Page Top

海洋辞典
[ABC順]

英和和英

西和和西

仏和和仏

葡和和葡

海洋辞典
[分野別]



    kou[生物分類学上の](こう):
    /class: n.[動]綱(こう) [生物分類: 門(phylum)と目(order)との中間; 綱名には、その語尾に -aceaをつける; 例えば、crustacea(甲殻類)].
    /subclass: n.[生]亜綱; クラス(class)の下位分類.

    kou(こう):

      /steel: n.綱(こう)、はがね、鋼鉄、スチール.
      /steel boat, steel vessel(ship): n.鋼船、綱造船.
      /steel deck: n.綱甲板(deck plating).
      /steel hawser: n.大綱索.
      /steel wire rope: n.綱索.

    kou(こう):
    /cuttlebone: n.イカの甲(こう) [コウイカの内部にある石灰質の甲; みがき粉・小鳥などの飼料になる].

    kouatsu高圧: → high pressure belt(zone): n.高圧帯.

    kouatsu好圧(こうあつ):

      /barophilic: adj.好圧性の.
      /barophilic bacteria: 好圧[性]細菌 [参考]bacteria: (pl.)細菌、バクテリア; 単数形-rium [参考] halophilic bacteria: 好塩[性]細菌、[参考] -philia: "abnormal liking for", "tendency toward"を意味する連結形.
      /-philia: "abnormal liking for", "tendency toward"を意味する連結形.
      [参考]halophilic bacteria: 好塩[性]細菌.

    koubai勾配(こうばい): gradient.

      /dead rise: n.船底の傾斜(→ dead flat)、船底勾配(=rise of floor).
      /declivity: 勾配、傾斜.
      /sea-bottom gradient: 海底勾配.
      /shelve: vi.[海底などが]ゆるい勾配になる[down, up]、緩く傾斜する.
      /shelving: n.ゆるい勾配; その傾度、adj.ゆるい勾配の(=shelvy)/shelving bottom: n.遠浅(とおあさ).

    koubakogani[動]コウバコガニ: [参考]ズワイガニの雌で、雄の体の半分の大きさ.

    kouban絞盤(こうばん): [参照]キャプスタン.

    koubashosei[生態]広場所性(こうばしょせい):
    /eurytopic: adj.[生態]広場所性の [例えば、単一の(2つ以上の)環境因子の広範な変化に適応しうる特性; opp. stenotopic].
    /eurytopicity: n.広場所性.

    koube-daruma-garei[魚]コウベダルマガレイ:
    /braod-forehead flounder: n.[魚]コウベダルマガレイ、ウイダルマ.
    /strong-snout flounder: n.[魚]コウベダルマガレイ、ウイダルマ.

    koubi交尾:

      /coupling, copulation: 交尾[動物の性交のこと].
      /copulative: adj.交尾の、交接の、性交の.
      /mating: n.交配(交尾)[期]/the mating season: n.交尾期.
      ・ Pacific salmon die soon after mating.: [単複同形]太平洋サケは交尾(交配)後すぐに死亡する.
      /to copulate: v.交尾する、交接する、性交する.
      /to couple: v.[動物]を交尾させる、つがわせる.

    koubu後部:

      aft: adj.[海・空]船尾[近く]の、後部の、adv.船尾に、船尾の方に(へ)、船尾へ; 後方に(=behind)、後尾に(へ) (opp. fore) [西語] a popa.
      /aft body, after body, afterbody: n.[船・航空機・誘導ミサイルなどの]後部船体(艇体・機体・胴体)、 船体の後部.
      /aft cabin, after cabin: 後部船室 [参考]aftercabin: n.後部船室、[俗語]一等船室.
      /aft engine ship(vessel, boat): 後部機関船、後備機関船.
      /aft hold, after hold, after-hold: 後部船倉、後部船艙.
      /aftmost, aftermost: adj.[海][船の]最後部の、最船尾の、船尾に最も近い; 一番後ろの.
      /aft perpendicular, after perpendicular: n.後部垂線; 船尾垂線[略: A.P.].
      /right aft: [船の]真後ろに.

      after: adj.[海]船尾に近い、船尾寄りの; 船尾の、後部の、後ろの、adv.,prep.船尾に、後ろに.
      /after breast line: 後部近索[船尾の船腹方向にとられる係留索].
      /after bridge: 後部船橋.
      /after cabin: 後部船室(aftercabin).
      /after deck: [海]後甲板(こうこうはん).
      /after draft, aft draft: 船尾喫水、後部喫水.
      /after mast: 後檣(こうしょう).
      /after part: 船舶後部、船体後部(→ aft body).
      /after sail: 後帆.

      /afterbody(pl. -bodies), after body: n.[船・航空機・誘導ミサイルなどの]後部船体(艇体・機体・胴体)、船尾.
      /aftercabin: 後部船室(after cabin)、[俗語]一等船室.
      /afterdeck: n.[海]後部甲板、後甲板(こうこうはん).
      ・ after deck: [海]後甲板(こうこうはん).
      /after-hatch: 後部船倉口.
      /after-hold, after hold: 後部船倉(=aft hold).
      /after-mast, aftermast: 後部マスト[西語: palo de popa].
      /aftermost(=aftmost): adj.[海]最後部(さいこうぶ)の; 船尾に最も近い、最船尾の; 一番後ろの.
      /after-part: 後部.
      /afterspring, after spring: 後部斜索、後部斜舫索、後部控え索、船尾スプリング、アフタースプリング [入渠の際などに船体の前進力を抑えるために陸上にとるロープ; 船尾から船首の方へ張り出される斜めの係留索].
      /aftmost: adj.[海]=aftermost.
      /rear: n.後部; 後方; [艦隊・軍隊などの]後尾部隊、最後部.

    koubutsu-shigen鉱物資源: mineral resources.

      /bitumen: れき青、ビチューメン[炭化水素化合物].
      /bituminous: adj.れき青[質]の.
      ・ bituminous coal: れき青炭、有煙炭、軟炭(soft coal).
      /calamine: カラミン、異極鉱、珪(けい)亜鉛鉱.
      /sphalerite: 閃(せん)亜鉛鉱.

    kouchou港長(こうちょう):
    /harbour(harbor) master: [港を管理する]港務[部]長、港長、港務官 [船舶の出入港および港則に関する法令の施行を司る官憲].

    kouchou高潮(こうちょう): high water[略: HW] [参照]満潮.

      /at high(low) water: 高潮(低潮)で、満潮(干潮)で.
      /corrected establishment; mean high water interval; mean establishment: n.平均高潮間隔 [平均潮候率].
      /floodmark, flood-mark: n.満潮(高水)標、高潮標、洪水痕跡(high-water mark).
      /HHW: higher high water 高高潮.
      /HHWL: Highest High Water Level 既往最高潮位.
      /HLW: higher low water 高低潮.
      /higher high water: n.[海]高高潮(こうこうちょう)[略: HHW]→ higher low water: n.高低潮(こうていちょう)[略: HLW].
      /higher(lower) low water: 高(低)低潮.
      /highest high water: n.最高高潮.
      /high tide: n.満潮(まんちょう)、高潮(こうちょう)(high water)[潮汐作用(上げ潮)によって海面(水面)が最も高くなった状態]; 満潮時、高潮時; 高潮線 [対語] low tide/H.W.: n.高潮 [high water].
      /high water: n.[海・湖・川などの]最高水位; 満潮[時]、高潮[時](こうちょう)(high tide)[時] [略: H.W.]; 洪水(freshet).
      /high water full and change: 朔望(さくぼう)高潮間隔(間隙)[朔および望の高潮間隔を平均したもの]、大潮高潮 [略: H.W.F.C.].
      /high-water inequality: 満潮不等.
      /high water interval: 高潮間隔(こうちょうかんかく)、高潮間隙(かんげき)、満潮間隙 [ある地点において月が南中してから高潮になる までの時間のずれ]→ low water interval: 低潮間隔.
      /high water level: 朔望(さくぼう)平均満潮面 [略]HWL.
      /high water line(mark), high-water line(mark): n.高潮線、満潮線、高潮汀線(こうちょうていせん); [海岸線での]高潮線の跡;  [河川・湖などでの]高水位線・点; 高水標(こうすいひょう); 洪水痕跡; 高水準.
      /high-water mark: 高水標 [略: H.W.M.].
      /landwash: n.[海浜の]高潮線(こうちょうせん); [海浜への]波の打ち寄せ.
      /lower(higher) low water: 低(髙)低潮.
      /mean rise interval: 半高潮間隙.
      /mean rise of tide: 潮升[基本水準面から平均高潮面までの高さ].
      /MHW: mean high water [level]平均高潮(こうちょう)、平均高潮面.
      /MHWI, M.H.W.I.: mean high water interval 平均高潮間隔 [略: M.H.W.I.].
      /MHWS: mean high water springs 平均大潮高潮面、大潮の平均高潮面[略: M.H.W.S.].
      /time difference of high water: 高潮時改正数.
      /time of high water: 高潮時(こうちょうじ).
      /the top of the tide: 満潮; 一番調子のよい時.

    kouchou髙張:
    /hypertonic: adj.[理・化]高張の [2つの溶液のうち浸透圧が高い方の].
    /hypertonic sea water: n.高張海水.

    kouchou[例えば、ヤドカリの]甲長(こうちょう): cephalothorax length [頭胸甲長ともいう].

    kouchou-doubutsu腔腸動物(こうちょうどうぶつ):

      /Coelenterata; coelenterates: 腔腸動物[cf.クラゲ、イソギンチャクなど; ヒドロ虫綱・鉢水母綱・花虫綱の3綱から成る1門].
      /coelenterate: n.[動]腔腸(こうちょう)動物 [サンゴ・イソギンチャク・クラゲなど]、adj.腔腸動物の、腔腸動物に属する [参考]腔腸動物: 円筒形または傘の形をした下等の水中動物。 イソギンチャク、クラゲ、サンゴなど.
      /coelenteron: n.(pl. -tera)[動][腔腸(こうちょう)動物の]腔腸.
      /coeliac, celiac: adj.[解]腹腔(ふっこう)の.
      /coelom: n.[解][腔腸動物の]体腔 [発音シーラム].

    kouchouryoku抗張力(こうちょうりょく):
    /tensile strength: n.[理]抗張力、引っ張り強さ.
    /tensile stress: n.[理]引っ張り応力.

    koudaka-karamatsuコウダカカラマツ: flackish siphonshell.

    koudaka-kudahige-ebi[動]コウダカクダヒゲエビ: ridgeback shrimp.

    koudaka-matsumushi[貝]コウダカマツムシガイ: inflated dove shell.

    koudaka-sukashigaiコウダカスカシガイ: noble puncturella.

    koudakatamabikiコウダカタマビキ: pintado.

    koudei鉱泥(こうでい); スラリー[石灰・石膏などのような不溶解物に水を加えた混合物]: slurry (pl. -ries).
    /to slurry: vt.(-ried, rying)…をスラリーにする.

    koudo[天体・山などの]高度: altitude [測者が天体などの物標を見る視線と水平面とがなす角度].

      /altitude: n.[天]高度、高角[略: a., Alt.]; [天体などの]高さ、仰角(ぎょうかく)、高度; 標高.
      ・ altitude and azimuth almanac: 高度方位暦.
      ・ to take(observe) the sun's altitude: 太陽の高度を測る(観測する).
      /hypsographic curve: n.[海面上及び海面下の] 高度曲線.
      /to shoot the sun: [海]六分儀で正午に太陽の高度を測定する、太陽を天測する [航海者の俗語].

    koudou黄道(こうどう):

      /ecliptic: n.[天]黄道(こうどう) [地球の公転によって、天球上において太陽が1年間に1周して描くように見える、見かけ 上の軌道円]、adj.食の、日食の、月食の; 黄道の.
      /obliquity of the ecliptic: 黄道傾斜 [天の赤道に対する黄道の傾き].
      /zodiac: n.[天文]黄道帯(こうどうたい) [黄道(ecliptic)を中進にして南北それぞれ8度の帯] [西語](s.) zodíaco.

    koudo-fuhouwasan高度不飽和酸: highly unsaturated fatty acid.

    koudou-gaku[生物の]行動(習性)学:
    /behaviorist: 行動(習性)[研究]者.
    [文例]ウッズホール海洋研究所の海洋哺乳類の行動学研究者: a marine mammal behaviorist of the Woods Hole Oceanographic Institution [参考] behavior; behaviour: [生物の]行動、習性.

    koudou-hankei[船舶・航空機などの]行動半径:

      /outrange: vt.[他の船・飛行機など]にまさる航続距離をもつ、[ある地]より遠くまで航行(飛行)できる; [海] outsail.
      /radius: n.(pl. -dii or -diuses)半径; 区域、範囲; [船・航空機が]燃料を補給せずに戻ってこられる(航行できる)距離、行動半径; 航続距離; [六分儀・四分儀などの]腕、針.
      /radius of action, action radius: [船舶などの]航続距離、行動半径、行動範囲.
      /radius of sailing: 航海半径、行動範囲.
      /range: [海・空]航続距離.
      /circling radius: n.航続距離.
      /cruising range: 航続距離 [燃料補給することなく、巡航速力で航走できる最大限の距離].

    koudo-kaiyuusei-gyoshu高度回遊性魚種: highly migratory species [of fish].

    koudokei光度計: photometer.

    koudou-seiyaku-sen[船]行動制約船: hampered vessel [地理的な航行上の制限のため、あるいは従事している作業や故障 または操縦性不良などのために、行動が制約される船舶].

    koudo-shisa高度視差(しさ): parallax in altitude [測者の位置における天体の高度と地球の中心における天体高度との差].

    koueki交易:

      /trade: n.貿易、交易、通商; [the ~s]貿易風(=trade winds)[緯度約30度付近を中心とする帯状高気圧の地域から 赤道へ向かって一定方向に吹く風。北半球では北東、南半球では南西の方向].
      vi.[船が]商品・貨物を運ぶ; 通う[to …]; 商売をする[in …]; 取引・貿易する[with …].
      /The vessel trades between Seattle and Vancouver.: シアトルとバンクーバー間で物品を運んでいる.
      /a trade ship: 交易船.

    kouen[生態]好塩:

      /halophile: n.[生態]好塩性生物、好塩細菌、好塩菌.
      /halophilic, halophilous: adj.→ halophilic bacteria: pl.好塩[性]細菌.
      /halophilism: n.[生態]好塩性.
      /halophyte: [生態]塩生植物(cf. mesophyte).

    kouensei-no[生態]広塩性(こうえんせい):

      /euryhaline: adj.[生態]adj.広塩性の、広鹹こうかん)性の [さまざまな塩度の水に生息できる; opp. stenohaline].
      /euryhaline fish: n.[魚]広塩性魚.
      /holeuryhaline: adj.全広塩性の.
      /stenohaline: adj.[生態]狭塩性(きょうえん)の、狭鹹(きょうかん)性の.

    koufuu恒風(こうふう): permanent wind [絶えず一定の方向に吹く風; 北緯20-40度付近に見られる].
    /a constant wind: 恒風、常風.

    kougai(こうがい):
    /crossbar: n.横木、かんぬき; [海][錨の] 笄(こうがい).

    kougai公害: environmental pollution [公害と私害とは区別すべし。その定義はいかに?].
    /Basic Law for Environmental Pollution Control: 公害対策基本法.

    kougai口蓋(こうがい): → palatine: n.口蓋骨.

    kougai-kisei公害規制: pollution control.

    kougai-shigen-kenkyuusho公害資源研究所: National Research Institute for Pollution and Resources [「Bulletin of the National Research Institute of Pollution and Resources」を発行][日本; 旧通産省工業技術院の管轄].

    kougai-taisaku-kihon-hou公害対策基本法[日本]: Basic Law for Environmental Pollution Control.

    kougan向岸:
    /onshore: adj.陸に向かう、向岸の [対語] offshore: adj.陸上の、adv.陸に向かって; 陸上で.

    kouganfuu向岸風:
    /inshore breeze(wind): 向岸風.
    /inshore wind: 向岸風(=onshore wind).
    /onshore wind: n.向岸風.

    kouganryuu向岸流(こうがんりゅう): onshore current; coastgoing current.
    /inshore current: 海浜流 [対語: offshore current].
    /offshore current, off-shore current: 向海流、向沖流 [対語]on-shore current: 向岸流.
    /onshore current: n.[海]向岸流→ [対語]offshore current, off-shore current: 離岸流(りがんりゅう).



    A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z
    このページのトップに戻る/Back to the top of this page



    kougenshou高原礁(こうげんしょう): plateau reef.
    [参考]plateau: n.(pl. -teaux, ~s)[深海底の]海台[かなり広い範囲にわたる、頂上の広い海底隆起部; 200m以上の海の台地]; 高原、台地.
    ・ in comparatively shallow water over the Blake Plateau: ブレーク海台の比較的浅い水域(浅海域)で.

    kougousei光合成: photosynthesis.

    kougyou鉱業: mining industry.
    /mining of manganese nodules: マンガン団塊採鉱.

    kougyou工業: → industrial waste effluent: 工業廃水.
    /industrial wastes: 工業廃棄物.

    kougyou-gijutsu-in工業技術院[日本]: Agency of Industrial Science and Technology.

    kougyou-shingikai鉱業審議会: Mining Industry Council[日本; 資源エネルギー庁所管].

    kouhai交配:
    /hybrid: n.[例えば、魚の異種間の人工交配による]合いの子 、雑種、ハイブリッド、adj.雑種の [例]サケとヒメマスの一代雑種.
    /hybridization: n.交雑、交配、交雑育種、交配育種、雑種繁殖、雑種形成.

    kouhai-chi後背地:

      /cargo catchment area: 貨物集積可能圏、港の背後にあって、その港への貨物の呼び込み、集積可能な地域[圏] [参考][地理]集水地域、流域: catchment basin(area).
      /hinterland: [河岸・海岸地帯・港湾の]後背地、ヒンターランド[港などの背後の地域] [対語] foreland: 岬、海角(headland); 海岸地.
      ・ The Port of Baltimore handles various types of cargo, supporting its hinterland of the US Midwest: ボルティモア港は多様な貨物を 取り扱い、米国中西部の後背地の産業を支えている.

    kouhaku-kinshi-kuiki航泊禁止区域: ?.

    kouhaku-nisshi[日本の軍艦艇の]航泊日誌: [参考]航海日誌に相当する(→ log, logbook) [参照]航海日誌.

    kouhaku-zu港泊図(こうはくず): harbour plan, harbour chart [港湾、泊地、水道などの小区域を詳細に描いた 縮尺5万分の1より大縮尺の海図].

    kouhan[船の]甲板(こうはん)、デッキ; 突堤(埠頭)の床: deck [略: dk, d'k] [参照]甲板(かんぱん).

      /afterdeck: [海]後甲板.
      /below deck[s]: 主甲板の下[に(で、へ)]、船倉[に(で、へ)]→ to go below decks.
      /中甲板(ツインデッキ): → between decks: [海]主甲板間の甲板、[特に]貨物倉庫内の隆起甲板; 甲板間の場所、 中艙(ちゅうそう).
      /between decks: [海]甲板間に(で)、主甲板の下に(で)('tween decks); 船中の.
      /deck: 甲板(こうはん) [ビームの上に張られた、ほぼ水平で広い床面].
      /deck boy: 甲板員(deckhand).
      /deck cargo: 甲板積み貨物.
      /deck chair: デッキチエア.
      /deck department: [海]甲板部.
      /decked boat: 有甲板ボート.
      /decker: …個のデッキ(層、階)を有する船(乗物・建物など).
      /deckhand: 甲板部乗組員、甲板員; [英国]1年以上海上経験のある17歳をこえた水夫; [ヨットの]乗組助手.
      /deck head: [海]甲板下面(裏面).
      /deckhouse: [海]デッキハウス、甲板室[最上甲板上の構造物]→ mast house, masthouse: n.マスト近くに建てられた小さな甲板室 [起重機などの支えとなる].
      /decking: deckの[上張り]用材、甲板被覆、敷板(しきいた); 突堤(埠頭)の床.
      /deck light: [海]甲板明かり採り[甲板下室の天窓].
      /deckload: 甲板上の積荷 → deck cargo.
      /deck officer: 甲板部士官[一・二等航海士など]; [船橋・ブリッジ上の]当直航海士.
      /deck passage: [船室のない川船などでの]甲板渡航 [例えば、船室がなく天幕だけの船で川などを渡すこと].
      /deck passenger: 甲板船客[自分の船室はない].
      /deck plan: 甲板平面図.
      /deck quoit: デッキ輪投げ.
      /deck scow: 甲板張平底船(こうはんばりひらぞこせん).
      /deck sport: 甲板上でする遊び[deck tennisなど].
      /deck tennis: デッキテニス[客船のデッキなどでするテニスに似たゲーム].

      /flush deck: 船首から船尾まで全通の上甲板、平甲板.
      /forecastle: 船首楼甲板(フォクスルデッキ) [略: F'cl].
      /forecastle(quarter) deck: 前(後)甲板.
      /foredeck: [海]前部甲板.
      /freeboard deck: フリーボード甲板: [フリーボードの基点となる甲板].
      /gun deck: n.[海軍]砲座甲板(=berth deck)、砲列甲板、ガンデッキ[例えば、戦列艦で大砲を並べてある甲板].
      ・ from the warship's lofty castles to her low-slung gun decks: その軍船の高くそびえる船首楼から低めに造作された砲列甲板まで  [参考]castle: n.[中世の戦船の]船首楼; 城.
      /half deck: [商船・帆船などの]半甲板 [特に見習い生などの宿舎にあてられる商船上の一部分].
      /hurricane deck: ハリケーン甲板、覆甲板、遊歩甲板[河川用客船の最上軽甲板].
      /hurricane house: [海]甲板室.
      /laid deck: n.[造船]舷側沿いの板張り木甲板、湾曲式木甲板 [船の舷側の湾曲に沿わせながら湾曲させて張った木甲板;  "swept deck"ともいう; cf. straight deck].
      /main deck: n.[海]主甲板(かんぱん)、正甲板(せいこうはん)、メインデッキ.
      /main deck beam: n.上甲板梁(じょうこうはんりょう).
      /main deck planking: n.上甲板(じょうこうはん).
      /mast house, masthouse: n.マスト近くに建てられた小さな甲板室 [起重機などの支えとなる]→ deckhouse: [海]デッキ ハウス、甲板室[最上甲板上の構造物].
      /on deck: [海]甲板に出て→ to go on deck: 甲板に出る; 当直する(cf. go below).
      /orlop deck: 最下層甲板、最下甲板(オーロップデッキ).
      /outstretched deck: n.張り出し甲板(こうはん)、突き出し甲板 [サバの一本釣り船などに見られる].
      /pad: n.[造船]甲板受木(こうはんうけぎ); [海]船首防衝材; [魚などを計量する]蓋のない小かご、vt.(padded, padding) …に詰め物をする.
      /platform deck: n.船倉甲板、船艙甲板、台甲板.
      /plating: n.板[板でも、鋼製の板を指す]、鋼板/deck plating: n.鋼甲板/inner bottom plating: n.内底板.
      /poop deck: 船尾楼甲板(プープデッキ).
      /protective deck: 防護甲板(ぼうごこうはん).
      /quarterdeck, quarter deck: n.[海]後甲板(こうこうはん)、船尾甲板(cf. quarter)[船尾から後檣付近までの上甲板]; [the ~]高級船員、士官(officers)[普通、後甲板には高級船員の居住区があったことから転訛したもの].
      /raised deck: 低船楼甲板.
      /raised quarter deck: 低船尾楼甲板→ raised quarter deck vessel, sunken poop vessel: [船]低船尾楼船(ていせんびろうせん).
      /ramp way: n.船尾斜溝甲板、ランプウェイ [フェリーボートなどの船首部、船尾部あるいは船側から岸壁へ渡される傾斜路].
      [参考]ramp: n.傾斜路、ランプ; 船を進水させる斜路  [参考]slipway: [通例pl.]造船台、船架.
      /saloon deck: 一等船客用甲板.
      /skid way: n.船尾斜溝甲板(→ slipway).
      /slipway: n.[海・造船]船架(せんか)、[造船台の]斜路、[傾斜した]造船台、引き上げ船台(せんだい); スリップウェイ [捕鯨母船や船尾式トロール船の船尾に設けられた斜溝甲板(ramp)]、船尾斜溝甲板(skid way)(→ 船台); 船揚場.
      /splinter deck: n.[海]弾片防御綱甲板.
      /sponson deck: n.張り出し甲板.
      /steel deck: n.綱甲板(deck plating).
      /sun deck: n.[海]日向(ひなた)甲板(上甲板).
      /sunken forecastle deck: 低船首楼甲板.
      /tonnage deck: n.[海][船舶の積重測定の基準となる]測度甲板.
      /tophamper, top-hamper: n.[海]トップマスト以上のマスト・帆柱・索具、船の上部の帆・索具; 甲板上の邪魔になる物、 甲板上の重量物・妨害物 [必要時以外用いられない樽、綱、索具、錨など].
      /trunk: n.[海]導索箱; [海]トランク [甲板上に突き出た構造物]、trunk cabin、トランク型船の上部構成; 通風筒 (→ trunk ventilator: 囲壁通風筒); [海][甲板を貫いた]たて坑 [積荷・通風などに用いる]、縦穴 [積荷通風用]; [魚]軀幹(くかん)[鰓蓋(えらぶた)から肛門まで]; [木の]幹、樹幹; [体の]胴、胴体.
      /two-decker: adj.二重甲板の; 二層から成る、n.二重甲板船、二層から成るもの.
      /two-deck vessel: 二層甲板船.
      /undecked: adj.[海]甲板(こうはん)のない、無甲板の.
      /upper deck: n.[海]上甲板(じょうこうはん) [船体の最上部の全通甲板。ただし全通船楼船においては、そのすぐ 下の甲板](→ cf. upper deck planking) [西語: cubierta superior] /the lower deck: 下甲板(げこうはん).
      /upper deck beam: n.上甲板梁(じょうこうはんりょう).
      /uppermost continuous deck: n.最上全通甲板.
      /waist: [海]中部甲板、中央部上甲板; [人体の]腰、腰部.
      /waist deck: [海]中央部上甲板 → waister: [捕鯨船などの]中央部上甲板員[病人や新米].
      /weather deck, weather-deck: n.[海・船]露天甲板、暴露(ばくろ)甲板[波と波浪にさらされる最上段の甲板].
      /well deck: 凹甲板(ウェルデッキ)[船首楼甲板と船尾楼甲板との間で、].
      /well deck, well-deck: n.[海]ウェル甲板、ウェル・デッキ、凹(おう)甲板(こうはん) [船首楼(forecastle)と船尾楼(poop)との間の、 一段低くなっている甲板部分; 船首楼の甲板を支える隔壁と長船尾楼のそれとの間にある露天甲板].
      /well deck vessel: [船]ウェル甲板船(こうはんせん) [船首楼と長船尾楼をもつ船; 長船尾楼のため、船首楼の後部のみが 低くなっている船型].
      /whaleback: n.[海]亀甲(きっこう)甲板(こうはん) [鯨の背のように丸くなっている甲板]; 亀甲甲板貨物船、凸起(とつき)甲板汽船; 鯨の背状のもの、鯨の背のように盛り上がったもの [丘・波など](→ turtleback).
      /work deck: 作業甲板.
      /平甲板船型[甲板が一直線になっている]: ?.
      /凹甲板船型: ?.

      to+動詞
      /to clear the deck(s): [甲板を片付けて]戦闘準備をする.
      /to deck: vt.飾る[out, up]; [船]に甲板を張る → a ship fully decked [out] with flags: 旗で飾った船、満艦飾の船.
      /to deck over: [船]の上甲板の組み立てを完了する.
      /to go on deck: 甲板に出る; 当直する(cf. go below)/on deck: [海]甲板に出て.
      /to stack the deck, to tread the deck: 船乗りになる、船乗り(船員)である.

    kouhan後帆: after sail.

    kouhan厚板(こうはん・あついた): → limber strake: n.[船]側内(そくない)厚板(こうはん).

    kouhan-buin甲板部員(こうはんぶいん): deck hands [甲板部に所属し、航海士の下で仕事をする者].

    kouhan-chou甲板長(こうはんちょう)[甲板部員の中で最上位の者]:

      /boatswain: n.[発音: bousn][商船の][海]ボースン、甲板長、[旧称][かつての]水夫長 [錨・錨索(びょうさく)・索具などを 預かる甲板員の長]; [軍艦の]掌帆長、兵曹長(へいそうちょう)(warrant officer) [bo's'n, bo'sun, bosunとも綴(つづ)る].
      [参考]ボースン(boatswain): 現代の日本語では甲板長、昔は水夫長、また帆走艦の場合は掌帆長と訳された。 文字通り水夫(現代では甲板員)の長である.
      /boatswain's chair: n.[海]ボースン・チェア、吊り腰掛け、水平吊り椅子 [高所や舷側で作業する時に用いられる、ロープで吊り 下げられる腰掛け板・踏み板・踏み台].
      /boatswain's mate: 水夫次長; 掌帆長属.
      /boatswain's pipe: n.[海][甲板長の]ボースン呼笛.
      /boatswain's store: 甲板長倉庫; 甲板部倉庫.
      /boatswain's whistle(call): ボースン呼笛.

    kouhan-dokei甲板時計(こうはんどけい):
    /hack watch: n.[海][天測用]甲板時計 [クロノメーターと同じ目的で使う懐中時計式の精巧な時計; deck watchともいう].

    kouhan-in甲板員(こうはんいん): sailor [経験の浅い甲板部員].

      /sailor: n.(pl. -s)甲板員、海員、船員、航海する人、船乗り、[特に]水夫、水兵、海軍下級乗組員、下級船員 [広い意味では、商船などの民間人も海軍の軍人も含めて全ての階級の船員をさすが、特には水兵、下級船員の意味で用いられるのが 多い]; 船に強い(弱い)人; 水夫帽、セーラーハット(=sailor hat); sailor suit [参照] mariner, seaman.
      /sailorman: n.(pl. -men)[卑語]=sailor(甲板員、船員、水夫).

    kouhan-dumi-kamotsu甲板積み貨物(こうはんづみかもつ): on deck cargo, deck cargo [特約または法律によって 暴露甲板上に積載される貨物].

    kouhan-shikan[米国海軍]甲板士官[艦内補修・維持・整頓担当の士官]; [英国海軍][小型艦の]副長: first lieutenant.

    kouhanshu甲板手(こうはんしゅ): [参照]甲板員(こうはんいん).

    kouhan-zokugu-mokuroku甲板属具目録(こうはんぞくぐもくろく): deck inventory [甲板部に属する属具類の名称と 数を列記したリスト].
    /deck fitting: 甲板装具.

    kouheitai工兵隊:
    /engineer corps: n.工兵隊.
    /Royal Engineers: n.英国工兵隊.

    kouhou航法; 航海術; 航海学: navigation [船を一地点から他の地点へ導くために用いる航海の方法].

      /navaid: n.航海(航空)用機器 [レーダービーコンなど]; 航法援助施設 [略] [nav]igation [aid]].
      /navigation in polar regions: 極地航法.

      航法のいろいろ
      /circular sailing: 大圏航法(=great circle sailing).
      /composit sailing: [海]連成航法、集成(しゅうせい)航法.
      /controlled sailing: 管制航行法.
      /current sailing: 潮流航法.
      /great circle sailing, great-circle sailing: [海]大圏航法.
      /Mercator's sailing: メルカトル式航法.
      /meridian sailing: 子午線航法.
      /middle latitude sailing: 中分緯度航法.
      /parallel sailing: 距等圏航法.
      /plane sailing: [海]平面航法(=plain sailing); 順調な航海.
      /rhumb line sailing: 航程線航法.
      /right sailing: 四方点航法.
      /spherical sailing: 球面航法.
      /tangent sailing: 接線航法.
      /traverse sailing: 連針路航法.

    kouhou後方:

      /abaft: adv., prep.[海][船の]後半部に、船尾の方へ(に)(aft)、船尾[側]に(で)、艫(とも)に(で)、後方に [towards the boat's stern]; […の]後部(後方)に(で)(=behind); …より船尾寄りに(で).
      /abaft; astern; aft: 船尾の方に.
      /abaft the beam: 船の真横より後方に、正横(せいおう)後に.
      /abaft the mast: マスト(帆柱)の後方に.
      /abaft the port beam: 左舷正横後に.
      /abaft the starboard beam: 右舷正横後に.
      /astern: adv.[海][船・航空機の]後方に(へ)、後部で(へ)、船尾に(へ)、船尾の方へ; 船尾を進行方向に向けて [西語] a popa.
      /astern of …: [海]…よりも後方で(に).
      /back: adj.背後の、後方の、後部の、裏の、背面の(opp. front); 逆の、後戻りの.
      vt.後退(バック)させる、後へ戻す、逆行させる(→ to back oars)、vi.[海][風が][北半球で]左回りに向きを変える [東から北へなど; opp. veer]; 後退する、後ろにもどる、逆行する.
      /backstay, back stay: n.[海][マストの]バックステー、後方支索、後支索 [マスト・帆柱を支えるために檣頭 (しょうとう)から後方舷側(げんそく)に張った綱].
      [参考]マストの頂部(檣頭)から斜め下後方(船尾方向)の両舷側に向けて張る、マストの支え綱・支持索(ステー、ステイ)。 常時取り付けておくものをパーマネント・バックステー(permanent backstay)といい、タッキングの 度に入れかえたり、常時用いないものをランニング・バックステー(running backstay)またはランナー(runner)という.
      /backwash: n.[岸・海岸などに]寄せて返す波、打ち返す波、引き波、引き潮(cf. backrush); [海]オールや船の 推進器などによる後方への水の流れ、[船の推進器・外輪車、オールなどで] かかれた水、返し波; [事件などの]余波.
      /backwater: n.後方への水の流れ、返し波(=backwash); [潮流などのために逆流する]戻り水; [ダム・堰(せき)など の]堰(せ)き止められた水、逆水(さかみず); [川などの]よどみ; 停滞、沈滞、adj.逆水の; 沈滞した.
      vi.[オールや推進器などを]逆動作させて舟を停止(後進)させる; ボートを後進(方向転換)させる.
      /back water: [短艇の号令]後へ(あとへ)!.
      /quarter-wind: adj.[海]斜め後方の風 [帆走に絶好の順風](cf. (vi.)quarter, (adj.)quartering).
      /quarter wind, quarter-wind: [海]船尾方向から吹く風、コーター・ウインド [船尾方向または正横後3~5点より吹く風]、 斜め後方からの風 [帆走するには絶好の風].
      /to back down: (vi.)後へ引く; [約束などを]撤回する、(vt.)[オールを押して][ボートを]後方に移動させる.
      /to go large: 斜め後方から風を受けて走る.
      /to lay aft: 後方に行く; 退く.
      /to make a stern board: [逆流などのために]後方に押し戻される.
      /a wind from abaft: 追い風、後方からの風.
      /3 points abaft the port(starboard) beam: 左舷(右舷)正横後3点[に].

    kouhou-sanran[海]後方散乱: backward scattering.

    koui[天]黄緯(こうい): celestial latitude.

    koui口囲:
    /peristome: n.[動][ウニ類の]口囲、[原生動物の]周口部、囲口部(いこうぶ)、口縁 [参照] periproct.
    [参考]periproct: n.[動]囲肛(いこう)部 [ウニなどの肛門を含む部分] [参照] peristome.

    kou-ido髙緯度: → high latitudes: n.高緯度地方.

    kouika[動]コウイカ(甲イカ):

      /cuttlefish: n.[動](pl. -fish, -fishes)[総称]コウイカ(甲イカ); [一般に・俗に]イカ、マイカ [コウイカ目コウイカ科][主としてSepia属] (cf. squid).
      /cuttle fish: n.[動]アオリイカ; Sepioteuthis lessoniana.
      /golden cuttlefish: n.[動]コウイカ.



    A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z
    このページのトップに戻る/Back to the top of this page



    kouji[釣]鉤餌(こうじ): [参考]釣り針に付けた餌。鈎は鉤の俗字.

    kouji好餌(こうじ):

      /bait: n.[釣り針・わななどに付ける] 餌(えさ)、餌料(じりょう)、えば; おびき寄せるもの、おとり; 誘惑 [西語][漁] carnada, cebo.
      vt.(1)[釣り針・わな]に餌をつける(仕掛ける); …を餌で釣る; (2)…を好餌(こうじ)で誘う、…を餌で誘(おび)き寄せる; [釣り場]に餌を撒く(まく)、vi. [動物が]餌を食べる.
      /gudgeon: n.餌(えさ)(bait)、好餌(こうじ)、誘惑者(allurement); [魚]キタノカマツカ(→ Gobid gobid)、 タイリクスナムグリ [コイ科; 欧州産の小さい淡水魚].

    koujitsu-sei[植]向日性(こうじつせい): → heliotropism: n.[植]向日性(こうじつせい)、屈光性.

    koukagyo降下魚(こうかぎょ): catadromous fish.

    koukai航海: navigation; sailing; voyage; cruise; trip [航海: (1)発航地を出て発航地に帰るまでの船旅; (2)遠路の船旅].

      /at sea: [陸地の見えない]海上で(に)、航海中で(on the ocean)、航海している; 水夫として雇われて.
      /half-seas over: 航海の半途(はんと)で、半分海を渡って; [物事の]中途で.
      /hours underway, hours under way: 航海時間 [船が係留状態から次の係留状態に入るまでの時間]; 航行時間.
      /a maiden voyage: 処女航海.
      /marine: adj.海の、海洋の(→ oceanic); 海事の; 海産の、海に住む(棲む); 航海の、航海用の、航海上の(nautical); 海軍の(naval); 海運の、海運業の; [兵員が]艦上勤務の、海上勤務の; 海員の; 海兵隊[員]の; 船舶の、船舶用の; 海上貿易の; [気]海洋性の.
      /nautical instruments: 航海計器 [航海のために用いられる計測機器の総称].
      /navigation satellite: 航海衛星.
      /navigator: 航海者 [航海の知識と経験の豊かな人; [慣]司令官].
      /[the number of] fishing trip: 漁業(漁労)航海[数].
      /leg: n.[海][船・帆船の]一間切りの航走(帆走)区間・距離、一航程; 直線航程の一区間、[標識で明示された]一航路区間; 一航海(ひとこうかい); [ある航程・工程・行程の]一区切り、一旅程; [海]あし [綱の二つの結び目の間]、股になっている索具類; 脚、あし [網目を構成している糸; 網目の結節部と次のそれとの間の網糸]; [船を上架する時にそれを支える]支柱;  三角形の底辺以外の辺; [人間・動物の]足、脚; 下肢(かし).
      /log: n.[海][航海中の船の速度を測る]測程器、測程儀[航海中の船の速力を計測する航海用具の一つ]、速力計; [海・空]航海(航空)日誌、 航泊日誌(=logbook, log book)(→ journal); 丸太、丸木 [画像参照: 測程器、ログ][測程儀とは航走距離および速力を測定する器械類の総称;  手用測程儀、曳航測程儀、船底測程儀などがある].
      /maritime: adj.海の、海上の; 海事の; 航海の; 海運の、海運上の; 海に関係のある、海上貿易の; 沿海の、海辺の; 海辺に・海岸近くに住む(棲息する); 海に接した; 水夫らしい、水夫特有の、船乗りに相応しい; [古語]海軍勤務の;  [古語][兵員が]艦上勤務の(marine).
      /mid-voyage: 航海途上で.
      [文例]Drake's flagship was the Pelican, renamed The Golden Hinde mid-voyage in 1578.: ドレークの 旗艦「ペリカン号」は航海の途上で1578年に改名された.

      nautical: adj.海員の、船員の; 船舶の、船の; 航海の; 海[上]の [西語]náutico/adv. -ly.
      /nautical almanac: 航海暦、航海年表; 天測歴.
      /nautical archaeology: 船舶考古学; [広義]海洋考古学の一領域.
      [参考]その他、海洋考古学 marine archaeology、海中考古学 undersea archaeologyなど; Institute of Nautical Archaeology, Texas A & M University, USA.
      [対語][classical] land archaeology: [伝統的、古典的又は正統派の]陸上考古学: 考古学は伝統的に陸上の遺跡、遺構などの 発掘(excavation)などによる研究が主流であったが、海洋(海底、船舶)考古学は沈船、海底に沈んだ遺跡などの海底発掘 (seabed excavating)を行い、歴史、文化的研究を行う.
      /nautical astronomy: 航海天文学→ astronomical navigation: 天文航法.
      /nautical chart, chart: [西語: carta marina] 海図、航海用海図.
      /nautical day: 航海日 [正午から次の正午まで、船の経度の変化により長さが変化する]、天文日.
      /nautical distancee: 航程.
      /nautical instrument: 航海計器; 航海用器械、航用機器.
      /nautical mark: 航路標識.
      /nautical mile: 海里、浬 [航海・航空に用いられる距離単位; 英国では1,853.2m(=Admiralty mile)、米国では1,853.25mであったが、1959年以来 国際単位(=1,852m)を公式に採用] [西語: milla na'utica].
      /nautical star: 航海に常用される明るい星.
      /nautical tables: 航海表.
      /nautical terms: 海語、海員用語; 航海用語.
      /nautical twilight: 航海薄明 [太陽が可視水平線下6~12度にある期間].

      navigation: n.航海(→ voyage)、航行、航空; 航海学、航海術、航空術、航法 [The skill of getting vehicles or vessels from one place to another]; [集合的]航行船舶; [人工の]水路、運河/adj. -al/adv. -ally.
      /Navigation Acts: n.pl.[the ~][英国史]航海条例 [貿易拡大、植民地貿易独占のため、1651年以降数次にわたって発布された; 1849年に廃止された].
      /navigation acts(laws): 航海法、航海条例、航海条令.
      /navigation and handling cost: 運航費 [燃料費・港費・貨客費など].
      /navigation area: 航行区域.
      /navigation bridge: 航海甲板、船橋甲板(flying bridge)、航海船橋.
      /navigation chart: 航海図.
      /navigation in polar regions: 極地航法.
      /navigation lamp, navigation light: 航海灯→ navigation lamp indicator, navigation light indicator: 航海灯表示器.
      /navigation laws(acts): 航海法、航海条例、航海条令.
      /navigation officer: [軍艦の]航海長.
      /navigation speed: 航海速力.
      /navigation warning, navigational warning: 航行警報 [航行安全のために、海上保安庁が緊急に出す情報].
      /Columbus sailed extensively in the Atlantic, where he learned open-ocean navigation.コロンブスは大西洋を 広きにわたり航海し、そこで外洋における航海術を学んだ.

      /navigator: n.航行者、航海者; [船を用いる]海洋探検家; [海]航海長; 航空者.
      /ocean navigation: 大洋航海.
      /on passage: [海]荷を積んで目的地に往航中で.
      /out at sea: 航海中 [参考]out: adv.陸を離れて、沖へ、沖へ出て、[船などが]外国行きで.
      /plain sailing: n.[海]平穏無事な航海、順調な航行(=plane sailing); 順調な進行(easy going).
      [参考]plane sailing: [海]平面航法 [船が平面上を航行しているものと考えて船位を決定する航法]; [海]平穏無事な航海、 順調な航海(=plain sailing).
      /portolano: (pl. ~s, -lani)[海図の入った中世の]航海案内書 [イタリア語].
      /revolving light: 航海灯.
      /running light 航海灯.

      sail: n.[船の]帆、セール[風を受けて前進力を得るために、マストなどに取り付けられる帆布]; (the ~)[集合的][ある船の]帆 [集合的に、一部または全部]; 船、(通例pl.)[特に]帆船(=sailing ship); [普通数詞を伴って; 集合的に用いて]船、船舶、…隻; [~s, (sg.)][英国史]掌帆長; [~s, (sg.)][海俗語]帆製作(修理)者; [the S~][天]帆座(Vela); [通例sg.で用いて]帆走、[帆船による]航海、航行; 回遊; 船旅; 航程(voyage); 帆形のもの、 帆のようなもの; [特に]風車の翼板(→ the sails of a windmill: 風車の翼); [潜水艦の]展望塔、司令塔; [魚][バショウカジキ(sailfish)などの][帆状の]背鰭(fin); [オウムガイなどの]触腕、触手(tentacle).
      vt.[文語][船・人などが][海を]渡る、航海する、航行する; [船・ヨット]を[船で]走らせる、航行させる; [帆船など]を操縦する; [おもちゃの船などを]浮かべる.
      vi.(sailed, sailing)[船・人が]帆走する、帆で走る; 船で行く、航行する、航海する(cruise); [船が]出帆(しゅっぱん)(出航) する、[人が]船で旅立つ; 船を操る; [魚・水鳥が]泳ぎ進む、[水面・水中を]滑るように進む(glide).
      /sailing: n.帆走(はんそう)[船が帆に当たる風を利用して走ること]、航海、航行; 帆走法・術、航海(航行)法・術、航法; ヨット競技、ヨット遊び、ヨット術; 航行力、速力、船足; 出帆、出航、adj.帆走の; 船の; 出帆(船出)の.

      /sailor's book: n.航海[案内]書.
      /sea [service] allowance: 海上勤務手当、航海手当.
      /seamark: n.[海]航海目標[灯台など]、航路標識、航路目標(cf. landmark); 危険標識; 海岸線; [波打ち際の]波線、 満潮水位線.
      /sea mark: n.海標(a beacon)、航路目標[浅水域において航路標識として役に立つ海面上の隆起物].
      /sea routine: n.航海日課.
      /service speed: n.航海速力.
      /single-hander: n.単独航海する人.
      /staunch, stanch: adj.[米国では主にstaunchを用いる]水を通さない、水の漏らさない(watertight)、航海に耐える; 堅牢な、堅固な、強い.
      /a staunch ship: n.航海に耐え得る船; 堅牢な船/~ly(adj.)/~ness(n.).
      /to be on a voyage: [人が]航海中である.
      /to be out at sea: [船が]航海中である.
      /to go to sea: 船員になる; 航海に出る.
      /to have a rough passage: 荒れ狂う海を行く、難航する.
      /to keep the sea: 入港せずに航海を継続する、続航する; 陸を離れて沖にいる; 制海権を保持する.
      /to launch out on a voyage: 航海に乗り出す.
      /to make a passage: 航海する.
      /to sail; to make a voyage; to voyage: 航海する.
      /to ship out: (vt.)[船などで母国から][人]を外国へ送る、旅立たせる、送り届ける; (vi.)[海]船員として航海に出る; [船などで母国を]後にする、発つ、自国を離れる、国を出る.
      /trip: n.[漁船の]一回の出漁(しゅつりょう)(航海); 一航海の漁獲高(ぎょかくだか); 一回の航海; [比較的短期の]旅、小旅行 [参照] haul.
      /under way: [海]航海中で、航海している(=under weigh); 進行中で.
      /unseaworthy: adj.[船が]航海に適さない、耐航力(耐航性)のない、凌波性のない.
      ・ unseaworthiness: n.不耐航性、非堪航性.

      voyage: [主に遠路・遠距離の]航海、航行、船旅(cruise); 旅行(journey); (通例pl.)旅行記、[特に]航海記、 vi.航海する、航行する.
      /a voyage round the world: 世界一周航海.
      /maiden voyage: n.処女航海(initial trip).
      /to go on a voyage: 航海に出る.
      /voyage in ballast: [西語] viaje en lastre.

      /voyageable: adj.航海できる、航行可能な.
      /voyager: n.航海者、[昔の]冒険(探検)航海者; 旅行者.

    koukai公海(こうかい): 最も一般的に用いられるのは「the high seas」である.

      /Convention on the High Seas: n.公海条約.
      /freedom of the high seas: n.公海の自由.
      /freedom of the sea: n.[the ~][国際法]海洋の自由 [参考]公海がいずれの国家の主権の下にも立たないこと; 特に戦時における中立国船舶の公海自由航行権.
      /the high seas: n.(通例~s)[国際法]公海[かつては領海外の海域; 第三次国連海洋法会議で採択された国連海洋法条約が発効して以来 現在では200海里経済水域外の海域; 特定の国家の主権に服さない海洋]; 外海(がいかい)、外洋、遠洋.
      ・ the open sea: 公海、公の海.
      ・ A Japanese fishing vessel was captured(seized) on the high seas of the North Pacific.: 日本漁船が北太平洋の公海上で拿捕 された.
      /high seas fisheries: n.(pl. -ies)公海漁業; 遠洋漁業.
      /mare liberum: n.[ラテン語]公海(→ open sea, the high seas) [参考]mare clausum: n.[ラテン語]領海(→ closed sea, territorial sea).
      /open: adj.ふた(覆い・屋根)のない; 自由[港]の、航行に危険のない; 公海の; [漁猟期が]解禁の、制限のない、 禁じられていない; [船が]無甲板の.
      /outsea: n.公海、外洋(→ open sea).
      /public sea: n.公海(→ the high seas).

      /to conduct a nuclear test on the high seas: 公海上で核実験を行う.
      [文例]Individual states shall not appropriate any part of the high seas or of the underlying seabed.: 国家は、公海 あるいはその下にある海底のいずれの部分をも専有してはならない.

    koukai[魚]降海(こうかい): [参考]例えば、サケが川を下って(降河して)、海へ出て行くこと.

      /catadromous: adj.降海性の、降河性の [対語]anadromous: adj.遡河性の.
      /catadromous fish: 降河魚(こうかぎょ).
      /catadromous migration: 降海回遊、陸遠(降河)回遊.
      /seaward migration: 降海(こうかい)回遊.

    koukai港界(こうかい):
    /harbor limit: 港界線(こうかいせん)[港湾の水域範囲を示す境界線]、港界.

    koukai黄海(こうかい): the Yellow Sea.

    koukai紅海(こうかい): the Red Sea.

    koukai-annaisho航海案内書:
    /pilot: n.水先案内人、水先人 [西語](s.) práctico; [船の]舵手(だしゅ)、操舵員(→ helmsman; quartermaster; steersman);  操縦士、操縦者、パイロット; [海]航路案内書、水路誌; 羅針盤正誤器.
    /portolano: n.(pl. ~s, -lani)[海図の入った中世の]航海案内書、ポルトラーノ [イタリア語].

    koukai-chou航海長:

      /navigating officer: n.[海]航海長.
      /navigation officer: [軍艦の]航海長.
      /navigator: n.航行者、航海者; [船を用いる]海洋探検家; [海]航海長; 航空者.
      /sailing master: 船長; [英国][大型ヨットの]航海長、[米国][軍艦の]航海長.

    koukaifuu向海風: offshore wind.

    koukai-gyogyou公海漁業:

      /the [1958 Geneva] Convention on Fishing and Conservation of the Living Resources on the High Seas: [1958年ジュネーヴ] 公海漁業条約
      /the freedom of fishing on the high seas: 公海漁業の自由の原則.
      [文例]The doctrine of "the freedom of the high seas" was accepted eventually as international practice.: 公海自由の原則は、事実上国際慣行として受入された(受容・受認された).
      /high seas fisheries: 公海漁業.
      /a high seas fishing state: 公海漁業国.
      /high-sea salmon and trout fishery: 公海サケ・マス漁業.

    koukai-hakumei航海薄明(はくめい): nautical twilight.

    koukai-hankei航海半径: → sailing radius, radius of sailing: 航海半径(範囲)(→ 航続半径).

    koukai-hou航海法: navigation acts(laws).
    [参考][英国の]航海法(→ 航海条例): 英国の海運、貿易を保護する目的で制定された法律。英国本国と植民地との輸出入は英国船に 限るという規定.

    koukai-jiyuu-no-gensoku航海自由の原則: doctrine of freedom of navigation.

    koukai-jourei航海条例: (pl.)[英国][the ~]Navigation Acts [1651-1849年].

    koukai-jutsu航海術、航海学: navigation; the art of navigation.

    koukai-kunrenjo航海訓練所[日本]: Institute for Sea Training.

    koukai-nenpyou航海年表、航海暦: nautical almanac.

    koukai-nisshi航海日誌:

      /day-book: n.航泊日誌(→ log-book, deck log-book).
      /deck log book: 航海日誌 [船橋当直及び停泊当直中に遭遇する事象、観測などのうち重要な事項を記録した日誌の総称].
      /harbour log: 停泊(碇泊)日誌.
      /journal: n.日記、日誌; [海]航海日誌(logbook); 雑誌、提起刊行物.
      /journey log-book: n.航海日誌.
      /log: n.[海][航海中の船の速度を測る]測程器、測程儀[航海中の船の速力を計測する航海用具の一つ]、速力計; [海・空]航海(航空)日誌、 航泊日誌(=logbook, log book)(→ journal); 丸太、丸木 [画像参照: 測程器、ログ][測程儀とは航走距離および速力を測定する器械類の総称;  手用測程儀、曳航測程儀、船底測程儀などがある].
      v.(logged, logging)vt.(1)[海]…の航程を記入する; [船の速度、航海距離、過失船員名など]を航海日誌に書き込む(記入する)、 航泊日誌に記入する; [過失船員]に罰金をかける; [事実を]日誌(日記)に記す.
      /log abstract: [西語] extracto de diario de navegación.
      /a logbook; a [ship's] log: 航海日誌.
      /log book, logbook: n.[海]航海日誌、ログブック(→ journal); 航泊日誌 [西語] diario de navegación, cuaderno de bitácora.
      [参考]日誌のいろいろ: engineer's log book機関日誌, deck log book航海日誌, official log book公用航海日誌, abstract log book 最要航海日誌.
      [文例] All vessels are required to keep a logbook recording all catches of fish, but the effective of this as a control method has been much criticized, largely because it is not possible to check the accuracy of the logbook information. Without accurate information, enforcing the total allowable catch quotas for each fish species is severely compromised.
      /log extract: ログブックの抜粋.
      /official logbook, official log book: n.公用(官用)航海日誌[航海中の最重要事項が記載されている航海日誌].
      /ship's journal: [海]航海日誌(logbook, ship's logbook).
      /ship's log book: n.航用航泊日誌; 航海日誌.
      /to log: v.(-gg-)vt.(1)[海] …の航程を記入する; [距離・過失船員名などを]航海日誌に記入する; [過失船員]に罰金 をかける; [事実を]日誌(日記)に記す; (2)[船・飛行機で予定のスピードを]出す、[距離を]進む、[ある時間・距離]の 航行(飛行・走行)をする(記録する)[up]; [距離・速度など]の記録を達成する.

    koukai-no-jiyuu[国際法]公海の自由: [the ~] freedom of the high seas [参考]公海がいずれの国家の主権の下にも立たないこと; 特に 戦時における中立国船舶の公海自由航行権.

    koukai-reki航海暦:
    /nautical almanac: 航海暦、航海年表; 天測歴 [参照]天測暦.

    koukairyuu向海流:
    /offshore current, off-shore current: 向海流、向沖流 [対語]on-shore current: 向岸流.
    /on-shore current: 向岸流 [対語]off-shore current.

    koukai-sashizusho航海指図書(こうかいさしずしょ): sailing orders; sailing instruction.

    koukai-sei-no降海性の:

      /catadromous: 降海性の、[産卵のため魚が]海へ下る.
      /catadromous fish: 降河魚(こうかぎょ) [参考]anadromous: adj.遡河魚(さっかぎょ).
      /catadromous migration: 降海回遊、陸遠(降河)回遊.
      /seaward migration: 降海(こうかい)回遊.

    koukaisen港界線(こうかいせん): harbor limit.

    koukai-senkyou航海船橋: navigation bridge.

    koukaisha航海者、航行者; 海洋探検家; 航海長: navigator.
    /seaman: n.(pl. -men)航海者; 水夫、船乗り、海員、船員(cf.landsman); [海軍]水兵(bluejacket); [米国海軍・沿岸警備隊] 上等兵、上等水兵; [日本の海上自衛隊]海士.
    [参考]seaman: 英国商船では船長、水先人、練習生以外で、米国商船では練習生以外のこと.

    koukaishi[海][商船の]航海士:

      /acting officer: n.代理航海士、執職航海士.
      /chief mate: [海][首席]一等航海士(chief officer, first officer, first mate); 首席航海士.
      /chief officer: [首席]一等航海士(chief mate, first officer, first mate); 首席航海士.
      /ex-chief officer: n.前任一等航海士.
      /first mate: n.[海]一等航海士(=first officer, chief officer)[商船で船長の次位]、次席一等航海士 [船長が呼ぶ時の用語].
      /first officer: n.[海][商船の]一等航海士(=chief officer, first mate, chief mate)、首席航海士、次席一等航海士.
      /mate: [海][商船の]航海士; [船内の]助手; [米国海軍]兵曹(へいそう).
      /mate, deck officer: 航海士 [甲板部の職務に従事する海技免状保有者].
      ・ deck officer's watch: 航海士当直.
      ・ [海]一等航海士: a first(chief) mate, a first(chief) officer [商船で船長の次位].
      ・ [海]二等航海士(=a second officer): a second mate.
      ・ [海]三等航海士(=a third officer): a third mate.
      /junior first officer(mate): n.次席一等航海士.
      /junior officer: 次席航海士; 下級士官.
      /junior second officer(mate): 次席二等航海士.
      /junior third officer(mate): n.次席三等航海士.

      /officer: n.将校、士官; [商船の]高級船員[船長・航海士など](cf. sailor)、航海士; 職員、vt.[通例過去分詞で] …に高級船員(将校)などを配属する.
      /a first(a second) officer: 一等(二等)航海士.
      /chief officer: 一等航海士、首席航海士(chief mate).
      /first officer: 次席一等航海士.
      /junior officer: 次席航海士、次席士官、下級士官[三等以下の航海士].
      /officer's anchor watch: n.守錨当直、航海士当直.
      /primer piloto: [英語]primer mate/primer oficial: 一等航海士 [英語]chief officer.
      /second mate: n.[海]二等航海士(=second officer) [商船で一等航海士(first mate)の次位].
      /second officer: n.[海]二等航海士(=second mate).
      /senior officer: 上席士官、上級航海士.
      /thrid officer: 三等航海士.

      [略語]
      1/O: first officer 次席一等航海士.
      2/O: second officer 二等航海士.
      3/O: third officer 三等航海士.

    koukai-shoumeisho[戦時中の]航海証明書: navicert.

    koukai-sokuryoku航海速力:
    /cruising(navigating) speed航海速力.
    /sea speed: 航海速力、シースピード [正常の航海における、その船の経済的に有利な最高速力。巡航速力].

    koukai-tenmongaku航海天文学: nautical astronomy.

    koukai-tou航海灯(燈): navigation light, navigation lamp [航海中に表示する法定の灯火の総称].

      /lamp indicator: 航海灯標示器.
      /running light: n.[海]航海灯(→ navigation lights)、航走灯 [参考]舷灯(右舷に緑、左舷に赤)、檣灯、船尾灯。 日没から日の出までつける灯火.
      /running lights: (pl.)船舶(航空機)夜間航行燈.
      /under way lamp: 航海灯.

    koukai-touchoku航海当直: watch at sea.

      /watch and watch: 両舷直.
      /watch at anchor: 停泊当直.
      /watch below(or off): 非当直.
      /watch keeper: 当直員.
      /watch officer: 当直士官.

    koukai-yoteihyou航海予定表: sailing schedule [船の航海について、各港の発着予定日時を印した一覧表].

    koukai-yougo航海用語: nautical terms, sea terms [航海・船員・船舶などに関連する術語].

    koukai-yousen-keiyaku航海用船(傭船)契約:
    /lumpsum freight: [用船契約]総括運賃.
    /voyage charter: 航海用船(傭船)契約 [参考]不定期船による運送での代表的な取引契約。同契約には、運賃を実際の 貨物の積み高1トンにつきいくらと決める運賃積み契約(trip charter)と、積み高によらないで1航海につきいくらと決める 船腹傭船契約(lumpsum charter)とがある.



    A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z
    このページのトップに戻る/Back to the top of this page



    kouka-kaiyuu降河回遊(こうかかいゆう):

      /catadromous: adj.降河性の<魚> [対語]anadromous: adj.遡河性の.
      /catadromous [species of] fish: 降河性魚種、降河魚、走海魚 [アユ、ウナギなど].
      /catadromous migration: 降河回遊、走海回遊、遠陸回遊.
      /diadromous anadromous migration: 両側(りょうそく)海洋生殖回遊.

    koukaku高角(こうかく): [参照]高度.

    koukaku[動物の]甲殻; [地質]地殻; [一般に]物の堅い表面、外皮、硬皮: crust.

    koukaku岬角(こうかく):
    /headland: n.[海岸・湖岸などの、海・湖に突き出した]岬(みさき)(→ promontory, cape); 突端、岬角(こうかく)、鼻(→ head; point)、出鼻.
    /ness: n.岬、岬角(こうかく)、海角 [地名に多い].

    koukaku-rui甲殻類(こうかくるい):

      /crust: n.パンの皮; 堅い表面、外被; [地質]地殻; [動物の]甲殻(こうかく).
      /crusted: adj.外殻(外皮)のある、表面が堅くなった.
      Crustacea: n.[動]甲殻類(こうかくるい)[の動物][エビ・カニなど].
      /Crustacea; crustaceans: 甲殻類.
      /crustacean: adj.[動]甲殻類の、n.甲殻類動物.
      [英語] crustaceans: Invertebrate group characterized by hard outer skeletons and jointed legs.
      /Crustacean decapods(Decapoda): n.[動]十脚類(じゅっきゃくるい)[甲殻類].
      /crustacea plankton: 甲殻類プランクトン.
      /crustaceous: adj.甲殻の、甲殻のような; 甲殻のある、堅い皮をもつ; 甲殻類の(crustacean).
      /macruran: [動]長尾類(Macrura)の甲殻動物[エビ類]、adj.長尾類の → (adj.) macrural, macrurous, macruroid.
      /shellfish: n.(pl -fish, -fishes)貝 [甲殻類(こうかくるい)も含む]、貝類、貝殻を有する軟体動物; 甲殻類の動物 [エビ、カニなど]、貝類・甲殻類の動物 [カキ・エビ・カニなど]; [魚]ハコフグ(trunkfish) [参考] shellfishの対語: finfish.

    koukakuruigaku甲殻類学: carcinology.

    koukan-koubun交換公文; 覚書の交換: an exchange of notes.

    kouka-sei-no降河性の(こうかせいの):

      /catadromous: adj.[魚(その好例としてはウナギ)が産卵のために] 川を下って海へ行く、降河(こうか)性の、降流性の  [対語] anadromous: adj.遡河性の.
      [英語] catadromous: Pertaining to a species of fish that spawns in the sea and then migrates into freshwater to grow to maturity.
      /catadromous [species of] fish: 降河性魚種、降河魚(こうかぎょ)、走海魚 [アユ、ウナギなど; 産卵のため海へ下る・降河する].
      /catadromous migration: 降河回遊、走海回遊、遠陸回遊 [対語] anadromous migration.

    koukei[天]黄経(こうけい): celestial longitude.

    kouketsu鉱穴(こうけつ):
    /pocket: (1)鉱穴; 鉱脈瘤(りゅう); (2)[海]ポケット[帆に取り付けられた帆布で袋状のもの。帆をピンとさせるために 当て木などを入れる].

    kouki-chishi後期稚仔(こうきちし): postlarva (pl. -vae)(→ 後期仔魚).

    koukisei-seibutsu[生]好気性生物(こうきせいせいぶつ):

      /aerobe: n.[生]好気性細菌、好気性生物 [空中の酸素を必要とする生物; 特にバクテリア]、好気菌 [対語]anaerobe.
      /aerobic: adj.[生][組織または有機物が]空気(酸素)を必要とする; 好気[性]の; 酸素[含有]による.
      ・ aerobic bacteria: (pl. -ria)好気性細菌、好気細菌(→ 好気性生物).
      ・ aerobic conditions: 好気状態.
      /aerobiont: n.好気生物.
      /facultative aerobe: 条件的好気性菌(こうきせいきん).
      /facultative anaerobe: 条件的嫌気性菌(けんきせいきん).

    kouki-shigyo後期仔魚(こうきしぎょ): postlarva (pl. -ae); advanced fry; postlarval form [of fish] (→ 後期稚仔、後期幼生).
    /adj. postlarval.

    kouki-yousei後期幼生(こうきようせい): postlarva (pl. -ae)(→ 後期稚仔、後期仔魚).

    koukogaku考古学:

      /nautical archaeology: 船舶考古学; 海事考古学; [広義]海洋考古学の一領域.
      [参考]その他、海洋考古学 marine archaeology、海中考古学 undersea archaeologyなど; Institute of Nautical Archaeology, Texas A & M University, USA.
      [対語][classical] land archaeology: [伝統的、古典的又は正統派の]陸上考古学: 考古学は伝統的に陸上の遺跡、遺構などの 発掘(excavation)などによる研究が主流であったが、海洋(海底、船舶)考古学は沈船、海底に沈んだ遺跡などの海底発掘 (seabed excavating)を行い、歴史、文化的研究を行う.

    koukotsu-gyo[rui][魚]硬骨魚[類](こうこつぎょ[るい]):

      /bony fish: n.[魚]硬骨魚(teleost); 骨の多い魚(a bony fish).
      [参考]硬骨魚: 腕鰭類(わんしるい)、総鰭類(そうしるい)、肺魚類、条鰭類(じょうしるい)の4亜科に分かれる。総鰭類は、 扇鰭類(せんしるい)と管椎類(シーラカンス)に分かれる。前者は魚類時代といわれるデボン紀に栄えた淡水魚で、 両生類への祖先となったもの.
      /bony fishes: n.pl.[魚]硬骨魚類.
      /Holostei: → 硬骨魚は腕鰭類(わんしるい)、総鰭類(そうしるい)、肺魚類、条鰭類(じょうしるい)の4亜科に分かれる。 条鰭類(じょうしるい)は、軟骨上目(Chondrostei、チョウザメの仲間)と全骨上目(Holostei、ガーの仲間)、真骨上目(Teleostei) に分れる.
      /selachian: n.,adj.軟骨魚[に属する].
      /teleost: n.[動]硬骨魚[類](こうこつぎょ[るい])、硬骨類[特に、真骨類]の魚(=bony fish)(cf. cartilaginous fish)、 adj.硬骨類(こうこつるい)の、[特に]真骨類の.
      /teleostean: n.硬骨類の魚, adj.硬骨類の.
      /Teleostei: [参考]硬骨魚は腕鰭類(わんしるい)、総鰭類(そうしるい)、肺魚類、条鰭類(じょうしるい)の4亜科に分かれる。 条鰭類(じょうしるい)は、軟骨上目(Chondrostei、チョウザメの仲間)と全骨上目(Holostei、ガーの仲間)、真骨上目(Teleostei)に分れる.
      /teleostomi: 硬骨魚類、真口類.

    koukou航行: navigation, sailing [船舶が帆または機関を用いて水圏を移動すること].

      /to hold the land: 常に陸地を見るように航行する.
      /hug: vt.(-gg-: hugged, hugging)[海][岸に]近く航行する、近接して航行する、接航する、間近くして航する;  …に接近して通る.
      ・ to hug the land: 極力陸岸に接近して航行する.
      ・ to the wind: 極力風向に接近して航行する.
      ・ the yacht race hugging the coast of the island: その島の海岸に接近して通るヨットレース、その島の岸沿いのヨットレース.
      /log: v.(logged, logging)[船・飛行機で予定のスピードを]出す、[距離を]進む、[ある時間・距離]の航行(飛行・走行)をする(記録する)[up]; [距離・速度など]の記録を達成する; [船が][…ノット]を出す、[測程器で]速力を示す、測程儀で測る; [一日に][…の距離] を航走する.
      /navigability: n.航行できること、[船・航空機の]耐航性(→ seaworthiness).
      /navigable: adj.[川・海・船などが]航行(操縦)できる、可航の/adv. -bly/n. -ness.
      /navigate: vt.[船・航空機を]操縦する、操船する; [船・航空機]の位置を確かめて進路を決める; [海・川・空中を]航行する、 航海する.
      /outfoot: vt.[船が][他船]より速く航行する、[他船]より船足が速い(強い).
      /outrange: vt.[他の船・飛行機など]にまさる航続距離をもつ、[ある地]より遠くまで航行(飛行)できる; [海] outsail.
      /plain sailing: n.[海]平穏無事な航海、順調な航行; 順調な進行(easy going).
      /right-sailing: n.東西南北のうち一方向に航行すること.

      to + 動詞
      /to keep a good hold of the land: [船が]岸の極(ごく)近くに沿うようにする.
      /to keep … close(hard) aboard: …の近くを航行する、…に接近して(接して)航行する.
      /to keep [in with] the land: 陸岸に沿って航進する.
      /to keep the coast aboard: 海岸沿いに接航する、海岸に接航する.
      /to keep the land aboard: 陸地沿いに接航する、陸地に沿って航行する、陸地にできるだけ沿って安全に通過する.
      /to lie along (or to keep in with) the land: [海] 陸地に沿って航行する.
      /to lie along the shore: 陸岸(海岸)を視界内に保つ、海岸を視界内に保持して航行する; 陸岸(海岸)に沿って航行する.
      /to run under the lee of the shore: 陸の風かげに入って航行する.
      /to run with tidal stream: 順潮に乗って航走する.
      /to run with tide: 潮に乗って走る.
      /to sail against the wind: 風に逆航する、風に逆らって航走(帆走)する.
      /to sail [at] 12 knots: 12ノットで航行する.
      /to sail a scant wind: 十分に逆風を受けて航行する.
      /to sail due north: 真北に航行する.
      /to sail fine: なるべく風上に詰めて航走(帆走・航行)する、なるべき風上に航海する.
      /to sail round an island: 島を回って航行する.
      /to sail the Pacific: (v.t.)太平洋を航海する.
      /to sail the seven seas: (v.t.)七つの海を渡る.
      /to sail toward the north; to sail north: 北をめざして航海する→ to sail due north: 真北に航行する.
      /to sail under convoy: 護送されて航行する.
      /to sail under false colors(colours): 他国の国旗を掲げて航行(航海)する.
      /to sail with a large wind: 十分に風をうけて航行(航海)する.
      /to sail with a scant wind: ほとんど逆風をうけて航行(航海)する.

      /under [full] sail: [総]帆を揚げて(張って); [全力]航行(航海・帆走)中で.
      /under sail: 帆を揚げて(張って・用いて); 航行(航海)中で、帆走中で.
      /underway: adj.航行(航海・進行・旅行)中の(cf. under way)[船舶が係留、錨泊(びょうはく)、乗揚などでない状態].
      /under way: [海][船が]航行中、航行中で(=under weigh)[船・水上機などが、停泊・係留・乗り上げではない状態にある]、 [漁船などの]操業中; [事業などが]進行中で(in progress)→ to get under way: 出航する.
      /under way: =under weigh.
      /way: [海]=weigh.
      ・ to get under way: 出航する.
      ・ under way lamp: 航海灯.
      ・ under way trial: 海上試運転.
      /under weigh: 抜錨中で; 航行中、航行中で(=under way).
      /unnavigable: adj.航行不能の、航行できない、船の通れない<川など>.

    koukou港口:
    /ostial: n.港口、運河の出入り口; 真珠母貝; 真珠採取場.
    /port bar: n.港口・河口の洲(す); 舷窓蓋のかんぬき、[載貨門・砲門などの]扉のかんぬき; 港口防材、港門の閉塞用の防材.

    koukouchou高高潮(こうこうちょう): higher high water.

    koukou-dekiru[川・海などが]航行できる(に適する)、航行可能な; [船が]航行に耐えうる: navigable.

      /disable: vt.[海][艦船など]の戦闘能力を失わせる、航行を不能にする→ disabled ship: 航行不能船.
      /innavigable: adj.航行できない.
      /navigability: 可航性.
      /navigable condition(waters): 可航状態(水域).
      /a navigable river: 可航河川.
      /open ice: n.オープン・アイス[十分に割れていて航行可能になっている海(河川)の氷]、通航可能な氷海面.
      /open pack: n.開氷(かいひょう)、粗群氷 [航行可能な狭い水路が残されている叢氷].
      /open water: n.開水面、障害物のない水面、氷間の航行可能な水面.
      /stand: [海]vi.[船が]特定の針路をとる(保つ).
      /to stand off and on: [海]陸地から離れたり近寄ったりして航行する.
      /to stand on(or upon): [海]同一進路を続ける、針路を保つ.
      /to stand out: [海]岸から離れる [例]to stand out to sea: 沖へ向かう.
      /unnavigable: adj.航行不能の、航行できない、船の通れない<川など>.
      /windbound, wind-bound: adj.[船が]逆風(強風)のために航行不能の、風のため航行できない(航行不能の); 逆風のため航行の遅れた(て); [一般に]強風のため活動できない、[行動などを]抑制されて.

    koukou-eisei-sisutemu航行衛星システム: → Navy Navigation Satellite System: n.海軍航行衛星システム [略: NNSS].

    koukou-enjo-shisetsu航行援助施設、航路標識: navigational aids, aids to navigation [船舶の安全な航行を助ける 航路標識、航海計器の総称].

    koukou-funou航行不能: [参照]航行できる.

      /disable: vt.[海][艦船など]の戦闘能力を失わせる、航行を不能にする→ disabled ship: 航行不能船.
      /innavigable: adj.航行できない.
      /windbound, wind-bound: adj.[船が]逆風(強風)のために航行不能の、風のため航行できない(航行不能の); 逆風のため航行の遅れた(て); [一般に]強風のため活動できない、[行動などを]抑制されて.

    koukouhan[海]後甲板(こうこうはん): after deck.

      /quarterdeck, quarter deck: n.[海]後甲板(こうこうはん)、船尾甲板(cf. quarter)[船尾から後檣付近までの上甲板]; [the ~]高級船員、士官(officers)[普通、後甲板には高級船員の居住区があったことから転訛したもの].
      /quarter floor: 後甲板[昔の用語で、quarter deckのこと](=quarter patch).
      /quarter patch: 後甲板(=quarter floor).

    koukou-ken航行権:
    /the right of way, right-of-way: n.(pl. rights- or -ways)[航法上]航行権; 針路速力保持権; 通路使用権; [法]先行権; 通行権.

    koukou-kisoku航行規則: rules of navigation.

      [参考] The rules and regulations prescribing the manner in which vessels shall be controlled in operation generally or under particular circumstances and conditions.
      The rules which govern the steering and sailing of vessels of the United States and which are designed to indicate exactly what two vessels approaching with risk of collision shall do to avoid each other. They are based largely upon two fundamental principles, viz.:
      (1)Vessels meeting should generally keep to the right, other things being equal(他の条件が同じならば); and
      (2)the vessel better able to control her movements should give way to the other.
      The latter rule is all the more clearly applicable where the other vessel is not under control at all, or is in a crippled condition.
      /navigation rules for small watercraft: n.pl.小型船舶航行規則.

    koukougyou-kaiyou-seibutsu-riyou-gijutsu-kenkyuu-senta-(株)鉱工業海洋生物利用技術研究センター[日本]: Research Center for the Industrial Utilization of Marine Organisms [略称: RIUMO].
    [参考]1989年1月設立、産学官(industry-academic-government)でのバイオテクノロジー(生命工学)の振興を目的とする.

    koukouhan後甲板(こうこうはん): after deck, quarter deck.
    /afterdeck: n.[海]後部甲板、後甲板(こうこうはん).
    ・ after deck: [海]後甲板(こうこうはん).
    /roundhouse: (pl. -houses)[海]後甲板; 船尾の船室.

    koukouhan綱甲板(こうこうはん); 鉄甲板: deck plating.

    koukou-kanou航行可能: [参照]航行できる.

    koukou-keihou航行警報:
    /navigation warning, navigational warning: 航行警報 [航行安全のために、海上保安庁が緊急に出す情報].

    koukou-kuiki-seigen航行区域制限; 航路定限: plying limit.

    koukousei好光性(こうこうせい): klinotaxis.
    /panteplankton: n.好光性プランクトン、好光性浮遊生物.

    koukoutou航行灯: → running lights: n.pl.船舶(航空機)夜間航行灯.

    koukou-toudai港口燈台: harbor-light.

    kouku鉱区: a concession area.
    /a concessionaire: 鉱区権者.
    /a mining claim(concession): [発見者が採掘権をもつ]鉱区.
    /royalty: n.(pl. -ties)鉱区税、鉱山使用料; 特許権使用料; [集合的]王族; 王位、王権.

    koukuu-bokan航空母艦: aircraft carrier [主要兵器として航空機を搭載し、その発着、整備、補給および修理などの 機能をもった軍艦].
    /flattop: n.[口語][米国海軍]航空母艦(aircraft carrier).

    koukuu-toudai航空灯台: air light [航空用の灯台].

    koukyaku-rui口脚類(こうきゃくるい): Stomatopoda; stomatopods.
    /stomatopod: adj.[動]口脚類(こうきゃくるい)の、n.[動]口脚類、口脚類の動物 [シャコ(Squilla)など] (→ Stomatopoda).
    /Stomatopoda: n.口脚類(こうきゃくるい)(→ stomatopod).

    koukyaku-rui後脚類(こうきゃくるい): Podoplea, podoplea.

    koukyouyou-suiiki公共用水域: waters for public use; publicly used waters.

    koukyuu鋼球:
    /benthoscope: n.海底調査綱球、深海観測用鋼鉄球、ベンソスコープ [海底調査用綱球; cf. bathysphere].
    [参考] benthoscope: A diving sphere similar in design to the bathysphere.

    koukyuu-gyo高級魚: prime fish; higher valued species [of fish][例えばマグロ、エビ、カニ、ウニ、タイなどの 高単価の魚介類] [参考]prime: adj.[価値・品質などが]最上の、最上等の、一流の → prime fish: 最上等の魚.

      /lower valued species [of fish]: 低級魚、大衆魚.
      /prime fish: n.[下魚に対して]上魚(じょうぎょ)、高級魚(cf. offal fish).
      [文例] detailed market surveys for high value fish species: 高級魚種の詳細な市場調査.
      [文例] June is prime time because schools of big, migrating pollack(pollockとも綴る)can be intercepted on their way north.: 回遊する大型のポラックの群れが北上の途において捕えられることから6月が盛漁期である.

    koukyuu-sen'in高級船員: ship's officers.

      /officer: n.将校、士官; [商船の]高級船員[船長・航海士など](cf. sailor)、航海士; 職員、vt.[通例過去分詞で] …に高級船員(将校)などを配属する.
      /a first(a second) officer: 一等(二等)航海士.
      /a naval officer: 海軍将校.
      /chief officer: 一等航海士、首席航海士(chief mate).
      /deck officer: 甲板[部]士官.
      /first officer: 次席一等航海士.
      /junior officer: 次席航海士、次席士官、下級士官[三等以下の航海士].
      /Officer of the Day: 日直士官[略: OD].
      /officer of the deck: n.[軍][海軍の]当直将校.
      /officer of the watch: n.[海][甲板又は機関室の]当直士官.
      /officer on watch: n.当直士官.
      /officer's anchor watch: n.守錨当直、航海士当直.
      /officer's quarters: n.士官居住区.
      /petty officer: 下士官.
      /second officer: 二等航海士.
      /senior officer: 上席士官、上級航海士.
      /thrid officer: 三等航海士.
      /warrant officer: 准士官.

    koukyuutou紅球灯:
    /red globe lamp: n.紅球灯.
    /red globular shape: n.紅色球形形象物.

    koumenkaku[海]後面角(こうめんかく): backface angle.

    koumon[動]肛門(こうもん):
    /anus; vent: [鳥・爬虫類(はちゅうるい)・魚などの]肛門.
    /length between pelvic fin and anus: 腹鰭(はらびれ)肛門間隔[腹鰭基底の前端から肛門中央までの長さ].
    /preanal length: n.肛門前長、臀鰭前長 [参考] predorsal length: n.背鰭前長.

    koumon港門(こうもん): entrance to a port.

    koumon閘門(こうもん): lock [参照]運河、水門.

      /a deep draft lock canal: 大喫水の閘門(ロック)式運河 [参考] a sea-level canal route: 海面式運河航路.
      /head gate: n.[運河の]上流の水門(control gate)、[ロック(閘門 lock)の]上水門; [水路などの]防潮門、水門(floodgate);  取水門.
      /lock: n.[運河・川などの]ロック、水門、閘門(こうもん)(=lock gate); 水閘[2水門間の水域]; [運河などの]堰(せき); 錠、 vt.[運河など]に水門を設ける; [船]を水門に通す、水門を通す、vi.[船が]水門を通る、水門を通過する; [運河が]水門で通じる.
      /lockage: 水門設備; 水門の構築[使用・開閉]; 水門の通過[通過税].
      /lock chamber: 閘門で仕切られた区画室、閘室.
      /lock gate: n.[運河の]水門.
      /lockkeeper: 水門の番人.
      /lock type fishway: 閘門式魚道.
      /reach: n.[海・帆船]風をほぼ真横から受けた一間切りの帆走[距離]、[風上に向かっての]一間切りの航走距離; 弾着距離; 閘門(こうもん)の間の区間.
      /sea gate: n.海への閘門(こうもん)、海への出口、海門 [潮の干満調節用など]、[航行できる]水路、シーゲート;  大うねり、長濤(ちょうとう); 2隻の船がうねりのために衝突した状態にある.
      /tailgate: n.[水閘(すいこう)の]尾門.
      /tide lock: n.潮閘門(こうもん)、潮水閘、潮閘(ちょうこう) [運河などにおいて、水面を調節するための、潮水と運河間の 二重閘門; 潮の干満のある水面あるいは潮の干満によって水面が上下する港と、運河・ドックなどとの間にある水門].

    koumori-boraコウモリボラ: angular triton.

    koumori-dakoコウモリダコ: [学名]Vampyroteuthis infernalis [コウモリダコ目コウモリダコ科].

    koumori-kanakoコウモリカノコ: Tahitian neritina.

    koumori-uoコウモリウオ:

      /batfish: n.[魚](pl. ~ or ~es)翼状突起のある魚、バットフィッシュ、コウモリウオ [扁平体の海魚; Malthe vespertilio]; トビウオの一種(Cephalacanthus volitans); [カリフォルニア産の]アカエイ(Aetobati californicus)、 カリフォルニアエイ.
      /batfish: n.[魚]バットフィッシュ、[学名]Platax pinnatus[西インド諸島に生息する有柄類、大西洋に生息する トビウオなどの複数の魚の呼称である].
      /sea bat: n.[魚]batfish; イトマキエイ(devilfish).



    A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z
    このページのトップに戻る/Back to the top of this page



    koumu港務: port service.
    /harbor(harbour) master: [港を管理する]港務長、港務部長、港長、港務官 [船舶の出入港および港則に関する法令の施行を司る官憲]   [西語]capitán de puerto.
    /port authority: 港務局、港湾局; 港湾管理委員会; 港湾当局.
    /port officer: 港務官.

    kounetsu-saikin好熱細菌:
    /thermophile: n.好熱性 [語例]深海深部掘削船「ちきゅう」の掘削によって、深海地下の熱水が流れる付近で発見された好熱性の 古細菌.
    /thermophilic bacteria: n.pl.好熱細菌.
    /thermotaxis: n.走熱性.

    kounohishikadaniコウノホシカダニ: Kono's tick.

    kouon-doubutsu恒温動物(こうおんどうぶつ): homoiothermal animal; homeothermal animal; homoiothermic animal [例]恒温水槽.

    kouonsei広温性(こうおんせい):
    /eurytherm: n.[生態]広温性生物 [さまざまの温度に耐えられる; opp. stenotherm].
    /eurythermal, eurythermic, eurythermous: adj.広温性の.

    kouonsei恒温性(こうおんせい):
    /homoiothermal: adj.恒温性(こうおんせい)の、定温の.
    /homoiothermal animal, homoiothermic animal: n.恒温動物.
    /homoiothermic: adj.→ homoiothermic animal: n.恒温動物(homoiothermal animal).

    koura[例えば、亀の]甲羅(こうら):

      /carapace: n.[発音: カラペイス][甲殻類の]甲殻、甲羅(こうら)、背甲(はいこう).
      /plastral: adj.[動]腹甲の.
      /plastron: n.[動][カメなどの]腹甲.
      /shield: n.盾(たて); 防御物; [動][甲羅(こうら)などの]盾状部.

    kourai-ebi[動]高麗エビ:
    /fleshy shrimp: n.[動]コウライエビ、タイショウエビ、大正エビ.
    /oriental shrimp; Yellow Sea prawn, Penaeus orientalis Kishinoue: n.[動]高麗エビ、コウライエビ、大正エビ、タイショウエビ [クルマエビ科].
    /Yellow Sea prawn: n.[動]高麗エビ、大正エビ.

    kourai-gaji[魚]コウライガジ: blotched eelpout.

    kourai-moroko[魚]コウライモロコ: Japanese gudgeon, Aqualidus chankkaensis subsp. [画像 (z22115.jpg)/京都水族館].

    kourai-toragisuコウライトラギス: Snyder's weever.

    kourai-yoroi-mebaru[魚]コウライヨロイメバル: longspined rockfish.

    kourakuchi行楽地: resort.
    /plage: 浜辺、[特に]海岸の行楽地 (→ lido).

    koureisei[生]好冷性: cryophile.
    /phychrophilic: adj.好冷性の/phychrophilic bacteria: n.好冷細菌/phychrophilic organisms: n.好冷生物.

    kouriireyoubai[貝]コウリイレヨウバイ: → olive dog whelk: n.[貝]コウリイレヨウバイ、クリイロヨウバイ.

    kourin硬鱗(こうりん): gonoid scale.

    kourin-gyo[魚]硬鱗魚(こうりんぎょ):
    /ganoid: n.[魚]硬鱗魚(こうりんぎょ)、硬鱗魚類 [チョウザメなど]、adj.硬鱗魚[類]の、硬鱗類の<魚>; [鱗が]硬鱗質の.
    ・ ganoid scale: n.[魚]硬鱗、硬鱗魚類の鱗(うろこ) [チョウザメなどの鱗].
    /Ganoidei: n.硬鱗魚類.

    kourin-gyorui[魚]硬鱗魚類: scale fish, Ganoidei.

    kourin-shitsu硬鱗質: → ganoin, ganoine: n.[魚]硬鱗質、ガノイン.

    kouro航路:

      /Breakers ahead!: [海]航路上に危険あり!、針路に当たって波浪(暗礁)あり!、進路に砕け波あり!、航路にあたって 砕浪あり![暗礁などの危険を知らせる合図] [参考]ahead: adv.前方に.
      /crossing vessel: 航路横切り船.
      /deviation: n.[略: Dev.][羅針儀・コンパスの]自差、[船体内の鉄器類によって生じる羅針儀・磁針の]自差、偏差 (→ departure)、偏向; [海上保険][船舶の] 航路外航路、離路、航路変更; 予定航路から偏する(外れる)こと; [統計][平均からの]偏差[値]; [生][進化上の]偏向、[個体変異での]偏差; [理][光線の]錯行(さっこう).
      [英語] deviation: the difference between the direction indicated by the compass needle and the magnetic meridian; caused by metal objects aboard.
      /deviation clause: n.航路変更条項; 離路約款; [海上保険]便宜寄港条項 [略: D.C.].
      /lane: n.[船・航空機などの]規定航路; 氷間の水路; 通路.
      /lane route: n.大洋航路線(ocean line).
      /midchannel: adj.航路(水路・海峡)中央の.
      ・ a midchannel bell buoy: n.航路中央[設置の]ベルブイ(打鐘浮標).
      /middle passage: n.(the~)(しばしばMiddle Passage)[史]中間航路 [アフリカ西岸から大西洋を横断して西インド諸島に 至る奴隷船にとって最も長い航路].
      /Notices to Mariners: n.航路告示 [西語] Avisos a los Marinos.
      /passage, waterway: 航路.
      /passage route, track: 航路[船の進む路].
      /sea lane, sea-lane: n.[大洋上の]常用航路、通商航路、海上交通路、航路、シーレーン; 設定航路、分離航路帯、 シーレーン[船舶通航が錯綜する狭い海峡や水道などで、船舶航行の安全を図るために通航路を分離し往復通行に設定するもの].
      /sea route: n.航路、海路(ship route, sea road).
      [文例]The Skeleton Coast has been a graveyard for ships since the first European navigators sailed south in search for a sea-route to the Orient.: 最初のヨーロッパの航海者達が東洋への航路を求めて南へ航海して以来、スケルトン海岸 (ナミビア)は船の墓場であった.

      route: n.航路、ルート[to …]、路線; 航空路、v.[ある航路で]送る、vt.…を特定の路線(航路・道筋)で送る(発送する);  …を[ある方向へ]向ける.
      /an overland route: 陸路.
      /on the route to, en route to …: …へ行く途中に.
      /to take one's route to …: …へ向かって進む.

      /sea lane: 航路、航路帯、シーレーン.
      /seaway: n.外海、外洋; 海路、航路、航行; 進航、船脚、船足; 荒海、荒波、激浪; [大型船舶・外洋船が通れる;  海へ通じる]内陸の水路 [例えば、St. Lawrence Seaway].
      /ship-route: n.航路、船路(sea-route).
      /to keep out of way: 航路を避ける.
      /to make way for …: …のために航路をあける.
      /track: n.船舶[常用]航路(→ trade route); [船・渡り鳥などの]進路、通路、航路、コース; [暴風雨などの]進路; 航跡、船跡; 跡、通った跡; 走路、トラック; 軌道.
      /trade route: n.通商路; [大洋上の]商船用常用航路.

    kouro-hyoushiki航路標識: navigation aids, aids to navigation.
    [参考] 灯光、形象、彩色、音響、電波などの手段により、船舶の航行を援助するための人為的施設; 灯台、ブイ、無線方位 信号所などのように船舶のために人為的に設けられた目標構造物。
    例えば、灯台(lighthouse)、灯柱(light staff)、灯船(light vessel, light ship)、導灯(leading lights)、導標(leading beacons)、 指向灯(directional light)、照射灯、灯標(light beacon)、立標(beacon)、浮標(buoy)、無線標識局、ロラン・デッカ・ オメガ局など.

      /beacon: n.灯台(lighthouse); 航路標識、水路標識 [燈台・灯台(lighthouse)、立標、浮標(signal buoy)、警戒標、 水路標、無線標識など]、航空標識、交通標識; ビーコン、無線(航路)標識[所](radio beacon)、航路を指導するための電波、信号所; [信号灯などの]交通標識; [山・塔の上などの]合図の火、のろし(signal fire); かがり火; [物標・目印となる]塔、丘  [西語]baliza.
      vt.[かがり火・のろしなどで]…を照らす; [標識・のろしなどで][船・人など]を導く、[船・人など]に警告する;  […に][航路]標識を設ける(設置する)、vi.[標識のように]輝く、標識となる.
      /channel mark: (pl. marks)航路標識.
      /channel marker: n.水路や河道[港湾、海峡、河川の深水部]の位置標識(マーカー).
      /fairway buoy: 航路入口浮標.
      /hydrographic beacon: 航路標識.
      /nautical mark: 航路標識.
      /navigation mark: 航路標識(→ navigational aids).
      /navigational aids: 航路標識(→ navigational mark); 航海(航行)援助施設・設備.
      /navigation signal: 航路標識.
      /plying limit: 航路定限.
      /radio beacon: 航路指導電波標識.
      /spindle: n.[海]危険標 [先端に角灯または球の付いた鉄の棒]、[航路標識用の]鉄柱; 紡錘; スピンドル; 軸、心棒.

      /to lay navigation mark: 航路標識を敷設(ふせつ)する.
      /to pick up navigation mark: 航路標識を引き揚げる.

    kouro-mokuhyou航路目標:
    /seamark: n.[海]航海目標[灯台など]、航路標識、航路目標(cf. landmark); 危険標識; 海岸線; [波打ち際の]波線、 満潮水位線.
    /sea mark: n.海標(a beacon)、航路目標[浅水域において航路標識として役に立つ海面上の隆起物].

    kouroshi航路誌: passage pilot [障害物、海象・気象その他の航路の選定に必要な事項を記載した書誌].
    [参考] 航路誌: 重要航路上の障害物・海象・気象、その他航路の選定に必要な事項を記載した航路案内記で、近海航路誌 (coastwise passage pilot)と大洋航路誌(ocean passage pilot)の2種類がある.

    kouro-suji[海]航路筋(こうろすじ): fairway [安全でよく利用されている航路] [参照]澪(みお).
    /course: 進路、水路.
    /ship channel: n.航路筋.

    kouro-yokogiri-sen[船]航路横切り船(よこぎりせん): vessel crossing [航路を横断する船舶].
    /crossing vessel: 航路横切り船.

    kouryoku効力: → [文例]This Agreement shall remain in force for five years and thereafter may be extended for additional fixed periods by consent of all the Parties: 本協定は5年間効力を有し、その後全締約国の合意により さらに一定期間延長されうる.

    kouryuu後流:
    /race: n.競走; 競漕(boat race)、レース [ボートレース、ヨットレースなど]; 瀬戸、水路(raceway);  急流、急潮、早瀬 [河口・海で、2つの流れが合して起こる](→ rapid current); 競潮(せりじお); [潮流などの衝突による]荒波、 激浪; [空]後流 [プロペラ・推進器の後方に生じる気流](slip stream)、空転.

    kouryuu恒流(こうりゅう): permanent current.
    /residual current: n.恒流(こうりゅう).
    /stream current: n.恒流 [一定方向に流れる海流].

    kouryuu拘留:
    /arrest: n.拘留、逮捕; 取り押さえ、[海上保険]強留、vt.[船舶などを]拘留する; 取り押さえる、逮捕する、拘留する.
    /detained ship: n.被拘留船、拘留された船(拘留船).

    kouryuu交流: interchange/an interchange of information: 情報交換/interchange of technology: 技術交流.

    kousa交差:

      /cross: n.交差、クロス[例えば、両舷の錨鎖が十文字状に交差した状態]、vt.…を交差させる; [川・道路など]を横切る、 横断する、渡る; [海][帆桁など]をマストにつける、[海][帆桁など]をマスト(帆柱)に交差して出す、マストにヤードを架する、 マストに桁を取り付ける; [動植物]を交雑(交配)させる、vi.[互いに]交差する[each other]; 横切る、渡る; [動植物が]交配する、 雑種になる(interbreed).
      /cross cable: 交差した錨鎖(びょうさ).

    kousa-houi-hou交差方位法:
    /cross bearings: n.pl.[海]交差方位法、交叉(こうさ)方位法、クロス方位法 [複数目標の方位線の交差により位置を求める方法].
    /oblique bearings: n.交差方位(=cross bearings).

    kousai-a-kou後鰓亜綱(こうさいあこう): Opisthobranchia.

    kousaku綱索(こうさく): wire rope.

      /cable: n.ケーブル [針金・麻などを撚り合わせた太い綱]、綱索(こうさく)、太索(ふとづな)、太綱(ふとづな)、 大索(たいさく・だいさく)、太い大綱 [通例、周囲10インチ以上のもの(→ cablet)](→ rope, cord); ケーブル、被覆電線、電纜 (でんらん) [絶縁体で包んだ多数の電線を集め、その上に一つの外被をかぶせたもの]、[特に]海底ケーブル、海底電線; [海]錨鎖(びょうさ)、錨索(びょうさく) [本船と錨を繋ぐ]; [海]cable length、vt.…を錨鎖で繋ぐ; …にケーブルを取り付ける.
      /mooring wire: 係留綱索.
      /steel hawser: n.大綱索.
      /steel wire rope: n.綱索.
      /toggle iron: 綱索止め腕金(こうさくどめうでがね).
      /wire sounding: 鋼索測深.

    kousaku桁索(こうさく):
    /jear: =jeer.
    /jeer: n.[海][しばしば~s]桁索(こうさく) [下層の帆桁を上下させるための索具]、[下層帆桁の]索具、ロアー・ヤード (lower yard)を上げ下げするテークル、ジーア.

    kousaku-sen[船]工作船: factory ship [船舶修理に必要な設備を持つ船], floating factory.
    /floating factory: n.缶詰工船、工作船.

    kousansoseino広酸素性の(こうさんそせいの): euryoxybiotic.

    kousei恒星: fixed star.

    kousei鋼製:

      /steel boat, steel vessel(ship): n.鋼船、綱造船.
      /steel-hulled: adj.綱製船体[構造]の.
      [文例]The Balclutha is an 1886 square-rigged sailing ship, a typical steel-hulled merchant ship of the late Victorian period, built in Glasgow, Scotland.: 「Balclutha」号は1886年の横帆式帆船で、ヴィクトリア時代終期の 典型的な綱製船体の商船で、スコットランドのグラスゴーで建造された.

    kousei[生]向性:

      /phototropism: n.屈光性.
      /trophotropism: n.食餌(しょくじ)走向性、索餌(さくじ)走向性.
      /tropism: n.[生]趨性、[動物の]向性、[植物の]屈性、屈動性[刺激の方向に曲がる性質]、-tropism ([comb.form]「…への屈性・向性」の意).
      /tropistic: adj.屈性の、屈性をもつ.

    kousei-doubutsu-mon[動]後生動物門: → Metazoa: n.pl.後生動物門 [原生動物以外の全ての動物を含む; cf. Protozoa].
    /metazoal=(adj.)metazoan=metazoic.

    kouseki航跡(こうせき):

      /course recorder: 航跡自画器.
      /dead water: n.[海][船尾にできる]渦、航跡渦流(かりゅう)、デッド・ウォーター [航走(前進)中の船尾に渦巻く水]、 航跡滑流(かつりゅう); [海]死水(しすい) [内部波による現象]; [理・地][流れの]よどみ、静止状態の水、静水、流れない水、 止水; [海]小潮(neap tide); 比重が異なる水層のため推進能力を失うこと.
      /furrow: n.[船などの通った]跡(track)、航跡; 海渠(かいきょ) [陸棚にまで切り込み侵入している海底の凹地あるいは裂溝で、 海岸線にほぼ直交するように形成される][渠: 「みぞ」の意味がある]; [車の]轍(わだち); 溝; 船・魚などが水・波を切って進むこと.
      v.[海][船・魚などが][水・波を]切って進む(to plough, to cleave).
      [参考] wake: n.[船が]通った跡、航跡; [一般に]物事が経過(通過)した跡(道).
      /track: n.船舶[常用]航路(→ trade route); [船・渡り鳥などの]進路、通路、航路、コース; [暴風雨などの]進路; 航跡[船の位置の軌跡]、船跡; 跡、通った跡; 走路、トラック; 軌道.
      ・ distribution chart of tracks: 航跡分布図 [ある水域内の複数の航跡を集積した図].
      /track chart: n.航跡図.
      ・ towing track chart: n.曳航経路図.
      /trail: n.跡、通った跡(trace); 航跡(wake)、tv.を引きずる、[オールを、漕がないで]引きずる; 流す、[釣り糸を] 水面に流す、vi.流し釣りをする、トローリングをする; [雲・煙が]たなびく.

      wake: n.[船などが]通った跡、航跡(こうせき)、船跡(せんせき); 伴流(はんりゅう).
      /to steer in your wake: 貴船の航跡通り操船する.
      /to take wake: 他船の航跡に入る.
      /wake current: n.航跡流 [航行した船の後に生じた凹部を満たすために起こる水の流れ]; 追跡流; 伴流.
      /wake eddy current: n.航跡渦流(かりゅう).
      /wake factor, wake coefficient: n.伴流係数.
      /wake resistance: n.船尾に起こる摩擦抵抗、船の前進力によってその船尾に起こされる摩擦抵抗.
      /wakesurfing: モーターボートの航跡でする波乗り.

    kouseki-maizouchi鉱石埋蔵地; 地雷(機雷)原、機雷(水雷)敷設区域: minefield.

    kousekiun[気]高積雲:
    /altocumulus: n.(pl. -li)[気]高積雲、羊雲[略: Ac.][中層雲のうちの一種。大まだら雲ともいう。 大気の中層に形成される、大きな塊り状に並ぶ雲; 雲塊は縦横に規則正しく配列する].
    /altocumulus castellatus: n.[気]高積雲、塔状高積雲.

    kouseki-unpan-sen[船]鉱石運搬船:
    /ore and oil carrier: n.鉱石・油兼用船[鉱石、油を同時に積載できる船].
    /ore carrier: n.鉱石船、鉱石専用船、鉱石運搬船[鉱石を専用に運ぶ船; 鉱石をばら積みにして運搬するのに適した船舶].
    /ore or oil carrier: n.鉱石・油兼用船[鉱石、油のいずれでも積載できる船].

    kousen[船]工船(こうせん):

      /factory ship: [船]工船[鯨工船・蟹工船など]、母船(ぼせん); 工作船(艦)[船舶修理に必要な設備を持つ船].
      [参考]工船: 魚加工母船のこと; 漁獲物の加工設備をもつ船; 水産加工・製造設備を船内にもつ船で、漁船からの漁獲物を 船内で缶詰、魚粉、魚油などに加工する; 鯨・カニなどの漁獲物を解体処理、加工・缶詰製造などを行う 母船などを主にいう(→ 工船漁業、カニ工船、すり身工船).
      /factory ship fishery: 工船漁業.
      /factory ship type crab fishery: 母船式カニ漁業.
      /factory ship type fishery. 母船式漁業.
      /factory ship type salmon and trout fishery: 母船式サケ・マス漁業.
      /factory ship type trawl and other fisheries: 母船式底曳等漁業.
      /factory ship type tuna and skipjack fishery: 母船式マグロ・カツオ漁業.
      /factory ship type whaling: 母船式捕鯨業.
      /floating factory: n.缶詰工船、工作船.
      /mothership-based catcher boat: 母船[基地]式捕鯨船.
      /mothership-type fishery, mother-boat [system] fishery: 母船式漁業.
      /mothership-type salmon and trout fishery: 母船式サケ・マス漁業 [かつて、母船としての大型工船と50~120トンの 独航船(どっこうせん)約40隻をもって船団を編成し、北太平洋の漁場で、サケ・マスを対象魚種にして主に流し網 (浮き流し刺し網・浮き刺し網)の網目に絡ませて漁獲した][画像参照: 母船式サケ・マス漁業].

    kousen公船、公的船舶: government-owned vessel.

    kousen交戦: [参照]戦闘.
    /to clear for action: 戦闘準備を行う.
    /to clear the deck: 甲板を片付けて交戦の準備を行なう.

    kousen綱船(こうせん): steel ship(vessel, boat).

    koushi鉱滓(こうし)(slag)、かなくそ; 火山岩滓: scoria/scoriaceous: adj.鉱滓の.

    koushi格子:
    /hatch grating: 艙口格子、艙口格子蓋、ハッチ格子 [参考1] grating: n.[海][昇降口の]格子蓋(ぶた); [ボートの底に敷く] すのこ; [窓などの]格子; [窓の]鉄格子、[参考2] grate: [窓の]鉄格子(grating).

    koushin交信:

      /to speak: vt.…を話す; [海][船]と[海上で]交信(通話・通信)する; …に信号する(signal)、呼掛ける(hail).
      /to speak a passing ship: 通過する船と交信する.
      /to speak a ship: 他船と通信する; 船に呼掛けて安否を問う.
      /to speak several vessels: 数隻の船と交信する.



    A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z
    このページのトップに戻る/Back to the top of this page



    koushin後進:

      /astern: adv.[海][船・航空機の]後方に(へ)、後部で(へ)、船尾に(へ)、船尾の方へ; 船尾を進行方向に向けて [西語] a popa.
      /astern(backing) power: [船]後進力、後退力.
      /backing: 支持、後援; 逆行、後退; [船の]後進、[機関の]後転; 裏材、裏板.
      /backing power: 後進力、後退力(→ astern power).
      /crash astern: 全力後進(crash back).
      /crash back: 全力後進(crash astern).
      /D.SLOW-S: dead slow astern 後進極微速 [参考]微速.
      ・ D.SLOW-H: dead slow ahead 前進極微速 [参考]微速.
      /full speed astern: 後進全速 [対語]前進全速: full speed ahead.
      /Go astern!: [号令]ゴースターン!、後進! [対語]Go ahead: 前進.
      /stern foremost(=sternforemost): adv.船尾を前にして、船尾を進行方向へ向けて、後進して.
      /stern power: n.[海]後進力.
      /sternway: n.[海][船の]後進、後退、後進の運動; [船の]後進力(→ sternboard).
      ・ to fetch sternway: 後進力を得る.
      ・ to have sternway on: [船が]後進する(している); 後進力がある.

      /to back astern: [海][船を]後進させる、逆進する、ゴースターンをかける.
      /to backwater: vi.[オール・推進器などを]逆作動させて舟(船)を停止(後進)させる; ボートを後進(方向転換)させる.
      /to fetch headway: 前進する、[船が]前進力を得る、[船が]前進を始める、進み出す、前進の行脚を生じる [対語]to fetch sternway.
      /to fetch sternway: [船が]後進する、後進力を得る、[船が]後進を始める、下がり出す、後進の行脚を生じる [対語]to fetch headway.
      /to go astern: 後進する; [命令法]ゴースタン!、後進! [対語]to go ahead.
      /to make sternway: 後進する→ to make headway: 前進する.

    koushin航進[中](こうしん[ちゅう]: making way [船が自力による対水速力を持っている状態].

      /hours proceeding: 航進時間 [前進運転中のエンジンを初めて停止させるまでの時間].
      /hours propelling: 航進時間 [航海時間のうち、航進した時間].
      /to lay the land: 陸地が水平線下に隠れるよう沖に向け航進する.
      /to make head way: 前へ航進する.
      /to stand in for the land: 陸地に向かって航進する.
      /to stand off and on the land: 時には陸地から離れ、時には陸地に接近するよう航進する.
      /to stand off the land: 陸地から離れるよう航進する.

      way: : n.道; 仕方; 方法、手段; (~s)[たまに単数扱い][船・造船]進水台; 船台; [海]行き足、船足[船の進航力]; 航進、航行; 方向.
      /on opposite way: 反航中[の].
      /on same way: 同航中[の].
      /on the way from …: …から来航中の.

    koushinpuu恒信風(こうしんぷう): [参照]貿易風(trade wind).

    koushinsei好深性: → bathophilous: adj.好深性の.

    koushinsei広深性:
    /eurybath: n.[生態]広深性生物 [さまざまな深度の水底に生息できる; opp. stenobath].
    /eurybathic: adj.広深性の.

    kousin-suru航進する: [参照]進む.

    koushin-yukiashi後進行き足(こうしんゆきあし): sternway [水に対する船尾方向への船の運動].

    koushitsu閘室(こうしつ): lock chamber [閘門で仕切られた区画室] [参照]運河、閘門.

    koushitsu-sei[生]好湿性(こうしつせい):
    /hygric; hygrocolous; hygrophilous: adj.好湿性の.
    /hygrophil: adj.好湿性の→ hydrophil: adj.好水性の.

    kou-shiunten公試運転(こうしうんてん): official trial [造船所が船主に船を引き渡す前に、検査官の立会いの もとで行われる海上試運転].
    /owner's trial: n.船主試運転.

    koushou[石油・天然ガス・鉱物などの]鉱床:

      /deposit: [石油・天然ガス・鉱物などの]鉱床、埋蔵物; 堆積(沈積・沈澱)物→ [ore] deposit; mineral deposit: 鉱床.
      ・ deposits of polymetallic sulphide minerals: 多金属硫化物の鉱床.
      /oil deposits: 石油鉱床.
      /recoverable reserve: 可採埋蔵量.
      /seashore-type drift sand deposit: 海浜型漂砂鉱床.
      /seashore deposit: 海浜鉱床.
      /sulfide(sulphide) deposits: 硫化物鉱床.

    koushou[3本マスト帆船の]後檣(こうしょう): mizzenmast [参照]マスト.

      /after mast: 後檣(こうしょう).
      /after-steaming light: n.後檣灯.
      /jiggermast, jigger mast: n.[海]ジガーマスト、最後檣(さいこうしょう)、尾檣 [4本以上のマスト(檣)をもつ帆船の最後部のマスト、 または小帆走艇の船尾の補助マスト; 4~5檣船での第3檣をミズンマスト(mizzenmast, mizzen mast)と言い、 4本マスト帆船でのミズンマストの後ろのマスト(=最後尾のマストになる)をジガー、またはボナベンチュアマストと称する.
      /mizzen, mizen: n.[海]ミズンスル(=mizzensail, mizensail)[後檣(こうしょう)に張る縦帆]; =mizzenmast, mizenmast、 adj.後檣の、後檣用の、後檣に張る.
      [参考]mizzen: (1)the shorter, after-mast on a ketch or yawl; (2)the fore-and-aft sail set on this mast.
      /a mizzen rigging: n.後檣索具.
      /a mizzen top: n.後檣楼.

    koushou工廠(こうしょう):
    /naval arsenal: 海軍工廠.
    /navy yard: n.=naval shipyard.

    koushou交渉: → pending fishery negotiations: 漁業交渉中 [参考]pending: prep. …の間、…中(during).

    koushou-bariki公称馬力(こうしょうばりき): nominal horsepower [略: N.H.P.][カタログなどに記載されている 原動機の馬力](→ registered horsepower).

    kouso酵素: enzyme.

    kousoku港則: harbor(harbour) regulations [港内における船舶交通の安全および港内秩序を図ることを目的に定めた規則].
    /Harbour Law: 港則法[日本].

    kousou構想: vision.

    kousou航走(こうそう): [参照]帆走.

      /distance recorder: 航走距離積算器.
      /distance run: 航走距離.
      /high-speed [plankton] sampler: 航走[プランクトン]採集器.
      /leg: n.[海][船・帆船の]一間切りの航走(帆走)区間・距離、一航程; 直線航程の一区間、[標識で明示された]一航路区間; 一航海(ひとこうかい); [ある航程・工程・行程の] 一区切り、一旅程; [海]あし [綱の二つの結び目の間]、股になっている索具類; 脚、あし [網目を構成している糸; 網目の結節部と次のそれとの間の網糸]; [船を上架する時にそれを支える]支柱;  三角形の底辺以外の辺; [人間・動物の]足、脚; 下肢(かし).
      ・ a good leg: 見込み、あるいは希望通りの針路と航走距離.
      ・ during three separate cruise legs: 3つの別々の一間切りの航走(帆走)区間(距離)の間に.

      run: n.走ること; 運行; 路線; 操業; 一定時間の航路; [船の]航程(run of a ship)、走程、行程; [ある期間の]航走[距離]; 航行、帆走; [2観測点間の]行程、方向; [海]船尾尖端部、船尾端部; [特に、産卵期の魚の]川での 遡上(そじょう)[川を遡ること]、遡河(そか)、遡上、移動; 移動中の魚(動物・獣)の群れ、移動魚群.
      adj.[魚が]海から遡(さかのぼ)ったばかりの.
      v.(ran, run, running)vi.[魚が]移動する(migrate)、[産卵のため]川を遡(さかのぼ)る; 流れる; 走る; [順風で]帆走する (run: to sail with the wind aft, or very nearly so)、航走する、[帆走]船尾からの風を受けて走る; 運転する; [船・バスなどの乗り物が]通う; [船などの]便がある.
      vt.[船など]を通わせる; …を通す[…into, through].
      /run between mile posts: 標柱間航走→ run on the measured mile: 標柱間航走.

      /to lie the course: 予定通りの針路を航海する(航する・航走する).
      /to make a run of 200 miles: 200浬を航走する.
      /to run against tidal stream: 逆流を航走する.
      /to run down a coast: 沿岸に沿って航走する.
      /to run down a port: 港の緯度まで子午線に沿って航走し、その後距離圏に沿って港に向かう.
      /to run on the measured miles: 漂柱間を航走する.
      /underway bottom sampler: 航走採泥器.

    kousou-chinka航走沈下: [参考]ベルヌーイの定理に基づくと、大型船が水深の浅い水域を航行する時に、 船底と水底との間にある水の流速が上がり、船を水底に引き込こもうとする力が発生すること.

    kousou-kairyuu-sokutei-ki航走海流測定器: geomagnetic electro-kinetograph [略: GEK].

    kousou[植]紅藻:

      /frog spawn: n.紅藻(こうそう)類; 淡水産の藻類(frog spit); カエルの卵.
      /red alga (pl. algae), Rhodophyta, Rhodophyceae: n.[植]紅藻、紅藻類.
      /red algae: n.pl.[植]紅藻類[海藻の一種](→ Phodophyta)/red algal genus Gracilaria.
      /red seaweed: n.紅藻(red alga).
      /Rhodophyceae: n.紅藻類.
      /sea moss: n.各種の紅藻類; [動]コケムシ(bryozoan)/seamoss.

    kousou-kishou高層気象:
    /aerological observation: 高層気象観測.
    /aerology: 高層気象学; 大気学.

    kousou-shokubutsu[植]紅藻植物: [参考]植物界の一門。紅藻素などの色素を含み、紅色、紅紫色に見える藻類。 大部分は海産である。あさくさのり、テングサなど.

    kousouun[気]高層雲:
    /altostratus: n.(pl. -li)[気]高層雲[略: As.][中層雲のうちの一種で、主に大気の中層に形成され、薄い層状をなして広がる].
    /altostratus castellatus: n.[気]塔状高層雲.
    /As.: "altostratus"の略、高層雲の意.

    kousui[理学]降水、降雨、降雪、雨量; 沈積; [化学]沈殿、沈降: precipitation.
    /amount of precipitation; precipitation: 降水量.

    kousui-sei好水性(こうすいせい): → hydrophil: adj.好水性の/hydric; hydrophilous: adj.好水性の.

    koutai-kaigan後退海岸: retrograding coast.

    koutan桁端(こうたん):
    /to lay in: 桁端(こうたん)から檣の方にくる、ヤード(yardarm)端から中央の方へ来る→ to lay out.
    /to lie in: ヤーダム(yardarm)から中央に来る(=to lay in) [参考]yardarm: ヤーダム、桁端(こうたん)、桁(けた)の末端.
    /to lay out: [錨などを]搬出投入する; 桁端に行く(→ to lay in).
    /yardarm: n.[海]ヤーダーム、桁端、けたはし[帆桁の末端; cf. quarter].

    koutatsu-kyori光達距離(こうたつきょり): range [海上で灯光を確認できる最大距離].

    koutei皇帝: → Emperor Seamount Chain, Emperor Seamounts: 天皇海山列(かいざんれつ).

    koutei[海]航程:

      /actual distance: 実航航程.
      /a day's run: n.一日の航程→ five days' sail: 5日間の航程/three days' sail from port: 港から3日の航程.
      /leg: n.[海][船・帆船の] 一間切りの航走(帆走)区間・距離、一航程; 直線航程の一区間、[標識で明示された]一航路区間; 一航海(ひとこうかい); [ある航程・工程・行程の] 一区切り、一旅程; [海]あし [綱の二つの結び目の間]、股になっている索具類; 脚、あし [網目を構成している糸; 網目の結節部と次のそれとの間の網糸]; [船を上架する時にそれを支える]支柱;  三角形の底辺以外の辺; [人間・動物の]足、脚; 下肢(かし).
      ・ a good leg: 見込み、あるいは希望通りの針路と航走距離.
      ・ during three separate cruise legs: 3つの別々の一間切りの航走(帆走)区間(距離)の間に.
      /loxodromic, -ical: adj.[海]航程線の、斜航(しゃこう)法の、斜航の; [地図]漸長(ぜんちょう)(メルカトル)図法の、 n.航程の線、斜航線.
      ・ a loxodromic line: 斜航線.
      /loxodromically: adv.
      /loxodromics, loxodromic sailing: 航程線航法.
      /loxodromics, loxodromy: [海]斜航法、斜航術.
      /mile table: n.航程表(=distance table).
      /nautical distancee: 航程.
      /oblique sailing: n.[海]斜航(しゃこう) [正北(南・東・西)以外の方向への航行]、航程線航法.
      [参考] oblique: n.[海]鋭角に斜路を転ずること、adj.斜めの、はすの(slanting); 斜角の、vi.斜行する.
      /rhumb: n.[海]航程線、ラムライン(=rhumb lline); 羅針(らしん)方位 [32点の1]、羅針方位線; 羅針方位2点間の角距[11度15分、 11o15'].
      /rhumb line: n.[海]航程線、航程の線、ラムライン [loxodromic line, loxodromic curveともいう].
      [参考]船が一定のコンパス方向を保っている時に描く線で、各子午線に同一角度で変わる。すべての子午線との交角が一定の線; 地球上の各子午線(各経度線)と等角度の線、従って漸長海図上では直線で、大圏海図上では曲線で示される; メルカトル図法で 描かれた任意の2点を結んだ直線.
      /rhumb line sailing: 航程線航行(航法) [航程線に沿って航行すること].

      run: n.走ること; 運行; 路線; 操業; 一定時間の航路; [船の]航程(run of a ship)、走程、行程; [ある期間の]航走[距離]; 航行、帆走; [2観測点間の]行程、方向; [海]船尾尖端部、船尾端部; [特に、産卵期の魚の]川での 遡上(そじょう)[川を遡ること]、遡河(そか)、遡上、移動; 移動中の魚(動物・獣)の群れ、移動魚群.
      adj.[魚が]海から遡(さかのぼ)ったばかりの.
      v.(ran, run, running)vi.[魚が]移動する(migrate)、[産卵のため]川を遡(さかのぼ)る; 流れる; 走る; [順風で]帆走する (run: to sail with the wind aft, or very nearly so)、航走する、[帆走]船尾からの風を受けて走る; 運転する; [船・バスなどの乗り物が]通う; [船などの]便がある.
      vt.[船など]を通わせる; …を通す[…into, through].
      /a [ship's] run; the run(passage) of a ship; the distance covered by a ship: 航程[2点間の航走距離]、走程、行程.
      ・ by the run: [海]抑制しないで、どんどん.
      ・ distance run: 航走距離.
      /a voyage; [口語]a leg: 航程.

    kou-teichou高低潮(こうていちょう): higher low water.

    koutei-pengin[鳥]皇帝ペンギン、エンペラーペンギン: emperor penguin [ペンギン目ペンギン科オウサマペンギン属].

    kouteisen航程線: [参照]航程.

    kouteki-suion好適水温: favorable water temperature.

    kouten荒天: stormy weather [参照]時化.

      /dusting: n.[俗語][海]暴風雨の中の船の動揺; 荒天、時化(しけ); ゴミ掃除、ほこりを払うこと.
      /heavy weather: 荒天(こうてん).
      /rough: adj.[海・天候などが]荒れる、荒れた; 荒天の、暴風雨の; [航海・飛行などが]荒天をついての、荒天をついた.
      /rough passage: 荒天の航海.
      /rough sea: n.荒海、荒天時の海→ rough seas: 荒天; 荒浪.
      /rough voyage: n.難航海、荒天をついた航海、荒天時での航海.
      /rough weather: n.荒天.
      /snugness: n.[16世紀=[海]prepared for storms] [参考]snug: adj.航海に適する、上等の<船など>、きちんと整理された.
      ・ to snug down: [海][船を]荒天の航行に備える.

      storm: n.[気象]暴風 [ビューフォート氏風力階級(Beaufort's wind scale)11]; 嵐、暴風雨; 荒天、v.[天気が]荒れる.
      /stormbeaten: adj.暴風[雨]に荒された.
      /storm canvas: n.[海]荒天用帆布、荒天帆一式.
      /storm jib: n.[海]ストームジブ [荒天用の船首三角小帆].
      /storm sail: n.[海]ストームスル; 荒天帆、暴風帆、荒天用の帆.
      /storm signal: [船舶に対し海岸に立てられる]暴風信号; 困難な兆し.
      /storm surge: [台風・ハリケーン・サイクロンなどの]暴風による異常高潮(たかしお)、風津波(かぜつなみ).
      /storm warning, storm-warning: 暴風警報、暴風雨警報、暴風雨注意報.
      /violent storm: [海・気]暴風(=storm).

    kouten交点:
    /meet: n.[数]交点、交線(intersection); [運動競技の]会、大会、v.[ヨットレースなどで、異なるタックの2艇が] 出会う [交差(すれ違う)直前に互いにタックをして離れていくか、一方がタックして並行して帆走することになる].

    kouten向点:
    /apex: n.(pl. apexes, apices)[貝殻の]殻頂; [物の]頂点、先端; [天]向点.
    /the solar apex: 太陽向点.

    koutengi渾天儀(こうてんぎ):
    /armillary sphere: n.[天文]渾天儀(こうてんぎ) [古代の天球儀の一種].

    koutetsu-kan甲鉄艦:
    /ironclad: adj.[軍艦などが]甲鉄の; 装甲の、n.[19世紀の]甲鉄艦.
    /ironside: n.勇猛果敢な人; [~s; 通例単数扱い]甲鉄艦.
    /plate armor([英国]armour): n.[軍艦などの]甲鉄板、装甲板.

    koutou紅灯: red light.

    koutou-kainan-shinpanchou高等海難審判庁: High Marine Accidents Inquiry Agency.

    koutouki-houbou[魚]コウトウキホウボウ: braodhead crocodilefish.

    kouwan港湾: port and harbour.

      /[米国]harbor, [英国]harbour(→ port, haven): n.[船の安全な停泊所としての]港、港湾、船舶避難所、避泊地; 避難所、 隠れ場、潜伏所、vt.[船]を港に停泊(避難)させる; [虫など]のすみかとなる、収容している.
      vi.[船などが]港に停泊する; 避難する、[動物が][常習的に]潜む、隠れる、[寄生虫が]宿る.
      [参考] harborは主として港の水域を、portは都市を重くみる。harborは天然または人工の港湾→ The island has a fine harbor.: その島には良港がある。havenは天然のharbor [文語的な語]、portは停泊・荷揚げ・補給・倉庫などの設備や背後の都市を含む大きな商港 → a thriving port: 栄える商港.
      /harbor dues: 港湾税、入港税.
      /harbor plan: 港湾図.
      /port and harbour bureau; port authority: 港湾局.
      /Second District Port Construction Bureau: 第二港湾建設局.
      /stevedorage: 荷物(貨物)積み下ろし料; 人夫賃.

    kouwan-gijutsu-kenkyuusho港湾技術研究所: the Port and Harbor Research Institute, Ministry of Transport, Japan[日本・運輸省(現在、国土交通省)].

    kouwan-hou[法]港湾法: Port and Harbour Law[日本].

    kouwan-kanri港湾管理:

      /harbor master: [港を管理する]港務[部]長.
      /a port authority: 港庁; 港務局、港湾局; 港湾管理委員会; 港湾当局.
      ・ Rotterdam Municipal Port Authorities: ロッテルダム市港湾局.
      /port manager: 港湾管理者.
      /port officer: 港務官.
      /port service: 港務.

    kouwan-kougaku港湾工学: port and harbour engineering.

    kouwan-roudou港湾労働: longshoring.

    kouwan-roudousha港湾労働者: longshoreman [米国で用いられる用語: 船の貨物を積み降ろしするために雇われ働く労働者; 多くは臨時雇い].

      /dock man: n.港湾労働者; 船渠労務者.
      /hold crew(or man): 倉内作業をする港湾労務者.
      /longshoreman: n.(pl. -men)[米国]港湾[荷役]労働者、荷役労働者、荷揚労務者、荷揚げ人足、波止場人夫(人足)(docker)、 仲仕(なかし)、沖仲仕、海岸の手間取り人夫 [西語] estibador; 沿岸漁民(漁夫)、近海漁夫.
      /lumper: n.[米国]沖仲仕(おきなかし)(→ longshoreman); 波止場人足.
      /longshoring: n.港湾労働.
      /shape-up: n.[米国]労働者(港湾労働者)を集合(整列)させて選ぶ方法.
      /stevedore: 港湾荷役請負業者、仲仕[船内荷役では本船側の指揮下となる].



    A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | V | W | X | Y | Z
    このページのトップに戻る/Back to the top of this page



    kouyou-koukai-nisshi公用航海日誌: official log book [行政官庁に届け出るため、海難、その他の重要事項を 記録した書類].

    kouyou-sen航洋船:

      /ocean-going, oceangoing: adj.外洋航行の、遠洋航行の、外航の(cf. sea-going) [参照]coasting [西語: de altura].
      /ocean-going ship(vessel), sea-going ship(vessel): [船]航洋船、外航船、外洋船[外海の航行に供される船舶](→ 外洋船、外航船) [西語: buque de altura].
      /ocean-going tugboat(towboat): 航洋曳船(こうようえいせん)、航洋タグボート.
      /sea boat: n.航洋船、外洋航行船、海洋船 [沿海船・川船に対して]、耐波性をもつ船; [船に積んだ]非常用ボート、 救命ボート、救命艇.
      ・ a good(bad) sea boat: 波浪に耐える(耐えない)船、耐波性の良い(悪い)船、乗り心地の良い(悪い)船.
      /seagoing: adj.[船が]遠洋航海の(に適する)、航洋性のある; [人が]航海を業とする、船乗り業の; [魚が産卵のために]海へ 下る(catadromous)、n.=seafaring.
      /a seagoing(sea-going) ship(vessel): 航洋船、外洋航行船 [西語: buque de navegación de altura] [参照]ocean-going vessel.
      /seagoing draft: 航洋吃水.
      /seagoing tug: 航洋曳船(引き船・タグ・タグボート).

    kouyou-zu航洋図(こうようず):
    /ocean chart: n.航洋図; 海洋図.
    /sailing chart: 航洋図(ocean chart)[大洋航海用の縮尺100万分の1より小縮尺の海図].

    kouyuu-chi公有地、共有地: common land.

    kouyuu-suimen公有水面:
    /public waters, public-owned waters, public sea-area: n.公有水面、公共用水域 [語例]commonly-owned. publicly-owned.
    [参考] 公有水面埋立法によると、公有水面とは、海・河川・湖沼、その他の公共の用に供される水面または水流であって、 国の所有に属するものをいう.
    [語例]放置された(遺棄された)舟艇が公有水面の大部分を占有(占拠)している.

    kouyuu-suimen-umetate[法]公有水面埋立法[日本]: Public Waters Reclamation Law [大正10年4月9日法律57号].

    kouzatsu交雑: [参照]交配.

    kouzei港税:

      /harbor dues: (pl.)入港税、港税(こうぜい)、入港料[港の使用に対して船舶に課せられる諸料金].
      /harbor dues, port charges, keelage: 入港税 [参考]dues: 税、税金、料金.
      /keelage: 入港税、停泊税.
      /portage: n.港税.

    kouzoku-sen後続船: a ship next astern.

    kouzoku-kyori航続距離:

      /outrange: vt.[他の船・飛行機など]にまさる航続距離をもつ、[ある地]より遠くまで航行(飛行)できる; [海]outsail.
      /radius: n.(pl. -dii or -diuses)半径; 区域、範囲; [船・航空機が]燃料を補給せずに戻ってこられる(航行できる)距離、行動半径; 航続距離; [六分儀・四分儀などの]腕、針.
      /radius of action: [船舶などの]航続距離、行動半径、行動範囲.
      /radius of sailing, sailing radius: 航海半径[航続力の及ぶ距離]、行動範囲.
      [参考]航続力: 艦船・航空機が途中で燃料補給をしないで航行できる能力.
      /range: n.[海中動物の棲(す)む]水深、棲む範囲(生息範囲); [動植物などの]分布範囲、分布区域; 生息区域; [海・空]航続距離; 測深 可能な水面を示す線; [海]2個以上の導標に基づく航路延長線 [安全航路を示す].
      /circling radius: n.航続距離.
      /cruising range: 航続距離 [燃料補給することなく、巡航速力で航走できる最大限の距離].

    kouzoku-han'i航続範囲:

      /cruising radius: 航続範囲、航続距離.
      /radius of sailing, sailing radius: 航続距離[航続力の及ぶ距離].
      [参考]航続力: 艦船・航空機が途中で燃料補給をしないで航行できる能力.
      /to outrange: vt.[他の艇・飛行機など]にまさる航続距離をもつ、[ある地点]より遠くまで航行(飛行)できる; [海]to outsail.

    kouzou構造:

      /construction profile: n.[船体の]構造縦断面図.
      /construction plan: n.構造図.
      /cutaway: adj.[説明図などにおいて]表層部を切り取って内部を見せている、n.カッタウェイ図[内部の見える説明図;  例えば、船や潜水艦の舷側外板を切り取って艦船内部の様子を描写する図; モーターボートの外側の張り材を取り外して、 骨組みと内部構造を描写する図].

    kouzou-chishitsu-gaku構造地質学: tectonics.

    kouzou-chousei構造調整: structual adjustment.

    kouzou-juudanmen-zu構造縦断面図: construction profile.

    kouzou-sen[船]構造船(こうぞうせん): built up ship.
    [参考] ヨーロッパ式構造船: キール、各種縦通材と、ビーム、フレームなどの各種の横置材で船体の骨組みを造り、 そこに外板、甲板などに皮を張るといった船のこと。別名、組み立て船ともいう。この場合、船体を構成する材料の種別 (木、鉄、綱)を問わない。中世以後の西欧型木造帆船から現代の客船、貨物船、漁船、軍艦など全て構造船と呼ばれるものの 範疇にある。丸木舟(くり舟)、縫い合わせ舟と区別するための用語.

    kouzui洪水:
    /diluvial: adj.大洪水の、[特に] Noahの洪水の; 洪積[層](diluvium)の(cf. alluvial)/the diluvial age: 洪積期.

    kowanuke-fuuryuu-uo[魚]コワヌケフウリュウウオ: Jordan's batfish.

    kowari-ikesu小割生け簀: [参照]生け簀.

      /net cage: n.小割(こわり)生け簀.
      /net cage culture: 網生け簀養殖.
      /net pen: 網生簀(あみいけす)、網生け簀.
      /pen: n.[家畜・家禽などの]囲い、おり(檻)、ペン; (the ~)[集合的]おりの中の動物; 囲い地(enclosure); 潜水艦修理ドック、 vt.(penned or pent, penning)…を囲い(おり)に入れる、閉じ込める[…in, up].
      /pen culture: n.ペン・カルチャー、小割養殖 [参考]pen: 小さな囲い; 潜水艦待避所.
      /pen culture industry: n.小割式養殖業.
      /a sonic(electric, air bubble) barrier for penning fishes: 魚を囲い込んでおくための音響(電気、気泡)式バリア-.

    kowari-youshoku小割り養殖:

      /cage culture: n.小割(こわり)養殖、小割式養殖、生け簀養殖.
      ・ cage fish culture: 生け簀養殖・養魚.
      ・ floating cage culture: 浮体式生け簀養殖.
      /crawl, corf: n.生け簀(いけす).
      /pen culture: 小割り養殖、小割り式養殖 [参考]pen: 小さな囲い; 潜水艦待避所、[参考]pen culture industry: n.小割り式養殖業.
      /pen net: [養殖用の]小割り網.

    koya小屋: → cabana: n.小屋(cottage, hut); [海水浴場・プールなどの] 脱衣小屋、更衣小屋.

    koyami小止み、小やみ: [参照]凪.
    /lull: vt.[通例受身形で][波・暴風雨など]を静める、vi.和らぐ、静まる、n.[嵐などの]小やみ、小止み、凪(なぎ)、 大波と小波との間の小波; [一時的な]風力の減衰.
    /The waves were lulled.: 波が静まった.

    koyari-ika[動]コヤリイカ: Siboga squid.

    koyasugai[貝]コヤスガイ:
    /cowrie, cowry: n.(pl. -ries)[貝]コヤスガイ; タカラガイ、タカラガイの類/cowries: n.タカラガイ科.

    koyou-keiyaku[船員などの]雇用契約:
    /shipping articles: n.pl.[船長と船員との間で結ぶ]船員雇用契約[書]、船員契約[書]; 船員名簿(ship's articles).
    /ship's articles: n.pl.[船長と船員との間で結ぶ]船員雇用契約[書]、船員契約[書](=shipping articles).

    koyuu固有:

      /endemic: adj.[動植物など]特定の地方に限られた(固有の)、n.[生]固有種→ endemic species: n.固有種.
      [語例]endemic fishes in Hawaii; Hawaiian-only fishes: ハワイ固有魚種.
      /natural frequency: 固有振動数.
      /potential growth: n.固有生長.
      /proper oscillation: 固有振動.
      /proper period; period of proper oscillation: 固有周期.

    koyuu-shu[生物分布上の]固有種(こゆうしゅ): endemic species.

    kozakana小魚(こざかな):
    /fingerling: n.小魚、稚魚(ちぎょ)、魚の子 [特にサケまたはマスの稚魚(幼魚)(cf. parr)]、fry.
    /panfish, pan fish: n.(pl. -fish, -fishes)フライパンで丸揚げできる小さな食用魚、[丸揚げにする]フライ用の小魚 [淡水魚をいう].
    /small fry: [集合的]小魚、雑魚(ざこ).

    ko-zuweiコーズウェイ: → causeway, causey: n.[低湿地に土を盛り上げた]土手道.

    kuuchuu-suishinki-sen[船]空中推進器船: aerial propeller vessel.

    kuudou-genshou[理]空洞現象: cavitation [船の推進器などが、作動中、圧力の減少で、翼の表面近くに生じる 気泡の空洞].


このページのトップに戻る/Back to the top of this page

海洋辞典
[ABC順]

英和和英

西和和西

仏和和仏

葡和和葡

海洋辞典
[分野別]