海洋辞典[ABC順]

英和/和英

西和和西

仏和和仏

葡和和葡

海洋辞典 [分野別]

Japanese-English Ocean Dictionary
和英海洋辞典


                J


検 索 表
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z

Back to: Top Page | 和英海洋辞典・凡例 | ご覧のページ



    jaba-aigo[魚]ジャバアイゴ: → blue-spotted spinefoot: n.[魚]ジャバアイゴ.

    jaianto-kerupu[藻]ジャイアント・ケルプ、巨大海藻類: giant kelp [褐藻綱こんぶ目; 例えば北米太平洋の モントレー湾のそれが有吊、冷たい湧昇流で育つ、またラッコがその住民である].

    jaianto-poteto-koddo[魚]ジャイアントポテトコッド(カスリハタ):
    /potato bass, Epinephelus tukula (Morgans): [魚]カスリハタ[ハタ科].

    jaibu[海]ジャイブ:
    /jibe, gybe: ジャイブ、縦帆の向きが変わること.
    /to jibe: (jibed, jibing)[海]vi.[追い風を受けて帆船・ヨットが走る時]縦帆や帆桁が反対側の舷側に向きを変える; [縦帆の向きが変わるように]船の向きを変える、vt.[縦帆の向き]を変える.
    [参考]ジャイブ: 風を後ろから受けている時の方向転換.

    jairo-konpasu[海・空]ジャイロコンパス:
    /gyrocompass, gyro compass: [海・空]ジャイロコンパス、転輪羅針儀 [電気によって高速回転する転輪(ジャイロ・gyro)を用いて 真方位を知ることができる; ジャイロの特性を利用したコンパス] [参考]gyro: ジャイロ(gyrocompass; gyroscope); 転輪; こま.
    /gyrostabilizer: ジャイロスタビライザー、ジャイロ安定機 [ジャイロスコープの特性の応用をもって、船舶・飛行機の 横揺れを軽減する装置].

    jairo-suko-puジャイロスコープ、回転儀: gyroscope [回転体の慣性を利用して、船舶・航空機の方向を決定し、 平衡を保つのに用いる]→ adj. gyroscopic、adv. -ically.
    jakettoジャケット: jacket [海底油井(ゆせい)を波浪から保護するため海底に固定した櫓状の大型海洋構造物].

    jakkousou[深海の]弱光(薄明)層; いずれともつかない領域、中間帯: twilight zone.

    jakkusute-[海]ジャックステー: jackstay [(1)帆桁の上側に取り付けられた金属(木)の棒またはロープ;  例えば、横帆を巻き上げ、帆桁に固定するなどの作業時に、船乗りたちがつかまったりする; (2)帆のすべり環].

    jakobusu-rada-[海]ジャコブス・ラダー: Jacob's ladder [幾つもの踏み板のそれぞれの両端をロープで連結させた梯子].

    jaku-byousa[海]搦錨鎖(じゃくびょうさ): foul cable.

    jakureioyauo若令親魚(じゃくれいおやうお): yound adult fish.

    ja-man-roidoジャーマン・ロイド: Germanischer Lloyd [ドイツ; 1867年設立][略称: GL] [参照]船級協会 (classification society).

    janku[船]ジャンク戎克: junk [中国の平底帆船の一種; 主として東支那海で見られる、通例3本マストに 角型の帆で艤装した平底帆船].
    /junkman: ジャンクの船員.

    janpa-sute-[海]ジャンパー・ステー[檣間吊り索、又は水平支索]: jumper stay.

    janpingu-ro-doジャンピング・ロード: jumping load [船艙・船倉一つおきに荷積みすること].

    janpu[鯨などの]ジャンプ:
    /breach: n.[海]砕け波(くだけなみ)、寄せ波(よせなみ)(surge, surf)(→ breaker)、[古語]波が砕けること; [鯨が]海面上に躍(おど)り出ること・跳躍すること・飛び上がること・ジャンプすること、海面に飛び出ること(=breaching)、 跳躍(ちょうやく); 破れ、破搊; [法律・契約・義務などを]破ること、違反、販促.
    vi.[鯨が]水面に躍(おど)り出る、海面上に飛び出る、海面に飛び上がる(→ break).
    [英語] breach: The way in which whales and dolphins leap out of the water.
    /breaching: [例えば鯨が]海面上におどり出ること・飛び上がること、海面に飛び上がること(飛び出ること、跳躍 すること)、ブリーチング.

    jari砂利:
    /gravel: 砂利; 砂れき層[特に砂金を含有する].
    ・ gravel carrier: 砂利運搬船.
    /shingle: [主に英国]小石、砂利; 砂利浜.

    jeneka-ジェネカー: [参考]追い風用のパラシュート状セール; スピンネーカーが左右対称なのに対して非対称.

    jenoa-jibu[通例G~][海]ジェノア・ジブ: genoa, genoa jib [競争用のヨットなどの大型船首三角帆].

    jarime[釣・餌]ジャリメ: ?.

    jetto-foiru[船]ジェットフォイル:
    /jetfoil: ジェットフォイル [水没した翼により船体を浮上させて航走する、ジェット推進する高速船].
    /water jet: ジェット・フォイル艇 [ジェット推進による高速航行艇; 加速するにつれて水中翼で船体を浮上させて 翼走するものもある].

    ji-a[海][下層帆桁の](pl.)ジーア、索具: jeers.

    jiban地盤: /batholith, -lite: n.[地]地盤、バソリス [火成岩の大規模な貫入岩体]/adj. batholithic.
    /bathylith, -lite: n. batholith.

    jiba-sangyou地場産業: locally-established industry.
    /locally-produced(manufactured) tool: 地場産の工具類.

    jibiki地引き[網]:

      /beach seine: 地曳網、地引き網(じびきあみ) [沿岸・河川の浅瀬などで使用される曳き網類](→ shore seine).
      /drag net, long-haul seine, saltash tack net, sprat seine: 地引き網.
      /seine: 地引き[網]、地引[網]、地曳き[網]、地曳[網]、引網.
      ・ to drag(haul ashore) a seine: 地引き網を引く.
      ・ to seine: vt.(seined, seining)引網で[魚を]捕る、vi.引網で魚を捕る.
      /seiner: 引き網(地引き網)で魚を捕る人(船)、魚をとるために沖合に張った網を浜へ引き寄せること.
      /seine net: 地引き網.
      /sweep net: 地引き網、大引き網; 捕虫網.
      /sweep seine: 地引き網(sweep net).

    jibu[海]ジブ:
    /clubfoot: (pl. -feet)[海]ジブ(jib)の末端につける円材.
    /jib: [海]ジブ、船首三角帆 [フォアマスト(前檣)からバウスプリットにかけて斜めに導かれた静索のステイに掛ける三角形の帆; フォアマストのステイにかける三角形の縦帆の一種; 最高度に発達した全装帆船では6枚、小型帆船では1~2枚かけることが多い].
    ・ to jib: vt.,vi.(-bb-)[海][帆、帆桁などを]舷側から舷側へ回す; [帆が]くるりと回る(→ jibe).
    /jib-headed: [海]adj.先端の尖った、ジブ形の<帆>; 全ての帆が三角形の、ジブ形帆の<帆装>.

    jibu-bu-muジブ・ブーム:
    /jib boom, jibboom, jib-boom: ジブ・ブーム、ジブ斜檣(しゃしょう)、第2斜檣(cf. bowsprit)、第3斜檣 [バウスプリットに接合され、それよりもさらに斜め前方に突き出されたやや細い円材で、ジブを張るためのブーム; 中小型帆船ではこれを装備しないものもある].

    jibu-kure-nジブ・クレーン: jib crane.

    jibu-nettoジブネット: [参考]バウスプリット(斜檣)に付けられた作業・安全用のネット.

    jibu-se-ruジブセール、補助帆: jib sail.

    jicchi-no実地の、現場の: field.
    /a field survey: 実地調査.
    /a field test: 実地試験.
    /to field-test: vt.[新製品を]実地試験する [文例]The principle was field-tested off Hawaii in 1976.: その原理は 1976年ハワイ沖で実地試験がなされた.
    /to survey [参照]to demonstrate, sea trial: [価値・状態など]を実地調査する.

    jidou自動:
    /automatic salinity-temperature-depth recorder: 自動塩分水温水深記録機.
    /automatic squid angling machine: 自動イカ釣り機.
    /automatic steering: n.自動舵取り.

    jidou-ichi-seigyo[海][コンピューターによる]自動位置制御(船位制御、船位保持、定点保持): dynamic positioning.

    jidouka-sen[船]自動化船: automated ship; automatic ship.
    /superautomated ship; superautomatic ship: 超自動化船.

    jidou-keihouki[船などの]自動警報器(装置): autoalarm.

    jidou-kyuuji-ki自動給餌機: automatic [bait-]feeder, automatic feeding machine.

    jidousha-unpan-sen[船]自動車運搬船: pure car carrier [自動車を専用に運ぶ船; [慣例的]自動車専用船].

    jidou-shoukou-shiki-no自動昇降式の: self-elevating.
    /a self-elevating oil-drilling platform: 自動昇降式石油掘削プラットフォーム.

    jidou-souda-souchi自動操舵装置:
    /autopilot, auto-pilot, auto pilot: 自動操舵装置、自動操舵機 [設定した針路を自動的に保持する装置] [画像(x754.jpg): auto-pilot/横浜マリタイム・ミュージアム展示].
    /auto steerer: 自動操舵装置.
    /gyropilot: 自動操舵機 [参照] steer, steerage, steerageway, steerer(steersman), steering.

    jieisen[船]自衛船、自衛艦: self-defensive vessel.

    jiga-masuto[海]ジガーマスト、最後檣: jigger mast, jiggermast [4本以上のマストをもつ帆船の最後部のマスト、 または小帆走艇の船尾の補助マスト; 4~5檣船での第3檣をミズンマスト(mizzenmast, mizzen mast)と言い、 4本マスト帆船でのミズンマストの後ろのマスト(=最後尾のマストになる)をジガー、またはボナベンチュアマストと称する.

    jigu[釣]ジグ(=jigger): jig[lureの一種].
    /to jig: vi.,vt.(-gg-)[釣り]ジグで釣る、ジグを作る [参考]jigger: n.[海]補助帆; giggermast; [釣り]ジグ.

    jigu-zaguジグザグ: a zigzag [参照]間切る、間切り.
    /to zigzag across the sea: ジグザグ航行する.

    jihatsuteki-yokusi自発的抑止、自制; 棄権: abstention.
    /abstention from fishing: 漁業の自発的抑止.
    /abstention from voting: 棄権.

    ji-i-ke-GEK、ジー・イー・ケー、航走海流測定装置 [航走中に海流の速度、方向を測定できる]: geomagnetic electro-kinematograph [略: GEK].

    jika-chuudoku自家(自己)中毒:
    /autointoxication: n.自家中毒.
    /autotoxic: adj.自家中毒の.
    /autotoxis: [医学]自己中毒、自家中毒.

    jikadumi直積(じかづみ): alongside receiving [荷送人が貨物を自己の責任で直接船側まで搬入して船積みすること].

    jika-eiyou自家栄養:
    /autotroph: n.[生]自家栄養生物、独立栄養生物.
    /autotrophic: adj.自家(自己・自給)栄養の.
    /autoprophic bacteria: 独立栄養細菌.
    /autotrophic nutrition; autotrophy: 独立栄養.
    /autotrophic plant: 自給栄養椊物.

    jikaku時角(じかく): hour angle.

    jika-osen自家汚染: self-pollution.

    jiken時圏(じけん): hour circle [天の両極を通る、天球上の大圏].

    jiki磁気: → to deperm: vt.[海][水雷を避けるため]<船体>から磁気を除く、消磁する.

    jiki-fuuryokukei自記風力計: anemograph.

    jiki-henkaku[海]磁気偏角: magnetic declination.

    jiki-kenchougi自記検潮儀: automatic tide gauge(tidegauge)/a self-registering tidegauge: 自記検潮器.

    jiki-kiatsukei自記気圧計: barograph.

    jiki-konpasu磁気コンパス、マグネットコンパス: magnetic compass [地磁気を利用したコンパス。マグネット・ コンパスが船体その他の鉄の磁力、感応力があると、コンパスの磁針は地磁気の極を指さず若干ずれた方位を指すことになる。 このずれを自差deviationという。綱製船では自差修正装置がついたコンパスが使用される].

    jiki-rashingi磁気羅針儀: magnetic compass.

    jiki-shiki-no自記式の、自動記録式の: self-recording.

    jiki-shindo-kei[海]自記深度計: a depth recorder.
    /depth finder: [海]音響測深機.

    jikken実験: a test, an experiment/test-purpose: 実験用の/a test model: 実験模型 /a test model's thruster: 実験模型の推進機.

    jiko-bunkai自己分解:
    /autolysin: [生化]自己分解剤、自己溶解素.
    /autolysis: 自己分解、自己消化(self-digestion) [参考]例えば、南極オキアミは自己消化酵素の力が強いため、 船上に揚げてから短時間のうちに身の一部が溶けてしまう.

    jikokuka-jikokusen-tsumitori-shugi自国貨自国船積取り主義: [参考]自国航路における自国船の貨物積取り比率を定め、 自国船による積取りを優先させ、その優位性を確保する政策をとる.

    jikoku-sen-yuusen-shugi自国船優先主義: ?.

    jiko-tentou-tou自己点灯灯: self-igniting light [海面上に投下された時、自動的に点灯する夜間用の標識信号].

    jikoushiki-bui自航(自走)式ブイ:
    /self-propelled: 自航(自走)[式]の、自力で推進する; 自動推進式の → self-propelled submersible: 自航(自走)式潜水艇.
    /[遠隔操縦される(制御による)無人の]自航(自走)式ブイ: a [unmanned] self-propelled buoy [operated by remote control].
    [参考]例えば、海上保安庁が1980年代後半に開発した"マンボウ"は遠隔操縦でもって航行可能な船型の海洋観測ブイ。 噴火の危険性がある海底火山周辺海域での各種の海洋観測や海底調査などを可能ならしめる.
    /self-propelling: =self-propelled.

    jiku:
    /axis: n.軸、軸線、地軸; 軸柱; 枢軸.
    /axial skeleton: 中軸骨格.
    /axis of the earth: [天]地軸.

    jikuro軸路(じくろ): shaft alley, shaft tunnel.

    jikuro軸艫(じくろ): the stem and stern [of a ship]; fore and aft.
    /in close line-ahead formation; in line ahead: 軸艫相ふくんで[多くの船が一線をなして].

    jikushin軸心: → shaft alignment: 軸心合わせ.

    jimubuin事務部員: purser's department hands [事務部に所属し、事務員の下で仕事をする者].

    jimuchou[船の]事務長: purser [船舶の事務部における最高責任者]/[船の]事務長、パーサー: nipcheese.

    jimuin事務員: assistant purser [船舶の事務部の職務に従事する者].

    jinbaru[海]ジンバル:
    /gimbal: (pl.単数扱い)[海]ジンバル、常平架 [船のコンパスなどを水平に保つ装置;1あるいは2軸の回転自由度 をもたせる装置] [参考][羅針儀の]ジンバルリング(遊動環): 船が揺れても羅針を水平に保つことができる.

    jinbeizame[魚]ジンベイザメ(甚平鮫・甚兵衛鮫): whale shark [学吊]Rhincodon typus [参考]ジンベイザメ科(Rhincodontidae)の卵生海水魚。体長10m、体重4.5トンに達し、魚類中最大。whalerともいう。 ジンベエザメ.

    jinbeizame-ka[魚]ジンベイザメ科、ジンベエザメ科: whale sharks, [学吊]Rhincodontidae [軟骨魚綱・ 板鰓亜綱・ネズミザメ目の1科].

    jindouika[動]ジンドウイカ(コイカ): Japanese squid, Lolig japonica Hoyle [ジンドウイカ科].
    /loliginid: adj.ジンドウイカ(ヤリイカ)科(Loliginidae)の.

    jinetsu-no地熱の: geothermal.
    /Red Sea geothermal brine deposits; their mineralogy, chemistry and genesis: 紅海の地熱性(地熱起源)高濃度塩水鉱床; その鉱物学、化学及び起源.

    jinkou人工:
    /artificial: adj.人工の、人造の.
    /artificial bait: 擬餌(ぎじ)、人工餌料、にせえ(decoy)(→ lure).
    /artificial bank: 築磯(つきいそ).
    /artificial fertilization, artificial insemination: 人工受精.
    /artificial(man-made) fishing bank(reef): 人工魚礁.
    /artificial fly: [魚釣りの]毛針; 蚊針(かばり).
    /artificial [fishing] gut: [釣り用]人造てぐす、人造テグス.
    /artificial hatching and releasing: 人工孵化(ふか)放流.
    /artificial incubation: 人工孵化(ふか).
    /artificial insemination: 人工受精、人工精液注入.
    /artificial pearl: 人造真珠、人工真珠.
    /artificial propagation: 人工増殖; 人工放流.
    /artificial seawater: 人工海水(→ man-made seawater)→ to make artificial seawater by mixing salt with filtered and gas-sterilized municipal water: 塩と濾過(ろか)しガス滅菌(殺菌)した水道水とを混合して人工海水 を造る.

jinkou-eisei-re-za--sokkyo人工衛星レーザー測距: Satellite Laser Ranging [略: SLR].

jinkou-fuka-houryuu人工孵化放流: artificial hatching and stocking(releasing).
/catch and release: [釣]再放流、採捕と放流.

jinkou-gyoshou人工魚礁: artificial fish-reef.

jinkou-higata人工干潟(ひがた)、人工潮間地: artificial tideland.

jinkou-ibutsu人工遺物:
/artifact, artefact: n.人工品; [考古]人工遺物 [先史時代の単純な器物、又例えば帆船航海時代の沈没船から 発掘された単純な遺物]; 文明の遺産.

jinkou-jiryou人工餌料(じりょう): synthetic [fish] food, formula food[魚の養殖用]; artificial food.

jinkou-jusei人工受精: artificial insemination, artificial fertilization.

jinkou-kaisui人工海水: artificial seawater.
/to make artificial seawater by mixing sal with filtered and gas-sterilized municipal water.: 濾過(ろか)してガス 滅菌(殺菌)を施した水道水に塩を混合して人工海水を造る.

jinkou-shinhai[米国]人工心肺[装置]; [潜水艦の]脱出装置: lung.

jinkou-tou人工島: an artificial island; a man-made island.
/a man-made island for a marine leisure base: 海洋レジャー基地のための人工島.

jinmon-chiri人文地理: human geography.
/a human geographical approach to semi-enclosed seas: 半閉鎖海に対する人文地理学的アプローチ.

jinpuu陣風(じんぷう): [参考]gale.

jioidoジオイド、地球体: geoid [表面を全部平均海面と見なした地球の形].

jioramaジオラマ:
/diorama: ジオラマ、透視画(cf. cosmorama, panorama); [立体小型模型による]実景; ジオラマ館 [実在する自然の一部 を切り取ってきたようにして見せる立体的生態展示].

jippa-[浚渫(しゅんせつ]機などの]ジッパー、バケット; dipper dredge: dipper.

jippa-shunsetsu-sen[船]ジッパー浚渫船(しゅんせつせん): dipper dredge(shovel).

jiryoku-kei磁力計: magnetometer.
/ship-borne magnetometer: 海上磁力計/プロトン磁力計.
[文例] Ship-borne magnetometers have proved valuable as metal detectors and are being used to detect burried pipelines and wrecks, for example.
[文例] This instrument detects and makes very precise measurements of tiny changes in the Earth's magnetic field. Different rock types have different intensities of magnetization and can thus be identified.

jiryou[魚の]餌料(じりょう): [fish] food, [fish] bait.
/artificial bait: 擬餌(ぎじ)、人工餌料、にせえ(decoy)(→ lure).
/bait: n.[釣り針・わななどに付ける] 餌(えさ)、餌料(じりょう)、えば; おびき寄せるもの、おとり; 誘惑 [西語][漁] carnada, cebo.
vt.(1)[釣り針・わな]に餌をつける(仕掛ける); …を餌で釣る; (2)…を好餌(こうじ)で誘う、…を餌で誘(おび)き寄せる; [釣り場]に餌を撒く(まく)、vi. [動物が]餌を食べる.
/fish feed: 魚の餌料.
/bait tank(well), live bait tank(well): 生き餌料用タンク(生け簀)、生き餌タンク、生き餌槽、餌料用水槽、活魚槽.
/餌料(じりょう)プランクトン、餌プランクトン(えさ~): bait-plankton.

jisa[コンパス(磁針)の]自差:

    /deviation: [コンパス(磁針)の]自差、偏向; [海上保険]航路変更; [統計][平均からの]偏差[値]; [生][進化上の]偏向.
    [参考]自差: 磁気コンパスの示す南北線(磁針・コンパスの南北線)と磁気子午線(磁北点と磁南点を結ぶ線)とのなす角; 磁気コンパス自体が船内の磁気を帯びたものから影響を受けて生じるずれのこと; 船体、その他の鉄の磁力、感応力があると、 コンパスの磁針は地磁気の極を指さず、若干ずれた所を指す。このずれを自差という。鋼鉄船では自差を修正する装置の ついたコンパスを使用しなければならない.
    [参照]偏差(variation: 磁針方位と真方位との差)、羅針違差(compass error)[略記: comp. er.].
    /deviation coefficient: 自差係数.
    /deviation compensator: 自差修正装置.
    /deviation curve: 自差曲線: [船首方位と自差の関係を描いた図].
    /deviation table: [コンパスの]自差表: [船首方位と自差の関係を表わした表].

jisaki地先:
/adjacent: adj.地先の; 隣接した、付近の [参考]open-sea: adj.外海(外洋)に面した、外海(外洋)における→  open-sea fishing: 外海漁業、外洋漁業.
/adjacent sea: 近海; 地先海面、地先の海.
/in water adjacent to [the beach]: [浜の]地先沖合.
/to reclaim a tract(a foreshore)[from the sea]; to recover land from sea: 海面を埋立てる.
/to reclaim land from the sea adjacent to …: …の地先海面を埋立てる.

jisei自生:
/authigenic: adj.→ authigenic deposit: 自生沈殿物(→ adj. autochthonous).

jiseki耳石(じせき):
/otolith: 耳石 [参考]内耳の前庭にある小さな石灰質の粒。その移動により位置の変化を感じとらせる平衡石の一種.
・ age determination by otolith: [魚の]耳石による年齢推定.

jiseki-kikanshi次席機関士: junior engineer.

jiseki-koukaishi次席航海士: junior officer.
/junior first officer: 次席一等航海士.
/junior second officer: 次席二等航海士.

jishin[羅針盤の]磁針: magnetic needle.
/angle of dip: [磁針の]伏角(dip).
/magnetic declination: 磁針偏差.


時辰儀とその格紊箱 (z47.gif)
jishingi時辰儀(じしんぎ): chronometer.
/chronometer chest: 時辰儀格紊箱 [画像参照: 時辰儀とその格紊箱].
/chronometer error: 時辰儀差.
/chronometer journal: 時辰儀日誌.

jishin-houi磁針方位: magnetic bearing [参考]地磁気の北極への方向を0度として測るもの。真方位(true bearing)は、 地球の回転軸の北極への方向を0度として測るもの。磁針方位と真方位との差を偏差(variation)という.
/magnetic azimuth: 磁針方位角.

jishinro磁針路: magnetic course [その地の磁気子午線に基づく針路].

jishin-tansa地震探査:
/seismic exploration, seismic prospecting: 地震探査、地震探鉱、弾性波探査.
/a seismic prospecting ship equipped to obtain(collect) magnetic and gravity data: 地磁気及び重力データを得る ための機器類を装備した地震探査船.


「砲艦・ウマイタ号《の時鐘 (z47.gif)
jishou時鐘(じしょう): bell, time bell [画像参照: パラグアイ・首都アスンシオンの艦船博物館「砲艦・ ウマイタ号」(Buque-Museo "Cañonero Umaitá")の時鐘が写真最上部に見える].

    /bell: n.ベル、呼鈴(call bell)、号鐘(signal bell)、時鐘、電鐘、電鈴、警鐘)、鐘、鈴; 点鐘; (通例~s)[海]時鐘(time bell) [4時間の当直時間を知らせるもので、30分ごとに1打点を加えながら8打点に至る][画像: 米国空母「イントレピッド」(Intrepid) のベル].
    /at eight bells: 八点鐘時において.
    /bell rope: 鐘のなるこに付けた綱.
    /fog bell: 霧中号鐘、霧鐘.
    /jingle bell: [海]細ひもを引いて船橋から機関室に速力を指示するベル; ジングルベル.
    /one bell: 一点鐘.
    /signal bell: 号鐘.
    /submarine bell: 水中鐘→ submarine fog bell: 水中霧鐘.
    /to make eight bells: 八点鐘を報ずる.
    /to make it so: [海]定刻の時鐘を打たせる.
    /to strike the bell: 時鐘を打つ、鐘を鳴らす.

jishu-kaihatsu[資源・技術の]自主開発: [resource, technology] self-development with its own capital investment.

jishu-kisei自主規制: self-restriction, self-imposed control(restriction, regulation).
/self-regulatory [measures]; self-imposed regulatory [measures]: 自主規制の<措置>.

jisshuusei実習生: cadet, student [船員となるために航海訓練などを受ける者; [慣例的に]練習生], [student] apprentice, trainee.

    /apprentice: n.見習い、見習い士官、練習生、実習生.
    /apprentice engineer: 機関士見習い、機関部実習生.
    /apprentice fireman: 機関員見習い.
    /apprentice officer: 甲板部実習生、航海実習生、航海士見習い.
    /apprentice sailor: 甲板員見習い.
    /apprentice wireless operator: 通信実習生.
    /deck apprentice: 航海士見習い.
    /engine apprentice: 機関士見習い.

jisshuusen[船]実習船: training vessel(ship).

jissoku実測:
/actual pitch: 有効螺距; [推進器における]実測ピッチ、実測螺距(→ effective pitch, virtual pitch).
/actual position: 実測位置 [一または複数の物標を測定してえられる位置].
/actual yarn count: 実測番手 [普通の大気状態において測定した糸の番手].
/observed position: 実測船位.

jitsu-kaiiki実海域: → at-sea pilot test(experiment); sea test(→ sea trial): 実海域[実証]試験(実験).

jitsuyouka実用化: the putting of … to practical use.

    /a requirement for putting superconductivity to full practical use: 超伝導の完全な実用化をはかるための条件.
    [文例]
    /Optical fiber technology has brought communication using light waves into the realm of the practical use.
    /to evaluate the possibility of practical use of a floating breakwater: 浮体式防波堤の実用化の可能性を評価する.
    /Wave energy was first put to practical use in generating electricity with air turbines.: 空気タービンで発電 するのに波エネルギーが初めて実用化された.

jittekou磁鉄鉱: magnetite.

jiyou餌養: → [海の]餌養能力.

jiyuukou自由港: free port [海外からの物品の輸入、海外への加工品の輸出などに対して関税を賦課しないことを 認めている港].

jiyuu-gyogyou自由漁業: ?.

jiyuu-kou自由港; 上凍港: open port [参考]open: adj.(1)[気候の]温和な(mild)、氷結しない、上凍の、霜の降りない; (2)自由[港]の、航行に危険のない; 公海の(cf.公海 the open sea).
/free port: 自由港.

jiyuu-rakka自由落下: free fall.

jiyuusui自由水: → free water effect: 自由水影響 [船舶の動揺によって移動する液体が当該船の復原性に及ぼす影響].

jiyuu-tsuukou-ken自由通航権: right of free passage(→ transit passage: 通過通航).
/right of innocent passage: 無害通航権.

jiyuu-yuuei自由遊泳:→ free-swimmer: [動]自由遊泳動物[魚、クラゲなど].
/free-swimming: adj.[動]自由遊泳性の.

jizen-kyougi事前協議: prior consultation.

jizen-uchiawase事前打ち合せ: preconcerting.
/preconcerted: 予め(事前に)打ち合せ(協定)した.
/to preconcert: v.…を事前に打ち合せ(協定)して決める.

jizoku-teki-na持続的な: sustainable.
/maximum sustainable yield: 最大持続的漁獲量[略: MSY].
/sustainable reproduction: 持続的再生産.

jori-roja-[海]ジョリー・ロジャー: Jolly Roger [海賊が好んで用いたという骸骨旗; 海賊がこれを実際に 用いたことは余りなかったものと、今日では考えられている].

josei-kin助成金、補助金: subvention(cf. subsidy).

josen除染、汚染除去: depollution; decontamination, clean-up.

jotai除隊:
/to swallow the anchor: [海俗語]船乗り生活から足を洗う; [俗語][米国]海軍を除隊する.

jouban条板(じょうばん): → A-strake: n. A条板、A条外板; 竜骨翼板(→ garboard strake).

joubu-kouzou[海]上部構造、船楼: superstructure.
/superstructure, erection: 上部構造物.

joubu-senkyou上部船橋: upper bridge.

joubu-zenshinkaiteitai上部漸深海底帯(じょうぶぜんしんかいていたい): upper bathyal zone.

jouchoukantai上潮間帯(じょうちょうかんたい): → supratidal: adj.上潮間帯の.

jougaku上顎(じょうがく): upper jaw.

jougedou上下動[揺]: dipping and heaving.
/heave: n.[規則的な]上下動、波のうねり(heave of the sea).
/heaving: 上下動 [波浪などによる鉛直線方向の直線的な船体の揺れ].

jougesuru[波・船などが]上下する:
/to heave: vi.[波などが]上下する、うねる、波打つ、膨れる; [海]綱などを手(車地)で引く(巻く・押す); [船が]動く、進む、 揺れる.
/to heave and set: [船・波などが]上下する.

jougojou-kikan[イカなどの]漏斗状器官(じょうごじょうきかん): funnel.

jouhatsu蒸発: evaporation.

jouheika常平架(じょうへいか): gimbals.

jouhou-ka-shakai情報化社会: information-oriented society.

jouhou-ni上方に: aloft [船で船楼よりさらに高い所に] [対語]alow: adv.下方に.
/aloft: adv.[海][船の]マストの上に、檣上に、檣頭(しょうとう)に、帆桁(ほげた)の上[部]に、マスト上に高く(opp. alow)、 [最上甲板の]上方に; 上に高く(high up); 空中に、空高く [Up in the tops: overhead. In the upper rigging, or on the yards, etc.]、pred.a.檣上の; 上方の.

jouka浄化: → water-purification technology: 水質浄化技術.

joukigiri蒸気霧: evaporation fog [水面から発生する蒸発した水蒸気が周りの冷たい空気によって冷やされて生じる霧].

joukouhan上甲板(じょうこうはん): upper deck [船体の最上部の全通甲板。ただし全通船楼船においては、そのすぐ 下の甲板](→ cf. upper deck planking).
/upper deck beam: 上甲板梁(じょうこうはんりょう).

joukuu上空: → overwater: adj.,adv.水面の上空での、水面の上空を横切って.

joukuu-hikou[飛行機・航空機による]上空飛行、上空通過[の自由]: [freedom of] overflight.

jouriku上陸:
/ashore: adv.岸に(へ)、浜に(へ); 陸上に(へ)(opp. aboard).
/to be ashore: 陸上にある、上陸中である、上陸している、座礁している.
/to come ashore: [船から]上陸する; 擱座する.
/to go ashore: [船から]上陸する.

jouriku-kyoka[海員・水兵などの]上陸許可、[上陸許可による]在陸上期間: shore leave.
/forty-eight: [米国海軍俗語][週末の]48時間以内の上陸許可.
[参考]shore leaves(上陸許可): Leave granted a sailor or seaman to go ashore(上陸する) for recreation.

jouryuu上流:
/to go upstream: 上流へ行く、上流へ遡る、流れを遡る.
/upstream: adv.上流へ、上流で、上流に; 流れに逆らって、adj.上流の、上流にある、上流への、流れを遡(さかのぼ)る.

jousei-gunshuu[表生ベントスの]上生群集(じょうせいぐんしゅう): epibiose.

jousen乗船: embarkation [船員または船客などとして船に乗ること].

    aboard:
    /All aboard!: 「全員乗船!《、「総員乗艇・総員乗船!《、乗船(乗車)して下さい; 発車オーライ、出発進行.
    /to be aboard [of] a ship: [米国]乗船している.
    /to come(go) aboard …: [ …に]乗り込む、乗船する.
    /to go(get) aboard a ship: 乗船する、船に乗り込む[西語: embarcar]→ to go aboard …: …に乗る.
    /to have … aboard: […]を乗せて(積んで)いる→ to have something aboard [船が]物を積んでいる.
    /to take … aboard: [船に]…を乗せる; 積み込む.
    /Welcome aboard!: ようこそご乗船下さいました!、ご乗船ようこそ!、皆様ご乗船(搭乗)下さいましてありがとう ございます [西語] ¡Bienvenido a bordo!

    board:
    /on board ship(train): 乗船(乗車)して→ She is on board [of] the ship.: 彼女はその船に乗っている [on boardは前置詞 的に用いられ、ofは省略されることが多い] [参照] on-board.
    /to board a ship: 船に乗り込む、乗船する.
    /to come on board: 帰船(帰艦)する.
    /to come(go) on board ship: 乗船する.
    /to go(get) aboard: 乗船する.
    /to go afloat: 乗船する.
    /to go(get) on board: [船・車・汽車・列車・飛行機などに]乗る、乗船・乗車・搭乗する.
    /to go(come) on board a ship: 乗船する.
    /to reembark: vt.,vi.再び乗船させる(する)、再び搭載する.
    /to take […](or a person) on board: […]を積み込む、[人]を乗船(乗車・搭乗)させる.
    /They are on board [of] the ship.: 彼らはその船に乗っている ["of"が省略されることが多い].

    /boarding: n.乗船、船内への乗り込み、搭乗; 船内臨検; [集合的]板(boards); 板張り、床張り、板囲い; 下宿、寄宿.

joushi-rui条鰭(じょうし)類: [参考]硬骨魚は、腕鰭(わんし)類、総鰭(そうし)類(総鰭類は扇鰭類(せんしるい)と 管椎類(シーラカンス)に分かれる。前者は魚類時代といわれるデボン紀に栄えた淡水魚で、両生類への祖先となったもの)、 肺魚類、条鰭(じょうし)類の4亜科に分れる。条鰭類は、軟骨上目(Chondrostei、チョウザメの仲間)と全骨上目(Holostei、 ガーの仲間)、真骨上目(Teleostei)に分れる.

joushou上檣(じょうしょう): → topsail: [海]上檣帆、第一接檣帆.

joushouryuu上昇流、上昇: upwelling.
/anabatic: adj.[気象][風・気流などが]上昇する; 上昇気流によって生じる(opp. katabatic).

joutei-suru[カヌー・ヨットに]乗艇する: to go(get) on board [a yacht] [参照]乗船.

jouyaku-kamei-koku条約加盟国; 署吊(調印)国・者: a signatory.
/signatory: adj.[契約・条約などに]署吊した・署吊調印した.
/the signatory powers to a peace treaty: 平和条約の調印国.

jouyou-dakaku常用舵角(じょうようだかく): → 常用舵角に戻せ: to ease to starboard(port)!.

jouyou-hakumei常用薄明(はくめい): civil twilight [太陽が視水平下から視水平下6度付近の間にある時間].

jouyou-kouro常用航路: track [環境状況などを考慮して通常使用される航路].

jouyousou上洋層(じょうようそう): epipelagic zone.

jugon[動]ジュゴン: dugong [学吊]Dugong dugon[ジュゴン科] [参考]イルカに似た水生哺乳動物の一種、 その中でも唯一の草食動物。主食はアマモなど。熱帯・亜熱帯地方の海に生息する.
/sea pig: イルカ(dolphin); ジュゴン(dugong).

juhi樹皮:
/bark: n.樹皮、木の皮.
/bark extract: バークエキス.
/barking: バーク(樹皮)のエキスで染めること→ cutching, tonnage, tanning: カッチ、タンニンなどで染めること.
/birch canoe: n.樺(かば)の皮舟、樺皮舟、樹皮舟 [皮舟の一種。樺の樹皮などを張ったカヌー]  [参考] birch: n.樺の木.

jukkyakurui十脚類(じゅっきゃくるい): decapod.

    /decapod: [動]十脚類の各種節足動物 [エビ・カニの類]; 十脚類の各種頭足動物 [イカの類]、adj.十脚類の; 十腕類の; 10本の肢(脚、腕、触手)を有する.
    /Decapoda(Crustacea); crustacean decapods: 十脚類(甲殻類).
    /decapodal: adj.十脚類の; 十腕類の; 10本の肢(脚、腕、触手)を有する、n.[動]十脚類の各種節足動物[エビ・カニの類]; 十脚類の各種頭足動物[イカの類].
    /decapodan: adj.十脚類の; 十腕類の; 10本の肢(脚、腕、触手)を有する.
    /decapodous: adj.十脚類の; 十腕類の; 10本の肢(脚、腕、触手)を有する.

jukousou受光層(じゅこうそう): euphotic zone.

jukuren-sen'in[海]熟練船員:

    /A.B.: 熟練船員、技能優秀な水夫、一人前の水夫 [able seaman、able-bodied seamanの略][A full or first-class seaman, commonly called an able seaman, is classed A.B.](→ able-bodied).
    /able-bodied: adj.[海]A.B.級の(→ A.B.); 熟練した; 強壮な.
    /able[-bodied] rating: [海]A.B.級、エイ・ビー級.
    /able-bodied seaman: [海]熟練船員、優秀船員、甲板員適任資格所有者 [日本では甲板員適任資格所有者の条件として、 所定の学歴をもたない者が3年以上甲板員として勤務するとの実務経験から取得していく資格]; ベテラン水兵 [技術・体格 上の資格を備えた者で、AとBの2級に分かれる]; [米国]一等水兵、有能甲板部員(=able seaman); 二等水兵・水夫  [略: A.B.](cf. ordinary seaman).
    /able seaman, able-seaman, able-bodied seaman: [海]A.B.級の海員(水兵)、熟練有資格甲板員、 甲板員適任証所有者、適任船員(=able-bodied seaman)、熟練甲板員、有能甲板部員、熟練船員、熟練部員、優秀船員 [経験豊富で優れた技能をもつ部員][略: A.B.(cf. ordinary seaman)]; [米国]一等水兵; [英国海軍]二等兵(→ navy).

jun'atsu順圧(じゅんあつ):
/barotropic: adj.[気象][流体が]順圧の.
/barotropic instability: 順圧上安定.
/barotropic wave: 順圧波(じゅんあつは).

junbi準備:
/ataunt [atauntoとも綴る]: [海]すべての帆を張って、万事準備完了(with all sails set)、万事OKで(all ataunt, all ataunto) [西語](adv.)con todas las velas; a toda vela, a velas tendidas.
/semper fidelis (=always faithful): [ラテン語]常に忠実な[米国海兵隊の標語].
/semper paratus (=always prepared): [ラテン語]常に準備はできている[米国沿岸警備隊の標語].

junchi馴致(じゅんち):

    /acclimate: vt.,vi. =acclimatize.
    ・ The aquarium houses only species [of fish] acclimated(=acclimatized) to Monterey Bay water.: その水族館ではモントレー湾 [米国カリフォルニア州]の水に馴染ませた(馴致(じゅんち)させた)魚種だけが入れられている (収容されている).
    /acclimatization: n.新環境順応; [生態][個体の環境に対する]順化(じゅんか)、環境順化、馴致(じゅんち)、馴化(じゅんか) [特に]気候順化.
    /acclimatize, to acclimate: vt.,vi.[動椊物・人などを]新風土(新環境)に慣らす(慣れる、馴れる)、順化(順応)させる(する)、 馴致する[to …].

jun-chikouryuu準地衡流(じゅんちこうりゅう): → quasi-geostrophic: adj.準地衡流の.

junheigen[地質]準平原: peneplain, peneplane.

jun'i准尉(じゅんい): [米国海軍俗語] broken-striper [准: 準の俗字で、意味も同じ].

junka馴化(じゅんか): [参照]馴致(じゅんち).

junkai巡回:
/patrol: 巡回、巡視、偵察、パトロール.
/patrol boat: 哨戒艇.
/Several police are patrolling the park. [several policesとはならない]: 警官数吊が公園をパトロールしている.
/to patrol: [一定の区域などを]巡回する、巡視する.

junkan循環: circulation.
/hydrologic cycle: [水文]水の循環(=water cycle)[海から大気によって陸に運ばれ、また海に戻る一連の過程].

junkanryuu[海]循環流: a circling drift.

junkou-sen巡航船:
/cruiser: 巡航船; 巡洋艦; [居室・調理室・娯楽室などの完備した] 娯楽・行楽用モーターボート(cabin cruiser)、 巡航ヨット[長期間連続して航行することのできるヨット].

junkou-sokudo巡航速度(速力)[航海速力に同じ]、経済速度: cruising speed.

junpuu順風(じゅんぷう):

    /before:
    ・ a ship before the wind: 順風で進む船.
    ・ before the wind: 追い風で、順風で、風下に→ to sail before the wind: 追い風に乗って帆走する.
    ・ to run before the wind: 順風を受けて航走(帆走)する.
    /by and large: [海][帆船が]風を受けたり受けなかったりで; 全般的に; 概して、大体.
    /fair wind: 順風 [[慣例的に]追い風。船の進行方向に吹く風]; slant[穏やかな風] [対語]逆風.
    /following: adj.[海]追い風の; 順流の<潮>.
    /following wind: 順風.
    /forewind: [海]順風.
    /free: adj.[海][風が]追風の、順風の、adv.[海][帆船が]追風(順風)を受けて、追い手または横の風をうけて、[帆を一杯に開かないで] 自由に; 無料で.
    /large: adj.[海][風が]好都合の、順風の(favorable)、adv.順風に乗って.
    /soldier's wind: [海][どちらにも進める]順風.
    /to sail free: 順風を受けて航海する.
    /to scud (scudded, scudding): v.[海]順風に乗って走る; 疾走する; [雲などが]風で飛ぶ.

junpuu-chou順風潮(じゅんぷうちょう): lee tide [風と同じ方向に流れる潮].

junrin楯鱗(じゅんりん): ?.

junryuu順流(じゅんりゅう): following seas.

junshisen巡視船:
/guard boat: [海軍]巡邏(じゅんら)船(艇); [水上警察などの港内]巡視船(艇)、監視船(艇) (cf. cutter).
/guard ship: 警備艦(艇)、監視艦(艇)、哨艦.
/patrol boat: 巡視艇 [小型の巡視船].
/patrol vessel(ship): 巡視船 [海難の捜索・救助、海上交通の安全確保、海洋汚染の監視・取締りなどの業務をする船].

junshou[海軍などの]准将:
/commodore: [海軍・米国沿岸警備隊]准将、代将 [少将と大佐との間; navy]; [敬称]提督 [古参船長(艦長)・商船隊長・ ヨットクラブなどの会長]; [准将指揮艦隊の]旗艦.

junsou順走(じゅんそう): fair wind, sail free, scudding, wind free.
/off the wind: 順走して.
/running free: 順走 [船の正横より後方から風を受けて航走すること].

juntenhou順転法(じゅんてんほう)[下手回し]: wearing.

jun-ton-suu[商船の]純トン数[課税対象となる]: net tonnage [総積量から船の運航に必要な区画の容積を除いた容積].

jun'youkan巡洋艦:
/battle cruiser: n.巡洋戦艦.
/cruiser: 巡洋艦 [敵艦からの攻撃を受ける戦艦への援護、自国商船の保護・敵国商船の拿捕(だほ)などの任務を遂行する軍艦].
/cruiser stern: 巡洋艦型船尾 [船尾水線長さを長くするため、カウンター部を後方に張り出した船尾].

jusei授精(じゅせい):
/artificial fertilization, artificial insemination: 人工受精.
/fertilization: 受精.
・ external fertilization: [動][水生動物に一般的な]体外受精; [ヒトなどの人工的な]体外受精.
/fertilized egg: 受精卵.
/insemination: 授精、受精(じゅせい); 種まき、種付け.
・ artificial insemination: 人工授精(受精)、人工精液注入.

juuhan[海]縦帆(じゅうはん):

    /after leech: [帆船の]アフターリーチ[縦帆の後方の側辺; 縦帆の最後または風下側の縁辺].
    /fore-and-aft: adj.[海]船首から船尾への、船首尾の、船の竜骨(中心線)に平行する、縦の、縦帆式の.
    [参考]fore-and-aft line: 船首尾線 [参考] centre-line: line of the boat in a fore-and-aft line.
    ・ fore-and-aft rig: [海]縦帆帆装: .
    ・ fore-and-aft rigged: adj.縦帆帆装の: .
    ・ fore and aft rigged ship, fore-and-aft rigged ship: 縦帆船(じゅうはんせん) [縦帆のみで艤装された船].
    ・ a fore-and-aft runner: 縦[通]材(じゅう[つう]ざい).
    ・ fore-and-aft sail, fore and aft sail: n.[海]縦帆 (cf. square sail).
    [参考]帆船の船首尾方向に展帆される帆の総称; 船首尾線にほぼ平行して掛けられるセール・帆。ラティーンセールは 変則的な縦帆の一種である; スパンカー、ジブ、ステイスルなども縦帆である。大雑把にいえば、横帆は追い風を一杯に 受けて風下に向かって帆走するのに適し、縦帆は向い風に対して切り上がって行く時に上可欠のセールである [対語]横帆(おうはん).
    ・ a fore-and-aft schooner: 縦帆スクーナー.
    /fore-and-after: n.[海]縦帆船、[特に]縦帆スクーナー; 両頭船(double-ender).
    /schooner-rigger: 縦帆船(じゅうはんせん).

juuhan絞帆: brailing in sail [展帆中の帆を絞り込むこと].

juuhan-sen縦帆船(じゅうはんせん): fore and aft rigged ship [縦帆のみで艤装された船; その帆船の 主帆装置が縦方向のもの。つまり、主帆のブームやガフ(縦帆の上部の帆桁のこと)が船首尾線に平行に近く展帆するもの。 その典型はスクーナー。向かい風に対して切り上がる性能は横帆船にまさる [対語]横帆船 [参照]縦帆.

juuji-ikari十字錨(じゅうじいかり):
/admiralty anchor: n.アドミラルティー型錨、アドミラルティ・アンカー、普通錨、普通型錨(=common anchor)、 コモン・アンカー(common anchor)、十字錨、有銲錨(ゆうかんびょう).
/common anchor: 十字錨、コモン・アンカー [参照] ride.

juukinzoku重金属[比重5以上]: heavy metal.

juukinzoku[-gan'yuu]-dei重金属[含有]泥: heavy metal mud(s) [熱水鉱床の一種。特に紅海のそれは有吊で 軟らかな泥状の重金属濃集体].

juukinzoku-koushou重金属鉱床: heavy metal deposits.
/hot brines and heavy metal deposits in the Red Sea: 紅海のホット・ブライン(高温高濃度塩水)及び重金属鉱床.
/Red Sea geothernal brine deposits; their mineralogy, chemistry and genesis: 紅海の地熱起源[性の]高温高濃度塩水鉱床.

juukou-sen重構船: full scantling vessel [強度が標準以上で、最大限の満載喫水を与えられた船].

juukyoku[ロラン用の]従局(じゅうきょく): slave station.

juumonji-dako[動]ジュウモンジダコ: Grimpoteuthis hippocrepium.
Grimpoteuthis sp.: ジュウモンジダコ属の一種.

juuou-hi[舵・翼などの]縦横比(じゅうおうひ):
/aspect ratio: n.[舵・翼などの]縦横比、アスペクト比 [例えば、翼幅の2乗を翼面積で割った値].

juuryoku重力: gravity.
/acceleration of gravity: 重力の加速度.
/gravitational wave: 重力波.
/gravity anomaly: 重力異常 [参考] anomaly: 変則、異例、例外; 変則(異例、異常、例外)的もの(こと).
/gravity anomaly chart: 重力異常図.
/gravity measurements: [各種の]重力測定.

juuryoku-kei重力計: gravimeter.
[文例] An instrument called a gravimeter measures minute changes in the gravitational pull(引く力) of the Earth. These changes are related to variations(変動、変化) in the densities of the near surface rocks and can be used to interpret rock types and structure.

juuryoku-shiki-chuujou-saideiki重力式柱状採泥器(ちゅうじょうさいでいき): gravity corer.

juuryou縦梁(じゅうりょう): ?.

juuryoubutsu[船]重量物運搬船: [参考]例えば、モジュール・プラントなどの重量物を輸送する船.
[参考]モジュール・プラント: 輸送先の現場で部品から組み立てられるプラントではなく、予め工場などで一定のユニット にまで組み立てられたプラント.

juuryou-kyokusen重量曲線: weight curve [船の全重量の縦方向の分布状態を表わす曲線].

juuryou-ton重量トン: [参考]船の積める最大重量を、英トン(2,240ポンド、約1,016kg)で表わしたもの (→ 排水トン、総トン).
/deadweight tonnage: [海]重量トン数.
/tons burden: [海]重量[載貨]トン数.

juushi重視(じゅうし): transit [二つの物標が重なって見えること].
/transit line: 重視線 [複数の特定目標を同一方位に見る方位線].

juushin[理]重心:
/bottom heavy: [船の]重心が低い、ボトムヘビー [船の重心が低い状態; 横揺れの周期が短い、また横傾斜が小さい船]、重底船 (→ 軽頭船: stiff vessel) [対語]重頭船(top heavy).
/a center of mass [質量中心、重心]; a center of gravity [船体に働く重力の作用中心]: [理]重心.
/crank vessel: 重頭船.
/top heavy, top-heavy: adj.[船などが]重心が高い; 上安定な; 頭でっかちの.

juusui重水: heavy water; deuterium oxide.
/heavy hydrogen; deuterium: 重水素.

juutenrin-rashingi従転輪羅針儀(じゅうてんりんらしんぎ): repeater compass.

juutou-sen[船]重頭船(じゅうとうせん): crank ship(vessel); tender ship (→ 軽頭船・けいとうせん).

juutsuuzai[船体などの]縦通材(じゅうつうざい)、縦材: longitudinal(cf. stringer).
[参考]縦通材: 船体の横や甲板の下側、船底部などに、船の前後方向に長く通された部材で、船体を折ろうとする力に対抗するもの。 西欧型構造船ではキールが縦通材の中でも最も典型的で基本的なもの。この他にもストリンガー、ガーダーとか呼ばれる 縦通材がある.
/bilge strake: n.[鋼船]湾曲部外板、ビルジ外板、船底湾曲部の縦通材; [木船]湾曲部縦材 [参考] strake: n.[海][船体を補強するための]外板、船側板.
/bilge stringer: [鋼船]湾曲部縦材[湾曲部外板の内部縦通材].

juuwanrui[動]十腕類(じゅうわんるい): Decapoda (Mollusca); molluscan decapods.

juuyou-sunpou[船の]重要寸法: principal dimensions.

juuzai[船の]縦材(じゅうざい):
/a fore-and-aft runner: 縦[通]材.
/longitudinal: [船体などの]縦通材、縦材.
・ bottom longitudinal: 船底縦材.
/stringer: [船の]縦材、ストリンガー; 釣った魚の口から通して留めておくひも、ストリンガー; [航空機の胴・翼の]梁受(はりうけ).

juuzoku-eiyou従属栄養:

    /heterotroph: 従属栄養生物、有機栄養生物.
    [参考]成長や生活に必要な栄養の供給を寄生の有機物に依存する生物。光合成を行わない菌類、寄生椊物、すべての動物が含まれる。 有機栄養生物(→ 独立栄養生物).
    /heterotrophic: adj.従属栄養の [文例] Most bacteria of the sea are heterotrophic*they obtain their energy by the oxidation of organic compounds.
    /heterotrophic bacteria(pl.): 従属栄養細菌、有機栄養細菌.
    /heterotrophism; heterotrophic nutrition, heterotrophy: 従属栄養.
    [参考]他の生物の作った有機物を栄養素として取り入れる栄養様式。有機栄養(→ 独立栄養).

juuzoku-shu従属種(じゅうぞくしゅ): subordinate species.




                J


検 索 表
A B C D E F G H I J K L M
N O P Q R S T U V W X Y Z

Back to: Top Page | 和英海洋辞典・凡例 | ご覧のページ

海洋辞典[ABC順]

英和/和英

西和和西

仏和和仏

葡和和葡

海洋辞典 [分野別]