Page Top

海洋辞典
[ABC順]

英和和英

西和和西

仏和和仏

葡和和葡

海洋辞典
[分野別]



    ana[動物の]:
      /blowhole: n.[鯨の]呼吸孔(こきゅうこう)、[鯨が潮を吹き上げる] 噴水孔、噴水穴、潮吹き孔(しおふきあな)(→ spiracle); 空気孔; [鯨・アザラシなどが呼吸するためにやって来る] 氷原中の穴、氷海面の穴; [トンネルなどの]通気孔、通風孔.
      /bolt-hole: n.[動物の]逃げ込 み穴、抜道、逃げ道.
      /burrow: n.[アナゴ科の魚・兎・狐・モグラなどの隠れすむ]穴、巣、vi.穴を掘る、穴にすむ、穴に隠れる.
      /burrower: n.水底などに穴を掘る動物 [エビ・カニなど]、穴を掘る(穴にもぐりすむ)動物 [モグラ・ウサギなど]、穿孔(せんこう)動物 (→ boring animal, burrowing animal).
      /perture: [貝殻の]殻口; 孔.
      /spiracle: n.[動][サメ・エイなどの]呼吸孔; [昆虫の]気門; 内鰓孔(ないさいこう); [鯨類などの]噴水孔、噴気孔(blowhole); [地][溶岩表面の]小噴気孔; 噴出する音.
      /spiracular: adj. spiracleの.
      /spiraculate: adj. spiracleの.
      /spiraculum: n.(pl. -la)spiracle.
      /spout: [鯨の]噴水孔(=blowhole).
      /spout hole: n.[鯨などの]噴水孔、噴出孔、噴気孔(cf. blowhole, spiracle); [アザラシなどの]鼻孔(びこう).

    ana[船]穴、孔:

      /bilge: v.(bilged, bilging)vi.[海][船底に]穴があく(水漏れがする)、漏れ口を生じる、vt.[海][船底に]穴をあける、 漏れ口を作る.
      /fid hole: n.[海]檣止め栓孔、フィッド穴、フィッド孔.
      /lightening hole: n.[造船]軽目孔、軽量孔[鋼板など重さを減じるためにあけられた孔].
      /mast hole, mast opening: n.檣孔、マスト穴 [マストを立てる時に通す甲板孔].
      /mooring hole: 係船孔、繋船孔(=mooring port)[繋船索を通すためにブルワークにあけられた孔].
      /mooring port: 繋船孔(=mooring hole).
      /pigeon hole: n.キャプスタンの棒孔、ピジョン・ホール[キャプスタンの上部にある複数の穴で、ここに棒を差し込んで 人力でキャプスタンを回す].
      /pitot aperture: ピトー開孔 [ピトー管の下部にある].
      /reeve: [海]vt.(reeved or rove, roven)[索・ロープ]を滑車(孔・穴)に通す(pass)[through …]; [ロープ]を孔(穴)に 通して結び付ける(取り付ける)、何かに巻き付けて結び付ける[a rope in(on, round, to) a yard]; [滑車の通索孔]にロープを通す; [船が浅瀬・浮氷群]の間を縫って行く、縫航する、…の間を通り抜ける、…の間を注意深く進む、vi.[索が]滑車(輪)を通る.
      ・ to reeve a rope through a block: ロープを滑車に通す.
      /riddle: vt.(-dled, -dling)[船・壁・人などを]穴だらけにする、[弾丸などで][船など]穴だらけにする.
      ・ a warship riddled with shots: 弾痕だらけの軍艦.
      ・ riddled condition.
      /screw aperture: プロペラ孔.
      /scuttle: n.[海][甲板・舷側(げんそく)の]小窓、天窓(てんまど)、明かり取り、舷窓(げんそう)、丸窓、[甲板の]小型の 昇降口[の蓋]、小倉口; [船底・船側の]小穴、孔; [一般に蓋付の]天窓、小窓.
      vt.[特に、船底・船側・甲板]に穴をあけて<船を>沈める、水線下に孔をあけて船を沈める; [時化に際して船荷を 救けるため][船の]甲板に穴をあける、[沈没させる目的で船に]穴をあける.
      [文例] The captain scuttled his ship to avoid its being captured by the pirate.: 船長は海賊に捕獲されるのを避ける ために船を沈めた.
      ・ to scuttle a ship: 水線下に穴をあけて船を沈める.
      /shark's mouth: n.[海]船上で張る天幕(awning)・テントにあけた、帆柱(マスト)・支索などを通すための穴.
      /stave: v.(staved or stove, staving)vt.…をこわす、つぶす; [ボートなどに][穴]を開ける.
      ・ The deckhouse had been staved in by the enormous waves.: 甲板室は大波でつぶされていた.
      /well: n.泉; 井戸; [海]船倉内に設けられたポンプ収納用の縦穴; [漁船の]生簀(いけす)、生け簀.

    ana-aosaアナアオサ: holey sea lettuce.

    anaba[釣りの]穴場、釣り場: fishing spot/a good spot to fish: 釣りの穴場.
    /a spot for trout or salmon fishing: サケあるいはマス釣りのスポット.

    anadara[魚]アナダラ: porous-head grenadier.

    anadarusuアナダルス: red eyelet silk.

    anaduri穴釣り(あなづり):

      /hole anging: n.穴釣り(→ angle).
      /ice fishing: n. 氷上での穴釣り(あなづり)、氷上漁、氷上での魚釣り、氷の隙間(氷隙)から魚を釣ること、氷上釣り、 アイスフィッシング [湖などに張った氷・氷面に穴を開けて行なう、氷上からの釣り漁法].
      /long-handed hook: 穴釣り針.
      /sniggle: n.穴釣り用針、vt.[ウナギを]穴釣りで釣る、vi.穴釣りをする、[ウナギを釣るために]穴釣りする [for an eel, for eels].
      /sniggler: n.穴釣りをする人.
      /sniggling: n.[ウナギの]穴釣り.
      ・ sniggling for eels: ウナギの穴釣り [ウナギ釣りの漁法].
      /tilt: n.[釣][氷上の]穴釣り用浮きの一種.
      /to fish through a hole of the ice: [湖などに張った氷に穴をあけてワカサギなどを釣るために]穴釣りする.

    anago[魚]アナゴ:

      /conger, conger eel; sea eel: [魚]アナゴ [アナゴ科(conger eels, Congridae)に属する魚の総称; ハモのこと。北日本では アナゴを言う](→ Conger conger).
      /conger, conger eels: アナゴ類 [脊椎動物門・硬骨魚綱・ウナギ目・アナゴ科に属する食用魚類].
      /conger hook: n.アナゴ用の釣り針.
      /Congridae: アナゴ科.
      /sea eel: n.[魚]アナゴ、ハモ.

    anahaze[魚]アナハゼ: perch sculpin [画像(z22333.jpg)/しながわ水族館].

    aname[魚]アナメ: cribrous tangle.

    a-nankyoku亜南極(あなんきょく):
    /subantarctic: adj.南極圏に接する、亜南極[地方]の、n.亜南極の地帯.
    /Subantarctic Intermediate Water: n.亜南極中層水.
    /Subarctic Intermediate Water: n.亜北極中層水.

    anasangoアナサンゴ: holey coral.

    anasangomodoki[動]アナサンゴモドキ[サンゴの類]; 雄鹿の角: staghorn.

    anba-guri-suアンバーグリース:
    /ambergris: n.アンバーグリース、アンバー、竜涎(りゅうぜん)香 [香水の原料; マッコウクジラの腸内で生成される].

    anbirikaru-ke-bureアンビリカル・ケーブル、[電力・酸素などの]供給ケーブル: umbilical cable.

    anboinaアンボイナ: → geographer cone: n.アンボイナ、アンボイナガイ.

    anbon-kurozame[魚]アンボンクロザメ: letter cone.

    anchi-ro-ringu-tankuアンチローリングタンク: antirolling tank [船体の横方向に設置された2つのタンクの 自由水の運動を制御し、横揺れを軽減させる装置].

    anchobe-ta[魚][ラ米: ペルー]アンチョベータ、[太平洋岸産の]カタクチイワシ(片口鰯): anchoveta.

    anchobi-[魚]アンチョビー:

      /Japanese anchovy, half-mouthed sardine, Engraulis japonicus (Houttuyn): [魚]カタクチイワシ(片口イワシ) [ニシン目カタクチイワシ科に属する食用魚類; 下顎が非常に小さいので、"片口(かたくち)"と称される].
      /anchoveta, -vetta: n.[魚]カタクチイワシの一種 [魚粉・釣り餌などにする].[Sp.].
      /anchovy: n.(pl. -vies, [集合的に]~)[魚]カタクチ、カタクチイワシ[カタクチイワシ(片口鰯)の一種; 現地名 anchoveta]、 [特に]アンチョビー[地中海産のカタクチイワシの類]; そのアンチョビーを塩蔵熟成させた製品.
      [参考]アンチョビー: Engraulis anchoita、[日本産]カタクチイワシ Engraulis japonica、 [大西洋産]カタクチイワシ Engraulis encrasicholus、[太平洋アメリカ産]カタクチイワシ Engraulis mordax.
      /anchovies: カタクチイワシ科 → Engraulidae: [学名]カタクチイワシ科.
      /anchovy sauce: アンチョビー製ソース.
      /anchovy toast: アンチョビーのペーストを塗ったトースト.
      /Scotch woodcook: n.練(ね)りアンチョビー(anchovy paste)を塗って、卵料理をのせたトースト.

    anda-kyanbasuアンダー・キャンバス:
    /under canvas: アンダー・キャンバス、[船が]帆を挙げて(undersail) [帆船・ヨットなどが帆走している状態。セイル(帆)が 小さ過ぎる時に用いることもある].
    /under full canvas: 全帆を張って.
    /under light canvas: 補助帆を張って.

    andaman-aji[魚]アンダマンアジ: naked breast travally.

    andon-kurage[動]行灯水母(あんどんくらげ): sea wasp; Charybdea rastonii.

    anemome-ta-アネモメーター、風速計: anemometer.

    anemone[植]アネモネ:
    /anemone: n.[植]アネモネ(=wood anemone)[観賞用植物]、[A~]アネモネ属; [動]イソギンチャク(sea anemone).
    /fish-eating anemone: n.[動]フィッシュ・イーティング・アネモネ.
    /snowdrop: n.アネモネの一種.

    aneroidoアネロイド: aneroid.
    /aneroid barometer: アネロイド晴雨計(せいうけい)、アネロイド気圧計.

    anesagochi[魚]アネサゴチ: largescaled flathead.

    anettai亜熱帯:

      /horse-latitudes: 亜熱帯無風帯.
      /subtropical: adj.亜熱帯の.
      /Subtropical Convergence, subtropical convergence: n.[海]亜熱帯収束線(しゅうそくせん)、亜熱帯収斂線 [西風漂流と北赤道海流あるいは 南赤道海流との境界域に生じる収斂線].
      /Subtropical Countercurrent: n.亜熱帯反流.
      /Subtropical Subsurface Water: n.亜熱帯次表層水(じひょうそうすい).
      subtropical waters: 亜熱帯水域.
      /subtropical zone: n.亜熱帯.

    anforaアンフォラ: (pl. -rae, -ras)amphora[古代ギリシア・ローマの両取っ手付きの壷].

    angan暗岩(あんがん):
    /covered(sunken) rock: n.暗岩(あんがん).
    /sunken reef, sunken reefs[低潮時においても海面上にその頂部を現さない礁]; sunken rock; danger: 暗礁(あんしょう).
    /sunken rock, covered rock: 暗岩.

    angora-renko[魚]アンゴラレンコ: African porgy.

    anikasago[魚]アニカサゴ: weedy stingfish.

    anisakisu[生]アニサキス: anisakis [サバなどの寄生虫; クジラ類に寄生する線虫] /Anisakis: アニサキス属.

    anka-アンカー: [参照]いかり、錨.

      /admiralty anchor: [海]アドミラルティアンカー.
      /anchor: [海]アンカー、錨、碇(いかり).
      /anchor buoy: [海]アンカーブイ.
      /anchor cable; chain cable; cable: [海]アンカーチェーン、アンカーケーブル.
      /anchor eye: アンカー・アイ; 錨眼 [anchor ring用の穴].
      /anchor fluke: [海]アンカー爪.
      /anchor head, anchor board: [海]アンカーヘッド.
      /anchoring: アンカーリング [錨泊すること。錨を打つ(海中に入れる)こと].
      /anchor swivel: n.アンカー・スイベル、錨さるかん [回転式のリンク].
      /kedge [anchor]: [海]小アンカー.
      /mushroom anchor: [海]きのこ型アンカー.
      /port anchor: [海]左舷アンカー.
      /sea anchor: [海]シーアンカー.
      /sheet anchor: [海]予備大アンカー.
      /starboard anchor: [海]右舷アンカー.
      /stock anchor: [海]ストックアンカー.
      /stockless anchor: [海]ストックレスアンカー.
      /stream anchor: [海]中アンカー.

    anka-bearinguアンカー・ベアリング: anchor bearing [錨位を知るために、投錨と同時に測定された陸上物標方位].

    anka-borutoアンカーボルト: anchor bolt: n.[機械・骨組みなどを土台に取り付ける]アンカーボルト、基礎ボルト.

    anka-buiアンカー・ブイ:
    /anchor buoy: n.[海]アンカー・ブイ; 錨浮標(いかりふひょう) [錨の位置を示すために錨に取り付けた浮標][A small buoy whose rope is attached to the crown of an anchor to show the position of the anchor on the bottom][アンカーブイとは、 錨鎖(びょうさ)がたとえ切れても錨の所在が分かるように結びつけておく浮標].

    anka-burokkuアンカー・ブロック: anchor block.

    anka-che-nアンカー・チェーン: anchor chain [参考]船首のアンカー(錨)に結ばれた鉄の鎖。ヨットなどではチェーン の代わりにロープ(anchor rope 錨づな)が用いられるが、錨とロープの間に適当な長さのチェーン(鎖)を使用し、 錨効きを良くする.

    anka-dabittoアンカー・ダビット:
    /anchor davit: アンカー・ダビット、吊錨(ちょうびょう)柱、錨吊(つ)りの柱、吊錨鈎柱(=cat davit)(→ anchor crane).
    /cat davit: キャット・ダビット、吊り錨柱、吊錨鈎柱(=anchor davit).

    anka-ke-buruアンカー・ケーブル:
    /shot: n.[海][米国]90フィートの錨鎖(びょうさ)、[錨鎖の]1節 [長さ90フィート]、[英国] 75フィートの錨鎖; 発射、射撃.
    /shot of chain[米国式], shackle of chain[英国式]: n.アンカー・ケーブルの一節(一連).



    A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z
    このページのトップに戻る/Back to the top of this page



    anka-raitoアンカー・ライト: anchor light [参考]錨を打って停泊する時に点ずるライト.

    anka-rejjiアンカレッジ:
    /anchorage: n.アンカレッジ、泊地、錨泊に適した場所.

    anka-ro-puアンカー・ロープ、錨づな: anchor rope.

    anka-sutokkuアンカー・ストック: → anchor stock: n.アンカー・ストック、錨銲(びょうかん)、錨笄(びょうけい)、錨の横木、 錨の横棒、錨かんざし.

    anka-uxocchiアンカー・ウォッチ、錨当直: anchor watch [参考]船が錨泊している時に、事故などが起こらないように 見張る当直.

    ankimo鮟肝(あんきも): anglerfish liver.

    ankoku-no暗黒の:
    /pitch-dark(pitch-black): 暗黒の、真黒な、真暗な.
    /pitch-dark inner space: 暗黒の水面下の世界.

    ankou[魚]アンコウ、鮟鱇(あんこう):

      /angler; angler fish, anglerfish; frogfish; goose-fish; sea devil; sea toad: [魚]アンコウ、鮟鱇(あんこう) [参考]アンコウ目アンコウ科.
      /angler: n.[魚]釣り人、釣り師、魚を釣る人、釣人(つりびと)、釣師(つりし)、釣りをする人、釣魚 (ちょうぎょ)者; [魚]アンコウ(ホンアンコウ、クツアンコウ)(=anglerfish) [硬骨魚; 頭上にある触手で小魚を誘い 捕食する].
      /angler fish: n.[魚]アンコウ.
      /devilfish: [魚]アンコウ; タコ、イカ; イトマキエイ.
      /fishing frog: n.[魚]アンコウ(angler)、ホンアンコウ、クツアンコウ.
      [参考] pediculate: adj., n.[魚]有柄類(アンコウ類)(Pediculati)の[魚]; n.柄鰭目(へいきもく)[アンコウなど]、 adj.柄鰭目の.
      /frogfish, frog fish: n.(pl. -fish or -fishes)[魚]イザリウオ、イザリウオの類(Antennariidae属)[熱帯産; カエルの ような口をしている]、カエルウオ; [広く]アンコウ(angler)の類の各種→ frogfish; Antennarius tridens: [魚]イザリウオ.
      /goose-fish, [common] goosefish: [魚]鮟鱇(あんこう)、アンコウ(angler)、ホンアンコウ、クツアンコウ [英語名: グースフィッシュ].
      /goosefishes: n.アンコウ科.
      /monkfish: n.[魚]カスザメ; アンコウ(angler).
      /pediculate: adj., n.[魚]有柄類(アンコウ類)(Pediculati)の[魚]; n.柄鰭目(へいきもく)[アンコウなど]、adj.柄鰭目の.
      /sea devil: n.[魚]イトマキエイ、マンタ(devilfish)、[熱帯産の]大エイ(おおえい)(manta ray, devilfish); カスザメ(monkfish); ミツクリエナガチョウチンアンコウ(black sea devil[Ceratiidae ミツクリエナガチョウチンアンコウ科]、 大アンコウ; オニダルマオコゼ(stonefish) [参照] manta ray.

    ankou-iwashi[魚]アンコウイワシ: → redmouth whalefishes: n.pl.[魚]アンコウイワシ科.

    ankou-ubauo[魚]アンコウウバウオ: braodhead clingfish.

    anmaduriあんま釣り: massager angling.

    anmokoetesu[動]アンモコエテス:
    /ammocoetes, -coete: n.[動]アンモコエテス [ヤツメウナギなど円口類の幼生; 河川の泥中に棲息する].

    anmonaito[古生物]アンモナイト:
    /ammonite: n.[古生]アンモナイト、アンモン貝、菊石(きくいし) [現生のオウム貝に似る; 地質時代に栄えた動物].
    /ammonites: アンモナイト類.

    anmongai[動]アンモン貝: =アンモナイト(ammonite).

    anmonia[化]アンモニア: ammonia.

    anomaro-pusuアノマロープス: → anomalops: n.アノマロープス[発光魚].

    anpiriusu-kaアンピリウス科: [注釈:学名など調査中].

    anryuu暗流:
    /undercurrent: n.[海]底流、下層流、潜流(せんりゅう)[表層流・上層流とは異なる流向・速力をもつ流れ]; 暗流.
    /underset: n.[風または海面の流れと逆行する]下層流(undercurrent)(cf. undertow).
    /undertow: n.[岸から打ち返す]引き波、あとびき; [風・海流の][表面の流れとは反対の強い]底流、[風・海流の] [引き返す]下層流、下逆流、暗流(あんりゅう)(→ rip current).

    ansaringu-penantoアンサリング・ペナント:
    /answering pennant: アンサリング・ペナント、回答旗 [信号旗の一つ].

    anseishoku-no暗青色の、濃い藍(あい)色の: blue-black.
    /bottle green: (時に a ~)濃緑色、暗緑色(deep green).

    ansha暗車(あんしゃ): screw [propeller].
    /right handed screw: 右旋暗車(スクリュー)[船が前進する時、船尾から見て時計の針と同じ方向に回転する暗車].
    /screw current: 暗車流、スクリュー流.
    /single screw: n.単螺旋、単暗車.

    ansha-sen暗車船(あんしゃせん): screw propeller ship [スクリュープロペラで推進できる船].

      /quadruple screw: n.四暗車、四螺旋(らせん).
      /quadruple screw ship: n.4螺旋船、4軸船[4つのスクリューを備える船].
      /twin-screw: adj.[海][互いに逆方向に回転する]二つのスクリューをもった、ツインスクリューの、双暗車の、双螺旋(らせん)の、 twin-screw: n.[船]双暗車、双推進器.
      ・ twin-screw vessel: n.二軸船

    anshin安針、ステディー: steady.

    anshou暗礁(あんしょう): sunken reef, sunken reefs [低潮時においても海面上にその頂部を現さない礁]; sunken rock; danger.
    [参考]sunken: adj.[sinkの過去分詞]水中に沈んだ、水中の、水底の→ sunken ship: 沈没船.

      /awash: pred.adj., adv.[海][暗礁(sunken reefs)・岩・沈没船などが] 水面すれすれで、ほとんど水面とすれすれに なって(同じ高さで)、水をかぶって、波に洗われて、波にもまれて、水に覆われて.
      /bombora: [豪]サンゴ暗礁[の上を流れる危険な潮流].
      /Breakers ahead!: [海]航路上に危険あり!、針路に当たって波浪(暗礁)あり!、進路に砕け波あり!、航路にあたって 砕浪あり![暗礁などの危険を知らせる合図] [参考]ahead: adv.前方に.
      /dangers: n.pl.[海]暗礁、暗険岩、険礁(→ sunken rock).
      /reef: n.(pl. reefs)礁(しょう)、暗礁、岩礁、リーフ [岩石またはサンゴからできている; 水面下にあって航海上 危険であるが、時に水面上に出ている海底隆起部]; 砂洲(さす); 浅瀬; 礁脈; [採鉱]鉱脈.

      rock: n.岩、岩石; (しばしば~s)岩礁、暗礁.
      /a sunken rock: 暗礁.
      /on the rocks: [口語]座礁して、難破して.
      /rock ahead: 前方にある岩→ Rocks ahead!: [海]暗礁だ!
      /rock awash: 洗岩.
      /Rock dries at lower water.: 岩が低潮に干出する.
      /to be driven on the rock: 座礁する.
      /to go upon the rocks: 暗礁に乗り上げる.
      /to run against(upon) a rock: 座礁する、暗礁にぶつかる.
      /to strike on a rock: 岩に乗り上げる.

      /scar: n.[英国]暗礁、突出(孤立)した岩礁; [山腹の]切り立った岩、断崖.
      /shelf: n.(pl. shelves)棚(たな); 棚状のもの; [崖(がけ)などの]岩棚(ledge); 陸棚(りくだな)、大陸棚(continental shelf); 暗礁(reef)、砂州・砂洲(さす)、浅瀬(あさせ)、洲(す); [地質]棚状地層 [沖積土下の床岩]、岩床(がんしょう)、平層; [造船]梁受材(りょううけざい).
      /shelfy: adj.砂州の多い、暗礁の多い.
      /sunken: adj.[sinkの過去分詞]水没した、水中に沈んだ(水沈した)、水底(水中)の; 沈下した.
      ・ a sunken rock: n.暗岩(あんがん)(covered rock); 暗礁.
      ・ a sunken ship: n.沈没船、沈船.
      ・ sunken reefs, sunken rocks: n.pl.暗礁.
      /uncharted reef: 暗礁; 海図にない礁.

      /to be wrecked on a sunken reef(rock): [船が]暗礁に乗り上げている.
      /to steer clear of a sunken reef(rock): [船が]暗礁をよけて行く.
      /to strike a sunken rock; to go(run) on a sunken rock; to go(run) aground; to be stranded on a sunken reef: 暗岩(暗礁)に乗り上げる.

    antei安定:

      /anti-rolling tank, antirolling tank: n.[船の横揺れ(横揺)調整用の]安定水槽、揺れ止めタンク、揺れ防止タンク(=top side tank) [船の横揺れを調整するための水タンク].
      /stability: n.(pl.-ties)安定; [海][船などの]安定、安定性、復原力(ふくげんりょく)、復元性; [理学]安定性.
      ・ stability curve: [船などの]復原力曲線 [船体のいろいろな傾斜角に対する復原力を図示するもの](→ GZ curve) ・ static stability: [船の]静的復原力.
      /stabilize: vt.…を安定させる; [海・空]…の安定を保たせる.
      /stabilogauge: n.スタビロゲージ.
      /stable: adj.(-bler, blest)安定した; [理学]安定性のある、復原性のある(→ stabilizer).

    antei-do[海流などの]安定度:
    /anti-rolling tank, topside tank: 安定水槽.
    /stability: [海流などの]安定度、[船体などの]安定性.
    /steady ship: 安定船.

    antei-hire安定ひれ: fin stabilizer, fin-stabilizer [両舷に張り出した翼状のひれを動かすことにより、横揺れ(ローリング) を軽減させる装置].

    anteiki安定機:
    /gyrostabilizer: n.ジャイロスタビライザー、ジャイロ式船舶動揺防止装置、ジャイロ安定機、転輪安定機、転輪儀平衡装置.
    [参考]ジャイロスコープを応用して、船舶・飛行機の動揺・横揺れを防ぐための平衡装置.

    antei-sei安定性: [参考]安定度.

    antei-suisou[船の横揺れ調整用]安定水槽、揺れ止めタンク: anti-rolling tank.

    anthi-fauringuアンティファウリング:
    /antifouling: n.アンティファウリング[の]、船底付着防止の<塗料>、汚れ止めの<塗料> [船底に貝、海草などが付着する のを防ぐこと、またそのための手段(船底塗料など)].
    /antifouling paint: 汚れ止めの塗料(ペイント)[船底への動植物の付着を防ぐ塗料].

    anthi-kurokkuwaizuアンティクロックワイズ: (adj.adv.) anticlockwise(=counterclockwise)[時計の針と反対 回りの(に)。ヨットレースでのコースの指示に用いられる].

    anyuaru-barie-shonアニュアル・バリエーション:
    /annual variation: アニュアル・バリエーション、年変化、経年変化 [例えば、磁気方位の年間の変化量].

    anzen安全:
    /International Convention for the Safety of Life at Sea: 海上における人命の安全のための国際条約.
    /safety factor: n.安全係数.
    /safety lamp: n.安全灯.

    anzen-beruto安全ベルト、セーフティ・ベルト: safety belt [安全を確保するために艇員(クルー)などの身体と 船艇とを結ぶベルト].

    anzen-saku安全索: man rope.

    aobadai[魚]アオバダイ: pearl perch.

    aobadai-kaアオバダイ科: [注釈: 目下、日本語名などを調べています].

    aobera[魚]アオベラ: [参考]キュウセンの雄の異称 [成魚になると体が青みを帯びることから。アカベラはその 雌の異称で、赤みを帯びることから].

    aobikari[魚群などによる海面の]青光り: phosphorescence.

    aobikuninアオビクニン: pellucid snailfish.

    aobudai[魚]アオブダイ: blue parrot-fish.
    /knobsnout parrotfish: n.アオブダイ, Scarus ovifrons Temminck & Schlegel, 1846 [画像 (z22139.jpg)/京都水族館].

    aochibiki[魚]アオチビキ: green jobfish.

    aodai[魚]アオダイ: blue fusilier.

    aodoro青泥(あおどろ): blue mud.
    /red mud: 赤泥(あかどろ).

    aogai[貝]アオガイ、青貝(あおがい): limpet; Notoacmea schrenekii[ユキノカサガイ科の貝]; mother-of-pearl [螺鈿(らでん)の材料].
    /Schrenck's limpet: n.[貝]アオガイ.

    aogani[動]アオガニ: [学名]Callinectes sapidus[ワタリガニの仲間].

    aogihaze[魚]アオギハゼ: bluestripe pygmy goby.

    aogisu[魚]アオギス:
    /blue whiting: n.[魚]アオギス、ヤギス、ブルーホワイティング.

    aohana-tenjiku-dai[魚]アオハナテンジクダイ: shorttooth cardinal.

    aohata[魚]アオハタ: banded grouper.
    /yellow grouper: n.[魚]アオハタ.

    aohata-modoki[魚]アオハタモドキ: double-thorned rock-cod.
    /six-banded grouper: n.[魚]アオハタモドキ.

    ao-hitode[魚]アオヒトデ: blue starfish.

    aoigaiアオイガイ: greater argonaut.
    /paper nautilus: n.[動]カイダコ類の頭足類、アオイガイ(=argonaut)、カイダコ、フネダコ[カイダコ科の動物].
    [参考]カイダコ: 貝のような蛸; =アオイガイ(paper nautilus, greater argonaut)[頭足綱・八腕目・アオイガイ科。 カイダコともいう。タコの仲間].

    aoiro-kantai青色艦隊: → blue: adj.青い、n.青; [the ~]青海、青空; [the ~, the B~][英国史]青色艦隊 (cf. red).

    aoisakiアオイサキ: blue maomao.
    /hardbelly: n.アオイサキ.

    aoisomu[釣・餌]青イソメ: ?.

    aokamasu[魚]アオカマス: blackfin barracuda.

    aokoアオコ(青粉):
    /water bloom, water-bloom: n.水面[近く]に繁茂(はんも)した藻類、アオコ(青粉) [淡水の養魚池、金魚鉢などに生じる、 水を緑青色に変化させる微小藻類]、水の華(はな).
    "water bloom"とは、富栄養化した淡水域などにおいてプランクトンが大繁殖する現象で、水が緑色を呈する.

    aokoアオコ: carp fry.

    aokoアオコ: green dust.

    aokuchi-fuefuki[魚]アオクチフエフキ: blue-lip pigface bream.

    ao-matoudai[魚]アオマトウダイ: blue dory.

    aomebaru[魚]アオメバル: dusky rockfish.

    aomeeso[魚]アオメエソ: greeneye; Chlorophthalmus albatrossis[アオメエソ科].

    aomenuke[魚]アオメヌケ: blue rockfish.
    /priestfish: n.[魚]アオメヌケ.

    aomi-daimyou-imo[貝]アオミダイミョウイモ: gray cone.

    aomidoroアオミドロ: spirogyra(→ Zygnematacedae科)[淡水産の草類).

    aomino-umiushi[動]アオミノウミウシ: floating sea slug.

    aomishima[魚]アオミシマ: bluespotted stargazer.

    aomono[魚]青物(あおもの): blue-skinned fish.

    aomori-mamehigaiアオモリマメヒガイ: striated spindle bubble.

    aonami青波(あおなみ):
    /green water, green sea: n.青波 [甲板上に打ち込まれる大量の水塊、船上にどっと打ち上げられた波; 船首甲板上に打ち上げられ、 まだ泡立っていない波、砕けていない大波].

    aoniku青肉(あおにく): blue meat, green meat.
    /blue meat: n.青肉(あおにく)、緑変肉、ブルーミート.
    [参考1]エビ、カニ、ビンナガマグロなどを缶詰にするため蒸煮した時、血液がその肉の表面にでて淡い青緑色をした色調となり 特異な臭気を放つ肉。また、マグロ類では筋肉色素がでて青くなった肉.
    [参考2](a)blue discoloration 青変; (b)dead color meat デッドカラーミート [鮪油漬缶詰肉に生じる一種の臭気を伴なう 青白色の変色肉].

    aonome-hata[魚]アオノメハタ: peacock rock-cod.
    /blue spotted grouper: n.[魚]アオノメハタ [画像(z22401.jpg)/しながわ水族館].

    aonoriアオノリ、青のり: Enteromorpha.

    aori-ika[動]アオリイカ:

      /bigfin reef squid: [動]アオリイカ; [学名]Sepioteuthis lessoniana [頭足綱ジンドウイカ科] [画像(z22225.jpg)・画像(z22226.jpg)・ 画像(z22227.jpg)/サンシャイン水族館: イカは漏斗(ろうと)という管から水を勢いよく 噴射することで泳ぐ; 漏斗の角度を自在に変えてジェット噴射することで、任意の方向へ急発進できる] [画像(z22304.jpg)/葛西臨海水族園].
      /broad-finned squid: n.[動]アオリイカ.
      /cuttlefish: n.[動](pl. -fish, -fishes)コウイカ(甲イカ)、マイカ [総称; 主としてSepia属]; [一般に・俗に]イカ(cf. squid).
      /cuttle fish: n.[動]アオリイカ; [学名]Sepioteuthis lessoniana.
      /female squid: n.[動]アオリイカ.

    aoru[釣]あおる: [参考]魚を針がかりさせたり、アタリ(strike)を確かめたりするために、釣り竿を上方へ少しもち上げる動作をいう.

    aosa[海藻]アオサ、あおさ: green laver, sea lettuce, Ulva, [学名]Ulva lactuca [参考] laver: n.食用のり.

      /green laver: n.アオサ、アオノリ.
      /laver: n.[海藻]アマノリ(red laver)、アオサ(sea lettuce)[など]、のり [アサクサノリ、アオサなどの葉状の海草] (→ Porphrya)]、食用のり.
      /sea lettuce: n.[植]アオサ(=ulva)[海草; 食用海藻]、アオサ属の海藻.
      Ulva: n.アオサ.

    aosa-hagi[魚]アオサハギ:
    /file fish: n.[魚]アオサハギ; [学名]Brachaluteres uivarum [フグ目モンガラカワハギ科].
    /green filefish: n.[魚]アオサハギ.

    ao-sango[動]アオサンゴ、青珊瑚: blue coral [学名: Heliopora coerulea].

    aoshio青潮(あおしお): blue tide [青潮現象は湖などにおいて貧酸素下層水が上昇し、上層水に棲息する生物に被害を与える].
    [参考]発生のメカニズム: 海底にたまったヘドロ状の有機物がバクテリアで分解される際に海中溶存酸素 が大量に消費され、海底近くで酸欠状態の貧酸素水塊(oxygen-depleted water mass)ができる。それが海面近くに湧き上ってきて発生する。アサリなどの魚介類の大量斃死 をもたらす.

    aosuji-hata[魚]アオスジハタ: blue-lined coral cod.

    aosuji-menuke[魚]アオスジメヌケ: strawberry rockfish.

    aosuji-tenjikudai[魚]アオスジテンジクダイ: golden cardinalfish.
    /ring-tailed cardinalfish: n.[魚]アオスジテンジクダイ.

    aosuji-tobiei[魚]アオスジトビエイ: Nieuhof's eagle ray.
    /striped eagle ray: n.[魚]アオスジトビエイ.

    aoten-ginpo[魚]アオテンギンポ: darkspot blenny.

    aoukigusaアオウキグサ: → duckweed: n.アオウキグサ属の水草 [Lemnaの植物].

    aoumi青海(あおうみ): blue water.

    aoumigame[動]アオウミガメ、青海亀(あおうみがめ): green turtle, [学名]Chelonia mydas mydas (Linnaeus, 1758) [ウミガメ科].
    [参考画像][画像(z22140.jpg)/京都水族館][アオウミガメ: [学名]Chelonia mydas mydas, 画像(z22286.jpg)/横須賀市立自然人文博物館; 世界中の熱帯域から 温帯域に分布するウミガメの仲間; 甲羅は和甲(わこう)として装飾品などに利用される; この標本は全体的に赤みを帯びた色彩変異個体と いわれる][画像(z22419.jpg)・画像(z22368.jpg)・ 画像(z22389.jpg)/しながわ水族館].
    [参考]爬虫類カメ目ウミガメ科; 熱帯から亜熱帯の海に分布; 大きくなると甲羅の長さは1mを超える; 日本では5月から8月にかけて 小笠原諸島・南西諸島などの砂浜に上陸し産卵する; 海洋汚染、海岸開発、漁船の網による混獲などで減少、ワシントン条約で国際取引は禁止されている].
    /black turtle: n.[スペイン語]tortuga torita o verde del Pacífico, [学名]Chelonia mydas agassizii.
    /green sea turtle, [学名]Chelonia mydas [画像(z22078.jpg)][中国・上海自然博物館].

    aoumiushiアオウミウシ: blue dorid, [学名]Hypselodoris festiva [腹足綱イロウミウシ科] [画像(z22523.jpg)/葛西水族園].

    aouo[魚]アオウオ: black Chinese roach, [学名]Mylopharyngodon piceus (Richardson) [コイ科の淡水魚].
    /black carp: [魚]アオウオ.

    aoyagara[魚]アオヤガラ: smooth flute-mouth, [学名]Fistularia petimba Lacepède[ヤガラ科].



    A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z
    このページのトップに戻る/Back to the top of this page



    aoyagi[貝]青柳(あおやぎ)、アオヤギ: trough shell.
    [参考]海産の二枚貝。バカガイのむき身。千葉県青柳(あおやぎ)[現在は市原市内]産のバカガイが有名だったため、産地名が 通称になったもの.
    /the meat of a trough shell(surf clam): [貝]青柳(あおやぎ)[バカガイのむき身].

    aozakana青魚(あおざかな)、青ものの魚: blue-skinned fish [アジ、イワシ、サバ、カツオ、サンマ、ニシンなど 背側の青い魚を呼ぶ; 永久的に大衆魚ではなく、漁獲が長期に大幅に減少して希少価値がでれば高級魚にもなりうる].
    /bluefish: n.[魚]アミキリ [北米大西洋岸のムツの類の食用魚]、[米国大西洋岸産の]アジの類; [一般に]青魚 [特にpollackなど]、青い色の魚.
    /bluefish: [学名]Pomatomus altatrix.

    aozame[魚]アオザメ、青鮫(あおざめ): (pl.~s) mako[マオリ(Maori)語]; mako shark, shortfin mako shark; bonito shark; mackerel shark; [豪]blue pointer; [学名]Isurus oxyrinchus.
    [参考]ネズミザメ目(Lamniformes)ネズミザメ科(Lamnidae)、属名Isurus; 生息域は温帯から熱帯の外洋; 全長4m; 背びれ・ 尾びれ(三日月形)のフカヒレは高級食材とされる; 光沢のある色鮮やかなメタリックブルーの魚体をもつのが特徴.

      /isurus: n.[魚]アオザメ.
      /mackerel shark: n.[魚]アオザメ、[特に]porbeagle.
      /mako: n.(pl. ~s)[魚]アオザメ(=mako shark) [Maori].
      /mako shark: n.[魚]アオザメ(=mako)、アオザメの類 [Maori].

    aparento-windoアパレント・ウィンド、見せかけの風・風向: apparent wind.

    aporon-sha-ku[魚]アポロシャーク: apollo sharkminnow [画像(z22278.jpg) /サンシャイン水族館].

    apothisuアポティス: apotis [中世以降、一段式のガレー船でより長く漕力のあるオールが用いられたが、それを 支えるためのガレー船舷側への張り出し浮材(アウトリガー); 「postizza」として知られる; 中世アポティス(apotis)は地中海 ガレー船の特徴の一つであった].

    appa-dekkiアッパー・デッキ: upper deck [船舶の最上部の全通甲板。日本語では「上甲板」という。全通甲板とは、 船首から船尾まで途切れることなく連なっている甲板のことをいう].

    appa-suteiアッパー・ステイ: upper stay [マストの最頂部から舷側へとっているステイ].

    appu-sutori-muアップストリーム: upstream [釣りでは、釣り人本人の位置より上流のこと][アップクロスストリームとは 釣り人の位置から斜め上流のこと。ダウンクロスストリームとは釣り人の位置から斜め下流のこと.

    apuro-chi[釣]アプローチ: approach [フィッシング・ポイントへの接近やキャスティング(仕掛けの投げ入れ)].

    ara[魚の](あら):

      /fish waste: n.[魚の]粗(あら)、アラ [魚を調理した後に残った頭、骨、内臓など].
      /garbage: [魚・肉などの]粗(あら); [台所から出る食料品の]屑(くず)、ごみ、残飯(refuse); 廃物 [参考]refuse: n.廃棄物、 廃物、かす、ごみ.
      ・ garbage boat: n.ごみ船.
      /offal: n.下魚(げざかな)[対語: prime]; 腐肉(carrion); [鳥獣の]臓物(ぞうもつ)、あら; 屑肉(くずにく); くず、残滓(ざんし);  ごみ.
      /offal fish: 下魚、下級魚(かきゅうぎょ)、屑魚類、くず魚肉(cf. prime fish).

    ara[魚]アラ: sawedged perch, [学名]Niphon spinosus Cuvier, 1828[スズキ目ハタ科の海水魚; 同じハタ科に属するクエの 九州地方名を「アラ」と称されるが別魚である].
    /deep sea bass: n.[魚]アラ.

    arabia-kouika[動]アラビアコウイカ: hooded cuttlefish.

    arabori-mushiro[貝]アラボリムシロ: prickly dog whelk.

    arafura-hiougi[貝]アラフラヒオウギ: glory scallop.

    arafura-minogai[貝]アラフラミノガイ: giant file clam.

    arafura-oonishi[貝]アラフラオオニシ(アラフラ大螺): Australian trumpet [世界最大の海産巻貝。アラフラ海が主産地].
    /false trumpet shell: n.[貝]アラフラオオニシ、テングニシ.

    arafura-oose[魚]アラフラオオセ: tasselled wobbegong, [学名]Eucrossorhinus dasypogon [テンジクザメ目オオセ科; オーストラリア北部、 ニューギニア、インドネシアに棲息する].

    arafura-tsuburiアラフラツブリ: short-spine murex.

    arafura-tsukihi[貝]アラフラツキヒ: Australian delicate saucer scallop.

    arahadaka[魚]アラハダカ: prickly lanternfish.

    arai粗い: → coarse mesh: 粗い網目(あらいあみめ).

    arainagasu洗い流す: [参照]洗う.

    araiso荒磯(あらいそ):

      /dreary seashore: 荒磯 [参考]dreary: adj.荒涼とした、陰うつな.
      /reefy: → reefy coast, reefy shore: n.荒磯(あらいそ).
      /surfside: n.波打ち際(なみうちぎわ)、荒磯(あらいそ)、ありそ(荒磯)→ the water's edge: 波打ち際 [波が打ち寄せるところ。 なぎさ。みぎわ].
      /seashore: n.(通例the ~)海岸、海辺(seaside)、海浜(→ shore); [法]前浜(foreshore)、海岸 [通常の高潮線と低潮線 との間の地; 厳密には満潮の波打ち際と干潮のそれとの間の地=満潮(高潮)線と干潮(低潮)線との間の土地]、波打ち際; 固定海岸(national seashore) [参照] coast.
      ・ a rocky seashore: n.岩だらけの(岩の多い; 岩でできた)海岸.
      ・ to play on the seashore: 海辺で遊ぶ.
      /surf-fishing: 波打ち際での釣り (→ 磯釣り).
      /surfside fishing: n.磯釣り.

    arakaibou-kouhan荒解剖甲板、[鯨・アザラシなどの]脂肪や皮を剥(は)ぐ甲板: flensing deck.

    arakasu粗粕(あらかす):
    /fish guano: n.粗粕(あらかす) [参考] guano: n.グアノ、海鳥糞、糞化石 [海鳥の糞が堆積し硬くなったもので、 天然肥料になる; 例えばペルー太平洋岸の島に見られる].

    aramaki新巻(あらまき)、新巻き、荒巻(あらまき)、荒巻き、新巻き鮭(あらまきジャケ): slightly salted salmon; fish wrapped in straw(rush leaves)[藁(わら)などで巻いた魚].
    [参考][藁(わら)などで巻いたことによる]サケにうす塩をあてた塩蔵品(塩ザケよりも風味はよいが、貯蔵では劣る);  北海道では"アキアジ"、"トキシラズ"という。数え方は1本.

    arameアラメ(荒布): Eisenia [参考]褐藻植物コンブ科の多年生海藻; 最も低い潮位より深い所に群生;  アルギン酸・沃素(ようそ)の原料とするほか、食用.
    /sea oak: n.アラメ.
    /sea oak: n.[海藻]ヒバマタ.

    arame-ami荒目網(あらめあみ): big mesh net.
    /armoring net: [二重刺網・三重刺網などの外側の] 荒目網(あらめあみ).
    /amouring: n.[二重または三重刺網の]外側の荒目網(→ wall).

    arame-garei[魚]アラメガレイ: pygmy whiff.

    arame-ginme[魚]アラメギンメ: Pacific beardfish.

    aranami荒波:
    /choppy seas(waves); rough(heavy, stromy) seas: 荒波.
    ・ a boat plowing through rough seas: 荒波をけって(かき分けて)進むボート.
    /turbulent seas(waters); surging(raging) waves: 逆巻く荒波.

    aranunome[貝]アラヌノメ: reticulated venus shell.

    araoni-mushiroアラオニムシロ: grand helmet.

    arare(あられ):
    /hail: n.雹; 霰(あられ).
    /hailstone: n.あられ、ひょう.

    arare-gai[貝]アラレガイ: basket shell.

    ararekanimoriアラレカニモリ: stony cerith.

    arari-iruka[動]アラリイルカ: white dotted dolphin.

    arashi: storm.
    /a heavy storm: n.大嵐.

    arashi-utsubo[魚]アラシウツボ: mottled moray.

    arasuji-amagaiアラスジアマガイ: undulated nerite.

    arasuji-hibarigai[貝]アラスジヒバリガイ: rough mussel.

    arasuji-saragai[貝]アラスジサラガイ: great striated tellin.

    arasuka-aburagarei[魚]アラスカアブラガレイ: → arrow-toothed halibut, arrow-toothed flounder: n.[魚]アラスカ アブラガレイ.

    arasuka-bikunin[魚]アラスカビクニン: Alaska snailfish.

    arasuka-ezobora[魚]アラスカエゾボラ: Alaska neptune.

    arasuka-hotategai[貝]アラスカホタテガイ: giant Pacific scallop.

    arasuka-kasube[魚]アラスカカスベ: Aleutian skate.

    arasuka-kichiji[魚]アラスカキチジ: short-spine channel rockfish/spiny-cheeked rockfish: n.[魚]アラスカキチジ.

    arasuka-kiraragai[貝]アラスカキララガイ: divaricate nut clam.

    arasuka-menuke[魚]アラスカメヌケ: long-jaw rockfish.
    /Pacific ocean perch: n.[魚]アラスカメヌケ.

    arasuka-nishiki[貝]アラスカニシキ: → Alaska glass scallop: n.[貝]アラスカニシキ.

    arasuka-tsunooriアラスカツノオリ: Alaska trophon.

    arate-ami荒手網(あらてあみ): wing net, extension net.
    /arm [of seine]: 荒手(あらて) [旋網、引き網などの袖網部]→ arm of seine: [引き網などの]荒手網、袖網(そであみ).
    /extension wing: n.[曳網類の]荒手網(あらてあみ).

    arau洗う:

      /awash: pred.adj.,adv.[海][暗礁・沈没船などが]水面すれすれになって.
      /bathe: vt.[波・流れなどが]<岸>を洗う(wash); …を入浴させる、風呂に入れる.
      ・ to bathe the shore: [波が]岸を洗う.
      /lip: n.唇(くちびる)、vt.[水・波などが][岸]を洗う(lap).
      /slush: vt.[甲板などを]水で洗う.

      wash: vt.…を洗う; [波などが][岸]を洗う、…に打ち寄せる; [波などが]…を押し流す、流し去る、さらって行く [away, down, up]; [流水・波などが]えぐり取る、…に穴をあける、浸食する; えぐって…をつくる.
      vi.[水・波などが]洗う、ざぶざぶと打ち寄せる; 押し寄せる; 流される; 浸食される.
      n.(通例a ~)洗うこと、洗濯; (the ~)[水・波の]打ち寄せ; 打ち寄せる音; [海][船が航行した後の]波のうねり (→ wake: n.[船が]通った跡、航跡); [海水・河水などの]浸食; 浸食された土地.
      /to be washed overboard: 舷外に洗い流される→ to wash … overboard: [波が]…を船からさらって行く.
      /to wash away: 洗い去る; 流失する.
      /to wash down: [波など]押し流す.
      /to wash in water: 水洗いする.
      /washing: n.水洗、水洗い; 水が洗うこと、水が押し流すこと、水の押し寄せ、水の打ち寄せ; 水さらし.
      /water-washed: adj.[特に海の]波に洗われた.
      /wave-swept: → on a wave-swept beach: 波が洗う(波に洗われる)ビーチに.
      /wave-washed: adj.波に洗われた.

      /to carry away: [通例受身形で][波・海水が船上から]…を洗い流す; …を持ち去る、運び去る、(vi.)[英国][海][船が] マストなどを破損する.
      /to sweep the deck: [波が]甲板を洗う; 甲板を掃射する.
      /to wash … overboard: [波が]…を船からさらって行く→ to be washed overboard: 舷外に洗い流される.

    araumi荒海(あらうみ):

      /heavy: adj.重い; 激しい、猛烈な(violent); [海が]荒れた、n.(pl. heavies) [サーフィン・俗語][絶好の]大波.
      /a heavy sea: n.荒海、荒れた海、荒れた海上; 激浪(げきろう)、荒波(あらなみ).
      ・ a [ship's] hull resistant to heavy seas: 荒海に耐える船体.
      ・ to row out into a heavy(stormy) sea in a small boat: 小舟で荒海に(嵐の海へ)漕ぎ出す.
      ・ to sail out into a heavy(stormy) sea: 荒海に乗り出す.
      /rough sea, stormy sea, high sea: 荒海.
      /seaway: n.外海、外洋; 海路、航路、航行; 進航、船脚、船足; 荒海、荒波、激浪; [大型船舶・外洋船が通れる;  海へ通じる]内陸の水路 [例えば、St. Lawrence Seaway].
      ・ in a seaway: 激浪(荒波)にもまれて.

    arawareru[波などに]洗われる: [参照]洗う.

    arawareru現われる:

      /loom: vi.[霧・夕闇などの中に船・山などが]ぼんやりと現われる・現われ出る; 巨大な姿を現わす[up …]; ぼんやり見える、 ぼうっと見える.
      n.[霧の中などに、ぬっと現われた] 巨大な姿; ぼんやりと現れること・物.
      ・ A ship loomed through the mist.: 一隻の船が霧の中からぼうっと現われた.
      ・ In the fog, a ship loomed on our port bow.: 霧の中で、一隻の船が船首左舷側に(左舷前方に)ぼっと現われた.
      /rise: vt.[魚]を水面に誘う; [海][近付いて][他船]の姿が次第に水平線上に現われるのを認める.
      vi.[水面に]浮ぶ、浮かび上がる; [魚が][水面に]餌を求めて(毛針に向かって)浮かび上がる、浮上する; [魚が]餌を追って 水面に浮かぶ; [太陽・月が]地平線・水平線上に昇る、n.[魚が]水面に浮かび上がること、水面への浮上.
      /tail: n.尾; 船尾、尾部、後部、vi.[海][停泊中の船が特定方向に]船尾を向ける、船尾を振り向ける; [海][暗礁などに]船尾を乗り上げる、船尾から座礁する[agound]; [魚が]尾を水面に現わす.
      /to heave in(into) sight(view): [海][船が水平線上に]見えて来る、現われる.

    arawasu現わす: [参照]現われる.

    arekuruu[嵐・海などが]荒れ狂う:

      /bluster: vi.[波・風が]荒れ狂う、立ち騒ぐ; [風が]吹き荒れる(roar)、たけり狂う(rage)、n.[波の]荒れ狂い、 [風の]吹き荒れ.
      /blustering: adj.荒れ狂う、吹きすさぶ.
      /blusterous: adj.=blustering/adv. blusterously.
      /boisterous: adj.[風・海などが]荒れ狂う、大荒れの(→ stormy)/-ly/-ness.
      /chide: vi.[古語・文語][嵐・海などが]荒れ狂う、たけり狂う.
      /choppy: adj.(-pier, -piest)[海・湖の]波が立ち騒ぐ、三角波が立つ、三角波のある(→ chopping); [風向きが]急変する.
      /greasy: adj.(greasier, -iest)[海][天候が]どんよりした、うっとうしい; 荒れ模様の、険悪な; 脂(あぶら)の多い、 脂っこい、脂ぎった(oily)、脂を含んだ; 脂だらけの、脂じみた; 脂を塗った.
      /heavy: adj.重い; 激しい、猛烈な(violent); [海が]荒れた、n.(pl. heavies) [サーフィン・俗語][絶好の]大波.
      /a heavy sea: n.荒海、荒れた海、荒れた海上; 激浪(げきろう)、荒波(あらなみ).
      /rave: vi.[嵐などが]荒れ狂う、怒号する(rage)、n.[風・波などの]怒号.
      ・ raving storm: n.大暴風雨.
      ・ The sea raves against the rocks.: 激浪が岩にぶちあたっている.

      rough: adj.[海・天候などが]荒れる、荒れた; 荒天の、暴風雨の; [航海・飛行などが]荒天をついての、荒天をついた.
      /rough sea: n.荒海、荒天時の海→ rough seas: 荒天; 荒浪.
      /rough voyage: n.難航海、荒天をついた航海、荒天時での航海.
      /rough weather: n.荒天.

      /to get up: [風・海などが]怒る; 荒れる; たけり狂う.

    areru[海などが]荒れる: [参照]荒れ狂う.

    ariake-hime-[魚]アリアケヒメシラウオ: Regan's icefish.

    ariake-shirauo[魚]アリアケシラウオ: Ariake icefish.

    ariake-tobiuo[魚]アリアケトビウオ: snubnose flyingfish.

    arige-ta-ga-アリゲーターガー: alligator gar [分布: 北米南部域、メキシコなど] [ 画像(z22448.jpg)/しながわ水族館].
    /alligator gar: n.テンジクダツ.
    /alligator gar: n.[魚]アリゲーターガー [分布: 北米南部域、メキシコなど] [画像(z22448.jpg)/しな がわ水族館].
    /[豪・NZ]black-finned long-tom, alligator gar[魚]テンジクダツ, Tylosurus acus melanotus (Bleeker)[ダツ科].

    arima-yousei[シャコ類の]アリマ幼生: Alima larva [of mantis shrimp].
    alima larva: n.(pl. -vae)[シャコの]アリマ幼生.

    arotsunasuアロツナス: [学名]Allothunnus fallai, [英名]slender tuna、[和名では「ホソカツオ」とされるが、一般的には学名の略称である アロツナスで通っている][スズキ目サバ科ホソガツオ属].

    arowana[魚]アロワナ: arowana; Osteoglossum bicirrhosum [オステオグロッサム科の南米産の大型淡水産 熱帯魚].
    [参考]アジアアロワナ: マレイシア、ボルネオ、タイなどに分布する熱帯魚。成魚体長70~90cm。ワシントン条約に基づき 1987年6月に制定された国内の規制法によって、環境庁長官の許可、登録なしでの取引、販売目的の陳列などが禁止されている.

    arou-kurabuアロウクラブ: [学名]Stenorhynchus seticornis.

    arowana-kaアロワナ科: [注釈:学名など調査中です].

    arube-ruアルベールI世: モナコ公国の海洋学者 [19世紀後半~20世紀前半に活躍した; モナコ海洋博物館を建設した].

    arubinアルビン: Alvin [米国の4,000m級深海潜水艇、1964年建造].

    arugin-sanアルギン酸: alginic acid [海藻に含まれる高粘土の多糖類].

    arugonautaiアルゴナウタイ: Argonauts, [ラテン語]Argonautae [ギリシア神話]コルキスの金羊毛を求めて「アルゴー船」で航海をした英雄 たちの総称.

    arugono-toアルゴノート: Argonauts [ギリシア神話に登場する巨大な船「アルゴー船」の乗組員を指す] [参照]アルゴナウタイ.

    arugorizumuアルゴリズム、[ある問題を解くための]特定の演算式、相関式、特別な計算式: algorithm.
    [参考]例えば、気象観測衛星のデータをもとに地球全体の降水量を計算。算出する相関式、あるいは長期的な気候変動の 予測に不可欠な海洋循環の計算式(モデル).

    arugosenアルゴー船:
    /argonaut: n.タコブネ(paper nautilus); (A-)[ギリシア伝説]アルゴー船一行.
    /Argonautic: adj.アルゴー(Argo)船の一行の.

    arugoshi-アルゴシー:
    /argosy: n.アルゴシー [中世の地中海で使われたキャラック船の別名]; 大きな船、[財貨を満載した、特にヴェニスVeniceの] 大商船; 大船(大商船)の船体.

    arukariアルカリ:
    /alkalinity: n.アルカリ度/acidity: 酸性度.

    arupusu-iwana[魚]アルプスイワナ: saibling.

    arutemia[動]アルテミア: brine shrimp [節足動物無甲目ホウネンエビモドキ科; 1科1属; 9種が属するが、アルテミアはその 総称; 小型の甲殻類で世界の塩水湖に棲息する; 代表種の学名は"Artemia salina"].
    /Artemia: n.[動]ブラインシュリンプ.
    /Artemia larva: n.アルテミア幼生.

    arutemonアルテモン: artemon [古代ローマの商船において、船首から斜め前方に突き出した円材(バウスプリット)の 下部にかけられる小型の横帆(四角帆); 帆走力の増強よりも回頭 (船首の向きを変える) 力の増強用としての機能が大きかった].

    aruzenchin-irekkusu[動]アルゼンチンイレックス: Argentine shortfin squid.

    aruzenchin-pa-rufisshu[魚]アルゼンチンパールフィッシュ: Argentine pearl fish.

    asa: morning.

      /Lucifer: [明けの]明星(Venus)、金星; 悪魔、サタン(Satan).
      /morning calm 朝凪ぎ、朝凪.
      /morning glow: 朝焼け.
      /morning haul of a set net: 朝待ち[定置網での朝方の漁獲・魚の捕獲].
      /morning sight: n.モーニング・サイト、朝の天測(観測)(astronomical observation).
      /morning star: 暁(あかつき)の明星、明けの明星.
      /morning twilight: 払暁.
      /morning watch: n.[海]朝の当直、朝直 [午前4時から8時まで].

    asa(あさ):

      /hemp: n.[植]あさ、麻(あさ)、大麻(たいま)、インドあさ; 麻繊維.
      /hemp canvas: n.麻帆布.
      /hemp core: n.心綱、心索、麻心.
      /hemp rope: n.麻索、麻綱.
      /Indian hemp: n.インド麻 [同義]jute.

    asaba-garei[魚]アサバガレイ:
    /dusky sole: n.[魚]アサバガレイ、アサバ.
    /rock flatfish: n.[魚]アサバガレイ、ブタガレイ.

    asachoku[海]朝直(あさちょく): → morning watch: n.[海]朝の当直、朝直[午前4時から午前8時まで] [参照]watch.

    asado-suzumedai[魚]アサドスズメダイ: scalycheek damselfish.

    asaduna麻綱(あさづな): hemp rope [麻類を原料とする各種鋼索類の総称; rope and cordage of hard and bast fiber]; Manila rope [参考]bast: n.靱皮(じんぴ)繊維[植物体の茎の周辺部から採取される繊維](=bast fiber).

    asagao-gai[貝]朝顔貝(あさがおがい):

      /janthina: n.[貝]アサガオガイ属(J~)の各種の貝.
      /Janthinidae: n.アサガオガイ科.
      /morning glory shell: n.[貝]アサガオガイ.
      /violet snail; violet shell; violet sea snail; janthina; ianthina: n.[貝]アサガオガイ、朝顔貝.

    asahi-ana-haze[魚]アサヒアナハゼ: sunrise sculpin.

    asahi-gani[動]アサヒガニ(旭蟹):
    /frog crab; red frog crab; spanner crab; [学名]Ranina ranina: n.[動]アサヒガニ(旭蟹).
    /Raninidae: n.[学名]アサヒガニ科.
    /spanner crab: n.[動]アサヒガニ.

    asahi-ginpo[魚]アサヒギンポ: klip-fish.
    /weedfish: n.[魚]アサヒギンポ.

    asahi-kinutare-gaiアサヒキヌタレガイ: sunray awning clam.

    asaito麻糸(あさいと):
    /twine: n.撚り糸(よりいと)、トワイン[網地を構成する糸]; [特に]麻糸(あさいと)、麻ひも [包装・網の製造などに用いる]; 撚ること、 撚り; からみ、巻きつき.

    asaji-gaiアサジガイ: semele.

    asakunaru[海底が]浅くなる: to fill up.

    asakusa-nori浅草海苔(あさくさのり)、アサクサノリ: [日本語][Asakusa] nori[乾海苔], Asakusa larver; [日本語]amanori; laver; purple laver; Porphyra tenera [参考] laver: n.食用のり.
    /purple laver: n.アサクサノリ(→ Porphyra).

    asa-mazume[気]朝まずめ: immediately after sunrise; immediately after the sunrise.
    [参考]朝まずめ: 早朝の日の出前後のうす明るい状態の時をいう。[釣]魚釣りでは、この時間帯には魚の喰(く)いがよいとされる.
    /immediately before sun-set: n.夕まずめ.



    A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z
    このページのトップに戻る/Back to the top of this page



    asanagi朝凪(あさなぎ): morning calm [参考]朝、海辺で陸風と海風とが入れ替わる時、風波が一時的に止むこと  [対語]夕凪(ゆうなぎ).

    asari[貝]アサリ、浅蜊(あさり): short-necked clam.

      /baby clam: n.[貝]アサリ.
      /Japanese littleneck(babyneck) clam; Manila clam; Ruditapes philippinarum: n.[貝]アサリ.
      /little clam, short-necked clam: [貝]アサリ、浅蜊(あさり).
      /littlenecks: アサリ類 [軟体動物門・二枚貝綱・マルスダレガイ科に属する、ハマグリに似た小形の二枚貝; 浅海の砂中に棲む; 食用貝類](→ 蛤・はまぐり).
      /short-neck clam: n.ヒメアサリ.
      /shortneck clam: n.ヨーロッパアサリ/grooved carpet-shell: n.[貝]ヨーロッパアサリ.

    asase浅瀬(あさせ):
    [注釈]川などの「浅瀬」「深場」「淵」の英語訳を調べています; 後刻掲載.

      /aground: adv., pred.adj.[形容詞としては叙述用法]浅瀬に; [船が]陸(岸・浅瀬・砂洲・暗礁などに)に乗り上げて(揚げて) [いる]、座礁(坐礁・擱坐)して(stranded)[いる].
      /bank: n.[海中の]堆(たい)、バンク [海底の小隆起]、浅堆(せんたい); 州・洲(す)、砂洲、浅瀬(shoal, shallow) (cf. sandbank); 堤防、土手、堤; [河川・湖などの]岸; (~s)川の両岸; [雲の]峰.
      ・ sand bank: 砂州(さす)(→ sandbank).
      /banking: 海の浅瀬(浅堆せんたい)での漁、[Newfoundland沖の]タラ漁.
      /ford: n.[川などの]浅瀬、[徒渉可能な; 川・湖などの歩いて渡ることが出来る]渡り場、渡場、vt.,vi.[川などの]浅瀬を渡る、 浅瀬を徒渉する.
      ・ to ford over: 浅瀬を乗り切る、浅瀬を歩いて渡る.

      /ground: [漁場としての]浅瀬、浅海; 底; 海底、水底; [商]停泊(入港)税(groundage)、vt.[海]坐礁させる、 vi.[海][船が]水底に触れる、触底する、坐礁する.
      ・ to take the ground: [船が]浅瀬(暗礁)に乗り上げる.
      /harbor bar: 港口の浅瀬.
      /patch: n.つぎ、つぎ当て、つぎ当て布、当て物; 流氷原; パッチ; 点々と存在する浅瀬.
      ・ patch of bank: 点堆(てんたい).
      ・ patch of reef: 点礁(てんしょう).
      ・ patch of shoal: 点洲(てんしゅう).
      /sandbank: 洲.
      /shallow: adj.浅い(opp. deep)、n.(通例~s)[単複両様扱い]浅瀬、州、洲(す)(shoal)、vt.…を浅くする、vi.浅くなる [参照]浅海.
      ・ The rescue team discovered a cargo ship stranded in the shallows.: 救助隊は浅瀬に乗り上げた貨物船を発見した.
      ・ to be aground; to be stranded(grounded) [in the shallows]: 浅瀬に乗り上げている.
      /shallow water: 浅瀬、浅海.
      ・ animals inhabiting shallow water[s]: 浅瀬に棲む動物たち.
      /shelf: n.(pl. shelves)棚(たな); 棚状のもの; [崖(がけ)などの]岩棚(ledge); 陸棚(りくだな)、大陸棚(continental shelf); 暗礁(reef)、砂州・砂洲(さす)、浅瀬(あさせ)、洲(す); [地質]棚状地層 [沖積土下の床岩]、岩床(がんしょう)、平層; [造船]梁受材(りょううけざい).
      /shoal: adj.[船の喫水の]浅い; 浅い.

      shoal: n.[海・川の]浅瀬、瀬、浅所(せんしょ)、浅堆(せんたい)、浅灘; 州・洲(す)[水面下わずかの深さに頂面をもつ、 砂よりなる浅瀬]、[引き潮の時に現れる]洲・砂州、砂洲(さす); [通例~s][比ゆ的] 隠れた危険・障害、落とし穴.
      [参考]浅瀬: 航海に支障の恐れがあり、周囲に比べて浅い場所(→ shallow).
      adj.(-er, -est)[船の喫水の]浅い; [船体が]排水量の少ない; [水が]浅い(shallow).
      vt.…を浅くする; [海][船]を浅瀬に入れる、[船]を水の浅い方に進ませる.
      vi.[水深が]浅くなる、浅瀬になる; 浅瀬に突っ込む、[海][船が水・海]の浅いところに入る(浅い方に進む).
      /deeps and shoals: 深海と浅瀬.
      /shoaliness: n.浅瀬が多いこと.
      /shoaling mechanism in the access(approach) channel to Babjarmasin Port: バンジャルマシン港へのアクセス航路の底が 浅くなるメカニズム.
      /shoaly: adj.(shoalier, shoaliest)浅瀬の多い(→ shoaliness).
      /shoal patch: 点在する浅瀬; 点灘、浅点灘.
      /shoal water: 浅所、浅水地; 浅水域(=shallow water).
      /to strike a shoal: 浅瀬に接触する.
      /to strike(or strand) on a shoal; to run(go) aground; to get stranded(grounded) [in the shallows]: 浅瀬に乗り上げる.

    asenkai亜浅海(あせんかい): → adj.亜浅海の: subneritic.

    aserina[魚]アセリナ:
    /ruff, fuffe: n.[魚]アセリナ [パーチ(perch)科の淡水魚; 欧州産](→ Acrina cernua)、スズキの類 [欧州産の淡水魚].

    ase-utsubo[魚]アセウツボ: painted moray, painted eel.

    ashi[動]:

      /-poda: n.pl.comb.form[動]「…の足を有する」の意味 [例: Cephalopoda 頭足類].
      /podium: n.(pl. ~s, podia)[動・解]足(foot); [植]葉柄(ようへい)(→ footstalk); 台、壇.
      /podoplea: n.後脚類(こうきゃくるい).
      /propodium: n.[動]前足.

    ashi[海]あし[綱の2つの結び目の間]: leg.

    ashi[網の]あし: leg.

    ashi[船の](あし):
    [参考](1)速力を意味する [例えば、「船脚が速い(遅い)」と表現される]; (2)喫水を指す[例えば、「脚が深い」(喫水が大きい ことの意味)と表現される。また「よい脚をしている」(適当な深さの喫水である意味)]; (3)船の船首尾喫水の差 [英語では トリムという][船尾の喫水が船首のそれよりも1メートル深かければ1メートルのトリム・バイ・ザ・スターンであるという。 日本語では「1メートルのとも脚」という] [参照]船脚.

    ashiあし:
    /leg: n.[海][船・帆船の]一間切りの航走(帆走)区間・距離、一航程; 直線航程の一区間、[標識で明示された]一航路区間; 一航海(ひとこうかい); [ある航程・工程・行程の]一区切り、一旅程; [海]あし [綱の二つの結び目の間]、股になっている索具類; 脚、あし [網目を構成している糸; 網目の結節部と次のそれとの間の網糸]; [船を上架する時にそれを支える]支柱;  三角形の底辺以外の辺; [人間・動物の]足、脚; 下肢(かし).

    ashi[練り製品などの]あし:
    /elasticity: n.[例えば蒲鉾などの練り製品の] あし、こし; 弾性、すわり.
    /elasticity test: n.弾性試験.
    /jelly strength: n.[練り製品の]あしの強さ.

    ashiba足場:

      /flake: n.魚干し棚、魚干しすのこ、魚干し架; [食料品などを蓄える]貯蔵棚; [海][ペンキ塗りなどの作業の ために吊す]舷側足場、船側(せんそく)足場[板]、外舷塗装用足場板.
      /horse: n.ホース、ヤードに沿って張った足場用のロープ [船乗りはこのロープを足場にしてヤードに帆を畳(たた)んだり、 ヤードから帆を広げたりして、展帆・縮帆作業をする].
      /scaffold: n.[建築現場などで用いられる]足場; 吊り足場; 処刑台、絞首台.
      ・ flying scaffold: n.吊り足場.
      /scaffolding: n.足場(scaffolds)、足場板(stage board); 骨組み、骨格.

    ashibaduna足場綱(あしばづな): footrope.

      /foot: n.[海]横帆の下辺; フット; 足場綱; [海]帆裾、[帆の]裾(すそ); [動]足; 足部 [軟体動物の触脚]; 基底部(base)、 vi.[船が]進む、走る; ステップを踏む.
      /footrope, foot rope: n.[海][帆・漁網などの]下べりなわ、下べり索 [帆の下縁に取り付けてある細索]; 足場綱、 フットロープ [帆船において、帆を畳む時などに作業員の作業の足場用として用いられる、ヤード後下部やバウスプリット下部に 取り付けてあるロープ; ヤード上の作業の足場用ロープ]; 渡り綱、足場綱; [縄梯子(なわばしご)の] 横綱; 沈子綱(ちんしづな) (cf. float line 浮子綱(あばづな))(→ sinker line); 添え綱.

    ashiboso-genge[魚]アシボソゲンゲ: shortfin eelpout.


     画像: 南米チチカカ湖の葦舟
     (あしぶね)(z141.gif)
     [東京・船の科学館]
    ashibune葦船葦舟(あしぶね): reed boat; papyrus boat [参考]葦の葉柄や井草を束ねて造った船; アマゾン川、 ラプラタ川、ナイル川中・上流域、チグリス川、南米チチカカ湖、ビクトリア湖などで使用されている; 古代エジプト、アンデス文明 にもその痕跡がみられる][画像参照: 南米チチカカ湖の葦舟].

    ashigai[貝]アシガイ: sunguin shell.

    ashihire[潜水用]足ひれ:
    /swim fin: n.[潜水用、スキンダイビング用の]足ひれ、ひれ、フィン(flipper).

    ashika[動]アシカ、海驢(あしか):
    [画像(z22284.jpg): オタリアとカリフォルニアアシカ: South American sea lion & California sea lion/サンシャイン水族館].
    [参考]アシカやアザラシなどのように、四肢が鰭(ひれ)状に進化したものを鰭脚類(ききゃくるい・ひれあしるい)という; アシカの仲間は14種類ある;  カリフォルニアアシカは北米大陸西岸に、オタリアは南米大陸沿岸に生息する; アシカの英名は「sea lion」; 繁殖期には雄1頭の周り にメス数10頭が集まりハーレムを形成する.

      /California sea lion: n.[動]カリフォルニア・アシカ [鰭脚目アシカ科; カリフォルニア沿岸に棲息する] [学名]Zalophus californianus.
      /eared seal: n.[動]発達した耳介(earflap, pinna)をもつアシカ科の海獣 [オットセイ、アシカ、トドなど] (→ Otariipae).
      /hair seal; sea lion: [動]アシカ、海驢(あしか).
      /otarioid: n.[動]アシカ科の動物、adj.アシカ科の.
      /sea dog: n.老練な船乗り(experienced sailor)(船長・海将)、[特に、英国エリザベス朝の]海賊(pirate); [動]アザラシ(seal)、 ゴマフアザラシ(harbor seal); アシカ、[北米カリフォルニア州沿岸の] 小アシカ(small sea lion); [魚]サメ(dogfish) [ツノザメ科・メジロザメ科・トラザメ科の各種のサメ]; [嵐を予告する]水平線上の明かり.
      /sea lion: n.[動]アシカ、大型のアシカの類、[特に]トド [学名: Eumetopias jubata]、トドアシカ、カリフォルニアアシカ.
      ・ Californian sea lion: [動]カリフォルニア・アシカ [鰭脚目アシカ科](学名: Zalophus californianus).
      ・ a pod of sea lions: [動]大型のアシカ、[特に]トドの群れ.
      Zalophus californianus: [動]アシカ.

    ashika-azarashi[動]アシカアザラシ:
    /hair seal: n.[動]アシカアザラシ(earless seal)[の類] [粗毛のみをもち、柔毛をもたない; 柔毛をもつオットセイ (fur seal)とは区別される]; それらの毛皮・製品.

    ashikake足掛け:
    /footstep: n.踏み台、足掛け.
    /stretcher: n.[ボートの]足掛け [ボートを漕ぐ時、踏ん張るために足を掛ける板].

    ashikase足かせ: → bilbo: n(pl. -boes)[通例~es]鉄製足かせ [昔、船中で囚人などをつなぐのに用いられた].

    ashikogi-bo-to足漕ぎボート(あしこぎぼーと): pedal boat; pedalo (pl. -s, -es).

    ashinaga-genge[魚]アシナガゲンゲ: longlimb eelpout.

    ashini[海]足荷(あしに)、脚荷(あしに): ballast.

      ballast: n.[海]バラスト、バラス、底荷(そこに)、脚荷(あしに)、足荷 [船が空荷の時あるいは積み荷が少ない時に、 船脚(船の喫水)を増すために、あるいは復原性(stability)を増すために(船の安定のため)、船底に積む(取りおく)重量物;  通常では水・砂利・屑金などが使用される]; [例えば、ヨットのキールに取り付けられた転覆防止用の]バラスト(重り); [軽気球などの浮力調整用]砂袋; [鉄道・道路などの]敷き砂利、バラス [西語](s.) lastre.
      vt.[船・気球など]にバラストを積む(入れる)、…に底荷を積む、安定させる [西語] hacer lastre, lastrar.
      [参考]バラスト、底荷: 積荷の少ない時、あるいは空荷の時、船を安定させるために船底に積む砂利・水など.
      /ballast cargo: バラスト用貨物、脚荷、底荷用の貨物 [底荷として積み込まれ、運賃も安くなる].
      /ballast condition: バラスト状態.
      /ballasting: 底荷材料、バラスティング; バラストを積み入れて船の喫水を調整すること.
      /ballast line: バラスト・ライン [バラスト・脚荷を積んだ時の喫水線].
      /ballast pump: 脚荷(足荷)ポンプ、バラスト・ポンプ [バラスト用の海水をバラスト・タンクへ送り込んだり、逆に排出するための ポンプ].
      /ballast suction pipe: バラスト吸い込み管.
      /ballast tank: バラスト・タンク、船脚(足荷)水槽[底荷用の二重船底槽] [西語] tanque de agua de lastre.
      /ballast water: 水バラスト(water ballast) [西語] agua de lastre.
      /ballast [water] tank: [海]バラスト・タンク [潜水艦などの水バラスト専用タンク]、足荷(脚荷)水槽.
      /in ballast: [船が]底荷だけで、底荷だけ積んで、脚荷[状態]で、空荷(からに)で、空船で、荷を積まずに [西語] en lastre.
      /solid ballast: n.固定バラスト.
      /water ballast: [西語] lastre de agua; lastre de líquido.
      /to ballast a ship: 船に底荷を積む.
      /to take in ballast: [西語] lastrar.

    ashinkai亜深海(あしんかい): → hemibathyal: adj.亜深海の.

    ashiroアシロ: cusk-eel.

    ashishirohaze[魚]アシシロハゼ: → white-ventral goby: n.[魚]アシシロハゼ、ツシマハゼ、ユリグズ.

    ashu[生物分類]亜種(あしゅ): subspecies/suborder: [生物分類]亜目(あもく).

    asobi-duna[オッター・ボードなどの]遊び綱:
    /fly rope: n.遊綱、遊索、遊び綱(あそびづな) [オッター・トロール網の引綱と手綱とを連結する綱].
    /joining rope, joining wire: n.遊び綱.

    asobi-guruma遊び車: → idle pulley: n.遊び車(idler).

    assaitai圧砕帯(あっさいたい): → 破砕帯(はさいたい).

    asudhikkuアスディック: ASDIC [水中にある潜水艦に対する位置や距離を測定するための水中音響解析装置] [参照]ソナー(SONAR).

    asukorubin-sanアスコリビン酸: ascorbic acid.

    asupekutoアスペクト: aspect [観測者から対象船を見たときの対象船の姿勢; 通常視線と対象船舶首方向のなす 角度で対象船を基準として表わすが、対象船の船幅に対する見掛けの水平長さとの比で表わすこともある].

    asupekuto-reishioアスペクト・レイシオ、アスペクト比、縦横比: aspect ratio [セール、キール、ラダーなどの 形状を示すのに用いる].

    asuta-[軍]アスロック: ASROC [対潜ロケット; antisubmarine rocketの略].

    asuta-[軍]アスター: ASTOR [対潜魚雷; antisubmarine torpedoの略].

    asuta-nアスターン: astern [方向を示す用語として用いられる場合は、船の「後方、後方に」、「真後ろ、真後ろに」の 意味で、操船用語として用いられる場合は、「後進、後進に」の意味で、後方へ進むこと(opp. ahead)である].

    asuteoアステオ: フランス海洋開発科学技術協会の略称.

    asutorora-beアストロラーベ:

      /astrolabe: n.アストロラーベ、アストロラーブ、アストロレーブ [英語の発音ではアストラレイブ] [参考]古代の天文学・航海上の天体観測のための器械。古代の天体高度観測儀。恒星が定まった高度に達する瞬間を観測する ことによって経度・緯度を測定するための小型天文器械; あるいは、中世から近代にかけて、陸上および海上で用いられた高度(仰角・ぎょうかく) を観測するための器具; 語源はギリシア語.
      [参照] sextant.
      [英語] astrolabe: An instrument used to map the stars.

    atama:

      /cephalic: adj.頭の、頭部の; 頭部にある.
      /cephalic eye: 頭眼 [軟体動物の頭部にある目].
      /cephalic fin: [魚]頭鰭(あたまびれ) [トビエイ・イトマキエイなどの頭の前端にある鰭。胸鰭から分離したもの].
      /cephalic tentacle: n.頭触角.
      /cephalous: adj.頭[部]のある.
      /jowl: n.魚の頭部[料理用]、魚の頭の部分; 喉の肉のたるみ.

    atamabire[魚]頭鰭(あたまびれ): cephalic fin [参考]トビエイ・イトマキエイなどの頭の前端にある鰭。 胸鰭から分離したもの.

    atari[漁・釣]当たりアタリ魚信(あたり): strike [参考]魚が釣り餌に食いつき釣り竿に反応がでること; 釣りで魚が糸を引くこと; 魚が針に付いた餌を食わえた瞬間の状態。また、その状態が浮きや竿などに動きとなって表われること →  [釣]「ヒット(hit)」とは釣りで魚の口に針が掛かること.
    [文例]重りの着底・離底を繰り返して(重りを底へ着けたり離したりして)アタリを待つ.

        /hit: vt.[魚が餌]に食いつく、vi.[魚が]餌に食いつく.
        /hit: n.[漁・釣]合わせ、あわせ [釣漁の場合に、魚介類が餌を食いこんだ頃合を見計らって、タイミングよく糸を引いて、 針を魚にかける動作をいう] [参考][漁・釣]strike: 当たり(→ 魚信).
        /hit, strike: [漁・釣]魚信(ぎょしん) [当たりともいう。釣りの場合、魚が餌に触れたり、食いついたりした時の、 浮き・竿・糸などに起こる変化、手応え].
        /a nibble; a bite: [漁・釣]魚信(→ あたり).
        /[漁・釣] a strike, a hit: 魚信 [当たりともいう。釣りの場合、魚が餌に触れたり、食いついたりした時の、浮き・竿・糸 などに起こる変化、手応え](→ nibble).
        /snap: n.食いつくこと、咬みつくこと、vi.[例えば、魚・犬などが][ぱくりと]食いつく、咬みつく、かみ取る; 飛びつく [at …]、vt.…に咬みつく、…を咬む、かみ取る[… up, off].
        ・ The fish snapped up a live bait.: その魚は生き餌(え)に食いついた.
        /strike: [漁・釣]当たり、あたり、アタリ [魚が針に付いた餌を食わえた瞬間の状態](→ 魚信).
        [参考]当たり: 釣りで魚が糸を引くこと; 魚が針に付いた餌に食いついた瞬間の状態。また、その状態が竿やウキなどに動き・ 反応となって表われること; ウキ釣りの場合は、仕掛けのウキに表れる [注]あたり: 魚信(あたり)と書く.
        /striking: n.[釣りでの]魚のあたり.
        /striking angling: n.脈釣り(みゃくづり)(striking fishing) [浮子によらずに手の感覚や竿先の動きで魚のあたり (striking)を知る釣魚法].
        /あたりとあわせ: ?.

      atariduno当たりヅノ: [参考]スルメイカ、ヤリイカ釣りで使うイカヅノで、最も多くイカが釣れたツノのこと.

      ategi[海]当て木:

        /batten: n.[海]帆桁; [海]当て木(あてぎ)、バッテン; [防水戸などに張る補強用の]当て木、小角材; 小割り[板][床に 張るもの]、床張り板; 造船用たわみ定規.
        vt.[海][ハッチなど]に当て木を打ち付ける; …に小割り板を張る、桟(さん)を取り付ける; [一般に]難局などに備える.
        vi.[小割り板を張って]安全対策を打つ.
        /batten bar: 倉口蓋(がい)止め、バッテン・バー、綱平板のおさえ[艙口覆い(ターポリン tarpaulin)は、ハッチコーミング(hatch coaming)の縁沿いで このバッテン・バーという綱平板の押さえによって押さえつけられ、水密性を保持している].
        /hatch batten: ハッチ・バッテン.
        /sister: n.女のきょうだい、姉、妹; 姉妹艦(船など)、vt.[海]当て木をして補強する.
        /to batten down: 船倉口を当て木で止める→ to batten down the hatches: [暴風雨・火災などの時にその船の] 艙口(ハッチ) を当て木(バッテン)で閉(とざ)す・密閉する.

      atekaji当て舵: 舵を少し取ってすぐに戻すこと.

        /carrying helm, carrying rudder: 当て舵.
        /check helm: 当て舵(meeting rudder) [目標針路をこえて回頭しそうなときに、それを防ぐための操舵].
        /check rudder: 当て舵(check helm).
        /Meet her!: [操舵号令]当て舵![舵を少し取ってすぐに戻すという操舵法].
        /meeting rudder: n.[米国]当て舵(meet ship)(=checking rudder, checking helm, check helm, carrying rudder).
        /rudder deflection: 当て舵.
        /to meet the ship: [船の針路を]当て舵で修正する.



      A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z
      このページのトップに戻る/Back to the top of this page



      atemono当て物: [参照]当てむしろ、当て布.
      /puddening: n.[英国][口語・方言][海] pudding.
      /pudding: n.[海]プディング(→ puddening: [英国][口語・方言][海]pudding).
      [参考]プディング: (1)防舷物として用いられるロープと帆布でできた紡錘状の当て物; (2)防腐用として金属環に巻いたもの.

      atemushiro[海]当てむしろ:

        /mat: n.マット、むしろ、ござ; [海][索具の磨耗防止用]当てむしろ、詰め物; [空母などの]甲板、デッキ.
        /matting: n.[海]当てむしろ; [集合的]マット・畳(たたみ)・むしろの類.
        /paunch: n.[海]当てむしろ; [海]擦(す)れ止め(=rubbing paunch)[摩擦を防ぐためマストにつける保護材].
        /paunch mat: n.すれ当てむしろ.

      atenuno[帆の]当て布:
      /lining: n.[綱などの]裏付け、裏張り、内張り、裏打ち、裏をつけること、羽目; 裏、裏地; [海][帆の]当て布.
      ・ top lining: トップ・ライニング [マスト・索具類のとの摩擦を防ぐための、トップスル(topsail)の中央下部の当て布].
      /ice lining: [船首の水線付近の外板(がいばん)に外張りした]対氷(対水)保護外板、対氷保護二重張り.

      ato[船などの](あと): wake [参照]航跡.
      /rib: n.[造船][船の]肋材(ろくざい)、肋骨(ろっこつ)(pl. ribs→ frames); [魚籠(びく)の]縁輪; [砂上に残った]波の跡; [解]肋骨、あばら骨、vt.(ribbed, ribbing)…に肋材(肋骨)を取り付ける、…を肋材で補強する.

      atohama後浜(あとはま): → back beach: n.後浜(→ backshore).

      atohiki-tenjiku-dai[魚]アトヒキテンジクダイ: cross banded cardinalfish.

      atohiki-tenjiku-dai-damashi[魚]アトヒキテンジクダイダマシ: redbarred cardinal.

      atomodori[ロープ・索などの]後戻り:
      /surge: n.大波、うねり、うねり波; 波打つ海; [海]高潮; わき立ち波 [起潮力によらない、いわゆる潮波のこと]; [海][車地などの] ロープが滑る窪み; ロープのゆるみ; [引き込み中の綱・索の]後戻り、[綱が]急に緩むこと.
      vi.(surged, surging)[海など]波打つ、波立つ、波動する; [船など]揺らぐ、波にもまれる、波のまにまに漂う; 波のように押し寄せる・ 動く・揺らぐ; [海][ロープ・錨鎖(びょうさ)などが]急に緩(ゆる)む、後戻りする; ロープ(ケーブル)をゆるめる.
      vt.波立たせる、…をうねらせる; [海][ロープを]ゆるめる緩(ゆる)ませる.

      atoranthisuアトランティス:
      /Atlantis: n.アトランティス、アトランティス島 [プラトン(Plato; 427-347 B.C.)が唱えた大西洋上の理想郷; ジブラルタル 海峡の西方にあったが、海中に没したとされる島].

      atsuita厚板(あついた): [材木の厚板]plank; [金属・ガラスの厚板]plate.
      /plank: n.[海]厚板 [通例厚さ2~6インチ、幅9インチ以上]; 板[板でも、木製の板を指す]、板材 [西語] tablón、 vt.…に板を張る.
      /sheer plank: n.舷側厚板.
      /sheer strake: n.舷側厚板[舷側の最上部の側外板]、舷側条板、シア・ストレーキ.

      atsukuchi-suzumedai[魚]アツクチスズメダイ: big-lip damselfish.
      /large-lipped puller: n.[魚]アツクチスズメダイ.

      atsuryoku圧力: pressure.

        /isallobar: 圧力等変化線(とうへんかせん).
        /pressure coefficient: [被圧温度計の]圧力係数.
        /pressure gauge: 圧力計.
        /pressure gradient: 圧力傾度(けいど).
        /圧力勾配: → 圧力傾度.

      atsuryuu圧流: [文例]風下に圧流される.
      /drive: v.(drove, driven)vt.[風が]…を吹きやる、[水が]押し流す; 風下に圧流される; [牛・馬など]を追う、 追い立てる、駆り立てる; [釘など]を打ち込む; [網などへ]追い込む; [蒸気などが]…を動かす、推進する.

      atsutsuki-gaiアツツキガイ: silvery lucine.

      auke-niputerusu-kaアウケーニプテルス科: [注釈: 目下、日本語名などを調べています].

      aurikuraria-yousei[ナマコ類の]アウリクラリア幼生: Auricularia larva [of sea cucumber].

      auta-jibuアウタージブ:
      /outer jib: n.[海]アウタージブ、外ジブ [参考]船首三角帆の一つで、inner jibの前、flying jibの後ろに張る.

      autobo-do-mo-ta-[ボートの]アウトボード・モータ-:
      /outboard motor: n.[ボートの]アウトボード・モータ-、船外モーター、船外機: [推進機・舵柄付きの携帯可能なモーター].

      autoho-ru[海]アウトホール、出し索(さく): outhaul [ロープで外側へ引くこと](opp. inhaul).

      auto-rada-アウト・ラダー: out rudder [船尾外側に付いた舵].

      auto-riga-アウトリガー: outrigger.

        [参考]アウトリガー: (1)舷外浮材、即ち舷外に腕木で支えられた浮木(うき)をもつカヌーのこと、またはその舷外浮材; 南太平洋やインド洋の原住民などが使用してきたカヌーに見られる; 例えば、丸木舟の片舷または両舷から木のフロート (舷外浮材)を張り出して、船体を安定化させ、航行しやすくした舟; (2)オールの扱いを容易にし、漕ぎ方を効率化するための、 ガレー船の舷側からの張り出し; 因みに、漕ぎ手はその先端にあるトールピン (櫂栓・オール受けのこと; thole pin) を支点にして漕手席からオールを漕ぐ; トライリームでは、3段目の最上段に位置する漕手にトールピンのセットが 与えられる (parexeiresiaと呼ばれる)](→ アポティス apostis).

        /outreach: n.アウトリーチ; 張出し量; デリックの舷外への張出しの長さ.
        /outrigged: adj.張出し部のある、アウトリガー(outrigger)のついた.
        /outrigger: n.[海]アウトリガー、舷外(げんがい)浮材(ふざい)、舷外張り出し材 [カヌーの舷外に出した安定用浮材]; 舷外浮材の付いたカヌー; 突き出し梁(はり); [マストの]突き縁; 張出し横木; 突き出た梁や桁; [舷外の]クラッチ受け [ボートの舷側の腕木形鉄棒; 例えば競漕用ボートの舷外に張り出した鋼鉄製の腕木]; クラッチ受けのあるボート.
        /outriggered: adj.張り出し部のある、outriggerのついた、舷外(げんがい)浮材(ふざい)・舷外張り出し材を取り付けた
        /single outrigger: n.シングルアウトリガー [片舷外に突出した腕木に取付けられた浮材、またはこの種のカヌー].
        /sponson: n.[海][外車汽船の外車などを取り付けるための]張り出し[部]、舷側張り出し[部]; [軍艦・戦車などの] 張り出し砲門、側面砲塔、[砲座を取り付けるための]舷側張り出し部; [カヌーの舷側の]うき; ハイドロ艇(hydroplane)の船体の 両側にあるうき、[水上飛行機の水上での安定を保つための]舷側張り出し.

      awa(あわ):

        /bubble: n.泡、泡沫(ほうまつ); [氷などの]気泡.
        [参考](1)bubble: 一粒の気泡(きほう)、(2)foam: 小さなbubbleが多数集まって白くなったもの、(3)froth: foamと同義 であるが、たわいなさ・無価値を暗示する語 [例えば、ビールの泡: the froth of beer]、(4)spume: 泡立った水面のfoam, froth.
        /bubble nest: n.[ある種の魚が作る]泡 [その中に産卵する].
        /foam: n.泡.
        /foamed plastics: n.気泡プラスティックス[浮子などに利用される].
        /foam line: 泡立ち線(あわだちせん).
        /foamy: adj.(foamier, foamiest)泡立った、泡立っている(→ spumy)→ a foamy surf: n.泡立つ寄せ波.
        /sea foam, sea-foam: n.海[上]の泡(あわ); [鉱]海泡石(かいほうせき)(meerschaum) [参考] meerschaum: n.海泡石(かいほうせき); 海泡石製のパイプ、メアシャムパイプ [ギリシア語でmeerはsea、schaumはfoamを意味する].
        /sea spume: 海の泡.
        /soup: n.スープ; [サーフィン]波が砕けた白い泡.

      awabi[貝]アワビ、鮑(あわび):

        /abalone: n.[貝]アワビ、アワビの一種(→ ear shell)、トコブシ(常節) [参考][貝]ミミガイ: ear shell(snail).
        /abalone cage: アワビかご.
        /abalone hook: アワビかぎ.
        /abalones, ear-shells; sea-ears: アワビ類 [軟体動物門・腹足綱・ミミガイ科に属する岩礁性の巻貝].
        /abalone scraper: [アワビの身を掻き出す(削り落とす、掻き落とす)]アワビおこし、磯金.
        /abalone shells: アワビ属の貝.
        awabi, abalone, ear-shell, ear shell, abalone shell, sea-ear: [貝]アワビ、鮑(あわび) [アワビ属の類].
        /boiled-dried abalone: 明鮑.
        /common abalone [shell]: n.アワビ.
        /dried sea-ear, dried abalone: 干しアワビ.
        /ear shell, ear-shell: n.[貝]アワビ(abalone)、ミミガイ、トコブシ/ear shells: n.pl.ミミガイ科.
        /ear snail: n.[貝]アワビ(abalone).
        /ormer: n.[貝]アワビ(abalone).
        /sea-ear, sea ear: n.[動]アワビ(=abalone)、鮑 [参考]ミミガイ科の大形巻貝の総称、片貝(貝殻が一つ)である.

      awabune[貝]泡舟(あわぶね): slipper shell; Bostrycapulus gravispinosa.
      /slipper shell: n.アワブネ、アワブネ貝.
      /slipper shells: n.pl.カリバガサガイ科.

      awadachi-sen泡立ち線(あわだちせん): foam line.

      awase[漁・釣]合わせ: [参照]合わせる.

        [参考]アワセ: [釣]アタリの瞬間に(魚が餌をくわえた瞬間に)、釣り竿を上げるなどして、釣り針を魚の口にかける 動作のこと;「アワセる」「アワセを入れる」などという
        [参考]合(あ)わせる: 釣り(釣漁)で、魚介類が餌を食いこんだ頃合いを見計らって、タイミングよく糸を引いて、 針が魚にかかるようにする動作をいう。[用例]素早く竿先をあおってアワセる].
        /hit: vt.[魚が餌]に食いつく、vi.[魚が]餌に食いつく.
        /hit: n.[漁・釣]合わせ、あわせ [釣り(釣漁)において、魚介類が餌を食いこんだ頃合を見計らって、タイミングよく糸を引いて、 針を魚にかける動作をいう] [参考][漁・釣] strike: 当たり(→ 魚信).
        [参考1]アワセ: [釣]アタリの瞬間に(魚が餌をくわえた瞬間に)、釣り竿を上げるなどして、釣り針を魚の口にかける動作のこと; 「アワセる」「アワセを入れる」などという.
        [参考2]strike: n.[漁・釣]当たり(→ 魚信)/合(あ)わせる: [用例]素早く竿先をあおってアワセる.
        /hit, strike: [漁・釣]魚信(ぎょしん) [当たりともいう。釣りの場合、魚が餌に触れたり、食いついたりした時の、 浮き・竿・糸などに起こる変化、手応え].
        /a nibble; a bite: [漁・釣]魚信(→ あたり).
        /[漁・釣] a strike, a hit: 魚信 [当たりともいう。釣りの場合、魚が餌に触れたり、食いついたりした時の、浮き・竿・糸 などに起こる変化、手応え](→ nibble).

      awaseme合わせ目:
      /seam: n.縫い目、継ぎ目、綴じ目; [板・船板(ふないた)・外板などの]合わせ目、はぎ目、シーム; 割れ目、溝; [地質][2つの地層間の]薄層、薄い鉱脈層; [解剖: 頭蓋骨などの]縫合線(ほうごうせん)、縫合、vt.…を縫い合わせる.
      /seamless: adj.縫い目(継ぎ目)のない→ seamy: adj.(seamier, seamist).
      /to seam two pieces of canvas together: 2つの帆布を縫い合わせる.

      awaseru合わせる:
      /strike: vt.打つ、なぐる; [ボート][特定数]のピッチで漕ぐ; [釣][魚を]針に引っ掛ける、合わせる; [鯨]に銛(もり)を打ち込む(harpoon); [魚が][餌]に食いつく; [旗・帆・索具・テントなどを]おろす、引き払う; [海]船倉に <荷を>降ろす、vi.打つ、なぐる; [釣][魚が]餌に食いつく(to take the bait); [手足・オールで]水をかく; 衝突する(collide)、ぶつかる [against, on, upon]; [船が]座礁(坐礁)する [on a rock, against a rock].

      awaya-bera[魚]アワヤベラ: Awaya's rainbowfish: n.[魚]アワヤベラ.

      awayukigai[貝]アワユキガイ: Asiatic phaxa.

      ayaanahaze[魚]アヤアナハゼ: marbled blenny sculpin.

      ayaboraアヤボラ:
      /hairy triton: n.アヤボラ、カコボラ.
      /hairy triton, Monoplex echo (Kuroda et Habe): [貝]カコボラ [フジツガイ科の巻貝].
      /oregon triton shell: n.[貝]アヤボラ.

      ayahebi-ginpo[魚]アヤヘビギンポ: yellow marbled joey.

      aya-koshou-dai[魚]アヤコショウダイ: many-lined sweetlips.
      /yellowbanded sweetlips: n.[魚]アヤコショウダイ [画像(z22388.jpg)/しながわ水族館].

      ayame-dakara[貝]アヤメダカラ: porous cowry.

      ayame-ebisu[魚]アヤメエビス: red squirrel fish.

      ayame-kasago[魚]アヤメカサゴ: yellowbarred red rockfish.

      ayanishiki[植]アヤニシキ: Martensia denticulata [コノハノリ科の海藻].

      ayatobiuo[魚]アヤトビウオ: spotted flyingfish.

      ayatsuru操る(あやつる):
      /fist: vt.[海][帆・桁(けた)・オールなど]を操る(handle)、握る、つかむ; [げんこつで]…をなぐる、 n.握りこぶし、げんこつ.
      /the sailors working the sails: 帆を操る(操帆する)乗組員ら.

      ayousei亜洋性:
      /hemipelagic, hemi-pelagic: adj.亜洋性の.
      /hemipelagic sediment(deposits): 亜洋性堆積物(沈澱物)、半遠洋性堆積物.

      ayu[魚]アユ、鮎(あゆ):
      [文例]野生のアユが絶滅する、稚アユをダム湖に放流する、アユの遡上(そじょう)、試験場でアユの発眼卵を孵化させる、養殖した アユを川へ放流する、アユの友釣り[縄張りに入って来る他のアユを攻撃するという習性を生かしての釣り].

        ayu[日本語]; sweetfish; ayu sweetfish; n.[魚]アユ、鮎(あゆ)、香魚; [学名]Plecoglossus altivelis altivelis (Temminck & Schlegel, 1846)[画像(z22121.jpg)/京都水族館] [画像(z22238.jpg)/サンシャイン水族館].
        ・ ayu hook; hook for catching ayu: アユ掛け鉤.
        ・ fry of ayu, young of ayu; ayu fry(young); newly-hatched ayu: 鮎苗.
        ・ natural ayu; wild ayu[ayu not artificially bred]: 天然鮎.
        /kissing loach; [学名]Leptobotia curta: [魚]鮎もどき.
        /sweetfish, sweet fish, sweet smelt: n.[魚]アユ(ayu)、鮎(→ [学名]Plecoglossus altivelis)、香魚.
        /sweet coming down river: n.落ちアユ.
        /sweet smelt: n.[魚]アユ、鮎.

      ayumiita[海]歩み板:

        /gangboard: n.道板(みちいた)、歩み板、通り板(=gangplank)[船と岸壁・陸岸などとの間に渡す板で通路とするもの]; [海]船楼間の歩廊、 船首楼と船尾楼・後甲板間を連結する歩廊・狭い通路・板・道板.
        /gangplank: n.[海]通り板、渡り板、道板、歩み板、タラップ(=gangboard, gangway)、舷門板 [船から埠頭(ふとう)、 波止場、桟橋、陸岸、はしけなどに架け渡し連絡するための渡し板].
        /gangway; gangplank: [船と桟橋間の]歩み板、道板.
        /shore board, shore-board: 道板 [船と陸との渡り板].

      ayu-modoki[魚]アユモドキ(鮎もどき): kissing loach; Leptobotia curta.
      [参考]アユモドキ: 日本固有種のドジョウ科の淡水魚で体長15-20㎝ほど。姿や動きがアユに似ていることから名付けられた;  河川や水田に棲息し、かつては琵琶湖・淀川水系、岡山県などに広く分布していた;  「レッド・リスト」(正式名称: IUCN Red List of Threatened Species/国際自然保護連合(IUCN)が1986年から刊行している、 世界の絶滅のおそれがある野生生物種のリスト)の2015年版にて絶滅危惧種で最も深刻な「絶滅危惧1A類」に分類された.

      azahata[魚]アザハタ: tomato rock-cod.

      azami-kawahagi[魚]アザミカワハギ: broom filefish.
      /brush-sided leatherjacket: n.[魚]アザミカワハギ、センウマヅラ.

      azarashi[動]アラザシ(海豹)[アザラシ科の海獣]:

        /Phocidae: n.[動]アザラシ科.
        [文例]Five species of the family Phocidae (earless seals) are found in the Southern Ocean, including Ross seal, crabeater seal, leopard seal, southern elephant seal, and Weddel seal. These animals account for 60% of the world's earless seals in terms of population and 80% in terms of biomass. Crabeater seals are especially abundant, exceeding 7 million individuals. Antarctic fur seals are only member of the family Otariidae (eared seals) found in the Souther Ocean.
        /phocine: adj.[動]アザラシ(seal)の[ような].
        /pup: n.[動]アザラシ(オットセイ・鯨)の子(幼獣); 子犬(puppy); キツネ(オオカミ)の子.
        ・ harp seal pups: タテゴトアザラシの子 [参考]puppy: n.(pl. -pies)[オットセイなどの]子(pup); 子犬.
        /phocine: adj.[動]アザラシ(seal)の[ような] [参照] seal.
        /sea calf: n.[動]アザラシ、ゴマフアザラシ(harbor seal)(→ seal, sea leopard, sea cat, sea dog, harbor seal).
        /sea cat: n.[動]アザラシ(→ harbor seal); オットセイ(fur seal)(→ seal, sea leopard, sea cat, sea dog).

        seal: n.(pl. ~, ~s)[動]アザラシ(海豹)[アザラシ科の海獣]、アザラシ属; アシカ科・アザラシ科の動物の総称(cf. phocine: adj.アザラシ(seal)の [ような])、[一般に]ヒレアシ類の海獣 [アシカ・オットセイ・アザラシなど]; オットセイ(=fur seal); アザラシ・オットセイ (fur seal)の皮(革・かわ)・毛皮(sealskin)、その代用品、vi.アザラシ(オットセイ)狩りをする.
        /a fur seal: n.[動]オットセイ.
        /a harbor seal: n.[動][フイリ]アザラシ.
        /common seal, true seal: n.[魚]アザラシ [耳殻(じかく)のないアザラシ科の動物の総称; 耳殻のあるアシカ科と区別される].
        /Convention for the Conservation of Antarctic Seals: n.南極アザラシ保存条約.
        /crabeater seal: [動]カニクイアザラシ.
        /eared seal: n.[魚]オットセイ科の動物 [オットセイ・アシカなど].
        /earless seal: n.[動]アザラシ [アザラシ科の海獣の総称].
        /fur seal: [動]オットセイ.
        /hair seal: [動]アザラシ.
        /harbor seal: [動][ふ入り]アザラシ.
        /Hudson seal: 模造アザラシ皮.
        /leopard seal: [動]ヒョウアザラシ.
        /northern elephant seal: [動]キタゾウアザラシ.
        /ringed seal, spotted seal: [動]ワモンアザラシ→ ringed seal: n.環紋のあるアザラシ.
        /Ross seal: [動]ロスアザラシ.
        /sealer: n.[船]アザラシ(オットセイ)狩り猟師(猟船)、アザラシ(オットセイ)漁夫・狩猟者(師・船)、アザラシ漁船.
        /sealer boat: n.アザラシ漁船、アザラシの捕獲船(sealer).
        /sealery: n.アザラシ(オットセイ)の群集地(繁殖地・繁殖場); アザラシ(オットセイ)の漁場; アザラシ(オットセイ)漁業 (seal fishery) [参照] rookery, seal rookery.
        /seal fishery: n.アザラシ(オットセイ)漁業・狩り業(sealing); オットセイ(アザラシ)漁場・狩り場(→ sealery).
        /seal hunting: アザラシの漁.
        /sealing: n.オットセイ(アザラシ)漁業・狩り[業]、アザラシの漁(seal fishery).
        /seallike(adj.).
        /seal rookery; sealery: n.アザラシ(アシカ・オットセイ)の繁殖地・集団営巣地.
        /seals; sea cats; sea calfs: アザラシ類.
        /sealskin: n.シールスキン、オットセイ(アザラシ)の皮・毛皮; オットセイ(アザラシ)の毛皮で作った衣類・品物[オットセイ (アザラシ)毛皮製の婦人用の外套など].
        /sea trap: n.アザラシ捕獲用の落とし罠(わな).
        /southern elephant seal: [動]ミナミゾウアザラシ.
        /to go sealing: アザラシ(オットセイ)狩りに行く.
        /true seal: n.[動][アシカと区別して]アザラシ.
        /Weddell seal: [動]ウェッデルアザラシ.

        /sea dog: n.老練な船乗り(experienced sailor)(船長・海将)、[特に、英国エリザベス朝の]海賊(pirate); [動]アザラシ(seal)、 ゴマフアザラシ(harbor seal); アシカ、[北米カリフォルニア州沿岸の] 小アシカ(small sea lion); [魚]サメ(dogfish) [ツノザメ科・メジロザメ科・トラザメ科の各種のサメ]; [嵐を予告する]水平線上の明かり.
        /sea leopard: n.[動][南氷洋(南極海)産のアザラシ類の動物]ヒョウアザラシ(leopard seal); ウェッデルアザラシ[南氷洋産]; ゴマフアザラシ(harbor seal)[北米北部沿岸産].

      azofu-kaiアゾフ海: the Sea of Azov [黒海北東部にある内湾].

      azuki-hata[魚]アズキハタ: white-lined rock-cod, white-lined grouper[ハタ科].

      azuma-garei[魚]アズマガレイ: oriental tonguefish.

      azuma-hanadai[魚]アズマハナダイ: yellowfin red bass.


       アズマニシキガイ
       (z178.gif)
      azuma-nishikigai[貝]アズマニシキガイ: [画像参照: アズマニシキガイ].
      /akazara scallop: n.[貝]アズマニシキ、アカザラガイ.


    このページのトップに戻る/Back to the top of this page

海洋辞典
[ABC順]

英和和英

西和和西

仏和和仏

葡和和葡

海洋辞典
[分野別]