (chaloupe cannelée)[貝]ふねだこ.
      /espale: n.m.[短艇の]舳(へさき・とも)の板の間.
      /flette: n.f.[古語]短艇、ランチ; [昔の]荷積み船; 平底舟、引き舟、曳船.
      /hangar à bateaux: 短艇庫 [参考]hangar: n.m.倉庫、[収穫物・農具などを置く]紊屋.
      /pistolet: n.m.[海]ダビット、鉤(かぎ)柱 [ボートなどを揚げ降ろしする吊り柱]、[ボートの]吊り柱、短艇吊り; [海]前檣帆を捲く柱; ピストル、短銃、拳銃.
      /vedette: n.f.[海]モーターボート、快速小艇; 短艇、ランチ; 艦載水雷艇、[海軍]哨戒艇(しょうかいてい)、哨艇、巡視艇; [税関・警察]監視艇; 艀船.

    taoreru[マストなどが]倒れる: → tomber par-dessus le bord: 船から海に落ちる; [マストが]船の外に倒れる.

    taosu[マストなどを]倒す:
    /calage: n.m.[海][帆・帆架・マストを]下げる(下ろす・降ろす)こと; [帆柱を]倒すこと;  [締め具・楔(くさび)などによる] 固定、取り付け、楔を入れること; 支柱を施すこと.
    /désarborer: v.t.[海][檣を]倒す、[旗を]引き下ろす.

    ta-pon[魚]ターポン: → tarpon: n.m.[英語][魚]ターポン [イセゴイ属; 例えばフロリダ沿岸に棲息する、2mにも達する大魚]; [アメリカ南部に産する]大魚.

    tara[魚]タラ(鱈・たら):

      a~m
      /aiglefin(m): n.f.[魚][北海産の]鱈(タラ)の一種; タラダマシ[タラ属; 大西洋産].
      /banquais(e): a.ニューファンドランド近海の鱈(たら)漁に従事する、n.m.ニューファンドランド近海の鱈(たら)漁に従事する 漁船(漁師・漁夫).
      /banquer: v.t.[ボート・小艇に]腰掛けを備え付ける、v.i.[船が]洲のある海に入り込む、ニューファンドランド近海へ漁に行く.
      [参考]débanquer: v.t.[船から]腰掛を取り外す、v.i.[特にニューファンドランドの]洲(漁場)を離れる.
      /banquier: n.m.[ニューファンドランド近海に出漁する]鱈(たら)漁船.
      /cabaneau, eaux: n.m.[海岸に建つ] 鱈漁夫の小屋.

      /cabillau(pl. ~x), cabillaud: n.m.生鱈(なまだら); モンツキダラ.
      /cabliau, aux: n.m.=cabillau [参考]cabillau(pl. ~x), cabillaud: n.m.生鱈(なまだら); モンツキダラ.
      /capelan: n.m.[魚]小鱈(こだら); 小鱈に類した小さな魚.
      /chafaud: n.m.鱈(タラ)の乾し台.
      /chafaudier: n.m.鱈乾し漁夫; 鱈乾し台を作る職人.
      /défileur: n.m.鱈漁船.
      /églefin: n.m.[魚]タラダマシ[タラ科; 北大西洋産の食用魚][morue noire, morue Saint-Pierreともいう].
      /égrefin: n.m.[魚]鱈の一種.
      /emboucautage: n.m.[鱈を]樽詰めにすること.
      /emboucauter: v.t.[鱈を]樽詰めにする.
      /flanchet: n.m.[料理]牛の腹部肉; 鱈(たら)の腹部肉.
      /flaquer: v.t.[漁][鱈(たら)を]開く.
      /gade: n.m.[魚]タラ[類]、鱈[類]、鱈(たら)属の一種、鱈科の魚[総称].
      /gadidés: n.m.pl.[魚]鱈科(たらか)、タラ科.
      /gadoïde: adj.[魚]鱈のような、鱈科の、n.m.鱈科の魚.
      /gau: n.m.(pl.~s)[古語][海]タラの胃.
      /haddock: [英語]n.m.[魚]タラ(鱈)の一種[北大西洋産の; 一般的に燻製にして食べる].
      /islandais: n.m.アイスランド語; [口語][Bretagneにおいて] アイスランドへタラ漁(鱈漁)に行く漁夫、アイスランド 漁場で働いている漁夫.
      /julienne: n.f.[魚]鱈(たら)の類.
      /lieu: n.m.(pl. ~s)[魚]ポラック[属][タラ科; 鱈(たら)の一種; 海魚; 食用になる]; [俗語]フランス近海産の鱈の一種.
      /lingue: n.f.[魚]鱈(たら)の一種 [参照]lieu.
      /merlan: n.m.[魚]小ダラ、ホワイティング.
      /merluche: n.f.[魚]鱈(たら)の一種; 干鱈(ひだら)、干ダラ、乾鱈、棒鱈.
      /moges: n.f.pl.[俗語]鱈の臓腑(ぞうふ).
      /moruau, aux: n.m.[魚]小鱈.

      morue
      /morue: n.f.[魚]タラ、鱈(たら)、マダラ(真鱈・まだら).
      ・ l'huile de foie de morue: タラ(鱈)の肝油 [参考]foie: 肝臓.
      /morue fraîche: 生鱈.
      /morue séchée: 干鱈.
      /morue verte: [乾燥させていない]塩鱈、生塩鱈(だら).

      /morutier, moruyer: n.m.鱈漁船、鱈漁の船; 鱈漁夫、鱈漁の漁夫、adj.m. 鱈漁船(鱈漁夫)の、鱈漁をする.
      /morutier(ère): adj.鱈(たら)の; 鱈漁の、n.m.鱈漁船; 鱈猟師.
      /motelle: n.f.[魚]鱈属の一種.
      /pêche à(de) la morue: 鱈(たら)漁.

      r~
      /rabes: n.f.pl.塩漬けにした鱈(たら)の卵.
      /ressure: n.f.[イワシの餌として用いられる]鱈子.
      /rogue: n.f.[漁][鰯(いわし)漁の餌(えさ)に用いる]塩漬けの魚卵 [一般に、鱈子(たらこ)または鰊(にしん)の卵]、 [餌(えさ)用の]塩漬けにしたタラの魚卵(はらご).
      /serreur: n.m.[船]ニュー・ファウンドランド(Terre-Neuve)地方の鱈輸送船.
      /tacaud: n.m.[魚]鱈(たら)[タラ科; 大西洋に棲む; 食用魚].
      /terre-neuvas(pl. ~[s]-~), terre-neuvier(pl. ~-~[s]): adj.ニューファンドランド(Terre-Neuve)に鱈(たら)漁に行く、 [フューファンドランドまで出かけて]遠洋漁業をする、n.m.inv.[ブルターニュ方言]ニュー・ファンドランドに鱈漁に行く漁船(漁夫)、 [フュー・ファンドランドまで出かけて]遠洋漁業をする漁船・漁夫、ニューファンドランドの漁夫(漁船).
      [参考]terre-neuvien(ne): adj.ニューファンドランド(Terre-Neuveの、n.m.ニューファンドランドの漁夫(漁船).
      /trancheur(se): n.[鱈(たら)の] 腸(わた)抜き係・水夫; 切断工.
      ・ videur(se): [魚・鳥の] はらわたを抜く人.
      /n.m.[鱈(たら)を釣るための; 鱈漁用の]平底漁船、平型漁船: ?.

    tarakoたらこ:
    /caviar rouge: すじこ; たらこ [参考]caviar: n.m.キャビア [チョウザメの卵(腹子・はらご)の塩漬け].
    /rogue: n.f.[漁][鰯(いわし)漁の餌(えさ)に用いる]塩漬けの魚卵 [一般に、鱈子(たらこ)または鰊(にしん)の卵]、 [餌(えさ)用の]塩漬けにしたタラの魚卵(はらご).

    tarappuタラップ: échelle de coupée [英語: accommodation ladder].
    [参考]coupée: f.[海][船の]舷門、船楼端.
    /échelle de coupée, échelle de côté: [海]船側はしご、舷梯(げんてい)、タラップ.
    /passerelle: n.f.[海]航海船橋(=passerelle de navigation)、船橋、艦橋、ブリッジ(=passerelle de commandement) [英語: bridge]、当直甲板; [船から岸へ渡した]舷梯(げんてい)、[船・飛行機の]タラップ、ボーディング・ブリッジ; ガングウェイ [甲板上を縦にまたぐ橋]; 足場板、渡し板; 歩道橋、歩橋、歩行者専用橋.
    /passerelle de débarquement: タラップ.

    taregi[海]垂木(たれぎ): arc-boutant de martingale.
    [参考]arc-boutant: n.m.(pl. ~s-~s)[海]ボートチョーク、ボートチョック、クレードル[救命ボートを吊り下げるための柱]、端艇ダビッ.

    taru(たる):

      /bachotte: n.f.[生魚運搬用の; 生きた魚を運ぶ・活魚運搬用の]樽(たる)、魚樽(*だる)、桶(おけ).
      /baril: n.m.樽、小樽(こだる)[tonneauよりも小さい](→ baricaut, barillet, barrique); 樽一杯; バレル[石油の容量単位; 159リットル][英語: barrel].
      ・ baril de galère: [船の]水樽.
      ・ baril de harengs: ニシン樽.
      ・ barillage: n.m.樽製造術; 樽に詰めること; [海][集合的に]船に積んだ樽.
      ・ mettre … en baril: …を樽詰めにする.
      /barrique: n.f.[200~250リットル入りの]大樽; 一樽の容量(→ baril); [漁]ヤツメウナギ網.
      /barrot: n.m.[魚]アンチョビー(anchois)の樽(たる).
      /bouée-tonne: n.f.(pl. ~s-~s)樽ブイ(浮標).
      /bouge: n.m.[海][甲板・ビームなどの]上反り(うわぞり)、反り、船梁の上反り、膨らんだ(曲がった)部分 [英語: camber, round of beam]; [物体の]ふくらんだ(湾曲した)部分; 樽; [港町などの]いかがわしい酒場、安キャバレー.
      /bouge d'un tonneau: 樽の胴.
      /bque: [略][海]barque(小舟); [商]barrique(樽).
      /caquage: n.m.[ニシンを]樽詰めにすること.
      /caque: n.f.[鰊(ニシン)を詰める] 樽、ニシン用大樽、[塩漬け・燻製用の] 鰊樽(にしんだる)、ニシン樽(だる)(=caque de harengs);  火薬用の樽.
      /caquer: [オランダ kaken、鰓(えら)を取る]v.t.[ニシンなどを塩漬けにして樽詰めにするために] 内臓などを取る、[樽詰め用に魚、 特にニシンの] えら(内臓・はらわた)を取る; [ニシンなどの魚・火薬などを] 樽詰めにする.
      /caqueur, euse: n.[ニシンなどの]樽詰め人、n.m.ニシン樽詰め人用の小刀.
      /charnier: n.m.[海][甲板上にある] 飲水桶、水桶、飲料水樽(だる)、貯水樽(だる); 紊骨所(堂); 墓地; 死体置き場.
      /emboucautage: n.m.[鱈を]樽詰めにすること.
      /emboucauter: v.t.[鱈を]樽詰めにする.
      /empiper: v.t.[塩ニシンを]樽に詰める.
      /empipeur: n.f.[塩ニシンの]樽詰め人.
      /encaquement: n.m.[ニシンなどの]樽詰め(たるづめ); すし詰め.
      /encaquer: v.t.[ニシンを]樽詰め(たるづめ)にする.
      /encaquer des harengs: ニシンを樽詰めにする.
      /encaqueur, euse: n.[ニシンの]樽詰め人.
      /engrenage: n.m.[船艙の中への樽の]積み込み; 歯車; 歯車仕掛け.
      /engrener: v.t.[船艙の中へ樽を]積み込む、船艙に積み重ねる; [歯車を]かみ合わせる.
      /liter: v.t.[魚を]重ねて樽詰めにする(樽に詰める)、[塩漬けの魚を重ねて]樽詰めにする; 層に重ねる、[物を]重ねる ・ liter des harengs: 塩漬けニシンを樽詰めする.
      /pacquage: n.m.[魚の]樽詰め作業、魚を樽詰めにすること、選別・樽詰め作業.
      /pacquer: v.t.[魚を]選り分(えりわ)けて(選別して)樽詰めにする、[塩漬けの魚を]樽詰めにする.
      /paquer: v.t.[魚などを]箱(樽)詰にする、荷造りする、包装する.
      /tonneau: n.m.(pl. -eaux)樽; [特に]酒樽(=tonneau de vin); 1樽の量; [海][船の]容積トン [国際単位では 2.83m3; フランス体積トン(仏トン・仏噸)では1.4m3]、[度量]トン、フランストン.
      /trévire: n.f.[海]丸太がけつり綱 [急斜面を使って樽などを上げ下げする時に用いる].
      /trévirer: v.t.[海][樽などを]丸太がけで上げ下げする.

    ta-ruタール: [参照]瀝青、ピッチ、チャン.

      /bitumage: n.m.タール(瀝青(れきせい)・チャン・ピッチ)を塗ること; アスファルトで舗装すること、アスファルト舗装.
      /bitume: n.m.タール、瀝青(れきせい)、ビチューメン、チャン; [道路舗装用の]アスファルト(= bitume de Judée).
      /bituminer: v.t.[…に瀝青・ピッチ・タール]を塗る; アスファルトで舗装する.
      /brai: n.m.瀝青[タール]、ピッチ.
      /brayer: v.t.[海][船に]コールタールを塗る、松脂(タール・ピッチ)を塗る.
      /coaltarer: […に]コールタール(coaltar: [英語]n.m.コールタール)を塗る.
      /coaltariser: v.t.[船に]タールを塗る.
      /cordage(m) blanc, cordage non goudronné: [海]タールを塗っていない索(なわ)・索具.
      /cordage en(de) chanvre: 麻のロープ、麻綱.
      /espalme: n.m.[海][古語][船底に塗る; 船底塗料用の]チャンを混ぜた脂、チャンと油の混合液、油脂、タール; [競走・レース用ボートの船底に塗る]脂、油.
      /espalmer: v.t.[海][船の]底を清掃(掃除)して、チャンを混ぜた脂(espalme)を塗る、油脂やタールを塗る、[船底を]洗う.
      /fourrage(m): [海][摩擦を防ぐために]ロープに巻くためのタール塗りの帯、合索(よりなわ)[でロープを巻くこと].
      /franc-filin: n.m.(pl. ~s-~s)[海]タールを塗っていないロープ、白麻綱.
      /funin: n.m.[海]瀝青(れきせい)・チャン・タールを塗っていない綱・ロープ・麻索.
      /goudron: n.m.タール、瀝青(れきせい)、チャン; アスファルト.
      /goudronnage: n.m.タール(瀝青)を塗ること.
      /goudronner: v.t.[…に]タール(瀝青)を塗る
      ・ toile goudronnée: タール塗り防水布.
      /guipon: n.m.[海]タール刷毛.
      /limande: n.f.[魚]カレイ(鰈)[類][海産の食用魚]; コマガレイ[属]; [海][索に巻く; 綱具類を覆うてめの]瀝青 (れきせい・チャン)を塗った布帯; [綱具に巻く]タール塗りの布帯、[綱具の摩擦搊耗を防止するために、瀝青(タール)を塗って 綱に巻きつける(被せる・かぶせる)] 細長い帆布・布帯・布テープ.
      /limander: v.t.[海][索・綱具類を]瀝青(チャン)を塗った布帯で巻く、[綱具類に]瀝青(チャン)を塗った布帯を巻く.
      /poix: n.f.木タール、ピッチ; 樹脂; チャン、松脂.
      ・ corde enduite de poix: タールを塗ったロープ.
      ・ poisseux, euse: adj.チャンを塗った.
      /suage: n.m.[海]船の木材部に塗る脂; [海]新造船の木材からにじみ出る湿気; [船][船底などに]松脂(まつやに)または タールを塗ること; [船舶用の]耐水塗料.
      /suager: v.t.[海]松脂またはタールなどで塗る.

    tarumi[綱などの]たるみ: [参照]たるむ、ゆるむ.

    tarumuたるむ:

      /ballant(e): a.[綱などが]ゆるんだ、たるんだ; [腕などが]ぶらぶらする、揺れて(振れて)いる、n.m.[船・車などの]揺れ;  [海][ロープ・綱の]たるんだ部分、たるみ、ゆるみ; 振り、スイング.
      /faire guirlande: [綱などがが]たるむ.
      /laxité: n.f.[布・綱などの]ゆるんでいること、たるみ.
      /mollir: v.i.[海][風が]弱まる、和らぐ、鎮まる; [綱などが]たるむ、弛む(ゆるむ); [潮が]退(しりぞ)く、v.t.[海][ロープ・ 綱・綱具などを]緩める、弛める; [舵を]もとに戻す; 漕ぎ幅を縮める.

      mou:  /mou: adj.[母音または無声のhで始まる男性吊詞の前ではmol、女性形はmolle] 柔らかい、軟らかい、柔軟な; ゆるやかな、 穏やかな; 軟弱な、弱弱しい、n.m.[帆・縄・綱などの]弛(ゆる)み、ゆるみ、緩み、たるみ.
      /avoir du mou: [綱などが]弛んでいる、たるんでいる.
      /donner du mou: 綱を弛める.
      /donner du mou à un cordage: 綱を緩める(弛める).
      /donner du mou à une corde: 綱を弛める.
      /prendre du mou: 弛める; [縄などが]弛む(ゆるむ)、たるむ.
      /prendre(faire rendre) le mou: [海][綱の]たるみを締める.

      /relâchement: n.m.[綱・絃などの]緩み(ゆるみ)、たるみ.
      /relâcher: v.t.[綱・鎖・ばね・絃などを]緩める、弛める; 緩和する、和らげる、v.i.[海][船が]寄港する.
      ・ relâcher un cordage: ロープを緩める.
      ・ se relâcher: v.pr.ゆるむ; 和らぐ、弱まる.

    tasen他船: → se trouver en poupe d'un autre vaisseau: 他船より後方にいる.

    tasokurui多足類: myriapodes, myriopodes(m.pl.).
    /mille-pattes: n.m.inv.[動]多足類 [myriapodesの一般総称].
    /myriapodes, myriopodes: n.m.pl.[動]多足類.

    tatamu[帆などを]畳む:

      /ferlage: n.m.[帆を]巻き上げること→ ruban de ferlage: 括帆索.
      /ferler: v.t.[海][帆・旗を]捲き上げる、巻き上げる、畳む; [天幕を]畳む(→ ferlage).
      ・ se ferler: v.pr.[帆が]捲き上げられる.
      /ramasser: v.t.寄せ集める; 拾い集める; 縮める; [海][帆を]取り込む、捲き収める、畳む.
      ・ ramasser les voiles: 帆を畳む.
      /serrer: v.t.握りしめる、握る; [喉・胸などを]締めつける; [ネジなどを]締める; しまう、片づける; [帆などを]巻きおさめる、畳む; [結び目・紐などを]締める、[結び目などを]きつき結ぶ、固くする; すれすれに通る; [海]接近して航行する.
      ・ serrer les voiles: [船]帆を巻く.
      ・ serrer une voile: [海]帆を巻く・畳む、帆を巻き込んで帆桁(ほげた)(マスト)に固定する.

    tate:
    /colonne: f.[建]円柱、[水・火・煙などの]柱; [軍][車両・兵員などの]縦形、縦列、縦隊; [艦隊の]縦陣;  [新聞などの]欄、コラム.
    /en colonne: [海]縦陣をとって、縦陣をしいて.
    /guindant: n.m.[海][帆・旗の]縦の長さ; [帆柱の]高さ.

    tate(たて):
    /pavois: m.[海]舷牆(げんしょう)、舷墻、舷檣(げんしょう)、ブルワーク [上甲板の両舷側に設けられた低い牆壁(檣壁); 甲板より上部に延長して作られた舷側部材] [英語: bulwark]; [波除けの] カーテン板; [古語]舷側に並べられた楯の連なり、 [戦闘時に乗員を保護する]舷側の盾・被布、大盾; [船]舷幕; [集合的][満艦飾に用いられる]旗、彩旗、[順序良く張られた]船旗;  [海]信号旗[の全部]; [中世に用いられた]大盾(おおたて).
    /pavoiser: v.t.[海][船などに]満艦飾を施す、…に艦飾(船飾)を施す、旗で飾る; [建物などを]万国旗で飾る、旗で飾る;  [古語][船の舷側(げんそく)に]楯を連ねる(並べる)、盾を並べる.

    tateami立て網、立網:
    /bourdon: n.m.[漁][立て網の]棒、網を立てる棒、立て網を立てる棒.
    /goulet: n.m.[海]港・湾の狭い入り口、狭い(狭くなった)湾口(港口); [海]海峡、水道; 峡谷; [漁]立網(たてあみ)の 円錐形の口、袋網の口、[漁獲用の筌(うえ)・簗(やな)などの]開口部(→ goulotte).
    /louve: n.f.雌オオカミ、雌狼; [船]舵頭管(だとうかん); [漁][開口部が2つある; 両端が入り口になっている]袋網、 立網(たてあみ)の一種; 梃子(てこ)の一種.
    /ravoir: n.m.養殖いけす; 川網; [漁]立網.
    /verveux: n.m.[漁]漏斗(じょうご)型の網; [捕魚用の]立網(たてあみ).

    tateami建網:
    /venet: n.m.[漁][干潮時に魚が網に入るように、魚を導き入れる口を陸側に向けて張られた]張網、半円形建網、半円形定置網、 [干潮時を利用する]袋網.

    tatebari縦梁:
    /entremise: n.f.[造船][古語]船梁の間隔を保たせるために蟻(あり)差しにした材、縦梁(たてばり)、カーリング;  仲立ち、仲裁.

    tatefuchi縦縁:
    /lof: [オランダ]n.m.[海][船の]風を受ける方の舷側(げんそく)、風上側の舷(げん)、風上側、ラフ; [帆の]縦縁(たてふち); [帆の]ふち縄; (pl.)[帆の下隅(したすみ)の; 裾帆の]帆足綱(ほあしづな); [帆走法の]詰め開き.

    tatenaosu立て直し:
    /redressement: n.m.立て直し、建て直し; 立ち直り; 再建、復興; 矯正、更正; [船などの]復位.
    ・ canot à redressement: 自動復原ボート、自力で復原するボート.
    ・ redressement d'un mât: マストの立て直し.
    /redresser: v.t.[傾いた・倒れたものを]真直ぐ立て直す、引き起こす、立てる; 矯正する、正す.
    ・ se redresser: v.pr.[海][傾いていた船が]平衡状態に戻る.

    tateru立てる:
    /apiquage: n.m.[海][[帆桁などを]立てること、垂直にすること.
    /apiquer: v.t.[海][荷降ろし・朊喪などのために][帆桁の]一端を上げる、[帆桁などを]立てる(垂直にする)、[帆桁を][ほとんど] 直立させる・垂直にする; [帆桁などを]斜めにする、v.i.垂直に張られる; [沈没船が]船首(船尾)を水面に出す.

    tatenaosu立て直す:
    /palans de redresse: n.f.[海]横倒しになった船を引き起こすのに使う複滑車装置.
    /redressement: n.m.立て直し; 立ち直り; [船などの]復位.
    ・ canot(m) à redressement: 自動復原ボート.
    /redresser: v.t.[傾いたものを]真っ直ぐ立て直す.
    ・ se redresser: v.pr.[海][傾いていた船が]平衡状態に戻る.

    tateshaji堅車地(たてしゃち・たてしゃじ): [参照]キャプスタン.
    /alumelle: n.f.[海][堅車地(たてしゃじ)のてこ穴、[絞盤の]木梃(てこ)穴; [舵の頭の]はめ輪(わ)、嵌輪(はめわ); [木・象牙などの]削り道具.
    /cloche: n.f.鐘; [海][錨などを巻き揚げる堅車地(たてしゃち)の] 胴、胴部.

    tateyure[船・飛行機などの]縦揺れ:

      /acculé, e: adj.[海]船尾の沈んだ、船尾から沈んだ; 追い詰められた、n.f.(acculée)[海][船の]後進、後退; [海][後進中の船の] 船尾が下がること; 船尾が海面を打つこと; [スクリュー・推進器・推進機の]逆転.
      /acculement: n.m.[海]縦揺れ、船尾を下げての縦揺れ; 追い詰めること.
      /acculer: v.t.追い詰める、追い込む、v.i.[海]ひどく縦揺れする、船尾が激しく縦揺れする; 船尾が下がる、船尾を沈める、[船が]後方に傾く.
      /canarder: v.i.[海][船が]縦揺れする、縦に揺れる、[船が船首から]波をかぶる、[船が]前にかぶる、舳から沈む; [浮いている木が]沈む.
      /canardeur: n.m.縦揺れの激しい船.
      /plongement: n.m.鎮めること、沈むこと、沈下、水に潜ること; [海][船の]縦揺れ.
      /plonger: v.t.[液体に]浸(つ)ける、浸す、沈める、v.i.沈む; [水中に]潜る、潜水する、潜って泳ぐ、潜航する; [水に]飛び込む; [船が]波間に潜る; [海][船が]ピッチングする、縦揺れする; 急降下する.
      /plonger dans la lame: [海][船が]縦揺れする.
      /renvoyer: v.t.再び送る、v.i.[海][船が]一方に傾く; [船が]縦に揺れる、縦揺れする.
      /tangage: n.m.[海・空][船・飛行機などの]縦揺れ、ピッチング、上下動揺 [英語: pitching][対語: roulis][船の動きに関する用語: pilonnement, cavalement, déplacement latéral, embardée, mouvement de lacet, roulis].
      /tanguer: v.i.[海・空][船などが]縦揺れ(ピッチング)する、縦に揺れる; [船首が]水に深く沈む(浸る).
      /tangueur, euse: adj.[海]縦揺れのひどい.
      /tangueur: n.m.[海]縦揺れの激しい船.

    tatsumaki竜巻、たつ巻、龍巻、颶(く、ぐ)風: dragon(m).

    tatsunootoshigoタツノオトシゴ:
    /cheval: (pl. -aux)n.m.馬; 馬肉; [機]馬力(cheval-vapeur); (pl.)騎兵; [魚]タツノオトシゴ[属](=hippocampe).
    /cheval marin: [魚]タツノオトシゴ; [ギリシア神話]海馬.
    /hippocampe: n.m.[動]タツノオトシゴ[属]、龍(たつ)のおとしご; [ギリシア神話]ヒッポカムポス、海馬(かいば) [馬の胴をもち、魚の尾をもつ(馬頭魚尾の)怪物].
    /syngnatidés: n.m.pl.[魚]タツノオトシゴ属.

    tawamu[梁などが]たわむ: [参照]反る.
    /cintrer: v.t.曲げる; [材木などを]上反り(うわそり)に造る; [海]=ceintrer、v.i.[梁が]たわむ.

    teami手網: → salabre: n.m.[漁]手網、曳き網.

    tebukuro手袋:
    /hale-avant: n.m.inv.[海][下方の第一接檣帆を前方に引っ張る]張索; [漁][拇指だけ別の]粗布の手袋.

    teduri手釣り:
    /pêche à la ligne: [糸]釣り、竿釣り、手釣り.
    /pêcher à la ligne: [目的語なしに]竿釣りをする、手釣りをする、[糸]釣りをする.

    tegusu[漁]天蚕糸(てぐす):
    /crin de Florence: [釣]てぐす [参考]crin: n.m.[特に馬の]たてがみの毛
    /florence: n.f.[釣]強い天蚕糸(てぐす)(=crin de Florence) [参考]Florence: フィレンツェ[イタリアの都市].
    /gut: n.m.[英語]天蚕糸(てぐす).
    /racine: n.f.[草木の]根; 付け根、根元; 根源、根本、根底、基礎; [数]根(こん); [漁]はりす用の糸;  [漁]絹てぐす(=racine anglaise).
    /racine, racine anglaise: [漁]絹テグス、絹天蚕糸(てぐす).

    tei(てい): [参照]前浜.

    teibiza艇尾座: → chambre: n.f.[海][船内の]部屋、[船の] …室; [特に]高級船員室、上級船員室、士官室; [海軍][艦船での艦長・長官・士官]室; [海][ボートの]艇尾座; [個人用の]部屋、室、[特に]寝室;  [海](chambre des cartes, chambre de veille)海図室; 会議所; 議会; 法廷.

    teibou堤防:
    /digue: n.f.[海]防波堤、突堤; [河川の]堰、堤防、堤、土手.
    ・ diguer: v.t.[…に]堤防を築く.
    ・ diguement: n.m.堤防工事.

    teichi-ami定置網:
    /diable: n.m.悪魔; 奴、男; [漁][冬期のニシン漁などのための]定置網; [魚](diable de mer)アンコウ[エイ・ オニカサゴなどの通称吊としても用いられる]; 大エイ.
    /madrague: n.f.[漁][方言][地中海沿岸で用いられる、いくつかの升(ます)からなる] マグロ漁用の定置網、鮪網(しびあみ).
    /venet: n.m.[漁][干潮時に魚が網に入るように、魚を導き入れる口を陸側に向けて張られた]張網、半円形建網、半円形定置網、 [干潮時を利用する]袋網.

    teichou艇長:
    /capitaine: n.m.[軍][海軍]艦長、佐官; 艇長; [陸軍・空軍の]大尉; [海][商船の]船長(=capitaine marchand)[漁船の船長の場合:  patron]; [船会社などの]管理者; 長、首領; キャプテン、主将.

    teichou停潮(ていちょう): [参照]憩潮(けいちょう).

    teichousen低潮線:
    /laisse de basse marée: 干潮標、低水位線→ laisse de haute marée: 高水標、高水位線.
    /laisse de basse mer: 低潮線→ laisse de haute mer: 高潮線.
    [参考] laisse: n.f.[地理][海岸の]干上がり面、前浜 [低潮時に露出する場所]、干潮時にできる(露出する)砂地;  磯、なぎさ、渚; [法][海浜の]寄洲(よりす・よせす)、前部汀(てい)(=lais).
    /le grand(m) de l'eau: [海]高水標; [海]最高潮、[海岸の]高潮線、高潮線の痕.

    teihaku停泊、碇泊(ていはく):

      /amarre: → navire sur ses amarres: 停泊・碇泊中の船.
      ・ navire sur amarres: 繋留中の船.
      /amarrage: n.m.[海](1)(a)[船の舫索などで]繋ぐこと、碇泊させること、[船などの]係留、繋留(けいりゅう); 係留具; (b)錨地(びょうち)、碇泊所・停泊所(=poste d'amarrage)、繋留地;
      (2)(a)括着; (b)(fil d'amarrage)繋ぎ針金;
      (3)[ロープなどを]繋ぎ合わせること、繋索; [繋ぎ合わせる]ロープ、索(ひも).
      ・ droits d'amarrage: 停泊税、碇泊税.
      /amarre(f) de fond: 碇泊要具[錨・錨索などの総称].
      ・ navire sur ses amarres: 碇泊中の船.

      /ancrage: n.m.停泊、碇泊、投錨; 碇泊税(=droit d'ancrage); 投錨(碇泊・停泊)地.
      ・ câble d'ancrage: [帆柱の]控索.
      /ancre:
      ・ être à l'ancre: 投錨(停泊・碇泊)している.
      ・ jeter(mouiller) l'ancre: 投錨する.
      ・ se balancer sur ses ancres: [船が]碇泊する.
      /ancrer: v.t.[船を]錨でとめる(繋ぐ)、停泊させる、錨で停める、v.i.[古語]投錨(停泊・碇泊)する、錨を降ろす.
      ・ s'ancrer: v.pr.[古語]投錨(碇泊)する、錨を降ろす.
      ・ ancré, e: [ancrerのp.p.]錨を降ろした、停泊した.
      /anneau: n.m.(pl. -x)輪、環; 指輪; [動][環形動物の]輪節; [動]体節; [海][マリーナ内のヨット・ボートの]停泊地.

      /avant-bassin: n.m.(pl. ~-~s)[海][港の]泊船所の沖の場所、[沖の]停泊地; [河から停泊船渠に入る前の]係船渠、繋船渠 (けいせんきょ)、泊渠、船だまり.
      /bassin: n.m.[海]ドック、泊渠(はくきょ)(=bassin de port); [港や港内]停泊区、係船地、港内停泊所(=bassin de port); [水門の]閘渠(こうきょ); [地理]盆地; 海盆; [海の]沿岸; [川の]流域(=bassin fluvial)、流域地方; [地質]鉱床(=bassin minier);  炭田; たらい、水盤、洗面器、鉢、盤、皿; [公園などの]泉水(せんすい)、池; プール、貯水槽、タンク.
      /dérader: v.i.[海][嵐などのために船が]停泊地を離れる、停泊(碇泊)地外に吹き流される.
      /être à l'ancre devant Calais: カレーの沖に碇泊している [参考]devant: prép. …の前に(で、を); …の沖に(で、を、の)、 adv.前面(前方)に(で、を)、前に(で、を).

      /embossage: n.m.[海]船首と船尾に錨を降ろして繋留索を用いて船を碇泊(ていはく)させること]、双錨泊(そうびょうはく)、 船首尾錨泊(繋留)、船首と船尾を錨で留める停泊法、[舷側を向けるため]舳(へさき)と艫(とも)とを錨で留めること、舳先と艫とを 錨で留めた状態.
      /embosser: v.t.[海][錨を船首と船尾に下ろして、繋留索で船を]碇泊・停泊させる、…の船首・船尾の両方に錨を下ろす、 [船首・船尾に錨を下ろして、方向を定めて]双錨泊(そうびょうはく)させる、[前後2つの錨で方向を定めて]双錨泊させる、 [船を]船首尾錨泊(繋留)させる、[舷側を向けるため]舳(へさき)と艫(とも)とを錨で留める.
      ・ s'embosser: v.pr.[船が]船首と船尾に錨を下ろして繋留索を用いて碇泊する、船首尾錨泊(繋留)する、双錨泊する、舳(へさき)と 艫(とも)とを錨で留められる.
      /embossure: n.f.[海]船首と船尾を錨に縛り付ける係留索、[双錨泊(embossage)用の]繋留索、係留索.
      /emplacement: n.m.場所、所在地; [軍]砲座; 位置、停泊位置.

      /estarie: n.f.[海][契約で定められた、船積み・陸揚げのための]停泊日数、荷役期間、積み込み期間、陸揚げ期間 (=starie, jours d'estarie).
      /étaler la marée: [潮が悪い時に]投錨して潮待ちをする、停泊して潮が変わるのを待つ、潮が変わるのを待ちながら停泊する; [停泊して]潮の動きをかわす.
      /évitage(n.m.), évitée(n.f.): [海][碇泊中の船が行う]回転、振れ回り、[停泊中の船舶の引き綱による錨を中心 とした]回転、[錨泊(びょうはく)中の船の潮流・風による]振れ回り、回頭; [船舶が風・潮流を避けて行う]方向転換;  回転のできる面積; [船舶の]回転・方向転換するために必要な海面、回転余積、回転・振れ回りに要する十分な面積・広さ (=champ d'~); 水路の幅、海峡・河川の航行に要する幅; [河の]回転のできる場所.
      /éviter: v.t.[…するのを、éviter de faire …]避ける、回避する、除ける; 控える、慎む、v.i.[海][船が][錨を中心に] 回転する.
      ・ éviter au vent: (v.i.)[海][錨泊(びょうはく)中の船が]風で振れ回る(回頭する); 船首を風上に向ける.
      ・ éviter à la marée: (v.i.)[海][錨泊中の船が]潮で振れ回る(回頭する); 船首を潮の向きに向ける.
      ・ s'éviter: v.pr.避け合う、避けられる.
      /faire échelle: 停泊する.
      /havre: n.m.[古語・方言][河口などにあって、風雨を避けるのに適した、天然または人工の]小さな港、小港(こみなと)、 河口の小港、泊地、碇泊所; 避難所.
      ・ havre de marée: 満潮時のみ出入りできる泊地.
      /hivernage: n.m.[海][船舶の冬期の]停泊期、籠港期(ろうこうき); 冬期の停泊港・停泊地、冬期停泊; [家畜などの]冬ごもり;  越冬[地].
      /hiverner: v.i.[船が]冬季碇泊する、籠港(ろうこう)する; [動物が]冬ごもり(冬眠)する; [人が]越冬する、冬営する;  避寒する.
      /inabrité(e): a.[停泊地などが]避難所のない.
      /mouillage: n.m.水で濡らすこと、湿らせること、湿すこと; [海]水中に投じること、水中投下; [海]投錨(とうびょう)、 係留、停泊、碇泊(→ poste de mouillage: 碇泊地・停泊地); [機雷・浮標などの]敷設(ふせつ)、水中投下; 投錨地(所)、係留地、 停泊(碇泊)地(所)、錨地.
      ・ droits de mouillage: 船舶の停泊(碇泊)税.
      ・ être au mouillage: [船が]停泊(碇泊)している、投錨している.
      ・ le mouillage d'un navire: 停泊、碇泊、係船.
      ・ mouillage de l'ancre, mouillage des ancres: 投錨.
      ・ poste de mouillage: [水夫の]停泊作業部署; 投錨地、停泊地、碇泊地.
      ・ prendre son mouillage: 投錨する → [参考]mouiller.
      /mouillé(e): a.p.[海]停泊・碇泊した、投錨した; 湿った、濡れた.
      /poste: n.m.[海][港の]バース(=poste à quai); [海・海軍][船舶の]定まった位置、宿所; [軍隊の]部署、持ち場;  巡査派出所、交番; 地位、役、職、地位、ポスト.
      ・ donner un poste à un navire: 船を停泊させる.
      ・ poste à quai: [埠頭(ふとう)における船の]停泊位置(→ post d'amarrage).
      ・ poste d'amarrage: [海]投錨地; [埠頭(ふとう)における船の]停泊位置(→ post à quai).
      /prendre son coffre: [船が所定のブイなどに]停泊・碇泊する [参考]coffre: n.m.[海]繋留ブイ、係留ブイ、係船ブイ、係船浮標、浮標(ブイ)、ドルフィン(=coffre d'amarrage, coffre flottant).

      rade: n.f.湾、入り江; [海]停泊地、停泊所、泊まり地、[沖]錨地(びょうち)、投錨地.
      /en grande(petite) rade: 錨地の港から遠い(近い)箇所に.
      /en rade: 停泊・碇泊所に; 停泊・碇泊中である、停泊中の.
      /être(rester) en rade: [船が]停泊している.
      /mettre un navire en rade: [船を]錨地・停泊地に着ける.
      /mouiller sur rade: [船が]停泊地に投錨している.
      /Notre navire est en rade à Kobe.: 我々の船は神戸に停泊中である.
      /rade fermée(ouverte): 四方を囲まれた(風を遮(さえぎ)るもののない)停泊地、遮蔽錨地、風浪の来ない湾.
      /rade foraine, rade ouverte: 非蔽(ひへい)錨地、波よけのない錨地(びょうち)、オープンロードステッド、 港外停泊・碇泊地;  [海]外国船の停泊できる停泊地.
      /rade naturelle: 天然の泊まり地、天然泊地.

      /se balancer sur ses ancres: [海][船が]碇泊する、停泊している.
      /stationnement: n.m.停止; 停車、停車場、碇泊所; 停船税.
      /stationner: v.i.止まる、停まる; 碇泊する、停船する.
      /surestarie: n.f.[多くpl.][海法][所定の船積み・陸揚げ期間を超える; 船積み・陸揚げの遅れによる]超過 停泊[日数]、帯船、陸揚げの遅延; [船主に支払う]帯船料、日数超過賠償.

    teiin定員: → effectif: n.m.[艦船の]定員; [軍隊の]実数、実兵力.

    teika低下: → abaissement: n.m.[気温などの]低下、降下; [土地などの]沈下(→ abaisser); [天]水平俯角(ふかく)/abaissement des eaux: 水位の低下.

    teikatsu締括(ていかつ・しめくくり): amarrage(m) en étrive.

    teikiatsu低気圧:
    /dépression: n.f.窪(くぼ)み、凹み、窪地、海凹、舟状盆地; [地盤の]沈下、低下、陥没、沈降; 気圧の低下;  [気象]低気圧(=~ atmosphérique, ~ barométrique)[高気圧: anticyclone]; [天]俯角(ふかく)、降角(=angle de dépression);  波と波との間の凹所; [経]景気後退、上景気.
    /dépressionnaire: adj.[気象]低気圧の.
    /zone dépressionnaire: 気圧の谷、低気圧圏.

    teikisen[英][海][大洋航路の]定期船:
    /de ligne: [船・飛行機などが]定期便就航の.
    /liner: [英語]n.m.[海][大洋航路の]定期船、[定期航路の]大型客船; 定期航路線.
    /service réglier: 定期航海 [参考]régulier, ère: adj.規則正しい.

    teiki-yousen-keiyaku[海]定期傭船契約: n.m.[英語]time-charter(m).

    teiko艇庫:
    /abri: n.m.艇庫、格紊庫; 避難所、身を寄せる所; 保護物、遮蔽物; 避難小屋; 待合所.
    ・ abri à bateau: 船小屋.
    /garage: n.m.車庫、ガレージ; [船舶などを]待避させること; [ボートの]艇庫、船小屋; [船を]船だまりに入れること、 船泊(どまり)に入れること、艇庫に入れること、入渠; [運河・河川での]船渠、船だまり、船泊、船がかり.
    ・ garage pour canots: 艇庫、船小屋.

    teikou抵抗:
    /défense: n.f.[海][船の]防舷物(ぼうげんぶつ)、防舷材(ぼうげんざい)、フェンダー[古タイヤなど]; 防御物;  [針に掛った魚の]抵抗; 防衛、防御; 擁護、庇護(ひご); 弁護; 禁止.

    teiryuu底流:
    /courant de fond: [湖などの]底流.
    /courant sous-marin: [海の]底流.

    teisaku締索(ていさく): [参照]締め綱、締め索、締める.
    /ridoir: n.m.[海]締索装置、索具締め付け装置.

    teisatsu偵察:
    /découverte: n.f.発見; [軍]偵察.
    ・ bâtiment de découverte: 偵察艦(艇).

    teisatsu-kan偵察艦:
    /éclaireur: n.m.偵察艦; 偵察機. [軍]斥候(せっこう).
    /scout: n.m.[英語]偵察兵; 偵察艦、哨艦; 少年団員、ボーイスカウト.

    teisei底生:
    /benthique: adj.[生]底生の、底生生物の.
    ・ faune benthique: 底生動物相.
    /benthos: n.m.[生]底生生物、ベントス.

    teisen停船: [参照]停泊(碇泊)、停止.

      /empannage: n.m.停船(→ empanner); [海]帆を他舷に移すこと、帆が他舷に移ること.
      /empanner: v.t.[海][船・帆船を]停船させる; 突然風下に風を受けさせる、v.i.[海]停船する、突然風下に風を受ける; ジャイブする[帆を一方の舷・舷側(げんそく)から他のそれへ移す(回す)]、帆を他舷に移る(→ empannage).
      /erre: n.f.[海][船の]速度、進航速度、航行速度、[特には、推進器の停止後における惰性による]船脚、惰力; 航海; 歩き方、歩調.
      ・ briser(casser) l'erre: 停船する、船を止める.
      ・ briser(casser, couper, êtaler) l'erre à un vaisseau: 船を停める.
      ・ couper l'erre à un vaisseau: 船の進航を止める.
      /étaler: v.t.[海][風・流れに]逆らう; [風・潮・流れなどに逆らって]一時停止する、停泊・碇泊する、踟蹰(ちちゅう)する、 同一位置に漂蹰(ひょうちゅう)する; [風・潮に]逆らって進む; [平行している他船と]同じ速度を出す.
      v.i.[海が]潮だるみになる、、休潮状態になる、[海の]潮が静止する、[水面が]静止する; [船が]停止する.
      /panne: n.f.[海][集合的]帆; [帆の]停船配置、停船用の帆の張り方; [海]進航停止; 停船; [事故などによる]作動の 一時的停止、進行停止、故障による停止、故障、事故; [古語]ぼろ.
      ・ être(rester, se tenir) en panne: [船が]停止している、停船状態にある.
      ・ metre [le navire] en panne: [帆の操作で][その船を]停める; [船が]停まる.
      ・ metre le navire en panne: [帆を使わず]舵の操作だけで船を停める.
      ・ metre [un bateau] en panne: 帆桁(ほげた)を操って停船させる、縮帆して停船させる.
      ・ metre un navire en panne sèche: [帆を使わず]舵の操作だけで船を停める、帆を上げずに船を止める.
      /stationnement: n.m.停止; 停車、停車場、碇泊所; 停船税.
      /stationner: v.i.止まる、停まる; 碇泊する、停船する.

    teiseibirou-kouhan低船尾楼甲板: → demi-dunette: n.f.(pl. ~-~s)[海]低船尾楼甲板.

    teishi[船の]停止: [参照]停船.

      /étaler: v.t.[海][風・流れに]逆らう; [風・潮・流れなどに逆らって]一時停止する、停泊・碇泊する、踟蹰(ちちゅう)する、 同一位置に漂蹰(ひょうちゅう)する; [風・潮に]逆らって進む; [平行している他船と]同じ速度を出す.
      v.i.[海が]潮だるみになる、、休潮状態になる、[海の]潮が静止する、[水面が]静止する; [船が]停止する.
      /étaler le courant: [流れを遡っている際に、その流れと同じ速度を維持して]同一場所(同一位置)に停止する.
      /étaler le vent: [帆船が]ヒーブ・ツーする、踟蹰(ちちゅう)する [風向きに対し帆を操作しながら同一場所にとどまる].
      /navire étale: [海]静止状態の船、完全に停止している船.
      /stop: [英語]n.m.停止; [話語]ヒッチハイク、interj.[海][船員が命令するため、あるいは一般的に用いられて]止まれ、 ストップ、よし.
      /stopper: [英語: stop]v.t.[機械・乗り物などを]止める、停止する; [船・エンジンなどを]停止させる; 阻止する、妨げる、 v.i.[船などが]停止する、停船する、止まる、停まる.

    teishin[ボートの]艇身(ていしん):
    /longueur: n.f.[物の]長さ; 縦; [ボートの]艇身; [ボートレースなどでの]一艇身.
    ・ battre un adversaire d'une longueur: 相手に1艇身差で勝つ.
    ・ gagner(mener) par une longueur: 一艇身勝つ(リードする).
    /longueur hors tout: f.全長[英語: length overall[略: LOA](=overall length, extreme length)].
    /longueur totale, longueur hors tout: 全長.
    /mi-longueur du navire: [英語]midships.

    teishitsu底質: → [海][投錨地(とうびょうち)における]海底の地質、底質; 錨の安定性能; マストの固定具合;  [漁]魚の集まる場所、釣り場.

    teitai艇体: [参照]船体.

    teitai停滞: → stagnation: n.f.[水などの]停滞.

    teitoku提督: [参照]海軍大将.

      /amiral(ale): (pl. -aux)adj.海軍大将(将官)坐乗の、海軍大将の乗った、司令官の乗った; 提督の乗った、 n.m.海軍大将; [pl.にて]海軍将官; [古語]提督 [上位の職階から amiral, vice-amiral d'escadre, vice-amiral, contre-amiralの4等級がある]、海軍司令官; [仏史]海軍元帥(=~ de France)[陸軍元帥 maréchal [de France]に 相当する]; 旗艦; [貝]イモ貝の類.
      /amiral de la flotte: 海軍司令長官.
      /amiral en chef, commandant en chef: 海軍元帥.
      /marque de l'amiral: 提督旗 [参考]marque: n.f.印(しるし)、目印、記号、符号(ふごう); 跡、痕跡(こんせき); 商標、 ブランド、銘柄、マーク; 得点、スコア; [官位などの]標章; [海軍]艦長旗、司令長官旗(=marque de l'amiral)[長官の搭乗を示す旗]、将旗、[軍艦の]要人旗.
      /navire amiral: 海軍大将乗艦、旗艦.
      /pavillon amiral: [提督の座乗を示す] 提督旗; 将旗.
      /vaisseau amiral: 旗艦、海軍大将(将官)坐乗艦.

    tekagi手鉤:
    /croc: n.m.[海][滑車などにつけられた]フック、鉤(かぎ); [物を吊るすための]鉤(かぎ)、吊るし鉤(つるしかぎ)、 フック; [船頭用の]鉤竿、鉤付き竿(croc de marinier)、爪竿(つめざお)、鉤棹; [魚を引き上げるために用いられる]魚鉤;  [商品運搬用の]手鉤.

    teko(てこ)、梃子:
    /alumelle: n.f.[海][堅車地(たてしゃじ)のてこ穴、[絞盤の]木梃(てこ)穴; [舵の頭の]はめ輪(わ)、嵌輪(はめわ); [木・象牙などの]削り道具.
    /anspect: n.m.[海]木梃(てこ); 鉄梃(かなてこ).
    /antoit: n.m.[船][船大工用の]鉄梃(てこ).
    /barreau: n.m.(pl. ~x)[海]木梃(てこ)、梃(てこ); [窓などの]格子; [鉄柵の]柵; [梯子の]横木.
    /barre de guindeau: 木梃(てこ) [参考]guindeau: n.m.(pl. ~x)[海]揚錨(ようびょう)機、揚錨用の水平轆轤(ろくろ)・ 水平巻き上げ機、捲揚機、ウィンドラス; [帆・マストの]巻き上げ機.

    tekogi手漕ぎ: → barque à rames: [オールで漕(こ)ぐ]ボート.

    te-kuruテークル: → traversier(ère): n.m.[海][ボートなどの]足掛け; [カナダ]フェリー、n.f.[海]フィッシュテークル[収錨用索具].

    ten: [参照]ポイント.
    /point: n.m.[海]位置; [時間・空間における]点.
    ・ point(m) vélique: [帆の]風力点.
    /quart: n.m.4分の1; 15分; 約四半分; [海]当直、当番 [昔は6時間、今は4時間の当直]; [軍][普通4時間交替の]当直;  当直員; [海]11度15分 [32方位の2点間の角距離]、点 [羅針儀の1目盛; 11o 15']、羅針盤のポイント(=quart de vent).

    tenagaebiテナガエビ: crevette rose.
    /bouquet: n.m.[動]テナガエビ[小型のエビの一種; 食用]; [動]バラ色の大型エビの一種.
    /crevette: n.f.[動]小エビ、小型のエビ[いくつかの種類の小型の甲殻類の総称; 食用になるものもある].
    ・ crevette rose: テナガエビ [ヨーロッパの大西洋岸・地中海に棲息; 食用の小エビ].
    /palémon: n.m.[動]プローン [ひげが長い食用エビの総称]; [動]手長蝦(テナガエビ)、手長エビ、テナガエビ属(クルマエビ属、 ネフロプス属)のエビ、沼エビ; ヨーロッパアカザエビ; [P~][n.pr.m.男性固有吊詞][ギ神話]海神.

    tenboudai展望台: → balcon arrière: [海]船尾観望台(展望台).

    tenchi[魚]テンチ:
    /tanche: n.f.[魚]テンチ [鯉(こい)の一種; コイ科の淡水魚; 食用になる].

    tenchou天頂:
    /zénith: n.m.[天]天頂、天頂点(cf. nadir: 天底); 頂点.
    /zénithal, ale: adj.(pl. -aux)[天]天頂の、天頂点の.
    ・ distance zénithale: 天頂距離 [天頂からの角距離].

    tengeki塡隙(てんげき):

      /baderne: n.f.[海][防舷(ぼうげん)用の、古綱を編んだ]当て物、当てむしろ、当蓆(あてむしろ)、防摩むしろ、防舷物;  [機]塡隙(てんげき)材、詰め物; パッキング.
      /bigorne: n.f.[海][槇皮・槙皮(まいはだ)詰め(calfatage)の時に邪魔になる釘を取るための]たがね.
      /burin: n.m.[金属彫刻用の]のみ; [海]塡隙(てんげき)用の鉄具; [他の索を懸け留める]留め木.
      /calfait: n.m.[船の隙間に槇皮(まいはだ)を詰めるのに用いる] 鑿(のみ)形器具、塡隙具(てんげきぐ).
      /calfat: n.m.[海][船の]塡隙(てんげき)をする人、槙皮(まいはだ)詰めをする人、[船の隙間に槇皮を詰める]槇皮工、塡隙工;  かしめ工、adj.m.[男性吊詞にのみに用いる形容詞]まいはだ(填絮)を詰める、塡隙作業をする、かしめ作業をする→ ouvrier calfat: adj.m.塡隙工.
      /calfata: a.填絮(まいはだ)を詰める.
      /calfatage: n.m.[海][船板の隙間・継ぎ目の] コーキン、塡隙(てんげき)、填絮(まいはだ)詰め、槙皮(まいはだ)詰め、 槇皮を詰めること[船板の隙間・継ぎ目などに詰め物を施して、水が船内に漏らないようにすること]、かしめ、充填.
      /calfater: vt.[海][船板の隙間・継ぎ目]をコーキングする、塞(ふさ)ぐ、[ …に]槙皮(まいはだ)を詰める、槙皮詰めをする、 [船体を]塡隙(てんげき)する; かしめる.
      /calfateur: n.m.=calfat.
      /calfeutrage, calfleutrement: n.m.隙間を塞ぐこと(もの).
      /calfeutrer: v.t.[槇皮(まいはだ)などを詰めて戸・窓などの隙間を] 塞ぐ(ふさぐ)、目張りをする.
      /ciseau: (pl. -x)n.m.のみ、たがね; (pl.)はさみ(=paire de ciseaux) [参考]ciseler: v.t.彫(ほ)る、刻む、彫刻する; [料理] [調理前の魚に] 切り目を入れる; [野菜を]みじん切りにする.
      /ciseau de calfat: [海]填隙(てんげき)たがね、填隙金具、かしめたがね [板の継ぎ目への槇皮(まいはだ)充填用].
      /culbuter: v.i.[船などが]転覆する.
      /frise: n.f.[海]塡塞用の羅紗.
      /guignette: n.f.[海][槙皮(まいはだ)職人が使う]船板の継目をこじあける道具、填隙(てんげき)金具、 填隙用器具、塡材金具、[船板の空隙(くうげき)を埋める]箆(へら)、レイブフック、デッキアイアン.
      /patarasse: n.f.[プロヴァンス][海][槇皮(まいはだ)などを詰めるのに使う]槇皮箆(まいはだべら)、填隙(てんげき)ハンマー、 塡隙用の鉄、柄のある楔(くさび)、リーマ.
      /patarasser: v.t.[海][槙皮をつめるための]柄のある楔(くさび)で継ぎ目を開く、槇皮(まいはだ)で塡隙(てんげき)する.
      /remplissage: n.m.[海]塡材(てんざい); [樽などを]満たすこと.

    tengusaてんぐさ: → agar-agar: n.m.てんぐさ、寒天[培地].

    tenhoebi[動]テンホエビ: → alphée: n.m.[動]テンホエビ属.

    tenjiru[針路などを]転じる: [参照]回す.

      /abattée: n.f.[海][帆船の風下への]針路変更、[船が]風下に転航すること、風下へ落ちること; 航路変更、針路からそれること;  縦揺れ.
      /abattre: v.t.[海][船底修理のため船を]傾ける、[ドックなどで船を]横倒しにする; 切り倒す、打ち倒す; 打ち負かす、 v.i.[海]風の方向から船をそらす; 針路を転じる; [海]風下へ落ちる; 漂流する.
      /se ranger: v.pr.並ぶ、整列する; 脇へ寄る、傍(かたわ)らに寄る; [船][方向を]転じる、方向が変わる;  [船などが]横付けになる.
      /virage: n.m.[海][巻揚機を]巻くこと; 船首を転ずること; [道路・コースなどの]カーブ.
      /virer: v.i.回転する、回る; [海]方向を転じる、針路を変える; [自動車などが]カーブを切る、v.t.[海][船の]方向を変える、 針路を変える.
      ・ virer de bord: [海][ほぼ180度]船首を回す.
      /virage: n.m.回すこと、回ること; 旋回、回頭; [道路・コースなどの]カーブ; [政策・態度などの]急転換; [海][巻揚機を]巻くこと; [海]船首を転ずること、針路転回、上手回し.
      /virer: v.i.[軸を中心に]回転する、回る、旋回する; [自動車などが]カーブを切る、曲がる; [海][船などが]針路を変える、 方向を転じる、方向転換する、 v.t.dir.回す、回転させる; [海]方向を変える、向きを転じる.
      ・ virer de bord: [海][ほぼ180度]船首を回す、方向を転じる、進路を転じる.
      ・ virer le cabestan: (v.t.)[海]巻揚機を巻く、[海][船の]方向を変える.
      ・ virer le cap: [船の]方向を変える.
      /volte: n.f.[海][船の]転針、変針、進路転換.
      /volter: v.i.[海]進路を転じる.

    tenka転貨: → sous-fréter: v.t.[船を]転貨する.

    tenkan転鐶(てんかん):
    /émerillon: n.m.[フカ釣り用の]釣り針; さる鐶(かん)、転鐶(かん)、施鐶、スイベル、ムテリングスイベル;  [漁][釣り糸の]より戻し; 転鐶付き鉤(=croc à émerillon); [16~18世紀の]小型の大砲.
    /croc à émerillon: 回転フック、回りフック、転鐶付き鉤.
    /poulie à émerillon: スイベル滑車.
    /émerillonner: v.t.[さる鐶(かん)・さる環・転環を使って]索具をよじる.

    tenko[乗組員などの]点呼:
    /assemblée: n.f.集まった人々; 集会; [海軍][国旗掲揚に当たっての]総員集合.
    /assembler: v.t.集める、呼び集める、招集する; [海]点呼に召集する.
    /faire l'appel: [乗組員の]点呼を行なう; 出欠を調べる [参考]appel: n.m.[吊を]呼ぶこと; 召喚; 召集; 点呼.
    /feuille d'appel: [海]船員吊簿、[乗組員の]総員吊簿; [海・軍]点呼簿; 出席簿 [参考]feuille: n.f.[椊物の]葉; 薄片.

    tenkou[海]転桁(てんこう):

      /bras: n.m.腕; 人手; [動][脊椎動物の]前脚、前肢; [無脊椎動物の]腕[物をつかむ機能をもつ器官として、 例えばイカ・タコ類の腕、甲殻類のはさみ、ヒトデ類の放射部分など]; [クレーンの]ジブ; [その他、器具などの]腕、 腕木、アーム、柄; [錨の]アーム、腕(bras d'une ancre)[参照: ancre]; [海]ブレース、転桁索(てんこうさく);  [地理][河川の]支流、分流.
      ・ bras d'une vergue: [海]帆桁(ほげた)を操る綱具、帆桁の転桁索(てんこうさく).
      ・ faux-bras: n.m.[海]副転桁索; 綱具.
      /brassage: n.m.[海]転桁(てんこう)[帆桁(ほげた)を転桁索で回すこと; brasseyageともいう]; 帆桁の角度.
      /brasser: [海][転桁索で]帆桁(ほげた)を廻す、転桁(てんこう)する[brasseyerともいう]、v.i.転桁する.
      ・ brasser carré: 帆桁をスクェアヤードにする[目的語なし].
      ・ brasser en pointe: 帆桁を一杯に開く[目的語なし].
      /brasseyage: n.m.[海]転桁、[転桁索で]帆桁を回すこと(→ brassage).
      /brasseyer: v.i.[海]転桁する、[転桁索で]帆桁を回す(=brasser).
      /faux-bras: n.m.inv.[海]副転桁索; 綱具.

    tenkou転航: [参照]転じる、転桁(てんこう).

    tenkou天候:
    /abeausir: v.i.[海][天気が]良くなる、晴れる.
    ・ s'abeausir: v.pr.晴れる、天気が良くなる.
    /beaucir: v.i.[海][天候が]良くなる.

    tenkyuugi天球儀:
    /globe céleste: 天球儀 [参考]globe: n.m.球(きゅう、たま); 地球(globe terrestre); 地球儀.
    /navisphère: n.f.[海][航海用の]天球儀、[天文航法の]天測用天球儀.
    /sphère: n.f.球; 球体、球面; 範囲、領域; 天球儀、地球儀.
    /sphère armillaire: 渾天儀(こんてんぎ)[古代の天文学者による一種の天球儀].
    /sphère céleste: [天]天球儀.

    tenmado天窓:
    /claire-voie: n.f.(pl. ~s-~s)[海][甲板の]明りとり、甲板の明り窓; 格子、組格子; 天窓.
    ・ panneau de claire-voie: 船窓蓋.
    /écoutille vitrée: 天窓、明り取り [参考]écoutille: n.f.[海][甲板から下に通ずる方形の]昇降口、ハッチ、甲板の昇降口.
    /lentille: n.f.[海][下甲板の]明り取り; [椊]レンズまめ.

    tenmaku天幕:

      /bâche: n.f.[鉱山用の]箱、水槽、タンク; [船・車・商品などにかける布、革の]雨覆・雨覆い(あまおおい)、シート、幌(ほろ)、 天幕、テント; [漁]巾着網; 潮溜り、潮の引いた後の水溜り.
      /bâchage: n.m.雨覆いをかけること.
      /bâcher: v.t.[船・車などに]雨覆いをかける、シートをかける.
      /cabane: n.f.[河舟・川舟の]覆い、船室; [川舟の]甲板上の天幕; 小屋、あばら屋.
      /cabri: n.m.子ヤギ(chevreau); [昔のガレー船において、テントを下から支える] 小マスト.
      /cagnard: n.m.[海]雨覆.
      /marquise: n.f.[船の]雨覆、日除; 天幕、テント [参照] marsouin.
      /marsouin: n.m.[動]ネズミイルカ; [動]小海豚(いるか); [海]前甲板の天幕(テント)、舳(へさき)のテント; [竜骨と船首材を つなぐ]曲材; [海]内船尾材; 老練な水夫.
      /pont-abri: (pl. ~s-~s)n.m.[船・造船][日除け・波除けの]天幕、天幕甲板、覆い甲板、浪よけ甲板.
      /tendelet: n.m.河川用の艀舟(はしけぶね)の後部天幕、[ボート用の]小天幕; [船]小索環.
      /velum, vélum: n.m.天幕、大天幕、[大型の]日除けテント、日覆布; 日よけ; [動][軟体動物の]面盤; [クラゲの]縁膜(ふちまく).

    tenmasen伝馬船(てんません):

      /automoteur, trice: adj.[モーターで]自動推進する、n.m.[ディーゼルエンジンで動く]伝馬船、はしけ船、運送船.
      /barge: n.f.[barqueの別形][角帆の]底の平たい船、平底船[漁船・荷船など]、角帆の平船; 伝馬(てんま)船、艀(はしけ); [ロワール河の]底の丸い漁船、丸底の漁船; 上陸用舟艇.
      /barguette: n.f.渡し用平船、渡し船.
      /barquette: [barqueの指小語]n.f.小さいbarque、小舟[barqueよりも小さい]、[渡し用の]船; 伝馬船.
      /gabare, gabarre: n.f.[海]河川で大きな船の荷の積み降ろしをする船、大型川舟、[平底の]川船、運送船; [河川・港湾用の]運送船、艀(はしけ)、伝馬船; [昔の海軍の]輸送船、貨物輸送船; [漁]地引き網; [大西洋沿岸の河口で 用いられる]漁獲網; 大型曳き網(→ n.m.小型曳き網: gabaret); 漁船の一種.
      /péniche: n.f[河川にて砂・建築材などを輸送する平底の]川船、[河川用の]大型平底船、運搬船、団平船、運河船、[大型]伝馬船、 ペニッシュ; [軍][平底の]舟艇、上陸用舟艇(péniche de débarquement); 一種の快速(快走)小型帆船; 競漕艇(きょうそうせい); 監視船; ヨット; [古語]舟足(船脚)の速いボート、[甲板付きの]小型ランチ、短艇.
      /sapine: n.f.樅(もみ)材、樅の板、樅の梁材; [樅製の]平底川舟、伝馬船(sapinette)(→ sapinière).
      /sapinette: n.f.[椊]アメリカ松; [樅(もみ)製の]伝馬船、付き舟(→ sapine).
      /sapinière: n.f.樅(もみ)林; [樅(もみ)製の]平底川舟、伝馬船(sapinette)(→ sapine).

    tenmon-kouhou天文航法: navigation(f) astronomique.

    tenmon-reki天文暦:
    /éphéméride: n.f.日めくり[暦]; [天][翌年度の]天文暦; 天体暦; (pl.で)[天][天体の]位置推算暦、天体位置推算表.
    /éphémérides nautiques: 航海暦.

    tenpan展帆: [参照]開く、広げる.

      /dépaqueter: v.t.→ dépaqueter une voile: 帆をひろげる.
      /déploiement: n.m.[帆・旗などを]広げること、掲げること; [海岸線などの]広がり; [軍]展開.
      /déployer: v.t.[畳まれていたもの、折ってあったものなどを]拡げる、広げる、[帆・旗などを]揚げる、[旗を]翻す.
      ・ déployer les voiles: 帆を張る.
      /épanoui(e): a.p.[帆・翼が]開いた.
      /épanouir: v.t.[帆・翼を、花のように]開ける、開く、広げる; [花を]咲かせる.
      /mettre à la voile: [出帆のために]展帆する、帆を広げる、出帆する.

    tenpuku[船などの]転覆(てんぷく):

      /cabanage: n.m.[船・ボートの]顛覆(てんぷく).
      /cabaner: v.t.[海][修理・修繕のためにドックで船・錨・船体などを] ひっくり返す、傾ける、転覆させる、 v.i.[海][船・ボートが] 転覆(顚覆・てんぷく)する、くつがえる; [小屋に]住む.
      /canot jaloux: ぐらついて転覆(顚覆)しやすいボート.
      /capot: n.m.[古語][海]→ faire un capot: 船などが]転覆する、ひっくり返る(=capoter).
      /capotage: n.m.[海][船・車・飛行機の]転覆.
      /capoter: v.i.[海][船などが]ひっくりかえる、転覆する(=faire un capot).
      /chavirage: n.m.[船などを]顛覆(てんぷく)させること、[船体などの]転覆.
      /chavirement: n.m.[船などの]顛覆(てんぷく)、転覆.
      ・ angle de chavirement: [船の]転覆(復元)角、転覆(復元)限界角.
      ・ chavirement du radeau: 筏(いかだ)の転覆.
      /chavirer: v.i.[船などが]顛覆(てんぷく)する、転覆する、ひっくり返る、v.t.顛覆(転覆)させる、ひっくり返す.
      ・ se chavirer: v.pr.顚覆する.
      ・ Une vague a chavire' notre navire.: 波が私達の船を転覆させた.
      /dessalement, dessalaison: n.m.[魚・肉などの]塩出し、塩抜き; [海水の]淡水化; 人が水中に投げ出されること.
      /dessaler: v.t.[魚・肉などを]塩出しする、塩出しをする、塩分を去る; [海水を]淡水化する、v.i.塩(塩分)が抜ける;  [船が]転覆する、ひっくり返る; [話語][船が転覆して人が]水に落ちる、水中に投げ出される、v.pr.塩分が抜ける.
      /faire le tour: [海][舟が]転覆する; [羅針盤の整調のために]旋回する.
      /inchavirable: adj.[船が]転覆しない、転覆しえない、上可転覆性の、転覆しにくい.
      /renversement: n.m.[潮流・風・軟風・季節風などの]方向が変ること、[それらの向きの]逆転、[潮流・軟風などの]変わる季節; 逆・逆さにする(なる)こと; 逆転、反転; 方向転換; 顚覆、転倒.
      /renverser: v.t.[上下を]逆さにする; [上下を]逆さにする; [順序・方向などを]逆にする、逆転させる; 倒す、ひっくり返す;  顚覆・転倒させる; [液体を]こぼす; [船・車などを]転覆させる、v.i.[海][潮・潮流が]流れの向きを変える、変わる; 転覆する.
      ・ Ce navire se renverse facilement.: この船は転覆しやすい.
      ・ Le bateau s'est renversé.: 船が転覆した.
      ・ se renverser: v.pr.[代動]逆さになる; ひっくり返る、倒れる; [船・車などが]転覆する、横転する.
      /retourner: v.t.裏返す、ひっくり返す.
      ・ Le bateau se retourna.: 船はひっくり返った.
      ・ se retourner: v.pr.裏返しにされる; 転覆する.

    tenrin-rashingi転輪羅針儀: [参照]羅針盤.
    /compas gyroscopique: 転輪羅針儀、ジャイロコンパス、ジャイロスコープコンパス.

    tenshaku転借(てんしゃく): [参照]用船、チャーター、転貸.
    /sous-affrètement: n.m.(pl. ~-~s)[海法]再傭船、再チャーター、船舶の転借; 再運送契約.
    /sous-affréter: v.t.船舶の転借(てんしゃく)をする、再運送契約をする.
    /sous-affréteur: n.m.(pl. ~-~s)船舶転借者; 再運送契約者.

    tenshin転針: [参照]転じる.

      /évoluer: v.i.進化する、進歩する、発展・発達・成長する; [海]回転する、方向転換する、転針する; [軍・海][船舶・軍隊が] 移動(機動)する; [艦隊・船隊が]隊形変化する [参考]機動: 状況に応じて素早く活動できること; 戦略や戦術上の行動.
      /évolution: n.f.[海]方向転換、転針、回転; [多くpl.で]動き回る動作、旋回[運動]; 展開、推移、変遷、進展、発展、発達;  [生物]進化; [技術]進歩; [船舶・軍隊の]移動、機動; [艦隊・船隊の]隊形変化; [天]運行.
      /évolutions d'une flotte: 艦隊の方向転換.
      /volte: n.f.[海][船の]転針、変針、進路転換.
      /volter: v.i.[海]進路を転じる.

    tensoku天測: [参照]天体観測.
    tentai転貸: [参照]転借.
    /sous-frètement: n.m.[船の]転貸(てんたい)、又貸し、船舶転貸契約; [法]下傭船契約.
    /sous-fréter: v.t.[法]下傭船する; [船を]転貸する、また貸しする.

    tentai-kansoku天体観測:

      /astrolabe: n.m.[天][昔の]アストロラーベ、天体観測器、天文観測儀: [天文経緯度の測定器; 古代の天体間測角器・天文観測儀(器)].
      /astrolabes quadrant(cadrans, planispheriques).
      /éphéméride: n.f.日めくり[暦]; [天][翌年度の]天文暦; 天体暦; (pl.で)[天][天体の]位置推算暦、天体位置推算表.
      ・ éphémérides nautiques: 航海暦.
      /habitacle d'observation: [海]天文羅針儀.
      /observation astronomique: 天体観測 [参考]astronomique: adj.天文[学]の.
      /observation d'une hauteur: 天体の緯度と方位の観測 [参考]observation: n.m.観察、観測; 偵察、監視.
      /prendre hautur, prendre la hauteur de Soleil: [海][船位を知るために六分儀で]天測をする、太陽の高度を測る  [参考]hauteur: n.f.高さ、高度; 高み、高所、高台、高地; [天][太陽・星の]高度.
      /tables astronomiques: 天体暦.

    tentei天底: → nadir: n.m.[天]天底 [観測者の足下に当たる点].

    tentoテント: [参照]天幕.
    /grand-tente: n.f.(pl. ~[s]-~s)[海]甲板上のテント.

    tenzai填材(てんざい):
    /décarver: v.t.[海][2本の木材を]填材(てんざい)で締める; [船材の]接ぎ目を組み合わす.
    /remplissage: n.m.[海]填材(てんざい); [樽などを]満たすこと.
    /romaillet: n.m.[海]塡材(てんざい).

    teoke手桶: [参照]桶/gamelot: n.m.[海]小さい手桶(おけ).

    teppouuo[魚]鉄砲魚、テッポウウオ: → archer: n.m.弓を射る人、射手; [魚]テッポウウオ.
    /toxote: n.m.[魚][インド洋産の]鉄砲魚.

    teshingou手信号: signeaux(m.pl.) à bras.

    tesuri手摺(てすり):

      /balcon: n.m.バルコニー、露台(ろだい)、張り出し; [バルコニーの]手すり; [海][ヨット・遊覧船などの 船首・船尾・デッキの]手すり.
      /bastingage: n.m.[海][古語][軍艦の、舷縁・舷側の]ハンモック入れ、ハンモック箱[昔、船の舷側に並べて 防壁・防弾用にもなった]; (pl.)[上甲板の上の]舷側; [甲板(デッキ)・船橋などの周囲の]手摺(てすり)、手摺り、 欄干、[海]舷墻(げんしょう)[舷側の手すり]; 防御物.
      /batayole: n.f.[檣楼・船橋などの手すりの]支柱.
      /chandelier: n.m.燭台(しょくだい)、蝋燭(ろうそく)立て; [船]支柱、支え; [海][手すり・舷燈などの]支柱.
      /chandelier de batayole: [海][甲板・船橋の]手すりの支柱.
      /fronteau: n.m.(pl. ~x)[海]胸桁、[船側の]手摺(てすり)、[船の前後の両甲板にある]手摺.
      /fronton: n.m.破風(はふ); [海]船尾の彫刻、船尾上部の彫刻部; [海]上部前尾手摺.
      /garde-corps: n.m.inv.[海][檣楼(しょうろう)の; 甲板上の]命綱(いのちづな)、手すり綱; [荒天時に甲板に張る]力綱;  斜檣用の手摺綱; 手摺、手すり、欄干; 車地(しゃじ)棒の外端にある穴に順次通して締める小索.
      ・ faux garde-corps: [斜檣の先端につける]操作用の張り綱.
      /garite: n.f.[海][檣楼の]手摺り板(=guérite) [参考]guérite: n.f.物見櫓(やぐら)、番小屋.
      /herpe: n.f.[船][guibre, éperonの]補強材; [海][船首の]欄干.
      /lisse: n.f.[造船][船体の]帯材、[船体の肋材(ろくざい)を支える] 帯板、[海]リバンド、対骨支材; [船・空]縦通材 (→ coque); [船]手すり、[手すりの]笠木(かさぎ); (pl.)船体線図; (pl.)[図面上の]航路.
      ・ lisse d'appui: [海][船側などの]手摺(てすり)、欄干 [参考]appui: n.m.支えること; 支えるもの、支え、支柱、支架.
      /lisser: v.t.[船などに]帯板を取り付ける、リバンドを取り付ける; 手すりを取り付ける.
      /rambarde: n.f.[海][甲板・上甲板・船橋などの]手摺(てすり)、欄干、ガードレール.
      /sauvegarde: n.f.[海][舷梯などの]手すり綱、握り索; [海]命綱(いのちづな)、救命綱; [海][舵・橈などの]留め綱、 [海]舵索; 舵巻き綱、楫緒(かじお)[舵・オールが波にさらわれないように留めておく綱]; 保護、擁護; 安全、無事.

    tesuri-duna手すり綱:
    /filière: n.f.[海]手すり索; 命綱; [海]水平帆綱.
    /tire-veille, tire-vieille: n.m.inv.(pl. ~-~[s])[複数上変][海][舷梯(げんてい)などの側に張った綱]手すり綱、手摺綱、梯綱、 マンロープ; (pl.)[小舟の]舵軛(だやく)索、舵取り綱、舵柄(だへい)綱、舵綱.
    /garde-corps: n.m.inv.[海][檣楼(しょうろう)の; 甲板上の]命綱(いのちづな)、手すり綱; [荒天時に甲板に張る]力綱;  斜檣用の手摺綱; 手摺、手すり、欄干; 車地(しゃじ)棒の外端にある穴に順次通して締める小索.
    ・ faux garde-corps: [斜檣の先端につける]操作用の張り綱.

    tetorapoddoテトラポッド:
    /tétrapode: adj.[古語][動]四足の、四肢の、四脚の、n.m.pl.[動]四足類、四脚動物; [土木][護岸用の]テトラポッド[商標吊].

    tetsugu鉄具:
    /burin: n.m.[金属彫刻用の]のみ; [海]塡隙(てんげき)用の鉄具; [他の索を懸け留める]留め木.
    /ferrage: n.m.鉄具をつける(装着する)こと; 囚人を鎖でつなぐこと; 金具類; [釣][餌を食いに来た魚の]合わせ.
    /ferrement: n.m.囚人を鎖でつなぐこと(ferrage); [木造船の]舷側(船縁)の鉄類; (pl.)鉄具.
    /ferremente: n.f.[木造船につける]鉄製装具.
    /ferrer: v.t.[…に]鉄具をつける(装着する); [囚人に]鉄鎖をつける、鉄鎖でつなぐ; [漁][釣り糸を引いて魚に] 釣り針を食い込ませる、[餌についた魚を]鉤に引っ掛ける、合わせる; [魚を]銛で突く.

    tetsugusari鉄鎖:
    /ferrage: n.m.鉄具をつける(装着する)こと; 囚人を鎖でつなぐこと; 金具類; [釣][餌を食いに来た魚の]合わせ.
    /ferrement: n.m.囚人を鎖でつなぐこと(ferrage); [木造船の]舷側(船縁)の鉄類; (pl.)鉄具.
    /ferrer: v.t.[…に]鉄具をつける(装着する); [囚人に]鉄鎖をつける、鉄鎖でつなぐ; [漁][釣り糸を引いて魚に] 釣り針を食い込ませる、[餌についた魚を]鉤に引っ掛ける、合わせる; [魚を]銛で突く.

    tetsukagi鉄鉤:
    /corbeau: (pl.-x)n.m.[鳥]カラス、烏、大ガラス; [古代ローマ][海][敵船を引き寄せるための; 敵艦への闖入 (ちんにゅう)用・城壁破壊用の]鉄鉤(かぎ).
    /grappin: n.m.[海]四爪錨(よつめいかり)、四爪アンカー[3、4つの爪をもつ小さな錨]; 摑錨(つかみいかり)、摑機;  ひっかけ錨; 探錨; 捕鉤; [昔の、敵船への接舷用の]鉄鉤(てつかぎ)(=~ d'abordage)、[他の船に引っ掛ける]鉄鉤、 繋船の際に投げる鉤(=~ d'abordage); 鉤状の道具; [起重機などの]引っ掛け鉤、[起重機の]クラッチ; [釣]複針(ふくばり).
    /grappiner: v.t.[海][船に]捕鉤を引っ掛ける、摑錨で止める.

    teyorinawa手撚り索(てよりなわ): → commande: n.f.[主にpl.]舵取り、操舵、操縦; 操縦(制御)装置; [船の]小索(こなわ)、舫い綱(もやいづな)、引き綱; [海]手撚り索(てよりなわ)、手撚り綱、撚り索(よりなわ); [軍][船橋舟の]縛り索(しばりなわ); 注文.

    thinba-heddoティンバーヘッド:
    /jambette: n.f.[造船]肋材(ろくざい)の端(出っ張り); (pl.で)[海]ティンバーヘッド、チンバヘッド[ロープを巻く ために甲板上に突き出した肋材(ろくざい)の先端; 繋柱(けいちゅう)などのために用いるために船べりに突き出た曲げ肋材];  小支柱; 小さな足.



T
ta~
to~
tsu~


検 索 表
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z

Back to: Top Page | 和仏海洋辞典・凡例 | ご覧のページ

海洋辞典[ABC順]

英和和英

西和和西

仏和/和仏

葡和和葡

海洋辞典 [分野別]