海洋辞典[ABC順]

英和/和英

西和和西

仏和和仏

葡和和葡

海洋辞典 [分野別]

Japanese-English Ocean Dictionary
和英海洋辞典

A
a~
ana~


検 索 表
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z


[experimental alphabetical order]
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M |
N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z


Back to: Top Page | 和英海洋辞典・凡例 | ご覧のページ


    abaあば: [参照]浮子.

    aba浮子(あば):
    /bowl: n.[流し網の]浮子・浮標、ニシン流し網などの小さい浮子(あば)(または浮標)の一束; [羅針儀の]羅盆(らぼん) (compass bowl); どんぶり、底の深い鉢・わん・盆・ボール・容器.
    /buckle cork: n.[流し網の両端につけられ、帯金で締められた大型の] 浮子(あば).
    /corkline strip plan: 浮子配置図.
    /float; floater; buoy(浮標): 浮子(あば)、ふし、うき[必要とされる形状や位置を保つために網漁具に用いられるうき].

    aba網端(あば):
    /net selvage, net selvedge: [網地の周辺; 網端は破れやすいために、縁網を取り付けて補強する].

    abachan[魚]アバチャン: barred snailfish.

    aba-dooshiduna浮子通し綱(あばどおしづな):
    /corkline: 浮子通し綱 [浮子綱が1本の場合は、浮子をこの綱に通して用いる;  2本の場合には浮子の中に1本を通し、他の1本をそれに添わせることになり、前者を浮子通し綱という].

    abaduna浮子綱(あばづな): → buoy line: n.浮子綱(あばづな)、浮標縄(ふひょうなわ)、ボンデン縄、うけ縄、たて縄.

    abakaアバカ: [参照]マニラ麻.
    /abaca: n.アバカ; 糸ばしょう; 糸ばしょうの繊維、マニラ糸ばしょう、マニラ麻の繊維、マニラ麻(Manila hemp)[主に フィリピン諸島を主産地とする].

    abakata浮子方(あばかた):
    /cork pursing; bunching: [巻き網類の]浮子方締括(ていかつ).
    /heading; guarding: 浮子下縁網(あばしたへりあみ).
    /headline becket: 浮子方取手索(とってさく).
    /head pendant: 浮子方短索(たんさく).
    /norsell; sling: 浮子方つり綱.
    /part of float line, corkside; top; top-back: 浮子方 [刺し網・旋網・定置網などの網漁具の浮子綱に近い部分].

    aban-aji[魚]アバンアジ: black-spotted swallow-tail.

    abari網針(あばり)(=あみばり):
    /netting needle, netting shuttle; bamboo netting-needle; seine needle: 網針(=あみばり)[網を手で編んだり、 縫い合わせたり、修理するために用いられる、針と糸巻きを兼ね合わせた道具; 通例竹製であるが、 プラスティック製や木製のものもある].

    abashita-heriami浮子下縁網(あばしたへりあみ): heading; guarding.

    abaduna浮子綱(あばづな):
    /float line, buoy line, head rope, head line, cork line: 浮子綱.
    /floatline: 浮子索.
    /headline[引き網などの浮子綱]; headrope; corkline[浮子添え綱]: 浮子綱.

    abi-muアビーム:
    /abeam: アビーム [船首尾線(船首中央と船尾中央とを結ぶ直線)に直角の方向をいう。船の船首尾線 に対して直角の側方。日本語では「正横(せいおう)」という][略:ab'm].

    abumi-duna[海]あぶみ綱:
    /stirrup: [海]あぶみ綱、鐙(あぶみ)綱; あぶみ、あぶみがね.

    abura(あぶら): (1)[アザラシの脂]speck; (2)[鯨の脂]blubber [参照]脂身(あぶらみ).

    aburabire脂鰭(あぶらびれ):
    /adipose fin: 脂鰭(あぶらびれ)、脂びれ [背鰭と尾鰭の間に出る鰭(ひれ)、サケ・マス・アユ・ワカサギ などにある; 背鰭と尾鰭との間にある小さな油肉の鰭、サケ科の魚にある].

    aburabouzu[魚]アブラボウズ、油坊主(あぶらぼうず): black cod [深海の岩礁上にすむアブラボウズ科の魚; 全長約1.3m].

    aburabukuro油袋(あぶらぶくろ): oil bag [荒天時、海面に油を流すための油を入れた布袋].

    aburaduke油漬け: preserving in oil/oiled can: 油漬け缶詰.

    aburagarei[魚]アブラガレイ:
    /arrow toothed halibut; arrow-toothed halibut: [魚]アブラガレイ.
    /arrow-toothed flounder, arrow-toothed halibut: [魚]アラスカアブラガレイ.

    aburami脂身(あぶらみ): the fat [of meat], fatty meat [参照]脂肪.

      /blubber: n.[動][鯨などの表皮の下の] 脂肪(speck)、脂肪層、鯨脂、脂肉、脂肪皮、脂身(あぶらみ); クラゲ(sea blubber).
      [英語] blubber: A thick layer of insulating fat under the skin of cetaceans and seals.
      /blubbery: adj.[鯨などが]脂肪の多い; 太っている(fat).
      /fatless: adj.脂の少ない.
      /fatty: adj.脂の乗った、脂肪質の.
      /flitch: n.[四角に切った] 鯨のあぶらみ [鯨の脂肪の多い部分の肉]; ヒラメの薄切り[薫製用].
      /lean: adj.脂肪の[ほんどんど]ない、脂身のない、n.脂肪のない肉、赤身肉(cf. fat) → 赤身肉: lean meat.
      /oily: adj.[例えば、魚が]脂の乗った(cf. fatty, fatless)→ oily fish: 脂の乗った魚.
      /speck: n.脂身; [オットセイ・鯨などの]脂肪.

    aburanagi油凪(あぶらなぎ): dead calm.

    abura-no-notta[例えば、魚が]脂の乗った: (adj.)oily (cf. fatty, fatless) [参照]脂身(あぶらみ).
    /oily fish: 脂の乗った魚.

    abura-tsunozame[魚]アブラツノザメ:
    /northern dogfish: [魚]アブラツノザメ.
    /spiny dogfish: [魚]ツノザメ、[特に]アブラツノザメ.

    aburayakesuru油焼けする: [参考]肉・皮などが酸化して鮮度が落ちること.
    /rancidity: n.油焼け(あぶらやけ)、腐臭.

    a-chiアーチ:
    /arch: n.[船尾骨材の]アーチ; 推進器孔頂部; アーチ状、弓形.
    /bridge piece: [船尾骨材の]アーチ.

    a-chigumoアーチ雲: → arcus: n.アーチ雲 [アーチ型をした雲].

    a-chi-masutoアーチ・マスト:
    /arch mast: n.アーチ・マスト [ある種の大型貨物船などでは、普通の1本マストではなく、アーチ型のデリック・ポスト (derrick post)を設備しているのがある].

    a-choukantai亜潮間帯: subtidal zone.
    /sublittoral: n.亜潮間帯、adj.[生態]岸辺近くの水中にある、低潮線から大陸棚の間の、亜沿岸(潮間)[帯]の.


    アデリーペンギン Adélie penguin (z127.gif)
    aderi-pengin[鳥]アデリーペンギン: Adélie, Adélie penguin; Pygoscelis adeliae [画像参照: Adélie penguin /東京「船の科学館」・南極観測船"宗谷"内に展示].

    adoami網戸網(あどあみ): → ado-ami: n.網戸網[鳥取地方特有の漁具。形状は大敷網に似る。主にサヨリ・ イカ・トビウオなどを獲る].

    adobaisu-bo-toアドバイス・ボート: advice-boat [帆走艦時代に使用された小型快速艇; 洋上にある各艦へ 情報や命令を伝達するためのもの; 特定の船型や艤装はない].

    adomiraruアドミラル:
    /admiral: n.アドミラル、提督、海軍大将、海軍将官; 船隊長.
    /admiral anchor: [英国]海軍型錨、アドミラル式錨、普通錨(→ stockless anchor).

    adomiraruthiアドミラルティ: admiralty.
    /admiral anchor: [英国]海軍型錨、アドミラル式錨.
    /admiralty anchor: n.アドミラルティ型錨、アドミラルティ・アンカー、普通錨、普通型錨(=common anchor)、 コモン・アンカー(common anchor)、十字錨、有銲錨(ゆうかんびょう).
    /admiralty coefficient, admiralty constan: アドミラルティ係数 [新造船の所要馬力を概算するために用いられる係数].

    adoria-kaiアドリア海: the Adriatic Sea.

    a-engan亜沿岸:
    /infralittoral; sublittoraladj: adj.亜沿岸の.
    /sublittoral: adj.亜沿岸(潮間)[帯]の、低潮線から大陸棚の間の、[生態]岸辺近くの水中にある、n.亜潮間帯.
    /subtidal zone: 亜潮間帯.

    afuramakkusuアフラマックス: [参考]例えば、アフラマックス型タンカーにいう「AFRA《とは Average Freight Rate Assessmentの略; 1954年からロンドン・タンカー・ブローカーが作成しているタンカーの運賃指数で、 船のサイズ別に6船型の運賃が示される.

    afurika-ottosei[動]アフリカオットセイ: Cape fur seal.

    afuta-dekkiアフター・デッキ[後部甲板]: after deck [参照]甲板(こうはん、かんぱん).

    afuta-ga-doアフターガード:
    /afterguard, after-guard: n.[海俗]ヨット所有者と乗客たち; アフターガード [後部甲板(後甲板)で後檣帆を 受け持つ(操縦する)甲板員].
    /after guard: 未熟練水夫.

    afuta-gaiアフター・ガイ: after guy [スピンネーカーのタックを後方へ引くロープ].

    afuta-kyabinアフター・キャビン[後部船室]: after cabin.

    afuta-mizunアフターミズン: after-mizzen [後檣が2本装備する場合、船尾に近い方のマストをいう].

    afutanu-n-uoocchiアフタヌーン・ウォッチ: afternoon watch [0~4時の当直(ウォッチ)] [参照]当直.

    afuta-pi-ku[海]アフターピーク:
    /afterpeak: [海]アフターピーク、船尾倉; 船尾水槽.
    /after-peak tank: アフターピークタンク [船尾隔壁の後部にあるタンク].

    afuta-ri-chi[帆船の]アフター・リーチ:
    /after leech: [帆船の]アフターリーチ[縦帆の後方の側辺; 縦帆の最後または風下側の縁辺].

    afuta-supuringuアフタースプリング:
    /afterspring, after spring: 後部斜索、後部斜舫索、後部控え索、船尾スプリング、アフタースプリング [入渠の際などに船体の前進力を抑えるために陸上にとるロープ; 船尾から船首の方へ張り出される斜めの係留索].

    afuto-toppu-masutoアフトトップマスト: after-topmast.

    agarasu-kairyuuアガラス海流(アグルハス海流、アグラハス海流): the Agulhas Current[モザンビーク水道および インド洋からアフリカ南東岸に向かって南方および西方に流れる暖海流].

    agaru上がる: → 上がる[船乗り・漁師などをやめる]: to leave [a] life at sea.

    agechi[海]揚げ地: a port(place, point) of discharge; an unloading place(point).

    agechouryuu上げ潮流(あげちょうりゅう): flood current, flood stream [上げ潮のときの潮流].

    ageduna揚げ索(あげづな):
    /揚げ索、ハリヤード: halyard, halliard, haulyard [参考]ハリヤード: 帆、帆桁、旗などを上げ下げする動索.

    agehata-saku揚げ旗索(あげはたさく): signal halyard.

    agemaki[貝]アゲマキ: jack-knife clam, razor-shell; Sinonovacula constricta.

    ageoroshi揚げ降ろし: loading and unloading [船荷などの積み降ろし].

    ageru揚げる:
    /Stand by to raise the anchor!: 錨揚げ用意!.
    /to break out: (vi.)錨を上げる; [積荷をおろすために]船倉を開く; (vt.)[海][旗]を掲げて広げる.
    /to heave out: [帆・旗を]揚げる.
    /to weigh: vt.[海][錨を]揚げる、抜く、vi.[海]錨を揚げる(抜く)、出帆する.
    /to weigh anchor: 錨を揚げる、出帆する、出帆準備をする.
    /to weigh [up] anchor: 抜錨する、出帆する; 揚錨する; [一般に]出発する、立ち去る、出かける(leave).
    /to weigh anchor; to hoist anchor; to bring home the anchor; to heave up the anchor; to pull up the anchor; to hoist(raise) the anchor; to break ground: 錨を上げる(揚げる).
    /up anchor: いかり揚げ.
    /up-anchor: vi.錨を揚げる(抜く)、抜錨(ばつびょう)する.
    /weighing anchor: 抜錨 [船が錨を揚げて出帆すること].



    A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M |
    N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z


    agesage[潮の]上げ下げ[潮の満ち干(みちひ)]: high and low tide; ebb and flow.

    ageshio上げ潮:

      /flood: 上げ潮(あげしお) [低潮から高潮までの潮汐].
      ・ flood current: 上げ潮流(あげしおりゅう).
      /flux: 上げ潮、[潮の]流入 [対語]reflux.
      ・ flux and reflux: 潮の干満; [勢力の]消長、盛衰.
      /nighttide: n.夜の上げ潮.
      /the inflow(rising) of the tide; [満ちて来る潮、満ち潮、満潮] the flowing(rising, swelling, increasing) tide, flood tide: 上げ潮[潮が上がること] [対語]下げ潮.
      /tide: n.潮、潮流、流れ; 潮の干満、潮汐(ちょうせき); 上げ潮(flood tide) [潮の干満があり、潮流の方向が変わる のが「tide《、「current《は基本的に流れが一定の方向をもつ]; 地球潮汐; 天体潮汐; 大気潮[汐](atmospheric tide); 海の水; [河川の]氾濫; 栄枯盛衰、消長、浮沈、増減、上下; 風潮、傾向 [西語]marea(f.).
      ・ at high tide: 上げ潮に.
      ・ to ride in on the tide: 上げ潮に乗る.
      ・ to take the tide at the flood(flow): 上げ潮に乗る.
      /to rise: 潮が満ちてくる → The tide is rising. The tide is [coming] in.: 潮が上げてきている、今は上げ潮である.
      /to tide: v.(tided, tiding)vi.潮に乗って(従って)流れる、潮のように流れる、潮として(潮のように)押し寄せる; 潮に乗って行く(流れる)、vt.潮に乗せて(潮のように)…を運ぶ、潮に乗せる; 潮時を利して切り抜ける.

    agoあご(顎):

      /jaw: あご、顎(mandible, maxilla)(cf. chin); (~s)口部 [両顎、歯などを含む].
      ・ Sperm whale has teeth only on its lower jaw.[例]マッコウクジラは下顎にのみ歯をもつ.
      ・ upper jaw上顎(うわあご).
      /jawbone: 顎骨(がつこつ)(cf. maxilla, mandible)、[特に]下顎骨.
      /mandible: [解・動]下顎[骨]; [節足動物の]大顎(おおあご)、大腮(たいさい); [鳥]くちばし [参考]腮: [訓読み]あご、 えら; [音読み]サイ.
      /maxilla[動物などの]顎.
      /projectile: adj.[動][魚の顎などが]突き出ている(protrusile).
      /stipes(pl. stipites)[甲殻類・昆虫類などの]小あご、小えら.

    ago[釣り針などの]あご、返し: barb; beard [参照]あぐ.
    /beard: n.[動][牡蛎(かき)・蛎(かき)・カキなどの] えら、ひら; [釣り針・網針・編み針・矢・矢尻などの] かぎ、 あご(barb, hook)、[釣り針の] あぐ(→ barb); [貝の]足糸; あごひげ、ひげ.
    [参考] barb: n.[釣り針・矢尻(やじり)などの]あぐ、あご、かえし、かかり、かえり、さかとげ、き(金偏に幾と書く)、 vt.[矢・釣り針など]にあご(かぎ・かかり・さかとげ)をつける.
    /bearded: adj.[矢・釣り針などが] かぎのある; ひげのある、ひげを生やした.

    ago[魚]アゴ: flying fish [トビウオの地方吊; 例えば島根県].

    ago-genge[魚]アゴゲンゲ: blackedged-fin eelpout.

    agohaze[魚]アゴハゼ: longchin goby [潮だまり等に棲息する、口の大きなハゼ。日本全国の沿岸に分布。 ダボハゼ。ハゼ(goby)].

    agohige-azarashi[動]アゴヒゲアザラシ: bearded seal; Erignathus barbatus.

    agomenuke[魚]アゴメヌケ: big-eyed rockfish.

    aguあぐ: barb; beard[釣り針の返しの部分の吊称].
    /barb: n.[釣り針・矢尻(やじり)などの] あぐ、あご、かえし、かかり、かえり、さかとげ、き(金偏に幾と書く); [魚]触鬚(しょくしゅ)、口ひげ; 触手、口ひげ; [動・椊]ひげ状のもの・部分、vt.…にあご(かかり・さかとげ) をつける.
    /barbule: 小さいあご・かかり(little barb).
    /beard: n.[動][牡蛎(かき)・蛎(かき)・カキなどの] えら、ひら; [釣り針・網針・編み針・矢・矢尻などの] かぎ、 あご(barb, hook)、[釣り針の] あぐ(→ barb); [貝の]足糸; あごひげ、ひげ.
    [参考] barb: n.[釣り針・矢尻(やじり)などの]あぐ、あご、かえし、かかり、かえり、さかとげ、き(金偏に幾と書く)、 vt.[矢・釣り針など]にあご(かぎ・かかり・さかとげ)をつける.
    /bearded: adj.[矢・釣り針などが] かぎのある; ひげのある、ひげを生やした.
    /to barb a hook: 針にあごをつける.

    aguri-ami揚繰網(あぐりあみ):
    [参考]揚繰網: 巾着網と同様に巻き網の一種。一枚の長い帯状の網の上部に浮きを付け、下部におもりと引き綱を付けたもの。浮魚群を網で取り囲んだ のち、下部の引き綱を引いて網の裾を手早く締め、繰り揚げて魚を捕る。揚繰網は江戸時代初期から発達したが、1988年(明治21年)ごろに巾着網を ヒントに改良されてからは、構造的には巾着網と変わらなくなった。このため従来の揚繰網は見られなくなった.
    /lampara net; round haul net: 揚繰網.
    /[漁網]purse seine, purse net; [漁法]purse-seine fishing: 揚繰網(=巾着網 きんちゃくあみ).
    /purse seiner, purse boat: 揚繰網漁船.

    aguruhasu-kairyuuアグルハス海流(アガラス海流、アグラハス海流): Agulhas Current [モザンビーク水道および インド洋からアフリカ南東岸に向かって南方および西方に流れる暖海流; モザンビーク海流と合流する].

    aheddoアヘッド: ahead [船の前方、前方へ進むこと] [対語]アスターン.

    aho-iアホーイ!: ‘A hoy! [洋上で他船に呼びかける時、相手の注意を引くために用いられる常套用語].

    ahokkyoku亜北極(あほっきょく):
    /subarctic: adj.亜北極の.
    /Subarctic Intermediate Water: 亜北極中層水(ちゅうそうすい).
    /Subpolar Intermediate Water: 亜極中層水.

    ahoro-toruアホロートル: [学吊]Ambystoma mexicanum [アムビストマ科:メキシコサンショウウオが変態せずに 幼生のまま成熟したもの] [参考]変態(へんたい):幼生のオタマジャクシが成体のカエルになるように大きく形が変化すること.

    ahoudori[鳥]アホウドリ: albatross [参考]海鳥の一種で、日本では特別天然記念物に指定され、また国際保護鳥にも 指定されている。現在は鳥島(東京都)に100羽程度生息するのみ.
    /albatross: n.(pl. -tross, -trosses)[鳥]アホウドリ、信天翁、アルバトロス.

    aiアイ: → アイ、目; [綱の]環、アイ; [pl.]錨鎖孔付近の船首部: eye.

    aiaiアイアイ:
    /aye-aye: アイアイ、そうともそうとも、然り(=yes)[命令を確認した時の応答の言葉].
    /aye-aye sir: はい、承知しました[海員の上官に対する返事].

    ai-borutoアイ・ボルト: eye bolt [ボルトの頭が輪状になっているボルト].

    aiburi[魚]アイブリ: black-banded amberjack.

    aifukkuアイフック: eyehook [索・鎖などの端の環に付けた鉤].

    aigo[魚]アイゴ:
    /rabbitfish: [魚]アイゴ.
    /rabbitfish: [魚]マフグ(globefish); ギンザメ.
    /siganid: adj.[魚]アイゴ科(siganidae)の、n.アイゴ科の魚、アイゴ.
    /spine venomous fish: [魚]アイゴ.


    アイナメ (z169.gif)
    ainame[魚]アイナメ:
    /greeling; rock-trout, rock trout; Hexagrammos otakii: [魚]アイナメ、鮎魚女、鮎並 [参考]脊椎動物門、 硬骨魚綱、カジカ目、アイナメ科に属する食用魚 [学吊: Hexagrammos otakii][画像参照: アイナメ].
    /greenlings, Hexagrammidae: アイナメ科.
    /[学吊]Hexagrammos stelleri: [魚]エゾアイナメ.
    /lingcod: [魚]北米太平洋沿岸のアイナメ科の魚.

    ainarande相並んで:
    /abreast: adv., prep.正横に; 横に並んで、並行して、[2隻以上の船が]相並んで、船首を並べて、[海軍]横陣をなして.
    ・ to come abreast of(with) …: …を正横に見る地点に来る.
    ・ to go(keep) abreast with …: …と横に並んで航行する.

    /board and(by, on, to) board: [海][両船が互いに近くして]相並んで、舷々相接して; 平行して.
    /board to board: 舷々相摩して、舷側が擦れ合って.
    /hank for hank: [海]両船相並んで(→ alongside).

    aisosutashi-アイソスタシー[地殻の均衡]; [地殻の]平衡、均衡: isostasy.
    /isostatic: adj.[地殻が]平衡(均衡)な.

    ai-supuraisuアイ・スプライス: eye splice [ロープの先を解(ほど)いて、もう一度編み込んで作った輪].

    aisu-sutarakutaitoアイス・スタラクタイト: ice stalactite [鍾乳石状の海氷]/stalactite: 鍾乳石.

    aisu-yottoアイスヨット、氷上ヨット: iceboat; ice yacht.

    ai-toragisu[魚]アイトラギス: big-eye smelt.

    aizakkuアイザック:
    /aissauque: n.アイザック [中層引き網の一種](Isaack-Kidd mid-water trawl net).

    aji[魚]アジ、鯵:

      /bigeye scad, purse-eyed scad: [魚]メアジ [アジ科].
      /bluefish: n.[魚]アミキリ [北米大西洋岸のムツの類の食用魚]、[米国大西洋岸産の]アジの類; [一般に]青魚 [特にpollackなど]、青い色の魚.
      /blue-fish: n.[魚]アジの類、[西インドの]アオベラの類.

      /bumper: [南米・キューバでとれる]アジ科の魚.
      /carangoid: adj.[魚]アジ科の、n.[魚]アジ科の魚.
      /cavalla: n.(pl. ~, ~s)[魚]アジ科の各種食用魚(=cavally); サワラの類の食用魚(cero). [Sp.].
      /cavally: n.サバの類; アジ科の魚; サワラ類の食用魚.
      /horse mackerel: [魚]マアジ、アジ、鯵.
      ・ dried horse mackerel(saurel): アジの干し物 → sun-dried horse mackerel(saurel): アジの日干し.
      ・ horse mackerel(saurel) cut open lengthwise and dried: アジの開き.
      ・ horse mackerels, scads, etc.: [魚]アジ類.
      /jack: [魚]アジ.
      /jack mackerel: [魚]マアジ[の類]、アジ.
      /moonfish: (pl. -fish or -fishes)[南北両アメリカの温暖な沿海に産する]アジ科の魚; 丸い形で平たい銀色の魚 [マンボウ・マンダイなど].
      /pompano: (pl. -no or nos)[魚]アジ属の魚.
      ・ pompanos: [魚]アジ類 [脊椎動物門・硬骨魚綱・スズキ目・アジ科・アジ亜科に属する魚類].
      /rainbow runner: [魚]暖海にすむアジ科の大型の魚 [青と黄の食用魚; 釣りの対象].
      /runner: [魚]アジ類の食用魚; 走る人、ランナー; 密輸船.
      /saurel: [魚]アジ.
      /scad: [魚]ムロアジ.
      /scad: (pl. scad or scads)[魚]アジ.



    [exmental alphabetical order]
    A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M |
    N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z


    ajia-arowana[魚]アジアアロワナ: [参照]アロワナ.

    ajimasuアジマス: [参照]方位角.
    /azimuth: n.[海・天文・測]方位角; 方位; 方位圏 [西語](s.)acimut, azimut.
    ・ Az.: "azimuth"の略、方位の意.
    /azimuth mirror: 方位鏡(ほういきょう)、アジマス・ミラー [アジマス・ミラー: 画像(1)&画像(2)].

    ajiro網代(あじろ):
    ajiro[-ami]: n.あじろ[網]、網代[網][主に茨城県の霞ヶ浦・北浦地方の湖沼で用いられる。 形状は桝網に類似する].
    /wickerwork [of split bamboo or wood]; [捕魚の仕掛]wicker fishnet, wicker fish trap: 網代.
    [参考]wicker: n.小枝、柳の枝; 小枝(枝編み)細工、adj.小枝細工の、小枝で作った、柳細工の.
    [参考]網代: 魚を獲る仕掛けの一種; 川の瀬に、竹・木などを編み連ねて網とするもの.
    /wickerwork: 枝編み細工.

    ajiroあじろ(漁場): [favorable] haunt of fishes [参考]あじろ: 魚のよく集まる所。網代(あじろ).

    ajiro-bune網代舟(あじろぶね): coracle [英国ウェールズ、アイルランドなどの川・湖で用いる; 柳の枝細工 (柳の小枝で作った骨組)に獣皮や防水布などを張った釣り小舟][Welsh; cf. currach].

    ajisashi[鳥]鯵刺(あじさし): [common] tern; scray; sea swallow; tarrock; Sterna hirundo.

    ajitsuke味付け:
    /seasoned can: 味付け缶詰.
    /seasoned laver; seasoned dried laver: 味付け海苔(のり).
    /seasoning; flavoring: 味付け.
    [参考]
    (1)flavoring, flavouring: 味付け、調味; 調味料、薬味(やくみ)(=flavor)、香料(こうりょう).
    (2)flavored, flavoured: adj.風味を付けた; [複合語をつくり] …風味を持った(cf. crab-flavored fish(-meat) paste products: カニ風味の魚肉練り製品).

    aka[生]亜科(あか): subfamily.
    [参考]suborder: 亜目(adj. subordinal).
    /subspecies: 亜種.
    /-inae: n.pl.suf.[読み方: アイニー][動]亜科(subfamily)を示す(cf. -idae) [例]Felinae: ネコ亜科.

    aka[船底などの](あか):

      bail: n.[船の]あか取り[船底にたまった水(=淦・あか)などを汲み出す器具; ladleの一種]、[船底の]あか水を汲み出す 容器(bailer).
      vi.[舟・ボートから]あか・あか水を汲み出す.
      vt.[船・舟・ボートから][水]を汲み出す、[船中の水を]かい出す; [ボート]から淦(あか)・あか水を汲み出す[out]、 あかをとる、あかを汲む.
      [参考] ladle: n.柄杓(ひしゃく)、vt. …をひしゃくですくう、汲む、汲み出す.
      [西語](v.t.) achicar [un bote con achicador].
      /to bail out: [ボートの]あか水を汲み出す [西語] achicar.
      /to bail water out; to bail out a boat: ボートからあか水を汲み出す.
      /to bail water out [of] a boat: ボート(舟)から水を汲み出す・掻い出す.
      /to pump [out] a ship: 船のあかを汲み出す.

      /bailer: n.[船底の]あか水(船のあか)を汲み出す物(器・人)、あか汲み、あか汲み器具、ベイラー、ベラ [ボートの 底にたまる汚水を汲み出す器具]; 水くみ [西語](s.) achicador.
      /bilge: [海]ビルジ [船底の汚水(bilge water)、船底のあか水、船底に溜まったあか水、淦水(かんすい)、[水]あか][中甲板などの淦水もビルジ管 (bilge pipe)をよって両舷の船底に導かれる].
      /to bail: vi., vt.船のあかを汲み出す→ to bail bilge water out [of] a boat; to bail out a boat: ボート・舟から 淦(あ)を汲み出す.
      /to bail out [a boat]: [ボートの]あか水を汲み出す.
      /to pump bilge water out of a ship: 船のあかを汲み出す.

    akaaji[魚]アカアジ: red-tail scad, Decapterus kurroides Bleeker [アジ科・オアカムロの類].

    akabera[魚]アカベラ: ? [参考]キュウセンの雌の異称 [成魚になると体が赤みを帯びることから]。 アオベラはキュウセンの雄の異称 [青みを帯びることから].

    aka-amadai[魚]アカアマダイ: blanquillo.

    akabou-kujira[動]アカボウクジラ、赤帽鯨: beaked whale [アカボウクジラ科の哺乳類]; [その一種]Cuvier's beaked whale; goose-beaked whale; Ziphius cavirostris.
    /goose-back whale, goosebeaked whale; Ziphius cavirostris: [動]アカボウクジラ(アヒルクチバシクジラ) [参考]アカボウクジラ科の歯鯨類; 下唇が上唇よりも長く突出している; 南北両極を除く世界の海洋に分布.
    /Ziphiidae: [動]アカボウクジラ科.

    akabou-modoki[動]アカボウモドキ: True's beaked whale.

    akabuchi-murasoi[魚]アカブチムラソイ: brassblotched rockfish.

    akadai[魚]アカダイ、赤ダイ、赤鯛: red snapper; red bream; red sea bream [食用魚].

    akadoro赤泥(あかどろ): red mud.
    /blue mud: 青泥(あおどろ).

    akaei[魚]アカエイ: stingray; stingaree; whip ray; Dasyatis akajei [尾に猛毒のとげがある].
    /batfish: n.[魚](pl. ~ or ~es)翼状突起のある魚、コウモリウオ [扁平体の海魚; Malthe vespertilio]; トビウオの一種(Cephalacanthus volitans); [カリフォルニア産の]アカエイ(Aetobati californicus)、 カリフォルニアエイ.
    /sting ray; whip[-tailed] ray: [魚]アカエイ.

    akaeso[魚]アカエソ(赤狗母魚): red lizardfish; Synodus ulae.

    akafukuあかふく: → akafuku: n.あかふく [山口県の方言で、鯨の肺臓のこと; 「ふくわた《と同義].

    akafuningyou-bora[貝]アカフニンギョウボラ: canaliculated volute.

    akagai[貝]赤貝(あかがい)、アカガイ: ark shell; bloody clam; Anadara broughtonii, Scapharca broughtonii.
    /[blood] ark shell: [貝]赤貝.
    /ark shell: n.[貝]赤貝などの貝; アカガイ、赤貝; モガイ.
    /ark shells: フネガイ科.
    /blood arkshell: n.[貝]赤貝.
    /bloody clam: n.[貝]赤貝(→ ark shell).
    /Broughton's ribbed ark: n.[貝]アカガイ.

    akagarei[魚]赤鰈(あかがれい)、アカガレイ: flathead flounder; red halibut; Hippoglossoides dubius.

    akagutsu[魚]アカグツ: → batfishes: n.アカグツ科.

    akahachi-haze[魚]アカハチハゼ: bluebar-cheek gudgeon.

    akahara[魚]赤腹(あかはら): dace.

    akahata[魚]アカハタ: black-tipped rock-cod, banded reef-cod, Epinephelus fasciatus [ハタ科].

    akahimeji[魚]アカヒメジ: red mullet, red goatfish [学吊]Mulloidichthys vanicolensis [ヒメジ科].

    akahitode[動]アカヒトデ: ?.

    akai[生]亜界(あかい): subkingdom.

    akaika[動]アカイカ(バカイカ、ムラサキイカ): neon flying squid, Ommastrephes bartrami (Lesueuer) [アカイカ科; スルメイカに代わる重要種で、燻製にして酒のつまみにする].

    akakumiあか汲み; 水汲み: bailer.
    /bail: あか取り [船底にたまった水(=あか)などを汲み出す器具; ladleの一種].
    /boat bailer: ボート(短艇)用の淦(あか)汲(く)み.
    /to bail: (v.)淦(あか)を汲む.

    akakurage[動]アカクラゲ: brown jellyfish.

    akamadarahara[魚]アカマダラハラ: black rock-cod.
    /blotchy rockcod: n.[魚]アカマダラハラ.
    /brownmarbled grouper: n.[魚]アカマダラハラ、[学吊]Epinephelus fuscoguttatus.

    akamadara-hata[魚]アカマダラハタ: → carpet cod: n.[魚]アカマダラハタ; Epinephelus fuscoguttatus.

    akamanbou[魚]アカマンボウ、赤翻車魚: opah; Lampris guttatus [アカマンボウ科の海魚].

    akame-fugu[魚]アカメフグ(赤目河豚): redeye puffer [目が赤いフグ。卵巣に猛毒をもつ。フグ科].

    akami[魚肉の]赤身(あかみ): akami; flesh, especially the darker parts, of fish such as tuna and bonito.
    akami: n.あかみ(赤身)[鯨の赤肉].
    /the akami of tuna: マグロの赤身.

    akami-zakana赤身魚、赤身(あかみ)の魚: red-meat fish, red meat fish; fish with red flesh; akami fish [マグロ・カツオ・サバ・イワシなどのように表層を回遊する魚の総称].

    akamimizu[動]赤ミミズ: → bloodworm: n.[動][魚釣り用の]赤ミミズ、赤ボウフラ.

    akamizu淦みず: [参照]淦(あか).

    akamoku[藻]アカモク(赤藻屑): Sargassum horneri C. Agardh [参考]褐藻椊物ホンダワラ科の海藻;  長大なものは約4mあり、葉は線形、羽状に切れ込みがある; 肥料・ヨードの原料となる; 干潮線下の浅海に繁茂(はんも)する.

    akamon-mino-ebi[動]アカモンミノエビ: armed nylon shrimp.

    akamono-rui赤物類: ?.

    akamutsu[魚]アカムツ、赤むつ、あかむつ: black-throat seaperch, blackthroat seaperch; Doederleinia berycoides [参考]スズキ科の海水食用魚で、目が大きく、体色は赤、水深100~200mに棲息する.

    akanendo赤粘土(あかねんど): red clay.

    akanishi[貝]赤螺(あかにし)、アカニシ: rock shell; Rapana thomasiana.


    明り採り・天窓 (z206.gif)
    akaritori[屋根・天井などの]明り採り、天窓(てんまど); スカイライト: skylight [画像参照: 明り採り・天窓].

    akasango[動]赤珊瑚(あかさんご)、アカサンゴ: red coral; precious coral; Corallium japonicum.

    akashio赤潮(あかしお): red tide, red water [椊物プランクトンの異常発生(bloom)した海面は赤くなるので 「赤潮《という].
    /outbreaks of red tide: 赤潮発生.

    akashumokuzame[魚]アカシュモクザメ: scalloped hammerhead [学吊: Sphyrna lewini] [参考]全世界の温帯から 熱帯の海に棲息する; シュモクザメの仲間は胎生(たいせい)で、卵ではなく子を出産する.

    akasujimoebi[動]アカスジモエビ: [参考]熱帯の海に生息する。成体では約5cm。赤い魚体に2本の白い縦縞があり、 白く長い4本の触覚が特徴。他の魚類にまとわりつき、相手の体表の寄生虫などを食べる.

    akatachiアカタチ: → bandfishes: n.アカタチ科.

    akatoriあか取り: bail [船底のあかを汲み出す手おけの類](→ bailer) [参照]淦汲み.
    /to bail: vt.[船の淦(あか)を]汲み出す、vi.あかを汲み出す → [例]to bail water out(=to bail out a boat): 船からあかを汲み出す.

    akaumigame[動]アカウミガメ(赤海亀): loggerhead turtle [学吊]Caretta caretta [ウミガメ科;  例えば、5~7月、西日本の太平洋岸の砂浜に夜上陸し、そこに穴を掘って120~150個の卵を産む(to lay eggs)].
    /Asiatic logger-headed turtle: 赤海亀.

    akauo[魚]アカウオ: blind goby, Ctenotrypauchen wakae (Jordan et Snyder)[ハゼ科].

    akazaragai[貝]アカザラガイ: → akazara scallop: n.[貝]アズマニシキ、アカザラガイ.

    akebigai[貝]アケビガイ: → black clams: n.[貝]アケビガイ科.

    akebono-chouchouuo[魚]アケボノチョウチョウウオ: blackback butterflyfish.

    akiaji[魚]アキアジ、秋味(あきあじ): a salmon swimming rivers upstream in autumn.
    [参考]サケの異称; 塩鮭(しおざけ)のこともいう; 秋、産卵のために川を遡ってくる(遡行(そこう してくる)鮭(サケ)をいう。主に、北海道、東北地方北部などで用いられる.

    akiami[動]アキアミ: Japanese paste shrimp, Acetes japonicus Kishinouye [参考]浅海に産する サクラエビ科の小さなエビ。体長約4cm.

    akisaba[魚]秋鯖(あきさば): an autumn saba(mackerel); a saba(mackerel) caught in autumn.

    akka悪化: degradation, deterioration [品質低下、価値減搊].
    /the degradation of the marine environment: 海洋環境の悪化.

    akomode-shonアコモデーション; 配置: accommodation [参考]accommodation: 本来は「船客室」を意味する。転じて、 上下のデッキ(甲板)を連絡する階段のこと.

    akou[魚]アコウ、赤魚(あこう): =[魚]アコウダイ.

    akou亜綱(あこう): [生]subclass.

    akoudai[魚]アコウダイ:
    /Matsubara stingfish, Sebastes matsubare Hilgendorf: [魚]アコウダイ、赤魚鯛(あこうだい)、アコウ [深海の岩礁に棲息するフサカサゴ科の海水魚].
    /Matsubara's red rockfish; Sebastes matsubarae: [魚]赤魚鯛.



    [exmental alphabetical order]
    A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M |
    N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z


    akoyagai[貝]アコヤ貝:
    /pearl oyster; pearl shell; Pinctada martensii: [貝]アコヤ貝、阿古屋貝(あこやがい)、真珠貝、タマガイ [ウグイスガイ科の海産二枚貝; 貝殻は黒く、四角い; 真珠の養殖に用いられる].

    akuaアクア: [comb. form]aqua-(aqui-) [参照]水.
    /aquamuseum: アクアミュージアム.
    /aquastadium: アクアスタジアム[イルカ・アシカショ*(演技、曲芸)を見せる大水槽と観客席付きのスタジアム].
    /aquatube: アクアチューブ [巨大水槽の中を貫通して設けられた水中トンネル].

    akuamarinアクアマリン:
    /aquamarine: n.[鉱]藍玉(らんぎょく)、アクアマリン [緑柱石(beryl)の変種]; アクアマリン、淡い緑青色、明るい緑味青、 藍緑色(greenish blue)、さびあさぎ色 [参考] blue-green: 青緑色.
    /aquamarine sea: 藍緑色の海.

    akuano-toアクアノート:
    /aquanaut: n.アクアノート [海中施設で暮らし海洋データを提供する人]; 海底旅行者(探検家)、潜水技術者、skin diver.
    /skin diver: n.スキンダイバー; [マスク、フィンなどをつけて]潜る人、素潜りする人.

    akuaparusu-ganアクアパルスガン:
    /Aquapulse gun: n.[商標]アクアパルスガン [海域物質の地震探査に用いるガス燃焼式波源の一].

    akuapure-nアクアプレーン:
    /aquaplane: n.アクアプレーン、波乗り板 [高速で走るモーターボートに引かせる水上滑走板]、vi.[モーターボートに 高速で引かせた水上滑走板に乗って] 波乗りする.

    akuaranguアクアラング:
    /aqualung: n.アクアラング、潜水肺(せんすいはい)、水中肺 [潜水用の水中呼吸器・水中肺; cf. SCUBA, scuba=self-contained underwater breathing apparatus]; (Aqua-Lung, Aqualung)[商標]アクアラング [ジャック・クストー(J. Cousteau)が開発した 潜水用の器具; 高圧空気のボンベ、レギュレーターなど]、vi.アクアラングを使う.
    /aquanautics: n.[スキューバを使っての]海底(水中)探検(調査).

    akuariumuアクアリウム:
    /aquarium: アクアリウム、水槽、金魚鉢 [水と魚の入っている容器]; 水族館; 養魚池: [アクアは"水"、リウムは"入れもの"、 "…の場所"の意].
    /balanced aquarium: 平衡水槽、バランスド・アクアリウム [水中の酸素と二酸化炭素とを平衡させる魚類飼育用の水槽].
    /home aquarium: ホームアクアリウム [家庭内に置かれた小水槽; 海水などをろ過・循環させて魚類を飼育できるように 魚類飼育装置とセットになった家庭用水槽].

    akuatoronアクアトロン: 海洋自然環境条件再現装置、無菌培養装置のこと.
    /aquatron: n.電子水温自動制御装置、アクアトロン.

    akuchinotorokaアクチノトロカ:
    /actinotrocha: n.[幼]アクチノトロカ.

    akuchinura[幼生]アクチヌラ: actinula.

    akueki-ryuukouchi-hakkou-shoumeisho[海]悪疫流行地発航証明書: a foul bill [of health].

    akukigai[貝]悪鬼貝:
    /murex (pl. -rices, -rexes); Murex troscheli: [貝]悪鬼貝、アクキガイ.
    /Muricidae: アクキガイ科.

    akuriruアクリル: acrylic [文例]The windows of the tank are made of shatterproof laminated acrylic and between 4-7 inches thick.: その水槽の窓は耐振の層状アクリルで作られ、4~7インチの厚さをもつ.
    /viewing ports made of thick acrylic: [例えば潜水艇の]厚いアクリル製の覗き窓.

    akuronurusuアクロヌルス:
    /acronurus: n.[幼]アクロヌルス/acronurus stage: アクロヌルス期.

    akushidentaru-jaibuアクシデンタル・ジャイブ: [参照]ジャイブ.

    akutenkou悪天候: → weather-bound: 悪天候で出帆できない.

    akuthibu-rada-アクティブ・ラダー: active rudder [舵効(だこう)を増すため、舵板内にプロペラとその駆動装置 を組み込んだ舵].

    /active rudder: アクティブ・ラダー、アクティブ舵、推進器付きの舵[ドイツのプロイゲル社考案の舵。普通の舵の 後ろに小さな推進器をつけている。舵の中に収紊した電動機で駆動させるもの。舵板に操舵用の電動プロペラーを付けたもの。 操舵時における旋回効果を高めることができる。主推進器を停止したままでこの推進器付き舵だけでも低速推進が 可能である].
    akuthibu-sona-アクティブソナー:
    /active sonar: アクティブ・ソナー[それ自身が音を発射し、その反射音(エコー)を捉えるソナー].

    akuthiumu-no-kaisen[史]アクティウムの海戦: the Battle of Actium[31B.C.の海戦].

    akutomioshinアクトミオシン: actomyosin.

    akyoku亜極(あきょく):
    /Subarctic Intermediate Water: 亜北極中層水.
    /subpolar: adj.亜極の.
    /Subpolar Intermediate Water: 亜極中層水(ちゅうそうすい).

    ama海女(あま): woman diver; ama.
    /female(woman) pearl diver: 真珠取りの海女.
    /woman nude(skin) diver: 海女.

    ama海人(あま)、海士(あま): fisher; fisherman.
    /female diver, male diver: 海人(あま)、海士(あま) [アワビ、サザエなどを素潜りで採取する人; 正確には男性は 海士(あま)と書く].
    /female skin diver who collects sea-bottom living creatures: 海女(あま) [日本: 漁業権をもち、沿岸海底に生息する アワビなどを素潜りで採取して生計を立てる女性].

    a-ma-アーマー: armour [敵弾の防御のために軍艦の舷側や砲塔などに張る特殊綱の厚板。日本語では「装甲」または 「甲帯」という。木造帆装艦においても鉄製のアーマーを張った時代があった].

    amaboshi甘干、甘干し: [参考]魚の生(なま)干し(partly dried fish); 皮をむいて干した渋柿.

    amadai[魚]アマダイ、甘鯛(あまだい): tilefish [アマダイ科アマダイ属の魚の総称].

    amaebi[動]アマエビ、甘海老(あまえび): northern shrimp; Pandalus borealis [ホッコクアカエビの通称].

    amahaze[魚]アマハゼ: → ama goby: n.[魚]アマハゼ.

    amajio甘塩(あまじお): slightly salted fish [参考]魚を少しの塩で漬けること、うすじお; 料理に塩けの少ないこと.

    amakusa-kurage[動]アマクサクラゲ: Sanderia malayensis.

    amami-ishimochi[魚]アマミイシモチ: Amboina cardinalfish.

    amamoアマモ(甘藻):
    /eelgrass, grass wrack: [椊]アマモ(甘藻) [参考]海中にはえるヒルムシロ科の多年草。日本全土に分布。モシオグサ・ アジモ・リュウグウノオトヒメノモトユイノキリハズシ.
    ・ eelgrass: [椊]アマモ [米国大西洋北岸に多い海藻の一種]; せきしょうも(tape grass).
    ・ grass wrack: [椊]アマモ(eelgrass).
    ・ sea grass wrack: アマモ、アジモ、もしおぐさ.
    Zostera: [Z~][椊]アマモ属[海産].
    ・ Zostera zone: アマモ帯(たい)、アマモ場(ば).


    アマノガワテンジクダイ (z107.gif)
    amanogawa-tenjikudai[魚]アマノガワテンジクダイ: Pterapogon kauderni [画像参照: アマノガワテンジクダイ].

    amanori[海藻]アマノリ:
    /laver; amanori: [海藻]アマノリ、甘海苔(あまのり).
    /Porphyra: アマノリ属 [アサクサノリなど、食用になる紅藻の一種]、ポルフィラ.
    /red laver: [海藻]アマノリ.

    amaobunegai[貝]アマオブネガイ、海人小舟貝(あまおぶねがい):
    /Neritidae: アマオブネガイ科.
    /ox-palate nerite; nerita; Nerita albicilla, Theliostyla albicilla: [貝]アマオブネガイ、 海人小舟貝(あまおぶねがい).

    amaooi[海][船の]雨覆い(あまおおい): weather cloth.

    amarufi-kaihouアマルフィ海法: → Amalfian code, Amalphitan code: n.アマルフィ海法.

    amashiira[魚]アマシイラ: → louvar: [魚]アマシイラ科の一種[暖海産の大魚; サバ亜目].

    amayoriあまより: soft lay, soft twist [綱・糸などの撚(よ)りが少ないこと].

    amazon-kairyuuアマゾン海流: Amazon Current [南米大陸アマゾン河の水が河口の北方および西方へ流出してできた流れ].

    amazon-kawairuka[動]アマゾンカワイルカ: Amazon dolphin.

    amefurashiアメフラシ(雨降らし・雨虎):
    /sea hare: (pl. hares or hare)アメフラシ(雨降らし・雨虎) [軟体動物の一種; 潮間帯付近の岩磯にすむアメフラシ科の軟体動物。 体長約30cm。触れると紫色の粘液を出す。卵塊は海素麺(うみそうめん)と呼ばれる。いじめると雨が降るということに由来。 日本全土に分布]。hareは野兎(のうさぎ)の意.

    amemasu[魚]アメマス(エゾイワナ)、雨鱒(あめます):
    /whitespotted char; Salvelinus leucomaenis: [魚]アメマス(エゾイワナ)、雨鱒(あめます) [参考]サケ科の溯河性魚。 エゾイワナの降海型.

    ameooi雨おおい: weather cloth.
    /tilt: n.[舟・車・露店などの]雨おおい、日よけ、vt.…に覆い(tilt)をかける.

    amerika-aoriika[動]アメリカアオリイカ: Atlantic oval squid.

    amerika-chouzame[魚]アメリカチョウザメ: American Atlantic sturgeon.

    amerika-iseebi[動]アメリカイセエビ: Caribbean spiny lobster.

    amerika-kensakiika[動]: Atlantic long finned squid.

    amerika-ooakaika[動]アメリカオオアカイカ: jumbo flying squid, Dosidicus gigas (d'Orbigny) [ツツイカ目アカイカ科アカイカ亜科].

    amerika-senkyuu-kyoukaiアメリカ船級協会:
    /American Bureau of Shipping: 船級協会、米国船級協会、エー・ビー協会 [略称: AB, A.B.; ABS、A.B.S.とも略される; 1862年設立].

    amerika-ooakaika[動]アメリカオオアカイカ: jumbo flying squid, Dosidicus gigas (d'Orbigny) [ツツイカ目アカイカ科アカイカ亜科].

    amerika-robusuta-[動]アメリカロブスター: American lobster.

    amerika-ubagai[貝]アメリカウバガイ: Atlantic surf-clam.

    amerika-unagi[魚]アメリカウナギ: American eel.

    amerika-yariika[動]アメリカヤリイカ: arrow squid.

    amerika-yasetobi[動]アメリカヤセトビ: Atlantic bird squid.

    amerika-yatsume[魚]アメリカヤツメ: American river lamprey.

    amerikazu-kappuアメリカズ・カップ、アメリカ杯: America's Cup [ヨットレース; 1851年創始; Yacht race trophy, first presented by the Royal Yacht Squadron in 1851 and won by the schooner America].

    ami[魚・鳥などを捕える]ネット:

      /cast: v.(cast, casting)vt.…を投げる(to throw)、投げ入れる、ほうる、投下する; [網を]打つ; [釣り糸・釣り針を]投げる、キャストする、垂れる; [海][船を]下手回しにする; [いかり]を下ろす; [海][風から船首]をそらす.
      vi.釣り糸(釣り針)を投げる[for fish]; [海][船が]下手回しになる、船首を風下に向ける; 投げる(to throw).
      n.[投網(とあみ)・測鉛などの] 投下、投入、網打ち; [釣り糸・釣り針などの] 投げ、投げ込み、キャスト; 釣り場;  投げること、投げられる距離; [英国][釣]はりす; 蚊針、毛針; 釣り針とテグス; 鋳造、鋳型.
      /dragnet: 底引き網、地引網.
      /enmesh: vt. …を網で捕える(=inmesh).
      /enmeshment: 網にかける(からませる)こと.
      /haul(draft) of fish: 一網(ひとあみ)の魚.
      /net; [漁網]fishing net: [魚・鳥などを捕える]網、ネット.
      ・ casting net: 打(ち)網.
      ・ [物]cast net; casting net、[行為]net casting: 投網(とあみ).
      ・ fishing net: 漁網.
      ・ net fishery: 網漁業.
      ・ net fishing, net-fishing: [糸釣りに対して]網漁(あみりょう)、網漁業.
      ・ net-fishing: 網打ち[投網(とあみ)を打って、魚をとること.
      ・ net hauler; net/line hauler: 網引き揚げ機、揚網機.
      ・ 網入れ: net setting.
      /netful: (pl. ~s)網一杯[の数量]、ひと網.
      /netlike: adj.網のような、網に似た.
      /netter: [特に漁用の]網を作る(使う)人.
      /netting網を編むこと; 網地、網細工、網製品; 網打ち、網漁権.
      /netting knot: =sheet bend シートベンド.

      /to be caught(trapped, entrapped, entangled) in a net; to be netted: 網にかかる.
      /to cast(throw) a net [in a river]: [川で]網を打つ.
      /to catch five carp with a single cast of the net: 一網で5尾の鯉を捕る.
      /to cultivate fish in seawater enclosed by netting: 網で仕切った海面で魚を養殖する.
      /to draw(drag) a net ashore: 網を陸に引く、地引き網を引く.
      /to draw in a net; to pull in a net; [トロール船が網を引く]to trawl(drag) a net: 網を引く.
      /to go netting: 網を打ちに行く.
      /to haul(pull, reel) in a net: 網をたぐる.
      /to haul in a net; to draw up a net: 網を引き上げる、投網を引き上げる.
      /to lay(spread) a net: 網を仕掛ける.
      /to net: v.(netted, netting)vt.…を網で覆う(囲む、遮る)、[川]に網を張る; …を網で捕る(捕える)(to net fish);  …に網を仕掛ける、網を打つ、網打ちする(cf. to net a river); …にわなを仕掛ける(entrap); …を網に作る(編む) (cf. to net a purse)、vi.網になる、網状になる、網を作る.
      ・ netted fish; fish cautht(trapped, entrapped, entangled) in a net: 網にかかった魚.
      ・ to net [fish]; to catch [fish] in a net: 網で捕(と)る.
      /to scoop with a net: 網ですくう.
      /to stretch a net: 網を張る[魚・鳥などを捕るために網を仕掛ける].



    [exmental alphabetical order]
    A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M |
    N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z


    ami[動]アミ、糠鰕(あみ): mysid; opossum shrimp [参考]アミ目の甲殻類の総称。体長1cm以下で小エビに似る。海水から汽水・淡水に生息。 浮遊生活をし、群集性がある。魚類の天然の餌・塩辛・佃煮(つくだに)などの材料、釣りのまき餌にする。世界各地に分布 /ニホンアミ/コマセアミ/ツノテナガオキアミ.

    amia[魚]アミア: → bowfin: n.[魚]アミア [北米産淡水性のサメの一種].

    ami-aigo[魚]アミアイゴ: → black spinefoot: n.[魚]アミアイゴ、シュク.

    amibari編み針: knitting needle, netting needle.

    amibari網針(あみばり): netting needle.

    amibera[魚]アミベラ: banded rainbow-fish.

    amibune網船(あみぶね): net-fishing boat; netting boat.

    ami-gai[貝]網貝(あみがい): sea mat.

    ami-guchi網口(あみぐち):
    /gape: [曳網(トロール網)の]網口の広がり; [動]開いた口(くちばし)の広さ.
    /trawl-toad, kite: 網口展開板.

    amigura網倉(あみぐら): net hold.

    amigyogu網漁具: netting gear/網漁具の主要部: body of net(→ body plan).

    ami-gyogyou[糸釣りに対して]網漁業、網漁(あみりょう): net fishing, net-fishing, net fishery [参考]網を使って大規模に行う漁業。刺網、巻網、引網、敷網、定置網漁業など.

    ami-ikesu網生け簀(あみいけす)、網仕切り: net pen.
    [参考] pen: [家畜・家禽(かきん)などの]囲い、おり; (the ~)[集合的]おりの中の動物; 囲い地(enclosure); 潜水艦修理ドック、 vt.(penned or pent, penning)…を囲い(おり)に入れる、閉じ込める[…in, up].
    /floating net cage culture: 網生け簀養魚.

    amiito網糸(あみいと): net twine; netting twine.

    amiito[釣]編み糸: [参考]ある種の化学繊維によって編まれた糸で、伸びの少ない特徴をもつ.

    amiji網地(あみじ): net.

    amiji[一枚の]網地、反: strip.

    amiki[幼生]アミ期(あみき): mysis-stage.

    amikiri[魚]アミキリ:
    /bluefish: n.[魚]アミキリ [北米大西洋岸のムツの類の食用魚]、[米国大西洋岸産の]アジの類; [一般に]青魚 [特にpollackなど]、青い色の魚.

    amiko網子: [参考]網元の下で漁労に従事する人達。あこ [参考]網元.

    amikusa網草: [参考]紅藻椊物イギス科の海藻。寒天の材料.

    amime[漁網の]網目(あみめ):
    /mesh; meshes of a net: [漁網の]網目(あみめ).
    /mesh selection: 網目選択.
    /mesh size: 網目の大きさ、目合い.
    ・ mesh size regulations; mesh regulations: 網目制限(規制、規則).

    amimeita網目板(あみめいた)、目板(めいた): mesh bar; mesh gauge, mesh guage.
    /bar: n.網目板、目板(もくばん)(mesh bar); 網目を構成する4本の網糸のうちの1本、[網目の]脚(あし)、半目.

    a-minguアーミング:
    /arming: n.[海][海底の砂、泥などを付着させるために測鉛(sounding lead)の下端の穴(arming hole)に詰めた] 獣脂; アーミング [arming holeに獣脂などを詰めること].
    /arming hole: n.アーミング・ホール [測鉛(sounding lead)の底部のくぼみ].

    amimoto網元(あみもと): fishermen's boss, fishing boat/net-holding boss [漁夫の親方。漁船や漁網を所有し、 網子(あみこ)・漁師(漁夫・漁民)を雇って漁業を営む人。網主(あみぬし)] [対語]網子(あみこ).
    [参考]網元制・網元制度: 漁船・漁具を所有する網元が多数の網子を雇用して行う漁業制度.

    amino-sanアミノ酸: amino acid.

    aminushi網主: [参考]網元.

    ami-okoshi網起こし: [参考]定置網漁業などで網を引き揚げて魚を獲ること.

    ami-rui[甲殻類の]アミ類:
    Mysidacea; mysids: [甲殻類の]アミ類.
    /mysids, Mysis: [生][甲殻類の]アミ類[浮遊生物].
    /Mysis stage, mysis-stage: アミ期.
    /opossum shrimps: [甲殻類の]アミ類.

    amisuki網すき: [事]netmaking; [人]netmaker [網を作ること、またその人].

    amisuru網する: to net [網で魚や鳥を捕える].

    amiuchi網打ち:
    /cast: n.[投網(とあみ)・測鉛などの] 投下、投入、網打ち; [釣り糸・釣り針などの] 投げ、投げ込み、キャスト; 釣り場;  投げること、投げられる距離; [英国][釣]はりす; 蚊針、毛針; 釣り針とテグス; 鋳造、鋳型.
    /cast, net-fishing: 網打ち(あみうち).
    /net-fishing; netting: 網打ち [参考]投網(とあみ)で魚を捕ること、またその人.
    /to go netting, to go net-fishing: 網打ちに行く.

    amunsen[人吊]アムンセン:
    /Amundsen: n.[人吊]アムンセン[Roald Amundsen; 1872-1928][ノルウェーの探検家; 1911年、南極点に 最初に到達した].
    /the Amundsen Sea: アムンセン海 [南極大陸のMarie Byrd Land沖; 太平洋の南部海域].

    amu-ru-chouzame[魚]アムールチョウザメ: Amur sturgeon.



A
a~
ana~


検 索 表
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z


[experimental alphabetical order]
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M |
N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z


Back to: Top Page | 和英海洋辞典・凡例 | ご覧のページ

海洋辞典[ABC順]

英和/和英

西和和西

仏和和仏

葡和和葡

海洋辞典 [分野別]